「中川大志」タグアーカイブ

中川大志『覚悟はいいかそこの女子。』連続ドラマ化決定!健太郎、甲斐翔真、若林時英の出演発表


映画情報どっとこむ ralph 10月12日(金)全国ロードショー! となる『覚悟はいいかそこの女子。』が、映画の公開に先駆けて連続ドラマ化され、MBS/TBS ドラマイズム枠にて6月24日(日)より放送を開始することが決定しました。
原作は、集英社発行の少女漫画雑誌「マーガレット」で、2014 年から掲載された椎葉ナナによる同名漫画。

ドラマでは、映画の“エピソード・ゼロ”ともいえるストーリーを描いており、原作にも書かれていないスペシャル版。

全5話の各話ごとにゲストが登場し、主人公中川大志を始めとするヘタレ男子達が、学園中で巻き起こる様々な恋に巻き込まれていく。はたして、非リア充のヘタレ男子たちは、彼女をゲットできるのか!?

映画情報どっとこむ ralph 今回新たに、主演・中川大志の親友役として、健太郎、甲斐翔真、若林時英の出演を発表。

★斗和の同級生で幼馴染。新見律(にいみ りつ)役に、健太郎(けんたろう) 。

健太郎演じる律は、データ至上主義でリアル恋愛の経験がない分、やたらとデータで語ろうとする黒縁メガネが特徴的な奥手男子。しかし、恋愛とは無縁だった生活から一転!? いつの間にか自分も学園内の恋に巻き込まれていく。

【コメント】
僕が演じた律は、4人の中で一番物事を客観視できていて、タブレットを取り出してデータを調べたり、 自分の意見をしっかりと言えるキャラクターです。でも、高校生男子のおバカな部分も持っているので、 その混在を演じるのはとても楽しかったです。「仲の良い4人組の空気を大事にしよう」と監督とも相談したのですが、実際に皆とても仲が良く、常に笑っている楽しい現場でした。それがお芝居にも反映できたのが良かったです。ドラマを観てから映画を観ると更に楽しめると思うので、ぜひ両方ご覧ください!



★斗和の同級生で幼馴染。澤田惟智也(さわだ いちや)役に、甲斐翔真(かい しょうま) 。

甲斐演じる惟智也は、明るくお調子者でモテることに貪欲な男子。 斗和の周りに集まる女子たちをどうにかゲットするために日々奮闘するのだが…。
『仮面ライダーエグゼイド』の仮面ライダーパラドクス/パラド役の演技で、主役級の存在感を見せ高い注目を集める。

5月5日より全国で放映されている「LINE MUSIC」の新 TVCM では、女優・浜辺美波と共に、イマドキ高校生の淡い恋模様を好演しているあの男子。

【コメント】
澤田惟智也は、愛すべきバカだと思います(笑)。空気が読めなくて、お調子者で、モテない。そんなところも皆に突っ込まれるような“いいキャラクター”だと思っています。斗和の取り巻きから自分の彼女候補を探すような男ですが、たまに頭を使って活躍する、憎めないお調子者です。演じる上では、かっこ良くなく、モテない設定を大事にしながら、様々なチャレンジをしていきました。この作品は「恋愛の青春」と「友情の青春」の2つの青春が
しっかり描かれているので、両方に注目して頂ければと思います!


★斗和の同級生で幼馴染。久瀬龍生(くぜ りゅうせい)役に、若林時英(わかばやし じえい) 。

若林演じる龍生は、ドラマ・映画版オリジナルのキャラクター。いじられキャラで仲間たちに愛されているが、マイナス思考で、「不吉なこと」を見つけるとつい物事を悪い方向に考えてしまう。いつも女子に囲まれている斗和を羨ましく思い、彼女が欲しいと思っているが、なかなか恋に踏み出せない。

【コメント】
久瀬龍生は4人の中で4番目のイケメンです(笑)龍生は原作には登場しないキャラクターなので、元々ある原作にある空気感を壊さずに存在できるよう演じてみました。監督からも言われましたが、他3人が 180 センチ越えのイケメンの中、なぜ龍生がいるかというと、どこか抜けているところがあって、他のメンバーが愛したくなる役柄だからだと思います。この作品はご覧になった方に、「バカからあふれ出す元気」みたいなものが伝わればいいなと思っております。

映画情報どっとこむ ralph STORY(ドラマ)
幼い頃から女子に囲まれてきたイケメンの“愛され男子”古谷斗和(ふるや とわ)。女性からチヤホヤされ、自分はモテると思い込んでいる斗和だが、実は付き合った経験ゼロ、自覚ナシの非リア充男子。学校では、新見律(にいみりつ)、澤田惟智也(さわだいちや)、久瀬龍生(くぜりゅうせい)ら同級生たちとバカ騒ぎをしながら過ごす日々。そんな恋愛に縁遠い“ヘタレ男子”達だが、ひょんなことから学校中の様々な恋愛模様に巻き込まれることに…!?

≪ドラマ概要≫
ドラマイズム「覚悟はいいかそこの女子。」
MBS にて6月 24 日より毎週日曜 24:50~放送 / TBS にて6月 26 日より毎週火曜 25:28~放送
(※初回は MBS にて 6 月 24 日26:10~放送 / TBS にて 6 月 26 日25:35~放送) 【原作】 椎葉ナナ「覚悟はいいかそこの女子。」(集英社マーガレットコミックス刊)
【監督】 井口 昇(『ブルーハーツが聴こえる』、『ライヴ』、『ロボゲイシャ』他多数)
【脚本】 李 正姫 (「ホテルコンシェルジュ」、「真夜中のパン屋さん」他多数)
【制作時期】2017 年 12 月 17 日~2018 年 1 月 28 日
ドラマ公式サイト:https://www.mbs.jp/kakugo/
ドラマ&映画公式 SNS:
Twitter:@kakugo_joshi

©椎葉ナナ/集英社 ©2018 ドラマ「覚悟はいいかそこの女子。」製作委員会

映画情報どっとこむ ralph 映画『覚悟はいいかそこの女子。

2018年10月12日(金)全国公開です!

幼い頃から女子に囲まれてきたイケメンの“愛され男子”古谷斗和(ふるや とわ)。女性からチヤホヤされ、自分はモテると思い込んでいる斗和だが、実は付き合った経験ゼロで、もちろん非リア充・・・。ある日、彼女ができた同級生から「所詮、お前は観賞用男子だ!」と言われた斗和は、「(イケメンのオレが)彼女を作るなんてチョロい」と、高らかに「彼女作ります!!」宣言。狙うは学年一人気だが、幾人の男達からの告白を断り続ける難攻不落のクールビューティー・三輪美苑(みわ みその)。 そんな美苑に自信満々に告白する斗和だったが、「安っぽい告白」と一瞬でフラれる始末!!まさかの展開に、現実を受け入れられない斗和は、とにかく躍起になって、再三、アプローチを続けるが、撃沈の連続・・・。しかし、そんなアプローチを続ける日々の中で、次第に斗和は美苑の優しさや、人柄に触れ、本気で彼女を好きになり始めるのだった。そんな時、彼女の視線の先に美術教師・柾木隆次(まさき たかつぐ)いることに気づく・・・。
「俺はヘタレだ!」と自覚し、人生で初めて恋した相手に認めてもらうべく、見た目はイケメン、中味はヘタレな男が、本気で大奮闘! 見事ヘタレを克服し、初彼女をゲットできるのか!?

***********************************

主演:中川大志
原作:椎葉ナナ「覚悟はいいかそこの女子。」(集英社マーガレットコミックス刊)
監督:井口 昇(『ブルーハーツが聞こえる』、『ライブ』、『ロボゲイシャ』他多数)
脚本:李 正姫 (「ホテルコンシェルジュ」、「真夜中のパン屋さん」他多数)
制作時期:2017年12月17日~2018年1月28日
©椎葉ナナ/集英社 ©2018映画「覚悟はいいかそこの女子。」製作委員会
       


『虹色デイズ』映画オフィシャルブック発売決定!ホンネトークや秘蔵オフショット満載!


映画情報どっとこむ ralph 今年7月に全国公開となります映画『虹色デイズ』は、〝たった一度だけ”の青春を駆け抜ける、ちょっとおバカでお騒がせな男子高校生4人佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、中川大志、高杉真宙、横浜流星、4人主演での【友情】と【恋】に胸がときめく感動青春ストーリーです。

この度、ここだけでしか見られないキャストのインタビューや撮りおろしカットを収めた映画「虹色デイズ」OFFICIAL BOOKが6月22日(金)に発売することが決定!


6月22日(金)より発売が決定したオフィシャルブックには、主演を務めた佐野玲於・中川大志・高杉真宙・横浜流星らの撮りおろしカットや撮影中のオフショットを収めているほか、キャスト陣によるホンネトークや監督・原作者インタビューを掲載。

それぞれのスマホでお互いを撮影したセルフショットも多数盛り込まれています!

役柄さながらのキャスト同士の仲の良さが垣間見られるなど、貴重なエピソードが満載で大満足の一冊となっています。


また、別冊マーガレットにて2012年2月号〜2017年4月号まで連載され、大人気を博した水野美波による原作コミックスがついに完結!

最終回となる「卒業旅行編」ほか、6話を収録したコミック16巻が6月25日(月)より発売します。
同作には高校を卒業して、少し大人になった夏樹たちのその後の物語が描かれます!


さらに6月21日(木)&22日(金)には、映画ノベライズ本2種と、まんがノベライズ特別編の発売も決定!
7月6日(金)の公開を前に、ますます盛り上がりを見せる本作。

映画の公開前に是非お手に取っていただき、予習してみて?

映画情報どっとこむ ralph 映画『虹色デイズ
2018年7月6日(金)全国ロードショー

公式サイト
nijiiro-days.jp

公式Twitter
@nijiiro_movie

物語・・・
ピュアで元気な愛されキャラの【なっちゃん(羽柴夏樹)】、チャラくて女好きなモテ男の【まっつん(松永智也)】、秀才で超マイペースなオタクの【つよぽん(直江剛)】、いつもニコニコ実はドSな【恵ちゃん(片倉恵一)】。性格も趣味もまったく違うのに、4人はいつも一緒な仲良し男子高校生。おバカでお騒がせな楽しい毎日を過ごしていたが、恋に奥手のなっちゃんが同級生の杏奈に片想いしたことで、4人の日常に変化があらわれ…?!

***********************************

出演:佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE) 中川大志 高杉真宙 横浜流星 
    ※4人ともに主演
    吉川愛 恒松祐里 堀田真由 坂東希( E-girls/Flower) / 山田裕貴 滝藤賢一

監督:飯塚健 『荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE』『大人ドロップ』
原作:水野美波「虹色デイズ」(集英社マーガレットコミックス刊)
脚本:根津理香 『君に届け』/飯塚健
音楽:海田庄吾
制作:松竹撮影所
企画・配給:松竹
(C)2018「虹色デイズ」製作委員会(C)水野美波/集英社 


井口昇が中川大志が再びタッグ ヘタレ男子を応援したくなる!『覚悟はいいかそこの女子。』実写映画化!


映画情報どっとこむ ralph この度、椎葉ナナ先生の「覚悟はいいかそこの女子。」(全2巻/集英社マーガレットコミックス刊)が映画化されることが決定しました。多くの読者から「ヘタレ男子を応援したくなる!」という声が多数寄せられ、“ヘタレ男子マンガの先駆け”と言われる本作。

“超絶イケメン”だけど、観賞用男子と野次られ、勢いで学年一の美女に告白するもあえなく撃沈。

その現実が受け入れられず、幾度となくアタックする“究極ヘタレ男子”の主人公・古谷斗和(ふるや とわ)を演じるのは、中川大志さん!

また、3月10日より公開中の『坂道のアポロン』ではジャズドラムに挑戦し、見事な腕前を披露している。

キラキラなイケメン高校生の役柄が似合うように思われるが、本人は「今回の主人公のように、ヘタレな役柄は前から演じてみたかった」と話し、撮影現場でもヘタレを表現するのに、腰が引けている時の足の角度を監督と話し合ったり、不良に絡まれ引きずられるシーンでは、衣装が破ける程の引き摺られっぷりを見せるなど、徹底的に“究極のヘタレ男子”を演じています! 

映画情報どっとこむ ralph 中川大志さんのQ&Aコメントが到着しました

Q 古谷斗和という役柄を演じる上で、気をつけていた点はなんでしょうか?
A まっすぐさ、ピュアさ、ヘタレさが良い塩梅で出せるように意識しました。

Q ヘタレな演技をする上で大変だったことはありますか? また、ご自身のヘタレエピソードをお教えください。
A 斗和をどこまで崩して良いものなのか、そこのさじ加減が難しかったです。僕はやり過ぎがちなんですが、そこは少女漫画の男の子なので…。僕自身も、虫も、高い所も、お化けも、全部嫌い。怖いものが多いヘタレです。

Q 斗和は何度もヒロインにフラれますが、中川さんご自身が女の子 にフラれた経験はありますか? また、斗和と同じように1度フラれても、好きな子には何度もアプローチできますか?
A 一度フラれても、好きな気持ちが無くならない限りは、諦めないと思います。

Q 高校を卒業されて約2年程経っていると思いますが、制服での演技はいかがでしたか?
A 今回はドラマ、映画通して、斗和のキャラクターが出るように、何パターンもの制服の着こなしをしたので、楽しかったです。

Q 今作は10代 最後の主演映画の撮影ということでしたが、どんなお気持ちで演技に臨んでいましたか?
A 今までと特別変わりはありませんが、10代のエネルギーだったり、キャラクターとの実年齢が近い分表現出来る、等身大の部分を大事に演じました。

Q 10代 の内にやっておきたいことや、20歳を迎える上での目標を教えてください。
A 20歳になったら、より一層、大人として、1人の人間として自分がどう生きて、どう進んで行きたいのかを自分の中で明確にして、責任を持っていろんなことに取り組んでいきたいです。

映画情報どっとこむ ralph 一方で、そんな中川に対し、本作の木村元子プロデューサーは

木村P:昨年『きょうのキラ君』という映画でご一緒しました。イメージ通り演技の時にはものすごくイケメンでとにかく真面目な俳優さん。しかし、一つ大きく予測と違ったのが“ヘタレ”な部分です(笑)仕事を離れたときにイケメンなことを本人が全く意識していないヘタレっぷりが面白くて、この役をオファーすることになりました。

と語り、中川さんの普段のヘタレっぷりがキャスティング理由の一つだと語った。


そして、監督を務めるのは“鬼才”井口昇さん。

中川さんとは、実写化不可能と言われていたハードな下ネタも満載のコミック原作のドラマ「監獄学園-プリズンスクール-」などでもタッグを組んでおり、その信頼関係は申し分ない。イケメンだけど、ヘタレな男子高校生が、恋という名の悶絶地獄に落ちていく日々と難攻不落の美少女を落す為に奮闘する姿を描いた痛快青春恋愛コメディが誕生した。

映画情報どっとこむ ralph 覚悟はいいかそこの女子。

2018年10月12日(金)全国公開です!

幼い頃から女子に囲まれてきたイケメンの“愛され男子”古谷斗和(ふるや とわ)。女性からチヤホヤされ、自分はモテると思い込んでいる斗和だが、実は付き合った経験ゼロで、もちろん非リア充・・・。ある日、彼女ができた同級生から「所詮、お前は観賞用男子だ!」と言われた斗和は、「(イケメンのオレが)彼女を作るなんてチョロい」と、高らかに「彼女作ります!!」宣言。狙うは学年一人気だが、幾人の男達からの告白を断り続ける難攻不落のクールビューティー・三輪美苑(みわ みその)。 そんな美苑に自信満々に告白する斗和だったが、「安っぽい告白」と一瞬でフラれる始末!!まさかの展開に、現実を受け入れられない斗和は、とにかく躍起になって、再三、アプローチを続けるが、撃沈の連続・・・。しかし、そんなアプローチを続ける日々の中で、次第に斗和は美苑の優しさや、人柄に触れ、本気で彼女を好きになり始めるのだった。そんな時、彼女の視線の先に美術教師・柾木隆次(まさき たかつぐ)いることに気づく・・・。
「俺はヘタレだ!」と自覚し、人生で初めて恋した相手に認めてもらうべく、見た目はイケメン、中味はヘタレな男が、本気で大奮闘! 見事ヘタレを克服し、初彼女をゲットできるのか!?

***********************************

主演:中川大志 
原作:椎葉ナナ「覚悟はいいかそこの女子。」(集英社マーガレットコミックス刊)
監督:井口 昇(『ブルーハーツが聞こえる』、『ライブ』、『ロボゲイシャ』他多数)
脚本:李 正姫 (「ホテルコンシェルジュ」、「真夜中のパン屋さん」他多数) 
制作時期:2017年12月17日~2018年1月28日
©椎葉ナナ/集英社 ©2018映画「覚悟はいいかそこの女子。」製作委員会
    


イケメンはお好き?映画『虹色デイズ』前売特典ビジュアル到着!!


映画情報どっとこむ ralph 今年7月に全国公開となります映画『虹色デイズ』は、〝たった一度だけ”の青春を駆け抜ける、ちょっとおバカでお騒がせな男子高校生4人の【友情】と【恋】に胸がときめく感動青春ストーリーです。
原作は″男子の本音がわかっちゃう“No.1青春コミック「虹色デイズ」(水野美波/集英社マーガレットコミックス刊)。
少女コミックながら<主人公が男子高校生>という斬新な設定が人気を呼び、累計発行部数は300万部を突破。『大人ドロップ』の新鋭・飯塚健が監督を務め、若者たちのリアルな感覚と青春の輝きを〝今しか撮れない”映像で紡ぎます。

この度、4月10日を「4人は友達の日」と記念し、特別な前売券3種の発売が決定いたしました!

全国の劇場窓口にて発売されるムビチケカードには、数量限定のミニクリアファイルが特典に。
クリアファイルの裏面には、主人公の4人が一同に視線を寄せる新ビジュアルが取り入れられ、思わずドキッとしてしまうフレッシュなデザインになっています。

さらに、GENERATIONS from EXILE TRIBEの初の単独ドームツアー「GENERATIONS LIVE TOUR 2018 “UNITED JOURNEY”」のナゴヤドーム(5月12日・13日)、京セラドーム大阪(5月25日・26日・27日)、福岡ヤフオク!ドーム(6月9日・10日)の3会場では、佐野玲於が演じる【なっちゃん】ビジュアルの限定ムビチケが発売!映画ポストカードが特典として付きます。

また、全国のローソン・ミニストップに設置されるLoppiにて、限定グッズ(引換券)付前売券の発売も決定!
限定グッズ内容は、カルテット主演を務めた4人の映画撮影時など、ここでしか見ることができない貴重な映像を収めたオリジナルDVDとポストカード4種類(なっちゃん、まっつん、つよぽん、恵ちゃん)のセットとなります。

豪華特典満載の前売り券をお見逃しないよう、是非この機会にお買い求めいただき、映画の公開を楽しみにお待ちください!

映画情報どっとこむ ralph ストーリー
ピュアで元気な愛されキャラの【なっちゃん(羽柴夏樹)】、チャラくて女好きなモテ男の【まっつん(松永智也)】、秀才で超マイペースなオタクの【つよぽん(直江剛)】、いつもニコニコ実はドSな【恵ちゃん(片倉恵一)】。性格も趣味もまったく違うのに、4人はいつも一緒な仲良し男子高校生。おバカでお騒がせな楽しい毎日を過ごしていたが、恋に奥手のなっちゃんが同級生の杏奈に片想いしたことで、4人の日常に変化があらわれ…?!

映画『虹色デイズ』作品

2018年7月6日(金)全国ロードショー

公式サイト
nijiiro-days.jp

公式Twitter
@nijiiro_movie

***********************************

出演:佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE) 中川大志 高杉真宙 横浜流星
吉川愛 恒松祐里 堀田真由 坂東希( E-girls/Flower) / 山田裕貴 滝藤賢一


監督:飯塚健 『荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE』『大人ドロップ』
原作:水野美波「虹色デイズ」(集英社マーガレットコミックス刊)
脚本:根津理香 『君に届け』/飯塚健
音楽:海田庄吾
制作:松竹撮影所
企画・配給:松竹
(C)2018「虹色デイズ」製作委員会(C)水野美波/集英社


映画『虹色デイズ』 EDテーマは降谷建志が書下ろし!予告映像到着!


映画情報どっとこむ ralph 佐野玲於・中川大志・高杉真宙・横浜流星 4人主演!

映画『虹色デイズ』が、7月6日(金)より全国公開することが決定しました!!

本作は、たった一度だけの青春を駆け抜ける、ちょっとおバカでお騒がせな男子高校生4人の【友情】と【恋】に胸がときめく感動青春ストーリーです。

映画情報どっとこむ ralph そして、映画のエンディング・テーマは、降谷建志(Dragon Ash)がソロとして書下ろした新曲「ワンダーラスト」に決定しました!

映画からインスパイアを受けて制作された「ワンダーラスト」。日々の出来事から明日へ向かう旅立ち、青春から次の世界への旅立ちなど、さまざまな物事を抱え乗り越えながら先へ進んでいく、この世代特有の心情を楽曲に映しこんでいます。

降谷建志さんからのコメントが到着しました!

作品の始まりから終わりまで、その全てを観て感じて曲を創らせてもらいました。
この映画と出会わなければ決して生まれる事のない、選ぶ事のない旋律や言葉を見出してくれてありがとうございます。
晴々としたエンディングから、観る人の劇場を出るまでの歩調がほんの少し軽やかになれば幸いです。    

映画情報どっとこむ ralph さらに、劇中の様々なシーンに散りばめられる挿入歌には、豪華アーティストたちの楽曲を使用。オープニングには映画タイトルにも繋がる、フジファブリックの「虹」。そして同じくフジファブリックの「バウムクーヘン」や、阿部真央の「17歳の唄」、さらに劇伴を手がける海田庄吾が作曲・飯塚健監督自ら作詞し、Leolaが歌う新曲「群青」、 SUPER BEAVERの「your song」など、男子高校生の青春を虹色に彩ります。

エンディング・テーマ「ワンダーラスト」の楽曲も今回解禁となり、フジファブリック「虹」と共に流れる予告編映像も完成!

男子たちの友情だけでなく恋の要素も加わったことで、10代には憧れや共感を、20代以上には心地よかった仲間との青春時代を思い出す、甘酸っぱくも楽しい映像となりました。
 


原作は″男子の本音がわかっちゃう“No.1青春コミック「虹色デイズ」(水野美波/集英社マーガレットコミックス刊)。少女コミックながら<主人公が男子高校生>という斬新な設定が人気を呼び、累計発行部数は300万部を突破。その実写映画化を手掛けるのは、『大人ドロップ』の新鋭・飯塚健監督。若者たちのリアルな感覚と青春の輝きを〝今しか撮れない”映像で紡ぎます。笑って、悩んで、恋をしてーーいつだってみんながいた。あふれるほどの【友情】と【恋】を駆け抜ける、たった一度の青春。いつもの毎日に、七色のキセキが輝く。この夏、男子だって本気で恋をする、新しい青春映画のバイブルが誕生します。

いつもの毎日に、七色のキセキが輝く
笑っって、悩んで、恋をして――いつだってみんながいた。
[友情]と[恋]を駆け抜ける、男子高校生4人の感動青春ストーリー!

物語・・・
ピュアで元気な愛されキャラのなっちゃん(佐野玲於)、チャラくて女好きなモテ男のまっつん(中川大志)、秀才で超マイペースなオタクのつよぽん(高杉真宙)、いつもニコニコだけど実はドSな恵ちゃん(横浜流星)。性格も趣味もまったく違うのに、4人はいつも一緒な仲良し男子高校生。おバカでお騒がせな楽しい毎日を過ごしていたが、恋に奥手のなっちゃんが同級生の杏奈(吉川愛)に片想いしたことで、4人の日常に変化があらわれ…?!

***********************************

出演:佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE) 中川大志 高杉真宙 横浜流星
     吉川愛 恒松祐里 堀田真由 坂東希(E-girls/Flower) / 山田裕貴 滝藤賢一
原作:水野美波「虹色デイズ」(集英社マーガレットコミックス刊) 
監督:飯塚健
脚本:根津理香/飯塚健
音楽:海田庄吾
エンディング・テーマ:「ワンダーラスト」降谷建志(ビクターエンタテインメント/MOB SQUAD)
挿入曲:フジファブリック/阿部真央/Leola/SUPER BEAVER
企画・配給:松竹
(C)2018「虹色デイズ」製作委員会(C)水野美波/集英社