「中田クルミ」タグアーカイブ

『マイライフ、ママライフ』追加キャストにボイメン水野勝、柳英里紗ら発表!!


映画情報どっとこむ ralph 鉢嶺杏奈×尾花貴絵W主演にて映画『マイライフ、ママライフ』の追加キャストが発表となりました。
マイライフ、ママライフ 平成が終わり新しい年号『令和』が始まりました。平成元年に生まれた世代は30歳という人生の節目を迎えます。『マイライフ、ママライフ』はそんな人生の岐路にたつ女性を主人公に、彼女達が持つ夢、希望、悩みに寄り添う物語です。
メインスタッフ・キャストを平成元年生まれの女性クリエイターを中心に固め、等身大の女性を描くことで、いまの女性の“幸せ”について、多様な価値観を表現し、“不安”を抱えている人達に“共感と可能性”を生む映画を目指します。

仕事と出産に悩む主人公・大内綾(尾花貴絵)の夫・大内健太郎役には、名古屋を拠点に活躍する男性グループBOYS AND MENのリーダー水野 勝が決定しました。
BOYS AND MEN水野 勝 また、仕事と育児の両立に悩む主人公・三島沙織(鉢嶺杏奈)の夫・三島博貴役は、映画や舞台、テレビドラマで幅広く活躍している俳優の池田 良が決定いたしました。
池田良 その他、大内綾の後輩・野田結衣役に柳 英里紗、
柳 英里紗 三島沙織の同僚・村井実加子役に中田クルミ
中田クルミ
がそれぞれ決定いたしました。

映画情報どっとこむ ralph 映画『マイライフ、ママライフ』
mylifemomlife_movie

クラウドファンディング
https://camp-fire.jp/projects/view/176188

***********************************

制作:Kigumi 
©2019 Kigumi Ltd., All rights reserved.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

井樫彩監督!桜井ユキ × 小松未来『真っ赤な星』2018年12月に公開決定!


映画情報どっとこむ ralph 前作『溶ける』で卓越した演出力と表現力が評価され、第70回カンヌ国際映画祭シネフォンダシオンに正式出品されるなど、国内外で注目を集めている新鋭・井樫彩監督による初長編作品『真っ赤な星』が2018年12月よりテアトル新宿ほか全国順次公開することが決定しました。

映画『真っ赤な星』は、『みつこと宇宙こぶ』で第11回田辺・弁慶映画祭女優賞を受賞した小松未来さん演じる14歳の少女・陽(ヨウ)と、『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリーピング・ビューティ』『娼年』の桜井ユキさん演じる27歳の元看護師の女性・弥生の交わることのない愛の日々を力強く繊細に描いた作品。


桜井演じる弥生の恋人・賢吾役には、映画『ケンとカズ』(’16)で毎日映画コンクール・スポニチグランプリ新人賞を受賞し、今後も出演作が多数公開待機中の毎熊克哉さんが抜擢。

さらに、小林竜樹さん、菊沢将憲さん、大原由暉さん、西山真来さんなど、演技派俳優が脇を固めるほか、モデルで女優の中田クルミさんも声で出演しています。


映画『真っ赤な星

Twitter:@makka_hoshi

あらすじ・・・
片田舎の病院に怪我をして入院した14歳の陽(小松未来)。彼女はいつも優しく接してくれていた看護師の弥生(桜井ユキ)に対し、特別な感情を抱き始めていた。だが退院の日、弥生が突然看護師を辞めたことを知る。

1年後、陽は買い物の帰り道で偶然弥生と再会する。そこにいたのは、過去の優しい面影はなく、男たちに身体を売ることで生計を立てている弥生だった。再会後、学校にも家にも居場所がない陽は、吸い寄せられるように弥生に近づく。

一方、弥生には誰にも言えない悲しい過去があった。満たされない現実を冷めた目で見つめ、互いに孤独を抱えるふたりは、弥生のアパートで心の空白を埋める生活を始めていく。

***********************************

キャスト:小松未来・桜井ユキ/毎熊克哉・大原由暉/小林竜樹・菊沢将憲・西山真来/湯舟すぴか・山谷武志・若林瑠海 
大重わたる(夜ふかしの会)久保山智夏・高田彩花・長野こうへい/中田クルミ(声の出演) PANTA(頭脳警察)
脚本・監督:井樫彩
1996年生まれ、北海道出身。現在22歳。学生時代に卒業製作として制作した『溶ける』が、ぴあフィルム・フェスティバル、なら国際映画祭など国内各種映画祭で受賞し、第70回カンヌ国際映画祭正式出品を果たす。今作『真っ赤な星』が初長編作品、劇場デビュー作となる。また、山戸結希プロデュースによるオムニバス映画『21世紀の女の子』の公開も控える。

スタッフ:
【撮影】萩原脩【照明】仁藤咲【録音・整音】柳田耕佑【衣装】藤山晃子【ヘアメイク】藤原玲子 
【美術】内田紫織【助監督】満岡克弥【編集】小林美優【カラリスト】川村尚寛【音楽】鷹尾まさき
【スチール】北島元朗【デザイン】田中進【アソシエイト・プロデューサー】髭野純、夏原健
【プロデューサー】菅原澪、島野道春【エグゼクティブ・プロデューサー】松坂喜浩

2018/日本/カラー/3,1ch/16:9/101分 
製作・配給:映画「真っ赤な星」製作委員会 配給協力:SDP
©「真っ赤な星」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

青柳文子、中田クルミら人気モデルがパンクコーデアレンジ登場!『パーティで女の子に話しかけるには』特別試写会


映画情報どっとこむ ralph ジョン・キャメロン・ミッチェルの待望の最新作『パーティで女の子に話しかけるには』が、12月1日(金)、新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷他全国順次公開となります。なんと!映画が製作されたイギリス・アメリカに先駆けて日本が世界初公開なんです。

そして、女子達に絶大な人気を誇るモデルの青柳文子さん、中田クルミさん、柴田ひかりさん、長澤メイさん、makoさん、micoさん、谷奥えまさん、谷奥えりさんらが11月22日(水)の特別試写会に参加。映画をひと足早く鑑賞しました!
映画情報どっとこむ ralph 本作が、アカデミー賞3度受賞を誇るサンディ・パウエルがデザインしたこだわりの70年代イギリスのパンク・ファッションも見どころであることから、皆、映画をイメージしたスタイリングで来場。

エル・ファニング演じる美しい少女ザンの劇中トレードマークともいえるツイードコートを彷彿させるツイードのセットアップ(長澤メイ)や、
レザーライダースジャケット(青柳文子、柴田ひかり)、
ドクターマーチンのブーツ(柴田ひかり、mako、mico)、
レオパードのファー(谷奥えり、谷奥えま)、
ヴィヴィアン・ウエストウッドのロッキンホース(中田クルミ)、
パンク首輪にボンテージ風ワンピース(mico)
それぞれがパンク・ファッションアレンジして登場!

映画情報どっとこむ ralph 映画鑑賞後、青柳が満足度満点の100%と答えたのをはじめ、いずれも高評価で、映画の気に入ったポイントとしてエル・ファニングのキュートさやファッションはもちろんのこと、音楽がよかったという声も多く挙げられた。

青柳さんは共感したキャラクターとしてアレックス・シャープが演じるパンクが好きなのに内気な少年エンを挙げ、

青柳さん:若い頃に感じてた煮え切らない気持ちとかを思い出してパンク精神がくすぐられた。

と絶賛。makoさんもエンに共感したといい、

makoさん:最初は目立たない子だったけど、どんどん自分を出していってた。

と、彼の成長物語という側面に惹かれたよう。谷奥えりさんは、エル・ファニングをひたすら絶賛!

谷奥さん:今までのエル・ファニングと違ってかっこ良くて、歌ってる姿とか歌声とかが聞けて良かったです。

とコメント。特に心に残ったシーンについて、柴田さんはエンとザンが様々な経験をともにするデートのシーンを挙げ、

柴田さん:初恋を思い出すような、純粋で甘ずっぱい2人の姿が愛らしかった。

とコメント。谷奥えまさんは、映画のクライマックスを挙げ、

谷奥えまさん:2人の愛の深さを感じました。

とコメント。そのほか、

中田さん:純粋にハートフルな映画だと思います。

と見どころを説明してくれたほか、

長澤さん:衣装がおしゃれでぶっとんでてかわいかった。あんなデートしたい。

と女子ゴコロをくすぐられたようで、

micoさん:もう一回見たいです♡

とそれぞれ熱く感想を語ってくれた。

映画情報どっとこむ ralph ファション誌でも続々と特集が組まれるなど、今冬、ファッション好きのお洒落女子必見の本作。

ぜひ劇中ファッションを、劇場でチェックしてみて。

パーティで女の子に話しかけるには

公式サイト
@girlsatparties
公式Instagram
_girlsatparties_

パンクなのに内気な少年エンは、偶然もぐりこんだパーティで、反抗的な瞳が美しい少女ザンと出会う。大好きなセックス・ピストルズやパンク・ファッションの話に共感してくれるザンと、たちまち恋におちるエン。だが、ふたりに許された自由時間は48時間。彼女は遠い惑星へと帰らなければならないのだ。大人たちが決めたルールに反発したふたりは、危険で大胆な逃避行に出るのだが。

***********************************

監督・脚本:ジョン・キャメロン・ミッチェル『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』

原作:ニール・ゲイマン「パーティで女の子に話しかけるには」

衣装:サンディ・パウエル『キャロル』、『ベルベット・ゴールドマイン』

出演:エル・ファニング 『20センチュリー・ウーマン』、アレックス・シャープ「夜中に犬に起こった奇妙な事件」ニコール・キッドマン『LION/ライオン ~25年目のただいま~』

配給:ギャガ
© COLONY FILMS LIMITED 2016




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

映画『ベテラン』シネマDE出逢え場 5組のカップル誕生!


韓国で動員1,340万人を超え歴代3位の歴史的大ヒットを記録した『ベテラン』。

いよいよ12月12日(土)より公開となります!!

そして・・・
この度、映画『ベテラン』とキネカ大森で実施される第三回『シネマDE出逢え場』とのコラボレーションが決定!

過去12組のカップルを誕生させた、映画と出会いを融合させた『シネマDE出逢え場』にて、公開に先駆けての特別上映と、多くの女性誌で活躍中のモデル中田クルミさん登壇のトークイベントが行われました。

【ベテラン】28日イベント
ベテラン「シネマDE出逢え場」とコラボレーション!
モデル中田クルミ登壇 トークイベント実施

日時:11月28日(土) 
場所:キネカ大森  
登壇者:中田クルミ(モデル)
進行:松崎まこと(映画活動家)

この日、今回が3回目の開催となる『シネマDE出逢え場』に参加したのは、男女合わせて33名。

参加者はそれぞれ好きな映画を記入したネームプレートを付けているため、映画好きということで話も弾みつつ、本作鑑賞へ。 上映後、中田クルミさん、松崎まことさんが登場すると、本作を楽しんで鑑賞した参加者から大きな拍手で迎えられ、トークイベントがスタート!

まず本作での印象深い点として、

松崎さん:本作は悪役がすごいですよね。最近完全なる悪を描いた作品あまりないですし、ここまでは珍しい。(チョ・テオを演じた)ユ・アインはこれまで好青年役しかやってこなかったんですよ。韓国の俳優さんは型にはまらず極端な役もできるんですよね。

中田さん:ユ・アインさんのあのケツアゴは、悪役顔ですね(笑)。でも悪役が初めてと伺ってびっくりしました。すごいですね。

と独特の表現で同意。

中田さん:ユ・アインが演じたチョ・テオは、自分のやっている悪いことに陶酔しているところがありますね。自分を強がってみせているし、嫌だなぁと思いました。実際私のまわりにも、まわりの女の子を使って自分を持ち上げている人いますからね。ブリッ子の逆パターンで、なんでこんな男にって思うような人にひっかかる女の子がいたり。(チョ・テオは)その極端な例ですね。

という説明には参加者から笑い声も。

続けて

松崎さん:この作品は韓国で1300万人以上動員し今年一番、歴代でも3位の興行成績を記録していますが、主役のドチョルを演じたファン・ジョンミンはラブロマンスからヤクザ、悪徳刑事など幅広い役ができ、いまや韓国映画界ではナンバーワン俳優といっても過言でない。またファン・ジョンミンと『国際市場で逢いましょう』でも共演し、劇中チーム長を演じたオ・ダルスは自分の出演作の動員あわせて“1億人俳優”と言われているんですよ!この人がでている映画は間違いないです。韓国で大ヒットした理由には、悪役の背景がある。日本よりも格差が強い韓国は、芸能界であっても学歴が重視されるほど。一方、実際に財閥のバカ息子が色々事件を起こしていたり、世間には一部の人が儲けているという不公平感も強い。こういう背景も本作がヒットした理由ではないかと?。

ここで“シネマDE出逢え場”にちなんで、登場人物の中でどのキャストがタイプかと問われると、

中田さん:ファン・ジョンミンは色気がありますね。女性が、かっこいい男性がいいなって思うのは大学生くらいまでですよ。かっこいいことがむしろマイナスになってくることも。ファン・ジョンミン演じたドチョルのように、ちょっとした色気もあってユーモアもあって、かつ余裕がありつつ自分をまげないところは好きですね。

と語ると、大きくうなずく女性参加者の姿も。また、見どころでもあるアクションシーンについて、

松崎さん:劇中カーチェイスを行う明洞(ミョンドン)は、東京でいうと原宿とか新宿のようなところなので、すごいですよね。そういう場所でロケができるというのが日本映画と韓国映画の差だと思う。

とが話すと、

中田さん:冒頭のコンテナ埠頭でのアクションシーンは観ていてワクワクしました。映画って実際はこれってないでしょう、ってことも当たり前にあるのがいい。劇中の飛び蹴りとか是非やってみたいです!

とモデルだけでなく女優としても活躍する中田さんならではの発言も!!

最後に

中田さん:リュ・スンワン監督は次も違ったアクション映画を撮るんだと思いますが、今後リュ・スンワン監督作、ファン・ジョンミン主演作、そしてオ・ダルス出演作は見逃せないですし、今回悪役を演じたユ・アインの次回作にも注目してほしいです!

と締めくくり、盛況のうちにトークイベントは終了。


『ベテラン』ポスターその後のフリータイムも映画好きの参加者だけあって、好きな映画やお気に入りの映画館の話など非常に盛り上がる中、「『ベテラン』がいち早く観られてよかった。面白かった」「ファン・ジョンミン祭りをやってほしい」などの声も聞かれ、結果、この日は5組のカップルが誕生! 

本イベントを企画したキネカ大森支配人小島氏も「今回で第3回となる「シネマDE出逢え場」ではイベント初の新作映画を公開前にいち早く観ることができるという目玉として『ベテラン』の上映を行いました。その甲斐もあり、フリータイムでは鑑賞前にも増して会話も盛り上がり、前回を上回る5組のカップル誕生へ繋がりました。「シネマDE出逢え場」の新たな可能性と、『ベテラン』公開前イベントとしての角度を変えた企画となりました。」と満足行く結果に。 文字どおり、新作映画と新しい出逢いに“出逢える”場を提供したイベントとなりました。

ベテラン

公式サイト:http://veteran-movie.jp/

********************************************************************

監督:リュ・スンワン『ベルリンファイル』                          
出演:ファン・ジョンミン『国際市場で逢いましょう』 ユ・アイン「トキメキ✩成均館スキャンダル」 オ・ダルス『国際市場で逢いましょう』 キム・シフ「ラブレイン」

配給:CJ Entertainment Japan
(c)2015 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

余計な失敗をしないための恋愛術イベントはいかが?


「映画『サケボム』公開記念 青柳文子×中田クルミ『サケボム』に学ぶ、余計な失敗をしないための恋愛術」
青柳文子さん
青柳文子さん


5/24(土)より公開される

映画『サケボム』

その公開記念イベントに人気モデルの青柳文子さん、中田クルミさんがトークゲストとして登壇されることが決定いたしました。

恋愛で相手のサインを正しく読み取るにはどうすれば良い?

知らない間にサインを無視して失敗しているかも!!

本作から学ぶ、女性による女性のための恋愛術について、トーキョー女子映画部を主宰するマイソンさんを聞き手・進行役として、人気モデルの青柳文子さん、中田クルミさんのお二人が赤裸々に語り尽くします。

中田クルミさん
中田クルミさん
なお、本イベントは、 intoxicate presentsの女性限定試写会に付随するトークイベントとして、女性に人気の渋谷ヒカリエ 8/にて実施致します。

イベント概要

日時:2014年 5月 8日(木)

【 MC/ゲスト】
MCマイソン(トーキョー女子映画部主宰)
ゲスト青柳文子、中田クルミ

【時間】
19:00開場
19:30上映スタート
21:00トークスタート


場所:渋谷ヒカリエ 8/01/COURT
http://www.hikarie8.com/court/about.shtml

今回のイベントは、TOWER RECORDさんのフリーマガジン『intoxicate』の女性限定試写会当選者様の任意でイベント出席のご予約をして頂く予定です。
intoxicate vol.109
http://tower.jp/mag/intoxicate/2014/intoxicate109

その際に管理のためentaposというサービスを利用します。当選通知にはご予約方法と注意事項、ご予約のために必要なイベント検索の番号二種を記載頂く必要があります。記載内容と詳細は、当選通知に記載して渡されるそうです。

『サケボム』

5月24日(土)より、
新宿シネマカリテほか、全国順次ロードショー


公式HP http://sake-bomb.com/
Facebook https://www.facebook.com/sakebombjp
Twitter  https://twitter.com/SAKEBOMBJP

2014年5月24日(土).新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー!

********************************************************************


『サケボム』

この旅が終わるとき、それは僕らのスターティングオーバー。創業300年の伝統を誇る酒蔵の次世代を担う純朴な青年・ナオト。

濱田岳主演アメリカ映画『サケボム』逆上陸
濱田岳主演
アメリカ映画『サケボム』逆上陸
ある日、突然の別れを告げていなくなってしまった恋人・オリビアをあきらめきれず、一途に彼女を追いかけて、生まれてはじめてアメリカにまでやってきた!

唯一の頼りにしてやってきた叔父さんは、いとこのセバスチャンが助けてくれると言うが、ひねくれ者の彼が素直にそうするわけもなく…。思いがけず始まった何もかもが正反対のふたりの旅は、ロサンゼルスからサンフランシスコへと西海岸ルートをひたすら北へ。

最初こそギクシャクしていた2人だったが、旅を通して、ナオトの存在は、コンプレックスのかたまりだったセバスチャンのささくれだった心を癒していく———。

果たして2人の珍道中の結末は? そしてナオトの想いは届くのか!?

出演:濱田岳、ユージン・キム、マーレン・バーンズ、渡辺裕之 / でんでん
監督:サキノジュンヤ
脚本:ジェフ・ミズシマ 
配給:ピクチャーズデプト
2013年/アメリカ=日本/カラー/82分/1:2.35/5.1ch/英語・日本語字幕/原題:SAKE-BOMB 
©2013 pictures dept./Sake Bomb Films,LLC




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ