「中村ゆり」タグアーカイブ

加藤雅也ら男軍団+中村ゆり 登壇『影に抱かれて眠れ』完成披露上映会舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph この度、9月6日(金)に公開される映画『影に抱かれて眠れ』の完成披露上映会が、8月6日(火)に丸の内TOEI2にて開催され、本作で主演を飾る加藤雅也はじめ、松本利夫、カトウシンスケ、若旦那といった豪華男性キャストが集結!

和泉聖治監督が華を添えました。更に紅一点で中村ゆりが登壇。

登壇できなかったAK-69や火野正平も、コメント映像で参加いたしました。更に、サプライズゲストとして、本作で初プロデュースを果たした俳優・中野英雄、脚本の小澤和義も参加!豪華な「男祭り」舞台挨拶となりました。
映画『影に抱かれて眠れ』完成披露上映会
映画『影に抱かれて眠れ』完成披露上映会
日程:8月6日(火)
場所:丸の内TOEI2
登壇:加藤雅也、中村ゆり、松本利夫(EXILE)、カトウシンスケ、若旦那、和泉聖治監督
コメント映像上映:火野正平、AK-69
サプライズゲスト:中野英雄、小澤和義

映画情報どっとこむ ralph 完成披露試写会が8月5日、東京の丸の内TOEI2で行われ、主演の加藤雅也、共演の中村ゆり、松本利夫(EXILE)、カトウシンスケ、若旦那、和泉聖治監督が出席した。

主演の加藤は「今から1年ほど前の猛暑の中で撮影した映画で、このようにお披露目できる日が来たことを光栄に思います」と嬉しそう。紅一点の中村は「見た目はちょっといかつくて怖いお兄さんに囲まれながらの撮影になりましたが、皆さんが少年のように映画を作っている姿を見て、この映画同様にロマンを持って生きるって素敵だなと感じました」とユーモア交じりに報告した。

そんな中村を加藤は「監督が『ヒロインは中村さんしかいない』と言っていたけれど、初めて中村さんとお会いした時に本当に透明な方で…。監督の言っている意味がわかりました」と絶賛。それに中村は「ありがとうございます」と照れつつ「加藤雅也さんはダビデ像みたいに美しくて、クールな方なのかと思ったけれど、近所のお兄さんみたいに気さくな方でした」とイメージとは裏腹の加藤の人柄に感謝していた。

松本は「実は最初と最後のシーンが僕なんです。いいポジションをいただきました。その辺も観てください」とニヤリ。若旦那は「役をもらった時にオーダーされたのは、食べ方を汚くするということ。でもその食べ方から僕の中で映画が始まった気がします。ただそれが豚足で…。手づかみで食べたので匂いが二週間くらいとれなくて困りました」と熱演報告。

一方、カトウは「真っ直ぐに兄貴を慕う役どころで、撮影中は慕える兄貴の背中があったのでやりやすかった。すべて兄貴にお任せする感じでした」と大先輩の胸を借りたよう。それに加藤が「上手いことを言うなぁ~」と感心すると、すかさず「嘘です!怖い先輩方ばかりで肩身の狭い現場でした!」とジョークで笑わせた。

和泉監督は「平成最後の夏、本当に暑い夏で僕らも熱かった。限りなくフィルムノワールに近いハードボイルド映画です。俳優さんたちの汗の量も凄いです。みんな汗だくでした」と漢たちの現場を回想。本作でプロデュース業に初挑戦した俳優・中野英雄と脚本担当の小澤和義も壇上にサプライズ登場。中野は「初めてのプロデュースで右も左もわからなかったけれど、今日という日を迎えることができて最高です」と満面の笑み。小澤は準備稿が17稿にも及んだことに触れつつ「中野英雄のプレッシャーと監督のプレッシャーが凄かった」と激闘を口にしていた。

最後に主演の加藤は「日本ではハードボイルドやフィルムノワールの映画を作るのが難しくなっている。その中で今回のような作品が完成したのは嬉しい。このような映画がもっと支持されて、もっと作っていきたいという思いがある。多くの人に観ていただき、宣伝していただきたい」と熱い想いを吐露していた。

映画情報どっとこむ ralph 影に抱かれて眠れ
映画『影に抱かれて眠れ』

9月6日(金)丸の内TOEI2・横浜ブルク13他、全国順次公開

公式サイト:
kagedaka.jp

映画「影に抱かれて眠れ」ポスター
***********************************


出演:加藤雅也/中村ゆり、松本利夫、カトウシンスケ、熊切あさ美、若旦那/余 貴美子、火野正平/AK-69

原作:北方謙三『抱影』(講談社文庫刊)
主題歌:クレイジーケンバンド「場末の天使」 (ダブルジョイ インターナショナル / ユニバーサル シグマ)
監督:和泉聖治
脚本:小澤和義
プロデューサー:中野英雄  
製作 BUGSY、ドリームエンタテインメント  
配給 BS-TBS 
配給協力:トリプルアップ
©BUGSY  


北方謙三 原作・・加藤雅也・中村ゆり・松本利夫「影に抱かれて眠れ」場面写真


映画情報どっとこむ ralph この度、講談社創業100周年記念出版作品、巨匠・北方謙三原作の「抱影」(講談社文庫刊)の実写映画化となった「影に抱かれて眠れ」より、既に解禁されているメインビジュアルを含み場面写真が一挙解禁となりました。

色を落としたモノクロ写真を中心に、本編への期待感が高まるスタイリッシュな場面写真が出揃いました。
自らに降りかかる出来事を全て受け入れる主人公・冬樹だけでなく、登場人物たち全てに課せられる運命。平穏な日常が突如として崩れ始めたとき、それぞれが影を抱き、抗いながらも運命に渦に巻き込まれていくのです。
豪華キャストが織りなすハードボイルドの真髄とも言える本作から、厳選したシーンを切り取っての解禁となります。


「影に抱かれて眠れ」

物語・・・
硲(はざま)冬樹(加藤雅也)は、横浜でいくつかの酒場を経営する画家。
毎晩のように自転車で店を巡回し、したたかに飲む。

一方、画家としての才能は内外に名を知られる存在でもあった。そんな冬樹の平凡な日常が狂い始める。

ある日、冬樹を兄貴と慕う岩井信治(カトウシンスケ)が傷を負って冬樹のもとに転がり込んできた。
信治は、冬樹の店を辞めた後NPOの慈善団体、“碧(みどり)の会”の一員となって、横浜の街の闇に飲み込まれた女の子たちを救い出す活動をしていた。一人の未成年の女子を救うために窮地に追い込まれていた信治に冬樹は手を貸してしまう。そんな冬樹を守ろうとする店のバーテンダー辻村(松本利夫)。男たちの抗争に巻き込まれようとする中、冬樹は純愛を貫く人妻・永井響子(中村ゆり)の余命を知らされ、響子への愛を絵に描き写したいという思いが込み上げる。

仲間を守るため、愛を貫くため、冬樹が下した決断とは。

冬樹の周辺の人間模様が複雑に交差するなか、果たして冬樹の人生はどんな終着点を迎えるのか・・・。

***********************************

出演:加藤雅也
中村ゆり、松本利夫、カトウシンスケ、熊切あさ美、若旦那
余貴美子、火野正平/AK-69
原作:北方謙三『抱影』(講談社文庫刊)
主題歌:クレイジーケンバンド「場末の天使」
(ダブルジョイ インターナショナル / ユニバーサル シグマ)

監 督:和泉聖治
脚 本:小澤和義

プロデューサー:中野英雄  
製作 BUGSY、ドリームエンタテインメント  
配給 BS-TBS
配給協力:トリプルアップ
(c)BUGSY


主演・加藤雅也 哀愁と優しさ・・・「男」の物語 北方謙三原作実写映画化 映画「影に抱かれて眠れ」


映画情報どっとこむ ralph 講談社創業100周年記念出版作品で、巨匠・北方謙三先生。原作の「抱影」(講談社文庫刊)が、遂に「影に抱かれて眠れ」として実写映画化。
哀愁漂う男たちの悲哀と優しさを書き上げた原作は、純文学を超える力強さでファンを魅了し北方謙三の真骨頂ともいえる名作です。

メガホンをとったのは、10年以上にわたり圧倒的人気を誇る国民的大ヒット作品「相棒」シリーズのメイン監督を務めた和泉聖治さん。

和泉聖治監督コメント:

2018年の真夏。
北方謙三原作「抱影」の撮影は始まりました。北方謙三さんは、ダンディーで私の尊敬する作家です。
プロデューサーの中野英雄氏と小澤和義氏とは撮影に入る前も、撮影に入ってからも毎日のように作品について熱く討論を重ねました。両氏は私の古くからの知人であり、映画仲間でもあります。
そんな “我らが仲間”たちと、うだるような連日の猛暑の中で撮り終えた暑い熱い映画『影に抱かれて眠れ』が完成しました。今はさまざまな想いが去来します。この作品に携わった多くの人たちに感謝します。
ありがとう・・・。

映画情報どっとこむ ralph 主人公・硲冬樹を演じるのは、大人の色香漂うベテラン、加藤雅也さん。
本作では、全てを受け入れていく「男」の哀愁と優しさを演じる。

加藤雅也さんコメント:
原作の“抱影”は,余計な説明のない漠然とした世界観が頭に入ってくる小説でした。
俳優としてセリフで演じるのではなく,作品の世界観を雰囲気で表現する演技とは?と考えを巡らせていた時だったので,是非挑戦したいと思った作品でした。北方さんからは“締念”と言う言葉を頂き、その言葉をもとに主人公(硲冬樹)を作っていきました。ハードボイルドというよりはノワールな作品。この作品の世界観と一人の男の生き様を楽しんで頂けたら嬉しいです。

映画情報どっとこむ ralph
冬樹が純愛を貫く女性・永井響子には中村ゆりさん。

冬樹を兄貴のように慕い冬樹が経営するクラブのバーテンダー辻村正人を演じるのは、EXILEの松本利夫さん。

冬樹を事件に巻き込む発端を作る岩井信治を演じるのは、カトウシンスケさん。

そして、男たちの抗争で横浜のヤクザを演じたのは、湘南乃風のメンバーでミュージシャンの若旦那さん。

同じく横浜のヤクザ役に、ヒップホップ界で熱烈なファン層を獲得しているアーティストのAK-69さん。本作が俳優としてのデビュー作となり、映画初出演。

そして、冬樹と関係を持つクラブのママに熊切あさ美さん、冬樹の才能にほれ込む画商に余貴美子さん、冬樹に刺青を教える彫師に火野正平さんと、豪華な俳優陣が集結した。

映画情報どっとこむ ralph そして、本作をプロデュースしたのが劇男一世風靡を経て、個性派として活躍する俳優・中野英雄。本作が初プロデュース作品となる。

中野英雄プロデューサーコメント:
今回の映画は初プロデュース作品になります 北方謙三先生の作品を先生と同年代の和泉聖治監督に撮って頂きたく 交渉致しました。若い頃に観ていた和泉聖治監督の作品のテイストを盛り込んで頂き 懐かしくもあり、また新鮮な 映画になっていると思っております。


原作の北方謙三せんせいからもコメントが到着

原作は、映画の素材のひとつである。同時に、本質の部分で深く繋がり合ってもいる。和泉聖治監督が、そこをどう扱うのか、私は注視していた。映画人の創造力の中で、原作はまた、新しい命を持った。それは驚愕すべき出来事であり、映画の力と可能性を、私に改めて感じさせた。加藤雅也の、自然体とも呼ぶべきたたずまいは、演技の本質とはなにかを、私に考えさせた。てらいのない存在感が漂い出して、間違いなく新しい境地に立ったことを感じさせた。影に抱かれた男の、激しさと哀しみ。人はなぜ生きるのかという命題にさえ、ある答えを出したと思う。

映画情報どっとこむ ralph 「影に抱かれて眠れ」

2019年秋、全国公開

公式サイト:kagedaka.jp

物語・・・
硲(はざま)冬樹(加藤雅也)は、横浜でいくつかの酒場を経営する画家。毎晩のように自転車で店を巡回し、したたかに飲む。一方、画家としての才能は内外に名を知られる存在でもあった。そんな冬樹の平凡な日常が狂い始める。ある日、冬樹を兄貴と慕う岩井信治(カトウシンスケ)が傷を負って冬樹のもとに転がり込んできた。信治は、冬樹の店を辞めた後NPOの慈善団体、“碧(みどり)の会”の一員となって、横浜の街の闇に飲み込まれた女の子たちを救い出す活動をしていた。一人の未成年の女子を救うために窮地に追い込まれていた信治に冬樹は手を貸してしまう。そんな冬樹を守ろうとする店のバーテンダー辻村(松本利夫)。男たちの抗争に巻き込まれようとする中、冬樹は純愛を貫く人妻・永井響子(中村ゆり)の余命を知らされ、響子への愛を絵に描き写したいという思いが込み上げる。仲間を守るため、愛を貫くため、冬樹が下した決断とは――。冬樹の周辺の人間模様が複雑に交差するなか、果たして冬樹の人生はどんな終着点を迎えるのか・・・。

***********************************

出演:加藤雅也/中村ゆり、松本利夫、カトウシンスケ、熊切あさ美、若旦那/余貴美子、火野正平/AK-69
原 作:北方謙三『抱影』(講談社文庫刊)
監 督:和泉聖治  
脚 本:小澤和義
プロデューサー:中野英雄  
製作 BUGSY、ドリームエンタテインメント  
配給 BS-TBS 
配給協力:トリプルアップ
©BUGSY  


横浜流星x清原果耶x飯島寛騎『愛唄 -約束のナクヒト-』第2弾特報・場面写真解禁!


映画情報どっとこむ ralph 『キセキ -あの日のソビト-』のキャスト・スタッフが再び集結し、名曲「愛唄」を映画化した『愛唄 -約束のナクヒト-』が、2019年1月25日(金)全国公開となります。

この度解禁された第2弾特報映像は、トオル(横浜流星)が、「人を好きになる 愛し合う それは自然に覚えた︖ 誰 かに教わった︖」と詩集を読むシーンから始まる。恋も友情も知らないまま余命わずかなことを宣告されたトオルは、「毎日 に夢中だから「息してることさえ忘れてるんだ」」というコピーの広告が映しだされた街頭ビジョンの前で⽴ち尽くしている。そこに現れたのが元バンドマンの旧友・龍也(飯島寛騎)だ。そして病院で出会ったのが伊藤凪(清原果耶)。


二人との出会いで変わっていくトオルの姿を、映像は次々と映し出す。凪と満開の桜並木を二人乗り自転車で颯爽に 走り、屈託ない笑顔を見せる。戸惑いながら手をつなごうとする姿も。龍也にスマホをとられ慌てるトオル。“あいつの声が 恋する勇気をくれた。”、“あの子の言葉が、生きる意味を教えてくれた。”とあるように、全力で恋に生きる姿は、何かを訴 えかけるかのようだ。一方、ギターを弾く龍也、曲を聴いて涙を流す友人の比呂乃(成海璃子)。ラストは凪が青空のもと 、飛行機雲を追いかけるかのように病院の屋上を駆ける姿が。そんな凪の秘密とは︖ 『愛唄 -約束のナクヒト-』のナクヒトとは、泣く人、涙するほど全力な人のこと。そのタイトル通り、涙するほど全力で生きる彼らが生み出す奇跡とは︖ 第2弾特報映像を彩るのは、青く澄み切った歌声。主題歌の一部だが、詳細は続報を待ちたい。

今回公開された場面写真は、5点。

目に涙をため光に照らされるトオルと凪、
スマホを手にしたトオルを説得している龍也。
トオルの実家の定食屋で伊藤凪の秘密を聞いた龍也が驚いているシーン。
謎の数式を黒板に書いてトオルに説明する凪、
そして比呂乃へ拾った詩集を返すトオル。
女が落としたこの詩集からこの物語はまわり始めるのだった。詩集、 謎の数式、スマホというキーアイテムとともにトオルが駆け抜ける青春が切り取られている。 そんな青春物語、そこから生まれる奇跡がどのよう紡ぎだされるのか、期待せずにはいられない。

映画情報どっとこむ ralph 『愛唄 -約束のナクヒト-』

【タイトルのナクヒトとは】 泣く人。涙するほど全力な人のこと。GReeeeNによる造語。


物語・・・
「私の手、握ってくれてありがとう」 その言葉が僕らのすべて――。 あいつの声が恋する勇気をくれた。あの子の言葉が、生きる意味を教えてくれた。僕を変えた⼆つの出会いが、⼀つの奇跡を起こす。 恋する勇気を持てないまま⼤人になってしまったトオルに起きた、二つの出会い。元バンドマンの旧友・龍也との再会、そして運命を変える詩と の偶然の出会いにより、恋というものに生涯をかけて全力で駆けることになる。今まで手をつなぐことさえしてこなかったが、龍也の声に恋する勇 気をもらい、その詩から、恋に生きる力をもらったトオル。詩と触れるキッカケをくれた比呂乃との出会いを経て、ようやくめぐり会えた運命の少女・ 凪。詩を綴ることをやめたその少女は、トオルに生きる意味を教えてくれた。しかし、彼女にはある秘密があった・・・ その唄は、僕らの運命から溢れ出た

公式HP:aiuta-movie.jp

公式Twitter:@aiutamovie

公式Instagram:@aiuta_movie

***********************************


出演: 横浜流星 清原果耶 飯島寛騎 中村ゆり 野間口徹 / 成海璃子 / 中山美穂(特別出演) 清水葉月 二階堂智 渡部秀 ⻄銘駿 奥野瑛太 富田靖子 財前直見
監督:川村泰祐 『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』『L♡DK』『海月姫』『きょうのキラ君』ほか
脚本:GReeeeNと清水匡 音楽:GReeeeN
プロデューサー:⼩池賢太郎 『キセキ ーあの日のソビトー』『奇跡』
音楽プロデューサー:JIN『キセキ ーあの日のソビトー』にて日本アカデミー賞優秀音楽賞受賞
配給:東映
(C)2018「愛唄」製作委員会


週末興収で2位!邦画実写3週連続第1位 『8年越しの花嫁 奇跡の実話』


映画情報どっとこむ ralph 結婚式の直前に病に倒れ意識不明となった花嫁と、彼女を8年間待ち続けた新郎の奇跡の実話を描いた映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』。
12月16日(土)に全国公開を迎えるや否や、洋画の超大作や、大人気シリーズの映画を抑え、「ぴあ映画初日満足度ランキング」第1位 の92.5点(12月16日調べ)を獲得。その後も口コミが話題を呼び、遂に邦画実写で3週連続第1位を獲得いたしました!また、年明けからの平日興行も超高稼働!

本日(1月4日)中にも動員数は135万人を突破しそうです!
映画情報どっとこむ ralph ●週末興行(3w目)のご報告
12月30日(土):
動員 7万3,475名 興収 9,462万6,400円
12月31日(日):
動員 4万3,520名 興収 5,804万400円

●週末興行(12/30~12/31)ランキング
1.スター・ウォーズ/最後のジェダイ
2.8年越しの花嫁 奇跡の実話
3.映画妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活
4.DESTINY 鎌倉ものがたり
5.オリエント急行殺人事件
さらに、正月三が日も超高稼働を維持しており、
1月3日までの累計は動員:129万1,326人 興収16億1,411万3,600円!
本日(1/4)中に観客動員数135万人を突破いたします!!

ターゲットである20代~30代女性に留まらず、10代女性を筆頭に幅広い層が来場。評論家、映画ジャーナリストからの好評も多数!

映画ファンにも広がりを見せています!

映画情報どっとこむ ralph 新春に温かい気持ちになってみては

映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話

公式HP:
8nengoshi.jp


佐藤健、土屋太鳳 中原尚志・麻衣ご夫妻登壇!『8年越しの花嫁 奇跡の実話』岡山先行公開舞台挨拶
http://eigajoho.com/92869


***********************************

佐藤 健 土屋太鳳 北村一輝 浜野謙太 中村ゆり 堀部圭亮 古舘寛治 杉本哲太 薬師丸ひろ子
主題歌:back number「瞬き」(ユニバーサル シグマ)
監督:瀬々敬久(「64-ロクヨン-前編/後編」)
脚本:岡田惠和(「ひよっこ」)
音楽:村松崇継(「抱きしめたい-真実の物語-」)
原作:中原尚志・麻衣「8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら」(主婦の友社)
配給:松竹
©2017映画「8年越しの花嫁」製作委員会