「二階堂ふみ」タグアーカイブ

小栗旬の表情に心奪われる予告編解禁『人間失格 太宰治と3人の女たち』


映画情報どっとこむ ralph 小説よりもドラマチックだった<誕生秘話>を太宰自身と彼を愛した3人の女たちの目線から、事実をもとにしたフィクションとして初めて映画化するのが、『人間失格 太宰治と3人の女たち』が9月13日公開となります。

監督は世界屈指の写真家・トップクリエイターである蜷川実花さん。構想に7年を費やし、天才作家・太宰治のスキャンダラスな恋と人生を大胆に映画化!

主人公の太宰治を演じるのは、「GODZILLA VS. KONG(原題)」で遂にハリウッド進出を果たす小栗旬さん。

そして、この度、太宰を偲ぶ「桜桃忌」に本ビジュアルと予告編映像が解禁!
人間失格 太宰治と3人の女たち 天才作家・太宰治(小栗旬)と、その妻・美知子(宮沢りえ)、作家志望の愛人・静子(沢尻エリカ)、太宰の最後の愛人・富栄(二階堂ふみ)の、太宰を愛する3人の女たちの実話をもとにした本作。今回解禁された予告編では、冒頭から、小栗演じる太宰が愛人の富栄に愛をささやくなど、太宰の危うい色男ぶりが炸裂している。「お父さんは天才」と子供たちに語りかける妻の美知子、「愛されない妻より、ずっと恋される愛人でいたい」と太宰に抱かれる静子、「死にたいんです、一緒に」と刹那的な笑顔で太宰に迫る富栄が次々と登場し、3人の女たちと太宰のスキャンダラスな関係性が垣間見える。

先日解禁となった成田凌、千葉雄大、瀬戸康史、高良健吾、藤原竜也といった豪華男性キャスト陣も、今回の映像で初披露。「書くためならなんでもやる」と陰口を叩かれ不倫を続ける太宰に詰め寄る編集者・佐倉(成田凌)や、「地獄に堕ちて書いてるか?」と悪魔のように太宰を挑発する同志の作家・坂口安吾(藤原竜也)の姿も気迫に満ちている。

女たちとの濃密な逢瀬の間で、次第に狂気を帯びながら苦悩し、執筆と格闘するスター作家・太宰を演じる小栗旬の、いまだかつて見たことのない様々な表情に心奪われる予告編となっている。


太宰が“全部ぶっ壊して書く”「人間失格」とは。そして、スキャンダラスな恋の向こう側で、太宰が本当に求めていたものとは…

映画情報どっとこむ ralph 因に6月19日「桜桃忌」とは?

1948年6月13日、太宰は玉川上水(東京都三鷹市付近)に入水自殺した。没年38歳。だが、遺体が上がったのは6日後の6月19日。くしくもこの日は、太宰の誕生日でもあったことから、「桜桃忌」と名付けられ、太宰を偲ぶ日となった。「桜桃忌」の名付け親は、太宰と同郷で親交の深かった直木賞作家・今官一である。太宰晩年の短編小説「桜桃」の名にちなんで命名した。毎年この日、太宰の墓があり、法要が営まれる三鷹市禅林寺には、全国から多くのファンが集う。2019年は太宰治生誕110周年となる記念すべき年である。

映画情報どっとこむ ralph ■主題歌は、東京スカパラダイスオーケストラの名曲、「カナリヤ鳴く空 feat.チバユウスケ」に決定!

主題歌は、2001年にリリースされた東京スカパラダイスオーケストラの名曲、「カナリヤ鳴く空 feat.チバユウスケ」(cutting edge / JUSTA RECORD)に決定。構想初期からこの曲をイメージしていたという蜷川監督の熱烈オファーに応え、主題歌決定の運びとなった。(※今回解禁する予告編には本楽曲は使用しておりません)

映画情報どっとこむ ralph 『人間失格 太宰治と3人の女たち』

9月13日(金)ロードショー!

公式HP:
http://ningenshikkaku-movie.com/ 

公式Twitter:@NSmovie2019

人間失格 太宰治と3人の女たち 人間失格 太宰治と3人の女たち <ストーリー> 
男と女に起こることのすべてがここにある
天才作家、太宰治。身重の妻・美知子とふたりの子どもがいながら恋の噂が絶えず、自殺未遂を繰り返すー。その破天荒な生き方で文壇から疎まれているが、ベストセラーを連発して時のスターとなっていた。太宰は、作家志望の静子の文才に惚れこんで激しく愛し合い、同時に未亡人の富栄にも救いを求めていく。ふたりの愛人に子どもがほしいと言われるイカれた日々の中で、それでも夫の才能を信じる美知子に叱咤され、遂に自分にしか書けない「人間に失格した男」の物語に取りかかるのだが・・・。
今、日本中を騒がせるセンセーショナルなスキャンダルが幕を明ける!

***********************************


監督:蜷川実花
出演:小栗旬 宮沢りえ 沢尻エリカ 二階堂ふみ
成田 凌 / 千葉雄大 瀬戸康史 高良健吾 / 藤原竜也
脚本:早船歌江子 音楽:三宅純 プロデューサー:池田史嗣
主題歌:東京スカパラダイスオーケストラ「カナリア鳴く空feat.チバユウスケ」(cutting edge/JUSTA RECORD)
製作:2019「人間失格」製作委員会
企画:松竹
配給:松竹 アスミック・エース
© 2019 『人間失格』製作委員会


二階堂ふみ!今度は、生理に悩む女性役でハジける!『生理ちゃん』映画化!


映画情報どっとこむ ralph 快進続く二階堂ふみ!今度は、生理に悩む女性役でハジけまくり!

どんな女の子にも容赦なく、面倒なアイツがツキイチでやってくる…。

“生理”を擬人化した衝撃作をついに実写映画化!!『生理ちゃん』

今まで取り上げられることの少なかった「生理」をポップに表現した、インパクトのあるキャラクターが登場する人気短編コミック作品。女性から『共感しかない』と大反響を呼び累計1000万PVを超えし、2018年6月には書籍化。早くも7刷の大重版した小山健原作(ビームコミックス/KADOKAWA刊)「生理ちゃん」がついに待望の映画化となりました。
漫画としての面白さだけではなく、感動する物語や名言も多く、女性だけではなく男性への「生理」に対する理解のきっかけになるなど、幅広い支持と共感を集めている、この衝撃作品の主演を務めるのは卓越した演技力で話題の二階堂ふみが主演を務めます。脇を固めるのは伊藤紗莉、松風理咲、そして藤原光博(リットン調査団)、岡田義徳という豪華キャスト。

この度、全キャスト、主題歌、場面写真、そして主演・二階堂ふみさんのコメントを沖縄国際映画祭でのワールドプレミア上映に先駆け解禁!

映画情報どっとこむ ralph 気になる物語は・・・

あまね出版「ZooE」の編集部で働く米田青子(二階堂ふみ)は、仕事もプライベートも充実している。そんな青子の彼氏、久保勇輔(岡田義徳)は、2年前に奥さんを亡くし、一人娘かりん(豊嶋花)がいる。11歳だが、普通の女の子よりも少しマセていて、お母さんのことを大切に思っている。忙しい時、悩んでいる時、はっきり言って面倒くさい…月に一回のものがやってくる。締切り間近の編集部で、青子の後輩の山内裕(須藤蓮)は、担当しているエッセイの先生と連絡を取れなくなって困っていた。上司の渋谷誠(藤原光博(リットン調査団)に休載するつもりなのかと迫られていた。

山内は休載を避けるべく、以前から面白いと思っていた“煮え湯飲み子”を青子と一緒に探すことに。

「大変なのを生理のせいにできないから大変なんです」

ドカッと生理パンチを食らわし、血を抜き取り、痛さと辛さの極みをみんなにもたらしている。有無も言わさぬそんな嫌われ者のような側面がありながら、実は生理ちゃんには優しい面があり、そっと寄り添ってくれ、生きるヒントをくれる。イタイ、ツライ、メンドクサイを吹き飛ばしてしまう…すべての女性、生理の辛さを知らない男性へ向けたメッセージ。

いつか全部ひっくるめて良かったと思える日が来ると思っている青子は仕事を選ぶのか、恋を選ぶのか…それとも両方上手くいくのか。

青子の職場で清掃の仕事をしている山本りほ(伊藤紗莉)。バイトはやっているが独自のイラストやレトロゲームが好きで、自虐的で籠りがち。生理なんていらないとさえ思っている。

あることをきっかけに人生の転機を迎えるが、自分と向き合うことができない。そんなりほが選んだ道は…。

青子の妹で受験生のひかる(松風理咲)はいつもタイミング悪く大事な模試の当日に生理がやってくる。幼なじみのゆきち(狩野見恭兵)とひかるは関係を進展させたいが…

果たしてその行方は…。

映画情報どっとこむ ralph ◆二階堂ふみさんコメント

思わずクスッと笑ってしまうシュールな世界観と、多くの女性が共感する身体の変化や人生のタイミングについて描かれている原作に惹かれました。実写版の生理ちゃん、楽しみにして頂けたらと思います!

映画情報どっとこむ ralph 『生理ちゃん』

2019年公開

***********************************

原作: 小山 健「生理ちゃん」(ビームコミックス/KADOKAWA刊)
脚本 : 赤松 新(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)
監督: 品田 俊介(フジテレビジョン) 
ドラマ「隣の家族は青く見える」「人は見た目が100%」「ナオミとカナコ」「信長協奏曲」「世にも奇妙な物語」
企画: 稲葉 直人(フジテレビジョン)
ドラマ「絶対零度=未然犯罪潜入捜査=」映画「テルマエロマエ」「今夜、ロマンス劇場で」「信長協奏曲」     
「バンクーバーの朝日」「真夏の方程式」「SP 野望篇/革命篇」
制作プロダクション : フィルムメイカーズ
制作:
よしもとクリエイティブ・エージェンシー
フジテレビジョン
製作 : 吉本興業
出演者:二階堂ふみ、伊藤紗莉、松風理咲、須藤蓮、狩野見恭兵、豊嶋花、信太昌之、
藤原光博(リットン調査団)、中野公美子、鈴木晋介、広岡由里子、笠松伴助、小柳津林太郎、
八木橋聡美、安藤美優、竹村仁志、田宮緑子、飯田愛美、岡田義徳

主題歌:「する」the peggies
作詞・作曲:北澤ゆうほ
編曲:the peggies、 川口圭太
(Epic Records Japan)
©吉本興業、小山健/KADOKAWA


小栗旬と堕ちる“恋”『人間失格 太宰治と3人の女たち』特報映像とティザービジュアルが解禁


映画情報どっとこむ ralph 天才トップスター作家、太宰治。身重の妻・美知子とふたりの子どもがいながら、恋の噂が絶えず、さらには自殺未遂を繰り返すという破天荒な生活を送っている。弟子でもある作家志望の静子と、未亡人の富栄。ふたりの愛人と正妻をめぐり、日本中を騒がせた“文学史上最大のスキャンダル”が幕を開けようとしていた。

「人間失格」という原作小説の映画化ではなく、「人間失格」の誕生秘話を太宰自身と彼を愛した3人の女たちの目線から、事実をもとにしたフィクションとして初めて映画化するのが、本作『人間失格』改め、『人間失格 太宰治と3人の女たち』です。

監督は写真家であり、映画『さくらん』 『ヘルタースケルター』に続き、今年は『Dinerダイナー』の公開も控えるトップクリエイター、蜷川実花。

主人公・太宰治を演じるのは、小栗旬。
夫・太宰を献身的に支える正妻・津島美知子役に宮沢りえ、太宰の愛人であり弟子でもある太田静子を沢尻エリカ、太宰の愛人で最後の女・山崎富栄を二階堂ふみが演じるなど、各世代を代表する超豪華女優陣が一堂に会し、体当たりの演技を披露!

映画情報どっとこむ ralph このたび、本作の特報映像とティザービジュアルが解禁!

「人間は、恋と革命のために生まれてきた」という太宰(小栗旬)の名言から始まる特報映像には、天才作家として生きる太宰と、彼を愛する3人の女たちそれぞれの濃密な関係が映し出されている。

「大丈夫。君は僕が好きだよ・・・」と、女たちに甘い言葉を囁く太宰。愛人・静子(沢尻エリカ)から「赤ちゃんがほしい」と笑顔で迫られ、もうひとりの愛人・富栄(二階堂ふみ)からは、「嘘つき!」と突き飛ばされるダメっぷり。その一方で、正妻の美知子から「あなたはもっと凄いものが書ける!」と叫ばれ、のちに日本最大のベストセラーとなる傑作「人間失格」の執筆のために机に向かう、鬼気迫る表情の太宰の姿・・・。 
小説よりもドラマチックな人生を駆け抜けたトップスター作家・太宰治の恋のスキャンダル、そのすべてを蜷川実花監督の鮮やかな色彩と華麗な美術、撮影を担当した近藤龍人カメラマンによる力強く美しい映像がゴージャスに描き出す。まるで太宰が憑依したかのような、かつてないほど色気に満ちた魅力的な小栗の存在感と、華やかなトップ女優3人それぞれの個性あふれる熱演を垣間見ることができる30秒となっている。


映画情報どっとこむ ralph また、ティザービジュアルも到着。口元についた“赤い何か”を手の甲で拭う、思わせぶりでセクシーな太宰と、彼をめぐる3人の女性たちの姿。「禁断の恋。ヤバい実話。」というコピーの通り、誰も見たことがない太宰と女たちの“究極の恋”に期待感が高まるビジュアルとなっている。

映画情報どっとこむ ralph そして今回、劇中音楽を、仏・パリを拠点とする音楽家・三宅純が手がけ、現在作曲中であることが明らかになった。アカデミー賞にノミネートされたヴィム・ヴェンダース監督作品『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』をはじめ、映画、広告、舞台、コンテンポラリー・ダンス、ファッション・ショーへの楽曲提供など国際的に活躍し、椎名林檎の依頼に応えたリオデジャネイロオリンピック閉会式での“君が代”のアレンジで注目を集めるなど、世界的に評価される稀有な日本人音楽家であり、現代を代表するアーティストのひとりである。

蜷川実花監督が豪華キャストを迎えて放つ、ゴージャスでスキャンダラスな、“禁断のエンタテインメント”にご期待ください!


『人間失格 太宰治と3人の女たち』

9月13日(金)ロードショー!

公式HP:
http://ningenshikkaku-movie.com/
公式Twitter、Instagram:
@NSmovie2019

ストーリー
トップスター作家、太宰治。身重の妻・美知子とふたりの子どもがいながら、恋の噂が絶えず、さらには自殺未遂を繰り返すという破天荒な生活を送っている。弟子でもある作家志望の静子と、未亡人の富栄。ふたりの愛人と正妻をめぐり、日本中を騒がせた“文学史上最大のスキャンダル”が幕を開けようとしていたー。

***********************************


監督:蜷川実花
出演:小栗旬 
宮沢りえ 沢尻エリカ 二階堂ふみ
脚本:早船歌江子 
音楽:三宅純
製作:2019「人間失格」製作委員会
企画:松竹
配給:松竹 アスミック・エース
<R-15>
© 2019 「人間失格」製作委員会


まさかの大ヒットにGACKT緊急帰国!映画『翔んで埼玉』大ヒット御礼舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 埼玉県を徹底してディスることが大きな話題となった、魔夜峰央原作の「このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉」(宝島社)が、二階堂ふみ・GACKTをW主演に迎え映画化!

全国319スクリーンで公開された本作。
ヤバメな大ヒットを受けてGACKTさんが緊急帰国!
本日大ヒット御礼舞台挨拶第2弾を行いました。

登壇者にはGACKTさん。
麻実麗(GACKT)の家政婦役おかよを演じていた、自身も埼玉県出身である益若つばささん、本作のメガホンを執った武内英樹監督も劇場に駆けつけ、連日大盛況の喜びと共に、劇場にお越しいただいたお客様へ感謝の言葉を伝えました。

最後には埼玉では来る3/21に開花予想が出ていますが、開花予想を先取りし、劇場に集まったお客様の“笑顔”桜を背景に、GACKT、益若つばさ、武内英樹(監督)が、大ヒット御礼舞台挨拶第2弾を祝福しました。


日付:3月18日(月)
場所:新宿バルト9
登壇:GACKT、益若つばさ、武内英樹監督

映画情報どっとこむ ralph GACKTさん:この反響に監督が一番驚いているのでは?初日の舞台挨拶の後に中打ちをしたんですが、監督がそのときの挨拶で半分涙しながら、「ここにこぎつけるまでに、心折れそうになることがたくさんありました。なんとかここまで辿り着けて、公開できたこととても嬉しく思います。」と涙流しながら話してる姿に、京本さんがクスクス笑ってて(笑)。なんて人だと思いましたが、個性的でステキな俳優陣で、この作品を迎えられたこと、心から感謝しております。今日は無理なフライトで体調を崩していたのですが。この舞台挨拶の為に翔んで急遽緊急帰国をして、(日本に)帰ってきました。こうして皆さんの笑顔が見られて、帰国して改めてよかったなと思いました。


益若つばささん:家政婦役おかよを演じました益若つばさです。『翔んで埼玉』ヒットしましたね!友達に「すごい。」、「バズってる!」と行く先々で声をかけてもらえたり、イベント先では埼玉ポーズでお写真を撮ることも多くなりました。私自身も作品のファンなので、2.3回目の方も楽しんで見ていただきたいです。

映画情報どっとこむ ralph そして舞台挨拶後半では、映画『翔んで埼玉』の大ヒットを受け、

「邦画史上最大の」とキャッチコピーにある本作、 お客様へ感謝の気持ちを込めて、映画を観た回数分の埼玉県名産の【狭山茶】をキャッシュバックプレゼントをさせていただきました。MCとのコールアンドレスポンスに対して、2回以上ご覧いただいた方が約8割、そして5回目以上のリピーターの方は6割以上と、平均5回以上のリピーターの方が多数いらっしゃることが判明。 そのお客様の反応を観てGACKTさんからは

GACKTさん:頭おかしいですよ!?

と温かい一言。

そして、この劇場にお越しいただいた中で、最高視聴回数は驚異の16回!!
16個の狭山茶をGACKTさんから贈呈されると

お客様からは「とても嬉しいです、ありがとうございます。」

と喜びの言葉を大量の狭山茶を手にしながら話していた。

GACKTさん:こんな回数をご覧いただいたということは、何か心に悩みでも抱えていたんでしょうか?

と不思議そうに質問が飛ぶと、お客様からは「各地の劇場を回って観ていました。所沢、池袋は2回も行きましたね。その中でも一番盛り上がっていたのは池袋でした。上映後、2回とも拍手が巻き起こっていたんです。」

その言葉に対して

GACKTさん:やっぱり、池袋は埼玉県人にとって夢の町なんだね。

と、最後まで埼玉県人をディスることを忘れずに、その場を締めた。

映画情報どっとこむ ralph 更に各地で盛り上がりを見せている本作に対して、

GACKTさん:先ほど各地の反応も楽しみたくて何回も観た、という言葉がありましたが僕も東京のどこかの劇場に潜入して、映画を観てみようかなと思いました。

その言葉に監督やMCからは「GACKTさんのままで行かれるんですよね?変装とかされないイメージなのですが。」

GACKTさん:変装してもばれてしまうので、いつもしませんが、麗様の格好をして劇場に行ってみたりするもの良いですね。

と、お忍びで劇場に向かうことを示唆し、会場を沸かせました。


映画『翔んで埼玉

公式HP:
tondesaitama.com

公式twitter:
@m_tondesaitama

【STORY】
娘の結納のため一路東京へと向う、埼玉在住の菅原家。その道中車内のラジオで、ある伝説の物語が流れ始めた。それは、東京屈指の名門校・白鵬堂学院を舞台に、生徒会長・壇ノ浦百美(二階堂ふみ)と、アメリカ帰りの転校生・麻実麗(GACKT)の出会いから語られる――。見るからに東京都民の麗は、実は手形制度の撤廃を求める“埼玉解放戦線”のメンバーだった。埼玉県人を庇い立てする麗を怪訝に思っていた百美だが、何故か麗に心を惹かれていき、次第に東京と埼玉、そして千葉までも巻き込んだ抗争に巻き込まれていく――。

***********************************


キャスト:二階堂ふみ GACKT 
伊勢谷友介 ブラザートム 麻生久美子 島崎遥香 成田凌(友情出演)  / 中尾彬 / 間宮祥太朗 加藤諒 益若つばさ 武田久美子 麿赤兒 竹中直人 京本政樹 他

原作:『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』魔夜峰央(宝島社)

脚本:徳永友一(ドラマ「探偵の探偵」「HOPE~期待ゼロの新入社員~」「僕たちがやりました」「海月姫」「グッド・ドクター」他)
音楽:Face 2 fAKE
主題歌:「埼玉県のうた」 はなわ (ビクターエンタテインメント) 
監督:武内英樹(「のだめカンタービレ」シリーズ「テルマエ・ロマエ」シリーズ「今夜、ロマンス劇場で」他)
©2019映画「翔んで埼玉」製作委員会
   


二階堂ふみ・GACKT『翔んで埼玉』「地元-1グランプリ」表彰式&2日目舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 本日は、PR期間中に行っていたキャンペーンの一つ、「地元-1グランプリ」の表彰式を2日目の舞台挨拶と共に開催。

地元-1グランプリとは、本作のテーマの1つでもある“郷土愛”にちなんで、全国の劇場でそれぞれ地元の魅力を、愛ある自虐とともに劇場内やツイートで掲げられ、各劇場の地元の魅力に対して一般の方が“応援したい”と思った劇場に投票するキャンペーン。

なんと、グランプリの副賞は、主演の二階堂ふみ・GACKTを劇場に呼べるという豪華な特典のため、熾烈な争いが予想されました。

事前に応募のあった137の劇場の中から激戦を制し、見事【新所沢レッツシネパーク】がグランプリを獲得しました。彼らの掲げた言葉は“所沢なのに“狭山”茶が名産、だけど麻実麗様のふるさと!!”でした。


日程:2月23日(土)
場所:新所沢レッツシネパーク
登壇:二階堂ふみ、GACKT、武内英樹監督

映画情報どっとこむ ralph その受賞式が本日行われ、約束の通り、二階堂ふみ、GACKT、そして監督の武内英樹の総勢3名が表彰式に駆けつけました。

グランプリを取られた、劇場の早瀬智宏支配人がステージに登壇し、主演の2人から本日のために特別に作られたお手製感満載の襷と、なんとなくどこかの量販店で観た事のある王冠を贈呈。

そして最後に監督からは1/28に行われたジャパンプレミアで二階堂・GACKTが客席に向けて配っていた、彩の国=埼玉をイメージした【彩玉ボール】を贈呈。地元ー1グランプリ開催中、支配人を中心に新所沢レッツシネパークを本作の聖地としようという思いで取り組んでこられたそうで、

「このグランプリを取れたのも、所沢市の皆さんが応援してくださったおかげ。劇場からも所沢市の皆さんに向けた様々なプロモーションが、ちゃんと心に届いたからだと思っています。」

と、笑顔で喜びの言葉を述べていました。

尚、グランプリを受賞した「新所沢レッツシネパーク」は、2年前のリニューアルでコンセプトを一新!通常空席になりがちな前方に、リクライニング付きのシートを供えていたり、最前列には、冬場は炬燵で映画を鑑賞できる「コタツシート」が備えられているなど、かなり「くせが強い」劇場。

事前情報がある程度入っていたとはいえ、登壇した二階堂ふみ、GACKT、武内監督もこの様子にはかなり衝撃を受けていた。というのも、今回の舞台挨拶の報道陣の取材場所が、そのコタツシートエリアだったからである。これには、普段あまり感情表現をあらわにしないイメージのあるGACKTも、笑いをこらえきれず、「今年一番ツボった」と爆笑。会場も笑いに包まれました。客席から「座って!」というお願いも飛び交いましたがそこに関しては「考えておく。」と一蹴。さらに笑いに包まれた和やかな舞台挨拶となりました。

映画情報どっとこむ ralph

二階堂ふみ
公開2日目を向かえて、たくさんの方たちにこの映画が観て頂き始めていると周りの方たちから聞いて、とてもうれしく思いました。初日には初めて大入り袋をいただきまして、今まで関わった映画で、こういったものをいただくのは久しぶりだったので、もっともっとたくさんの方たちに観ていただいて、楽しんでいただきたい作品です。

GACKT
何度も足を運んでいただき、映画館でしか味わえないスケールを是非楽しんでください。武内監督のこだわりを感じる細やかなネタが随所に出ている作品になっています。

武内監督
本作は、たくさんの小ネタを盛り込んだ作品になっていますので、何度も見て色々な小ネタを探してみてください。そして埼玉県の人からすると前半の30分は辛い時間帯が続くかもしれませんが、最後には、埼玉を愛する郷土愛に話しになっていますので、是非SNSなどでも感想をつぶやいていただければと思います。

映画情報どっとこむ ralph 翔んで埼玉

は、明日2019年2月22日(金)公開です!


公式HP:
tondesaitama.com

公式twitter:
@m_tondesaitama

【STORY】
娘の結納のため一路東京へと向う、埼玉在住の菅原家。その道中車内のラジオで、ある伝説の物語が流れ始めた。それは、東京屈指の名門校・白鵬堂学院を舞台に、生徒会長・壇ノ浦百美(二階堂ふみ)と、アメリカ帰りの転校生・麻実麗(GACKT)の出会いから語られる――。見るからに東京都民の麗は、実は手形制度の撤廃を求める“埼玉解放戦線”のメンバーだった。埼玉県人を庇い立てする麗を怪訝に思っていた百美だが、何故か麗に心を惹かれていき、次第に東京と埼玉、そして千葉までも巻き込んだ抗争に巻き込まれていく――。

***********************************


キャスト:二階堂ふみ GACKT 
伊勢谷友介 ブラザートム 麻生久美子 島崎遥香 成田凌(友情出演)  / 中尾彬 / 間宮祥太朗 加藤諒 益若つばさ 武田久美子 麿赤兒 竹中直人 京本政樹 他

原作:『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』魔夜峰央(宝島社)

脚本:徳永友一(ドラマ「探偵の探偵」「HOPE~期待ゼロの新入社員~」「僕たちがやりました」「海月姫」「グッド・ドクター」他)
音楽:Face 2 fAKE
主題歌:「埼玉県のうた」 はなわ (ビクターエンタテインメント) 
監督:武内英樹(「のだめカンタービレ」シリーズ「テルマエ・ロマエ」シリーズ「今夜、ロマンス劇場で」他)
©2019映画「翔んで埼玉」製作委員会