「乱世備忘—僕らの雨傘運動」タグアーカイブ

ドキュメンタリー映画『乱世備忘 僕らの雨傘運動』公開決定&メインビジュアルが完成


映画情報どっとこむ ralph この度、山形国際ドキュメンタリー映画祭 2017 にて小川紳介賞受賞した、ドキュメンタリー映画『乱世備忘 僕らの雨傘運動』が7月14日(土)よりポレポレ東中野ほか全国順次公開する運びとなりました。

香港の新世代による 香港そしてアジアの未来を見つめる社会派青春群像劇ドキュメンタリー
内容は・・・・
僕が生まれる前、1984年に香港が1997年に中国に返還される事が決まった。2014年、香港にはいまだに民主主義はない。自分たちで香港の代表を選ぶ「真の普通選挙」を求めて若者が街を占拠した、雨傘運動。同じ「香港人」であるはずの警官たちからの浴びせられる催涙弾に皆が雨傘を手に抵抗し、僕はカメラを手にデモに向かった。そこで映画の主人公となる仲間たち、大学生のレイチェル、ラッキー、仕事が終わってからデモに駆けつけてくる建築業のユウ、授業のあと1人でデモに来た中学生のレイチェルたちに出会った。香港の街が占拠され、路上にはテント村ができ、自習室ではラッキーの英語無料教室が開かれた。テントをたて、水を運び、そして夜は一緒にマットを敷いて路上に寝る日々。討議がまとまらず言い争いになると「これが民主主義」だと、皆で笑いあう。こんな香港を見るのははじめてだった。香港に暮らす「普通」の僕たちが、「香港人」として「香港の未来」を探した79日間の記録――。 当時27歳だったチャン・ジーウン陳梓桓監督が仲間たちと過ごした、未来のための備忘録。

「僕たちは何かを変えたか——」

2014年は香港・雨傘運動のほか、台湾・ひまわり運動では学生たちが立法院を占拠し、日本ではSEALDsの前身となる学生団体SASPLが結成された。明確な結果が見えず運動が終わった時、彼らは自分たちがどう闘い続けていくかという問題に直面する。若者たちの軌跡を紐解く事で、私たちアジアの未来が見えてくる。

映画情報どっとこむ ralph コメントが届きました!

■奈良美智/美術家
彼らの最前線は宙に舞い飛び散ったのか?それは夢であったのか?香港の街は静かな夜に涙するだけなのか?否!道は続くのだ!と僕は思った。
大人気香港ブログ「香港*芝麻緑豆」https://edokomomo.exblog.jp のほか、香港ローカルグルメの求道者として「香港路地的裏グルメ」「香港無問題 香港ローカルなりきり旅」の著作がある、フリーライター香港迷の池上千恵様よりコメントが届きました! ※香港迷とは、香港ファンの意味です。

■池上千恵/フリーライター・香港迷
普通選挙を求めて立ち上がった普通の学生たち。あの秋、高層ビルのもと下にあった「香港人」たちの静かな情熱と黄色い雨傘。広東語と繁体字と自由、香港のアイデンティティを守ろうとする真っ直ぐな姿が胸を焼く。

映画情報どっとこむ ralph ★イラスト到着★
香港に関するイラストや著作も多く、食や暮らしをテーマにしたほんわかイラストが大人気のイラストレーターの小野寺光子様より描き下ろし特製イラストが届きました!
この雨傘運動のシンボルである黄色い雨傘をさした登場人物たちが描かれたイラストがポストカードになりました。特別前売り鑑賞券(\1,300)を劇場でお買い求めいただくと、プレゼントいたします!※一部劇場ではお取扱いがござません。

乱世備忘 陳梓桓監督


ドキュメンタリー映画『乱世備忘 僕らの雨傘運動』
原題 乱世備忘(Yellowing) 

公式サイト:www.amagasa2018.com

***********************************

監督 陳梓桓(チャン・ジーウン)
エグゼクティブプロデューサー 崔允信(ヴィンセント・チュイ) 
プロデューサー 任硯聰(ピーター・ヤム) 陳梓桓(チャン・ジーウン)
コプロデューサー 張鐵樑(チョウ・テツリョウ) 編集 胡靜(ジーン・フ) 陳梓桓(チャン・ジーウン)

音楽 何子洋(ジャックラム・ホ) 

制作 影意志(雨傘運動映像ワークショップ) 配給 太秦 監修 倉田徹
©2016 Ying E Chi All Rights Reserved. 
2016|香港|カラー|DCP|5.1ch|128分


山形国際ドキュメンタリー映画祭 大賞は『オラとニコデムの家』に決定!


映画情報どっとこむ ralph 10月5日(木)より行われてきました山形国際ドキュメンタリー映画祭2017(YIDFF)の受賞結果をお知らせ致します。

本映画祭は、1989年より隔年で開催され、記念すべき15回目を迎ました。今年は映画祭全体で161本の作品が上映されました。
2017年全作品の応募状況:128の国と地域から1791本。


名称:山形国際ドキュメンタリー映画祭2017
会期:10月5日[木]〜12日[木]8日間
会場:山形市中央公民館(アズ七日町)、山形市民会館、フォーラム山形、山形美術館、とんがりビルKUGURU ほか

公式HP: www.yidff.jp/home.html

映画情報どっとこむ ralph インターナショナル・コンペティション
121の国と地域から1,146本

ロバート&フランシス・フラハティ賞(大賞)

審査員:イグナシオ・アグエロ(審査員長)、ディナ・ヨルダノヴァ、ランジャン・パリット、七里圭

『オラとニコデムの家』
アンナ・ザメツカ監督

監督:アンナ・ザメツカ
ポーランド/2016/72分“Communion”Director:Anna ZameckaRepublicofPoland/2016/72min.

山形市長賞(最優秀賞)
『カーキ色の記憶』監督:アルフォーズ・タンジュール

優秀賞
『孤独な存在』監督:沙青(シャー・チン)
『私はあなたのニグロではない』監督:ラウル・ペック

特別賞
『激情の時』監督:ジョアン・モレイラ・サレス

映画情報どっとこむ ralph アジア千波万波
63の国と地域から645本

審査員:テディ・コー、塩崎登史子

小川紳介賞

『乱世備忘—僕らの雨傘運動』
陳梓桓

監督:陳梓桓(チャン・ジーウン)
香港/2016/128分“Yellowing”Director:Chan Tze-WoonHong Kong/2016/128min.


奨励賞
『人として暮らす』監督:ソン・ユニョク
『あまねき調べ』監督:アヌシュカ・ミーナークシ、イーシュワル・シュリクマール

特別賞
『パムソム海賊団、ソウル・インフェルノ』監督:チョン・ユンソク
『翡翠之城』監督:趙德胤(チャオ・ダーイン/ミディ・ジー)

市民賞
『ニッポン国VS泉南石綿村』監督:原一男

日本映画監督協会賞
『あまねき調べ』監督:アヌシュカ・ミーナークシ、イーシュワル・シュリクマール

***********************************