「中川大志」タグアーカイブ

佐藤健、小松菜奈、森山未來、染谷将太…全力疾走!『サムライマラソン』本編映像解禁


映画情報どっとこむ ralph 佐藤健、小松菜奈、森山未來、染谷将太、青木崇高、竹中直人、豊川悦司、長谷川博己ら日本を代表する超豪華キャストと世界的スタッフの集結で話題沸騰!

日本のマラソンの発祥といわれ、現在も160年以上にわたり受け継がれている史実「安政遠足(あんせいとおあし)」を舞台とする土橋章宏の小説『幕末まらそん侍』(ハルキ文庫)を原作にした、映画『サムライマラソン』が2019年2月22日(金)に全国公開となります。

この度、豪華キャスト陣が集結した本編映像が解禁!

“日本初のマラソン”のスタートシーンが到着!

時は幕末、迫る外国の脅威に備え、安中藩主・板倉勝明は藩士を鍛えるため、十五里(約58km)の山道を走る遠足(とおあし)を開催する。勝てばどんな望みも叶えられるという夢のような大会のはずが、とある行き違いにより幕府への反逆とみなされ、藩士不在の城に安中藩とり潰しを狙う刺客が送り込まれてしまう。ただ一人、迫る危機を知った男は、計画を食い止めるため、走り出す─。

この度解禁されたのは、豪華キャストが勢ぞろいした遠足のスタートシーン。さまざまな思いを胸に“日本史上初のマラソン”とされる安政遠足に参加した藩士たちが、全力疾走する姿が映し出されている。

スタートラインに並ぶ藩士たちを見守る藩主・板倉勝明(長谷川博己)、迫りくる危機に気付き神妙な面持で走り出す幕府のスパイ・唐沢甚内(佐藤健)、絵描きになることを夢見て藩を抜け出すため男装して参加する勝明の娘・雪姫(小松菜奈)、雪姫との結婚のためにどんな手を使ってでも優勝しようとする傲慢な侍・辻村平九郎(森山未來)、「一着にならなければ金を渡す」と八百長を持ちかけられ葛藤する藩で一番の俊足の足軽・上杉広之進(染谷将太)、腰痛持ちながら遠足に参加した甚内の上司・植木義邦(青木崇高)、侍人生にもう一花咲かせるべく奮闘する老侍・栗田又衛門(竹中直人)─。
主役級の超豪華キャストが一堂に会し、それぞれワケありのキャラクターを演じながら走り続ける遠足シーンは必見!優勝したら金を得ることができないのに、走るのが楽しくてつい首位に躍り出てしまう八百長が頭によぎりつつも軽快なスタートダッシュをみせる上杉や、手下にそれ他の者を阻止させてでも常に先頭に立とうとする辻村、幕府の刺客の襲来を案じながらもクールな走りを見せる唐沢など、キャスト陣の繊細にして印象的な演技にも注目だ。

本作でメガホンをとったイギリス人監督のバーナード・ローズは、キャスティングに関して、演技に“伝える力”のある俳優を必須条件に設定。

映画情報どっとこむ ralph 外国人監督による撮影現場で必要な要素であったことはもちろん、今後海外の観客が鑑賞することも視野に入れ、日本語の微妙なニュアンスがわからずともストレートに届く映画として、グローバルな視点で制作されている。豪華実力派俳優陣、そしてプロデューサーのジェレミー・トーマス、音楽担当のフィリップ・グラス、衣装担当のワダエミらアカデミー賞受賞やノミネート経験を持つ一流スタッフが集い、世界へ発信する日本の新しい“サムライ映画”として完成した『サムライマラソン』。

「サムライマラソン」
東京2020参画プログラムとは、様々な組織団体がオリンピック・パラリンピックとつながりをもちながら2020年の大会に向けた参画・機運醸成・レガシー創出のアクションを実施するプログラムです。日本マラソンの発祥といわれる史実「安政遠足」と東京2020大会との親和性や2020年以降のレガシー創出につながるプロジェクトとして「サムライマラソン」は、東京2020公認プログラムに認証をされました。

***********************************

出演:佐藤健 小松菜奈 森山未來 染谷将太
青木崇高 木幡竜 小関裕太 深水元基 カトウシンスケ 岩永ジョーイ 若林瑠海/竹中直人
筒井真理子 門脇麦 阿部純子 奈緒 中川大志 and ダニー・ヒューストン
豊川悦司 長谷川博己

監督:バーナード・ローズ
原作:土橋章宏「幕末まらそん侍」(ハルキ文庫)
脚本:斉藤ひろし バーナード・ローズ 山岸きくみ
企画・プロデュース:ジェレミー・トーマス 中沢敏明
音楽:フィリップ・グラス
衣装デザイン:ワダエミ
配給:ギャガ
©”SAMURAI MARATHON 1855”FILM Partners GAGA.NE.JP/SAMURAIMARATHON


「賭ケグルイ season2」ドラマキービジュアル、放送日時決定


映画情報どっとこむ ralph 大ヒット漫画「賭ケグルイ」。
2018年1月に実写ドラマ化され、個性的なキャラクターと若手俳優たちの振り切った演技が話題となり、5月には『映画 賭ケグルイ』の公開も決定している本作。

この春より「賭ケグルイ season2」としてMBS/TBS ドラマイズム枠にて放送開始!
今回、そのドラマキービジュアル、放送日時が決定!さらに、主題歌には「season1」に引き続き、5人組ロックバンドBIGMAMAが担当することが決定しました!

<MBS> 3/31(日)スタート 
毎週日曜 深夜0時50分~ 
<TBS> 4/2 (火)スタート 
毎週火曜 深夜1時28分~

本作の舞台は、政財界の有力者の子女が多数通う私立百花王学園。ここで生徒たちの階級を決定するものは、ギャンブルの強さ。勝ったものは支配する側に立ち、敗れたものは家畜となる。ある日、この学園に転校してきた謎多き少女、蛇喰夢子(じゃばみ・ゆめこ)。一見すると清楚な美少女だが、彼女は、リスクを負うことに快感を覚える「賭ケグルイ」だった―。学園を支配する生徒会は、夢子を危険な存在と判断し、百戦練磨の刺客たちを送りこむ。

映画情報どっとこむ ralph 今回、解禁となったドラマキービジュアルは主人公、蛇喰夢子(浜辺美波)を筆頭に、鈴井涼太(高杉真宙)、早乙女芽亜里(森川葵)とお馴染みの面々に加え、冷酷な表情をみせる生徒会会計 豆生田楓(中川大志)、そして「season2」よりその姿が明らかとなった池田エライザ演じる、圧倒的存在感を放つ百花王学園生徒会会長の桃喰綺羅莉と、さらにトップアイドルグループ乃木坂46の松村沙友理が演じることで話題の、生徒会広報にして人気アイドル、夢見弖ユメミのチェック柄のアイドル衣装が目を引くキャラクタービジュアルも初公開となっている。

Season2新たな刺客が明らかとなり、更に滾る展開を予感させるキービジュアルとなっている。

映画情報どっとこむ ralph さらに、「season2」の主題歌には、ヴァイオリンを取り入れる5人編成のロックバンドBIGMAMA(ビッグママ)の新曲「mummy mummy(マミーマミー)」に決定!メジャーデビューを飾った「season1」の主題歌「Strawberry Feels」に続いて再びタッグを組む。甘美なヴァイオリンのメロディーと鋭利なバンドサウンドがドラマの壮絶な駆け引きと騙し合いが繰り広げられるストーリーを加速させていくに違いない!

BIGMAMA 金井政人(Vo,G)コメント
ひとつ、逆張りの精神というものがあります。
普通、安心安全、人気の銘柄を避け、まだ誰の足跡もついていない、バイオリニストのいるロックバンドとして、僕らはずっとギャンブルに酔狂しているのとほとんど変わらないのかも知れません。
この作品に寄り添えることを、とても光栄に、そして肌に合うなと感じています。

【主題歌】
BIGMAMA「mummy mummy」
■プロフィール:BIGMAMA
金井政人(Vo,G)、柿沼広也(G,Vo)、リアド偉武(Dr)を含むメンバーにて結成。
2007年より、安井英人(B)、東出真緒(Violin/Key)を入れたメンバー5人で活動する。
各地の大型フェスに出演する等、精力的に活動し、2017年には初の日本武道館公演を成功させる。2018年、MBS/TBSドラマイズム『賭ケグルイ』の主題歌となった「Strawberry Feels」で、ユニバーサルミュージックよりメジャーデビュー。10月には、メジャー移籍後、初のアルバム「-11℃」をリリース。昨年12月25日より全国ライブツアー中。

映画情報どっとこむ ralph 「賭ケグルイ season2」

公式サイト:
kakegurui.jp
公式twitter:
@kakegurui_jp
公式Instagram:
kakegurui_jp

<ストーリー>
創立122年を迎える私立百花王学園。この伝統ある名門校で生徒の階級を決めるのは“ギャンブルの強さ”。勝者には地位と名誉が与えられ、敗者は財産も尊厳も奪われる。この学園に、一人の少女が転校してくる。彼女の名は蛇喰夢子。一見するとお淑やかなこの美少女は、いかなるリスクもいとわない常軌を逸したギャンブル狂だった。学園を支配する桃喰綺羅莉率いる生徒会は、夢子を危険な存在と判断し、百戦練磨の刺客たちを送りこむ。壮絶な駆け引きと騙し合いを制したものだけが勝てる、究極の己を賭けた心理バトルが、さらに加速する―!

映画情報どっとこむ ralph そして!

『映画 賭ケグルイ』 5月全国ロードショー

創立122年を迎える私立百花王学園。この伝統ある名門校で生徒の階級を決めるのは“ギャンブルの強さ”。勝者には地位と名誉が与えられ、敗者は財産も尊厳も奪われる。この学園に、一人の少女が転校してくる。彼女の名は蛇喰夢子。一見するとお淑やかなこの美少女は、いかなるリスクもいとわない常軌を逸したギャンブル狂だった。学園を支配する生徒会は、夢子を危険な存在と判断し、百戦練磨の刺客を送り込むも次々と撃破。学園は夢子を中心に大きく動き出そうとしていた。生徒会はついに、全校生徒を巻き込んだ百花王学園史上最大のギャンブルバトルの開催を宣言する―

配給:ギャガ
©2019 河本ほむら・尚村透/SQUARE ENIX・ 「映画 賭ケグルイ」製作委員会

過去記事:
浜辺美波 重大発表!賭ケグルイ season2と映画化発表!

http://eigajoho.com/120319

***********************************

原作:河本ほむら・尚村透(掲載 月刊「ガンガンJOKER」スクウェア・エニックス刊)
総合演出 英勉
監督:茂木克人 長野晋也
脚本:高野水登 英勉
出演:浜辺美波 高杉真宙 松村沙友理(乃木坂46) 池田エライザ 中川大志 森川葵
主題歌:BIGMAMA「mummy mummy」(ユニバーサルJ)
オープニングテーマ:PasssCode「一か八か」(ユニバーサル ミュージック/USMジャパン)
©2019 河本ほむら・尚村透/SQUARE ENIX・ ドラマ「賭ケグルイ2」製作委員会 ・MBS


「賭ケグルイ」 
原作:河本ほむら 作画:尚村透 
コミックス①~⑩巻絶賛発売中 掲載:月刊「ガンガンJOKER」(毎月22日発売)
公式ファンブック「賭ケグルイ愛」も絶賛発売中! 
スピンオフコミックス:「賭ケグルイ双」「賭ケグルイ妄」「賭ケグルイ(仮)」も絶賛連載中!





横浜流星、飯塚健監督 『虹色デイズ』トークイベントBlu-ray&DVD発売記念


映画情報どっとこむ ralph 超人気コミックを実写化!佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、中川大志、高杉真宙、横浜流星の4 名のカルテット主演による、男子高校生の友情と恋を描いた感動青春ストーリー、映画『虹色デイズ』のBlu-ray&DVDが 12月5日(水)に発売となりました。

これを記念して、9日(日)横浜流星さんと飯塚健監督ご登壇によるスペシャルトークイベントが行われました。

『虹色デイズ』Blu-ray&DVD発売記念 トークイベント
日時: 12月9日(日)
登壇: 横浜流星、飯塚健監督

映画情報どっとこむ ralph 会場から溢れんばかりの大きな拍手で迎えられた横浜さんと飯塚監督。

横浜さん:今日は監督と僕で、(今日登壇していない)3人の分まで話したいと思います。
と気合十分にあいさつ。 実は北海道から戻り、飛行場から直接会場に駆け付けたという飯塚監督。MCからの「寒いのは苦手ですか?」という問いかけに、

横浜さん:寒い方が得意です!

と自信満々に答えた横浜さんでしたが、監督よりプールでの撮影シーンにおける寒がりエピソードを暴露され、

横浜さん:本当はちょっと苦手。

と本音が漏れる場面も。イベント冒頭から会場は笑いが溢れ、和やかな雰囲気でスタート しました。

映画情報どっとこむ ralph 未公開映像から、撮影当時を改めて振り返る。 豪華版Blu-ray&DVDに収録される未公開映像には、

飯塚監督:カットしたシーンをほとんどすべて入れることが出来た。


横浜さん:自分のシーンも結構カットされて・・・。

と少し切なげに語る横浜さんに、飯塚監督はストーリーの流れや編集の都合上、泣く 泣くカットしたと説明。
続いて、横浜さん、飯塚監督が選んだお気に入りの未公開映像を、実際に上映しながらご紹介。2人が選んだ

横浜さん:下駄箱の前でスキップするなっちゃん(佐野玲於)を見送る、つよぽん(高杉真宙)、恵ちゃん(横浜流星)のシーン。

では、佐野さん演じるなっちゃんの怪しいスキップの動きとそれを見た周りの冷静なツッコミに会場が笑いに包まれる場面も。実はこのシーンはクランクイン初日に撮影されたもの。1番最初のシーンなので、実際の台詞のやりとりが台本より変わっており、 撮影時は4人の関係値が見えやすくなるように工夫して撮影したが、その後に繋がるシーンに4人の関係性を集約するためカットしたという。改めて映像を見た監督は

飯塚監督:切らなくても良かったかな、と今観て思いました。

とポツリ。最初の撮影シーンなので 思い入れがあるという

横浜さん:ちょっと入れてほしかったですね!

と話しながらも、このシーンをお気に入りに選んだ理由として、

横浜さん:自身が演じた恵一のキャラクター性が出ているから好き。

と、撮影当時を振り返りながら語って頂きました。 更に会場では、続けて3つのお気に入りの未公開シーンとそれにまつわるエピソードも公開。『虹色デイズ』ファン必聴の今だから話せる撮影秘話をたっぷり語っていただきました。

実は5年前のデビュー当時から横浜さんを知る飯塚監督。会場が撮影の裏話で盛り上がる中、話題は監督から今回のイ ベントのために提案されたという「俳優・横浜流星を読み解く」コーナーへ。 飯塚監督が、横浜さんに出会ったころの印象は「空手が得意だ」ということと、「俳優として(今後)やっていくかはわからない」と話していたこと。それを受けて横浜さんも、当時は

横浜さん:この仕事1本でやっていくとは決めていなかった。

と振り返りつつ、デビューから5年経った今、

横浜さん:より、この(芝居の)世界で生きたいな、と思った。色んな作品を やらせてもらっていて、芝居の楽しさを知り、2018年は主演をやらせて頂く機会も多くて、作品を背負う責任感、現場での在 り方を考えるようになった。

と感慨深げに語った。多くの作品で経験を積み、久しぶりに『虹色デイズ』の現場で再会した横 浜さんを見て、グッとくるものがあったと語る飯塚監督。

横浜さん:また一緒にやりたいですよね。

と横浜さんが監督に次回作での共演を 希望する場面も。関係性の深いお2人だからこそ話せる、「俳優・横浜流星」の素顔に迫る熱いトークが繰り広げられました。

会場では、キャストサイン入りレアグッズが当たる抽選会も実施。貴重なプレゼントの数々に、会場は多いに盛り上がりました。 更に、来場者へ耳よりな「隠しコマンド」の情報が。豪華版Blu-ray&DVD収録のビジュアルリレーコメンタリー視聴後、メニュー画面に出現する虹をクリックすると、スペシャル映像を見ることが出来るという。実際に見つけられた人がいたかどうかの 会場アンケートで、

横浜さん:これで(皆がDVDを)観てくれたかどうかがわかる。

とドSな発言が飛び出る場面も! 最後は監督より、

飯塚監督監督:特典も皆がわちゃわちゃして面白いと思うので何度も見て楽しんでください!

横浜さん:DVDを買って くださって有難うございます。DVDの良いところは、何度も観れることなので、また新しい発見をしてくれたら嬉しいなと思います。 『虹色デイズ』は自分にとっても、青春をまた体験したような映画でとても楽しかったです。また1年後か2年後に監督と映画 をやるので、皆さん楽しみにしてください。

と会場を沸かせ、イベントを締めくくった。

映画情報どっとこむ ralph 「虹色デイズ」Blu-ray&DVD好評発売中!
ブルーレイ&DVD表記 『虹色デイズ』 初回限定生産 ブルーレイ豪華版(3枚組):6,700円+税 初回限定生産
DVD豪華版(3枚組):5,800円+税
ブルーレイ通常版:4,700円+税
DVD通常版:3,800円+税
好評発売中 発売・販売元:松竹
©2018「虹色デイズ」製作委員会©水野美波/集英社
***********************************



中川大志 登壇者みんな愛されキャラ!と断言!「覚悟はいいかそこの女子。」初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 椎葉ナナ先生による同名 漫画を実写化!超絶イケメンだけど恋愛経験ゼロ。

実は“究極ヘタレ”な 主人公・古谷斗和を演じるのは、ティーンを始め幅広い世代に 人気のある実力派若手俳優・中川大志。

初彼女を作るべく躍起になっていた 主人公が、人生で初めて本気の恋に落ち、彼女を振り向かせるためにカッコ悪く 奮闘する日々を描いた痛快青春コメディが誕生!

そんな本作の主要キャストの中川大志さん、唐田えりかさん、伊藤健太郎さん、甲斐翔真、若林時英、小池徹平、井口昇監督、初日舞台挨拶を行いました。

「覚悟はいいかそこの女子。」初日舞台挨拶
日付:10月12 日(金)
場所:新宿バルト9
登壇:中川大志 唐田えりか 伊藤健太郎 甲斐翔真 若林時英 小池徹平 井口昇監督

映画情報どっとこむ ralph 物凄い歓声の中現れたキャストと監督。

中川さん:映画どうでしたでか?(大拍手)それだけが気になって気になって・・・観終わったみなさんの笑顔が嬉しいです。今日から初日。ドキドキしてます。あっ!中川大志です。

と、名前を言うのも忘れていた中川さん。どうやら本当に緊張している様子。

唐田さん:初日を迎えることが出来て皆とここに立てることが出来て嬉しいです!

伊藤さん:こんなに満席で観てもらえたのは嬉しいです。

甲斐さん:メガフォンがお手元にあるそうで、声をからして帰ってください!

若林さん:今日はこんなに来てくださって、大変うれしいです!

小池さん:無事初日で、満席でホッとしていますし、嬉しく思っています!楽しんでいってください!

井口監督:この作品1年前の撮影。この日のために頑張ってきました!今日こんなに多くのお客様に来ていただいて、本当に嬉しいです!

と、感謝の意を表してイベントはスタート。

映画情報どっとこむ ralph 撮影から1年での公開に

中川さん:撮影から、ドラマの放送もあって、長かったですね。でも、皆さん楽しんでいただけたみたいで嬉しいです!
とホッとした表情を浮かべると

甲斐さん:ファミレスのシーン楽しかったよね。
と、撮影時の思い出話へ

伊藤さん:アドリブ多かったですね。お芝居の話とか勝手にやってました。大夫やってたんですけど。カットされてました。

中川さん:僕は最後のシーンがね。凄い大変だったよね。
伊藤さん:一番大変だったのは、唐ちゃんだよね。

唐田さん:凄かった!

どんなシーンかは劇場で!

若林さん:プロレス技をかけるシーンはこだわりましたよね。

井口監督:プロレス技をかけるシーンは、結構練習してもらいました!バリエーションも沢山んね。

中川さん:健太郎の早口シーンも。
伊藤さん:俺自信あったんだよね。で、スゲー高速で言ったら、監督に何言ってるかわかんない!もっと遅くって。

と、やり過ぎたことを反省の伊藤さん。


学校の中でのシーンが多かった小池さんは先生役、
小池さん:綺麗な学校で、初日が誕生日でケーキで祝っていただいたんですけど。僕初日なもんで。なじんでいなくて戸惑った思いがあります。でも、楽しい現場になりました。

中川さん:哲平さんとのシーンは本当の先生のようで、優しくて。本当に先生。憧れてます。

小池さん照れながら・・

小池さん:何も出ないよ!

唐田さん:徹平先生はずっと優しかったですね。ずっと爽やかで。ずっと遊んでもらってました。


映画情報どっとこむ ralph 今回主演はヘタレ男子。ぶっちゃけ誰が一番ヘタレかとの問いには、誰もでず。

監督曰く、中川さんは怖がりだとの暴露に

中川さん:今は大丈夫になりました!

と言うと、
唐田さん:へー!!そうなんだ!

と、回答。本当に怖がりだったのが感じ取れます。


愛され男子は・・・
若林さん:おれ?嬉しいですけど。

中川さん:みんな愛されキャラです。

最後に・・・

中川さん:無事に公開です。僕たちほっとしてます。とにかくこれからです。皆さん広めていただけると嬉しいです!

フォトセッション

セルフィーでお客さんと撮影!

覚悟はいいかそこの女子。

映画・ドラマ
公式Twitter:@kakugo_joshi

映画・ドラマInstagram:
kakugo_joshi

物語・・・
幼い頃から女子に囲まれてきた超絶イケメンの“愛され男子”古谷斗和(ふるや とわ)。女性からチヤホヤされ、自分はモテる と思い込んでいる斗和だが、実は付き合った経験ゼロ、自覚ナシの非リア充男子だった! ある日、同級生から「お前は観賞用男子だ!」と指摘された斗和は、その汚名を払拭すべく学年一の美少女・三輪美苑 (みわ みその)に告白するも、「安っぽい告白」と一瞬でフラれる始末。その後、躍起になって何度もアプローチをするが、撃 沈の連続で…。「俺はヘタレだ!」と自覚し、人生で初めて本気で恋した相手に認めてもらうべく、見た目はイケメン、中身は ヘタレな男子が、本気で大奮闘! 見事ヘタレを克服し、初彼女をゲットできるのか!?

***********************************

出演:中川大志 唐田えりか 伊藤健太郎 甲斐翔真 若林時英 / 荒川良々 小池徹平 他
原作:椎葉ナナ「覚悟はいいかそこの女子。」
(集英社マーガレットコミックス刊)
監督:井口昇
(『ブルーハーツが聴こえる』、『ライヴ』、『ロボゲイシャ』他多数)
脚本:李 正姫
(「ホテルコンシェルジュ」、「真夜中のパン屋さん」他多数)

企画・プロデュース:木村元子(『きょうのキラ君』、『L?DKひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』) 主題歌:ナオト・インティライミ「ハイビスカス」 (ユニバーサル シグマ)
公開日:2018年10月12日(金)全国公開
c椎葉ナナ/集英社 c2018映画「覚悟はいいかそこの女子。」製作委員会


中川大志×伊藤健太郎が男子限定で本音トーク!『覚悟はいいかそこの女子。』試写!


映画情報どっとこむ ralph この度、10月12日(金)公開 映画『覚悟はいいかそこの女子。』におきまして、、中川大志、伊藤健太郎による「男子学生限定ティーチン付試写会」が行われました!登場した二人も「なかなかこんな機会がないです。緊張しています。」と始まった本イベント。
覚悟はいいかそこの女子だけど男子限定で本音トークを繰り広げました!


日付:9月18日 (火)
会場:東映株式会社試写室
登壇: 中川大志、伊藤健太郎

映画情報どっとこむ ralph 会場の観客の皆さんは全員男子!!!!

中川さん:男臭い会になりますが、普段なかなかできないような男子トークできたらなと思います。

伊藤さん:さきほど別のイベントで女性が多いイベントだったのですが、また雰囲気が違いますね。今日どう して来てくださったのかを伺いたいですね。(笑)

と砕けた二人の挨拶で始まった。 実は汐留にて行われたイベントを終えて駆け付けたお二人。


まずはMC質問からの質問の時間が設けられ、

「これから皆さんには映画を観て頂くのですが、中川さん、伊藤さんは、出来上がった映画を最初にご覧になっ た時の感想は、いかがでしたか?」との質問に対し、
中川さん:取材をしていただく機会があり、コメディで面白かったです!とよく言われるのですが、自分たちはコメディ のつもりで撮影はしたいなかったんですけれど、完成した映画を見て「こいつらばかだな~」と突っ込める、僕たちが意図してなかったシーンが多くあって笑えるところはいくつかあって、こういう風に出来上がったんだな と思いました。

と監督の腕に驚いたご様子。次いで

伊藤さん:本作はドラマ版もあって、ドラマとまぜこぜで撮影をしていたのですが、映画はドラマとはまた違った色が出 せて面白かったです。客観的に見ていて「ばかだな~」と思いました。

と答えました。

映画情報どっとこむ ralph そして、これから映画をご覧になる皆さんに、こんなところを注目して観てもらいたいというところはどこです か?」という質問に対し、

中川さん:男子のノリじゃないですかね。今回の撮影は僕たちが実際に思う高校生像よりも幼めで、ピュアに演じた分、 すこし「ばかだな」という部分もあるのですが、「こいつらだからこそ」撮影できたシーンもたくさんありました。本日は男子試写なので、そういった部分にも注目して観ていただきたいですね。

とコメント。 それに対し

伊藤さん:現場自体も演技の話などはしていましたが、映画の中のの雰囲気に近いものはありましたね。

と答えた。

さらに「モテキがこないのですが、お二人はモテキきましたか?」という質問に対しては、思わず
中川さん&伊藤さん:俺たちもこういう話したかった~!

と声を上げた二人。

伊藤さん:でも僕たちもモテキないですよ(笑)周りにたまに「モテキ来たわ~」と言ってる人もいますけれど、 意外とそうでもないし。(笑)でもモテキというか、僕は誰か一人に好きになってもらえればいい思いますけどね。

と優等生な答え、そして

中川さん:やっぱりたくさんの人にモテるより、気になっている1人の子にモテるように集中するのがいいんじゃないですかね。

と同意。

そして「女性にモテるお二人だと思いますが、その二人が思う「女の子のこういうところいいな」というところ ありますか?」という質問も飛び出した。その問いに対し
伊藤さん:自分の時間・自分の生活を大事にしている人はいいですよね。たとえば趣味とか、自分を持っている人はいいですよね。僕らも趣味が多いので、お互いがそういった時間を大切にできる人がいいかな。

と答え

中川さん:男子もそうですが、女の子も一緒にいることが多いと思うんでけど、そんな中でも自分を持ってて、自分の意見を言える人っていいですよね。

と答えた。


映画情報どっとこむ ralph ここで、最後の質問となった本イベント。

中川さん:せっかく場があったまってきたのに!(笑)この後全 員でファミレスとか言って話したかったです!
と思わず声を上げるほど、アットホームな雰囲気で終了。

最後に・・・

伊藤さん:今日は集まっていただいたありがとうございます。たぶん皆さんが学校でやっているわちゃわちゃ感が映画で 描かれていると思いますが、この映画を観てみなさんの背中を押されて、一歩踏み出してもらえればなと思います。

とコメント。

中川さん:なかなか男子トークができるタイミングがないので楽しかったです。ヘタレと言われている男子がかっこうつ けるのやめて頑張る映画です。草食男子と言われていますが、みんなで世の中を変えていきましょうよ!(笑) やっぱり男からどんどんいかなければいけないと思いますし!今恋している人もこれからの人も映画を観て「が んばろう」と思ってもらえたらと思います。僕はぜひ男性にこそ観て頂きたい映画だと思っているので、みなさん映画を楽しんでください!!

と締めくくちました。

映画情報どっとこむ ralph
覚悟はいいかそこの女子。

2018年10月12日(金)全国公開

映画公式HP:
kakugo-joshi-movie.jp

映画・ドラマ公式Twitter:
https://twitter.com/kakugo_joshi

STORY
幼い頃から女子に囲まれてきた超絶イケメンの“愛され男子”古谷斗和(ふるや とわ)。女性からチヤホヤされ、自分はモテる と思い込んでいる斗和だが、実は付き合った経験ゼロ、自覚ナシの非リア充男子だった! ある日、同級生から「お前は観賞用男子だ!」と指摘された斗和は、その汚名を払拭すべく学年一の美少女・三輪美苑 (みわ みその)に告白するも、「安っぽい告白」と一瞬でフラれる始末。その後、躍起になって何度もアプローチをするが、撃 沈の連続で…。「俺はヘタレだ!」と自覚し、人生で初めて本気で恋した相手に認めてもらうべく、見た目はイケメン、中身は ヘタレな男子が、本気で大奮闘! 見事ヘタレを克服し、初彼女をゲットできるのか!?
***********************************


出演:中川大志 唐田えりか 伊藤健太郎 甲斐翔真 若林時英 / 荒川良々 小池徹平 他

原作:椎葉ナナ「覚悟はいいかそこの女子。」(集英社マーガレットコミックス刊)
監督:井口 昇(『ブルーハーツが聴こえる』、『ライヴ』、『ロボゲイシャ』他多数)
脚本:李 正姫 (「ホテルコンシェルジュ」、「真夜中のパン屋さん」他多数)
企画・プロデュース:木村元子(『きょうのキラ君』、『L♥DKひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』)
主題歌:ナオト・インティライミ「ハイビスカス」 (ユニバーサル シグマ)

©椎葉ナナ/集英社 ©2018映画「覚悟はいいかそこの女子。」製作委員会