「二宮 健」タグアーカイブ

門脇麦主演 映画『チワワちゃん』青春の爆発と終わり、そして・・・本予告映像解禁!!


映画情報どっとこむ ralph 「ヘルター・スケルター」や「リバーズ・エッジ」など、80 年代~90 年代にかけて時代を代表する多くの人気作を手掛け、今なお熱狂的な支持を受ける漫画家・岡崎京子が 1994 年に発表した「チワワちゃん」。

時代を超えて愛される傑作青春物語が、若手実力派キャストと弱冠26歳の新鋭・二宮健監督により新たな青春のバイブル、映画『チワワちゃん』として2019年1月18日(金)に公開となります!

そしてこの度、本作の本予告映像が解禁となりました!

この度解禁された本予告映像は、

冒頭「バラバラ殺人事件の被害者の身元が判明した」という衝撃的な一言から幕を開けます。被害者の名前は千脇良子。主人公のミキ(門脇麦)は、それが自分の知っている“チワワちゃん”のことだとは思わなかったと続け、チワワと過ごした日々を回想します。「あたしねぇ絶対いつかビッグになってやるんだ」と満面の笑みで語るチワワ。事件の悲惨さとは対照的な、カラフルで派手な映像がクラブミュージックにのせて続きます。そして、栗山千明演じるファッション誌のライター・ユーコに頼まれ、当時の仲間にチワワの話を聞いて回るミキ。そこで明らかになるのは〈精神的にキていた?〉〈友達に何か酷いことを言った?〉〈意外と料理が上手い?〉など、ミキの知らないチワワの姿ばかり。さらに浅野忠信演じるカメラマンのサカタに未来像を追及され涙するチワワの表情。皆が知るいつもハイテンションで笑顔だった“チワワちゃん”からはかけ離れた姿が浮き彫りになっていきます。ミキや友人たちがかつて一緒に遊んだり、キスしたり、バカ話をしたりした“チワワちゃん”。でも、「本当はみんな 誰もチワワちゃんのことを 何も知らなかった」―。

爆発的な青春を謳歌する若者たちの姿。Have a Nice Day!による主題歌「僕らの時代」がエモーショナルな感覚を呼び起こし、眩いまでの光を放つ映像が、青春の儚さを予感させる予告映像となっています。

映画情報どっとこむ ralph 一瞬で過ぎ去る青春の日々を駆け抜ける若者たちのリアルな姿を描いた本作。青春の爆発と終わり、そしてそこから始まろうとする“なにか”とは一体何なのか―。本編の公開に期待が高まります!

また、本日11月30日(金)よりムビチケが各劇場、オンラインにて発売開始となります。特典はオリジナルの「ロゴ入りPVCネオンポーチ」(数量限定)。ムビチケオンラインでは同日正午より一週間限定で通常1400円(税込)が1200円(税込)になるタイムセールも実施!! 


「チワワちゃん」

2019年1月18日(金) 全国ロードショー!
公式HP:
chiwawa-movie.jp


***********************************


門脇 麦
成田 凌 寛 一 郎、玉城ティナ 吉田志織/村上虹郎
仲万美 古川琴音 篠原悠伸 上遠野太洸 松本妃代 松本穂香/成河
栗山千明(友情出演)/浅野忠信
監督・脚本:二宮 健
原作「チワワちゃん」岡崎京子著(KADOKAWA刊)
主題歌:Have a Nice Day!”僕らの時代“ ©ASOBiZM
挿入歌:Pale Waves”Television Romance”©Kobalt Music Publising Ltd ©2017Dirty Hit
製作「チワワちゃん」製作委員会 
企画 東映ビデオ
企画協力:KADOKAWA 
制作プロダクション:ギークサイト
配給:KADOKAWA R-15
2019年/日本/カラー/シネマスコープ/ DCP 5.1ch/104分 ©2019『チワワちゃん』製作委員会


映画『パンバス』今泉力哉監督東京国際映画祭注目監督が集まるSHINPA vol.6に登場!


映画情報どっとこむ ralph 本日10月28日、「第30回東京国際映画祭」にて、「SHINPA vol.6 in Tokyo International Film Festival」上映前舞台挨拶が東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて行われ、今泉力哉監督を初め、9人の監督が登壇するイベントが行われました。

SHINPA vol.6 in Tokyo International Film Festival上映舞台挨拶
日時:10月28日(土)21:40~
会場:TOHOシネマズ六本木ヒルズ SCREEN9
登壇: 今泉力哉 、小林達夫、佐津川愛美 、竹内里紗、堤 裕介、 二宮 健、 前野朋哉、安川有果、渡辺大知
映画情報どっとこむ ralph 「SHINPA」とは、二宮 健監督呼びかけのもと、新進気鋭の監督が集まり、それぞれの自主映画作品を一気に上映しようというイベント。3年前、北池袋でスタートしてから、今回が6回目の開催となり、東京国際映画祭で開催は今回が初となる。
さらに、いままでの「SHINPA」とは違い、全員撮り下ろしの作品ということで、映画祭の中でも最も注目度の高いイベントと言えます。

今回登壇したのは、今泉力哉、小林達夫、佐津川愛美、竹内里紗、堤 裕介、二宮 健、前野朋哉、安川有果、渡辺大知と映画界注目の映画監督達が集結。

商業映画に自主映画と多種多様な作品を撮影してきた今泉監督は、「SHINPA」への参加について、「自主映画は、お金が減っていくので、“なんでやるの?“と聞かれ、嫁との戦いでした。」と話し、会場の笑いを誘った。

それに続けて、前野監督も、「自分もお金の問題で、嫁との戦いでした。嫁に指輪を買うための指輪貯金を使って撮りました」と語り、さらに会場を盛り上げた。

今回の今泉監督作品『赤青緑』は、赤と青と緑を知らないこどもが赤と青と緑を知る話。今泉監督は、「自主映画の自由さとか あったかさは肌身に感じていて、今回はできるだけお金をかけず、携帯ひとつでスタッフ0人で撮影しました。こんなに自由に録らせてもらえる機会をもらって何を撮ろうか考えた時に、他の状況では作れないものを撮ろうと思いました。」と今作に対する思いを語った。イベントは全10本の一挙上映と舞台挨拶を交えて明け方まで映画ファンたちを釘付けにする。
今泉監督は、今回選ばれた監督の中では唯一、2018年2月17日(土)より全国公開予定の『パンとバスと2度目のハツコイ』も併せ、2作品が本映画祭で上映されるなど、映画祭からの高い注目度が伺えます。

『パンとバスと2度目のハツコイ』は、昨年乃木坂46を卒業した深川麻衣が映画初出演にして初主演を務め、三代目 J Soul Brothersのパフォーマーとして活動する山下健二郎と共演する注目作。
29日(日)には、『パンとバスと2度目のハツコイ』が、東京国際映画祭ワールドプレミア上映が行われ舞台挨拶を控えます。


映画『パンとバスと2度目のハツコイ』

2018年2月17日(土)より全国公開です。

公式サイト:
www.pan-bus.com

***********************************


キャスト:深川麻衣、山下健二郎(三代目J Soul Brothers)、伊藤沙莉、志田彩良、安倍萌生、勇翔、音月桂

配給:「パンとバスと2度目のハツコイ」製作委員会
監督・脚本:今泉力哉
主題歌:「Puzzle」Leola(Sony Music Associated Records)

©2017映画「パンとバスと2度目のハツコイ」製作委員会