「中村悠一」タグアーカイブ

『 ロイヤルコーギーレックスの大冒険 』メインビジュアル解禁&吹替:中村悠一&沢城みゆきからコメント到着


映画情報どっとこむ ralph 10月25日全国公開の『ロイヤルコーギーレックスの大冒険』のメインビジュアルが解禁となりました!

バッキンガム宮殿を飛び出し、レックスの大冒険がはじまる!

主人公のモデルとなっているのは、英国のエリザベス女王が幼いころより飼育していた愛犬=ロイヤルコーギー。 2012 年のロンドン五輪開会式の映像で、ダニエル・クレイグ演じるジェームズ・ボンドとエリザベス女王と共に登場したことでその知名度を世界に知らしめた犬たちだ。

コーギー専用の部屋とベッドが用意され、執事による手厚い世話が行われるというVIP な生活ぶりも有名で、公式グッズショップでも多くのグッズが販売されるほど人気を誇るロイヤルコーギー。そのうちの 1 匹 レックスが宮殿を飛び出し、初めて外の世界と出会う物語。わがままに育ったレックスは、外の世界で起こる大騒動に巻き込まれながら少しずつ成長していく。個性豊かな犬たちが大集結のロイヤルなビジュアルが解禁!

映画情報どっとこむ ralph メイン声優に中村悠一・沢城みゆきの豪華キャストも決定!

宮殿に住むセレブ犬を中村悠一が、美しいヒロインを沢城みゆきが演じる吹替版の声優として、主人公のロイヤルコーギー、レックス役に 中村悠一 が決定。エリザベス女王一番のお気に入り犬としてわがままに育ったセレブな主人公を演じる。

【レックス役:中村悠一コメント】
CGなんです、それは間違いがないことですが、映像の中には「まるで本物のような」沢山の命があります。
表情のひとつをとっても本当に生きているかのような、生命力にあふれた作品です。
時には本物の犬の様に、時には人の様に…?色々な面を見せてくれるコーギーたちのドラマを、是非劇場で楽しんでいただけると嬉しいです。
中村悠一レックス『ロイヤルコーギー レックスの大冒険』
レックスが外の世界で出会うヒロインで、美しいペルシャ・グレイハウンドのワンダ役には、 沢城みゆきが決定。

【ワンダ役:沢城みゆきコメント】
本当に1匹1匹、個性の違う魅力的なキャラクター達を、日本語版でも個性豊かなメンバーが集まり吹き替えています。“あの”悠一君のとっても可愛いレックスは必聴です…!お楽しみに!
沢城みゆきワンダ『ロイヤルコーギー レックスの大冒険』
他キャストは、レックスとともに宮殿に住むコーギー役に 落合弘治、岩崎ひろし、清水はる香。 トランプ大統領夫妻が飼うコーギー役に たかはし智秋 が決定。また、レックスが外の世界で出会うシェルターに住む犬たちを 佐藤せつじ、後藤光祐、菊池通武 らが務めることが決定した。

映画情報どっとこむ ralph あわせて解禁されたメインビジュアル(左)は、エリザベス女王とフィリップ王配のもと、レックス率いるロイヤルコーギーと、外の世界で出会う仲間たちがバッキンガム宮殿に大集結している。劇中の活躍ぶりが期待できそうな、個性豊かな顔ぶれとなっている。
『ロイヤルコーギー レックスの大冒険』
『ロイヤルコーギーレックスの大冒険』
原題:The Queen’s Corgi

10月25日(金)よりイオンシネマ他全国公開!

公式サイト:
royalcorgi.jp

【ストーリー】
バッキンガム宮殿に住むロイヤルコーギーのレックスは、エリザベス女王のトップドッグとして、贅沢でわがまま放題のセレブ生活を送っていた。ある日、大事な晩餐会を台無しにしてしまったレックスは、仲間のチャーリーとともに宮殿を抜け出すことに!しかし、トップドッグの座を狙うチャーリーの裏切りによって池に落とされてしまう…。
初めての外の世界、家を失った犬たちが住むシェルターに保護されたレックスは、様々な問題に直面しながらも、仲間の力を借りて宮殿へ戻ろうと計画する。ところが、彼らの前にシェルターのボス・タイソンが立ちはだかる。レックスは無事女王の元へ戻ることが出来るのか!?

***********************************

監督:ヴァンサン・ケステロー、ベン・スタッセン
脚本:ロブ・スプラックリング、ジョン・R・スミス
音楽:ラミン・ジャヴァディ
編集:ヴァンサン・ケステロー
配給:イオンエンターテイメント2019/ベルギー/英語/85分/カラー
© 2019 MOVI3D SPRL All Rights Reserved. ©2019 NWave




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

関智一登壇「PSYCHO-PASS サイコパス」最終章!第三期制作発表!梶裕貴、中村悠一サプライズ


映画情報どっとこむ ralph 2019年1月より「PSYCHO-PASS サイコパス」Next Projectとして始動した『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System』劇場三部作が連続公開となり、ついに3月8日(金)に最終章となる「Case.3 恩讐の彼方に」が公開初日を迎えました。 舞台挨拶には「Case.3 恩讐の彼方に」の主役・狡噛慎也を演じる関智一さんと、塩谷直義監督が登壇。

更にTVアニメ第三期『PSYCHO-PASS サイコパス 3』の制作決定発表!キャストの梶裕貴さん、中村悠一さんがサプライズで登場して大盛り上がりとなりました。
『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.3 恩讐の彼方に__』初日舞台挨拶
日程:3月8日(金)
場所:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
登壇者:関智一(狡噛慎也役)、塩谷直義監督 /MC:吉田尚記
サプライズ登壇/梶裕貴(慎導灼役)、中村悠一(炯・ミハイル・イグナトフ役)

映画情報どっとこむ ralph 舞台挨拶には「Case.3 恩讐の彼方に」の主役・狡噛慎也を演じる関智一さんと、塩谷直義監督が登壇し、作品の魅力を大いに語り

■Case.3について

関さん:
Case.2アフレコの頃、ちょうどCase.3のシナリオ制作が佳境の時だったんですが、塩谷監督から、Case.3のシナリオを制作するにあたり、狡噛ならどういうリアクションをとると思うかなど、聞いてきてくださって、僕=狡噛という風に捉えてくださっていて、とても嬉しかったです。

塩谷監督:
Case.3を制作するにあたり、戦闘シーンの研究も兼ねて、軍事的レクチャーを受けに訓練施設に行きました。そこには元自衛隊の方や元警視庁特殊部隊の方がおられ、こういうシーンにはどういう戦術がいいか、耐えうるシュミレーションプランを教えていただきました。そのおかげで、本格的な戦闘シーンが描けたと思います。

映画情報どっとこむ ralph TVアニメ第三期『PSYCHO-PASS サイコパス 3』の制作決定発表されると、キャラクター原案を手掛ける天野明の描き下ろしビジュアルも公開されました。
ビジュアルには、TVアニメ第三期のメインキャラクターとなる公安局刑事課一係の監視官二人が描かれ、それぞれのキャストを梶裕貴(慎導灼(しんどう・あらた)役)さん、中村悠一(炯(けい)・ミハイル・イグナトフ役)さんが務めることも発表され、サプライズで登壇し、TVアニメ第三期へ向けての意気込みを語りました。

■TVアニメ『PSYCHO-PASS サイコパス』第三期に参加が決定された感想

梶さん:以前、「PSYCHO-PASS サイコパス」のゲーム版にの際、出演させていただいたのですが、き、そのご縁もあり、オーディションがあると伺い、受けさせていただきました。僕自身とても好きな世界観の作品だったので、今回の第三期に自分も参加できることになり、とても嬉しかったです。

中村さん:参加させていただく前から、とても楽しみでした。アフレコがすでに始まっているんですが、全員が主役級のキャスティングで、現場の皆さん思った以上にモチベーションが高く、収録もハードで疲れるのかなと思っていましたが、とても楽しく演じさせていただいています。


TVアニメ第三期『PSYCHO-PASS サイコパス 3』
フジテレビ“ノイタミナ”ほかにて放送!!

STAFF
監督:塩谷直義
キャラクター原案:天野明
アニメーション制作:Production I.G
制作:サイコパス製作委員会

CAST
慎導灼:梶裕貴
炯・ミハイル・イグナトフ・ミハイル・イグナトフ:中村悠一 ほか

公式HP:psycho-pass.com/

画像使用の際、クレジット記載を
お願いいたします。
©サイコパス製作委員会


映画情報どっとこむ ralph 『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.3 恩讐の彼方に__』
全国にて公開中

STORY
2116年に起きた東南アジア連合・SEAUnでの事件後、狡噛慎也は放浪の旅を続けていた。
南アジアの小国で、狡噛は武装ゲリラに襲われている難民を乗せたバスを救う。
その中には、テンジンと名乗るひとりの少女がいた。
かたき討ちのために戦い方を学びたいと狡噛に懇願するテンジン。
出口のない世界の縁辺で、復讐を望む少女と復讐を終えた男が見届ける、この世界の様相とは…。

***********************************

CAST
狡噛慎也/関智一
テンジン・ワンチュク/諸星すみれ 花城フレデリカ/本田貴子 キンレイ・ドルジ/志村知幸 ギレルモ・ガルシア/磯部勉 
ツェリン・グルン/高木渉 ジャン=マルセル・ベルモンド/鶴岡聡  


STAFF
SSストーリー原案・監督:塩谷直義
脚本:深見真
総作画監督:恩田尚之、阿部恒、中村悟
作画監督:中村深雪、古川良太、竹内知海、
古川尚哉、市川美帆、黄瀬和哉、阿部恒、諸貫哲朗、
新野量太、中村悟
演出:河野利幸、遠藤広隆
撮影監督:荒井栄児
3D:サブリメイション
色彩設計:上野詠美子
美術監督:草森秀一
音響監督:岩浪美和
音楽:菅野祐悟
キャラクターデザイン:恩田尚之、浅野恭司、阿部恒
シリーズ原案:虚淵玄
キャラクター原案:天野明
アニメーション制作:Production I.G
制作:サイコパス製作委員会
配給:東宝映像事業部
©サイコパス製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

劇場版『えいがのおそ松さん』のアフレコレポートが到着!


映画情報どっとこむ ralph この度、劇場版『えいがのおそ松さん』のアフレコレポートが到着しました!
併せ、豪華キャスト陣が繰り広げるアフレコの様子と、オフィシャル集合写真が到着しました。

そして、映画化を記念して発売される、「おそ松さん第1期 DVD&Blu-ray BOX 」のスペシャル企画として、「おそ松さん総選挙」が開始し、第1期振り返り特設サイト「松まとめ」が公開となりました。

『えいがのおそ松さん』は、赤塚不二夫の名作ギャグ漫画「おそ松くん」を原作とし、大人になってもクズでニートだけど、どこか憎めない6つ子を描いたTVアニメ「おそ松さん」(2015年10月~2016年3月まで第1期、2017年10月~2018年3月まで第2期がテレビ東京ほかにて放送)の完全新作となる劇場版で、2019年3月15日に全国ロードショーとなります。また、先日公開となった学生時代の6つ子が描かれたティザービジュアルと予告編はネットを中心に話題となりました。



映画情報どっとこむ ralph 今回は、そんな『えいがのおそ松さん』のアフレコレポートが到着。
豪華キャスト陣が勢揃いして繰り広げるアフレコでの、緊張感のあるエピソードや思わず笑みが零れるエピソードなど、普段見ることができない貴重なシーンがレポートです。

公開は2019年3月15日(金)ということで、現在鋭意制作中。アニメーション制作と並行して、11月某日には声優陣によるアフレコが行なわれました。

各パートごとに、テストを経て本番に挑むという流れで粛々と進みました。
櫻井孝宏さん(おそ松役)は、コの字に設置されている長椅子のセンターに着席し、長男の貫禄を感じさせます!動物が出てきたシーンの合間には、“動物に嫌われる櫻井さん”のエピソードトークで盛り上がり、場の空気を和やかにしていました。また、本番前に居ないキャストさんを呼びにいったり、6人で合わせるセリフは「最後の一音まで言いましょうか」など率先して音響監督に聞いたりする姿も。長男らしさは現場でも発揮されているようです。

中村悠一さん(カラ松役)は、画面の中のキャラクターたちにツッコミを入れている姿が印象的でした。
上田燿司さん(デカパン役)が、兼ね役をニヒルに演じたときや、トト子の可愛さを説く遠藤綾さん(トト子役)を受け「なんなんだよ、このキャラ(笑)」とナイスツッコミ!そんな言動にほかのキャストさんもドッと沸き、現場には良い空気が生まれていました。また、歌うシーンを控え「本当に苦手なんだよ…」と苦笑いを浮かべていましたが、収録では肩を揺らし歌唱!中村さんの『おそ松さん』の愛情深さを感じました!

そして神谷浩史さん(チョロ松役)も歌のシーンに全力投球!
本番直前、キャストさんが次々戻ってくるブース内で突然高らかに歌い上げ、場の空気を温めていました。
高校生のチョロ松をフルスイングで演じ、副調整室の爆笑をさらいました。「上手く言えない…」と悔しがっているキャストさんには「いやいや、できてたよ!」
とフォローを入れるなど、周りへの気配りも圧巻です。

「よろしくお願いしまぁす!」と、本番がはじまるたびに言っていたのは福山潤さん(一松役)。
一松では出さない、はつらつとした声で、気合いを入れてくれていました。音響監督も「これでみんな元気になったね!」と話すほどのムードメーカーぶり。
後輩声優さんに優しく声をかけていたり、声を自在に操る飛田展男さん(ダヨーン役)の数分に及ぶ抜き録りを真剣な眼差しで見ていたり、と、福山さんの人への接し方に、役者としてのリスペクトを感じました。

小野大輔さん(十四松役)は、十四松のキャラクターとは真逆なまじめな空気!
長丁場のアフレコにむけて、集中力を途切れさせないようにされていた様子でした!ですが、いざ本番が始まると、切り替わりがお見事!先程まで真剣な表情で台本を見ていたのに、マイク前で声を発した瞬間十四松になり、キラーワードを繰り出しては他のキャストさんを爆笑させていました。また、マイクに入れず後ろから「入れないジョ〜〜(泣)」と困っていた斎藤桃子さん(ハタ坊役)にマイクを譲る姿も見られ、ほっこりした瞬間も。

例に漏れず、入野自由さん(トド松役)も十四松にニコニコ。
そのほかの場面でも、物語の爆笑ポイントを見つけてはそのセリフを言ったキャストさんに「秀逸でした!」と声をかけモチベーションを高めあっていました。そんな入野さんも、いきなり沸点に到達するトド松のキレ芸は見事で、羨望のまなざしを受ける場面まで!それだけでなく、鈴村健一さん(イヤミ役)の肩をもんだり、國立幸さん(チビ太役)と「ここのマイクどっちが入る?」と言って火花をちらしたりと、特に多くのキャストさんとコミュニケーションをとりながらアフレコに挑む姿は、役者としての細やかな気遣いを感じました。

こうして、アフレコは丁寧且つ順調に進行。
完全新作エピソードだけに、長時間にわたる収録となりましたが、最後まで集中を切らさずこなし無事オールプアップとなりました。全編通して、キャスト陣が全身全霊で挑んだ芝居が繰り広げられる劇場版の内容は、ぜひご自身の目でもご確認ください!

映画情報どっとこむ ralph おそ松役:櫻井孝宏さんよりコメント到着!
『日本よ、これがおそ松だ』と言っていいほどの圧倒的なストーリーでした。 2023年の公開をお楽しみに! え!来年なの!? (おそ松:櫻井孝宏)

映画情報どっとこむ ralph おそ松さん第1期DVD&Blu-ray BOX発売記念!

■「おそ松さん総選挙」
第1期「エピソード編」、「サブキャラ&非日常キャラ編」、
「セリフ&ワード編」それぞれのジャンルで投票してください。
※複数投票可能ですが、1項目に対して、投票は1人1票のみです。
・投票期間:~12月31日(月)まで
・全国のアニメイトにて展開の 店頭POPからも投票受付中!
(アニメイト店頭から投票すると、限定のスペシャル壁紙をプレゼント)
・投票参加者全員に、スペシャル壁紙プレゼント!

「おそ松さん総選挙」URL : sousenkyo1st

■「松まとめ」
キャスト陣のオススメエピソードと共に、第1期を振り返って楽しめます!
「松まとめ」URL :
https://osomatsusan.com/matome/

<商品情報>
2019年1月18日発売
おそ松さん第1期 DVD&Blu-ray BOX 「おそ松さん SPECIAL NEET BOX」
【BD】価格:30,000円(税抜)/【DVD】価格:29,000円(税抜)

おそ松さん第1期 DVD&Blu-ray BOX 「はじめてのおそ松さんセット」
【BD】価格:12,000円(税抜)/【DVD】価格:11,000円(税抜)

映画情報どっとこむ ralph 劇場版『えいがのおそ松さん』
2019年3月15日(金)全国ロードショー!

公式サイト:
https://osomatsusan-movie.com
公式Twitter:
@osomatsu_movie

【イントロダクション】
あの6つ子が 完全新作劇場版で帰ってくる!
二十歳を過ぎてもクズでニートで童貞の松野家6兄弟。
ある日訪れた、高校の同窓会。
再会した同級生たちは、社会人として生活する、ちゃんとした大人になっていた。
ごまかしきれず、冴えない自分たちの現状を曝されてしまった6つ子たちは、そっと家路に着く。
すっかりやさぐれて酒をあおり、眠ってしまったおそ松たち。

翌朝、目覚めた彼らが目にした光景とは…

***********************************

原作:『おそ松くん』 赤塚不二夫
監督:藤田陽一
脚本:松原 秀
キャラクターデザイン:浅野直之
アニメーション制作:studioぴえろ
キャスト: おそ松:櫻井孝宏/カラ松:中村悠一/チョロ松:神谷浩史/一松:福山 潤/十四松:小野大輔
トド松:入野自由/トト子:遠藤 綾/イヤミ:鈴村健一/チビ太:國立 幸/デカパン:上田燿司
ダヨーン:飛田展男/ハタ坊:斎藤桃子 ほか
配給:松竹
© 赤塚不二夫/えいがのおそ松さん製作委員会 2019




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

中村悠一・早見沙織・森なな子・石川界人超豪華声優がいよいよ出陣!『パシフィック・リム:アップライジング』 初日!


映画情報どっとこむ ralph 『パシフィック・リム:アップライジング』が4月13日(金)に日本公開。
戦いは終わりではなく、始まりだった-。前作で描かれた人類(イェーガー)とKAIJUの死闘から10年が経過し、平穏が戻っていた地球に、進化を遂げたKAIJUが再び姿を現し、世界を絶望の淵へと突き落とす。
よりスタイリッシュに洗練されパワーアップを果たした新世代のイェーガーに乗り込む若きパイロット達は、迫りくるKAIJUを撃ち滅ぼすことが出来るのか!?

この度、待望の日本公開を記念し、4月13日(金)に初日舞台挨拶が行われ、超豪華吹替声優陣 中村悠一さん、早見沙織さん、森なな子さん、石川界人さんが、今東京で一番ホットなTOHOシネマズ 日比谷に集結。いよいよ東京を蹂躙するKAIJUとの壮絶な戦いの火ぶたが切って落とされました!

さらに当日、数々のロボットアニメでメカニックデザインや作画、監督も務め絶大な人気を誇る大張正己さんが本作のイェーガー達を描いた特製イラストもお披露目!1名のお客さんにプレゼント!

『パシフィック・リム:アップライジング』初日舞台挨拶
日時:4月13日(金)
会場: TOHOシネマズ 日比谷
登壇:中村悠一、早見沙織、森なな子、石川界人

映画情報どっとこむ ralph 発売開始から数分で即完売となったプレミアチケットを見事にゲットした満員の観客の皆さんの前に、

様々な葛藤を乗り越えリーダーとしてパイロットたちを率いる主人公ジェイクを演じた中村悠一さん。

自力で小型イェーガーを作る謎の天才少女アマーラを演じた早見沙織さん。

美しきロシア人パイロット訓練生ヴィクを演じた森なな子さん。

同じくロシア出身で強靭な肉体を誇る訓練生イリヤを演じた石川界人さん

の4名が登場すると会場から割れんばかりの拍手!
映画情報どっとこむ ralph MCが中村さんを指名するかと思いきや石川さんにアフレコ時の話をふると
石川さん:中村さんからじゃないんだーゆだんしてました。僕は1人で吹替の収録をしたので、皆さんと一緒にやりたかったなと思いもあるんですが、イリヤがイェーガーに一緒に乗るスレシュを花江夏樹さんが演じられていて、
すごく誘導してくれるお芝居をしてくださっていたのでやりやすかったんです。前作を観たときに、こんなに面白いんだと感銘を受けた作品だったので、とても光栄です。実は、前作を中村さんと一緒に観に行ったんです!

と驚きのエピソードを披露すると・・・・中村さんは笑みを浮かべるのみで覚えていないご様子。

中村さん:僕、ちょっと忙しいですからね…忘れちゃうんですいろんなことを…(笑)

と苦笑い。しょげる石川さん。
森さん:私も1人で収録したので最初は心細くて寂しかったんですけど、前作の大ファンで、あのイェーガーに乗れる興奮で1人でけっこう好き勝手にやらせてもらいました。夢みたいでした。家にはチェルノ・アルファ(前作に登場するイェーガー)のフィギュアもあります!ヴィクと同じロシアなんです!

とパシリム愛をアピール、
早見さん:はじめに台本と一緒に映像を見て、自分のセリフチェックをしたかったのに、あまりに映画がかっこよすぎてついつい見入ってチェックがなかなか終わらなかったんです。アマーラは動きもセリフも多くて感情の起伏も大きく叫ぶところも多いので、私も高まりました!完成版は「わー!大きい!かっこいい!すごーい!」と幼稚園児のように観てました!!

と可愛らしい回答の早見さん。中村さんはボイエガの声を当てるのに
中村さん:ジェイクを実際に演じているジョン・ボイエガさんが低く太い声なんです。さすがに寄せようとすると無理が出るので自由にやらせていただくしかないと思って、音声的には違いがあるかもしれませんがニュアンスは寄せたつもりでいます。前作を観て、(ニュート博士役の)古谷徹さんたちの演技を聞いて、日本語のニュアンスが盛られている映画だなと思ったので、そういう意識で楽しくやらせてもらいました。

と明かします。一方で、石川さん、森さんが一人でのアフレコだったのに対し

中村さん:僕は、早見さんや、けっこう多くの皆さんと一緒の収録だったんです!朝から晩まで1日かけて後半怒涛のように大きい声もたくさん出したし、盛り上げるためにオーバーに演じていかないといけなかったのでシンドかった(笑)。お昼は(ネイト役の)小野大輔さんと(チュアン役の)子安武人さんとお寿司を食べに行って、子安さんにおごってもらいました!現場のテンションは非常に高かったので収録は本当に楽しかったです!

と白熱した収録だったことを語りました。


映画情報どっとこむ ralph 本作が、2人のパイロットが神経を同調させイェーガーを操縦する”ドリフト”のシステムが特徴的なことから、自身がドリフトしてみたい相手を問われると、
石川さん:役を演じた自分としてバディは外せないんですが、ちょっと花江さんは細身なので、僕とはフィジカル的に不適合です(笑)。そう考えると・・・どうでしょう・・・?

と中村さんにラブコールを向けるも、中村さんのつれない様子に

石川さん:僕、1人でやります!ヒーローは1人でいい!

とすねながらも強気!

森さんが答えようとすると、中村さんから森さんのお母さんが来ていることを明かされ、お母さんとのドリフトを勧められると・・・
森さん:いや、出来ない!ドリフトするとお互いの頭の中に入って記憶も一緒になるので、大人になればお母さんに言えない秘密がいろいろと・・・(笑)

と赤裸々な理由で断り、

森さん:実際やるとなると、早見さんだと思う!やさしいから私の過去も受け止めてくれそうです。ご一緒する作品でも、合わせるセリフもリハなしでいけたりして勝手に親近感がわいてるんです。

ラブコール!すると
早見さん:合わせるセリフのときは普通、せーの、とやるんですけど、森さんとはせーのナシでぶっつけ本番で合うことが多いんです!シンクロしやすいと思います!

と既にドリフトしている感じ。

中村さんが悩んでいると、

石川さんか:2人組を作ってください、ってことですよ!1人余ってますよ!

と猛アピールを受けるも、
中村さん:そうですね、僕は古谷徹さんで。ヒーローは1人なんだろ?(笑)

と答えここでも残念ながら石川さんの想いは届かず・・・

中村さん:古谷徹さんは僕らの世代のヒーローですから。いよいよアムロとドリフトして、いろんなこと言ってみたい!

と夢を語りました。(確かにニュータイプが乗ったらどうなるのだろう。。。。)

映画情報どっとこむ ralph そしてここで、本作の公開を記念し、数々のロボットアニメでメカニックデザインや作画、監督も務め絶大な人気を誇る大張正己さんが本作のイェーガー達を描いた特製イラストがお披露目に!
大張正己さんはこのイラストに次のようにコメント!

「素晴らしい機会を与えていただいて、日本のアニメーションクリエーターとして光栄です。ありったけのパシ・リムLOVEをこの一枚に込めました!」

劇場の大スクリーンに映し出されたその大迫力のイラストに、

中村さん:バリってます!かっこいい!日本が作った特別な1枚ですね。大張ポーズなんです、バリってます!

と最も興奮した様子を見せ、さらになんと会場の観客から1名に大張さんのサイン入りポスターがプレゼントされることが発表され会場は大興奮!

中村さん:俺が欲しいのに!

と悔しそうにしつつも抽選
当選者を選び祝福ムードに包まれるなか、

中村さん:吹替でこそ伝わることや、字幕で見て気づくこともたくさんあるので吹替版と字幕版の両方を観てもらえると面白さがより伝わると思いますので両方楽しんでもらえると嬉しいです!リピーター求めてます!

と字幕・吹替両バージョンのアピールし、『パシフィック・リム:アップライジング』 聖地・日本での初日を迎えたのでした!

公式サイト:
pacificrim.jp
公式Twitter:
twitter.com/PacificRim_JP
***********************************

監督::スティーヴン・S・デナイト
脚本:エミリー・カーマイケル、スティーヴン・S・デナイト、T・S・ノーリン、キラ・スナイダー
製作:ギレルモ・デル・トロ、トーマス・タル、ジョン・ジャシュニ、メアリー・ペアレント、ジョン・ボイエガ、フェミ・オグンス 
キャスト:ジョン・ボイエガ、スコット・イーストウッド、ジン・ティエン、ケイリー・スピーニー、菊地凛子、新田真剣佑、バーン・ゴーマン、アドリア・アルホナ、チャーリー・デイ ほか
全米公開:2018年3月23日
原題:PACIFIC RIM UPRISING
配給:東宝東和 

【映画】 ©Legendary Pictures/Universal Pictures. 
【フィギュア】 © Legendary 2018. All Rights Reserved.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

地球を守ってきた最強声優陣集結、コメントも!『パシフィック・リム:アップライジング』


映画情報どっとこむ ralph 日本をはじめ全世界で驚異的なヒットを記録したアクション超大作『パシフィック・リム』(13)の熱狂から5年。待望の続編となる『パシフィック・リム:アップライジング』が2018年4月13日(金)に日本公開いたします。

この度、数々のロボットを乗りこなし地球を、日本を守ってきた史上最強布陣が集結!
空前絶後の超絶豪華な第一弾日本語吹替キャストを発表となりました!!
前作でパイロットの座を勝ち取り人類を救う英雄となった菊地凛子演じる森マコには林原めぐみさん、

林原さん:まさか、また森マコに会えるとは思いませんでした。メンバーも一新する中、ベテランの風格を漂わせているマコに、時の流れを感じます。前作に引き続き、日本へのリスペクトは十二分に感じられました。

KAIJUの脳とのドリフトという荒業で勝利への突破口を切り開き本作でも物語を重要なカギとなるニュート博士には古谷徹さん、

古谷さん:再びニュート博士を演じられて嬉しいです!チャーリー・デイは喜怒哀楽が激しい個性的な演技をする俳優さんで、演じがいがあります。ますます磨きがかかった僕の怪演にご期待ください!

気難しくも天才的な分析を見せ本作でも獅子奮迅の活躍を見せるハーマン博士には三ツ矢雄二さんが前作に引き続き続投決定!!

三ツ矢さん:パート2なので、あれからどんな話が続くのか、楽しみにしていました。思いの外、たくさん喋っていて、体力を使いました。ちょっとクセのある変わったキャラクターなので、なにか味がでるといいな、と思っていましたが、セリフの量が多くて、しゃべるのだけで必死になってしまい、自分の個性で勝負、という感じになってしまいました。日本の専売特許だった『カイジュウ』が世界ブランドとして登場します。大人も子供も楽しめる作品です。ぜひご覧になって下さい。

日本声優界を代表する方々が再び集結なんです!


そして本作からの新キャストは、主人公ジェイク・ペントコストには、「マクロスF」早乙女アルト役/「機動戦士ガンダム00」グラハム・エーカー役の中村悠一さん!そのジェイクの相棒でありエースパイロットのネイサン・ランバート役には『ワイルド・スピード ICE BREAK』でもスコット・イーストウッドの吹替を担当し、『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』で古代進の声を務める小野大輔さん!イェーガーは2人のパイロットが神経接続し意思統一する”ドリフト”によって操縦することのできる胸アツシステムを搭載しており、一心同体となってイェーガーに乗り込む超強力タッグのコンビネーションを中村悠一&小野大輔がどう演じるかに注目が集まります!

中村さん:デル・トロ監督とはまた違った「わかってるなぁ」感満載の本作、収録も楽しみながら、キャスト一同全力で挑ませて頂きました。イェーガーやKAIJUが入り乱れる迫力の映像は是非とも劇場で観ていただきたいです!

小野さん:前作のスケールの大きさ、面白さ、想いをバッチリ引き継いだ今作。とにかく熱くて楽しかったです。ぜひ劇場で心を1つにして、共にイェーガーに乗り込んでいただければと思います。

とコメントを寄せ、東京を蹂躙するKAIJUとの激戦に臨んだ熱い想いを明かしています。

映画情報どっとこむ ralph そのほか、本作から参戦する新キャスト達として、独自にイェーガーを作り上げる謎の少女アマーラ役には「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」ララァ・スン役早見沙織さん!

早見さん:「パシフィック・リム」の続編に出演させて頂けることをとても嬉しく思います。臨場感溢れるイェーガーのアクションシーンは、アフレコの時も手に汗握りました。ぜひスクリーンで、大迫力の映像をお楽しみくださいませ。

イェーガーの整備や指揮ラインの管理でパイロットを支えるジュールス役には「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」真希波・マリ・イラストリアス役の坂本真綾さん!

坂本さん;ジュールスはとにかく美しいです。同じ女性から見ても惚れそうなほど。公開がスタートしたら私もぜひ劇場の大きなスクリーンで、改めてじっくり楽しみたいと思っています!

そして、イェーガーの開発に尽力するシャオ産業の才媛・リーウェン役には魏涼子さん、

魏さん:華やかな声優の皆様に囲まれて収録する事が出来、とても幸せな時間でした。ここだけの話、一ヵ所だけ中国語でガヤを収録してもらえましたが、使って頂けるかな…!?どうぞお楽しみに~!


新たな司令官的な役割を担い辣腕を振るうチュアン役には子安武人さんと、

子安さん:ロボット・怪獣・SF・バトル。大好きな要素テンコ盛り、面白いに決まってる!頭カラッポで興奮しまくろう!!


映画情報どっとこむ ralph 盤石すぎる布陣!しかし、今回発表はあくまで”第一弾”だそうです。

ということは第二弾待ち遠しい!

字幕で観るか?日本語版で観るか?迷う? 両方観ちゃいましょ!

パシフィック・リム:アップライジング

公式サイト:
pacificrim.jp

公式Twitter:
twitter.com/PacificRim_JP

戦いは終わりではなく、始まりだった。

前作で描かれた人類(イェーガ―)とKAIJUの死闘から10年が経過し、平穏が戻っていた地球に、進化を遂げたKAIJUが再び姿を現し、世界を絶望の淵へと突き落とす。よりスタイリッシュに洗練されパワーアップを果たした新世代のイェーガーに乗り込む若きパイロット達は、迫りくるKAIJUを撃ち滅ぼすことが出来るのか!?『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』・『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』フィン役への大抜擢で一躍スターダムを駆け上ったジョン・ボイエガを主演とし、KAIJUオタクのニュートン博士(チャーリー・デイ)や森マコ(菊地凛子)ら人気キャスト、さらに新キャストとして名を連ねる新田真剣佑も活躍!先日、主要キャストと監督の来日、さらにファン待望のジャパンプレミアの開催が発表され大きな話題を集め、2018年の春の映画シーンを大いに盛り上げること間違いなしの本作。

***********************************

監督:スティーヴン・S・デナイト
脚本:エミリー・カーマイケル、スティーヴン・S・デナイト、T・S・ノーリン、キラ・スナイダー
製作:ギレルモ・デル・トロ、トーマス・タル、メアリー・ペアレント、ジョン・ジャシュニ、ケイル・ボイター、ジョン・ボイエガ、フェミ・オグンス 
キャスト:ジョン・ボイエガ、スコット・イーストウッド、ジン・ティエン、ケイリー・スピーニー、菊地凛子、新田真剣佑、バーン・ゴーマン、アドリア・アルホナ、チャーリー・デイ ほか

全米公開:2018年3月23日(予定) 
原題:PACIFIC RIM UPRISING
配給:東宝東和 
【映画】©Legendary Pictures/Universal Pictures.
【フィギュア】© Legendary 2018. All Rights Reserved.
   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ