「中島良監督」タグアーカイブ

26年ぶり主演の高嶋政伸が舞台挨拶で「感無量です」『アパレル・デザイナー』公開記念舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 1月10日(金)よりユナイテッド・シネマ アクアシティお台場ほか全国順次公開された映画『アパレル・デザイナー』公開記念舞台挨拶が1月11日(土)に行われました。

舞台挨拶冒頭、今回の映画の主題歌「destiny」を披露しに7’nS(セブンス)のメンバーたちが登場し歌とダンス、そして華やかなモデルウォークを披露した。舞台挨拶では主演の高嶋が、撮影から約1年経過したことを感慨深げに話した。また、挨拶の中で自身の子どもが2歳5か月になったことに触れ、俳優業の傍ら毎日子育てに追われていることを告白した。

映画『アパレル・デザイナー』完成披露舞台挨拶
日程:1月11日(土) 
場所:ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場
登壇:高嶋政伸、堀田茜、西村美柚、生田智子、中島良監督

映画情報どっとこむ ralph 【コメント】

◆高嶋政伸
冒頭のあいさつでは、
「さきほど裏で7’nS(セブンス)のモデルの方たちとも話をしたんですが、もう撮影から1年近く経っていて楽しい思い出ばかりで感無量です。」と、撮影から今日までの心境を語った。

「僕は今回若い俳優たちと一緒に撮影が出来ることが、大好きでした。年齢関係なく勉強になるし、若い感性は刺激になりました。今回の役も孤高のデザイナーというよりも、モノづくりを愛し、若者と作り上げていくことが好きな人物です。」と役どころと26年ぶりの主演作ということで俳優としての姿勢について語った。

撮影中のエピソードとしては、「令和になった日の撮影で、ケータリングにステーキが出たんです。それが、鉄板の分厚いものすごいステーキだったんです。あんなケータリングは見たことがなかったです。もう早く食べたかったです(笑)」と思い出を語った。

また、作品と自身の歩みをなぞらえて、
「子どもも2歳5ヶ月になりまして、毎日子育てに励んでいるのですが、人生というのは、もし一番悪い道があるとしたら、それは近道だなと考えています。遠回りしてでも、一つひとつやっていくのは大事だなと。この作品でも亀の歩みのような、ゆっくりと着実に進んでいる、みんなの頑張りを見ていってください」と自身と重ねて映画をPRした。

◆堀田茜
女優のほかにモデルとしても活躍する堀田は、アパレルという題材の今作について、「私も普段モデルをしていて知っているつもりだったファッション業界の裏の裏を描いた作品で、自分自身が成長できましたし一番思い入れのある作品になりました。この作品に出演できたことで、モデルとして1つ1つの服を大切に着ていきたいと思うようになりました。」と、モデルの仕事にも影響のある作品だったことを告白。
初共演した女優の西村美柚については。「フワフワしてクリオネみたいで、すごく癒されました。」と、印象を語った。

◆西村美柚
今作が映画初出演となった西村は、初映画の感想を「初めて映画に出させていただいて、役作りから始めてのことが多かったです。ベテランの方に囲まれてもっと成長したいと思いました。自分の出来ることを全力で頑張りました。」とフレッシュに語り、今年の抱負について聞かれると、「今年は大人っぽくなりたいです。フワフワしているとよく言われるので。」と、終始和やかな空気で語った。

◆生田智子
実在するアパレル企業を描いた今作で唯一企業内の人間の役ではなかった生田は、「ファッション雑誌の編集長という、ほかの出演者の皆さんとは違うかたちで今回は参加させていただきました。今回は映画の舞台となったHIRAKATAの敏腕プレス役の高島礼子さんとシーンが一緒だったので、令子さん役からひたむきさな
姿勢を教わりました。」と、共演した高島礼子について語った。今年の抱負については「私の年になると、まず健康が第一になるのですが年齢関係なく何かに挑戦してみようと思う映画になりました。」と映画のPRにつなげた。

◆中島良監督
監督をつとめた中島は、主演の高嶋について、「初めて高嶋さんにお会いした時すぐ”読み合わせをやろう”と言ってくれました。」と語った。作品については、「今回の映画は実在するアパレルメーカーの史実をもとにした作品です。ネットの完成披露の感想を見て作って良かったと思いました。観る世代によっていろんな見え方がある作品になっています。日本の会社、チーム、を描いていて”わかる、わかる”と思ってもらえる作品になっています。」と、熱く語った。「実は前川さんが演じているHIRAKATAの副社長が主張していることが、今年の僕のやりたいこと、抱負なんです。」と、ファストファッションに押され不況にあえぐアパレル企業をなんとか立て直そうと挑戦する姿に自身を重ねたという。

映画情報どっとこむ ralph 映画『アパレル・デザイナー』

公式HP:www.apparel-designer.tokyo

◆STORY
老舗アパレルのHIRAKATAは、かつては国内屈指のアパレルメーカーだった。だが、世界的に進んだカジュアル化の波やファストファッション、ロードサイド型の時流に乗れず、経営状態は陥落し苦境に追い込まれていた。社長の平形圭佑(西村まさ彦)と弟で専務の平形祐輔(前川泰之)は意見が対立していたが、祐輔は会社を復活させるために、10年前社長とぶつかって退社した元社員の藤村雄二(高嶋政伸)に白羽の矢を立て、彼の協力で新ブランドを立ち上げようとする。破天荒で個性的なデザイナーとして知られた藤村は、町で見かけた若きパタンナーの加世田京子(堀田茜)をスカウトし、HIRAKATAのアシスタントデザイナーの吉野清太(飯島寛騎)ら4人のスタッフとPRESSのエキスパート・片岡(高島礼子)、そして服作りで最も重要なファクターである、ヒール職人・岸本ゆり子(西村美柚)を迎えて新たなファッションを生み出そうとするが・・・

***********************************

◆出演
出演:高嶋政伸  堀田茜  西村美柚  飯島寛騎 
的場まりん 那須沙綾 髙尾雄次 福村あけみ
前川泰之 生田智子 高島礼子
西村まさ彦
 
スタッフ
製作総指揮:瀧田和起
プロデューサー:井口喜一 坂野達哉
共同プロデューサー;清水雅哉
監督:中島良
配給:BS-TBS
©2019『アパレル・デザイナー』製作委員会   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

横浜流星 サプライズの感謝の言葉にめちゃくちゃ嬉しい!映画『兄友』初日


映画情報どっとこむ ralph この度、5月26日(土)に公開された映画『兄友』の初日舞台挨拶が品川プリンスT・ジョイにて行われました。

登壇したのは、本作で単独初主演を果たした横浜流星をはじめ、共演の松風理咲、松岡広大、古川毅、小野花梨、中島良監督。
そして恒例、声優・福山潤が映像で参加しました!
初日舞台挨拶 スケジュール
日程:5月26日(土)
場所:品川プリンスT・ジョイ
登壇:横浜流星、松風理咲、松岡広大、古川毅、小野花梨、中島良監督
映像にて 福山潤
MC:伊藤さとり

映画情報どっとこむ ralph 主演の横浜流星、イケメンなのに女性に超奥手な高校生・壮太役の横浜は、本作で映画単独初主演。と言うことで当然並び一はセンター。
横浜さん:普段からセンターに立つことがないので、ちょっとソワソワする。(照れる表情がかわいい)身が引き締まる思いでいますが、撮影中は主演として皆がいやすいような環境を作れたらと。でも皆がどう思っているか。

とすると・・・・
松岡さん:いや、その通りで僕らはちゃんとできました。流星君は背中を見せてくれる人だったので、とてもやりやすかった。

と感謝すると、
横浜さん:照れますね、褒められるのは。

と赤面の横浜さん。

映画情報どっとこむ ralph 「撮影の思い出」

横浜さんは、劇中の胸キュンシーンの一つでもある「困ったワン」を数パターン振り切れた形で生披露。

松風さん:こけるシーンが多くて大変で、横浜さんに付き合ってもらって練習しました!
と、座長に助けてもらったエピソードを語ると、

横浜さん:ラブコメ作品なので、演技をデフォルメしなければいけない。そういうところが大変そうだった。

と労った。松岡さんは犬とのシーンを挙げ
松岡さん:手や服にドッグフードを仕込んでいたので、ベロベロと舐められました。手のところは本当に噛まれて・・・・。でも犬が凄く可愛かったので許しました。動物って愛くるしいなぁと。

演技初挑戦の古川さんは
初現場で11回のNGという伝説を作りました!初現場でそんなことになるのかとメンタルがやられたけれど、今ではいい思い出です。

爽やかに報告。すると、

横浜さん:若いから吸収が早い。素直だから凄い。自分も見習わなければと思いました。素直にやるのが一番いい!

と初心の大切さを改めて噛みしめていました。

映画情報どっとこむ ralph 小野さんは横浜さんと松風さんとの撮影外の絡みを暴露
小野さん:理咲ちゃんはフワフワしているイメージがあったので、大事に扱わなければいけないお姫様のようですよね。だけれど、横浜さんは主演として?あえてグイグイいっていたんです。可愛がるのではなく、魂でぶつかっているような感じ!言葉を選ばないで表現するならば、しつこくてウザめな絡み!でもリスペクトしてます!

とぶっちゃけ。

横浜さん:それは褒めているの!?けなしているの!?

と追及すると
小野さん:スーパー、スーパー、リスペクト!それを受け止める理咲ちゃんも素晴らしいです。

と会場を沸かせてくれました。

橘萩之介役の福山潤さんは、劇場に駆けつけることが出来ずに、完成披露の時同様に映像で登場!
初日祝いのオモシロメッセージをキャスト・監督に向けて贈りました。

映画情報どっとこむ ralph 舞台挨拶終盤には、横浜さんに完全サプライズで福山含む登壇者全員から横浜さんに対して感謝の色紙が渡された。

「美しいお顔と冷静だけど熱い心を近くで見られた。いつまでもお元気で」(小野)

「これからもよろしくお願いします、先輩」(古川)

「初主演、座長おめでとうございます」(松岡)

「流れ星のようにキラキラ輝いてください」(松風)
「世界に飛び出せ」(中島監督)
更に福山さんからも筆字のメッセージは達筆すぎ!!!
横浜さん:この展開、台本に書いてなかった!めちゃくちゃ嬉しい!言葉が出てこない。皆さんが素直でいい子だったから主演を務めることができた。みんなに助けられて感謝です。

映画情報どっとこむ ralph
最後に・・・
横浜さん:温かくピュアな作品です。恋をしたことのある方は初恋の感情を思い出してもらえるし、恋をしたことのない方には、作品を通して恋をしたいと思ってもらえれば。そして今恋をしている方には、壮太君の成長する姿を見て、一歩踏み出すきっかけになれば嬉しいです。

とメッセージを込めました。

兄友

5月26日(土)全国順次公開中

公式サイト:
anitomo-movie.jp

公式twitter :
https://twitter.com/anitomo_eiga

物語・・・
イケメンなのに女性に超奥手な西野壮太(横浜流星)は、ある日友人・七瀬雪紘(古川毅)の自宅で妹・まい(松風理咲)と出会いドキドキ!西野は思わず「妹さん・・・可愛いな」と雪紘に伝えてしまう。ところがこの兄妹の部屋は壁が薄くて、その会話はまいの部屋につつ抜け!!イマドキの恋愛ができない素朴なまいは、兄たちの会話で不思議な気持ちを初体験。そして何とか自分の気持ちを伝える壮太とまいは付き合うことに。。。そして壮太は妹・秋(小野花梨)がアルバイトをするDogカフェ「Happy Dogs」の店長橘萩之介(福山潤)から恋愛講座を受けながら、まいとのぎこちない恋愛をスタートするのだが、壮太の従弟・加賀樹(松岡広大)も、まいを好きになってしまい・・・。まさかの三角関係勃発か?!
果たして、この二人のウブ・ストーリーの結末は?!
***********************************

出演:横浜流星 松風理咲 松岡広大 古川 毅 小野花梨 / 福山 潤

監督:中島良
脚本:中川千英子
原作:赤瓦もどむ「兄友」(白泉社・花とゆめ)
主題歌:サイダーガール「パレット」(UNIVERSAL J)
制作プロダクション:ドリームプラス、ブースタープロジェクト
配給:T・JOY カラー/ビスタ/5.1ch/86分(予定)
©『兄友』製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

横浜流星、松風理咲、松岡広大、古川毅、小野花梨、中島良監督 登壇!『兄友』完成披露


映画情報どっとこむ ralph この度、5月26日(土)に公開される映画『兄友』の完成披露上映会を、5月9日(水)に新宿バルト9にて行われました。

本作で単独主演を果たした横浜流星さんをはじめ、松風理咲さん、松岡広大さん、古川毅さん、小野花梨さん、中島良監督が登壇!

映像にて福山潤さんも愛の伝道師的な感じで登場しました!


東京完成披露上映会 スケジュール
日程:5月9日(水)
場所:新宿バルト9
登壇:横浜流星、松風理咲、松岡広大、古川毅、小野花梨、中島良監督 /映像にて 福山潤

映画情報どっとこむ ralph キャスト全員が役衣装で登場すると客席は歓声と拍手の渦!
物凄い量の流星のウチワとパネルが振られる歓迎ぶり。
横浜さん:超うぶな男子を演じました!是非胸キュンして帰ってください!

松風さん:今回初めて観ていただけるということで、凄い嬉しいなと思っています。

松岡さん:兎に角狂気さみたいなものを芝居にぶつけました!

古川さん:こんなにピュアな作品があるのかと。この作品を一足先に観ていただけます。楽しんで帰ってください。

小野さん:流れ星って文字が沢山見えて。横浜流星さんの人気凄いな!と思いました!

中島監督:松岡君のあれは嘘ですからね!皆さん楽しんでいってください!

と、其々の挨拶からスタート!

ドラマを観てた人を聞くとほとんど。劇中の衣装に興奮気味の観客!

横浜さん:原作ものはいくつかやってきましたが、特に僕とかけ離れた役だったので特に難しかったです。世界観も壊したくはなかった。主人公ということで受けの芝居が多い中で、発信されるお芝居を素直に受けて素直に返すことを意識しました。コメディシーンもデフォルメすることを意識しました!だから観てもらうことに嬉しさと恥ずかしさがありますね。

とこれから観てもらうお客様を前に話すと、横浜さんが一目ぼれする役の松風さんは

松風さん:西野さん(横浜)はいい人だし優しい。

というと流星君も優しい?と聞く横浜さん

松風さん:はい!でも、もっと男らしさがあったら素敵な人だと思います。

静まる会場に慌てて

松風さん:…あっ西野さんが、という話です。(笑)私自身、積極的に行けないタイプなので引っ張ってくれるような人がいいです。

と理想の男性像を明かすと、

横浜さん:通っている高校にはいないんだね?

と聞くと、

松風さん:…いや、女子高なので

とのやり取りは会場を沸かせていました!

映画情報どっとこむ ralph そんな2人の仲睦まじい様子に

小野さん:横浜さんの質問攻めに理咲ちゃんが一生懸命に答えていて…。そんな姿を見せつけられて素敵な関係だなぁと思いました。

と舞台裏を振り返りながら

小野さん:さっきも横浜さんが理咲ちゃんに『舞台挨拶で優しいって言って、お願いだよ』と言っていて。それに関してはどうかと思うけど。

と暴露。それに

松風さん:答えにくいような質問をしてきます。

と頷くと、

横浜さん:距離を近づけたくて、そこはあえてやっていました。

と弁解すると・・・

小野さん:その努力が感じられて感動しました。

と返しも絶妙。彼女面白いです!

一方で、

古川さんは実は映画初出演。

古川さん:普段の音楽の現場とは環境も感覚も違った。これでもかというくらい初日に緊張して、3日くらいに感じました。そんな時に流星君が助けてくれて、貫禄あるアドバイスをくれた。凄く助かったし、初出演の映画がこの作品でよかった。

と座長に感謝。それに

横浜さん:自分にとって初単独主演映画だし、ほぼ年長だったので、ちょっとでもアドバイスできればと。でも毅はだんだんと現場に慣れ始めて、アドリブを言ったり、間を作ったり。吸収力が早い!もう好きになりそう。

と太鼓判!!。

松岡さん:僕がクッキーを食べているシーンがあるけれど、凄い顔をしている。振り切ってやっています。ぜひ注目して。

と見どころをアピールした。

映画情報どっとこむ ralph そして!本作で原作にはない映画オリジナルキャラクターとして話題になっている橘萩之介(福山潤)からのビデオレターが披露。
まるで教祖様風!若干後光が!

一人二役で繰り広げられる恋愛講座がファンの間でも話題になっているが、ビデオレターでは、付き合い始めた壮太(横浜流星)とまい(松風理咲)に恋愛講座応用編を披露。二人が実演するコーナーも!

映画情報どっとこむ ralph 映像終了後は、恋愛講座に引き続き、恋愛Q&Aコーナーを実施。

Q:恋人に下の名前で呼ばれたらキュンとする?

古川さん:純粋に嬉しい。

とYESを選択する中で、横浜と松岡はNOを選択。

松岡さん:そういう関係性だからキュンキュンはしない。

横浜さん:同じく。嬉しいけれどキュンとはしない。と返答すると、

小野さん:それは下の名前で呼ばれ慣れているから!呼び方をひねらなければ響かない鋼の心になったということ。

と突っ込んでいた。

Q:恋人が作ってくれたものなら何でもキュンキュンする?

松風さんと小野さんがNO。

松風さん:作ってくれるのは嬉しいけれど、そんなキュンキュンしない。

小野さん:何でもというのが引っかかる。気持ちが大事。作ったからあげる、それでいいのかという問題!

ヒートアップする女性陣に横浜も「辛辣…」とタジタジだった。

Q:何回目のデートでキスしようかと考えている恋人はあり?

横浜さんと古川さんがYES。
横浜さん:それを考えてくれているということが可愛い。そして自分からいく!

と堂々宣言で、

古川さん:手慣れているよりも初々しさがいい。


NOを選んだ松風さん、小野さん、松岡さん、中島監督。

否定派の松風さんは

松風さん:男性にはどっしりと構えていてほしい。女の立場からいうと、男らしさがほしい。

とそれぞれ白熱トークを繰り広げていた。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・
横浜さん:少女漫画が原作ですが、壁ドン、顎クイもありません。ピュアで温かくて、登場人物みんなを愛せるような作品です。皆さんにも恋の行方を応援してもらって、胸キュンしてほしいです。

とイベントを締めました!


兄友

公式サイト:
anitomo-movie.jp 

公式twitter:
@anitomo_eiga

物語・・・
イケメンなのに女性に超奥手な西野壮太(横浜流星)は、ある日友人・七瀬雪紘(古川毅)の自宅で妹・まい(松風理咲)と出会いドキドキ!西野は思わず「妹さん・・・可愛いな」と雪紘に伝えてしまう。ところがこの兄妹の部屋は壁が薄くて、その会話はまいの部屋につつ抜け!!イマドキの恋愛ができない素朴なまいは、
兄たちの会話で不思議な気持ちを初体験。そして何とか自分の気持ちを伝える壮太とまいは付き合うことに。。。そして壮太は妹・秋(小野花梨)がアルバイトをするDogカフェ「Happy Dogs」の店長橘萩之介(福山潤)から恋愛講座を受けながら、まいとのぎこちない恋愛をスタートするのだが、壮太の従弟・加賀樹(松岡広大)も、まいを好きになってしまい・・・。まさかの三角関係勃発か?!果たして、この二人のウブ・ストーリーの結末は?!

***********************************

出演:横浜流星  松風理咲 松岡広大 古川 毅 小野花梨 / 福山 潤
監督:中島良
脚本:中川千英子 
原作:赤瓦もどむ「兄友」(白泉社・花とゆめ) 
主題歌:サイダーガール「パレット」(UNIVERSAL J)
制作プロダクション:ドリームプラス、ブースタープロジェクト 
配給:T・JOY カラー/ビスタ/5.1ch/86分(予定) 
『兄友』製作委員会 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ