「中村ゆり」タグアーカイブ

前田旺志郎 単独主演 中学生が仕掛けるひと夏の青春ミステリー『レミングスの夏』場面写真到着


映画情報どっとこむ ralph 『襲名犯』で第59回江戸川乱歩賞を受賞した、茨城県取手市在住の作家・竹吉優輔の小説「レミングスの夏」の映画化。
その場面写真が解禁とななりました。

本作で単独主演デビューした前田旺志郎。
連続ドラマW「かなたの子」出演の菅原麗央、藍坊主の「魔法以上が宿っていく」のMVでフレッシュな存在感を放っていた瑚々、斎藤工主演の「最上の命医2017」に14歳で妊娠してしまう大塚寧々の娘役で出演した桃果、『藍色少年少女』主演の遠藤史人が演じる、”レミングス”のメンバーが結束を高めるシーンは、茨城県取手市緑地運動公園で撮影。

映画情報どっとこむ ralph その他、映画情報どっとこむ一押しの新人。パンテーンの“綾瀬はるか、現役中学生と’バージンヘア対決’編”のCMで注目を浴びた美少女・平塚麗奈。
その誘拐されて猿ぐつわをされているシーン

菅原麗央演じるアキラと遠藤史人演じるモトオが喧嘩をしているシーン、

女の子のお母さん役の中村ゆりが泣いているシーン、

刑事を演じるモロ師岡と城之内正明、田中要次、渡辺裕之のシーン、
娘を誘拐された両親を演じる大桃美代子、たくみ稜のシーンの写真が公開となりました。

映画情報どっとこむ ralph 中村ゆりさんとモロ師岡さんのコメントが届いています。

中村ゆりさんからのコメント

子供でも大人でもない、とても眩しい時代に、彼等は傷つく事も恐れずに守れなかったもののために痛いほど切なく突き進みます。私の役もとても哀しい役ですが、この役を愛してあげたいし誠心誠意で演じたいと思いました。小さな頃から知っている前田旺志郎君が、とても凛々しく立っている姿が印象的でした。


モロ師岡さんからのコメント

この作品の魅力は、子供達のキラキラした心と犯罪とのギャップだと思います。子供の目から見ると犯罪や事件は大人の数倍危険な事に感じてしまいます。私も小学生の頃、釣り大会で友達が釣った魚を自分が釣った魚の様にして一等賞を取ってしまい、バレたら小学校を辞めるしかないとまで思いつめた事がありました。本作品の少年達の犯罪とは比べものにりませんが、まだ悪に全く染まっていない子供の心は本当にキラキラと美しいものです。その純真な子供達を中心に私の役所は、その少年達を何とか助け出そうする長峰というベテラン刑事役です。演じるにあたり気をつけた事は、少年達の純真な心に寄り添える、少年達の父親的存在になる様な刑事でありたいという事と、大げさですが世の中の全ての解決しない犯罪に憤りを感じている人達の心にも沿うような気持ちでやらせて頂きました。

映画情報どっとこむ ralph 茨城県取手市・牛久市を中心として、つくば市、つくばみらい市において地元の支援を受けて制作された、少年少女の固い決意の理由に迫っていく青春ミステリー映画

レミングスの夏

10月1日(日)よりユーロライブにて公開 他全国順次。

物語・・・

レミングとは、ねずみのこと。

レミングは自殺しない。レミングは新天地に向かうために、集団で移動して、必死に海や川を渡る。

アキラこと千葉旭、ナギこと南木秀平、それからモトオ、ミト、ヨーコら「レミングス」の仲間達は、中学2年の夏に大きな戦いに。

その年、茨城県取手の街には、ハサミで小学生に切りつける「ハサミさん」が現れるという都市伝説が広がっていた。6年前の小学2年生の夏の出来事を機に、二度と戻ることのない楽しかったあの日を取り戻すため、ナギは、人生を賭けて計画を練り上げ、仲間達を誘い、遂に計画を遂行する。

少年少女の固い決意の理由に迫っていく、青春ミステリー。

http://lemmings72.com/

***********************************

出演:前田旺志郎 菅原麗央 平塚麗奈 瑚々 桃果 遠藤史人
椋田涼 城之内正明 たくみ稜
中村ゆり スネオヘアー 田中要次 モロ師岡 渡辺裕之

監督・脚本:五藤利弘
原作:竹吉優輔『レミングスの夏』(講談社文庫) ©竹吉優輔/講談社

エグゼグティブ・プロデューサー:染谷明 宮本澄江
ゼネラルプロデューサー:城之内景子 プロデューサー:西田宣善

協力プロデューサー:狩野善則、小林良二
ラインプロデューサー:宮下昇 音楽:スネオヘアー

製作:『レミングスの夏』を応援する会
制作プロダクション:オムロ、OneScene

配給・宣伝:渋谷プロダクション

2017年/日本/DCP/カラー/ステレオ/97分/G


佐藤健 x 土屋太鳳『8年越しの花嫁 奇跡の実話』最新の予告映像が解禁!


映画情報どっとこむ ralph 『8年越しの花嫁 奇跡の実話』最新の予告映像が解禁!
佐藤健、土屋太鳳、 瀬々敬久監督、 back number より コメントも到着!!


結婚式の直前に病に倒れ意識不明となった花嫁・・・
8年間待ち続けた 新郎。

目を覚まさない恋人を献身的に支え続け、苦悩しながらも彼女を思い続ける尚志(ひさし)役に佐藤健さん。

病と闘う麻衣役には土屋太鳳。

12月16日(土)全国ロードショーとなりますが、最新の予告映像が完成、また、映画主題歌が back number に決定しました!!



映画情報どっとこむ ralph そして、映画主題歌を聞いたW主演の佐藤健&土屋太鳳、瀬々敬久監督、また、主題歌「瞬き」の作詞作曲を担当 した清水依与吏(back number) からもコメントが到着!


清水依与吏(back number) さんからのコメント
奇跡、運命、と聞くとひとまず、やたらキラキラしていて触れない位美しいものをイメージしてしまいますが、本当はもっと 泥くさくて汗くさくて実はもっとそばにあるものなのかもしれないなと思いました。なので楽曲としても、なるべく体温を感 じる音と血の流れを感じる言葉で構築された力強いものになるよう心掛けました。


佐藤健 さんからのコメント
8年間も待てるなんて凄い凄いと人は言うけど、もちろ ん凄いのですが、8年間世界で一番大切な人の側に いれた尚志さんは幸せだったんじゃないかと思います。 だってこの曲、どこからどう聴いても尚志さんの歌じゃない ですか。back numberの皆様には感謝しかありませ ん。本当に有難うございます。 映画を観た後、そんな目線でこの曲を聴いてみてくださ い。

土屋太鳳 さんからのコメント
私は人としても女性としても、そしてもちろん女優として も本当に未熟者だと思うけれど、この歌に出会って、聴 いて、歌詞を読んだあの朝の瞬間、この歌の中には愛 情の正体があるんだって分かりました。ここから先の地 球が巡る時間の中で、自分の命をあがきながら生きる 人の、そして大切な誰かを守りたい全ての人の支えにな る真実の歌だと思います。私自身ここから先の人生を、 この歌が指し示してくれる何かを忘れることなくあたため ながら見つめながら、見つけながら生きていこうと思いま すし、大切な人がいるかたは大切な人と一緒に、大切 な人を探しているかたは御自分のために、一人でも多く の人にこの歌を聴いてほしいと、心から願います。

瀬々敬久監督さんからのコメント
back numberは地方に住む若い人たちのジリジリとし た感性を描くのが得意なバンドだと思ってきた。大好きな 楽曲の一つに「スーパースターになったら」というのがある。
スーパースターになったら 迎えに行くよきっと 僕を待ってなんていなくたって 迷惑だと言われても スーパースターになって 男らしくなった新しい僕で 迎えに行くから
映画『8年越しの花嫁』につけてくれた「瞬き」も、この感 じにすごく近いと思った。麻衣を待ち続けた尚志は、地 方に住む普通の無名の人で、彼はスーパースターで決 してないのだけど、だからこそ、麻衣を待ち続けたという一 点だけで、彼は既にスーパースターなのだ。無名の普通 の人こそ、スーパースター。そういう思いがビンビン伝わっ てきて「瞬き」はまた大好きな楽曲の一つになった。 back numberの皆さん、ありがとうございました!

映画情報どっとこむ ralph 12月16日(土)全国ロードショーとなりますが、

さらに、全国公開に先駆けて12/9(土)より岡山県にて先行上映 が決定。
9/14(木)からは映画公式HPにて、土屋太鳳さんナレーションの特別映像(本作のモデルとなった中原夫妻のドキュメンタ リー映像)も公開されるそうです。

物語・・・
意識の戻らない恋人を、あなたは何年待てますかー 結婚を約束したカップル、尚志(佐藤健)と麻衣(土屋太鳳)。結婚式を間近に控え幸せ絶頂だったある日、原因不明の病が突然麻衣を襲い、意 識不明となってしまう。いつ目が覚めるかわからない状態に、麻衣の両親(薬師丸ひろ子、杉本哲太)からは「もう麻衣のことは忘れてほしい」と言われ るが、尚志は諦めず麻衣の側で回復を祈り続ける。長い年月の末、ようやく麻衣は目を覚ますが、さらなる試練が二人を待ち受けていた。そして二人が 結婚を約束してから8年、ついに最高の奇跡が訪れる―。

***********************************

佐藤健 土屋太鳳
薬師丸ひろ子 杉本哲太 北村一輝 浜野謙太 中村ゆり 堀部圭亮 古舘寛治

※古舘寛治さんの「舘」の字は、正式には外字の舘(※舎官)となります。

監督:瀬々敬久
脚本:岡田惠和
音楽:村松崇継
原作:中原尚志・麻衣「8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら」(主婦の友社刊)

制作プロダクション:松竹撮影所 東京スタジオ
配給:松竹

©映画「8年越しの花嫁」製作委員会
   


佐藤健×土屋太鳳 W主演『8年越しの花嫁』特報


映画情報どっとこむ ralph 結婚式の直前に病に倒れ意識不明となった花嫁を、8年間待ち続けた新郎。

2015年7月には「8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら」として書籍化もされた、あるカップルに起きた奇跡の実話を映画化。

また、本作の正式タイトルが『8年越しの花嫁 奇跡の実話』に、公開日は2017年12月16日(土)に決定しました。
さらに今回、特報とあわせて、ポスタービジュアルも解禁です。
恋人を献身的に支え続け、苦悩しなが らもひたむきに彼女を思い続ける尚志(ひさし)役に佐藤健、病と闘う麻衣役には土屋太鳳。

そして
豪華追加キャスト発表!

映画情報どっとこむ ralph 2人を優しく時に厳しく見守る麻衣の両親、母・中原初美役に薬師丸ひろ子、父・中原浩二役に杉本哲太。尚 志が働く会社の社長・柴田役に北村一輝、先輩・室田浩輔役に浜野謙太。尚志と麻衣を担当する結婚式のウェディング プランナー・島尾真美子役を中村ゆり、麻衣の主治医・和田医師役を堀部圭亮、尚志が仕事先で出会うそうめん工場の社長役 を古舘寛治(※古舘寛治さんの「舘」の字は、正式には外字の舘(※舎官)となります。)が演じています。


物語・・・
意識の戻らない恋人を、あなたは何年待てますかー 結婚を約束したカップル、尚志(佐藤健)と麻衣(土屋太鳳)。結婚式を間近に控え幸せ絶頂だったある日、原因不明の病が突 然麻衣を襲い、意識不明となってしまう。いつ目が覚めるかわからない状態に、麻衣の両親(薬師丸ひろ子、杉本哲太)からは「もう 麻衣のことは忘れてほしい」と言われるが、尚志は諦めず麻衣の側で回復を祈り続ける。長い年月の末、ようやく麻衣は目を覚ますが、 さらなる試練が二人を待ち受けていた。 そして二人が結婚を約束してから8年、ついに最高の奇跡が訪れる。

8nengoshi.jp

***********************************

佐藤 健 土屋太鳳 北村一輝 浜野謙太 中村ゆり 堀部圭亮 古舘寛治 杉本哲太 薬師丸ひろ子

監督:瀬々敬久(「64-ロクヨン-前編/後編」)
脚本:岡田惠和(「最後から二番目の恋」)
音楽:村松崇継(「抱きしめたい-真実の物語-」)
原作: 中原尚志・麻衣「8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら」(主婦の友社)
制作プロダクション:松竹撮影所 東京スタジオ
配給:松竹
©2017映画「8年越しの花嫁」製作委員会


ジャニーズWEST の 濵田崇裕 の出演発表!『破門 ふたりのヤクビョーガミ』


映画情報どっとこむ ralph 佐々木蔵之介さん、横山裕さんがW主演する映画『破門 ふたりのヤクビョーガミ』は、2017年1月28日公開となります。

(C)2017「破門-ふたりのヤクビョーガミ」製作委員会
大阪を舞台に、関西弁での会話がテンポよく繰り広げられる本作に、北川景子さん、橋爪功さん、國村隼さん、矢本悠馬さん、橋本マナミさん、中村ゆりさん、木下ほうかさん、キムラ緑子さん、宇崎竜童さんら日本を代表する俳優陣に続き、ジャニーズWESTの濵田崇裕さんの出演が8月17日(水)放送の関西テレビ「関ジャニ∞のジャニ勉」で発表されました。


濵田崇裕(ジャニーズWEST)さんは映画初出演となり、佐々木蔵之介さん演じるイケイケやくざ・桑原の弟分、木下役を演じていて、激しいアクションシーンにも挑んだようです!コメントが届いていますので、ご紹介!

映画情報どっとこむ ralph ●濵田崇裕さんからのコメント

映画出演を、まさか「ジャニ勉」で発表させて頂けるとは思っていませんでした。それも横山くんと一緒に発表、というのもとても嬉しいです。横山くんは初めての映画出演で緊張している僕に、撮影の合間に何度も話かけて下さったり、僕がクランクインの時も記念に写真を撮って下さったり、何かと気にかけて下さいました。映画は勿論、横山くんとのシーンもあるのですが、僕は(佐々木蔵之介さん演じる)桑原の弟分の役だったので、佐々木さんと一緒のシーンが多かったんです。大乱闘のアクションシーンもあって、そこは普段の僕ではない、「男、木下」っていう感じです(笑)。笑いもある映画なので、多くの人たちに見て頂きたいと思っています。


●小林監督からのコメント

濱田崇裕さんとは、衣裳・小道具合わせが初対面でしたが「めっちゃ緊張してます」と話す姿が新鮮でした。常に全力で吸収しようとする姿は好感がもてるとともに、木下という役にダブって見えました。

映画情報どっとこむ ralph イケイケやくざと、ぐーたらビンボーの凸凹コンビが儲け話にダマされた!!
映画製作出資金を持ち逃げされた桑原と二宮は、失踪した映画プロデューサー・小清水を追って 関西、マカオを奔走。何とか居場所を突き止めるも寸前で逃げられてしまう。キレた桑原によるハチャメチャな追走劇はまさかの大トラブルへ発展!追っている筈が何者かに追われるハメに! 

進退窮まった二人は生き残りをかけた大勝負に出るが-。

黒川博行氏の大人気≪疫病神≫シリーズで直木賞を受賞した「破門」が待望の映画化。監督は『毎日かあさん』の小林聖太郎。

大阪を舞台に怒涛のアクションと関西弁の掛け合い満載で贈る大追跡エンタテインメント!
      
破門 ふたりのヤクビョーガミ

2017年1月28日(土)ロードショー!

公式サイト:
http://hamon-movie.jp/

***********************************

    
  


『破門 ふたりのヤクビョーガミ』北川景子らシン・関西キャスト発表


映画情報どっとこむ TJ 黒川博行氏の第151回直木賞受賞作「破門」を原作に、佐々木蔵之介さんx横山裕さんがW主演する

映画『破門 ふたりのヤクビョーガミ』

は、2017年1月28日公開となります。

この映画は大阪を舞台に、関西弁での会話がテンポよく繰り広げられる本作に、日本を代表する関西出身の俳優たちの参戦が発表されました!
破門第2弾キャスト
映画情報どっとこむ TJ 北川景子さん(兵庫県出身)は映画では初となる全篇関西弁!!!横山さん演じる二宮が思いを寄せる美女・悠紀役を演じていて、佐々木さん、横山さんとの掛け合い水を得た魚です!

そして凸凹コンビを翻弄する小ズルい詐欺師・小清水には、日本を代表する実力派俳優橋爪功さん(大阪府出身)。

桑原が属する組織の若頭・嶋田に国際的に活躍する國村隼さん(大阪府出身)。

そして・・・
木下ほうかさん(大阪府出身)、キムラ緑子さん(兵庫県出身)、宇崎竜童さん(京都府出身)、中村ゆりさん(大阪府出身)、矢本悠馬さん(京都府出身)ら話題の関西出身俳優が総出演!!

また唯一関西出身ではないものの、「日本で一番愛人にしたい女」と誉れ高い橋本マナミさん(唯一の山形県出身、愛人役で抜擢!)が初めて愛人役でキャスティングています!

(C)2017「破門-ふたりのヤクビョーガミ」製作委員会
映画情報どっとこむ TJ 出演者のコメントでも標準語です!

●北川景子
激しいアクションの要素がありつつも、佐々木さんと横山さんの軽妙なやり取りがとても面白い作品でした。私はアクション部分に絡まない、お見合いばかりしているお気楽な女性の役柄ということで、平和な撮影でした。大阪弁の役をいただいたことも非常に貴重な経験でした。関西を離れてから長いので、不安な方言は方言指導の先生の音源を何度も聞いて撮影に臨みました。大阪ロケでは本場のたこ焼きを食べられて嬉しかったです。劇中は男の世界ですが、ぜひ女性の方にもご覧いただきたいです。

●橋爪功
昔から、大悪党よりは小悪党、あたまに「小」が付く人物にやたらと魅かれる性癖は年をとっても相変わらずで、「小利口」「小生意気」「小賢しい」「小煩い」「小汚い」等々、些か食えない奴に目が無いというか…。だからこの役、一読して即はまってしまった。しかも、このオッサン、名前が「小清水」で…もう最高!

●國村隼
私は東京に住んで長くなったが、普段は関西弁だ。仕事の時はカチンコが鳴ったら標準語になる。でも、今回は台詞も関西弁。それだって慣れた事だが、今回ばかりは何故だか不思議な経験をした。自分自身と役との境が曖昧になった様な変な感覚。共演者が関西ネイティブばかりだったから?いや、何より小林監督の持つ独特の演出センスが原因かも知れない。いつの間にか彼の作品世界に引っぱりこまれてしまった。

●橋本マナミ
このたび玲美役で出演させていただきました。スリル溢れるストーリーに身を委ね、演じている側もドキドキしながら映画の一瞬一瞬を過ごさせていただきました。私は橋爪功さんと一緒のシーンが多く、橋爪さんのチャーミングでダンディな魅力に酔いしれながら現場をご一緒できたことはとても貴重な時間でした。役を習得する中でも難しかったのは関西弁です。私以外のキャストは全員関西出身という環境の中でちょっとのアクセントも狂いがないように練習しました。
秘密を持つ役ながらも関西弁を披露しているところもぜひみていただきたいです。
主役の佐々木蔵之介さん覇気迫る勢い!横山裕さんとのユニークなコンビ。ぜひ映画館で
楽しんでいただけたら嬉しいです。

映画情報どっとこむ TJ 破門 ふたりのヤクビョーガミ』 

2017年1月28日(土)ロードショー!

公式サイト:
http://hamon-movie.jp/

***********************************


監督:小林聖太郎(『毎日かあさん』『マエストロ!』)

原作:黒川博行『破門』(KADOKAWA刊) 
   第151回直木賞受賞作≪疫病神シリーズ第5作目≫
脚本:真辺克彦(『脳男』『ソロモンの偽証』)小嶋健作(『深夜食堂』)小林聖太郎 
配給:松竹

出演:佐々木蔵之介 横山 裕/北川景子 矢本悠馬 橋本マナミ 中村ゆり 木下ほうか 
   キムラ緑子 宇崎竜童/國村隼 橋爪功

©2017「破門 ふたりのヤクビョーガミ」製作委員会