「中田秀夫」タグアーカイブ

千葉雄大×成田凌が再び対峙『スマホを落としただけなのに2(仮)』製作決定!


映画情報どっとこむ ralph 事件は解決していなかった・・・!!
主演・千葉雄大×怪演・成田凌が再び対峙!?
社会現象を巻き起こしたアノ大ヒット作、『スマホを落としただけなのに』待望のシリーズ第2弾!


2018年11月に公開され興行収入19.6億円を超える大ヒットを記録した映画『スマホを落としただけなのに』。

そして、このたび早くも映画続編の製作が決定!

原作は「スマホを落としただけなのに」で華々しい作家デビューを飾った志駕晃によるシリーズ第2弾「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」《宝島社文庫》。


映画情報どっとこむ ralph
今作で主演を務めるのは前作で“過去にトラウマを持つ”刑事・加賀谷を力強く演じた千葉雄大!

加賀谷が解決したはずの連続殺人事件から数か月後、同じ現場から新たな死体が発見されるというショッキングな内容から物語は始まる。

真相を探るため、加賀谷は彼が逮捕した獄中の連続殺人鬼・浦野と再び対面することに。浦野によって明かされる新たなネット上の闇の存在。そこには驚愕の事実が隠されていた。

千葉雄大さんコメント:
監督はじめスタッフの皆さんに、もう一度お会いできるのがすごく楽しみです。1作目の感想は僕もたくさんいただいたので、続編が決まって嬉しく思っております。この作品は、成田くん無しでは成立しないので、また共演できることも大変嬉しいです。ありがたいことに1作目では顔が似ていると言われることが多かったのですが、2作目では一緒のシーンもたくさんあるので、お客様を混乱させないようにしたいと思います(笑)。
当たり前のことですが、やらせていただく限りは精一杯素敵な作品になるよう力を注ぎたいと思います。この作品が伝えたいことは何なのか。その軸をしっかり持ちつつ、加賀谷を演じたいです。
第1作目では、事件を追う刑事という役柄でしたが、今回はそのパーソナルな部分が深掘りされると思うので、第1作目を観てくださった方にも楽しんでいただける作品になれば、と思います。もちろん観ていない方にも楽しんでいただける内容にもなっております(笑)。といった感じで全方位全網羅して参りますので、よろしくお願い致します!

映画情報どっとこむ ralph 獄中の“連続殺人鬼”・浦野を演じるのは、前作での怪演が話題を呼んだ成田凌!

成田凌さんコメント:
2。わくわくします。
まさか、2を。そして、自分がそれに出るとは。
前作、全てを出し切った「スマホを落としただけなのに」を沢山の方にみていただいたという事でとても嬉しく思います。また皆様にゾクゾクしてもらえるよう、チーム一丸となり良い作品を作れるよう頑張ります!

映画情報どっとこむ ralph メガホンを取るのは、名匠・中田秀夫監督が続投!
演技力に定評があるキャスト陣の新たな一面を引き出した中田監督のもと、千葉と成田が再び対峙します!

中田秀夫監督コメント:
『スマホを落としただけなのに』を大勢の方に楽しんでいただき、とても光栄に思います。
前作のラストでは、フィジカルにも心理的にも対決した千葉さん、成田さんですが、彼等には強固な共通点があり、どうしようもなく惹きつけ合う点もありました。続編ではこの二人の「奇妙なタッグ」を軸に物語が展開します。お二人に俳優としての個性と感覚をぶつけ合ってもらい、さらなる高みを目指したエンタテイメントを作り上げたいと思います。

些細なことで日常が崩れていくネット社会の恐怖に加え、続編では警察組織を巻き込んだサイバー犯罪が前作以上のスケールで描かれます。さらに豪華新キャストも今後随時発表予定です。

『スマホを落としただけなのに2(仮)』

ストーリー

長い黒髪の女性ばかりを狙った連続殺人事件が幕を閉じてから数か月。同じ事件現場から新たな身元不明の死体が発見される。真相を探るため刑事・加賀谷は、かつて自分が逮捕した連続殺人鬼・浦野のもとへ。「お前が殺したのか・・・?」尋ねる加賀谷に対して、獄中の浦野が明かしたのは彼が師と仰ぐ「M」というダークウェブ上に存在する謎の人物の存在だった―。一方同じころ、加賀谷の恋人・美乃里を狙う謎の男の姿が。加賀谷は、苦渋の選択で浦野に事件の捜査協力を依頼することを決断するが・・・

***********************************

出演:千葉雄大 成田凌
原作:志駕晃「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」(宝島社文庫) 
※2018年11月発売
企画プロデュース:平野隆
監督:中田秀夫
脚本:大石哲也
制作プロダクション:ツインズジャパン
公開時期:2020年公開
配給:東宝
Ⓒ2018映画「スマホを落としただけなのに」製作委員会





良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

ハイテンション・ムービー・プロジェクト第1弾『殺人鬼を飼う女』予告編到着


映画情報どっとこむ ralph この度、KADOKAWAとハピネットの共同製作によって、閉塞気味のこの映画界において、「リミッターを外せ︕」を合⾔葉に、あえてタブーと される題材をテーマに、クリエイター達の感性と才能を思うままに爆発させた、“ジャンル映画”の中でも特にエッジの⽴った作品を共同で開 発、発信していくプロジェクト『ハイテンション・ムービー・プロジェクト』を⽴ち上げました。プロジェクト第一弾は4月12日公開『殺⼈鬼を飼う女』中田秀夫監督がメガホンを取っています。
この度、『殺⼈⻤を飼う⼥』の予告編がついに完成しました。 「時々感じるの、自分の中に化け物が住んでるんじゃないかって・・・」そうつぶやくのは、憑りつかれたかのように突如ガクッと首を垂れる主⼈公 キョウコ。月夜に映し出された艶かしい全裸で登場するところから映像は始まる。ワイングラスを片手に、静穏な表情でグラスに注がれた液体 をゴクリと飲んだその口元から溢れ出た液体は首筋から胸元へゆっくりとキョウコの裸体をつたう。まるで鮮血のような赤い液体が不気味さを 掻き⽴てる。キョウコが密かに恋心を抱く隣⼈で小説家・田島冬樹(水橋研二)とは徐々に距離が縮む様子が⾒られるが、突然「アンタの せいで全部おかしくなった︕」と罵声を浴びせ田島を困惑させる。

キョウコの⺟・友⾹⾥(根岸季衣)の口からはキョウコが昔父親を殺したこ とが明かされ、幼少期の忌まわしい出来事と複数の⼈格が生まれた因果関係を想像させる。映像の中では様々な性格や趣向思考の異な る⼈格たちが目まぐるしく⼊れ替わり、共存する様にも要注目︕ そして「君は・・誰なんだ・・・︖」と次々に起こる不可解な出来事に⼾惑いながらも惹かれる田島とキョウコの関係は一体どうなるのか︖キョウ コの真っ白のシャツの下の鮮血は―、腕に真紅で刻まれた“殺す”の意味とはー。

誰も知らない、どこかに潜む何かに怯え、得体の知れない迫りくる恐怖に、思わず「みんな︕」と叫んだが、周りには誰も居ない―。 ハイスピードな展開と共に押し寄せる何重奏にも重る恐怖に目が離せない︕︕

映画情報どっとこむ ralph ハイテンション・ムービー・プロジェクト第1弾

『殺⼈⻤を飼う⼥』

【STORY】
愛を交わした時、彼女は現れる― ョウコはビストロで働く美しいギャルソン。だが幼い頃義父から性的虐待を受け続けたことで、ョウコを愛するレズビアンの直美、ビッチなゆかり、そしてあの小学生 のままのハルという様々な人格と辻褄を合わせ共存し支え合っていた。だが、ある日マンションの隣人が憧れの小説家と知り恋心を抱いたのをきっかけに、得体の知 れない歪みを感じ始める。それと時を同じくして彼女の周りで謎の死が相次ぎ、保たれた均衡が崩れ始める―。

***********************************

飛鳥凛 /水橋研二/大島正華 松⼭愛⾥ 中谷仁美 / 根岸季衣
監督 中田秀夫 原作 大石圭「殺⼈⻤を飼う⼥」(角川ホラー文庫)
脚本 吉田⾹織 / 音楽 坂本秀一 製作 KADOKAWA ハピネット
制作プロダクション ツインズジャパン
配給 KADOKAWA
(C)2019「殺⼈⻤を飼う⼥」製作委員会
R18+




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

「きっと来る~♪」を現代的に歌い上げたのは誰?映画『貞子』 特報映像解禁


映画情報どっとこむ ralph 見ると1週間後に呪い殺されるという「呪いのビデオ」の恐怖を描いた鈴木光司のホラー小説を原作に、中田秀夫監督が映画化した『リング』(98)。ビデオテープを介して呪いが拡散されていくという衝撃的な設定は全観客を震撼させ、のちに続くJホラーブームの火付け役となった。さらに、長い黒髪に白いワンピースをまとい井戸やテレビから這い出る“貞子”の姿は「日本で最も有名な怨霊」として全世代に圧倒的な知名度を誇る存在となった。

それから20年―、時代の変化と共に恐怖の形状を変えながら、常に日本のホラー映画界を牽引してきた『リング』シリーズ最新作『貞子』が、若手実力派女優として躍進著しい池田エライザをヒロインに迎え、中田秀夫監督率いる伝説のオリジナルチームの手で新たに映画化!5月24日に全国公開となる。

早くも、ホラー映画史上No.1シリーズ最新作への注目が集まっている中、2月27日、特報映像が解禁!!今回公開された映像では、主演の池田エライザ演じる心理カウンセラーの茉優(まゆ)の弟で、YouTuberの和真(かずま/清水尋也)が火事で焼け焦げた団地の一室へと潜入する自撮り映像から始まる。立ち入り禁止の室内で壁一面に貼られたお札(ふだ)が映し出された直後、和真が何かを発見し、驚いた表情を最後に、映像が乱れる―動画サイトでその映像を見ていた茉優が映像をコマ送りで巻き戻すと、和真の背後に何やら怪しい影が……そこに写っていたのは長い黒髪に白い衣装をまとった貞子の姿だった!

そして「きっと来る~♪」でおなじみの初代『リング』の主題歌を現代的にアレンジした「feels like`HEAVEN’」が流れ出すと、貞子が井戸から這い出す “呪いのビデオ”が映し出される。さらに不気味な日本人形、道路に横たわる女の死体、茉優と一緒に和真を救い出そうとする祐介(塚本高史)の必死の形相、洞窟の中に佇む謎の少女の姿…次々と現れる不穏な映像、さらにラストシーンでは白い手が恐怖に慄く茉優の顔をわしづかみにする!見たら呪われる『リング』から、撮ったら呪われる『貞子』へ― 恐怖は、進化する!

また「feels like`HEAVEN’」を圧倒的に歌い上げるアーティストは一体誰なのか!?今後の発表に乞うご期待!

映画情報どっとこむ ralph 貞子

5月24日(金) 全国ロードショー

映画公式サイト:
sadako-movie.jp

貞子公式Twitter:
@sadako3d

あらすじ・・・
病院で心理カウンセラーとして働く茉優(池田エライザ)は、警察によって保護されたひとりの少女を担当する。一切の記憶をなくし、自分の名前すら言えない少女と向き合う茉優だったが、次第に彼女のまわりで奇妙な出来事が起こり始めるー。一方、WEBマーケティング会社に勤める祐介(塚本高史)の薦めでYouTuberとなった、茉優の弟・和真(清水尋也)は再生回数の獲得に焦るあまり、心霊動画を撮ろうと、死者5人を出したある団地の火事跡に忍び込むが…。
***********************************

池田エライザ 塚本高史 清水尋也 姫嶋ひめか 桐山漣 ともさかりえ
原作:鈴木光司「タイド」(角川ホラー文庫刊)
監督:中田秀夫
脚本:杉原憲明
配給:KADOKAWA
©2019「貞子」製作委員会   
  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

撮るな!!池田エライザ主演リングシリーズ『貞子』ビジュアル&キャスト解禁


映画情報どっとこむ ralph 見ると1週間後に呪い殺されるという「呪いのビデオ」の恐怖を描いた鈴木光司のホラー小説を、中田秀夫監督が映画化した『リング』(98)。

ビデオテープを介して、呪いが拡散されていくという衝撃的な設定は、観た者の「自分の元にも…」という恐怖を掻き立て大ヒットを記録、のちに続くJホラーブームの火付け役となるとともに、長い黒髪に白いワンピースをまとい、井戸やテレビから這い出る “貞子”のキャラクター像は、「日本で最も有名な怨霊」として全世代に圧倒的な認知を持つほどの存在となった。

それから20年―、時代の変化と共に恐怖の形状を変えながら、常に日本のホラー映画界を牽引してきた『リング』シリーズ最新作『貞子』が5月24日に公開!

この度、ティザーポスターが解禁となった。

消えかけた「撮るな」という文字の下には、暗闇の中、不気味に浮かび上がる井戸。
その井戸の中からは、黒髪が気持ち悪く垂れ下がり、不穏な空気が張り詰める。果たして、「撮るな」の文字が意味するメッセージとは…?

映画情報どっとこむ ralph さらにこの度、主演の池田エライザをとりまく豪華共演者も解禁となった!池田演じる心理カウンセラーの秋川茉優(まゆ)と共に事件に巻き込まれ、解決へと導いていく石田祐介役には、1997年のデビュー以来、『木更津キャッツアイ』シリーズなど多数のドラマ、映画で活躍する塚本高史。

茉優の弟で、貞子の呪いを呼び起こすきっかけとなるYouTuber の 秋川和真を演じるのは、『渇き。』(14)、『ソロモンの偽証』(15)で脚光を浴び、昨年はドラマ「インベスターZ」(TX系列)で初の連続ドラマ主演を果たす等、多数の映画・ドラマの話題作への出演が続く実力派俳優・清水尋也。

記憶を無くし茉優の病院で保護される謎の少女役には、オーディションで監督をはじめ制作陣一同の満場一致で選び抜かれた新人子役・姫嶋ひめか。

茉優の同僚の精神科医・藤井稔役には『新宿スワンⅡ』(17)、『曇天に笑う』(18)の桐山漣。

そして少女の母親、祖父江初子役には映画やドラマ、舞台と幅広く活躍する実力派女優のともさかりえ。


また、本日2月18日より新宿駅地下と阪急梅田駅地下通路にて大型街頭広告を掲出中。
「撮ったら呪われる」という本作の設定にちなみ、スマホカメラでフラッシュ撮影すると何かが起こる!?驚きの仕掛けが施されている。

映画情報どっとこむ ralph 最新作『貞子


【映画公式サイト】
sadako-movie.jp

【貞子公式Twitter】
@sadako3d

【貞子公式TikTok】
@貞子Official

あらすじ・・・
病院で心理カウンセラーとして働く茉優(池田エライザ)は、警察によって保護されたひとりの少女を担当する。一切の記憶をなくし、自分の名前すら言えない少女と向き合う茉優だったが、次第に彼女のまわりで奇妙な出来事が起こり始めるー。一方、WEBマーケティング会社に勤める祐介(塚本高史)の薦めでYouTuberとなった、茉優の弟・和真(清水尋也)は再生回数の獲得に焦るあまり、心霊動画を撮ろうと、死者5人を出したある団地の火事跡に忍び込むが…

***********************************

池田エライザ
塚本高史 清水尋也 姫嶋ひめか 桐山漣 ともさかりえ

原作:鈴木光司「タイド」(角川ホラー文庫刊)
監督:中田秀夫
脚本:杉原憲明
配給:KADOKAWA
©2019「貞子」製作委員会
   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

池田エライザ 今度はガチホラー『リング』シリーズ最新作『貞子』ヒロインに


映画情報どっとこむ ralph 1998年、‷見た者は1週間後に呪い殺される‴という「呪いのビデオ」の恐怖を描いた鈴木光司のホラー小説を、中田秀夫監督が映画化した『リング』。

貞子を生み出した鈴木光司の原作を、『リング』を手掛け、最近では『スマホを落としただけなのに』(18)の大ヒットも記憶に新しい中田秀夫が監督。『リング』公開から20年—、伝説のオリジナルチームが、この新時代に恐怖の原点を描く。

そんな日本ホラー映画史上No.1『リング』シリーズの最新作が、その名も『貞子』というタイトルで、今年5月24日に公開されることが決定!

今作で新ヒロインに抜擢されたのは、池田エライザ。
松嶋菜々子(『リング』)、中谷美紀(『らせん』)、仲間由紀恵(『リング0 バースデイ』)、石原さとみ(『貞子3D』)など、錚々たる女優が代々演じてきた本シリーズのヒロインのバトンを受け継ぐ。

映画情報どっとこむ ralph 今回の映画化決定&主演解禁に先立ち、実は2週間ほど前から第一弾映像となる超特報が劇場とwebで限定公開されていた。

場面は不気味な洞窟、その中で響き渡る水滴の音が緊張感を駆り立てる中、突如念写される頭の集合体と、髪の長い女…!



最後には「きっと来る~♪」という耳なじみのあるフレーズが流れるが、どこか新しさと迫力を感じさせるゴスペル調の歌声…果たして、歌っているのは誰なのか。これは何かの伏線なのかー。今後の宣伝展開にも、期待がかかる。映画本編は撮影を完了していて、只今完成に向けて絶賛ポスプロ中です。

『貞子』

映画公式サイト:
sadako-movie.jp

***********************************


原作:鈴木光司「タイド」(角川ホラー文庫刊)
監督:中田秀夫
脚本:杉原憲明
主演:池田エライザ

製作:「貞子」製作委員会
配給:KADOKAWA
©2019「貞子」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ