「中野量太」タグアーカイブ

蒼井優 竹内結子 松原智恵子 が現場で紡いだ家族の姿 映画『長いお別れ』メイキング映像解禁!


映画情報どっとこむ ralph 日本アカデミー賞ほか国内映画賞34部門を受賞した『湯を沸かすほどの熱い愛』の中野量太監督が、直木賞受賞作家である中島京子の同名小説を映画化する最新作『長いお別れ』が5月31日(金)に全国ロードショーとなります。

父の70歳の誕生日。久しぶりに帰省した娘たちに母から告げられたのは、厳格な父が認知症になったという事実だったー。ゆっくり記憶を失っていく父との、お別れまでの7年間。それは、思いもよらない出来事と発見に満ちた日々。蒼井優、竹内結子、松原智恵子、山﨑努という、日本映画界が誇る豪華実力派俳優陣の共演で贈る、笑って泣いて、前に進んでいく家族たちの、新たな愛の感動作です!

そのメイキング映像が解禁となります!



今回解禁された映像は、東(ひがし)家の次女:芙美役の蒼井優、長女:麻里役の竹内結子、母:曜子役の松原智恵子が、中野監督とともに撮影現場で和気あいあいと談笑する姿が映し出された貴重なメイキング映像。

認知症を患い、ゆっくりと記憶を失っていく父とのお別れまでの7年間を描いた本作では、劇中、東家を取り巻く環境も刻々と変化していく。その中でも、我々にとって最も身近な存在であり、環境の変化を強く感じられるスマートフォンを手にとって、過去のバージョンを懐かしむ姿が切り取られた。

親子役としての共演ではあるものの、スマートフォンを手にとりあって談笑する3人の姿は、まるで仲の良い三姉妹。父を軸として家族の物語が描かれる本作では、この3人の信頼関係はまさに映画の要となるところ。中野監督曰く、「あの三人が上手くいったのが面白かったですね。松原智恵子さんに至っては、少女のようですから(笑)。現場でも松原さんが一番下の妹みたいになっていましたが、その雰囲気が作品に出ていたのかも知れません。」と当時を振り返り、3人の関係性が映画に与えた影響の大きさを明かしている。

実は本作、原作小説では実際に三姉妹という設定だったところ、あえて二人姉妹にするという大胆な変更が施されている。原作を映画化するにあたり、まず、物語を四段階に分け、時代を四つに分けるということを考えた中野監督。「お父さんとお母さんの世代、娘たちの世代、孫の世代、それぞれ三世代を描くためにお父さんを軸にする。そうするうちに構成が決まり、各パートを整理していたら、三姉妹というのは「どうやら少し多いのではないか?」と感じたんです。骨子は変わっていないけれど、人物像に関しては自分なりの解釈を加えています。」と明かしており、原作の良さを引き出しつつも、登場人物を減らし、物語を整理することで、親・子供・孫のどの世代が見ても“気づき”を得られる、新たな家族の物語を作り上げた。

原作者である中島先生からも「こんな感じになるのね、すごく面白い!」とお墨付きをもらったという設定変更は、映画ならではの見どころの一つ。映像内では、和やかなムードで現場を楽しむ3人の姿に加え、真剣な様子で芝居に取り組む蒼井、竹内、松原の姿も捉えられている。

映画情報どっとこむ ralph 『長いお別れ』

5月31日(金) 全国ロードショー


公式サイト:
http://nagaiowakare.asmik-ace.co.jp/

公式twitter:
@nagaiowakare_mv

***********************************


監督:中野量太 出演:蒼井優 竹内結子 松原智恵子 山﨑努
北村有起哉 中村倫也 杉田雷麟 蒲田優惟人
脚本:中野量太 大野敏哉 原作:中島京子『長いお別れ』(文春文庫刊)主題歌:優河「めぐる」
企画:アスミック・エース Hara Office
配給・制作:アスミック・エース
©2019『長いお別れ』製作委員会 ©中島京子/文藝春秋


中野量太監督『長いお別れ』蒼井優 竹内結子 松原智恵子 山﨑努らとのメイキング画像到着


映画情報どっとこむ ralph 日本アカデミー賞ほか国内映画賞34部門を受賞した『湯を沸かすほどの熱い愛』の中野量太監督が、直木賞受賞作家である中島京子の同名小説を映画化する最新作『長いお別れ』が5月31日(金)に全国ロードショーとなります。

父の70歳の誕生日。久しぶりに帰省した娘たちに母から告げられたのは、厳格な父が認知症になったという事実だったー。ゆっくり記憶を失っていく父との、お別れまでの7年間。それは、思いもよらない出来事と発見に満ちた日々。蒼井優、竹内結子、松原智恵子、山﨑努という、日本映画界が誇る豪華実力派俳優陣の共演で贈る、笑って泣いて、前に進んでいく家族たちの、新たな愛の感動作です!

この度、本作のメイキング画像が解禁となりました!

映画情報どっとこむ ralph 今回、山﨑さんと監督とのメイキング画像や、蒼井さん、竹内さん、松原さんら、3人の女性陣が監督を中心に談笑している和やかなオフショットが解禁に。

前作から3年、ついに待望の最新作として公開される本作には、日本映画界を代表する豪華実力派俳優陣が集結。
中野監督、切望の末に実ったキャスティングとなった次女・芙美役を演じる蒼井優、長女・麻里役として、自然とキャスト間の“和”を作り出していたという竹内結子、チャーミングさを保ちながら、娘たちが気付いていないことにひとりだけ気付いているという繊細さを併せ持つ重要な役どころ、母・曜子に松原智恵子が。そして、父・昇平役には山﨑努をキャスティング。
映画化のオファーをもらう前から原作を読んでいたという山﨑さんは「これが映画化されるとしたら、昇平役は自分のところにオファーが来るのではないか?」との、不思議な予感を感じていたとか。運命とも言える不思議な縁に導かれ、本作の東家が誕生した。

映画情報どっとこむ ralph また、過去の中野量太監督作品では、『チチを撮りに』や『湯を沸かすほどの熱い愛』だけでなく、短編『琥珀色のキラキラ』(09)においても、<家>が“もうひとつの主人公”といえる重要な役割を担ってきた。
今回、東家の撮影場所に選ばれたのは千葉県郊外にある一軒家。実はこの家、つい最近まで実際に人が住んでいたという家屋になっていて「まだ人の気配がある」という点が、美術による作り込みだけでは生まれない“生きた家”の空気感を感じさせている。「居間からキッチンが見える」という間取りも、中野監督の過去作から散見される共通点だが「母親のいる場所」=「キッチン」だとすれば、そこから「家族のいる場所」=「居間」が見えるという位置関係は、本作においても欠かせない要素だったのだとか。

映画情報どっとこむ ralph 家族というものに向き合い続けてきた中野監督だからこそ、描くことのできる新しい認知症映画がここに誕生しました。新作『浅田家(仮)』の公開も2020年で予定されるなど、今、最も勢いのある映画監督、中野量太が贈る、家族の愛の物語『長いお別れ』は5/31(金)公開です。

公式サイト:
http://nagaiowakare.asmik-ace.co.jp/ 

公式twitter:
@nagaiowakare_mv


本作で監督・脚本を務めたのは、初めての長編映画『湯を沸かすほどの熱い愛』(16)で日本中を感動の渦に巻き込んだ中野量太。

常にオリジナル脚本で独自の世界を創り続けてきた監督が、「オリジナル脚本へのこだわりを簡単に捨てられた」と語るほど原作に惚れ込み、初めて小説の映画化にチャレンジ。近い将来65歳以上の1/5が発症するという(出展:厚生労働省)病、認知症を父が発症したことにより、自分自身の人生と向き合う事になる家族の7年間を、あたたかな眼差しをもって優しさとユーモアたっぷりに描いた新たな家族の物語となっている。

あらすじ:
父の70歳の誕生日。久しぶりに帰省した娘たちに母から告げられたのは、厳格な父が認知症になったという事実だった。それぞれの人生の岐路に立たされている姉妹は、思いもよらない出来事の連続に驚きながらも、変わらない父の愛情に気付き前に進んでいく。ゆっくり記憶を失っていく父との7年間の末に、家族が選んだ新しい未来とは―。

***********************************

監督:中野量太
出演:蒼井優 竹内結子 松原智恵子 山﨑努
北村有起哉 中村倫也 杉田雷麟 蒲田優惟人
脚本:中野量太 大野敏哉
原作:中島京子『長いお別れ』(文春文庫刊)主題歌:優河「めぐる」
企画:アスミック・エース Hara Office
配給・制作:アスミック・エース 
©2019『長いお別れ』製作委員会 ©中島京子/文藝春秋


中野量太監督最新作『長いお別れ』新場面写真8点が解禁


映画情報どっとこむ ralph 湯を沸かすほどの熱い愛』の中野量太監督最新作!

5月31日(金)公開『長いお別れ』の新場面写真8点が解禁となります。

今回新たに解禁された場面写真の数々は、東(ひがし)家の家族はもちろん、芙美の彼氏・道彦役を演じる中村倫也、そして麻里の夫・新(しん)役を演じる、北村有起哉らとの、7年間の日々を切り取ったもの。

パーティー帽を被り、70歳の誕生日を迎えた父を祝う東家や道彦と昇平、そして崇の3人が、土手で並んでアイスを食べる穏やかなシーンに加え、麻里と新(しん)の夫婦2ショットも到着しております。

少しずつ記憶を失くして、ゆっくりゆっくり遠ざかっていく―その様子からアメリカでは「Long Goodbye(長いお別れ)」とも表現される病、認知症。近い将来65歳以上の1/5が発症する(出展:厚生労働省)と言われています。親子とは、夫婦とは、家族とは―?刻々と変化する時代に変わることのない大切なものを問う、昭和、平成、そして新しい時代へと繋がる愛の感動作です。

長いお別れ

公式サイト:
http://nagaiowakare.asmik-ace.co.jp/ 
 
公式twitter:
@nagaiowakare_mv



***********************************


監督:中野量太 出演:蒼井優 竹内結子 松原智恵子 山﨑努
脚本:中野量太 大野敏哉
原作:中島京子『長いお別れ』(文春文庫刊)
企画:アスミック・エース Hara Office
配給・制作:アスミック・エース
(C)2019『長いお別れ』製作委員会


中野量太監督「湯を沸かすほどの熱い愛」4部門!第26回批評家大賞


映画情報どっとこむ ralph 第26回批評家大賞授賞式が、昨年に引き続き池袋の東京芸術劇場にて行われアニメ部門、実写映画部門の授賞式が行われ、新鋭:中野量太監督の「湯を沸かすほどの熱い愛」が作品賞、監督賞、主演女優賞、助演女優賞で最多4部門を受賞。主演男優賞は「続・深夜食堂」小林薫さん、主演女優賞は「湯を沸かすほどの熱い愛」宮沢りえさんが受賞しました。


第26回批評家大賞授賞式アニメ部門、実写部門
日付:2016年5月16日(火)
場所:東京芸術劇場 コンサートホール

映画情報どっとこむ ralph アニメ部門

声優賞 野沢雅子「風のように」
野沢さん:永い間良く頑張ってきたよね!とご褒美頂けたのだと思います。「おらたまげたぞ!ありがとな」(ど根性ガエル:ヒロシの声で)
と受賞のお気持ちをキャラ声で会場を盛り上げました!

監督賞 新海誠「君の名は。」残念ながら司会監督は欠席。
作品賞 映画『聲の形』

ダイヤモンド大賞 松本零士 
松本先生:幼少期からアニメーションに憧れていました。漫画は見ていただくために描いています。皆様に観ていただけたからこそ、この賞を頂けたのだと思っています。今も三本手掛けていて、これからも大いに頑張っていきます!

そして!昨年の受賞者である永井豪先生が花束を贈呈。

映画情報どっとこむ ralph 実写部門

新人監督賞 小路紘史「ケンとカズ」
小路監督:プロの方々からの賞。とても光栄です!水道橋博士から「美しい評をいただけることが、クリエータを成長させる」と言われました。僕も2作目3作目と美しい評をいただけるように頑張ります。

映画音楽賞 加古隆「エヴェレスト 神々の山嶺」
残念ながらご欠席。メッセージ:映画を通して愛する曲が生まれ、こうして貴重な賞をいただけて嬉しく思っています。

編集賞(浦岡敬一賞) 穗垣順之助「ちはやふる」
浦岡敬一賞は奥様がプレゼンター!恒例の頭なでなで。
西川監督:自分の書いたシナリオ通りに映画って撮れない事が多いのです。今回は最初に小説で全部書いてしまって、映画はそれとは別に、俳優や環境をフルに生かして作っていきました。ですので、シナリオは余白をもって書きました。密度濃く書くよりも、俳優さんやスタッフさんにゆだねた所が好きなシーンになっています。新しい発見でした。

と、エピソード語りました。

撮影賞 北信康「エヴェレスト 神々の山嶺」
北さん:約20年前、原作を読んだ時に、大変高揚した作品。圧倒的な世界観を映画化するにあたって、過酷なエベレストで撮影したことは、自分の財産であり自信にもなりました。

ドキュメンタリー賞 日比遊一「健さん」
日比さん:このお話をオファーされた時、命がけでやりなさいとお世話になった方に言われました。俳優 高倉健と言う大きな題材で賞をいただけたこと嬉しく思っています。出演していただいた諸先輩、そして、ご協力いただきました多くの写真家の皆さまに熱く御礼を申し上げます。

映画情報どっとこむ ralph 新人賞 (小森和子賞) 高畑充希「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」
高畑さん:とてもうれしいです。初主演の映画で、大切な1本です。人生で初めての主演がこの「植物図鑑」で良かったなと思います。とてもタイトな撮影でしたが、毎日ワクワク現場に行ける作品でした。そういう場所を用意していただいた方々に感謝します。これからも輝けるように、そして、腹黒くへへっ(笑)頑張っていきます。

新人賞(南俊子賞) 岩田剛典「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」
残念ながら欠席でしたがビデオメッセージ。
岩田さん:自分初めての主演作、大切な作品で賞をいただけて光栄です。これからも成長していけるよう頑張ります。

特別賞 岩波ホール
特別賞 佐藤忠男

ゴールデングローリー賞は映画界に多大な影響を与えた功労賞的なものでこの批評家大賞始めた水野さんの名前を関した生です。

ゴールデン・グローリー賞 (水野晴郎賞) 奈良岡朋子
奈良岡さん:結構・・・重たいのをいただきました。物語ついたときの娯楽が活動写真でした。大人の陰に隠れて観に行ったものです。いつの間にか見る側から出る側になっていました。映画の現場に行くとみんなの絆、空気が大好きです。継続は力なり。これからも映画の灯に微力ながら参加させて頂けたらと思います。

ゴールデン・グローリー賞(水野晴郎賞) 小松政夫
小松の親分さん:(淀川先生が降臨)またまたまた、お会いしましたね。凄いですね。私で、この賞いいんでしょうか
。ありがとうございました。映画って本当にいいもんですね。

と、ものまねで沸かせます。

映画情報どっとこむ ralph 助演女優賞 杉咲花「湯を沸かすほどの熱い愛」
杉咲さん:以前、新人賞をいただいたこの場所に、こうしてまた立てていることを光栄に思っています。初めて本作の完成したものを観たときに、自分のその時のせい一杯が出せたのではないかんと思います。それは、この映画に携わった方のおかげで、中野監督から「見せる演技じゃなくて見える演技をしてください。本当に宮沢りえさんと親子のようになって欲しい」とおっしゃられたので、現場に入るまで毎日連絡を取り合ったりしました。今までにないアプローチの仕方で役に入りました。本当にすごい熱量で受け止めて下さった全ての皆さんに感謝します。幸せです。

助演男優賞 東出昌大「聖の青春」
東出さん:数年前に充希ちゃんとはNHKの「ごちそうさん」で兄弟役をやっていて、彼女が新人女優賞を取ってこうして、同じ舞台で会えて嬉しいです。役者になって5年。謙虚な気持ちと日々感謝する気持ちで、今後も全力で銀幕に存在していきたいと思います。

そして、イベントも大詰めに突入。

主演女優賞 宮沢りえ「湯を沸かすほどの熱い愛」
残念ながら欠席。
メッセージ:撮影から月日は経ちましたが「湯を沸かすほどの熱い愛」起こした波紋はいつまでも続いているんだなと感じ、嬉しいですし光栄です。素晴らしい脚本と監督、スタッフと共演の方々のバランスの中で演じたことが評価されたということで、本作に携わった方すべてに感謝しています。

主演男優賞 小林薫「続・深夜食堂」
小林さん:主なセリフが、いらっしゃい!、あいよ!、お待ち!です。主演男優賞でふさわしいのか・・・批評家の先生たちの深い意味があるのではないかと考えますと・・・事件を起こした人、事件にあった人だけではなく、それを見ている人にもドラマがあるんだということを、お示しになったのではないかと。堂々と主演男優賞を受けようと思います。

監督賞 中野量太「湯を沸かすほどの熱い愛」
中野監督:3年前に新人監督賞をいただいて、今回、監督賞を、主演女優賞の宮沢りえさん、助演女優賞の花と一緒に受賞できたことが大変うれしいです。17年前、特別賞を受賞された佐藤先生が校長だったころの日本映画学校を卒業しまして、この作品をほめていただけたことが光栄です。実は3回助監督をしたのですが駄目な助監督で、しばらく映画を離れていて、でも離れられなくて戻ってきました。頑張ってきて良かったです。

本年度、批評家が最も素晴らしいと評価した作品は、「湯を沸かすほどの熱い愛」

作品賞 クロックワークス「湯を沸かすほどの熱い愛」

ダイヤモンド大賞 (淀川長治賞) 樹木希林
樹木さん:功労と・・私は功労ではなくて、皆さんの今日のコメントを聞いて、みんな映画に真剣に取り組んでるのだなと(笑)感動しました。映画にTVから移ってきたのは、永いセリフが言えなくなって・・・映画ならカット割りで撮ってもらえるからと気楽な感じでね。だから功労ではないですが、くれるって言うんでもらいに来ました!国を亡ぼすのは青年の失敗ではない。老人の跋扈(ばっこ)だと。書かれていますが。そろそろと思っていましたが、これを機会にあと1年は映画にとり組んでいこうと思います。

と、樹木希林節で授賞式を終えました。

*集合写真に杉崎花さんがいないのは、40分おしだったため、次の現場に向かわれたそうです。

***********************************

    


学生による学生のための映画祭、TOHOシネマズ学生映画祭3/24開催!


映画情報どっとこむ ralph 今年もTOHOシネマズ学生映画祭が開催されます!

TOHOシネマズ学生映画祭とは、TOHOシネマズ株式会社が主催し、現役学生がその企画・運営・宣伝の全てを行う「学生による学生のための映画祭」です。


学生が制作した作品をTOHOシネマズのスクリーンで上映する唯一の学生映画祭でもあり、著名な審査員の方々によってグランプリを決めてもらう学生映画の祭典となっています。

今年度の審査員は、『湯を沸かすほどの熱い愛』の監督である中野量太さんや、日野自動車『ヒノノニトン』・リクルート『SUUMO』等、数多くのCMプランナーを務める横澤宏一郎さん。

トークショーのゲストには、昨年大ヒットを記録した『ちはやふる』の監督である小泉徳宏さんとプロデューサーの巣立恭平さんが登壇して、「映画をつくること」というテーマでトークを繰り広げる予定だそうです。

映画を様々な角度で触れられる映画祭となっているとのこと是非!

映画情報どっとこむ ralph 開催概要

【名称】 第11回TOHOシネマズ学生映画祭
【日時】 2017年3月24日(金)16時開演 21時終了予定
【場所】 TOHOシネマズ日本橋
     東京都中央区日本橋室町2-3-1コレド室町2 3階
【入場料】 無料
【プログラム】
・ショートフィルム部門:15分以内の実写作品・ジャンル自由
・ショートアニメーション部門:15分以内のアニメーション作品・ジャンル自由
・CM部門:テーマに沿った30秒以内のCM・テーマ「時計」

*それぞれの部門ごとにグランプリ・準グランプリを選出
*全部門の中から1作品にROBOT賞の授与あり
*今年度より高校生期待枠を設置

【審査員】
奥田誠治(松竹株式会社)
中野量太(映画監督)
耶雲哉治(株式会社ロボット 映像ディレクター/映画監督/演出家)
横澤宏一郎(クリエイティブディレクター/CMプランナー)

【トークショーゲスト】
小泉徳宏(映画監督)
巣立恭平(プロデューサー)
【企画・運営】TOHOシネマズ学生映画祭実行委員会(現役学生)
【主催】TOHOシネマズ株式会社
【後援】株式会社ROBOT
【協力】リージェンツ


【前年度実績】
〈応募作品数〉182本
〈審査員〉
奥田誠治(日本テレビ放送網株式会社 ゼネラル・プロデューサー)
小泉徳宏(株式会社ROBOT)
中谷敏夫(日本テレビ コンテンツ事業部門副部長兼プロデューサー)
福里真一(ワンスカイCMプランナー、コピーライター)
〈トークショーゲスト〉 ライムスター宇多丸様(ラッパー・ラジオパーソナリティー)

***********************************