「二階堂和美」タグアーカイブ

涙する著名人続出『ぼくの名前はズッキーニ』片渕須直監督大絶賛、二階堂和美、尾木直樹、落合恵子らコメント到着!


映画情報どっとこむ ralph アヌシー国際アニメーション映画祭で最優秀作品賞と観客賞の2冠を射止め、第89回アカデミー賞では長編アニメーション部門にノミネート、フランスのアカデミー賞であるセザール賞では最優秀長編アニメーション賞とともに、実写映画を押さえて堂々、最優秀脚色賞を受賞した『ぼくの名前はズッキーニ』。フランスに続き、アメリカでもズッキーニ旋風を巻き起こし、Rotten Tomatoesでは満足度100%という驚異の高評価を叩き出した本作が、いよいよ日本上陸!
この度、同じくストップモーションアニメーション作品「ニャッキ!」を手がける伊藤有壱さんや、“尾木ママ”こと尾木直樹さん、歌手で僧侶の二階堂和美さん、「暮しの手帖」編集長 澤田康彦さん、クレヨンハウス主催の落合恵子さん、女優・安藤玉恵さんなど、各界からの絶賛コメントが到着!さらに、連日のマスコミ試写会でも涙するマスコミも多く、昨年クロード・バラス監督来日時に、日本大学芸術学部にてトークイベントを行った『この世界の片隅に』の片渕須直監督も大絶賛!!


映画情報どっとこむ ralph [絶賛コメント](敬称略・順不同)


片渕須直(アニメーション監督『この世界の片隅に』)


「表情の愛おしさ。いつの間にか「人形」は消えてしまい、目の前にあるのは「子どもたちの心」そのもの。彼らの目が寂しさをたたえるとき、そして、朗らかに見開くとき、いつまでもこの子らと一緒にいたくなる。」


谷川俊太郎(詩人)

すごい!びっくりした!繊細で大胆、実写では出せないリアリティ。

伊藤有壱(アニメーションディレクター/NHK「ニャッキ!」監督)
パペットアニメーションの「anima(魂)」は生命なき人形が動く魔法。
手触りを感じる人形のクラフト感が、心の琴線にそっと触れるとき、
ズッキーニ少年達の仕草すべてが悲しく、愛しく、ぼくらの心を深い所から温めてくれる。

秦早穂子(エッセイスト)
生きたい!愛されたい!この少年の孤独な目をも見よ。フランソワ・トリュフォーの『大人は判ってくれない』の少年の心継承する、冷たくて、やさしさいっぱいの傑作。

二階堂和美(歌手・僧侶)
冒頭に流れる音楽を一聴した時点でこの映画のセンスのよさを確信した。生きていくということには常に苦難がつきまとう。けれど素直であれば道はひらける。素直さこそ、たくましさなのだな。

澤田 康彦(「暮しの手帖」編集長)
冬の日の、青空のように明るくって悲しくて、太陽のように温かくってさびしくて。心がぎゅんぎゅん感応した66分でした。

れなれな(画家)
バラバラに落ちた破片を、ペタペタと貼り合わせていくような、人形たちが繊細に表現する世界観に終始心が揺らぎました。見終わると、みんなまとめて愛おしい、、。

野崎歓(フランス文学者)
ダークな要素をはらみながらも、すみずみまで澄明で、不幸のどまんなかに温かい気持ちがあふれだしている。
いままでにないテイストの愛らしさにやられてしまった!

清川あさみ(アーティスト)
ずしりと重く、時にキラキラと輝く子供達のリアルな心がここに。こうして近くの愛に気づいたものから大人になっていくのだ。


汐見稔幸(教育学者)
この作品のテーマは、現代社会を象徴するものだが、扱い方によってはくさくなる。それを防いで感動をだれにももたらしているのは、個性的な人形をていねいに撮影し続けたユニークな手法だ。その可能性をみんなに知ってもらいたい。


尾木直樹(教育評論家・法政大学特任教授)

「誰にも愛されていない」ー子どもたちの閉ざされた心は、仲間や周りの大人との関わりを重ねる中で次第に解けゆく。心のつながり合いが愛と新たなパワーを生む。大人こそ人間としての心の原点を見つめ直すべき時!


眞賀里文子(アニメーション作家)

久し振りに人形アニメーションならではの作品に出会いました。勝手な大人達の為に深く傷ついた子供達が、何を大切に生きて行けば良いの?と、一生懸命に世界を見ようと大きく見開いた目が心にささります。わずかな目の動き、かすかな首の傾げで充分に気持ちを伝えてくれます。テクニクの最先端も、きらびやかさもありませんが子供達の心の動きがぐんぐん染み込んできます。是非ズッキーニに会いにいってください。

落合恵子(作家・クレヨンハウス主催)

ネグレクト、貧困、戦争。子どもは誕生する社会と時代を選べない。本作品で描かれた子どもたちと、心ある大人の姿勢は、わたしたちに、明日に繋ぐ希望とはどんなものかを伝えてくれる。問われているのは、誰?


安藤玉恵(女優)
いつも誰かのそばにいたいし、誰かにそばにいてほしい、私がたくましく生きるために。


秦俊子(アニメーション監督「映画の妖精フィルとムー」)

ズッキーニたちの心の奥にある見えない感情や痛みは、人間よりもシンプルな表情の人形が演じることによって、より心に訴えかけてくるものがあります。今後もこの作品が多くの人に届いていくことを願います。

栗原類(モデル)
目に見えるビジュアルの色彩は暗めで影あるのに映画全体からキラキラした物を凄くかんじる、そのコントラストが唯一無二の個性


村田朋泰(アニメーション作家)

この物語は「温もり」に溢れています。不安や寂しさ、孤独感を心の中にもちながら、親の温もり、友達の温もり、風景の温もり、大切なモノへの温もりを心の中に書き加えていく子供たちの姿に胸うたれます。


映画情報どっとこむ ralph ぼくの名前はズッキーニ

原題:Ma vie de courgette

2月10日より新宿ピカデリー、YEBISU GARDEN CINEMA他全国ロードショー
フランスに続き、アメリカでもズッキーニ旋風を巻き起こし、Rotten Tomatoesでは満足度100%という驚異の高評価を叩き出した本作が、いよいよ日本上陸!主人公は、不慮の事故によりママを亡くした9歳の少年。ママが付けてくれた“ズッキーニ”と言う愛称を大切にしている。ひとりぼっちになった彼を、心優しい警察官が孤児院に連れていく。そこには、心に様々な傷を負った子どもたちが暮らしており、やがてズッキーニは仲間と居場所を見つけ出してゆく。

傷ついた子どもたちを扱うことに細心の注意を払いながら、一方で子どもたちの豊かな想像力を信じる思いに貫かれた物語は、大人も子どもも夢中になり、心を鷲掴みされずにはいられない。  

***********************************

監督:クロード・バラス
脚本:セリーヌ・シアマ
原作:ジル・パリス「ぼくの名前はズッキーニ」(DU BOOKS刊)
原案:ジェルマーノ・ズッロ、クロード・バラス、モルガン・ナヴァロ
アニメーション監督:キム・ククレール
人形制作:グレゴリー・ボサール
音楽:ソフィー・ハンガー
スイス・フランス/2016年/カラー/66分/ヴィスタサイズ/5.1ch/フランス語

後援:スイス大使館、在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本

配給:ビターズ・エンド、ミラクルヴォイス
宣伝:ミラクルヴォイス

(c)RITA PRODUCTIONS / BLUE SPIRIT PRODUCTIONS / GEBEKA FILMS / KNM / RTS SSR / FRANCE 3 CINEMA / RHONES-ALPES CINEMA / HELIUM FILMS / 2016




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

したコメ:山田洋次リスペクトライブ&クロージング


映画情報どっとこむ TJ
©内山勇士/「したまちコメディ映画祭in台東」実行委員会
©内山勇士/「したまちコメディ映画祭in台東」実行委員会
文化芸術の街「上野」と喜劇発祥の地「浅草」を舞台に繰り広げられるコメディ映画の祭典「したまちコメディ映画祭in台東」(略称したコメ)。

今年も2016年9月16日(金)~19日(月・祝)に「第9回したまちコメディ映画祭in台東」の開催いたしました。「したコメ」は、東京随一の下町(したまち)の魅力を、コメディ映画を通じて存分に味わっていただく、いとうせいこう総合プロデュースのコメディ映画祭で、今年で9回目。

本日9月19日(月・祝)、コメディ栄誉賞を受賞した山田洋次監督の笑いと音楽に敬意を表して【山田洋次リスペクトライブ】そして、映画祭クロージングセレモニー開催!
%e3%81%97%e3%81%9f%e3%82%b3%e3%83%a1%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%b3%e3%82%b0
「したまちコメディ映画祭in台東」
【山田洋次リスペクトライブ】
【映画祭クロージングセレモニー】

実施日時:9月19日(月・祝) 
場所:浅草公会堂

映画情報どっとこむ TJ アーティスト:ポカスカジャン、天才バンド、レキシ、二階堂和美、浅草ジンタ、佐藤蛾次郎with浅草ジンタ(※演奏順)
スペシャルゲスト:倍賞千恵子・岡本茉利   服部征夫台東区長、太田雅久台東区議会議長

6組の豪華アーティスト:ポカスカジャン、天才バンド、レキシ、二階堂和美、浅草ジンタ、佐藤蛾次郎with浅草ジンタのライブのラストには、佐藤蛾次郎さんの孫・蘭(らん)ちゃんが飛び入り参加。
%e3%83%9d%e3%82%ab%e3%82%b9%e3%82%ab%e3%82%b8%e3%83%a3%ef%bd%98%e4%bd%90%e8%97%a4%e8%9b%be%e6%ac%a1%e9%83%8e %e5%af%85%e3%81%95%e3%82%93%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%9f%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%aa%e3%83%95%e3%82%a3%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%ab さらに、シークレットゲストで登場した倍賞千恵子さんがアカペラで『男はつらいよ』のイメージソング「さくらのバラード」(作詞:山田洋次)を熱唱、場内は大喝采に包まれました。昨日はちちぶ映画祭、そして今日はしたコメ映画祭と連日歌う倍賞さん凄いバイタリティーです。

%e5%80%8d%e8%b3%9e%e5%8d%83%e6%81%b5%e5%ad%90live
映画情報どっとこむ TJ ライブ後の「クロージングセレモニー」では、撮影のため残念ながら欠席された山田監督のコメントが、いとうせいこうさんが代読。

山田洋次(コメント):
コメディを愛する人として今回の素敵な賞を頂けたことを光栄に思ってます。浅草公会堂で皆さんにお目にかかるのを楽しみにしておりましたが、本日も新作「家族はつらいよ2」の撮影を行っており、どうしても伺うことができなくなってしまいました。本当にごめんなさい。今回も皆さんにおなかを抱えて大きな声で笑ってもらえる楽しい作品にできるようにスタッフキャスト一丸となっていますので、どうかお許しください。また来年の公開時にこの作品を通して、皆さんとお目にかかればうれしく思います。

服部区長:
山田監督のおかげで浅草公会堂に寅さんが帰ってきた気がします。そして、皆さんの心の中にもいつまでも寅さんがいるのだと、改めて思いました。台東区は今年、西洋美術館が世界文化遺産に登録が決定いたしました。その台東区の浅草から、寅さんを世界に発信したいと思います。

そして、服部征夫台東区長より表彰状、太田雅久台東区議会議長より金一封、全国米飯販売事業共済協同組合よりお米券、山田洋次監督を敬愛する吉田照美さんより「男よつらいよ」ファミリーが最後の晩餐風に描かれた絵画、映画祭サポーターよりメッセージがつまったトランクが、山田洋次監督に贈られ、本日欠席となった為倍賞千恵子さんらが代わりに受け取りました。
%e8%a1%a8%e5%bd%b0%e5%bc%8f_%e5%80%8d%e8%b3%9e%e5%8d%83%e6%81%b5%e5%ad%90
倍賞さん:山田さんには、演じるよりもその人の視線になれということを学びました。それは相手の立場になって考えることや愛ややさしさにもつながっていっていると思っています。映画づくりは大変ですが、いろいろな人と出会え、いろいろな人の思いが感じられ、自分が進化できる素晴らしい仕事だと思います。これからもそう心に刻みながら、映画に携わっていきたいと思います。

映画情報どっとこむ TJ また、青木克徳葛飾区長も登壇、花束の贈呈とともに、来年、柴又の「寅さんの像」の横に「さくらの像」が作られることも発表。

いとうさん:
ゲストの皆様、来てくださった皆様、サポーターに心からありがとうを伝えたいです。この気持ちを10回目までもっていき、一番楽しくて一番面白いことを、伝えていきたいと思います。

%e5%90%88%e5%94%b1
最後に、ゲストアーティスト・登壇者・サポーター・お客様による、「男はつらいよ」の合唱で大盛り上がりの中、4日間の映画祭は幕を閉じました。

***********************************





良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

LIVE!LOVE!SING! 公開記念LLSスペシャルバンドライブの模様


LIVE!LOVE!SING! 生きて愛して歌うこと 劇場版』は、1月16日よりフォーラム福島、シネマート心斎橋、元町映画館にて先行公開、1月23日よりシアター・イメージフォーラムほか順次全国にて公開となります。

その映画公開に先立ち、公開記念ライブが六本木・SuperDeluxeにて、大友良英、Sachiko M率いるLLSスペシャルバンドと、さらにゲストとして本作に出演している渡辺大知(黒猫チェルシー)、二階堂和美が登壇。豪華アーティストたちによる一夜限りのスペシャルセッションが行われました。
lls_113_4人
『LIVE!LOVE!SING! 生きて愛して歌うこと 劇場版』公開記念
場所:六本木・SuperDeluxe
出演:LLSスペシャルバンド
大友良英(g)、Sachiko M(sinewaves)、江藤直子(p)、近藤達郎(org) 、かわいしのぶ(b)、坂田学(ds)、上原なな江(perc)

ゲスト:渡辺大知(黒猫チェルシー)、二階堂和美

開催された公開記念ライブでは、『あまちゃん』に続いて本作でも井上剛監督とタッグを組んだ大友良英とSachiko M率いるLLSスペシャルバンドが登場!
1103_LLS_LIVE
前半は、LLSスペシャルバンドが本作の劇中に使用されている楽曲「LIVE! LOVE! ROCK!」「LIVE! LOVE! SING!」「タイムトラベル」を披露、続いて「井上監督にジミヘンぽい曲を作ってくださいと言われて、普段書かない譜面を書いて作ったのに劇中で使われなかった」という「フェローズ」、「劇中では部分的にしか使われず、サウンドトラックCDにも一部分しか収録されていない」という「インビジブル」が約10分の全編で披露され、LLSスペシャルバンドが奏でる静謐にして激情を湛えた幻想的な重層音は、会場を異様な熱気で包みました。

後半部は、ゲストボーカルの二階堂和美、渡辺大知(黒猫チェルシー)をステージに呼び、「歌」をテーマに前半とはガラリと雰囲気を変えてライブパフォーマンスを披露。
lls_113_二階堂
lls_113_渡辺 まずは、脚本の一色伸幸が作詞、Sachiko M作曲の「GIGつもり」を、本作に歌手役として出演している二階堂和美が歌う。

今の日本を揶揄するようなセンセーショナルな歌詞が印象に残るこの曲、脚本の一色が作詞の段階から二階堂をイメージしていたという大友の話に、

二階堂さん:私ってどう思われてるの?(笑)

と。さらに作曲を担当した

Sachiko M:最初、断ろうと思っていた。でも一色さんに、歌にしたら何とかなる!と言われてつくりました。

当時の想いを吐露した場面も。本作で、神戸出身の教師役を演じた黒猫チェルシーの渡辺大知は、神戸復興の願いを込めた歌「しあわせ運べるように」を披露。自身も神戸出身で小学生のころからこの曲を歌っていた渡辺の情熱的な歌声に、会場は感動の嵐に包まれた。その他にも、『あまちゃん』の「地元に帰ろう」を音頭にリメイクした「地元に帰ろう音頭」、映画『かぐや姫の物語』の主題歌「いのちの記憶」や、二階堂の楽曲「女はつらいよ」、映画『色即ぜねれいしょん』の主題歌にもなった伝説のロックバンド・村八分の名曲「どうしようかな」を、渡辺と二階堂が歌うなど、一夜限りのスペシャルセッションが繰り広げられた。


渡辺さん:ドラマ放送を経て、やっと公開が実現しました。井上監督も、100分の劇場版を観てもらいたいとずっと言っていたので、公開が決まって本当に嬉しく思っています。関わった人たちが苦しい思いもしながら、いいものを作ろうとみんなで必死になって出来上がった作品です。たくさんの想いが詰まった映画なので、是非劇場で観てください!

と締めくくり。

アンコールの「GIGつもり」で会場が一体になり暖かい雰囲気の中ライブは終了しました。

セットリスト
01.LIVE! LOVE! ROCK!
02.LIVE! LOVE! SING!
03.タイムトラベル
04.フェローズ
05.インビジブル
06.GIGつもり
07.地元に帰ろう音頭
08.いのちの記憶
09.女はつらいよ ※6~9 vo二階堂和美
10.しあわせ運べるように
12.どうしようかな ※10,11 vo渡辺大知(黒猫チェルシー)
13. LIVE! LOVE! SING! ロングバージョン
アンコール.GIGつもり

それは、いちばん大切なことに気づく旅

神戸で女子高に通う朝海のもとに、故郷福島に留まる同級生・本気(マジ)から一通のメールが届く。「立入制限区域になっている母校の校庭に埋めた、タイムカプセルを掘りに行かないか?」。同じ誘いを受けた小学校時代のクラスメイト二人、神戸で暮らす勝と横浜の夜の街で働く香雅里、そしてひょんなことから朝海たちに同行することになった教師・岡里は、一路福島を目指す。長い旅路の果てにたどり着いた地で、彼らは何を見て、何を感じるのか…。
『LIVE!LOVE!SING!』
LIVE!LOVE!SING! 生きて愛して歌うこと 劇場版

1月16日(土)より、フォーラム福島、シネマート心斎橋、元町映画館にて先行公開!
1月23日(土)より、シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開!

公式HP:livelovesing-movie.com

********************************************************************

出演:石井杏奈、渡辺大知、木下百花、柾木玲弥、前田航基、津田寛治、二階堂和美、皆川猿時、ともさかりえ、南果歩、中村獅童

監督:井上剛
脚本:一色伸幸
音楽:大友良英、Sachiko M
制作・著作:NHK
協力:NHKエンタープライズ
配給:トランスフォーマー
宣伝:ザジフィルムズ
2015年|日本|カラー|DCP|100分 c2015 NHK
  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

あまちゃんの井上剛監督『LIVE!LOVE!SING! 生きて愛して歌うこと 劇場版』公開日決定!


“あの時”と“いま”を繋ぐために、西から東へ向かう旅の物語。」

このたび、NHK連続テレビ小説『あまちゃん』の井上剛監督 最新作『LIVE!LOVE!SING! 生きて愛して歌うこと 劇場版』のメイン館である東京・シアター・イメージフォーラムの初日が、1月23日(土)に決定しました!

▼『LIVE!LOVE!SING! 生きて愛して歌うこと 劇場版』公開スケジュール▼
◎2016年1月16日(土)より、
フォーラム福島、シネマート心斎橋、元町映画館にて先行公開!
◎2016年1月23日(土)より、
シアター・イメージフォーラムほか全国順次ロードショー!

『LIVE!LOVE!SING!』
そして!公開記念ライブイベントも開催決定!

出演:LLSスペシャルバンド(大友良英、Sachiko M他)
ゲスト:渡辺大知(黒猫チェルシー)、二階堂和美
日時:1月13日(水) OPEN18:30/START 19:30
場所:SuperDeluxe(六本木)
詳細はwww.super-deluxe.com/room/4030/まで

脚本を執筆した一色伸幸による書き下ろし小説

『LIVE!LOVE!SING! 生きて愛して歌うこと』

12月15日より全国書店にて好評発売中!

発行元:河出書房新社


あたしたちにしか見えない景色がある
散り散りになっていた友だちと、神戸から福島を目指す790キロの旅。
どこにいても、私は私。でもそこは、特別でだいじな場所。


『LIVE!LOVE!SING! 生きて愛して歌うこと 劇場版』
(リヴ! ラヴ! シング!)

公式HP:http://livelovesing-movie.com/

2016年1月23日(土)より、シアター・イメージフォーラム他全国順次公開です。


********************************************************************

『LIVE!LOVE!SING!』神戸で女子高に通う朝海のもとに、故郷福島に留まる同級生・本気(マジ)から一通のメールが届く。「立入制限区域になっている母校の校庭に埋めた、タイムカプセルを掘りに行かないか?」。同じ誘いを受けた小学校時代のクラスメイト二人、神戸で暮らす勝と横浜の夜の街で働く香雅里、そしてひょんなことから朝海たちに同行することになった教師・岡里は、一路福島を目指す。長い旅路の果てにたどり着いた地で、彼らは何を見て、何を感じるのか…。

本作は2015年3月にNHKにて全国放送された特集ドラマ『LIVE!LOVE!SING!生きて愛して歌うこと』に26分を追加し、兵庫、福島の県域において限定的に放映された全長版。全国放送時にはカットした未公開シーンを含む、再編集バージョンです。監督は、阪神・淡路の震災の15年後の神戸を舞台にした『その街のこども 劇場版』、社会現象となったNHK連続テレビ小説『あまちゃん』で、被災地に生きる市井の人々を見つめてきた井上剛。過去の出来事として薄れていく震災の記憶を、誰のために、どう残し、どう伝えていくべきか?
そう考え続ける井上が、瑞々しいロードムービーの形を借りて描くのは〈悲しみの先にある希望〉。二つの震災を物語の背景に、思春期の少年少女の、普遍的な心の揺れを鮮やかに映し出し、『あまちゃん』とは異なったアプローチで、“リアル”に見せます。
脚本はNHK特集ドラマ『ラジオ』が文化庁芸術祭大賞を受賞した一色伸幸が、音楽は『あまちゃん』でも井上監督とタッグを組んだ大友良英、Sachiko Mが担当しています。

監督:井上剛
脚本:一色伸幸
音楽:大友良英、Sachiko M
出演:石井杏奈、渡辺大知、木下百花、柾木玲弥、前田航基
津田寛治、二階堂和美、皆川猿時、ともさかりえ、南果歩、中村獅童
制作・著作:NHK
協力:NHKエンタープライズ
配給:トランスフォーマー
宣伝:ザジフィルムズ
(C)2015 NHK




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ