「中田青渚」タグアーカイブ

山田杏奈この映画で女優としてい生きていくこと決めた!『ミスミソウ』初日舞台挨拶で


映画情報どっとこむ ralph この度、『ハイスコアガール』『でろでろ』などで知られる人気漫画家・押切蓮介の代表作にして、映像化不可能と言われた伝説のコミック『ミスミソウ 完全版』が、実写映画「ミスミソウ」(配給:ティ・ジョイ) として、4 月 7 日(土)より、 新宿バルト9ほか全国公開となり、主演の山田杏奈さんをはじめ、清水尋也さん、大谷凜香さん、大塚れなさん、中田青渚さん、紺野彩夏さん、櫻愛里紗さん、遠藤健慎さん、大友一生さん、遠藤真人さん、内藤瑛亮監督が劇中衣装で登壇。監督の手紙のサプライズに山田さんもウルっとする姿も。
『ミスミソウ』初日舞台挨拶
日付:4月7日(土)
場所:新宿バルト9
登壇:山田杏奈、清水尋也、大谷凜香、大塚れな、中田青渚、紺野彩夏、櫻愛里紗、遠藤健慎、大友一生、遠藤真人、内藤瑛亮監督

映画情報どっとこむ ralph 山田さん:本日はお越しいただき本当にありがとうございます。初主演の映画の公開。人生で大切な一日です。

内藤監督さん:ミスミソウは条件としてはとても厳しいものでしたが絶対面白い作品に仕上がるのではとの確信があり引き受けてよかったなと思っています。雪まみれ血まみれの過酷ななか、みんな頑張ってくれました。100点満点中・・・1億点です!

現場でのキャストについて聞かれると、忙しくて撮影以外はわからないとしながらも

内藤監督:大塚さんが兎に角うるさい!と寝れないぐらいと。

大塚さん:違うと思います。
紺野さん:完全にうるさかったです。でも、妹的な存在だったので。場を盛り上げてくれました!
映画情報どっとこむ ralph クランクアップ時に監督から卒業証書を渡されたそうで、その中には原作の押切先生による似顔が書かれているもの。
ということで、山田さんが現物を持ってきて見せてくれました!
山田さん:卒業証書は嬉しかったですし、みんなで卒業できて良かったです!


いじめの女王役の大谷さんは劇中では金髪ですが今は清楚系、

大谷さん:東京に憧れているところは似ている。けど、あんな、髪切っちゃうみたいなことは・・・・

大塚さん:撮影とは思えないほど引っ張られました!嬉しかったんですけど。

とやられた本人が付け加え場を盛り上げます。


清水さんが演じたキャラは「キミを守る」といいながらも暴力的。演じるにあたり

清水さん:好きだからこそ暴力をふるうのがわからなくて。。。。普段優しいので。

と、笑わせながらも吐露すると

内藤監督:このキャラには特に思い入れがあって、君を守るのセリフの裏にある女性自立を無視するという無自覚。そこは考えて清水君は演じてくれました。

と、その真摯な演技を絶賛。

映画情報どっとこむ ralph ここで、サプライズで監督から主演の山田さんへ手紙が
少しウルっとする山田さん。
山田さん:凄くびっくりしてますし、嬉しいです。オーディション受かって、でも、前の監督がダメになって・・もうダメかなと思ってたら、内藤監督と一緒に仕事が出来て幸せです。
映画情報どっとこむ ralph ミスミソウを卒業。どんな役者を目指したい?

山田さん:初主演がミスミソウ。これから日常にあるような作品もこういう非日常な作品も、色々な作品を演じていきたいです。この作品で女優として生きていくことも決めたので、自分に厳しく。また皆さんと共演できるように頑張ります。

清水さん:高校卒業したので、学生という言い分けできないので、今後の仕事について考えることが多くなりました。上手いだけじゃ生き残れない、深い芝居が出来るように努力します。

大谷さん:このミスミソウが初めてのお芝居だったので、スタートでしかないです。ということは進むしかないと思っています。新しい私に出会えるように頑張ります。

大塚さん:今後は、どんな役でも演じられるようにカメレオン女優になりたいです!

中田さん:今回、みんなのお芝居に対する貪欲さを感じて、自分覚悟を決めなければと思いました。

紺野さん:一番やりたいのは悪女役。別の演技で皆に認められるような女優さんになりたいです!

櫻愛さん:一年間の目標で、映画を決めて、叶ったので、今後も目標を持ってじっくり頑張っていきます。

遠藤健さん:いろんな役に挑戦したいですし、配役が決まって、僕の名前があったら、こいつならできるなと思われる俳優になりたいです。

大友さん:世界に通用するような役者になりたいです!

遠藤真さん:先入観捨てて、新しい唯一無二の役者になりたいです。

と、未来を語り舞台挨拶は終了しました!

映画情報どっとこむ ralph ミスミソウ

公式HP: misumisou-movie.com

東京から田舎に転校してきた主人公・野咲春花(山田杏奈)は“部外者”として扱われ、壮絶なイジメを受けていた。春花の学校での唯一の味方は、同じように転校してきたクラスメイトの相場晄(清水尋也)。彼を心の支えに必死に耐えてきた春花だが、クラスの女王的存在、小黒妙子(大谷凜香)の取り巻きのイジメグループによる嫌がらせは日に日にエスカレートしていった。そして、ある日、激しく燃え上がる炎が春花の家を覆い尽く。春花の妹・祥子は大火傷を負いながらも助かったが、両親は命を落としてしまった。思いもよらない悲劇に遭遇した春花の心は、崩壊する── 。やがて事件の真相が露見することを恐れたイジメっ子達は春花に自殺するよう強要するが、それがきっかけとなって春花は事件の真相を知り、家族を奪ったイジメっ子達に己の命を賭けた凄惨な復讐を開始するのだが…。厳しい冬を耐え抜いた後に雪を割るようにして咲く花、三角草(ミスミソウ)。春花はミスミソウのように厳しい冬を耐えて、きれいな花を咲かせることができるのか…。春花が選んだ道とは・・・。

***********************************

山田杏奈 清水尋也

大谷凜香 / 大塚れな 中田青渚 紺野彩夏 櫻愛里紗 遠藤健慎 大友一生 遠藤真人

森田亜紀 / 戸田昌宏 片岡礼子 / 寺田 農

監督:内藤瑛亮 原作:押切蓮介 『ミスミソウ 完全版』 (双葉社刊) 脚本:唯野未歩子 主題歌:タテタカコ「道程」(バップ)制作プロダクション:レスパスフィルム 配給:ティ・ジョイ 2017年/日本/カラー/シネスコ/5.1ch/114分 (レーティング:R-15)
©押切蓮介/双葉社 ©2017「ミスミソウ」製作委員会


山田杏奈 清水尋也 映画『ミスミソウ』 衝撃本予告映像をどうぞ


映画情報どっとこむ ralph この度、『ハイスコアガール』『でろでろ』などで知られる人気漫画家・押切蓮介の代表作にして、映像化不可能と言われた伝説のコミック『ミスミソウ 完全版』が、実写映画『ミスミソウ』 として、4月7日(土)より、新宿バルト9ほか全国公開となります。
雪に覆われた過疎の町。逃げ場のない抑圧された環境の中、虐待、いじめなど様々なトラウマを抱えた人々の感情が複雑に交錯し、ある日、壮絶な悲劇が起きた。

山田杏奈が映画初主演を射止め、 主人公・春花を学校で支えている唯一の味方・相場晄役を清水尋也が演じる。

映画情報どっとこむ ralph この度、情報解禁のたびSNS上で話題を呼び続けている話題作「ミスミソウ」物語が覗ける【衝撃】本予告映像、本気度MAX!追加場面写真を解禁!


今回解禁となった本予告映像は、冒頭、机の引出しに死んだカラスや、いじめグループによって泥まみれになった主人公・春花(山田杏奈)の姿から彼女が経験している壮絶ないじめの様子が映し出される。そして、唯一の味方の相場(清水尋也)が春花に寄り添って頼りにしているシーンから、いじめを受けている春花にそっけない態度をみせる担任の先生。春花の不登校によって、次なるいじめの対象になった流美は「ぶっ殺したい」と吐き出し、やがては春花の家族が焼き殺される。<せき止められない憎しみに少女の心は崩壊する>キャッチのあとは、悲鳴が鳴り響き、雪に覆われた田舎町でトラウマ必至の復讐劇の場面が次から次へと広げられる。目を疑う衝撃映像とは、こういうものではないでしょうか!

最後、血まみれになった春花の呼吸する音に圧倒されたあとの<全てが終わったとき、少女は何を思うのか。>というキャッチ通り、最後のあとを考えてみるのはいかがでしょう…?

映画情報どっとこむ ralph そして、あわせて解禁された場面写真らは、映画「ミスミソウ」の本気度MAXが伝わるシーンばかり!

春花の不登校でいじめに追われる流美と彼女をいじめる小黒の2ショット、
春花と対決する久賀との2ショット、
平凡な田舎町くらしに刺激を求めている真宮と池川の2ショット、
火事からなんとか命を取り留めた包帯巻き姿の妹を見守る春花とお祖父さんの2ショット、
泥まみれの春花、
いじめグループの姿、
春花の父と母など、
映画「ミスミソウ」の物語が覗けられる場面写真らが多量解禁です!!

映画情報どっとこむ ralph なお、2月24日(土)より、ムビチケカードも発売開始!先着5000名限定で、原作ファンのなかで一番話題をよんだ、手にした釘を思いっきり突き立てている姿が収められている「復讐ステッカー」をプレゼント!
歪んだ愛と暴力が、さらなる暴力を呼ぶ壮絶なバイオレンスシーンは容赦がなく、近年の日本映画の中でもトップレベルの残酷さで衝撃度最大!!この衝撃をぜひご期待ください!!!

映画「ミスミソウ
2018.4.7 [土] より 新宿バルト9ほか全国ロードショー!

公式HP:
misumisou-movie.com

***********************************

出演:山田杏奈  清水尋也
大谷凜香 / 大塚れな 中田青渚 紺野彩夏 櫻愛里紗 遠藤健慎 大友一生 遠藤真人
森田亜紀 / 戸田昌宏 片岡礼子 / 寺田 農

監督:内藤瑛亮 
原作:押切蓮介 『ミスミソウ 完全版』 (双葉社刊) 
脚本:唯野未歩子 主題歌:タテタカコ「道程」(バップ)

制作プロダクション:レスパスフィルム 
配給:ティ・ジョイ
2017年/日本/カラー/シネスコ/5.1ch/114分(レーティング:R-15)
©押切蓮介/双葉社 ©2017「ミスミソウ」製作委員会
     


家族が焼き殺された日、私は復讐を決めた。山田杏奈「ミスミソウ」場面写真解禁


映画情報どっとこむ ralph この度、『ハイスコアガール』『でろでろ』などで知られる⼈気漫画家・押切蓮介の代表作にして、『ミスミソウ 完全版』が、実写映画「ミスミソウ」として、4⽉7⽇(⼟)より、 新宿バルト9ほか全国公開となります。


家族が焼き殺された日、私は復讐を決めた。


この度、情報解禁のたびSNS上で話題を呼び続けている話題作「ミスミソウ」の世界観を見事に再現したメインビジュアル、そしてショッキングな場面写真を解禁いたします!
今回解禁されたメインビジュアルは、雪上に赤いダッフルコートを身にまとった、報われないヒロイン・野咲春花を演じた山田杏奈の姿、そして<家族が焼き殺された日、私は復讐を決めた>というキャッチコピーが添えられている。絶望に陥った彼女の行く末を漂わせながら、クラスメイトによるイジメ、家族の死など、壮絶な数々のシーンを経験している春花の気持ちを”目力”女優ならではの表情で見事に表現!


そして、あわせて解禁された場面写真では、原作ファンのなかでも強烈なインパクトを残し「このシーン、ちゃんと映っているか!」と期待を寄せている春花の衝撃の一撃シーン。

手にした釘を思いっきり突き立てている姿に思わずゾッとする人も続出!
また春花の家族が焼かれる瞬間のショッキングなシーンも解禁です!

絶望の果てに、芽生える狂気。

映画情報どっとこむ ralph 歪んだ愛と暴力が、さらなる暴力を呼ぶ壮絶なバイオレンスシーンは容赦がなく、近年の日本映画の中でもトップレベルの残酷さで衝撃度最大!!

映画「ミスミソウ

2018.4.7 [土] より 新宿バルト9ほか全国ロードショー!

公式HP:
misumisou-movie.com

東京から田舎に転校してきた主人公・野咲春花(山田杏奈)は“部外者”として扱われ、壮絶なイジメを受けていた。春花の学校での唯一の味方は、同じように転校してきたクラスメイトの相場晄(清水尋也)。

彼を心の支えに必死に耐えてきた春花だが、クラスの女王的存在、小黒妙子(大谷凜香)の取り巻きのイジメグループによる嫌がらせは日に日にエスカレートしていった。

そして、ある日、激しく燃え上がる炎が春花の家を覆い尽くす。思いもよらない悲劇に遭遇した春花の心は、崩壊する── 。厳しい冬を耐え抜いた後に雪を割るようにして咲く花、三角草(ミスミソウ)。春花はミスミソウのように厳しい冬を耐えて、きれいな花を咲かせることができるのか…。春花が選んだ道とは・・・。

***********************************

出演:
山田杏奈 清水尋也
大谷凜香 / 大塚れな 中田青渚 紺野彩夏 櫻愛里紗 遠藤健慎 大友一生 遠藤真人
森田亜紀 / 戸田昌宏 片岡礼子 / 寺田 農

監督:内藤瑛亮 
原作:押切蓮介 『ミスミソウ 完全版』 (双葉社刊) 
脚本:唯野未歩子 主題歌:タテタカコ「道程」(バップ)

制作プロダクション:レスパスフィルム 
配給:ティ・ジョイ  
2017年/日本/カラー/シネスコ/5.1ch/114分(レーティング:R-15)
©押切蓮介/双葉社 ©2017「ミスミソウ」製作委員会


東京国際映画祭『写真甲子園 0.5秒の夏』上映記念大黒摩季ミニライブ決定!


映画情報どっとこむ ralph 全国高校写真部日本一を決める大会「全国高等学校写真選手権大会」、通称「写真甲子園」は、2018年に25周年を迎える事を記念して、映画化が実現いたしました。映画『写真甲子園 0.5秒の夏』は、11月11日(土)より北海道先行、11月18日(土)より全国順次公開いたします。
公開に先立ち、10月25日(水)から開催いたします「第30回東京国際映画祭」にて、「特別招待作品」として出品が決定しておりますが、翌10月26日(木)18:30より、主題歌「latitude ~明日が来るから~」を書き下ろし歌っている、北海道出身のアーティスト大黒摩季によるスペシャル・トーク&ミニライブを開催する運びとなりましたので、お知らせです。

イベントには、主演:甲斐翔真、笠 菜月、そして菅原浩志監督も会場の「六本木ヒルズアリーナ」に登壇予定。

また、トーク&ミニライブに続き、六本木ヒルズにて映画上映も!上映前には、甲斐翔真、笠 菜月、菅原監督、そして大黒摩季による舞台挨拶をおこないます。

映画情報どっとこむ ralph <大黒摩季スペシャル・トーク&ミニライブ>
日時:10月26日(木)18:30~19:00  
  *天候ほか諸事情により中止になる場合がございます。
会場:六本木ヒルズアリーナ
観覧方式:着席 定員250名
観覧方法:当日18:00から入場開始致します。定員250名になり次第締め切りとなります。

*1) 当日12:00(正午)より、六本木ヒルズアリーナ内にございます「アリーナテント内」にて、整理券を配布いたします。整理券はお一人さま1枚とさせて頂きます。
*2)整理券が無くなり次第、終了となりますのでご了承ください 
*3)12:00以前にお集まり頂きましても、待機する場所はございませんのでご了承願います。
当日は係員のご指示に従って頂きます様お願い申し上げます。
(このルールに従って頂けない場合は、ご入場をお断りする場合がございますのでご了承ください)
*4)雨天の場合、傘のご使用はできませんのでご了承ください。

映画情報どっとこむ ralph <「写真甲子園 0.5秒の夏」東京国際映画祭上映スケジュール>
日時:10月26日(木)
開場:19:10  
開演:19:40(上映前 舞台挨拶あり)
会場:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ スクリーン7
東京国際映画祭公式サイトにて、観賞チケット好評発売中

主題歌「latitude ~明日が来るから~」・挿入歌「Zoom Up★」、
10月26日(木)、配信リリース!

映画情報どっとこむ ralph 今を切り撮れ、一撃必撮!

「写真甲子園に行くのに、楽しいことなんかひとつもあらへん。でもな、行ったらほんま人生変わるで」熱く語る大阪、関西学園写真部の顧問、久華栄子(秋野暢子)。写真部員の尾山夢叶(笠 菜月)、山本さくら(白波瀬海来)、
そして伊藤未来(中田青渚)の3人は、高校写真部日本一を決める大会「全国高等学校写真選手権大会」、通称「写真甲子園」に出場し、「挑戦した人だけが見える世界」を体験したいと願っていた。
一方、東京の進学校である桜ヶ丘学園3年生の椿山翔太(甲斐翔真)は、たったひとりの写真部員。大学進学に写真は役に立たないと他の部員は辞め、廊下の隅で活動している状態だった。受験勉強に専念するよう執拗に校長(緒形幹太)に反対されながらも、今年の夏が最後のチャンスとなる写真甲子園に、翔太はどうしても出場したいと思っていた。唯一の理解者は、写真部顧問、高島 晃(河相我聞)だけ。しかし、写真甲子園は3人がひとチーム。
翔太は、受験勉強に必死な幼なじみの中野大輝(萩原利久)と、ボランティア部に所属している後輩の霧島絢香(中川梨花)に頼み込み、なんとかチームを結成する。

「写真甲子園」
大会中、夢叶や翔太のチームを次々と襲うトラブル。
挫折や葛藤に心折れそうになったときに気づく仲間との絆。
青春のすべてを賭けて必死にシャッターを切る選手たちは、「挑戦した人だけが見える世界」を目にすることができるのか、そして高校写真部日本一の行方は・・・。

***********************************




笠 菜月 白波瀬海来 中田青渚 甲斐翔真 萩原利久 中川梨花
河相我聞 緒形幹太 平 祐奈
中西良太 金山一彦 小柳友貴美 宮崎秋人 北見敏之
立木義浩 竹田津実
千葉真一 秋野暢子
主題歌:大黒摩季「latitude ~明日が来るから~」(ビーイング)
挿入歌:大黒摩季 with Booooze「Zoom Up★」(ビーイング)

監督・脚本:菅原浩志
プロデューサー:作間清子/音楽:吉村龍太/撮影:上野彰吾/
照明:赤津淳一/美術:長 寿恵/録音:室薗 剛/編集:時任賢三/
助監督:桑原昌英/ヘアメイク:井川成子/ラインプロデューサー:原田文宏

製作:シネボイス
製作賛助:写真文化首都「写真の町」東川町/
東川町写真甲子園実行委員会/東川町 写真甲子園映画化 支援協議会
配給:BS-TBS/宣伝:ニチホランド
【2017年/日本/カラー/シネマスコープ/DCP/117分】
(C)シネボイス   


『写真甲子園 0.5秒の夏』初日決定 予告編 & 場面写解禁!


映画情報どっとこむ ralph 全国高校写真部日本一を決める大会「全国高等学校写真選手権大会」、通称「写真甲子園」は、2018年に第25回目を迎えます。


節目となる25周年を記念して映画化が決定した映画『写真甲子園 0.5秒の夏』が、11月11日(土)より北海道先行公開、11月18日(土)より全国順次公開と決定しました。

その公開日発表に合わせ、本日、予告編ならびに場面写真も一挙解禁となりました。


映画『写真甲子園 0.5秒の夏』は、全国写真部日本一を目指す高校生たちの熱き姿を描いた物語です。
高校生たちの葛藤、苦悩、友情など、様々な表情が集まった予告編や場面写真は、「今」を必死に生きている彼らの「青春」が描かれております。

映画情報どっとこむ ralph 今を切り撮れ、一撃必撮!

「写真甲子園に行くのに、楽しいことなんかひとつもあらへん。でもな、行ったらほんま人生変わるで」熱く語る大阪、関西学園写真部の顧問、久華栄子(秋野暢子)。写真部員の尾山夢叶(笠 菜月)、山本さくら(白波瀬海来)、そして伊藤未来(中田青渚)の3人は、高校写真部日本一を決める大会「全国高等学校写真選手権大会」、通称「写真甲子園」に出場し、「挑戦した人だけが見える世界」を体験したいと願っていた。


一方、東京の進学校である桜ヶ丘学園3年生の椿山翔太(甲斐翔真)は、たったひとりの写真部員。大学進学に写真は役に立たないと他の部員は辞め、廊下の隅で活動している状態だった。受験勉強に専念するよう執拗に校長(緒形幹太)に反対されながらも、今年の夏が最後のチャンスとなる写真甲子園に、翔太はどうしても出場したいと思っていた。唯一の理解者は、写真部顧問、高島 晃(河相我聞)だけ。
しかし、写真甲子園は3人がひとチーム。

翔太は、受験勉強に必死な幼なじみの中野大輝(萩原利久)と、ボランティア部に所属している後輩の霧島絢香(中川梨花)に頼み込み、なんとかチームを結成する。

「写真甲子園」は、年に一度、夏の北海道東川町で開催され、全国から毎年500校以上の応募があり、その中から初戦、ブロック別審査会を勝ち抜いた精鋭18校のみが本戦に参加できる。
選抜18校が東川町に集結し、遂に全国高校写真部の頂点を争う熱き戦いの幕が切って落とされた。
大会中、夢叶や翔太のチームを次々と襲うトラブル。

挫折や葛藤に心折れそうになったときに気づく仲間との絆。

青春のすべてを賭けて必死にシャッターを切る選手たちは、「挑戦した人だけが見える世界」を目にすることができるのか、そして高校写真部日本一の行方は・・・。

映画情報どっとこむ ralph 現在、映画公式Twitterにて、「ご当地自慢」をテーマにしたTwitter版「写真コンテスト」も実施中!

過去記事:
目指せ100リツイート!『写真甲子園 0.5秒の夏』TWITTER写真コンテスト開催
eigajoho.com/?p=79986

***********************************

キャスト:
笠 菜月 白波瀬海来 中田青渚 甲斐翔真 萩原利久 中川梨花
河相我聞 緒形幹太 平 祐奈
中西良太 金山一彦 小柳友貴美 宮崎秋人 北見敏之
立木義浩 竹田津実
千葉真一 秋野暢子
主題歌:大黒摩季「latitude ~明日が来るから~」(ビーイング)
挿入歌:大黒摩季 with Booooze「Zoom Up★」(ビーイング)

監督・脚本:菅原浩志
プロデューサー:作間清子
音楽:吉村龍太/撮影:上野彰吾
照明:赤津淳一/美術:長 寿恵
録音:室薗 剛/編集:時任賢三
助監督:桑原昌英
ヘアメイク:井川成子/ラインプロデューサー:原田文宏
製作:シネボイス
製作賛助:写真文化首都「写真の町」東川町/
東川町写真甲子園実行委員会/東川町 写真甲子園映画化 支援協議会
配給:BS-TBS/宣伝:ニチホランド
2017年/日本/カラー/シネマスコープ/DCP/117分
(C)シネボイス