「中川龍太郎監督」タグアーカイブ

朝倉あき にメロメロ 三浦貴大・中川龍太郎監督 『四月の永い夢』舞台挨拶!


映画情報どっとこむ ralph 昨年のモスクワ国際映画祭において国際映画批評家連盟賞とロシア映画批評家連盟特別表彰のダブル受賞を果たし、台北映画祭にも正式出品されるなど各国の映画祭で話題となった映画『四月の永い夢』が、いよいよ5月12日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開となりました!

そしてこの度、公開初日に、キャストの朝倉あきさん、三浦貴大さん、そして中川龍太郎監督登壇による舞台挨拶が行われました。


日時:5月12日(土)
会場:新宿 武蔵野館
登壇:朝倉あき、三浦貴大、中川龍太郎監督

映画情報どっとこむ ralph 中川監督:ようやく、皆さんに観ていただけることとなりまして感慨深いです!ネパールを旅していて、ライ麦畑に夕日が沈むのがきれいで、これを手紙に書きたくて、届かない手紙を書くことについての映画を創りたいなと。かぐや姫の物語の朝倉さんを見て素晴らしいと感じていたので、当て書きしました。

との挨拶からイベントはスタート。

朝倉さん:そういう風に脚本を作っていただいた経験が初めてで。中川監督は丁寧で優しいんです。言葉以外のもので優しいものが現れる脚本で。この世界の中で生きてみたいなと。

とオファーを受けた時の想いを語り、三さんの起用については・・・

中川監督:三浦さんは最高の人なんです。佐倉さんの声に共鳴する声の良い男らしい人にと。出てもらえるとは思っていなかったのですが意外とすんなり出てもらえました。

三浦さん:本自体も素敵でしたし、オリジナルと言うのが大きかったですね。年下の監督も楽しみな要素でした。
映画情報どっとこむ ralph 共演して
朝倉さん:二回目なので、楽しみでした。とても自然体な方なので、へまをしても受け止めてもらえるなと安心感があったんです。ナチュラルな方でやり易かったです。この撮影中は、口数が少なりまして、演技以外は隅っこで静かに背景に溶け込みたくてボーっとしてたのですが。三浦さんが話かけてくださったり

三浦さま:じゃま?
朝倉さん:本当に良い距離感で、見守ってくださって。監督とのやり取りを観ていて羨ましかったです。

三浦さん:共演して・・・。朝倉あきを褒める会は5時間できます。今回撮影では静かにしてらっしゃたので・・朝倉あき近くにいたら話しかけたいですよね。嫌われたんじゃないかと心配してたんですけど。

と、安心したご様子。


今回場所に意味がある、ロケーションだそう。

中川監督:国立は。このこの映画のコンセプトとして昭和の面影。国立は美意識高い町で内向的に見える。朝倉さんの精神性を箱庭みたいな国立の雰囲気で選びました。

とします。実は国立は三浦さんが育った場所。

三浦さん:地方のでロケしていると、地元の方たちがが喜んでくれるんですけど。今回それがわかりました。国立が絵になるなと。監督の撮り方ですかね。
実は、送迎なしで歩いてきて歩いて帰ったそう。


話題は、朝倉さんの銭湯シーンへ。
朝倉さん:大変でしたね。女性であることが・・・
監督:スタッフも、ソワソワ。大変でした。

と、気を使う方も使われる方も大変だったご様子。

オープニングが素敵。
中川監督:あの撮影は菜の花と桜が一緒の場所で撮りたくて、あれは埼玉でした。

朝倉さん:夢のように美しい場所でした。あのシーンが初日だったので、監督がどう描きたいのか一瞬でわかって。そこから役作りしました。

監督: なるべくたたずまいで、撮りたいので、自分ではうまくいったと嬉しく思いました。
三浦さん:一ル一つの画。立ち方。ふるまい。・・・言葉で語らない部分を丁寧に作品に乗せていくところが、昔の日本映画を観てる気持ちにさせてくれる監督です。現場の作り方は、映画のなかに、居させていくれる感じで、作り方は好きでしたね。

と、監督を絶賛の三浦さん。この後、フォトセッションがあり、

イベントは終了。上映となりました!

映画情報どっとこむ ralph 若き俊英監督の作品を是非。

『四月の永い夢』

5月12日(土) 新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー

公式サイト:
http://tokyonewcinema. com/works/summer-blooms/

主演の初海役を務めるのは『かぐや姫の物語』(かぐや姫:声)や最近では大河ドラマ「おんな城主直虎」にも出演している朝倉あき。

初海に恋する朴訥で誠実な青年・志熊に、映画TVと大活躍で本作の舞台である「国立」出身でもある 三浦貴大。

3年前に恋人を亡くした27歳の滝本初海。

音楽教師を辞めたままの穏やかな日常は、亡くなった彼からの手紙をきっかけに動き出す。
元教え子との遭遇、染物工場で働く青年からの思いがけない告白。
そして心の奥の小さな秘密。

喪失感から緩やかに解放されていく初海の日々が紡がれる。

***********************************

出演:朝倉あき 三浦貴大
川崎ゆり子 高橋由美子 青柳文子 森次晃嗣
志賀廣太郎 高橋惠子

監督・脚本:中川龍太郎『走れ、絶望に追いつかれない速さで』
配給:ギャガ・プラス
(c)WIT STUDIO / Tokyo New Cinema


太賀・池松壮亮・本広克行らからコメント! 中川龍太郎監督 映画『四月の永い夢』


映画情報どっとこむ ralph カンヌ、ヴェネチア、ベルリンに次ぐ世界四大映画祭、モスクワ国際映画祭において、昨年、国際映画批評家連盟賞とロシア映画批評家連盟特別表彰ダブル受賞の快挙を果たし、「詩的な言葉の表現と穏やかな映像を通して人生の大事なエッセンスを伝えているプライスレスな作品」と評価されるなど、海外の映画祭で絶賛された、映画『四月の永い夢』が、いよいよ5月12日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開します。

3年前に恋人を亡くした27歳の滝本初海。音楽教師を辞めたままの穏やかな日常は、亡くなった彼からの手紙をきっかけに動き出す。元教え子との遭遇、染物工場で働く青年からの思いがけない告白。そして心の奥の小さな秘密・・・
主人公の初海役を務めるのは映画『かぐや姫の物語』(かぐや姫・声)、『横道世之介』、TVドラマ「下町ロケット」、「おんな城主直虎」など様々な作品でその存在感を見せる朝倉あき。 初海に恋する朴訥で誠実な青年・志熊を体現するのは、実力派俳優 三浦貴大。 ほか高橋由美子、森次晃嗣、志賀廣太郎、高橋惠子ら実力派俳優陣が脇を固め、さらに演劇界で活躍する川崎ゆり子、モデルとして活躍する青柳文子の新鮮な存在感も見逃せない。

監督・脚本は平成2年生まれの若き才能・中川龍太郎。17歳で詩人としてデビューした経歴を持ち、高く評価された前作『走れ、絶望に追いつかれない速さで』に続いて自身の実体験を踏まえながら、前作の鋭い感性とはまた異なる優しいまなざしで、喪失感から緩やかに解放されていく、主人公・初海の心の旅を描き出す。 さらに、アニメ「進撃の巨人」の制作などで知られるアニメ制作会社のトップランナー〝WIT STUDIO“が実写映画に初めて製作参加した作品でもあり、業界内からも注目度が高まっている。
映画情報どっとこむ ralph 今回、本作を公開に先駆けて鑑賞した各界著名人のコメントが到着!

太賀(俳優)
本当の気持ちが伝わるように、素直な言葉だけを並べて書いた手紙の追伸のようでした。大切なものを失えど、大切だという事実を抱きしめながら映画を作る人なんだと思います。新しい季節とこの映画は、よく似合います。   

池松壮亮(俳優)
中川龍太郎の映画には今時珍しく詩がある、行間がある、情緒がある。終わりゆく平成も捨てたもんじゃない。    

光石研(俳優)
若い監督が若いスタッフ、若いキャストと迷い彷徨う映画に嫉妬する。さぞかし楽しかっただろう!羨ましい!そして、主演の朝倉あきさんの初々しさは、事件だ!羨ましい!   

本広克行(映画監督)
映画館の大きなスクリーンで浴びるように観るべき映画だと思う。
劇場と観客の醸し出す空気に身を浸し、外界では味わうことの出来ない贅沢な時間を過ごせる、そんな風に感じられる映画です。

切通理作(批評家)
流れる時間に任せて映画を体験するのもいいだろう。だが、その監督が「どうしてもやりたかった」シーンに突入する瞬間の、シーンと静まり返ったような研ぎ澄まされた感覚はどうだ。その時、世界はすべてが塗り替えられる。     

石川光久(株式会社プロダクション・アイジー)
悩みに答えは無いと分かっているけれど、映画監督の仕事も人の人生も足し算でなく、引き算だと教えてくれました!

矢田部吉彦(東京国際映画祭プログラミング・ディレクター)
『四月の永い夢』は、心に安心と温かみをもたらしてくれる。死者と我々の関係は穏やかなものであっていいと諭してくれるのだ。中川龍太郎監督は感情を静かに震わせる術を心得ており、その世界にヒロインが見事にマッチした。春に見るのにこれほどふさわしい作品はない。

(※順不同・敬称略)

映画情報どっとこむ ralph 映画『四月の永い夢』

5月12日(土) 新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー
STORY
亡き恋人から届いた手紙――止まったままの私の「時」が動き出す。
3年前に恋人を亡くした27歳の滝本初海。音楽教師を辞めたままの穏やかな日常は、亡くなった彼からの手紙をきっかけに動き出す。元教え子との遭遇、染物工場で働く青年からの思いがけない告白。そして心の奥の小さな秘密。――喪失感から緩やかに解放されていく初海の日々が紡がれる。
公式サイト:
http://tokyonewcinema.com/works/summer-blooms/

***********************************

出演:朝倉あき 三浦貴大
川崎ゆり子 高橋由美子 青柳文子 森次晃嗣 / 志賀廣太郎 高橋惠子

監督・脚本:中川龍太郎『走れ、絶望に追いつかれない速さで』
製作総指揮:石川俊一郎/木ノ内輝 チーフプロデューサー:和田丈嗣 プロデューサー:藤村駿
撮影監督:平野礼 照明:稲葉俊充 編集:丹羽真結子
録音:伊豆田廉明 メイク・衣装:タカダヒカル
ラインプロデューサー:佐藤宏 音楽:加藤久貴 挿入歌:赤い靴「書を持ち僕は旅に出る」
©WIT STUDIO / Tokyo New Cinema
2017 / 日本 / カラー / 93分 / HD 16:9 /5.1ch デジタル
製作:WIT STUDIO 制作:Tokyo New Cinema 
配給:ギャガ・プラス