「中村達也」タグアーカイブ

映画監督・豊田利晃が贈る超大作ドキュメンタリー映画『PLANETIST』完成!!


映画情報どっとこむ ralph 昭和43年(1968年)6月26日に、米国の統治下から日本への復帰を果たし、平成30年(2018年)に日本へ返還されてから50年の時が経ちました。

東京から船で24時間。
東洋のガラパゴスと呼ばれ、世界でも類い稀な自然に囲まれた神秘と奇跡の島、小笠原諸島。 その島で自然と共に歩み生きる男がいます。

宮川典継、65歳。

サーファーたちのレジェンドで、 野生のイルカと泳ぐ世界初のドルフィンスイムを確立した「海のターザン」。
宮川さんの尽力なくして小笠原諸島世界自然遺産の誕生はなかったと 言っても過言ではありません。
島にやってくる旅人は、何かを求めてやってくる者や、人生の壁にぶち当たった者、心に傷を持った者、どう生きてくか生き悩む者、変化を求めている者たちが多数。


宮川さんはそんな旅人たちに、小笠原の自然を魔法の装置のように提示して、 旅人を興奮させる。
このドキュメンタリーでは、ミュージシャンや役者、アーティストたちが島に呼ばれ、 宮川さんの案内によって、感受性の強い彼らの想像力を解き放ち、見たことのない小笠原が呼び出される。 その歓喜の瞬間が映像に映っているのです。



本作を企画・監督・撮影したのは豊田利晃監督。『アンチェイン(2001年)』以来のノンフィクション作品にして、2時間46分の超大作作品を完成させました。2014年から制作開始をして、足掛け5年の月日が経ちました。

僕が島へのゲストを決めて、宮川典継が場所、時間、日にち、風、波、島の脈動の流れを読み、この島を祝福するような、祭宴を作り上げる。

映画情報どっとこむ ralph その時、その場所でしか起こらない奇跡。それを、地球の流れを読み、成立させていく。その祭宴に参加する者は、地球との一体感を感じて、それぞれが、それぞれの想像力を刺激され、何かを見る。僕は、それを『怪獣』と例える。これが、このドキュメンタリーというには作為的な映画の運動だ。地球と遊ぶこと。そのドリーミングな一瞬を観客と共有したいと思う。素敵な時間である。この一瞬のために人生があったのではないかと錯覚する。僕が死ぬ前に思い出す景色がこの映画に収められている。

このドキュメンタリーの終わりは時間だ。

2018年。小笠原返還50周年。結末はわからない。ただ時間だけが迫っていく。これ以上はないと思える光景が最後に見えるだろう。そんな夢を僕は見ている。

南の島へ行くといつも戦争の記憶と出会う。その記憶は放置されたまま現在もそこにある。辺境の島は国家の姿が丸見えだ。小笠原諸島は国策で作り上げられたきた。明治から昭和初期にかかけて父島要塞と呼ばれた軍事島に変貌した。硫黄島の硫黄は火薬の燃料だ。硫黄の発掘とコカの栽培。第二次世界大戦の重要な拠点になった。
伊豆大島から15歳のときに硫黄島に渡ってきたのが、宮川典継のおじいさんだ。戦争の時代をくぐり抜け、世界自然遺産の平和な島への変貌。その記憶をひとつに、2018年の光景として、この映画のクライマックスになるだろう。それが、プラネティストとしての宮川さんの決意である。
宮川さんは小笠原で自然保護の仕事に従事している。

島の生態系を守ること。それが仕事であり、彼の生き方である。世界的に見て、生態系が守られている場所は珍しい。小笠原が東洋のガラパゴスと呼ばれるように。生態系を守ることは地球を守ることである。

映画情報どっとこむ ralph 企画・監督・撮影:豊田利晃 プロファイル
1969年大阪府生まれ。
将棋奨励会に9歳から17歳まで所属する。 その時の体験を基に1991年、阪本順治監督『王手』の脚本家として映画界に登場。 その後、阪本順治監督『ビリケン』(96)の脚本を手掛けたほか、演劇舞台や劇画の原作なども手掛ける。 1998年、千原浩史(千原ジュニア)を主演に迎えた『ポルノスター』で監督デビュー。 その年の日本映画監督協会新人賞、みちのく国際ミステリー映画祭`99年新人監督奨励賞を受賞する。 2001年、様々なリングで闘う4人のボクサーを現役、引退から現在までの5年間という長期に渡り追いかけた『アンチェイン』を監督する。 2002年には人気漫画家・松本大洋の原作『青い春』(主演:松田龍平)を映画化し、 大ヒットを記録した。 2003年、『ナイン・ソウルズ』を監督。 2005年、直木賞作家角田光代の原作『空中庭園』(主演:小泉今日子)を監督。 2006年には、アテネ国際映画祭で全作品レトロスペクティブ上映されるなど、国内のみならず世界各国から高い評価を受けている。 また、中村達也、勝井祐二、照井利幸と音楽ユニット『TWINTAIL』を結成し、即興演奏にその場で映像を併せていく表現方法を追求しはじめる。 2009年に中村達也を主演に迎え『蘇りの血』を監督。 2012年には、瑛太を主演に迎え、爆弾魔“ユナボマー”に基づいた映画『モンスターズクラブ』と藤原竜也、松田龍平が主演する『I`M FLASH!』。 2014年、東出昌大、早乙女太一主演の『クローズ EXPLODE』を監督。2015年と2016年に小笠原諸島を題材にした、舞台『怪獣の教え』(窪塚洋介、渋川清彦、太田莉奈)を上演し大盛況を得た。

最新作「泣き虫しょったんの奇跡」(東京テアトル配給:18年秋公開予定)

2019年劇場公開予定

***********************************

出演: 宮川典継(レジェンドサーファー)
GOMA ( ディジュリドュ奏者 画家)
窪塚洋介 (俳優)
渋川清彦 ( 俳優)
中村達也 ( ドラマー)
ヤマジカズヒデ (ギタリスト)
ナレーション:小泉今日子

音楽監督:ZAK
音楽:大野由美子 コーネリアス ヤマジカズヒデ
企画・監督・撮影: 豊田利晃
制作プロダクション|ヌーヴェルバーグ
配給・宣伝・製作:VAP
2018年/日本語/カラー/166分
©PLANETIST FILM PARTNERS


玉木宏 誕生祝のサプライズ肉ケーキで豪快に肉を堪能!『悪と仮面のルール』初日舞台挨拶 


映画情報どっとこむ ralph 玉木宏、新木優子、吉沢亮、中村達也、中村監督登壇

海外でも人気の高い中村文則先生の小説を原作に、玉木宏主演で贈る”最後は泣ける”サスペンス映画。

初日舞台挨拶をが玉木宏さんはじめ、新木優子さん、吉沢亮さん、中村達也さん、そして中村監督が登壇して行われました。

『悪と仮面のルール』初日舞台挨拶
日程:1月13日(土)
場所:新宿バルト9
登壇:玉木宏、新木優子、吉沢亮、中村達也、中村哲平監督

映画情報どっとこむ ralph 盛大な拍手の中、玉木宏さん、新木優子さん、吉沢亮さん、中村達也さん、中村哲平監督が登場!

玉木さん:漸く公開を迎えて嬉しく思っていますが、ここから皆様のお力をお借りして少しでも広げていけたらと思っています。

中村監督:撮影から1年半くらいかかって漸く公開。みんなと一緒にこの舞台に立っていること感無量です。

とスタート。

プロモーション活動を行ってきた玉木さん他のキャスト陣。今日、初めて上映後の舞台挨拶でネタバレ関係なし!(当サイトではボカしています)

玉木さん:上映後なので、良い環境で話せますね。観終えるとラブストーリーなんだなと伝わる映画だとわかる作品です。芝居の中で皆一緒はなく、互いに対峙している。ラストは・・・原作でその世界観を壊さないように、脚本では空港のロビーでしたが、原作に沿うように変更してもらいました。

新木さん:いつもなら気になるカメラが気にならない、良い空間が出来ていて。撮影が終わった段階でラストシーンは良くなっているだろうと確信していましたが、作品として観て、音と音楽が加わって。私の思った物を超えて映像化されていたので、観てもらえてうれしいです。

原作ファンを公言してきた吉沢さんは
吉沢さん:好きな原作でオファーのある前から何度も読み返してきていたので、気合も入ってましたし、現場で生まれた瞬間を瞬間を大事にしてました。あとは、監督のアイディア。僕だとどこかに水がどこかにある演出とか・・役作りにも助けになりました。玉木さんとは、現場では距離を置いていましたが、プロモーションなどでご一緒して、自然体でフランクな方で素敵だなと持っています。

玉木さん:一回り以上違うのですが、それを感じさせない堂々としていて、力強い芝居をする人だなと、刺激になりました。

と、二人のお互いをリスペクトが伝わるトーク。

映画情報どっとこむ ralph 邪の塊。節回しが独特な中村さんの役
中村さん:普段はあんな喋り方してませんからね。ただ、こんなに長いセリフいただいたの初めてで、普段は悪役で出てきて30秒ぐらいで死にますからね。死亡率80%くらいですからね。(MC:緊迫感凄かったです)緊迫感?セリフなんだったっけッてね。緊迫してたから(笑)。長台詞なのに、監督が動きを足すのでセリフが・・・・って!
と、会場を沸かせます。

この作品に対する思い入れ。

中村監督:内側の芝居が大切な作品で、玉木さんが細かい表情を含めて流れを作ってくれるので、如何に切り撮るかを意識しました。吉沢君が行っていた水の表現とか・・・原作にあるディテールもなるべく落とし込んでみました。

映画情報どっとこむ ralph ここで、玉木さんが1月14日に誕生日!と言うことで肉好きな玉木さんのために4KgのTボーンステーキの肉ケーキがサプライズ登場!
会場:玉木さんおめでとう!

玉木さん:凄いなー。

シェフが登場して肉を切り分け
この一塊を!
一口で実食!

最後に

中村監督:愛情込めてみんなで作り上げた作品です。色々な方に進めてくれると嬉しいです。

玉木さん:今日から公開、良ければお力をお貸しください!

と、締めました!

悪と仮面のルール

2018年1月13日(土)、新宿バルト9ほか全国ロードショー!

物語・・・
“悪”になるために創られた男。彼は顔を変え、過去を捨て、殺人を繰り返す。哀しい真実を隠して。

11歳の久喜文宏は、この世に災いをなす絶対的な悪=“邪”になるために生まれたと父から告げられる。

やがて、父が自分を完全な“邪”にするために、初恋の女性・香織に危害を加えようと企てていることを知り、父を殺害して失踪する。十数年後、文宏は顔を変え、“新谷弘一”という別人の仮面をつけ、香織を守るために殺人を繰り返していた。そして、文宏の過去を知る異母兄の幹彦や日本転覆を企むテロ組織が香織を狙い始めたと知った文宏は、ついに自身の背負わされた運命に立ち向かうことを決意するが。

***********************************

玉木宏 新木優子 吉沢亮 中村達也 光石研 村井國夫 柄本明
原作:中村文則「悪と仮面のルール」(講談社文庫)
監督・編集:中村哲平
脚本:黒岩勉

主題歌:Uru「追憶のふたり」(ソニー・ミュージック アソシエイテッドレコーズ)
2017年/カラー/5.1ch/138分

企画制作:PlusD  
配給・宣伝:ファントム・フィルム
(C)中村文則/講談社 (C)2017「悪と仮面のルール」製作委員会
    


『悪と仮面のルール』玉木宏インタビューとメイキング特別映像


映画情報どっとこむ ralph 2018年1月13日(土)から公開することになりました、映画『悪と仮面のルール』。
このたび、玉木宏が本作について語るインタビューと、本編撮影中のメイキング映像、本編映像で構成された特別映像が完成した。本作の監督である中村哲平が、玉木へのインタビュー、編集を自ら手がけたスペシャルなものです。
今回解禁となる特別映像でも、玉木宏自身が本作への思い入れ、見どころを語る。完成披露舞台挨拶での発言と合わせて、本作への期待度が高まるものとなっている。

映像は、久喜文宏が過去を捨て“新谷弘一”となるために整形手術を受け、初めて包帯を取るシーンから始まり、玉木宏が本作について語るインタビューに続く。
玉木宏、本作について原作を読んだ時から「文学的な要素が強い」という印象を持っていたと言い、「善悪について語られる作品」「人間の根底にあるものを考えさせられる作品」だと、本作の重厚なテーマの魅力を語る。

本作は、監督・キャスト・スタッフ全員が原作に惚れ込み、その世界観をそのまま映画にするために想いを一つにして作り上げた作品。玉木は脚本、リハーサル、撮影現場とあらゆる段階で自らアイディアを提案し、主人公・久喜文宏を繊細に表現した。中村哲平監督と玉木が、撮影現場で演出について真剣に語り合う映像も収められている。

映画情報どっとこむ ralph そして、作品の中で「一つピークに持って行こうと思ったのは、香織に対してのピュアな恋愛観」と語り、本作のラブストーリーとしての魅力についても語る。顔を変え、過去を捨て、全てを賭けて初恋の女性・香織を守ろうとする文宏を「人を本当に好きになってしまったら、自分だったらどうするだろう?」と考えながら演じたと振り返り、“邪“となるために生まれた久喜文宏が「香織という存在があったからこそ、善意が生まれた」「その結果、悪事をおかしてしまう」と、初恋の女性への一途な想いを秘めながら、善悪の間で葛藤する久喜文宏というキャラクターについて語っています。

悪と仮面のルール

2018年1月13日(土) 新宿バルト9ほか全国ロードショー
顔を変え、過去を捨てた殺人者 全ては初恋の人を守るために――。
11歳の久喜文宏は、この世に災いをなす絶対的な悪=“邪”になるために生まれたと父から告げられる。やがて、父が自分を完全な“邪”にするために、初恋の女性・香織に危害を加えようと企てていることを知り、父を殺害して失踪する。十数年後、文宏は顔を変え、“新谷弘一”という別人の仮面をつけ、香織を守るために殺人を繰り返していた。そして、文宏の過去を知る異母兄の幹彦や日本転覆を企むテロ組織が香織を狙い始めたと知った文宏は、ついに自身の背負わされた運命に立ち向かうことを決意するが―。
***********************************

玉木宏 新木優子 吉沢亮 中村達也 光石研 村井國夫 柄本明
原作:中村文則「悪と仮面のルール」(講談社文庫)
監督・編集:中村哲平 脚本:黒岩勉
主題歌:Uru「追憶のふたり」(ソニー・ミュージック アソシエイテッドレコーズ)
2017年/カラー/5.1ch/138分  
(C)中村文則/講談社 (C)2017「悪と仮面のルール」製作委員会
企画制作:PlusD  
配給・宣伝:ファントム・フィルム


玉木宏『悪と仮面のルール』中村文則先生が鑑賞後にコメント!


映画情報どっとこむ ralph 2018年1月13日(土)から公開の映画『悪と仮面のルール』。

日本国内のみならず、アメリカをはじめとした海外でも注目を集める芥川賞作家・中村文則先生原作を、関ジャニ∞や福山雅治さんらのミュージックビデオやCMを数多く手掛けてきた新鋭・中村哲平監督が映画化。

“悪”となるために創られた男・久喜文宏を演じるのは、映画、舞台など幅広いジャンルで活躍する玉木宏さん。そのほか、新木優子さん、吉沢亮さん、中村達也さん、光石研さん、村井國夫さん、柄本明さんら実力派キャストが集結。壮大なサスペンスと深遠で哲学的なドラマが誕生しました。

「悪と仮面のルール」は、ウォール・ストリート・ジャーナルで「ベストミステリー10小説」に選出され、「ジャパニーズ・ノワールの新たな旗手としての地位を確固たるものにするだろう」と評価されています。また、日本人で初めて、ノワール小説の分野に貢献した作家に贈られるアメリカの文学賞「デイヴィッド・グディス賞」を受賞しています。


映画情報どっとこむ ralph この度、映画化された本作を鑑賞した中村文則先生からのコメントが到着しました。

僕の小説が原作なのですが、そういった意味を超えて、一観客として惹き込まれ、深い感動に包まれました。少しでも多くの人にこの素晴らしい映画を観て欲しい。そう強く思いました。
中村文則


映画情報どっとこむ ralph
また、映画公開に際し、映画のポスタービジュアルを使用したフル帯バージョンの文庫も書店で展開されることが決定しました。

◆「悪と仮面のルール」(講談社文庫) 
著:中村文則
定価:¥660(税別)
ISBN 978-4-06-277679-0

映画情報どっとこむ ralph
映画『悪と仮面のルール』

2018年1月13日(土)、新宿バルト9ほか全国ロードショー!

ストーリー
“悪”になるために創られた男。彼は顔を変え、過去を捨て、殺人を繰り返す。哀しい真実を隠して。

11歳の久喜文宏は、この世に災いをなす絶対的な悪=“邪”になるために生まれたと父から告げられる。やがて、父が自分を完全な“邪”にするために、初恋の女性・香織に危害を加えようと企てていることを知り、父を殺害して失踪する。

十数年後、文宏は顔を変え、“新谷弘一”という別人の仮面をつけ、香織を守るために殺人を繰り返していた。そして、文宏の過去を知る異母兄の幹彦や日本転覆を企むテロ組織が香織を狙い始めたと知った文宏は、ついに自身の背負わされた運命に立ち向かうことを決意するが。

***********************************


玉木宏 新木優子 吉沢亮 中村達也 光石研 村井國夫 柄本明
原作:中村文則「悪と仮面のルール」(講談社文庫)
監督・編集:中村哲平
脚本:黒岩勉
主題歌:Uru「追憶のふたり」(ソニー・ミュージック アソシエイテッドレコーズ)
2017年/カラー/5.1ch/138分
(C)中村文則/講談社 (C)2017「悪と仮面のルール」製作委員会
企画制作:PlusD
配給・宣伝:ファントム・フィルム
   


玉木宏『悪と仮面のルール』 “顔を変え、過去を捨てた殺人者”ポスター


映画情報どっとこむ ralph 芥川賞作家・中村文則氏のウォール・ストリート・ジャーナル ベスト選出の同名小説を、玉木宏主演で映画化した『悪と仮面のルール』。 

日本のみならず世界で注目を集める人気作家の傑作小説を、豪華キャストで映画化することが話題を集めている本作に関しまして、さらなる最新情報が到着いたしました。

この度、本作の公開日が2018年1月13日(土)に決定し、ポスタービジュアルが完成!主題歌情報解禁!

“顔を変え、過去を捨てた殺人者”ポスタービジュアル完成!!
玉木宏演じる、顔を変え、過去を捨て、初恋の人のために殺人を繰り返す主人公・文宏の、狂気とも悲しみとも取れる表情をおさめたデザインは、
哀しい殺人者の心に潜む闇と、愛に生きようとする切ない想いが交錯する壮大なサスペンスを予感させます。10/7(土)より、新宿バルト9ほかにて掲出される予定です。

また、10月7日(土)より、特典付き前売券(ムビチケカード)の販売も決定!
劇場購入特典は、劇中から選りすぐった、玉木宏出演シーンのスチルを使ったオリジナルポストカード3枚組(数量限定)となります。

『悪と仮面のルール』特典付き前売り券 概要
・券種:全国券(ムビチケ)
・特典内容:オリジナルポストカード3枚組 ※数量限定、なくなり次第終了※
・発売日:10/7(土) ・金額:¥1,400-(税込)

映画情報どっとこむ ralph 本作の主題歌を手がけるのは、神秘的な存在感で“謎のシンガー”として注目を集めるUru。「追憶のふたり」は、本作のための書き下ろし楽曲!聞く人を包み込むような歌声が、本作で展開される壮大なサスペンスと、“殺人者”文宏、そして彼が全てを懸けて守ろうとする女性・香織の運命に寄り添うような、観るものの心に残る楽曲です。Uruの映画に向けてのコメントと、本作の中村哲平監督からのコメントも到着いたしました。

Uru「追憶のふたり」 概要
主題歌:Uru「追憶のふたり」(ソニー・ミュージック アソシエイテッドレコーズ)
作詞・作曲:Uru 編曲:Kan Sano

Uruさん コメント
「『悪と仮面のルール』は、その世界にどっぷりと浸かり自分なりの解釈をしてみたり登場人物の心情を悟ろうとしたり、人が人である人間らしさを嫌でも感じるような、それでいてラブストーリーでもある、とてつもなく深みのある作品だと感じました。主題歌を歌わせて頂くにあたり、それを壊さぬよう曲や歌詞などを考えさせて頂きました。『悪と仮面のルール』の世界と一体となれるような曲になってくれたら嬉しいです。」

中村哲平監督 コメント
「初めてデモを聴いた時に鳥肌が立ちました。今回の曲は、事前にUruさんにも映画を観て貰い、打ち合わせをしてから曲を作って貰いました。映画の中で描きたかった、もう一つの側面を込めるという事で。そして、彼女が作り上げた世界は本当に素晴らしかった。Uruさんの持っている透明感、純粋さ、切なさを伴う歌声、そして歌詞。これは、単なる映画の主題歌ではないです。この曲は映画の一部であり、この曲でなければ映画は完成しなかった。素晴らしい楽曲です。」

映画情報どっとこむ ralph 悪と仮面のルール

2018年1月13日(土) 新宿バルト9ほか全国ロードショー!

物語・・・                                             
“悪”になるために創られた男。
彼は顔を変え、過去を捨て、殺人を繰り返す。哀しい真実を隠して―。
11歳の久喜文宏は、この世に災いをなす絶対的な悪=“邪”になるために創られたと父から告げられる。やがて、父が自分を完全な“邪”にするために、初恋の女性・香織に危害を加えようと企てていることを知り、父を殺害して失踪する。十数年後、文宏は顔を変え、“新谷弘一”という別人の仮面をつけ、香織を守るために殺人を繰り返していた。そして、文宏の過去を知る異母兄の幹彦や日本転覆を企むテロ組織が香織を狙い始めたと知った文宏は、ついに自身の背負わされた運命に立ち向かうことを決意するが。

公式HP:
http://akutokamen.com/

***********************************

玉木宏 新木優子 吉沢亮 中村達也 光石研 村井國夫 柄本明

原作:中村文則「悪と仮面のルール」(講談社文庫)
監督・編集:中村哲平 脚本:黒岩勉
主題歌:Uru「追憶のふたり」(ソニー・ミュージック アソシエイテッドレコーズ)
2017年/カラー/5.1ch/138分
企画制作:PlusD  
配給・宣伝:ファントム・フィルム
(C)中村文則/講談社 (C)2017「悪と仮面のルール」製作委員会