「中村文則」タグアーカイブ

吉沢亮インタビュー&『悪と仮面のルール』メイキング映像到着


映画情報どっとこむ ralph 2018年1月13日(土)から公開の映画『悪と仮面のルール』。
日本国内のみならず、アメリカをはじめとした海外でも注目を集め、ウォール・ストリート・ジャーナルで「ベストミステリー10小説」に選出された芥川賞作家・中村文則の原作が、待望の実写映画化を果たします。
今回解禁となるのは、主人公・久喜文宏に近付くテログループのメンバー・伊藤を演じた吉沢亮さんのインタビューとメイキングで構成された特別映像。

この映像は、中村哲平監督自ら吉沢さんへインタビューを実施し、監督自身で編集したものです。

吉沢さん演じる伊藤は、日本を騒がせているテログループ“JL”のメンバーで、主人公・久喜文宏と同じく”邪”の家系に連なる人物。文宏に近づき、「お前、人間恨んでるんだろ?」とテログループとの共闘を誘う強烈なキャラクターです。映像は伊藤が鋭い目付きで路上に佇む姿から始まり、吉沢さんのインタビュー映像が差し込まれます。本作で演じた伊藤について、「(文宏と)同じ邪の家系に生まれて、悪に徹しようとしているけどなり切れていない男」と語ります。伊藤を演じるにあたり、初めて髭を伸ばして役作りに挑んだという吉沢さんは、原作者・中村文則さんの大ファン。

本作への出演が決まる前から原作を読んでおり、「新谷(※文宏が整形し、成り替わった人物)との距離感などヒリヒリするものを感じていた」と、伊藤と文宏の関係を語ります。また、「意識の中では(伊藤自身は)悪の存在で本当に世界を滅ぼすと思っているけど、多分、心の奥底では、そうじゃない自分がいる。彼の矛盾を出していきかった。」と役作りに関して振り返ります。

映像には、インタビューの様子とともに監督から演出を受けている場面など貴重なメイキングも映し出されます。

映画情報どっとこむ ralph 悪と仮面のルール

物語・・・

“悪”になるために創られた男。彼は顔を変え、過去を捨て、殺人を繰り返す。全ては初恋の人を守るために――。

11歳の久喜文宏は、この世に災いをなす絶対的な悪=“邪”になるために生まれたと父から告げられる。やがて、父が自分を完全な“邪”にするために、初恋の女性・香織に危害を加えようと企てていることを知り、父を殺害して失踪する。十数年後、文宏は顔を変え、“新谷弘一”という別人の仮面をつけ、香織を守るために殺人を繰り返していた。そして、文宏の過去を知る異母兄の幹彦や日本転覆を企むテロ組織が香織を狙い始めたと知った文宏は、ついに自身の背負わされた運命に立ち向かうことを決意するが。

http://akutokamen.com/

***********************************

玉木宏 新木優子 吉沢亮 中村達也 光石研 村井國夫 柄本明

原作:中村文則「悪と仮面のルール」(講談社文庫)

監督・編集:中村哲平 脚本:黒岩勉

主題歌:Uru「追憶のふたり」(ソニー・ミュージック アソシエイテッドレコーズ)

2017年/カラー/5.1ch/138分
(C)中村文則/講談社
(C)2017「悪と仮面のルール」製作委員会

企画制作:Plus D
配給・宣伝:ファントム・フィルム


『悪と仮面のルール』玉木宏インタビューとメイキング特別映像


映画情報どっとこむ ralph 2018年1月13日(土)から公開することになりました、映画『悪と仮面のルール』。
このたび、玉木宏が本作について語るインタビューと、本編撮影中のメイキング映像、本編映像で構成された特別映像が完成した。本作の監督である中村哲平が、玉木へのインタビュー、編集を自ら手がけたスペシャルなものです。
今回解禁となる特別映像でも、玉木宏自身が本作への思い入れ、見どころを語る。完成披露舞台挨拶での発言と合わせて、本作への期待度が高まるものとなっている。

映像は、久喜文宏が過去を捨て“新谷弘一”となるために整形手術を受け、初めて包帯を取るシーンから始まり、玉木宏が本作について語るインタビューに続く。
玉木宏、本作について原作を読んだ時から「文学的な要素が強い」という印象を持っていたと言い、「善悪について語られる作品」「人間の根底にあるものを考えさせられる作品」だと、本作の重厚なテーマの魅力を語る。

本作は、監督・キャスト・スタッフ全員が原作に惚れ込み、その世界観をそのまま映画にするために想いを一つにして作り上げた作品。玉木は脚本、リハーサル、撮影現場とあらゆる段階で自らアイディアを提案し、主人公・久喜文宏を繊細に表現した。中村哲平監督と玉木が、撮影現場で演出について真剣に語り合う映像も収められている。

映画情報どっとこむ ralph そして、作品の中で「一つピークに持って行こうと思ったのは、香織に対してのピュアな恋愛観」と語り、本作のラブストーリーとしての魅力についても語る。顔を変え、過去を捨て、全てを賭けて初恋の女性・香織を守ろうとする文宏を「人を本当に好きになってしまったら、自分だったらどうするだろう?」と考えながら演じたと振り返り、“邪“となるために生まれた久喜文宏が「香織という存在があったからこそ、善意が生まれた」「その結果、悪事をおかしてしまう」と、初恋の女性への一途な想いを秘めながら、善悪の間で葛藤する久喜文宏というキャラクターについて語っています。

悪と仮面のルール

2018年1月13日(土) 新宿バルト9ほか全国ロードショー
顔を変え、過去を捨てた殺人者 全ては初恋の人を守るために――。
11歳の久喜文宏は、この世に災いをなす絶対的な悪=“邪”になるために生まれたと父から告げられる。やがて、父が自分を完全な“邪”にするために、初恋の女性・香織に危害を加えようと企てていることを知り、父を殺害して失踪する。十数年後、文宏は顔を変え、“新谷弘一”という別人の仮面をつけ、香織を守るために殺人を繰り返していた。そして、文宏の過去を知る異母兄の幹彦や日本転覆を企むテロ組織が香織を狙い始めたと知った文宏は、ついに自身の背負わされた運命に立ち向かうことを決意するが―。
***********************************

玉木宏 新木優子 吉沢亮 中村達也 光石研 村井國夫 柄本明
原作:中村文則「悪と仮面のルール」(講談社文庫)
監督・編集:中村哲平 脚本:黒岩勉
主題歌:Uru「追憶のふたり」(ソニー・ミュージック アソシエイテッドレコーズ)
2017年/カラー/5.1ch/138分  
(C)中村文則/講談社 (C)2017「悪と仮面のルール」製作委員会
企画制作:PlusD  
配給・宣伝:ファントム・フィルム


玉木宏 今年を漢字一文字で!? 映画『悪と仮面のルール』プレミア試写会


映画情報どっとこむ ralph 芥川賞作家・中村文則原作、玉木宏主演による映画『悪と仮面のルール』は2018年1月13日(土)より公開となります。

今回、プレミア試写会を玉木宏さん、新木優子さん、吉沢亮さんという豪華キャスト陣と中村哲平監督。さらに原作者である中村文則先生が登壇して行われました。
日付:12月12日(火)
場所:新宿バルト9
登壇:玉木宏、新木優子、吉沢亮、中村文則(原作者)、中村哲平監督

映画情報どっとこむ ralph MCの呼び込みにより大きな拍手と歓声の中登場した登壇者たち。
玉木さん:皆さんこんばんわ!華やかな舞台に立ててホッとしています。楽しんでいってください!

との挨拶からイベントはスタート。
中村監督:中村先生の素晴らしい原作を映像化するということで大きなプレッシャーがありましたが、素晴らしい役者の皆さんとスタッフのおかげで素晴らしい作品になったので、みなさんに、楽しんで欲しいですね。

と話、さらに

中村監督:長回し、20-30分回して撮影しても、スムースに感情豊かに演じてくれて3人。凄いですよ!

と、べた褒めの監督。そんな、べた褒めされた玉木さんは演じるにあたり、
玉木さん:悪役と言われがちですが、理性が生まれて、彼女を守るために色々やってしまう。複雑ですが実は人間味あふれる役だったと思います。ピュアであるからこそ。愛。そこに焦点を合わせて、シンプルに演じました。

守られた新木さんは

新木さん:撮影前に、監督と玉木さんと3人でお話をして。玉木さんに預けました。

玉木さん:新木さんは明るくて、紳士に現場にのぞむし、まじめでした。
一方、吉沢さんは原作の中村先生の大ファンだそうで、
吉沢さん:となりにいるのも緊張しています。この作品にかかわれると聞いて、最初メチャメチャ嬉しい反面、ビビりました。好きな作品なので壊しちゃいけない思いもありました。

と、ファンならではの想いも乗って演じている吉沢さん。今回髭をはやして演じていて
吉沢さん:芝居の中で生やしたのは初めてです。外見もそうですし、原作からくるインスピレーションも大切にして演じました。玉木さんとは現場ではあまり話してなくて。微妙な距離感を出したかったので、近くならないようにしました。それが映像に出てると思います。

と、語り、それに関して玉木さんも良い緊張感で臨めたと答えました。

映画情報どっとこむ ralph 中村先生は本作を観て
中村先生:本当に素晴らしくて、原作者として幸せだと強く思いました。玉木さんは存在感も表情も凄くて原作のまま演じて下さって。新木さんは、全身から出てます!吉沢さんはすごくアクセントをつけてくれていて、顔がどんどん変わっていく。これから凄い役者になると思いました。
実は最初に会ったときに、吉沢さんの顔を見て、こんな良い顔があるんだと驚愕されたそう。


想ったり思われたりすることで、泣ける作品になっている本作。

玉木さん:なかなか一途はいいことです。そうあれたらよいですけどね。。。
新木さん:こういう風に守られたいと思います究極です。これは、私生活には転がってないな~と。見つけられたらとは思います。

吉沢さん:人生掛けて。。。究極の愛は奇跡です。素敵です。

と、究極のラブストーリーになっていると語ります。

とあるシーンで涙を流すのが印象的な玉木さん

玉木さん:そのシーンは原作と脚本がちがったのですが、好きなシーンだったので原作にあわせてもらうように監督にお願いしました。

と撮影が難しい方向に修正したのだそう。

映画情報どっとこむ ralph ここで、玉木さんが今年の感じを披露。その一文字は「繋」。
玉木さん:僕らの作ったものと、お客様を繋ぐ。ことを感じた一年でした。

これには、新木さんも吉田さんも同意見。特に人との関係はつなげていくことが大事と必要だとのお話に。


映画『悪と仮面のルール
日本国内のみならず、アメリカをはじめとした海外でも注目を集める中村文則の小説の中でも高い人気を誇る本作を、数々のPVやCMを手掛けてきた新鋭・中村哲平監督が映画化。“悪”となるために創られた男・久喜文宏を演じるのは、映画、舞台など幅広いジャンルで活躍する玉木宏。そのほか、新木優子、吉沢亮、中村達也、光石研、村井國夫、柄本明ら実力派キャストが集結しました。

***********************************

玉木宏 新木優子 吉沢亮 中村達也 光石研 村井國夫 柄本明
原作:中村文則「悪と仮面のルール」(講談社文庫)
監督・編集:中村哲平 脚本:黒岩勉 主題歌:Uru「追憶のふたり」(ソニー・ミュージック アソシエイテッドレコーズ)
2017年/カラー/5.1ch/138分
企画制作:Plus D  
配給・宣伝:ファントム・フィルム
(C)中村文則/講談社 (C)2017「悪と仮面のルール」製作委員会



玉木宏『悪と仮面のルール』中村文則先生が鑑賞後にコメント!


映画情報どっとこむ ralph 2018年1月13日(土)から公開の映画『悪と仮面のルール』。

日本国内のみならず、アメリカをはじめとした海外でも注目を集める芥川賞作家・中村文則先生原作を、関ジャニ∞や福山雅治さんらのミュージックビデオやCMを数多く手掛けてきた新鋭・中村哲平監督が映画化。

“悪”となるために創られた男・久喜文宏を演じるのは、映画、舞台など幅広いジャンルで活躍する玉木宏さん。そのほか、新木優子さん、吉沢亮さん、中村達也さん、光石研さん、村井國夫さん、柄本明さんら実力派キャストが集結。壮大なサスペンスと深遠で哲学的なドラマが誕生しました。

「悪と仮面のルール」は、ウォール・ストリート・ジャーナルで「ベストミステリー10小説」に選出され、「ジャパニーズ・ノワールの新たな旗手としての地位を確固たるものにするだろう」と評価されています。また、日本人で初めて、ノワール小説の分野に貢献した作家に贈られるアメリカの文学賞「デイヴィッド・グディス賞」を受賞しています。


映画情報どっとこむ ralph この度、映画化された本作を鑑賞した中村文則先生からのコメントが到着しました。

僕の小説が原作なのですが、そういった意味を超えて、一観客として惹き込まれ、深い感動に包まれました。少しでも多くの人にこの素晴らしい映画を観て欲しい。そう強く思いました。
中村文則


映画情報どっとこむ ralph
また、映画公開に際し、映画のポスタービジュアルを使用したフル帯バージョンの文庫も書店で展開されることが決定しました。

◆「悪と仮面のルール」(講談社文庫) 
著:中村文則
定価:¥660(税別)
ISBN 978-4-06-277679-0

映画情報どっとこむ ralph
映画『悪と仮面のルール』

2018年1月13日(土)、新宿バルト9ほか全国ロードショー!

ストーリー
“悪”になるために創られた男。彼は顔を変え、過去を捨て、殺人を繰り返す。哀しい真実を隠して。

11歳の久喜文宏は、この世に災いをなす絶対的な悪=“邪”になるために生まれたと父から告げられる。やがて、父が自分を完全な“邪”にするために、初恋の女性・香織に危害を加えようと企てていることを知り、父を殺害して失踪する。

十数年後、文宏は顔を変え、“新谷弘一”という別人の仮面をつけ、香織を守るために殺人を繰り返していた。そして、文宏の過去を知る異母兄の幹彦や日本転覆を企むテロ組織が香織を狙い始めたと知った文宏は、ついに自身の背負わされた運命に立ち向かうことを決意するが。

***********************************


玉木宏 新木優子 吉沢亮 中村達也 光石研 村井國夫 柄本明
原作:中村文則「悪と仮面のルール」(講談社文庫)
監督・編集:中村哲平
脚本:黒岩勉
主題歌:Uru「追憶のふたり」(ソニー・ミュージック アソシエイテッドレコーズ)
2017年/カラー/5.1ch/138分
(C)中村文則/講談社 (C)2017「悪と仮面のルール」製作委員会
企画制作:PlusD
配給・宣伝:ファントム・フィルム
   


玉木宏『悪と仮面のルール』 “顔を変え、過去を捨てた殺人者”ポスター


映画情報どっとこむ ralph 芥川賞作家・中村文則氏のウォール・ストリート・ジャーナル ベスト選出の同名小説を、玉木宏主演で映画化した『悪と仮面のルール』。 

日本のみならず世界で注目を集める人気作家の傑作小説を、豪華キャストで映画化することが話題を集めている本作に関しまして、さらなる最新情報が到着いたしました。

この度、本作の公開日が2018年1月13日(土)に決定し、ポスタービジュアルが完成!主題歌情報解禁!

“顔を変え、過去を捨てた殺人者”ポスタービジュアル完成!!
玉木宏演じる、顔を変え、過去を捨て、初恋の人のために殺人を繰り返す主人公・文宏の、狂気とも悲しみとも取れる表情をおさめたデザインは、
哀しい殺人者の心に潜む闇と、愛に生きようとする切ない想いが交錯する壮大なサスペンスを予感させます。10/7(土)より、新宿バルト9ほかにて掲出される予定です。

また、10月7日(土)より、特典付き前売券(ムビチケカード)の販売も決定!
劇場購入特典は、劇中から選りすぐった、玉木宏出演シーンのスチルを使ったオリジナルポストカード3枚組(数量限定)となります。

『悪と仮面のルール』特典付き前売り券 概要
・券種:全国券(ムビチケ)
・特典内容:オリジナルポストカード3枚組 ※数量限定、なくなり次第終了※
・発売日:10/7(土) ・金額:¥1,400-(税込)

映画情報どっとこむ ralph 本作の主題歌を手がけるのは、神秘的な存在感で“謎のシンガー”として注目を集めるUru。「追憶のふたり」は、本作のための書き下ろし楽曲!聞く人を包み込むような歌声が、本作で展開される壮大なサスペンスと、“殺人者”文宏、そして彼が全てを懸けて守ろうとする女性・香織の運命に寄り添うような、観るものの心に残る楽曲です。Uruの映画に向けてのコメントと、本作の中村哲平監督からのコメントも到着いたしました。

Uru「追憶のふたり」 概要
主題歌:Uru「追憶のふたり」(ソニー・ミュージック アソシエイテッドレコーズ)
作詞・作曲:Uru 編曲:Kan Sano

Uruさん コメント
「『悪と仮面のルール』は、その世界にどっぷりと浸かり自分なりの解釈をしてみたり登場人物の心情を悟ろうとしたり、人が人である人間らしさを嫌でも感じるような、それでいてラブストーリーでもある、とてつもなく深みのある作品だと感じました。主題歌を歌わせて頂くにあたり、それを壊さぬよう曲や歌詞などを考えさせて頂きました。『悪と仮面のルール』の世界と一体となれるような曲になってくれたら嬉しいです。」

中村哲平監督 コメント
「初めてデモを聴いた時に鳥肌が立ちました。今回の曲は、事前にUruさんにも映画を観て貰い、打ち合わせをしてから曲を作って貰いました。映画の中で描きたかった、もう一つの側面を込めるという事で。そして、彼女が作り上げた世界は本当に素晴らしかった。Uruさんの持っている透明感、純粋さ、切なさを伴う歌声、そして歌詞。これは、単なる映画の主題歌ではないです。この曲は映画の一部であり、この曲でなければ映画は完成しなかった。素晴らしい楽曲です。」

映画情報どっとこむ ralph 悪と仮面のルール

2018年1月13日(土) 新宿バルト9ほか全国ロードショー!

物語・・・                                             
“悪”になるために創られた男。
彼は顔を変え、過去を捨て、殺人を繰り返す。哀しい真実を隠して―。
11歳の久喜文宏は、この世に災いをなす絶対的な悪=“邪”になるために創られたと父から告げられる。やがて、父が自分を完全な“邪”にするために、初恋の女性・香織に危害を加えようと企てていることを知り、父を殺害して失踪する。十数年後、文宏は顔を変え、“新谷弘一”という別人の仮面をつけ、香織を守るために殺人を繰り返していた。そして、文宏の過去を知る異母兄の幹彦や日本転覆を企むテロ組織が香織を狙い始めたと知った文宏は、ついに自身の背負わされた運命に立ち向かうことを決意するが。

公式HP:
http://akutokamen.com/

***********************************

玉木宏 新木優子 吉沢亮 中村達也 光石研 村井國夫 柄本明

原作:中村文則「悪と仮面のルール」(講談社文庫)
監督・編集:中村哲平 脚本:黒岩勉
主題歌:Uru「追憶のふたり」(ソニー・ミュージック アソシエイテッドレコーズ)
2017年/カラー/5.1ch/138分
企画制作:PlusD  
配給・宣伝:ファントム・フィルム
(C)中村文則/講談社 (C)2017「悪と仮面のルール」製作委員会