「中川龍太郎」タグアーカイブ

中川龍太郎が描く、銭湯舞台の「魔女の宅急便」松本穂香主演『わたしは光をにぎっている』予告編解禁!!


映画情報どっとこむ ralph 『四月の永い夢』(17)で第39回モスクワ国際映画祭・国際映画批評家連盟賞を受賞した新鋭・中川龍太郎監督の最新作『わたしは光をにぎっている』が11月15日(金)より全国公開となります。公開日に併せ、ポスターと予告の解禁。


「しゃんと終わらせましょう。どう終わるかって、たぶん大事だから。」

宮川澪、20歳。ふるさとを出て、働きだした。

友達ができた。好きな人ができた。

その街も消える、もう間もなく。

亡き両親に代わって育ててくれた祖母・久仁子の入院を機に東京へ出てくることになった澪。都会の空気に馴染めないでいたが、「目の前のできることから、ひとつずつ」という久仁子の言葉をきっかけに、居候先の銭湯を手伝うようになる。

昔ながらの商店街の人たちとの交流も生まれ都会の暮らしの中に喜びを見出し始めたある日、その場所が区画整理によりもうすぐなくなることを聞かされる。その事実に戸惑いながらも澪は「しゃんと終わらせる」決意をするー。



映画情報どっとこむ ralph 監督は、デビュー作からこれまで海外の映画祭で数々の賞を受賞し、前作『四月の永い夢』がモスクワ国際映画祭で2つの賞を受賞した中川龍太郎。

澪を演じるのは、「この世界の片隅に」の情感あふれる演技で存在感を放った松本穂香。

出来上がった本編を観て

松本さん:自分が出ている作品なのに、こんな風に泣いたのは初めてのことでした。この映画に出会えてよかったです。

と語っています。分身のような役で、風景に溶け込む透明感溢れる松本さんの姿は、岩井俊二監督の名作『四月物語』(98)のヒロインを演じた女優松たか子さんを彷彿とさせるという絶賛の声がマスコミから寄せられています。共演は渡辺大知さん、徳永えりさんら若手実力派と、光石研さん、樫山文枝さんら日本映画のオーソリティーたち。

主題歌は、伸びやかな歌声が心に波紋を広げるカネコアヤノの「光の方へ」。

監督が「翔べない時代の魔女の宅急便」と語る本作では、特別な才能があるわけではないけれど、都会の中で居場所を見つけ、現代を生きる若者の姿を丁寧に描く。

映画情報どっとこむ ralph 『わたしは光をにぎっている』

公式サイト:watashi_hikari

11/15(金)新宿武蔵野館ほか全国ロードショー

『わたしは光をにぎっている』ポスター
***********************************


出演:松本穂香

渡辺大知 徳永えり 吉村界人 忍成修吾/光石研/樫山文枝

脚本・監督:中川龍太郎 『四月の永い夢』
主題歌:カネコアヤノ「光の方へ」

脚本:末木はるみ 佐近圭太郎
脚本協力:石井将 角屋拓海
チーフプロデューサー:和田丈嗣
プロデューサー:藤村駿 木ノ内輝

製作:WIT STUDIO
制作:Tokyo New Cinema
配給:ファントム・フィルム
©2019 WIT STUDIO / Tokyo New Cinema




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

松本穂香主演 中川龍太郎監督最新作『わたしは光をにぎっている』モスクワ国際映画祭正式出品決定


映画情報どっとこむ ralph この度、中川龍太郎監督最新作『わたしは光をにぎっている』の公開が決定となり、第41回モスクワ国際映画祭の特別招待作品として正式出品されることも決定しました。
(※映画祭の公式の発表時間:4/2(火)日本時間21時~)

主演を務めるのは、松本穂香。

★松本穂香(宮川澪役)コメント
私たちの暮らす世界はとても儚くて、だからこそ美しいのだと、映画を通して改めて感じました。中川監督が紡ぐセリフは優しくて、映画の中に溢れる光はとても美しいです。色んな視点から楽しんでもらえる映画になっていると思います。

映画情報どっとこむ ralph 本作のメガホンをとった中川龍太郎監督は、29歳の新進気鋭監督。
東京国際映画祭の公式部門のひとつである日本のインディペンデント映画を積極的に紹介する「日本映画スプラッシュ」で、『愛の小さな歴史』(14)、『走れ、絶望に追いつかれない速さで』(15)と2年連続の出品を最年少にて果たし、注目を浴びました。今回は、第39回モスクワ国際映画祭で国際映画批評家連盟賞を受賞した前作『四月の永い夢』(17)に続いて、2作品連続で同映画祭への出品。

★中川龍太郎監督コメント
祖母の代からずっと通っていた近所のお豆腐屋さんが潰れた。学生時代にいつも通っていた銭湯も潰れた。伝統的なものが高級な文化としてしか残らないのだとしたら、日本に暮らしている多くの高級なものとは無縁の僕たちは、この国で生まれ、生きていることの思い入れをどうやって守ったらいいのでしょうか。そんな想いをきっかけに、「子供のまんまでいたい」女の子が、自分の力でどうやって新しい居場所をつかみとるのかを描きました。この小さな物語が現代日本を舞台にした、ささやかな『魔女の宅急便』になっていますように。

映画情報どっとこむ ralph わたしは光をにぎっている

物語・・・
宮川澪は、20歳。
両親を早くに亡くした彼女は、長野・野尻湖のほとりのこじんまりした民宿を祖母と2人で切り盛りし、淡々とした日常を送っていた。しかし祖母の入院を機に民宿を閉めざるを得なくなり、父の親友であった京介を頼って上京し、彼がひとりで経営する都内の銭湯の元で居候をすることになる。職を探すが、都会の空気にうまくなじめない澪は、徐々に銭湯の仕事を手伝うように。
映画監督の夢を持つ銀次や会社員の美琴など、銭湯にたむろする常連客達と次第に親密になる澪。銀次の映画を観たり、美琴に飲み会に誘われたりと、東京での日々が少しずつ楽しくなっていく。しかし、区画整理のため銭湯が近いうちに閉店する運命にあることを知った澪は、ある決断をするのだが・・・。

***********************************

監督:中川龍太郎
脚本:末木はるみ 中川龍太郎 佐近圭太郎 
脚本協力: 石井将 角屋拓海
出演:松本穂香 
配給:ファントム・フィルム
©2019 WIT STUDIO / Tokyo New Cinema




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

TAMA映画フォーラム 映画『四月の永い夢』特別上映会中川龍太郎監督トークショーも!


映画情報どっとこむ ralph TAMA 映画フォーラム実行委員会は、毎年 11 月に開催する映画祭 TAMA CINEMA FORUMとともに、年数回の特別上映会をベルブホール(多摩市立永山公民館)で実施しており、4月27日(土)に映画『四月の永い夢』 を監督トーク付で上映することが決定しました。

『四月の永い夢』は、丁寧で誠実な日常が生みだす幸せと希望をどこか昭和的なノスタルジーと共に伝えてくれる透明感のある作品で、第39回モスクワ国際映画祭 国際映画批評家連盟賞、ロシア映画批評家連盟特別表彰を邦画史上初めてダブル受賞する快挙をなし遂げています。また、多摩市に近い国立市で多くのロケが敢行されており、多摩地域の方には身近に感じられる風景が映し出されています。

当日は、1回目の上映後に中川龍太郎監督によるトークショーを行ないます。
また今回は当日入場者に『四月の永い夢』のロケ地MAP

①東京都国立市ロケーションマップ
②富山県朝日町ロケーションマップ
も進呈!だそう。 

両方が一度に手に入る貴重なチャンスです!

映画情報どっとこむ ralph 詳細

◆開催日:2019年4月27日(土)
◆上映スケジュール:
①10:30~12:03 トーク(中川龍太郎監督)12:03 ~12:30
②13:30~15:03 ③16:30~18:03
※1回目上映中とトークの時間保育サービス実施
◆会場: ベルブホール(多摩市立永山公民館/ベルブ永山5F)
◆料金:
前売・インターネット予約:1,000円(中学生以上)
当日:大人(中学生以上)1,200円、子ども(4歳~小学生)600円
※TAMA映画フォーラム支援会員、障がい者とその付添い者1名は当日600円
※インターネット予約は、上映当日に前売価格にて精算・チケット受渡。受付は4月26日(金)まで
◆発売日: 3月23日(土)より販売開始

(C)2017 Tokyo New Cinema/WIT STUDIO

四月の永い夢

公式サイト:
http://tokyonewcinema. com/works/summer-blooms/

主演の初海役を務めるのは『かぐや姫の物語』(かぐや姫:声)や最近では大河ドラマ「おんな城主直虎」にも出演している朝倉あき。

初海に恋する朴訥で誠実な青年・志熊に、映画TVと大活躍で本作の舞台である「国立」出身でもある 三浦貴大。

3年前に恋人を亡くした27歳の滝本初海。

音楽教師を辞めたままの穏やかな日常は、亡くなった彼からの手紙をきっかけに動き出す。
元教え子との遭遇、染物工場で働く青年からの思いがけない告白。
そして心の奥の小さな秘密。

喪失感から緩やかに解放されていく初海の日々が紡がれる。

***********************************

出演:朝倉あき 三浦貴大
川崎ゆり子 高橋由美子 青柳文子 森次晃嗣
志賀廣太郎 高橋惠子

監督・脚本:中川龍太郎『走れ、絶望に追いつかれない速さで』
配給:ギャガ・プラス
(c)WIT STUDIO / Tokyo New Cinema




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

朝倉あき主演『四月の永い夢』初日決定!ポスタービジュアルと予告解禁


映画情報どっとこむ ralph 2017年6月に開催されたモスクワ国際映画祭において国際映画批評家連盟賞とロシア映画批評家連盟特別表彰ダブル受賞の快挙を果たし、「詩的な言葉の表現と穏やかな映像を通して人生の大事なエッセンスを伝えているプライスレスな作品」と評価された。そして台北映画祭にも正式出品された映画『四月の永い夢』が、5月12日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開することが決定!

さらにこの度日本公開のための新しいポスタービジュアルと予告編映像があわせて解禁となりました!


主演の初海役を務めるのは『かぐや姫の物語』(声)、最近では大河ドラマ「おんな城主直虎」にも出演している朝倉あき。初海の心の光と影をその透明感あるたたずまいでみずみずしく演じている。


初海に恋する朴訥で誠実な青年・志熊を体現するのは、映画・TVで活躍する三浦貴大。

脇を固める高橋由美子、森次晃嗣、志賀廣太郎、高橋惠子ら実力派俳優陣と演劇団体「マームとジプシー」で活躍する川崎ゆり子。モデルとして活躍する青柳文子のらも新鮮。
平成という時代が過ぎ去ろうとする今、本作は、物質的豊かさをゴールとしない丁寧で誠実な日常が生みだす幸せと希望を、どこか“昭和的”なノスタルジーと共に伝えてくれる。

監督・脚本は平成2年生まれの若き才能・中川龍太郎。
17歳で詩人デビューを果たし、その後独学で映画を学ぶ。

高く評価された前作『走れ、絶望に追いつかれない速さで』に続いて自身の実体験を踏まえながら、前作の鋭い感性とはまた異なる優しいまなざしで、初海の心の旅を描き出す。

映画情報どっとこむ ralph 予告編では主人公の初海の日常がどのように変化していくのかをさらに描き、物語のロケ地となった、『おおかみこどもの雨と雪』の舞台となったともされる国立、立川、富山県朝日町等の日本の美しい風景も紹介されている。



映画『四月の永い夢

5月12日(土) 新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー

公式サイト:
http://tokyonewcinema.com/works/summer-blooms/

亡き恋人から届いた手紙――止まったままの私の「時」が動き出す

3年前に恋人を亡くした27歳の滝本初海。音楽教師を辞めたままの穏やかな日常は、亡くなった彼からの手紙をきっかけに動き出す。元教え子との遭遇、染物工場で働く青年からの思いがけない告白。そして心の奥の小さな秘密。

喪失感から緩やかに解放されていく初海の日々が紡がれる。


***********************************

出演:朝倉あき 三浦貴大
川崎ゆり子 高橋由美子 青柳文子 森次晃嗣 / 志賀廣太郎 高橋惠子
監督・脚本:中川龍太郎『走れ、絶望に追いつかれない速さで』
製作総指揮:石川俊一郎/木ノ内輝 チーフプロデューサー:和田丈嗣 プロデューサー:藤村駿
撮影監督:平野礼 照明:稲葉俊充 編集:丹羽真結子
録音:伊豆田廉明 メイク・衣装:タカダヒカル ラインプロデューサー:佐藤宏 音楽:加藤久貴 挿入歌:赤い靴「書を持ち僕は旅に出る」

2017 / 日本 / カラー / 93分 / HD 16:9 /5.1ch デジタル
製作:WIT STUDIO 制作:Tokyo New Cinema 
配給:ギャガ・プラス
©WIT STUDIO / Tokyo New Cinema




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

中川龍太郎監督『四月の永い夢』日本凱旋上映プロジェクト クラウドファンディング開始!


映画情報どっとこむ ralph クラウドファンディングプラットフォーム・MotionGalleryにて、『愛の小さな歴史』、『走れ、絶望に追いつかれない速さで』の中川龍太郎監督最新作『四月の永い夢』の劇場公開を応援するクラウドファンディングが開始しました。
《第39回モスクワ国際映画祭 受賞》中川龍太郎監督『四月の永い夢』日本凱 旋上映プロジェクト!!
motion-galleryサイト:サイト
期間:~11月9日(木)23:59まで

本作は、第39回モスクワ国際映画祭にて「国際映画批評家連盟賞」と「ロシア映画批評連盟特別表彰」をダブル受賞し、各国メディアから高い評価を受けたヒューマンドラマです。

朝倉あきさん演じる、恋人を失った女性のひと夏を描いた物語です。

「喪失を単なる哀しみとして描くのではなく、失うことで得られる豊かさを描けないか」

という想いで制作された映画『四月の永い夢』。

三浦貴大さん、川崎ゆり子さん、高橋惠子さんが出演しています。

映画情報どっとこむ ralph 中川龍太郎監督からのメッセージ

今、あらゆるものがより手軽に触れられる時代の中にあって、映画というメディアは、必ずしも「気軽な」娯楽ではなくなりつつあると感じています。
それでも、街の片隅に暗闇と沈黙を共有する場があり、そこで一つの映画という光を大勢で観ることには、こういう時代だからこその意義があると僕は信じています。
これまでの作品もまた、クラウドファンディングでのご支援をもとに、東京以外の場所に暮らす多くの方と分かち合うことができました。
その経験は、若い制作者である自分たちにとって無形の財産になると同時に、今後も決して容易とはいえない作家性のある映画制作を継続する上での、何よりもの励みになっております。
ご支援の輪を、ご友人やご家族の方々にも広げてもらうことができましたら、それは本当に自分たち、若い映画制作者にとって大きな励みになります。
また、自分たちは、映画を撮っていく新しい仲間をいつだって探しています。ご興味を持ってくださる方がおりましたら、いつでもご連絡お待ちしております。映画は多くのセクションによる共同制作によってできあがるものです。あらゆる人に向かって開かれた広場であるべきだと思っております。
『四月の永い夢』上映プロジェクトをよろしくお願い申し上げます!

映画情報どっとこむ ralph クラウドファンディング支援によって実現できること

大手以外の映画は、たとえそれが良い作品であっても観客まで届けられないことも多いかと思います。上映規模が小さかったり、そもそも上映されている事がわからなかったり。このプロジェクトをサポートしていただければ、サポートいただけた金額が全て映画上映の為に使われ、より多くの人にこの作品を届ける事に使われます。

Q:500万円は何に使われるの?
主に広告宣伝に必要な経費に使われます。個人及び会社の利益には一切使用しません。

Q: 宣伝費はどこに掛かるの?
劇場で映画を上映するためには「この映画をこの劇場で上映します」という告知が上映地域で必要不可欠です。大手劇場での上映になりますと1劇場につき100万円の宣伝費用が相場となります。なるべくコストを抑えての上映を目指しますが、本クラウドファンディングとその他からの出資で劇場の規模を広げたいと考えております。

Q: 今後の予定は?
現在、以下のスケジュールで公開できるよう進行しております。:
2018年春からの全国ロードショー上映
2018年夏以降は劇場に限らず、芸術祭や各地での上映会を行いたいと考えております。


サポーターへの特典やプロジェクトの応援支援は
MotionGalleryの特設サイトでご確認のほどを!

映画情報どっとこむ ralph あらすじ:「一枚の手紙をきっかけに、真夏の日常が動き出す」
滝本初海(はつみ)27歳。ある日、3年前の春に亡くなった恋人からの手紙が届く。胸に抱えた「秘密」、青年からの告白、教え子との再会。一枚の手紙をきっかけに真夏の日常が動き出す。

主演:
朝倉あき(初海役)
三浦貴大(志熊役)
川崎ゆり子(楓役)
高橋惠子

監督・中川龍太郎プロフィール
1990年生まれ、慶應義塾大学文学部卒。在学中監督を務めた『Calling』がボストン国際映画祭にて最優秀撮影賞を受賞、『愛の小さな歴史』が第 27回東京国際映画祭スプラッシュ部門にて正式上映、『走れ、絶望に追いつかれない速さで』が第28回東京国際映画祭同部門にて上映され2年連続入選を最年少で果たした。詩人としても活動し、やなせたかし主催「詩とファンタジー」年間優秀賞を最年少で受賞。日本映画の新鋭として世界的に注目されている。

***********************************




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ