「中川翔子」タグアーカイブ

「声優紅白歌合戦2019」を未公開の舞台裏映像もあわせて配信決定!


映画情報どっとこむ ralph 直接映画ではありませんが・・・編集長のOKが出たのでODS扱いで御紹介!

動画配信サービス・ファミリー劇場CLUBは、4月14日(日)に開催されたイベント「声優紅白歌合戦2019」の模様を9月1日(日)正午より配信スタートいたします。

中田譲治氏が発起人となり、声優による、声優ファンのための祭典として開催された「声優紅白歌合戦2019」。
声優紅白歌合戦2019 紅組・白組ともに超豪華声優が勢ぞろいし、チケットは即完。
先日7月14日にはCSファミリー劇場にて放送され、トレンド入りも達成!そんな「夢の祭典」を、ファミリー劇場CLUB限定の計15分を超える未公開の舞台裏映像とともに、どこよりも早く配信決定!

スマホやパソコンでも「声優紅白歌合戦2019」が楽しめるこの機会をお見逃しなく!

映画情報どっとこむ ralph 「声優紅白歌合戦2019」

配信日時:9月1日(日) 正午より配信開始 ※配信時間は変更になる可能性がございます。
声優紅白歌合戦2019 【出演】
<発起人> 中田譲治 <司会> 諏訪部順一、植田佳奈
<出演声優>
紅組:井上喜久子、井上ほの花、岩男潤子、笠原弘子、小松未可子、中川翔子、日髙のり子、平野 綾、横山智佐
白組:井上和彦、内田直哉、大塚明夫、黒田崇矢、関 智一、武内駿輔、豊永利行、平川大輔、堀内賢雄

【主催】 東北新社
【協力】 ファミリー劇場 / スカパー! 
【協賛】 Cygames

【番組内容】
声優活動だけではなく、歌手としても活躍を広げている声優の皆さん。歌手としての活動も目覚ましく、ライブを楽しみにしているファンの声に応え、中田譲治氏が発起人となり、声優による、声優ファンのための祭典「声優紅白歌合戦」がについに開催。

超豪華声優が勢ぞろいする夢の歌合戦の模様を、ファミリー劇場CLUBでどこよりも早く配信決定!さらに未公開の舞台裏の出演者からのコメント映像も、計15分以上お届け!スマホやパソコンでも「声優紅白歌合戦2019」が楽しめるこの機会をお見逃しなく!
※放送版とは一部本編内容が異なります。

番組詳細ページ:
https://www.fami-geki.com/seiyu-kohaku/


映画情報どっとこむ ralph ★ファミリー劇場CLUB★ 
専用アプリでファミリー劇場オリジナル番組をはじめとした様々な番組がいつでもどこでも視聴が可能になる登録無料の会員制サービスです。月額500円(税別)で様々な番組が見放題に!
HP:
https://club.fami-geki.com/ 

Twitter:
@fami_geki

***********************************





良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

小林幸子x中川翔子x亀田誠治 強力タッグ決定『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』


映画情報どっとこむ ralph 7月12日公開『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』のエンディング主題歌『風といっしょに』を、歌唱:小林幸子&中川翔子、アレンジ:亀田誠治の超強力タッグとなることが発表となりました。

本映画は、1998年に公開された記念すべきポケモン映画第1作『劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』をフル3DCG映像によって新たに描いた、この夏一番の超大作です。
映画情報どっとこむ ralph 第1作は、人間の手によって生み出されたミュウツーが心に抱える葛藤、そして人間への逆襲という、ファミリー向けの作品としては異例のテーマを掲げた作品だったにもかかわらず、アニメ映画として1998年の年間興行収入ランキング1位に輝き、米国でも日本映画興行収入歴代1位の記録をいまだに保持するなど、ポケモン映画シリーズの中でも伝説的な作品となっています。

そのエンディング主題歌となった『風といっしょに』は、当時の子供たちに夢と感動を与え、ポケモンファンのみならず、いまだにアニメソングとして伝説の神曲と謳われる楽曲となっています。
そして今回、当時、小林幸子が歌唱していた『風といっしょに』が、中川翔子とのコラボ歌唱、そして亀田誠治によるアレンジで新たに生まれ変わって、7月10日にシングルリリースされることになりました。

小林幸子コメント
『風といっしょに』という素敵な曲に出会って21年。
時を経て、また素晴らしいポケモンの世界を、この歌で表現出来る事にとても幸せを感じています。
子供の頃に聞いてくれて大人になった人たち、そして今の子供たちが、優しい気持ちになってくれるように心を込めて歌いました。幅広い世代の皆さんに、あの感動をまた感じて頂けたら嬉しいです。

中川翔子コメント
子供だった21年前に出会えたポケモン映画。大人になってからも思い出と手を繋いで歩いてきました。今度は、いまと未来の子供たちに歌を繋いで届けられるなんて、ポケモンがくれた“夢よりすごい奇跡”!憧れの小林幸子さんの歌声といっしょに、愛をこめて歌いました。
そして、時代を超えて歌い継がれるこの曲を、ポケモンが好きな子供たちと一緒に歌えることを楽しみにしています。

映画情報どっとこむ ralph また小林幸子&中川翔子と『風といっしょに』をいっしょにうたう“ポケモンキッズ2019”の募集も決定。
見事選ばれた子どもたちは『風といっしょに』のレコーディングに参加し、今作の映画・音楽にまつわるその後の活動にも参加できるという夢の企画となっています。

「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」

公開日:7月12日(金)ロードショー

公式サイトURL:ポケモン映画公式サイト
www.pokemon-movie.jp

***********************************


キャスト・スタッフ クレジット

声の出演:サトシ/松本梨香 ピカチュウ/大谷育江
ムサシ/林原めぐみ コジロウ/三木眞一郎 ニャース/犬山イヌコ ナレーション/石塚運昇

特別出演/市村正親
原案:田尻 智
監督:湯山邦彦・榊原幹典(*)
脚本:首藤剛志
製作:ピカチュウプロジェクト
配給:東宝
(C)ソニー・ミュージックレコーズ
©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku  
©Pokémon ©2019 ピカチュウプロジェクト






良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

「声優紅白歌合戦」第2弾出演者発表 日髙のり子、井上和彦、黒田崇矢、平川大輔


映画情報どっとこむ ralph 声優活動だけではなく、歌手としても活躍を広げている声優の皆さん。歌手としての活動も目覚ましく、ライブを楽しみにしているファンも多くいます。そこで、「巖窟王」のモンテ・クリスト伯爵や「ケロロ軍曹」のギロロ伍長役などで知られる中田譲治氏が発起人となり、声優による、声優ファンのための祭典「声優紅白歌合戦」を2019年4月14日 (日)に、舞浜アンフィシアターにて開催します。
司会には、「Fate/stay night」のアーチャー役や「ユーリ!!! on ICE」のヴィクトル・ニキフォロフ役などで知られる諏訪部順一と、「Fate/stay night」の遠坂凛役や「咲-Saki-」の宮永咲役などで知られる植田佳奈が務める。歌唱する出演者は声優のみとし、定期公演化を想定した、声優ファンや出演声優にとって1年の風物詩となる祭典を目指します。

先日1月22日(火)に記者会見で発表された第1弾出演者に続き、第2弾出演者を発表。

紅組の出演者として、「タッチ」の浅倉南役や「らんま1/2」の天道あかね役の日髙のり子、
白組の出演者として「NARUTO」のカカシ役や「夏目友人帳」のニャンコ先生/斑役の井上和彦、
「龍が如くシリーズ」 の桐生一馬役、「妖怪ウォッチ シャドウサイド」のジバニャン役の黒田崇矢、
「巌窟王」のフランツ・デピネー役や「Free!」の竜ヶ崎怜役で知られる平川大輔が参戦する。

チケット販売に関して、2月17日(日)午前11時より第2弾先行抽選をファミリー劇場CLUBプレミア会員の方限定で行います。その後、チケットぴあにて先行抽選を行い、3月30日(土)より一般販売を開始いたします。詳細は公式サイトをご確認ください。

映画情報どっとこむ ralph 出演者!

紅組
井上喜久子
井上ほの花
岩男潤子
笠原弘子
小松未可子
中川翔子
日髙のり子
横山智佐

白組
井上和彦
内田直哉
大塚明夫
黒田崇矢
関 智一
武内駿輔
豊永利行
平川大輔
堀内賢雄

映画情報どっとこむ ralph ◆「声優紅白歌合戦」概要
日 時:2019年4月14日(日)
場 所:舞浜アンフィシアター(千葉県浦安市舞浜2‐50)
発起人:中田譲治
総合司会:諏訪部順一、植田佳奈
主催:株式会社 東北新社 協力:ファミリー劇場
URL:
http://seiyu-kouhaku.jp

twitter:
@seiyu_kouhaku

©2018 「声優紅白歌合戦」実行委員会

【チケット情報】
料 金: 全席指定 ¥9,500(税込)
チケット販売: 先行抽選/一般販売はチケットぴあにて行います。
<第2弾先行抽選>
★ファミリー劇場CLUBプレミアム会員の方限定で先行抽選を行います。
※2/24(申込最終日)23:59の時点で、ファミリー劇場CLUBプレミアム会員サービスをご利用の方に限ります。
【受付期間】 2019年2月17日(日)11:00~2月24日(日)23:59
【当選発表】 2019年3月1日(金) 18:00~
抽選申込みサイト
<第3弾先行抽選>
チケットぴあにて先行抽選を行います。
※詳細は後日発表いたします
<一般販売>
3月30日(土)~販売開始(予定)
※詳細は後日発表いたします

***********************************





良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

4DX映画史上、最も破壊力満載!!『ヴェノム』の無人4DX360°VR動画が公開!


映画情報どっとこむ ralph この度、スパイダーマン最大の宿敵であり、マーベル史上最も残虐な《悪》として新たに誕生する『ヴェノム』が、11月2日(金)より、全国の4DXシアターにて公開。
主人公のエディ(トム・ハーディ)が<シンビオート>と呼ばれる地球外生命体に寄生されてしまい、エディの体にとてつもない変化が起こり始める。解き放たれた〈悪〉が、体を蝕み、増殖していくにつれ4DX効果も激化していく!

この演出により、まるで⾃分もエディと同様に、徐々に4DX劇場に浸食されていくような感覚が体験できる!4DX演出は、本編開始から最高潮に達し、風やモーションチェアの振動により、耐えられないほどのスリル感を全身で味わえる。超高層ビルでのアクションシーンや、サンフランシスコの街をバイクで駆け抜けるチェイスシーン、そして、熱風、フラッシュ、風の効果の効果が極限に発揮された爆発シーンでは、”破壊的な4DX演出”が披露され、まるで爆発に巻き込まれたかのような感覚に!?とにかく手に汗を握る、本格的な4DX演出が駆使され、スリル、爽快感も最高潮になるはず!

映画情報どっとこむ ralph そして、この度、本作の4DX上映を記念し、『ヴェノム』の無人4DX360°VR動画が公開!



『ヴェノム』の予告映像に併せて、実際どのような4DX演出が披露されるのかが確認できし、4DXファンにはつい反響が。PC画⾯上では、youtube再生画⾯の左上マウスをドラックするか、映像左上のカーソルで前後左右に視点を動かすことで確認でき、スマートフォンのyoutubeアプリで本映像を観ると、視界の動きに合わせて映像を360度⾒回すことができるVRモードでの鑑賞が可能!

これを観れば絶対『ヴェノム』を4DXシアターで観たくなること間違い無しな、映像となっております!

また、「FEELTHEFIRSTANTI-HEROactionin4DX」というメッセージが刻まれた、4DXオリジナル・イラストも到着!ヴェノムを演じるのは『マッドマックス怒りのデス・ロード』『ダークナイトライジング』、そしてアカデミー賞®助演男優賞にノミネートされた『レヴェナント:蘇えりし者』等の作品で知られ、ダークな一面を持ち合わせながら圧倒的な演技⼒を誇る、トム・ハーディ。


この秋、『ヴェノム』4DX版を、是非!!

映画情報どっとこむ ralph
『ヴェノム』

原題:VENOM
公式ホームページ:
http://www.venom-movie.jp/


物語・・・
未確認飛行物体の墜落現場でシンビオートと呼ばれる地球外生命体を発見した〈ライフ財団〉。ライフ財団が“それ”を用いた人体実験で死者を出しているという噂をきいたジャーナリストのエディは、その真相を暴くべく取材を進める中でシンビオートに寄生されてしまう。その日から自分以外の“何か”の声が聞こえはじめ、自分の身体がコントロールできなくなる。次第に増幅していく内なる〈悪意〉。エディとシンビオート、2つの人格が一つになるとき、ヴェノム誕生の時がついに訪れる─。

***********************************

監督:ルーベン・フライシャー
出演:トム・ハーディ ミシェル・ウィリアムズ リズ・アーメッド スコット・ヘイズ リード・スコット 他
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
©&™2018MARVEL.©2018CPII.AllRightsReserved.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

中村獅童、ヴェノム化で降臨!映画『ヴェノム』ジャパンプレミア


映画情報どっとこむ ralph スパイダーマン最大の宿敵であり、悪の魅力あふれるダークヒーローとして新たに誕生するマーベル最新作『ヴェノム』が11月2日(金)に待望の日本公開となります!

そしてこの度、六本木ヒルズアリーナにてジャパンプレミアが行われ、ヴェノムの日本語吹替版声優を務めた中村獅童さん、トム・ハーディ演じる主人公エディの吹替を務めた人気声優の諏訪部順一さん、そしてミシェル・ウィリアムズ演じるヒロイン、アン役の中川翔子さんら豪華吹替版キャストが登場!

さらには日本語吹替版主題歌を手掛けUVERworldも揃って応援に駆け付けました。


日付:10月22日(月)
場所;六本木ヒルズアリーナ
登壇:中村獅童、諏訪部順一、中川翔子、UVERworld

映画情報どっとこむ ralph 日本公開に先立ち、10月22日(月)夕刻に六本木ヒルズアリーナで行われたジャパンプレミア・ブラックカーペットイベント!!

巨大なヴェノムを乗せた大型トラックの前にまずは、日本語吹替版キャストの諏訪部順一、中川翔子の二人が登壇。

かねてよりマーベル作品の大ファンだと公言している中川さんは

中川さん:トム・ハーディの彼女役です、最高です!
と喜びのコメント。二人に遅れて舞台に近づくのは、圧倒的な“悪”として君臨するヴェノム!?ざわつく会場を背に颯爽と舞台に登壇し、振り向いたのは本作でヴェノムの声を担当した中村獅童さん!

特製ヴェノムスーツに身を包み、ヴェノムの半顔マスクをつけた獅童さんは
獅童さん:13時30分から支度してます!なかなか温かいです!

とヴェノムへ変身することに並々ならぬ気合があった様子。完全に“悪”染まった獅童さんの姿を目にして

諏訪部さん:日本中のちびっこはおしっこをもらしてしまうかもしれないですね!

とすると、

中川さん:巨大なヴェノムに勝る程の“悪”としての存在感!

と興奮を抑えきれない様子での感想を述べ、さらにエレベーターに乗った際、真後ろがヴェノムスーツ姿の獅童さんだった中川さんは

中川さん:死ぬかと思いました。

と“悪”の姿を絶賛。

映画情報どっとこむ ralph 会場に広がる驚きと興奮のなか、スパイダーマン好きとして知られる獅童さんは最大の宿敵である“ヴェノム”の声優に抜擢されたことに

獅童さん:最大の宿敵ですからね、責任とプレッシャーをすごく感じました!スパイダーマンが大好きなので、少しでも関われたのが嬉しいですし、微力ながらも力になれたらという気持ちで精一杯やらせて頂きました。

と、気合十分。マーベル映画初主演を飾った諏訪部さんは、エディとヴェノムが一体する=中村獅童との一体化について

諏訪部さん:たまらないですね。非常にいいバディ、という感じのヴェノムとエディになっています。劇中でも獅童さんともそういう表現ができたと思っています。

とのコンビネーションの良さをアピール。
さらに、アンの声優のオファーが舞い込んだ際はリアルに万歳をしたという中川さんは、本作への意気込みを

中川さん:顔が浮かばないよう、没頭できるように、何度も何度も納得いくまで監督にビシバシやって頂くよう頑張りました。

と熱く語った。本作の出来上がりを

獅童さん:めちゃくちゃ面白いですよ。大きなスクリーンで体感してもらいたいです!

諏訪部さん:怖い部分もありますが、男女問わずホラーが苦手という方でもみんなで楽しめる映画に出来上がっています。

と絶賛のコメント。さらに、

中川さん:マーベル映画を気になっているけど、観ていない女子のみなさんにもおススメしたい!トム・ハーディの色気、中村さん諏訪部さんお2人の掛け合い、そしてヒロインのアンもすごくぶっ飛んでます!

と本作のおススメポイントを紹介。


映画情報どっとこむ ralph 興奮も落ち着き、和やかな雰囲気でイベントが進むなか、司会の「スペシャルゲストが駆け付けてくれました」の一言で登場したのは、本作の日本語吹替版主題歌を担当したUVERworld。

本作がハリウッド映画への初めての楽曲提供となったことについて、ボーカルのTAKUYA∞が
TAKUYA∞さん:みんな驚いて、すごく嬉しかったですし、大好きなマーベルの作品ですから気合を入れて話し合って取り組みました。ヴェノムの世界感を崩さないよう、自分たちないものを出していけるように想いを込めて作りました

と、ヴェノムの世界観にマッチした本楽曲を作成した想いを述べた。会場大興奮の中、ブラックカーペットに繰り出した日本人キャスト達は終始黄色い声援を浴び、その見た目で大きな注目の的となった中村獅童もメディア取材やファンとの交流を楽しんでいた。

イベントの最後を締めくくったのは、観客とのコール&レスポンス。

練習中、「みなさま、ご唱和ください!1,2…」とアントニオ猪木のモノマネで会場を温め・・・

獅童さん:俺たちは!

観客:ヴェノムだ!

と声を揃えて応えた。

これに続いて

獅童さん:ヴェノムトラック、始動!

と叫ぶと、UVERworldが手掛ける本作の主題歌「GOOD and EVIL」が流れ出し、巨大なヴェノムの乗せたトラックがゆっくりと動き出した!“獅童”と“始動”をかけた合図で、日本中に“最悪”を届けに会場を後にするトラックを見送り、イベントは幕を閉じました。

映画情報どっとこむ ralph ヴェノム

原題:VENOM

公式サイト:
http://www.venom-movie.jp/

公式twitter:
https://twitter.com/VenomMovieJP/


“俺たちは――ヴェノムだ”

《誰もが望む、歴史的偉業》を発見した<ライフ財団>。
それは、世界を変えるはずだった――。
正義感溢れるジャーナリスト、エディ・ブロック(トム・ハーディ)は、
そのライフ財団が人体実験で死者を出しているという噂を突き止めるために取材を試みるも、
人体実験の被験者との接触により、“シンビオート”(地球外生命体)に寄生されてしまう。
この意思を持った生命体が語りかける声が聞こえ始めたエディの体には、
とてつもない変化が起きていた。彼の中で解き放たれた<悪>が、体を蝕み、増殖していく――。
エディと一体となったヴェノムは、「俺たちは――ヴェノム」と名乗りをあげ、
ヴェノム誕生の時がついに訪れた!



***********************************

監督:ルーベン・フライシャー (『L.A. ギャング ストーリー』『ゾンビランド』)

脚本:スコット・ローゼンバーグ&ジェフ・ピンクナー(『アメイジング・スパイダーマン2』)、ケリー・マーセル(『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』)、ウィル・ビール(『L.A. ギャング ストーリー』)

キャスト:トム・ハーディ(『マッドマックス 怒りのデス・ロード』)、ミシェル・ウィリアムズ(『グレイテスト・ショーマン』)、リズ・アーメッド(『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』)、スコット・ヘイズ、リード・スコット
TM 2018 MARVEL




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

中川翔子 高速ペロペロ舐めたい!ボディーペイントで“ヴェノム化”メイキング写真到着!


映画情報どっとこむ ralph スパイダーマン最大の宿敵であり、マーベル史上最も残虐な悪の存在として新たに誕生する『ヴェノム』が11月2日(金)に公開となります。

今月6日には中村獅童さん、中川翔子さん、そして諏訪部順一さんの3名が本作の日本語版吹替声優に決定するなどますます注目を集める本作ですが・・・・。

その声優の一人である中川翔子さんが“ヴェノム化”する衝撃的な写真が解禁となりました。

9月25日(火)に公式Twitter(@VenomMovieJP)に突如、地球外生命体<シンビオート>に寄生されヴェノムとなったとある芸能人の映像がアップされ、ソーシャル上では全身メイクのクオリティの高さとヴェノムの正体について様々な憶測が飛び交う中、トム・ハーディさん演じる主人公エディ・ブロックの彼女、アン・ウェイング(ミシェル・ウィリアムズ)の吹替声優を担当する中川翔子さんが、そのヴェノムの正体であることが判明!

本作で登場するヴェノムは、正義感溢れる敏腕ジャーナリストのエディ・ブロック(トム・ハーディ)に<シンビオート>と呼ばれる意思を持った地球外生命体が寄生したことで誕生する最も残虐な悪の存在。そんなシンビオート自身にも意志があり、寄主と会話をすることも可能だ。寄生された人間は恐るべき腕力や俊敏性、回復力を得ることができ、感情や衝動をシンビオートと共有することで、さらに強い力を発揮するようになる。

そんな超人的かつ“最悪”な力を中川さんに与えたのは、世界的特殊メイクアーティストの JIROさん。近年では特殊メイクや造形の枠を超え、広告やファッション界でも活躍しています。威嚇するような目に鋭い歯、とてつもなく長く薄気味悪い舌というグロテスクな容姿を持つヴェノムが、全身手描きによってリアルに、そして美しく再現された。長い舌は唯一特殊造形で作られており、透明の液体を使い、ヴェノムの“したたる舌”が見事に表現された。今回のメイクについて今回のメイクについて

JIROさん:ヴェノムと中川さんの骨格は違うのでバランスよく描くことを意識しました。中川さんの骨格を殺さないといけないところと、表面を立体感を含めた艶を表現するのが難しかったです。

と約8時間にも及ぶ制作過程を振り返りました。

一方で、中川さんは自身に施されたJIROさんの特殊メイクについて、

中川さん:私も絵を描いたりするのですが、JIROさんにとっては短時間の作業だったと思います。メイク中、ヴェノムの血管をエアブラシで、迷いなく描いていかれるのは気持ちよさそうでしたし、メイクが仕上がった瞬間に『ヴェノムでしかないじゃん!』っていう完成度の高さと説得力がありました。ヴェノムの特徴的な舌で猫たちを高速でペロペロ舐めたいです!」

とイジリーさんのお株を奪うかもしれないコメントを寄せてくれました!

そんな彼女のヴェノム化までのメイキング映像は映画公式SNS(@VenomMovieJP)で確認することができます。


映画情報どっとこむ ralph
ヴェノム
原題:VENOM

公式twitter:
https://twitter.com/VenomMovieJP/

公式サイト:
http://www.venom-movie.jp/


物語・・・
《誰もが望む、歴史的偉業》を発見した<ライフ財団>。それは、世界を変えるはずだった――。正義感溢れるジャーナリスト、エディ・ブロックは、そのライフ財団が人体実験で死者を出しているという噂を突き止めるために取材を試みるも、人体実験の被験者との接触により、“シンビオート”(地球外生命体)に寄生されてしまう。この意思を持った生命体が語りかける声が聞こえ始めたエディの体には、とてつもない変化が起きていた。彼の中で解き放たれた<悪>が、体を蝕み、増殖していく――。

エディと一体となったヴェノムは、「俺たちは――ヴェノム」と名乗りをあげ、ヴェノム誕生の時がついに訪れた!



***********************************

監督:ルーベン・フライシャー (『L.A. ギャング ストーリー』『ゾンビランド』)

脚本:スコット・ローゼンバーグ&ジェフ・ピンクナー(『アメイジング・スパイダーマン2』)、ケリー・マーセル(『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』)、ウィル・ビール(『L.A. ギャング ストーリー』)

キャスト:トム・ハーディ(『マッドマックス 怒りのデス・ロード』)、ミシェル・ウィリアムズ(『グレイテスト・ショーマン』)、リズ・アーメッド(『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』)、スコット・ヘイズ、リード・スコット

©&TM 2018 MARVEL




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

中村獅童・諏訪部順一・中川翔子 ダークヒーロー『ヴェノム』日本語版吹替版キャストに!


映画情報どっとこむ ralph スパイダーマン最大の宿敵であり、悪の魅力あふれるダークヒーローとして新たに誕生するマーベル最新作『ヴェノム』が11月2日(金)に公開となります。

先月31日には人気ヒップホップ歌手・エミネムが本作のテーマ曲「Venom」を手掛けていることを自身のSNSでサプライズ発表するなど、ますます本作に注目が集まる中、この度、日本語版吹替版キャストが決定しました!
映画情報どっとこむ ralph 主人公である正義感溢れる敏腕記者エディ・ブロック(トム・ハーディ)に<シンビオート>と呼ばれる意思を持った地球外生命体が接触したことで誕生するのが、ヴェノムだ。2つの魂で1つの存在にして、最も残虐な悪であるヴェノム(シンビオート)役吹替声優に、歌舞伎俳優の中村獅童が決定した!

これまでマーベル作品としては、『アメイジング・スパイダーマン2』でスパイダーマンと対峙するエレクトロを演じて以来2作目となる。スパイダーマンを愛して止まない中村が、スパイダーマン最大の宿敵であるヴェノムをどう演じるのか、期待せずにはいられない!

◆中村獅童コメント(ヴェノム(シンビオート)役)
『スパイダーマン』作品に縁深い僕が今度は、スパイダーマンの宿敵を演じる!ということで・・・また一歩憧れのスパイダーマンに近づけると、とても興奮しています。ヴェノムは正義感溢れる記者エディと、最恐の力“シンビオ―ト”という地球外生命体が一つになった姿なのですが、諏訪部さん演じるエディを僕の最恐の力で悪に染めていきますので、ぜひその“最悪”ぶりに期待してください!


さらに、アカデミー賞®ノミネート俳優のミシェル・ウィリアムズが演じるエディの彼女、アン・ウェイングの吹替声優には、中川翔子の就任が決定!今秋開催予定の『東京コミックコンベンション 2018』でアンバサダーに就任するなど、マーベル作品にも造詣が深く、歌手・タレント・声優・女優・イラストレーターなど活躍が目覚ましい彼女の、更なる新しい一面が見られるかもしれない!

◆中川翔子コメント(アン・ウェイング役)
世界中が熱狂してきた最高の歴史があるマーべル作品に参加できるなんて、本当に光栄です!
マーベル作品は心の底から血湧き肉躍る面白さが保証されている世界!今まで感じてきた興奮に恩返しの気持ちで自分の経験値を込めて頑張りたいです。スパイダーマンの宿敵『ヴェノム』は、既に“最悪”と断言してしまう振り切った面白さがあると思います。心にこびりつくような想像の遥か外側な最悪っぷりを見せつけて、暴れてほしいと思っています!そして、“最悪”の彼女はどういう人物なのか、本編を見るのをいちファンとしても楽しみにしています。皆さんが作品に没頭できるように、気合いを入れてアン・ウェイングを演じたいです。


またトム・ハーディ演じる主人公、エディ・ブロックの日本語吹替版声優は、マーベル作品としては初主演を飾る諏訪部順一に決定した。諏訪部と言えば、ナレーターとしてだけでなく、「ユーリ!!! on ICE」のヴィクトル役、「テニスの王子様」の跡部景吾役などで知られ、その甘い声で女性をキュンキュン言わせるなど絶大な人気を誇る声優だ。

◆諏訪部順一コメント(エディ・ブロック役)
ヴェノムは、マーベルが誇る数々のヴィランの中でも非常に人気の高いキャラクター。
その彼の単独主演映画と聞いただけでワクワクものだったのですが、まさか日本語吹替版に関わらせて頂けるとは!
動悸がおさまりません。中村獅童さんとのタッグでお届けする最高に魅力的な「俺たち」に御期待下さい。

初共演となる諏訪部演じる正義感溢れるエディと、中村演じる最も残虐な悪の存在であるヴェノム(シンビオート)が融合することで、どんな化学変化が生まれるのか、期待は高まるばかり!

映画情報どっとこむ ralph さらに11月2日(金)の日本公開に先駆けて、日本人声優キャストらがゲスト登壇予定の『ヴェノム』ジャパンプレミア試写会の開催も決定!これ以上ないほどに超豪華な声優陣が集結し、個性豊かなキャラクター達に命を吹き込む『ヴェノム』日本語吹替版にぜひご注目ください!




『ヴェノム』
原題:VENOM  
11月2日(金) 全国ロードショー

公式サイト:
http://www.venom-movie.jp/

公式twitter:
@VenomMovieJP/


≪STORY≫
《誰もが望む、歴史的偉業》を発見した<ライフ財団>。それは、世界を変えるはずだった――。正義感溢れるジャーナリスト、エディ・ブロックは、そのライフ財団が人体実験で死者を出しているという噂を突き止めるために取材を試みるも、人体実験の被験者との接触により、“シンビオート”(地球外生命体)に寄生されてしまう。この意思を持った生命体が語りかける声が聞こえ始めたエディの体には、とてつもない変化が起きていた。彼の中で解き放たれた<悪>が、体を蝕み、増殖していく――。
エディと一体となったヴェノムは、「俺たちは――ヴェノム」と名乗りをあげ、ヴェノム誕生の時がついに訪れた!

***********************************

監督:ルーベン・フライシャー (『L.A. ギャング ストーリー』『ゾンビランド』)
脚本:スコット・ローゼンバーグ&ジェフ・ピンクナー(『アメイジング・スパイダーマン2』)、ケリー・マーセル(『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』)、ウィル・ビール(『L.A. ギャング ストーリー』)
キャスト:トム・ハーディ(『マッドマックス 怒りのデス・ロード』)、ミシェル・ウィリアムズ(『グレイテスト・ショーマン』)、リズ・アーメッド(『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』)、スコット・ヘイズ、リード・スコット
©&TM 2018 MARVEL




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

中川翔子、矢嶋哲生監督登場に大盛り上がり!「劇場版ポケットモンスター みんなの物語」応援上映イベント


映画情報どっとこむ ralph 7月13日(金)より全国373スクリーンで公開となった「劇場版ポケットモンスター みんなの物語」。

昨年大ヒットを記録した「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」から始まった、サトシとピカチュウの新しい冒険を描き、1年に1度の“風祭り”で、伝説のポケモン・ルギアから恵みの風をもらう街を舞台に起こる、新しい5人の仲間たちとの壮大な物語となっています。そんなポケモン映画最新作は、8月2日(木)までの公開21日間で、観客動員160万人、興行収入18億円を突破しています。

そして本日8月3日(金)、大ヒットを記念して、TOHOシネマズ新宿にて応援上映イベントを開催!

リク役・中川翔子とシークレットゲストで矢嶋哲生監督が参加しました。

昨年も実施したポケモン映画の応援上映イベントですが、チケットを販売開始するやいなや即完売となり、一部のファンの間では、【幻のイベント】と呼ばれたほど…。そんな大人気イベントは今年も告知開始と共に大反響を呼び、チケットも即完売となりました。


応援上映イベント
日付:8月3日(金)
場所:TOHOシネマズ新宿
登壇:中川翔子、矢嶋哲生監督

映画情報どっとこむ ralph プレミアチケットを手に入れたお客様で満席の場内は、ジョーイさんのコスプレやピカチュウの帽子を被った人など、思い思いのポケモングッズを持参し準備万端!上映前からものすごい熱気に包まれ、中川翔子、矢嶋哲生監督が登壇すると、場内のボルテージは最高潮に。

昨年からのリピーターや応援上映経験者も多い中、矢嶋監督をはじめ、作品問わず応援上映自体に参加するのが初めてという人もいたため中川が応援上映をレクチャー。
中川さん:予告編は練習タイムです。推しメンのカラーにサイリウムを合わせましょう!

矢嶋監督:ついていきます!!映画の舞台・フウラシティの市民になって観ようと思います。

とノリノリにサイリウムをスタンバイ。

そして

中川さん:歌舞伎町のど真ん中でポケモン愛を叫びましょう~!

と盛り上げ、いよいよ上映開始。

映画情報どっとこむ ralph 別作品の予告編からそれぞれ発声を開始し、東宝のロゴが映し出されると、「東宝ありがとう!」と歓声があがりました。
人物キャラクターやポケモンたちが登場するたびに、それぞれの名前が叫ばれ、主人公・サトシ(声:松本梨香)とピカチュウ(声:大谷育江)の最初の登場シーンは絶叫にちかい声援が!

そしてこの日、サトシに負けず劣らず人気だったのが、中川さんの推しメン“気弱なポケモン研究家・トリト(声:濱田岳)”。トリトが登場すると、場内のサイリウムはトリトの髪色に合わせ緑色一色に。


上映中、

中川さん:監督、トリトは何歳なんですか?

と質問が飛び、

矢嶋監督:23歳くらいです!

と即回答。さらに、

中川さん:彼女はいますか?

と矢継ぎ早にトリトに関する質問が飛び交い、「付き合って~!結婚して~!」とトリト愛が叫ばれるなど、トリトファンも多く見受けられました。ポケモン嫌いのお婆さん・ヒスイ(声:野沢雅子)の、ポケモンとの過去の出来事を描いたシーンでは場内からすすり泣く声も聞こえ、クライマックスにかけてはファンの熱い思いが大爆発!!

上映が終了しても拍手が鳴りやまず、興奮さめやらぬ状態のままトークショーがスタートしました。

昨年に続き参加した中川さんは、応援上映を経て初めて気づくポイントが多くあったといい、特にトリトの同僚・研究員Aが場内で大人気に。そこで中川さんの提案で矢嶋監督がその場で研究員Aに役名をつけることに!急遽命名を任せられた矢嶋監督はとっさに【ロベルト】と命名するなど、応援上映だからこその展開もあり、その他にも役柄の裏設定や、秘話も語られ、お客様から質問を受け付けるなど、和気あいあいとしたトークショーとなりました。

初めての応援上映を終えた矢嶋監督も、目に涙を受かべながら感激した様子でお客様からの質問に答えました。
中川さん:みんなで笑って、泣いて、叫んで、大合唱して、本当に特別な思い出になりました。ポケモンはいつも素敵な出会いをもたらしてくれて、感動しています。平成最後の夏は、ポケモンの夏は、最高の夏になりました!長生きして、来年のポケモン映画もみんなで応援できればと思います。死ぬまでポケモン大好きでいましょう。今日はありがとうございました。

矢嶋監督:今回このようなイベントに参加できて本当に感謝しています。ずっと届け!届け!と思って作っていたので、今日皆さんと一緒に作品を観ることができて、非常に貴重な機会となりました。ありがとうございました。
最後にはお客様と一緒に記念撮影を行い、大熱狂の応援上映となりました!

映画情報どっとこむ ralph
劇場版ポケットモンスター みんなの物語
大ヒット上映中

公式サイト:
www.pokemon-movie.jp

イントロダクション
ポケモン映画が、新たな一歩を踏み出す――。
20周年記念作品「キミにきめた!」の大ヒットから1年――。監督を始めとする制作陣に若き才能が加わり、全く新しいポケモン映画「みんなの物語」が遂に誕生。この夏、みんなと一緒に、まだ誰も見たことのない冒険へ向かって、キミも一歩を踏み出そう!

ストーリー
ひとりじゃできないことも、キミとなら――。
人々が風と共に暮らす街・フウラシティでは、1年に1度だけ開催される“風祭り”が行われていた。祭りの最終日には伝説のポケモン・ルギアが現れて、人々はそこで恵みの風をもらう約束を、昔から交わしていたという。
ポケモン初心者の女子高生、リサ。
嘘がやめられなくなってしまったホラ吹き男、カガチ。
自分に自信が持てない気弱な研究家、トリト。
ポケモンを毛嫌いする変わり者のおばあさん、ヒスイ。
森の中で一人佇む謎の少女、ラルゴ。
偶然、風祭りに参加していたサトシとピカチュウは、5人の仲間たちと出会う。それぞれが悩みを抱え、パートナーのポケモンと一歩を踏み出せない中、みんなが出会うことで、運命の歯車が動き出す……。ルギアとの約束は守られるのか? そして幻のポケモン・ゼラオラの正体とは??
今、人とポケモン、みんなの絆が奇跡を起こす――。

***********************************

キャスト・スタッフ クレジット
 声の出演
特別出演:芦田愛菜 川栄李奈 濱田岳 大倉孝二 野沢雅子・中川翔子 山寺宏一
サトシ:松本梨香 ピカチュウ:大谷育江
ムサシ:林原めぐみ コジロウ:三木眞一郎 ニャース:犬山イヌコ ナレーション:石塚運昇

原案:田尻 智  監督:矢嶋哲生  アニメーションスーパーバイザー:湯山邦彦
エグゼクティブプロデューサー:岡本順哉、片上秀長
プロデューサー:下平聡士、松山進、知久敦、大日向俊
脚本:梅原英司、高羽彩  アニメーションプロデューサー:加藤浩幸、和田丈嗣
キャラクターデザイン:金子志津枝  総作画監督:西谷泰史、丸藤広貴
音響監督:三間雅文  音楽:宮崎慎二
アニメーション制作:OLM / WIT STUDIO
製作:ピカチュウプロジェクト  
配給:東宝

©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku  
©Pokémon ©2018 ピカチュウプロジェクト
  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ