「中川龍太郎監督」タグアーカイブ

仲野太賀・衛藤美彩『静かな雨』 第20回東京フィルメックスにて観客賞を受賞!


映画情報どっとこむ ralph 様々な役どころを自在に演じ分ける本格派俳優として注目されている仲野太賀と“乃木坂46”を卒業し新たな一歩を踏み出した衛藤美彩のダブル主演映画『静かな雨』は、2020年2月7日(金)よりシネマート新宿ほか全国順次公開することが決定しております。

本作は、11月23日(土)より開催されております「第20回東京フィルメックス」のコンペティション部門に入線され、開催翌日の11月24日(日)に有楽町朝日ホールにて上映いたしました。ダブル主演の仲野太賀、衛藤美彩、音楽を担当した高木正勝、そして国際的な注目を集める新鋭・中川龍太郎監督が登壇する舞台挨拶も実施しました。

11月30日(土)18:10より「第20回東京フィルメックス」の受賞結果及びクロージングセレモニーが開催され、映画『静かな雨』が“最も観客から支持を集めた”「観客賞」を受賞いたしました!

「第20回東京フィルメックス」授賞式
日時:11月30日(土) 18:10~18:50
場所:有楽町朝日ホール(千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン)
登壇者(敬称略):国際審査員【トニー・レインズ(審査員長)、操上和美、ベーナズ・ジャファリ】/学生審査員【渡邉安悟、北川未来、木村翔武】/田中誠一(シマフィルム)/市山尚三(映画祭ディレクター)
※国際審査員の他2名、サマル・イエスリャーモワと深田晃司は都合により欠席

【観客賞】 『静かな雨』
登壇:藤村 駿(プロデューサー)

審査員長のトニー・レインズは、

「10作品、本当に多様性に富んでいた。それらに1つ共通点があるとすれば、市山ディレクターの選択眼が特殊なものだということ。自分も多くの映画祭で審査員を務めてきたが、これほどまでにすべての作品が、終始一貫して同じレベルを作品が持っている、そういう映画祭というのは稀。(審査員も)多種多様で、それぞれ国も違いますし、今回は日本から2人、イランから1人、カザフスタンから1人、英国から(トニー・レインズ自身)1人、かなりいいいミックスだったと思う。」

と、充実した内容だったことがうかがえる言葉で、今年のフィルメックスを振り返りました。
中川監督から受賞にあたりましてのコメントも届いておりますので、下記、ご参照ください。

映画情報どっとこむ ralph 中川龍太郎監督受賞者コメント

東京フィルメックスという、学生時代から友人としょっちゅう通っていた映画祭で観客賞という、素晴らしい賞をいただけて本当に嬉しく思っています。学生時代に何度も何度も行っていた映画祭なので、その時一緒に観ていたお客様からのご指示が少しでもいただけたのだとしたら、こんなに光栄なことはございません。この映画(『静かな雨』)は2020年2月7日に劇場公開されますので、その時また観ていただけたら嬉しいです。今回は、本当に有難うございました。

映画情報どっとこむ ralph 『静かな雨』

2020年2月7日(金)よりシネマート新宿ほか全国順次公開
https://kiguu-shizukana-ame.com

<ストーリー>
大学で生物考古学研究助手をしている行助(仲野太賀)は、パチンコ屋の駐車場でおいしそうなたいやき屋を見つける。そこは、こよみ(衛藤美彩)という、まっすぐな目をした可愛い女の子が一人で経営するたいやき屋だった。そこに通ううちにこよみと少しずつ親しくなり、言葉を交わすようになる。
だがある朝、こよみは交通事故で意識不明になってしまう。毎日病院に通う行助。そしてある日、奇跡的に意識を取り戻したこよみだが、事故の後遺症で記憶に障害があることがわかる。事故以前の記憶は残っているが、目覚めてからの記憶は一日経つと消えてしまうのだ。行助は記憶が刻まれなくなったこよみと、変わらずに接していこうとするが……。外は静かな雨が降っていた。

***********************************


仲野太賀 衛藤美彩
三浦透子 坂東龍汰 古舘寛治 川瀬陽太
村上淳/ 河瀨直美 / 萩原聖人 / でんでん

監督:中川龍太郎
原作:宮下奈都『静かな雨』(文春文庫刊)
脚本:梅原英司 中川龍太郎
チーフプロデューサー:和田丈嗣 プロデューサー:藤村駿 木ノ内輝
アシスタントプロデューサー:新井悠真 石森剛史 ラインプロデューサー:保中良介
撮影:塩谷大樹 照明:西尾慶太 録音:伊豆田廉明 音響効果:小林孝輔
美術:安藤秀敏 菊地実幸 ヘアメイク:榎本愛子 スタイリスト:都甲真名美
助監督:近藤有希 監督補佐:佐近圭太郎 制作担当:久保田辰也 
編集:田巻源太 スチール:四方花林
音楽:高木正勝
企画協力:文藝春秋
制作:WIT STUDIO、Tokyo New Cinema
配給:キグー
©2019「静かな雨」製作委員会 / 宮下奈都・文藝春秋




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

映画に残すことで未来へ繋げる 中川龍太郎監督ら『わたしは光をにぎっている』青山学院大学公開記念特別講義


映画情報どっとこむ ralph 新鋭・中川龍太郎監督の最新作が11月15日(金)より全国公開となります。

監督は、デビュー作からこれまで海外の映画祭で数々の賞を受賞し、前作『四月の永い夢』がモスクワ国際映画祭で2つの賞を受賞した中川龍太郎。澪を演じるのは、「この世界の片隅に」の情感あふれる演技で存在感を放った松本穂香。出来上がった本編を観て「自分が出ている作品なのに、こんな風に泣いたのは初めてのことでした。この映画に出会えてよかったです。」と語った。分身のような役で、風景に溶け込む透明感溢れる松本の姿は、岩井俊二監督の名作『四月物語』(98)のヒロインを演じた女優松たか子を彷彿とさせるという絶賛の声がマスコミから寄せられている。共演は渡辺大知、徳永えり、吉村界人、忍成修吾ら若手実力派と、光石研、樫山文枝ら日本映画のオーソリティーたち。主題歌は、伸びやかな歌声が心に波紋を広げるカネコアヤノの「光の方へ」。監督が「翔べない時代の魔女の宅急便」と語る本作では、特別な才能があるわけではないけれど、都会の中で居場所を見つけ、現代を生きる若者の姿を丁寧に描きます。

この度、そんな本作のテーマをもとに監督登壇による特別講義が青山学院大学にて実施されました。
1111「わたしは光をにぎっている」青山学院大学 (4)
映画『わたしは光をにぎっている』公開記念特別講義
日程:11月11日(月)
場所:青山学院大学
登壇:中川龍太郎監督、平松雄介(小杉湯店主)、塩谷歩波(小杉湯番頭)

映画情報どっとこむ ralph 学生を対象にした本講義。
失われてゆく銭湯や商店街といった街を、映画に残すことで未来へ繋げるというテーマで描かれた本作にちなみ、中川龍太郎監督、平松雄介(小杉湯店主)さん、塩谷歩波(小杉湯番頭)さんが登壇した。

なくなっていく場所を描いた本作の原点について聞かれると、
中川監督:前作まで、大学時代の自殺した自分の親友をテーマに描いてきたが、その彼との思い出も一緒に過ごした場所自体に詰まっていた。場所がなくなるというのは人とのつながりもなくなること。

と答え、銭湯の店主として場所を守り続ける平松さんは

平松さん:映画を観て、自分自身が銭湯を経営している意味がわかった気がする。銭湯の経営は過去と未来ではなく、今の積み重ねが銭湯なんだなと思った。この映画はまさに今を撮っていると思いました。

と感想を述べました。

中川監督:銭湯が減っていっていることは間違いない。今現在進行形で起きているということを撮らないといけないという気持ちで撮影した。

と気持ちを語った。さらに熱い想いの源泉を

中川監督:そもそも人間よりも場所の寿命のほうが長かったけれど、今はそうではない。例えば、おじいちゃんといった銭湯が潰れてしまうと、自分の息子とおじいちゃんがつながるということがなくなってしまう。場所があって、僕らがいる。僕らがあって、場所があるのではない。ということですね。

それに対して、

平松さん:86年続く、高円寺で変わらない場所の中で僕は生きていて、大学生ぐらいの若い人たちが今すごく集まっている。まさにそういうことなのだなと。

と合わせて答えた。

中川監督:単なるノスタルジーではなくて、古い場所の中で新しいこともやっていかないと。小杉湯の塩谷さんのような若い人がやっていかないとなくなってしまう。

と続けた。銭湯で番頭として働く塩谷さんは、自身が銭湯に辿り着いた経緯を

塩谷さん:大学院で建築を勉強していて、大学出てから教会の設計をやっていた。でも、体を壊してしまって。その時に銭湯で他の世代の人たちに会って、おばあちゃんと天気の話をしたりするだけで涙が出てきた。そんな銭湯の魅力を発信したいという気持ちで銭湯の絵を描いてたら、平松さんにスカウトされたんです。

この話に・・・

中川監督:わたしも辛い時期があって、銭湯にいくとおじいさんとかが話しかけてくれる。仕事以外の場で誰かと話すということが人生の幸福度を上げる。そういうことが起きるのが銭湯なんですよ!

と強く述べた。

平松さん:小杉湯はこの先50年後100年後も続けるといっているんですけど、今、私は“なくしたくない”んじゃなくて、“なくならない”と思っているんですよね。」と述べた。これについて塩谷さんは「人って未来と過去への信じる気持ちはとても強いけど、今への視点で全然ないんですよね。再開発もそうですけど、今あるものを大事にしないとつながらない。わたしはそのために模索している。過去から未来へバトンを渡すようなことを。

と語った。

平松さん:管理人のような気持ちですね。その場所の守り人のような。

と笑顔で述べた。

塩谷さん:100年以上変わらないのって銭湯と寺ぐらいなんですよね。でも銭湯の中身は時代に合わせて変えるんです。タイルとか全て。20年ごとに。

と話す。

平松さん:だから今潰れている銭湯は、最近決まったわけではなく、20年前に終わらせることに決めていて、それに向き合ってきたんですよね。

と、平松さんも述べた。
まさに本作で描かれていた“終わらせること”への向き合いが銭湯で実際に行われていたのだ。


映画情報どっとこむ ralph <大学生からのQA>
Q現代社会では、自分の価値を出さないといけないことが多いが、この映画の中では弱さを出すことを描いているような気持ちがしました。どうでしょうか。

塩谷さん:銭湯は弱さを受け入れる場所。裸で同じお風呂に入るので、何も関係ない。お互いが弱さを許し合えることで成り立つもの。

監督:昔一人旅が好きで、大阪でいった風呂屋で、隣の怖いお兄さんが、何ももっていなかった貧乏なわたしにシャンプーを貸してくれた。そういうところ。

平松さん:「わたしは銭湯に救われたので何かやらせてください」と言われたことが経営の中で驚きだった。塩谷1人ではない。場所の力が人を許すことになっている。

とご自身の経験で答えた。


Qおばあちゃんが主人公に渡す詩「わたしは光をにぎっている」はどこから?

中川監督:山村暮鳥の詩です。キリスト教徒なんですけど、あらゆるものに神様が宿るという考えの人だった。本当はにぎっていないかもしれないという言葉も入っていて、そこには“なげやりになるかもしれない。でも諦めてはいけない。”という気持ちが入っている。

と、映画タイトルのアイデアソースを述べた。その後、

平松さん:今、この場がまさに銭湯のようになっていると思う!ここで隣の人と一度感想を話あってみるのはどうでしょう?」

いう提案で、学生たちは本作の感想をそれぞれの経験をもとに熱く語り始めた。教室はまるで本作テーマを体現するように、そして銭湯の浴場であるかのように、年齢や肩書きも関係なく、同じ体験を共有しあう温かな雰囲気に包まれた。

最後にひとこと、
1111「わたしは光をにぎっている」青山学院大学 (4) 中川監督:若い皆さんと今日この場で一緒に見れたことがとても嬉しい。周りの人にシェアしていください。辛辣な意見があったら会社のHPから直接にぼくに連絡をください!(笑)今日はありがとうございました。

と感謝の気持ちを述べイベントは終了した。

映画情報どっとこむ ralph わたしは光をにぎっている

公式サイト:
http://phantom-film.com/watashi_hikari/

11/15(金)新宿武蔵野館ほか全国ロードショー

松本穂香『わたしは光をにぎっている』ポスター
【ストーリー】
宮川澪、20歳。ふるさとを出て、働き出した。
友達ができた。好きな人ができた。その街も消える、もう間もなく。
なんとなく東京へ出てきたが、仕事も人付き合いもうまくいかない澪。ある時から古い銭湯を手伝い始め、昔ながらの商店街の人たちとも交流するようになり、少しずつ都会の暮らしにも喜びを見出していく。だが、やっと見つけた居場所が、もうすぐなくなってしまうと知った澪は、「しゃんと終わらせる」決意をする──。「閉店します」の貼り紙、一夜で壊される建物、路地から消える子どもたちの声──今、日本は発展や再開発の名のもとに、大きく変わろうとしている。<失われてゆくもの>を、感謝を込めて丁寧に送り出すことで、前へ進もうとする澪は、現代に生きる私たちに大切なものが終わる時にどう向き合うかを、まっすぐな瞳で伝えてくれる。

***********************************


出演:松本穂香 渡辺大知 徳永えり 吉村界人 忍成修吾/光石研/樫山文枝
脚本・監督:中川龍太郎 『四月の永い夢』   主題歌:カネコアヤノ「光の方へ」
脚本:末木はるみ 佐近圭太郎 脚本協力:石井将 角屋拓海 チーフプロデューサー:和田丈嗣 プロデューサー:藤村駿 木ノ内輝 
製作:WIT STUDIO 制作:Tokyo New Cinema 配給:ファントム・フィルム
©2019 WIT STUDIO / Tokyo New Cinema   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

カネコアヤノ生歌披露に!松本穂香は・・・『わたしは光をにぎっている』トークイベントin銭湯


映画情報どっとこむ ralph 2017年公開の映画『四月の永い夢』で第39回モスクワ国際映画祭・国際映画批評家連盟賞を受賞した新鋭・中川龍太郎監督の最新作『わたしは光をにぎっている』が11月15日から全国公開される。

10月31日には、舞台が銭湯の本作にちなんで、東京・高円寺にある小杉湯にてスペシャルトークイベントが行われ、主演の松本穂香、主題歌『光の方へ』を書き下ろしたシンガーソングライターのカネコアヤノ、中川龍太郎監督が参加した。

わたしは光をにぎっている_銭湯
『わたしは光をにぎっている』スペシャルトークイベントin銭湯
日程:10月31日(木)
場所:小杉湯
登壇:松本穂香、カネコアヤノ、中川龍太郎監督

映画情報どっとこむ ralph 松本さんとカネコさんはこの日が初対面。

松本さん:日常的に楽曲を聴かせてもらっているので、ドキドキします。

と嬉しそうで、

カネコさん:やっと会えたという感じです。そして…可愛い。

と相思相愛だった。中川監督はカネコさんとの出会いについて

中川監督:初めてライブで楽曲を聴いて、圧倒的にやられました。ぜひ映画の主題歌を歌ってほしいと思った。その時に挨拶すればいいものを、あまりにもクラッたので、その時は挨拶できませんでした」と一目惚れだったそう。

中川監督は共通の友人を通して飲み会の席でカネコと念願の対面を果たしたそうだが、その様子について

カネコさん:挨拶もそこそこに『映画を作っているので、その主題歌を書いてほしい』と言われて…。『え?まず誰?』と思いました。でもその勢いが面白すぎてやりますよと!

と快諾秘話を振り返った。

映画情報どっとこむ ralph 完成した本編を鑑賞し、楽曲を書き下ろしたカネコさんは

カネコさん:明るい歌がいいと言われたので、ポップソングを作ろうと思った。未来に向かっていくような曲にしようと思ったけれど、映画を観たらすぐに言葉が降りてきました。

と制作秘話回想。

中川監督:ラストは松本さん演じる澪の未来を暗示するような音楽にしたいと思った」と狙いを明かし、松本は「ラストカットにあの歌が流れてくる瞬間が大好き。歌もひっくるめて完結という中川監督の意図もわかるし、澪の未来が見えてくるようだった。

とすっかりお気に入りだった。



映画について

カネコさん:最後のラストシーンも好きだし、お風呂のお湯をすくうシーンも差し込む光が綺麗で、画が綺麗という印象を受けました。始まりも凄くカッコいい。

とヴィジュアル面にうっとり。その銭湯シーンの撮影について

松本さん:演出のときに中川監督は『お湯をいつくしむように』とか抽象的な表現を沢山された!

と回想して笑わせた。

またカネコが日常の機敏を歌っていることから、「生活の工夫」という話題になると


松本さん:演じる役によって変わってきますが、何かをはじめたり、何かを辞めたり、試行錯誤をしながら、役によって工夫することはあります。

と紹介。澪を演じる上では

松本さん:逆に何もしませんでした。今回は自分に圧をかけないで、いつものままでいようと思った。

と自然体を意識したようだった。カネコさんは楽曲を作る上で

カネコさん:ストレスがあってもなくても作れない。ある程度苦しい時の方が楽曲を作れる気がする。ある程度自分の中で蓄積しないと、いいものは生まれない。生み出すとスッキリするので、出産に近いかもしれません。そういう意味で『光の方へ』は安産でした。

と打ち明けた。

映画情報どっとこむ ralph そんなカネコさんが、この日は『光の方へ』を特別にギターで弾き語り。
わたしは光をにぎっている_銭湯 銭湯ならではのいい声の響きの中で生歌唱に酔いしれ

松本さん:素晴らしかったです!泣きそうで、本当に最高です。明るい歌なのに寄り添ってくれる感じがある!

とウルウル。

中川監督:松本さんがウルっとしていたので、僕も目が合うとヤバいと思った。本当に最高で素晴らしい。明るいのに泣けてくる。

と感激。二人の感動ぶりに

カネコさん:寄り添っている、と言われて嬉しい。私も歌う中でそうありたいと思っているので。

と嬉しそうだった。


最後に・・・

松本さん:映画を最初から最後まで観ていただき、エンドロールで流れる歌声を聴いてほしい。楽曲が流れてくる瞬間は、表現できない程に大好きで素晴らしい瞬間。みなさんにも劇場でそれを体感してほしい。

と思いを込めた。
映画情報どっとこむ ralph 『わたしは光をにぎっている』

11/15(金)新宿武蔵野館ほか全国ロードショー

公式サイト

監督は、デビュー作からこれまで海外の映画祭で数々の賞を受賞し、前作『四月の永い夢』がモスクワ国際映画祭で2つの賞を受賞した中川龍太郎。澪を演じるのは、「この世界の片隅に」の情感あふれる演技で存在感を放った松本穂香。出来上がった本編を観て「自分が出ている作品なのに、こんな風に泣いたのは初めてのことでした。この映画に出会えてよかったです。」と語った。分身のような役で、風景に溶け込む透明感溢れる松本の姿は、岩井俊二監督の名作『四月物語』(98)のヒロインを演じた女優松たか子を彷彿とさせるという絶賛の声がマスコミから寄せられている。共演は渡辺大知、徳永えり、吉村界人、忍成修吾ら若手実力派と、光石研、樫山文枝ら日本映画のオーソリティーたち。主題歌は、伸びやかな歌声が心に波紋を広げるカネコアヤノの「光の方へ」。監督が「翔べない時代の魔女の宅急便」と語る本作では、特別な才能があるわけではないけれど、都会の中で居場所を見つけ、現代を生きる若者の姿を丁寧に描きます。
松本穂香『わたしは光をにぎっている』ポスター
【ストーリー】
宮川澪、20歳。ふるさとを出て、働き出した。
友達ができた。好きな人ができた。その街も消える、もう間もなく。
なんとなく東京へ出てきたが、仕事も人付き合いもうまくいかない澪。ある時から古い銭湯を手伝い始め、昔ながらの商店街の人たちとも交流するようになり、少しずつ都会の暮らしにも喜びを見出していく。だが、やっと見つけた居場所が、もうすぐなくなってしまうと知った澪は、「しゃんと終わらせる」決意をする──。「閉店します」の貼り紙、一夜で壊される建物、路地から消える子どもたちの声──今、日本は発展や再開発の名のもとに、大きく変わろうとしている。<失われてゆくもの>を、感謝を込めて丁寧に送り出すことで、前へ進もうとする澪は、現代に生きる私たちに大切なものが終わる時にどう向き合うかを、まっすぐな瞳で伝えてくれる。

***********************************

出演:松本穂香 渡辺大知 徳永えり 吉村界人 忍成修吾/光石研/樫山文枝
脚本・監督:中川龍太郎 『四月の永い夢』   主題歌:カネコアヤノ「光の方へ」
脚本:末木はるみ 佐近圭太郎 脚本協力:石井将 角屋拓海 チーフプロデューサー:和田丈嗣 プロデューサー:藤村駿 木ノ内輝 
製作:WIT STUDIO 制作:Tokyo New Cinema 

配給:ファントム・フィルム
©2019 WIT STUDIO / Tokyo New Cinema   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

松本穂香は、大枠でいうと、ジブリのヒロイン系『わたしは光をにぎっている』完成披露舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 『四月の永い夢』(17)で第39回モスクワ国際映画祭・国際映画批評家連盟賞を受賞した新鋭・中川龍太郎監督の最新作『わたしは光をにぎっている』が11月15日(金)より全国公開となります。

10月23日には東京のスペースFS汐留にて完成披露試写会が行われ、主演の松本穂香さん、共演の渡辺大知さん、徳永えりさん、光石研さん、中川龍太郎監督が参加した。
『わたしは光をにぎっている』完成披露舞台挨拶
『わたしは光をにぎっている』完成披露舞台挨拶
日程:10月23日(水)
場所:スペースFS汐留
登壇:松本穂香、渡辺大知、徳永えり、光石研、中川龍太郎監督

映画情報どっとこむ ralph 銭湯・伸光湯を手伝う宮川澪役の松本さんは
『わたしは光をにぎっている』完成披露舞台挨拶_松本穂香 松本さん:澪と同じで私も器用な方ではないので、脚本を読みながら心に刺さってくるものがありました。中川監督はそういった部分もわかった上で私に演じさせてくれたのかな?と思う。

とまるで当て書きのようなキャラクター設定に共感。
完成版を観て

松本さん:自分が出演している作品をここまで客観的に観ることができたのは初めて。不思議な気持ちになりました。温かい気持ちになったし、この映画に出演することができて良かったと思った。

と手応えを感じていた。

3年程前に出会ったという松本さんと現在の松本さんを比べて

中川監督:大分変っている。

と成長を口にすると、すかさず

渡辺さん:東京に染まった、ってこと!?

とイジって笑わせつつ、

中川監督:大人になった気がして、素晴らしいと感じました。存在感がイヤらしくなく、自意識が邪魔しない感じ。

と松本さんの醸し出す雰囲気に太鼓判を押していた。


また松本は澪について

松本さん:どこか甘えて生きてきたところもあるけれど、実は芯の強い部分がある人。

と分析し

松本さん:私も意外と肝が据わっているね、と言われることがある。深いことを考えていないのかもしれないけれど、なんとかなるな…みたいな。頑張らないとなんとかならないけれど、なんとかしなきゃ!という気持ちで生きています。

とポリシー告白。それに、

中川監督:根っこにある強さが澪に似ている。撮影現場で僕が怒られましたから。澪について知ったような口で演出していたら、松本さんから『私が澪だから!』と…。

と松本さんの強気な一面を暴露すると、

徳永さん:肝が据わっている!
『わたしは光をにぎっている』完成披露舞台挨拶_徳永えり と松本さんの女優としての意志の強さを称えていた。

映画情報どっとこむ ralph 伸光湯の常連・緒方銀次役の渡辺さんは、自主映画監督という設定に
渡辺さん:役柄としては中川監督を投影したようなキャラクターだけれど、そこに引っ張られず、自分ならではの銀次を演じようと思った。でも意識していないのに中川監督みたいな部分もあって、意図せず繋がってしまった。

と報告。伸光湯の常連OL・島村美琴役の徳永さんは、とある会話のシーンで観客から笑いが起こるという現象に触れて

渡辺さん:そこでなぜ笑いが起こるのか不思議だけれど、会話を受けてくれる松本さんや渡辺さんのリアクションがお上手だったからだと思います。そこが観客に届いたのかも。

と考察した。


伸光湯を切り盛りする三沢京介役の光石さんは

光石さん:松本さんと二人で掃除するシーンは素の動きが出てしまうので、芝居として結構難しい。それを二人でやれたのが楽しかった。

と回想し、

光石さん:松本さんは電車でふらっと現場に来られる。家に帰っても役が抜けていないのではないかと思うくらいのそのまま感。自然さがありました。

と憑依ぶりに驚いていた。


本作にはスタジオジブリの鈴木敏夫氏や詩人の谷川俊太郎氏から激賞のコメントが寄せられていることに、

中川監督:この作品は、飛躍できない時代の『魔女の宅急便』にするという気持ちで作りました。現代は若い人が質素だし、消費や都市への憧れがなくなっている。そんな時代に、澪が労働を通して誠実に生きて光を見つけていく…というのをコンセプトにした。

と狙いを説明。中川監督は松本さんが演じた澪を『魔女の宅急便』のキキに重ねたわけだが、

中川監督:(松本は)大枠でいうと、ジブリのヒロイン系だよね。

と言われた松本さんは、ピンときていないようでやや首をひねって照れ笑い。それでも

松本さん:…でもいい表現ですね。

と笑顔を見せた。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

松本さん:今は辛いことや生きづらいことの多い世の中になってしまっているけれど、誰にでも居場所はあるんだとこの作品を通して思いました。いつそれが見つかるかわからないけれど、居場所というのは絶対にあります。そんな光が散りばめられている作品を最後まで楽しんでいただけたら嬉しいです。

とアピールした。



『わたしは光をにぎっている』

11/15(金)新宿武蔵野館ほか全国ロードショー

監督は、デビュー作からこれまで海外の映画祭で数々の賞を受賞し、前作『四月の永い夢』がモスクワ国際映画祭で2つの賞を受賞した中川龍太郎。澪を演じるのは、「この世界の片隅に」の情感あふれる演技で存在感を放った松本穂香。出来上がった本編を観て「自分が出ている作品なのに、こんな風に泣いたのは初めてのことでした。この映画に出会えてよかったです。」と語った。分身のような役で、風景に溶け込む透明感溢れる松本の姿は、岩井俊二監督の名作『四月物語』(98)のヒロインを演じた女優松たか子を彷彿とさせるという絶賛の声がマスコミから寄せられている。共演は渡辺大知、徳永えり、吉村界人、忍成修吾ら若手実力派と、光石研、樫山文枝ら日本映画のオーソリティーたち。主題歌は、伸びやかな歌声が心に波紋を広げるカネコアヤノの「光の方へ」。監督が「翔べない時代の魔女の宅急便」と語る本作では、特別な才能があるわけではないけれど、都会の中で居場所を見つけ、現代を生きる若者の姿を丁寧に描いています。

【ストーリー】
宮川澪、20歳。ふるさとを出て、働き出した。
友達ができた。好きな人ができた。その街も消える、もう間もなく。
なんとなく東京へ出てきたが、仕事も人付き合いもうまくいかない澪。ある時から古い銭湯を手伝い始め、昔ながらの商店街の人たちとも交流するようになり、少しずつ都会の暮らしにも喜びを見出していく。だが、やっと見つけた居場所が、もうすぐなくなってしまうと知った澪は、「しゃんと終わらせる」決意をする──。「閉店します」の貼り紙、一夜で壊される建物、路地から消える子どもたちの声──今、日本は発展や再開発の名のもとに、大きく変わろうとしている。<失われてゆくもの>を、感謝を込めて丁寧に送り出すことで、前へ進もうとする澪は、現代に生きる私たちに大切なものが終わる時にどう向き合うかを、まっすぐな瞳で伝えてくれる。

***********************************

出演:松本穂香 渡辺大知 徳永えり 吉村界人 忍成修吾/光石研/樫山文枝

脚本・監督:中川龍太郎 『四月の永い夢』
主題歌:カネコアヤノ「光の方へ」
脚本:末木はるみ 佐近圭太郎
脚本協力:石井将 角屋拓海
チーフプロデューサー:和田丈嗣
プロデューサー:藤村駿 木ノ内輝 
製作:WIT STUDIO 制作:Tokyo New Cinema 
配給:ファントム・フィルム
©2019 WIT STUDIO / Tokyo New Cinema




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

中川龍太郎監督x松本穂香主演『わたしは光をにぎっている』クラウドファンディングの実施決定!


映画情報どっとこむ ralph この度、中川龍太郎監督最新作『わたしは光をにぎっている』のクラウドファンディングを「MotionGallery」にて10月2日(水)0時より行う運びとなりました。
『わたしは光をにぎっている』 松本穂香主演『わたしは光をにぎっている』をより多くの方々へ!!

世界四大映画祭の一つとされるモスクワ国際映画祭から高い評価を受け、台湾の台北国際映画祭アジア・プリズム部門でも上映された本作。このプロジェクトを通して本作を応援していただき、国内外のより多くの方々に届けるためのプロジェクトです。募集金額は300万円となります。

応援によって実現できること

本作は目標金額を達成しなくても確実に公開いたします。しかし、本作のようないわゆる大手が制作した映画ではない作品は、例え良い作品であったとしてもなかなか観客の皆様に情報が届かないという現状があります。そこで皆様に応援していただき、そのお力を本作の公開に活用させていただきたく存じます。

300万円は何に使われるのか?
すべて本作の公開費用に使われます。モスクワや台北など海外映画祭への出品に伴う費用や参加費など既に使用したものもございますが、今後の映画祭出品や国内での公開費用に使わせていただきます。

リターン
・松本穂香さんと中川監督のサイン付きポスターをプレゼント
・カネコアヤノさんサイン付きアルバム 「燦々」をプレゼント
・映画本編のエンドロールとホームページにお名前または企業名(ロゴ)を大きく掲載
・松本穂香さんが劇中で使用した山村暮鳥の詩集をプレゼント 
など

映画情報どっとこむ ralph 現代の『魔女の宅急便』。

監督は、デビュー作からこれまで海外の映画祭で数々の賞を受賞し、前作『四月の永い夢』がモスクワ国際映画祭で2つの賞を受賞した中川龍太郎。
澪を演じるのは、「この世界の片隅に」の情感あふれる演技で存在感を放った松本穂香。本作では分身のような役で、どこまでも透明な美しい光となって、風景に溶け込む。
共演は渡辺大知、徳永えりら若手実力派と、光石研、樫山文枝ら日本映画のオーソリティーたち。主題歌は、伸びやかな歌声が心に波紋を広げるカネコアヤノの「光の方へ」。監督が「翔べない時代の魔女の宅急便」と語る本作では、特別な才能があるわけではないけれど、都会の中で居場所を見つけ、現代を生きる若者の姿を丁寧に描く。何気ない風景や市井の人々に宿る輝きを慈しむように捉えた映像に、故郷を見出し胸が熱くなる愛おしい作品が誕生した。
松本穂香『わたしは光をにぎっている』ポスター
『わたしは光をにぎっている』

公式サイト:
http://phantom-film.com/watashi_hikari/

11/15(金)新宿武蔵野館ほか全国ロードショー

宮川澪、20歳。ふるさとを出て、働きだした。
友達ができた。好きな人ができた。
その街も消える、もう間もなく。
亡き両親に代わって育ててくれた祖母・久仁子の入院を機に東京へ出てくることになった澪。都会の空気に馴染めないでいたが、「目の前のできることから、ひとつずつ」という久仁子の言葉をきっかけに、居候先の銭湯を手伝うようになる。昔ながらの商店街の人たちとの交流も生まれ都会の暮らしの中に喜びを見出し始めたある日、その場所が区画整理によりもうすぐなくなることを聞かされる。その事実に戸惑いながらも澪は「しゃんと終わらせる」決意をするー。

***********************************

出演:松本穂香
渡辺大知 徳永えり 吉村界人 忍成修吾/光石研/樫山文枝
脚本・監督:中川龍太郎 『四月の永い夢』
主題歌:カネコアヤノ「光の方へ」
脚本:末木はるみ 佐近圭太郎 脚本協力:石井将 角屋拓海
チーフプロデューサー:和田丈嗣
プロデューサー:藤村駿 木ノ内輝 
製作:WIT STUDIO 制作:Tokyo New Cinema
配給:ファントム・フィルム
©2019 WIT STUDIO / Tokyo New Cinema  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

主演映画が立て続けに公開となる松本穂香についてふくだももこ監督、中川龍太郎監督、片桐健滋監督コメント!


映画情報どっとこむ ralph 主演映画が立て続けに公開となる松本穂香さん。

『おいしい家族』(ふくだももこ監督)9月20日公開
『わたしは光をにぎっている』(中川龍太郎監督)11月15日公開
『酔うと化け物になる父がつらい』(片桐健滋監督)2020年公開

その監督である、ふくだももこ監督、中川龍太郎監督、片桐健滋監督から、彼女の魅力についてのコメントが到着しました!
松本穂香『おいしい家族』『わたしは光をにぎっている』『酔うと化け物になる父がつらい』
映画情報どっとこむ ralph 映画『おいしい家族』

★ふくだ監督からのコメント

①キャスティングの決め手
朝ドラの「ひよっこ」の生天目澄子役をみて、「おもろい顔やなあ」と思ったのと同時に、
誰にも似てない、唯一無二の魅力があると感じました。プロデューサーもまったく同意見で、すぐにオファーしました!
②女優・松本穂香の魅力
ただそこに「居る」ことができる人。猫背だけど、心の芯はまっすぐ。
吸い込まれるような瞳。カメラを通すと、ブラックホールアイ(勝手に命名)になる。
あと声も好きです。声にも芯が通ってる。とにかく大好き。

③観客のみなさんに注目してほしい、「おいしい家族」の松本さんの見どころ
これからの、女優としての未来。バーで母の姿を見た後店を飛び出し「母さん」と呼び止めるところ。
「強く」「囁くように」「すがるように」と、3パターンの演出をすべて一瞬で理解しやってくれた。
あと犬のシーン。こちらから何も言っていないのに、ハマケンさんと二人で気持ちを作って、本気でやってくれたので、私は本番中も笑っていたし、ずっと見ていたかったです。笑

松本穂香『おいしい家族』
9月20日(金) ヒューマントラストシネマ渋谷他全国ロードショー

【ストーリー】
松本演じる主人公・橙花は東京で働くキャリアウーマン。母の三回忌に実家の離島に帰ると、なぜか父・青治(せいじ)が母の服を着て生活していることを知る。びっくりする橙花を気にせず父は続けて「この人と家族になる」とお調子者の居候・和生(かずお)を紹介。状況をのみこめない橙花と、人の個性を受け入れるおおらかな島の住人達との暮らしを、ときにクスッと、ときにハートフルに描いた物語。橙花は父を始め、様々な価値観や個性をもった人たちに出会うことで、自分が考える常識から解き放たれ、次第にそれぞれの個性を受け入れると共に、自分らしく生きることの大切さに気付いていく。

出演:松本穂香 板尾創路 浜野謙太 笠松将 モトーラ世理奈 三河悠冴 栁俊太郎 
©2019「おいしい家族」製作委員会


映画情報どっとこむ ralph 映画『わたしは光をにぎっている』

★中川監督からのコメント
①キャスティングの決め手

松本さんが上京してきたばかりの頃、知人の紹介で知り合いました。それから数年経って、彼女の変貌ぶりに驚きました。変わらないところと変わる部分とのセンスがいい人なんだな、と感じて、
キャスティングさせていただきました。

②女優・松本穂香の魅力
普段から、自分以外の何かを演じようとしないところが素敵だと思います。業界に入ってきて、俳優さんの言葉遣いや言い回しに染まっていく人が結構いますが、僕はそれはちょっと苦手なのです。自分が自分としてあれる、それも肩肘張らずに、そういう自然体の魅力が、すなわち俳優としての松本さんの魅力だと思っています。

③観客のみなさんに注目してほしい、「わたしは光をにぎっている」の松本さんの見どころ
「立ち姿」に注目してみてください。ロングショットで風景の中に溶け込んでいる場面が多い中で、松本さんは、表情ではなく、立っている姿、そのわずかな揺らぎや身体の芯の置き方によって、主人公の心情を表現しています。

11月15日(金)、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー

松本穂香『わたしは光をにぎっている』ポスター
【ストーリー】
なんとなく東京へ出てきたが、仕事も人付き合いもうまくいかない澪。ある時から古い銭湯を手伝い始め、昔ながらの商店街の人たちとも交流するようになり、少しずつ都会の暮らしにも喜びを見出していく。だが、やっと見つけた居場所が、もうすぐなくなってしまうと知った澪は、「しゃんと終わらせる」決意をする──。「閉店します」の貼り紙、一夜で壊される建物、路地から消える子どもたちの声──今、日本は発展や再開発の名のもとに、大きく変わろうとしている。<失われてゆくもの>を、感謝を込めて丁寧に送り出すことで、前へ進もうとする澪は、現代に生きる私たちに大切なものが終わる時にどう向き合うかを、まっすぐな瞳で伝えてくれる。

出演:松本穂香
渡辺大知 徳永えり 吉村界人 忍成修吾/光石研/樫山文枝
©2019 WIT STUDIO / Tokyo New Cinema

映画情報どっとこむ ralph 映画『酔うと化け物になる父がつらい』

★片桐監督からのコメント

①キャスティングの決め手
僕が助監督の時に、別作品のオーディションでお会いして以来、ずっといつか仕事してみたいと思っていました。その時のお芝居は俳優さんではなく代役が僕だったんですが、とても準備してきたという松本さんの熱量を感じたのを覚えています。

②女優・松本穂香の魅力
普段はほわーんとしてる感じなのに、本番になった時の集中力、瞬発力が素晴らしいなと。シリアスもコケティシュも自然ですし、とても目が印象的だと思います。現場で一緒になったスタッフはみんな松本さんの人柄を好きになってましたね。僕もそうなんですが。

③観客のみなさんに注目してほしい、「酔うと化け物になる父がつらい」の松本さんの見どころ
高校生から30歳くらいまでを一人で演じられているので、大変だったろうなと。。。自分の内面を出さない主人公を演じることは難しいと思いますが、少しづつ変化していく感情の機微を松本さんだから具現化できたと思います。



2020年春、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー

【ストーリー】
一風変わった家庭で育ち、自分に自信が持てず不器用な主人公・サキ。普段は無口で小心者なのに酔うと化け物になる父のおかしな行動、さらに、新興宗教をハマる母の孤独に触れながら、なんとか日々を生きていた。自分とは正反対で明るく活発な妹や、学生時代からの親友に支えられ、家族の崩壊を笑い話に昇華していくサキ。“化け物とのたたかい”を経て気がついた、彼女の“生き方”とはー?

出演:松本穂香 渋川清彦
今泉佑唯 恒松祐里 濱 正悟
安藤玉恵 宇野祥平 森下能幸 星田英利 オダギリジョー
浜野謙太 ともさかりえ
©「酔うと化け物になる父がつらい」製作委員会

***********************************





良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

松本穂香、初海外映画祭へモスクワ国際映画祭 舞台挨拶・Q&A 映画『わたしは光をにぎっている』


映画情報どっとこむ ralph この度、現地時間4/24(水)※日本時間4/25(木)に、映画『わたしは光をにぎっている』が、モスクワ国際映画祭の特別招待作品として上映されました。上映時の舞台挨拶・Q&Aには、主演の松本穂香、中川龍太郎監督、木ノ内輝プロデューサーが登壇しました。

モスクワ国際映画祭 舞台挨拶・QA
日付:4月24日
登壇:松本穂香、中川龍太郎監督、木ノ内輝プロデューサー

映画情報どっとこむ ralph プログラマーのEvgenia氏から「前作『四月の永い夢』に続き本作を上映し監督と主演の松本さんを招聘できたこと喜びを感じ、また今後の新作への期待したい」という温かい言葉で、上映前の舞台挨拶がスタート。

中川監督:ドーブライ ビーチェル(こんばんは)

とロシア語で挨拶し、会場は一気に和やかな雰囲気に包まれた。今回の上映に関して

中川監督:2年前にこのモスクワ国際映画祭で『四月の永い夢』を上映していただいた際に、たくさんの方から反響があったことが、この2年間自分にとって映画を作るにあたりとても大きな励みとなりました」と語り、モスクワ映画祭での経験が映画製作の大きな支えになったことを明かした。

続けて、

中川監督:ロシアには、尊敬している映画監督や小説家が沢山いて、そういった国で上映していただけることはとても光栄なことだと思っています。この映画は、日本の古い町が取り壊されていく様を描いているのですが、ロシアにも似たような問題があるのではと思います。この映画を通して、古い街や空間を守っていくという事はどういうことかということを皆さんで話し合ってみたいと思いました。

と国境を越えたテーマ性をアピールした。


そして、本作で主演を務めた松本穂香さんは、今回初めての海外映画祭への渡航ということで、緊張した面持ちで、観客へ向けて挨拶。

松本さん:海外の映画祭に参加するのは初めてなので、とてもドキドキしています。私は主人公の澪という女性を演じました。素敵な映画になっていると思いますので、最後まで楽しんでいってください。

という言葉を受けて、観客からは温かい拍手が送られた。そして、プロデューサーの木ノ内氏からも、監督同様に、2作品連続での出品にあたり敬意を表し

木下P:中川監督の今後の新作もモスクワで継続的にご覧頂けたら嬉しく思います。

と今後の展望を語った。

上映後のQ&Aは、観客との距離感も近く、多くの質問があり1時間ほどのトークが繰り広げられた。

1問目の質問では、「監督にとって、映画とは?今までどんな影響を受けたか?」という難易度の高い問いが飛び、これには

中川監督:重たい質問を頂いてしまいました・・。

と苦笑いしながらも、

中川監督:少年時代、アンドレイ・タルコフスキーやボリス・バルネットの映画など多くのロシアはじめ世界の映画を観てきて、スクリーンは世界の窓だと思っていました。映画館という狭い空間にいながら、すでに失われたもの、まだ見ぬ世界を見せてくれたんだと思います。閉塞感を感じていた僕の人生を開いてくれました。

と映画の原体験を語った。また、松本さんの演技に関して、

中川監督:今回は松本さんのそのままの魅力を引き出したかったので、彼女にお任せしていました。

観客からは「静かな人生を送る主人公の澪という女性の芯の強さを感じ、素晴らしい演技だと思いました」という感想も。それに対し

松本さん:とても自由に演じさせて頂きました。

と笑顔で応じていた。

前作『四月の永い夢』を同映画祭で鑑賞している観客も数多くおり、新作を期待する声も多く、上映後も監督や松本は観客からサインを求められ、会場は終始アットホームな雰囲気に包まれていた。

映画情報どっとこむ ralph 映画『わたしは光をにぎっている
2019年、全国ロードショー

公式サイト:
phantom-film.com/watashi_hikari/


物語・・・
宮川澪は、20歳。
両親を早くに亡くした彼女は、長野・野尻湖のほとりのこじんまりした民宿を祖母と2人で切り盛りし、淡々とした日常を送っていた。しかし祖母の入院を機に民宿を閉めざるを得なくなり、父の親友であった京介を頼って上京し、彼がひとりで経営する都内の銭湯の元で居候をすることになる。職を探すが、都会の空気にうまくなじめない澪は、徐々に銭湯の仕事を手伝うように。映画監督の夢を持つ銀次や会社員の美琴など、銭湯にたむろする常連客達と次第に親密になる澪。銀次の映画を観たり、美琴に飲み会に誘われたりと、東京での日々が少しずつ楽しくなっていく。しかし、区画整理のため銭湯が近いうちに閉店する運命にあることを知った澪は、ある決断をするのだが・・・。

イントロ
本作の主演を務めるのは、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」(17)で、主人公の同僚・澄子役を演じ、一躍脚光を浴びた松本穂香。TBSドラマ日曜劇場「この世界の片隅に」(18)では主人公すず役を務め、『チワワちゃん』(19)、『君と月夜に光輝く』(19)、『きみと、波にのれたら』(19)※声優として出演、『おいしい家族』(19)、『酔うと化け物になる父がつらい』(19)など出演作が続き、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの実力派若手女優です。本作のメガホンをとった中川龍太郎監督は、1990年生まれの若干29歳の新進気鋭監督。東京国際映画祭の公式部門のひとつである日本のインディペンデント映画を積極的に紹介する「日本映画スプラッシュ」で、『愛の小さな歴史』(14)、『走れ、絶望に追いつかれない速さで』(15)と2年連続の出品を最年少にて果たし、注目を浴びました。今回は、第39回モスクワ国際映画祭で国際映画批評家連盟賞を受賞した前作『四月の永い夢』(17)に続いて、2作品連続で同映画祭への出品された(第41回モスクワ国際映画祭の特別招待作品)

***********************************

監督:中川龍太郎
脚本:中川龍太郎 末木はるみ  佐近圭太郎 脚本協力: 石井将 角屋拓海
出演:松本穂香 渡辺大知 徳永えり 吉村界人/光石研/樫山文枝
配給:ファントム・フィルム
©2019 WIT STUDIO / Tokyo New Cinema




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

松本穂香主演『わたしは光をにぎっている』追加キャストに渡辺大知、徳永えり、吉村界人、光石研、樫山文枝


映画情報どっとこむ ralph この度、松本穂香主演、中川龍太郎監督映画『わたしは光をにぎっている』の追加キャストを解禁。

渡辺大知、徳永えり、吉村界人、光石研、樫山文枝の役者陣が脇を固めます。

そして、追加キャストの役柄とコメントが到着。

渡辺大知さんコメント (銭湯の常連 緒方銀次役)

新しくひとに出会ったとき、なにをしてもらったわけじゃなくても、大層な言葉を交わしたわけじゃなくても、すごく大切なものをもらえた気になる時ってあると思います。この映画はそういう時間の連続で出来ていて、主人公の澪ちゃんがほんの少しずつ成長していく姿をとても繊細に描いている作品だと思います。ぼくの役は映画監督志望の、ナイーブなくせに少々圧の強い男ですが、その出会いの一片として澪ちゃんにとって素敵なものであったらいいなと思ってやりました。松本穂香さん演じる澪ちゃんは訥々と喋っていても希望に満ちていてとても魅力的です。ぜひ劇場で澪と一緒に新しい生活のドキドキを味わってください!


徳永えりさんコメント(銭湯の常連 島村美琴役)

脚本を読ませて頂いた時に、日常の何気ないことが、人との関わり合いが、誰かの踏み出す小さな一歩に繋がるのだと改めて感じ、その儚く繊細で柔らかな空気感を大切に、撮影に臨もうと思いました。私が演じた島村美琴は、内気で無口な澪とは正反対の言いたい事をきちんと口に出して伝える芯の強い女性。撮影時も、のびのびと自由に演じさせていただきとても楽しかったです。この作品が、観てくださる皆様の心にそっと寄り添えますように。


吉村界人さんコメント(美琴の彼氏 新井稔仁役)

今作は、こういうことが言いたいんだ!とかではなくディランのような映画だと、感じました。

言葉に表すのは難しく風情をまとって進んでいきながら、言いたいことは風の中にある、という印象でした。そして僕は短い撮影日数だったので偉そうなことなんて言えないのですが、現場は全員笑いながら淡々と進んでいました。その渦中で龍太郎くんがどしっと立って全員を仕切っていて本当にすごいなと感じまして、あまり褒めたくはないけど、それは龍太郎くんが現場にいるすべての方に愛を持ってそこに存在しているからなんだと思いました。超エンターテイメントムービーではないですが、不器用な人間を描いている素晴らしい作品になっていると思います。そんな方に是非見て欲しいです。


光石研さんコメント (銭湯の店主 三沢京介役)

6~7年前、「僕、ビックな監督になります!」と台本を携え、出演交渉してくれた中川監督。そして今回、また呼んで頂いた現場では、スタッフの数も予算も数倍に。台本もビジョンをしっかり持った揺るぎない世界観。

そして何より、明確な判断、的確な指示を出す本当にビックになった中川監督が居ました!今後益々、大きくなる中川龍太郎監督の新作映画を、どうぞ見届けて下さい!


樫山文枝さんコメント (澪の祖母 宮川久仁子役)

夜明けの野尻湖の風景は幻想的で美しく、映像詩人である中川龍太郎監督の世界観にぴったりの風景に身を置けて幸せでした。監督やスタッフの皆さんのあまりの若さに驚きながら、どんな世界を作ってくれるんだろうとわくわくし、学生時代に戻ったような気分になることができました。 若者が未来の映画を作っていくんだという姿にとても感動したのを覚えています。

映画情報どっとこむ ralph 本作の主演を務めるのは、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」(17)で、主人公の同僚・澄子役を演じ、一躍脚光を浴びた松本穂香。TBSドラマ日曜劇場「この世界の片隅に」(18)では主人公すず役を務め、『チワワちゃん』(19)、『君と月夜に光輝く』(19)、『きみと、波にのれたら』(19)※声優として出演、『おいしい家族』(19)、『酔うと化け物になる父がつらい』(19)など出演作が続き、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの実力派若手女優です。

本作のメガホンをとった中川龍太郎監督は、1990年生まれの若干29歳の新進気鋭監督。東京国際映画祭の公式部門のひとつである日本のインディペンデント映画を積極的に紹介する「日本映画スプラッシュ」で、『愛の小さな歴史』(14)、『走れ、絶望に追いつかれない速さで』(15)と2年連続の出品を最年少にて果たし、注目を浴びました。今回は、第39回モスクワ国際映画祭で国際映画批評家連盟賞を受賞した前作『四月の永い夢』(17)に続いて、2作品連続で同映画祭への出品も決定(第41回モスクワ国際映画祭の特別招待作品)。さらに、松本穂香主演映画での海外映画祭での上映は初となり、大きな期待が寄せられます。



映画『わたしは光をにぎっている』

公式サイト:
phantom-film.com/watashi_hikari/

宮川澪は、20歳。

両親を早くに亡くした彼女は、長野・野尻湖のほとりのこじんまりした民宿を祖母と2人で切り盛りし、淡々とした日常を送っていた。しかし祖母の入院を機に民宿を閉めざるを得なくなり、父の親友であった京介を頼って上京し、彼がひとりで経営する都内の銭湯の元で居候をすることになる。職を探すが、都会の空気にうまくなじめない澪は、徐々に銭湯の仕事を手伝うように。映画監督の夢を持つ銀次や会社員の美琴など、銭湯にたむろする常連客達と次第に親密になる澪。銀次の映画を観たり、美琴に飲み会に誘われたりと、東京での日々が少しずつ楽しくなっていく。しかし、区画整理のため銭湯が近いうちに閉店する運命にあることを知った澪は、ある決断をするのだが・・・。

***********************************

監督:中川龍太郎
脚本:末木はるみ 中川龍太郎 佐近圭太郎
脚本協力: 石井将 角屋拓海

出演:松本穂香 渡辺大知 徳永えり 吉村界人/光石研/樫山文枝

配給:ファントム・フィルム
©2019 WIT STUDIO / Tokyo New Cinema




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ