「中島哲也監督」タグアーカイブ

岡田准一主演!あの中島哲也監督の最恐エンターテインメントが『来る』ポスター到着!


映画情報どっとこむ ralph この度、映画『来る』(12月7日公開)のポスタービジュアル。

今回初解禁となったポスタービジュアルは、上から迫りくる“あれ”を待ち受けるような、豪華俳優陣5人の緊張感のある表情が印象的なポスタービジュアルとなりました。


何よりも、岡田准一久しぶりの現代劇での髭面&ド派手な柄シャツ!小松菜奈のピンク色の髪!松たか子の意味深な顔の傷!など、ビジュアルだけでも本作全篇に漂う怪しい雰囲気を感じさせます。

今まで観たことが無かった彼らの演技合戦も本作の目玉の一つ。

先日公開された特報映像にも多くの反響が寄せられ、「怖すぎる、でも観てみたい!」、「早く観たい!」、「これは期待大!」など、本作の公開を待ちきれない様子が伺えました。

果たして“あれ”はポスタービジュアルの通り、上から“来る”のか、はたまた下から“来る”のか。それとも…。公開日は12月7日に来ます。

映画情報どっとこむ ralph 『あの中島哲也監督の最恐エンターテインメントが、来る』とポスターのキャッチにありますが・・・

中島哲也監督は・・・

2011年度の米国アカデミー賞外国語映画賞部門に日本映画代表作として選出され、国内でも数々の映画賞を席巻、興行収入38.5億円の大ヒットを記録した映画『告白』。監督・脚本を務めたのは、CM演出の巨匠にして、その独自の映像センスで日本映画界に新風を巻き起こした天才。

そして2018年。
中島監督最新作に、日本を代表する5人の演技派俳優が集結した。主演は、近年数多くの映画に出演し、名実ともに国民的俳優となった岡田准一。『小さいおうち』でベルリン国際映画祭最優秀女優賞を受賞し、日本中の話題を集めた黒木華。中島監督作『渇き。』で才能を見出され、日本アカデミー賞新人俳優賞受賞、鮮烈な女優デビューを飾った小松菜奈。『ヴィヨンの妻』で報知映画賞・日刊スポーツ映画賞・日本アカデミー賞の3賞で最優秀女優賞を受賞、『告白』では中島ワールドの強烈なヒロインを体現した松たか子。

そして『悪人』で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞、『怒り』では同最優秀助演男優賞を受賞、確かな演技力で日本映画界を支えてきた妻夫木聡。ほかにも個性的な面々が共演。原作は宮部みゆきらが大絶賛した、第22回日本ホラー小説大賞受賞作「ぼぎわんが、来る」。(澤村伊智/角川ホラー文庫刊)。

映画情報どっとこむ ralph この冬、人間の心の闇を描く、かつてない最恐エンターテインメント

映画『来る』

12月7日(金) 全国に、、、来る!

公式サイト:
http://kuru-movie.jp/

最新ストーリー
オカルトライター・野崎のもとに相談者・田原が訪れた。最近彼の身の回りで、超常現象としか言い様のない怪異な出来事が連続しており、妻・香奈と幼い一人娘・知紗に危害が及ぶことを恐れていると言う。野崎は、霊媒師の血をひくキャバ嬢・真琴とともに調査を始めるのだが、田原家に憑いている「何か」は、想像をはるかに超えて強力なものだった。民俗学者・津田はその「何か」を、田原の故郷の民間伝承に由来する、人ならざるモノ、「※※※※」ではないかと言う。対抗策を探すため、記憶を辿る田原。幼き日。「お山」と呼ばれる深い森。片足だけ遺された赤い子供靴。名を思い出せない少女。誰かがささやく声。その声の主、・・そ・・う・・か!・・あ・・れ・・の・・正・・体・・は、・・あ・・い・・つ・・だ!
あれの名を呼んではならない。あれは人の声と形を真似て、人の心の闇に、来る。 エスカレートする霊的攻撃に死傷者が続出。真琴の姉で日本最強の霊媒師・琴子の呼びかけで、日本中の霊媒師が集結。かつてない規模での「祓いの儀式」が始まろうとしていた。彼らは、あれを止めることができるのか!?


≪原作≫
「ぼぎわんが、来る」(2015年10月30日 初版発行 2月24日文庫発売)
◆著者:澤村伊智(角川ホラー文庫刊)2015年「第22回日本ホラー小説大賞」獲得


***********************************

監督・脚本      中島哲也
出演         岡田准一 黒木華 小松菜奈 / 松たか子 / 妻夫木聡
撮影スケジュール   2018年2月上旬~5月上旬
製作プロダクション  東宝映画 ギークサイト
配給         東宝
©2018「来る」製作委員会


中島哲也監督 × 岡田准一 映画『来る』製作決定!コメント到着!


映画情報どっとこむ ralph
中島哲也監督
『嫌われ松子の一生』や『告白』中島監督の最新作が、『渇き。』以来5年の時を経て遂に製作決定!

そのタイトルは・・・『来る』。

最新作の題材に選んだのは、「第22回日本ホラー大賞」にて宮部みゆきらの大絶賛コメントを浴びて大賞を受賞した、澤村伊智による小説「ぼぎわんが、来る」(角川ホラー文庫刊)。

映画情報どっとこむ ralph この怪作の主演を託されたのは、『海賊とよばれた男』(16)で第40回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、近年数多くの映画に出演し、名実ともに国民的俳優となったおかだ岡田じゅんいち准一。中島監督とのタッグは、本作が初!

岡田准一【野崎 役】さんからのコメント
今回、初めて中島哲也監督とお仕事させていただくことを光栄に思っております。同世代の妻夫木聡さん、初めてご一緒させていただく松たか子さん、小松菜奈さん、何度かご一緒させていただいている黒木華さん。皆様と中島監督の世界でお芝居ができることを今から楽しみにしております。中島監督のホラーということで、怖くて脚本を読むのも大変ですが、作品の中で野崎として生きていけるように頑張ります。


そして、妻夫木扮する【田原秀樹】の妻役にくろき黒木はる華。

黒木華 【田原香奈 役】さんからのコメント
今回の香奈という役は、自分にとって大変大きく今までにない挑戦になります。難しい所もあると思いますが、監督と、共演の方々と共に、自分に無いものと在るものも含めて、最大限に楽しめればと思います。


岡田扮する【野崎】と共に“それ”と戦うことになった女性にこまつなな小松菜奈。

小松菜奈【比嘉真琴 役】さんからのコメント
中島監督とは私が女優として映画初出演の「渇き。」以来になります。再び中島監督とお仕事出来ることは嬉しさと怖さがあるのは正直な気持ちです。今回私が演じる真琴は、一風変わったキャラクターですが強さと弱さ、正義感、女性らしさを兼ね備えたとても人間味ある人だと思いました。また内面の役作り含め、今回はビジュアルも監督はじめスタッフの方々と相談しながら作りあげたので、現場に入って監督、共演者の方々と共存する中でどんな真琴が生まれるか今からワクワクします。そして、真っ直ぐぶつかっていきたいと思います。

映画情報どっとこむ ralph さらに、映画『告白』の主人公としても記憶に新しいまつ松たかこ子が、最強の霊媒師役で参加。

松たか子【比嘉琴子 役】さんからのコメント
中島監督に再び声をかけていただき、嬉しい気持ちと、何をどうすればいいのかわからない思いの両方で胸がいっぱいです。でも、魅力的な出演者の皆さんとご一緒できることを、本当に楽しみにしています。撮影が始まるまでに、ゼロになることを恐れず、今のこのいっぱいな心をからっぽにして、現場に向かいたいと思います。


そして正体不明の“それ”に狙われるきっかけとなった重要な役どころを演じるのは、『悪人』(10)と『怒り』(17)でそれぞれ日本アカデミー賞最優秀主演男優賞と最優秀助演男優賞を受賞し、俳優としてますますその動向が注目されるつまぶ妻夫木聡さん。中島監督作品への参加は、『パコと魔法の絵本』、『渇き。』(14)に続き3回目。

妻夫木聡【田原秀樹 役】さんからのコメント
中島監督がみせるホラーとはどういうものか、僕自身とてもワクワクした気持ちでいます。
中島監督の作り上げる世界は幻想的でもあり現実的でもあり、いろんな感情が渦巻いたその世界の中で生きることをいつも楽しませて頂いています。本当に怖いものはもしかしたら…と思うような結末は新しいホラーの形となることを確信しています。楽しみにしていてください。

映画情報どっとこむ ralph 中島監督は、原作小説を読んですぐに「映画化したい」と快諾し、1年以上にわたり脚本を執筆。

劇団「ハイバイ」を主宰し、岸田國士戯曲賞、向田邦子賞をW受賞した気鋭の劇作家・岩井秀人も共同脚本として参加。原作の魅力はそのままに、中島監督でしか撮ることのできない映画の企画が立ち上がりました。企画・プロデュースは、『悪人』『モテキ』『君の名は。』等、数々のヒット作を世に放ち続けるかわむら川村げんき元気。中島監督と川村プロデューサーは、『告白』(10)以来、2回目のタッグ。


「来る」

2019年 全国東宝系にてロードショー!

公式サイト: 
http://kuru-movie.jp/

物語・・・
愛する妻・かな香奈(くろき黒木はる華)と結婚式を終え、幸せな未来に胸を膨らますたはら田原ひでき秀樹(つまぶ妻夫き木さとし聡)。そんな彼の会社にある日、謎の訪問者が。取り次いだ後輩いわく、「チサさんの件で」とのことだが、秀樹の脳裏に疑問がよぎる―。チサとは、妊娠した香奈と喜び勇んでつけたばかりの娘の名=知紗。まだ二人しか知らないはずの名がなぜ―。訪問者の正体はわからぬまま。“それ”と会話した後輩は謎の死を遂げる―。
2年の月日が流れ、「イクメンパパ」として知紗を溺愛する秀樹の周囲で不可解な出来事が起こりだす…。
“何かに狙われているのでは?”と恐れた秀樹は、知人の伝手でフリーライターののざき野崎(おかだ岡田じゅんいち准一)と、その恋人で強い霊感を持つま真こと琴(こまつなな小松菜奈)を紹介してもらうことに。だが、真琴も“それ”を感知した途端、その強大さを思い知るのだった。
 そしてついに “それ”にカタをつけるため、真琴の姉で、国内一の霊媒師・ことこ琴子(まつ松たかこ子)をはじめとした神社の神職、沖縄のユタなど、全国から猛者達が次々に集結してくる。クリスマスの夜。「…来る」、琴子が告げ、遂に“それ”との戦いが幕を開けるー。

***********************************

監督・脚本: 中島哲也
出演:岡田准一 黒木華 小松菜奈 / 松たか子 / 妻夫木聡
撮影スケジュー:2018年2月上旬~4月中旬頃
製作プロダクション:東宝映画 ギークサイト
配給: 東宝
©2019「来る」製作委員会


『渇き』『かぐや姫の物語』米ファンタスティック映画祭で受賞!


現在アメリカ・テキサス州、オースティンで開催中(9月18日~25日)のファンタスティック映画祭において米国時間の23日夜に行われた授賞式で、

中島哲也監督『渇き。』が最優秀脚本賞を受賞!

高畑勲監督の『かぐや姫の物語』は観客賞を受賞!

日本映画が2つの部門で受賞しました!

ファンタスティック映画祭とは
アメリカ・テキサス州オースティンで毎年開催されるジャンル映画祭。
スペインのシッチェス、カナダのファンタジアと並ぶ世界三大ファンタ系映画祭の一つ。アメリカ最大のジャンル映画祭として人気が高いものです。

因みに、その他受賞作について下記になります。
Fantastic Features部門 
作品賞:「ALLELUIA」ファブリス・ドゥ・ヴェルツ監督 
(ベルギー/フランス)  
監督賞:ファブリス・ドゥ・ヴェルツ監督 「ALLELUIA」 
(ベルギー/フランス)  
男優賞賞:ローラン・リュカ 「ALLELUIA」 
(ベルギー/フランス)  
女優賞:ロラ・ドゥエニャス 「ALLELUIA」 
(ベルギー/フランス)

「ALLELUIA」が4冠!観てみたいですね。

********************************************************************


『渇き。』『渇き。』 出演:役所広司 小松菜奈      
   妻夫木聡 清水尋也 二階堂ふみ 橋本愛 / 國村隼 / 黒沢あすか 青木崇高 オダギリジョー / 中谷美紀

監督:中島哲也 
脚本:中島哲也 門間宣裕 唯野未歩子 
原作:深町秋生「果てしなき渇き」(宝島社刊)
企画:ギャガ/リクリ 
製作:ギャガ/リクリ/GyaO!/TSUTAYA
制作プロダクション:リクリ 
配給:ギャガ
(C)2014「渇き。」製作委員会
 
       


『渇き。』キャスト集結完成披露試写会レポ


公開日を6月27日(金)に緊急繰上げが決まった『告白』の中島哲也監督最新作

『渇き。』

TOHOシネマズ六本木ヒルズにて、キャスト・監督登壇の完成披露試写会を実施されました。

中島哲也監督最新作_渇き 日時:2014年6月9日(月) 18:30~
場所:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ スクリーン7
登壇者:役所広司、小松菜奈、清水尋也、橋本愛、國村隼、オダギリジョー、中谷美紀、中島哲也監督


登壇者のそばには、役所さんは「狂犬」、小松さんは「天使?」、中谷さんは「偽善」、オダギリさんは「畜生」など、本作でそれぞれが演じた役柄を二文字で表したパネルを用意。

「ロクデナシの親父」という破天荒な役を演じた役所さんは

「まさに狂犬という役柄で、撮影の前にこの言葉をいただいていたらもっと良い芝居ができたかもしれない(笑)。こういう役柄は初めてで、たくさんのことにチャレンジしました。とんでもなくダメなやつだけど、気持ちよくできた」

と撮影を楽しんだ様子。『パコと魔法の絵本』以来のタッグとなる中島監督との仕事については
「いつも強烈な個性のある役をいただけるので楽しみです。撮影は長いけれど、芝居を丁寧に撮ってくれるので、役者にとってはとても得な監督」

と振り返りました。

本作でスクリーンデビューを果たす小松さんは自身の役柄について
『渇き。』
「天使か悪魔かと聞かれれば、悪魔かもしれない。でも天使な部分もあって…人を惹きつける不思議な魅力のある子」

と分析。厳しいことで有名な中島監督については
「私が緊張しないようにすごく気を使っていただいて。優しいくまさんみたいな方です!」

と印象を語るも、初めての舞台挨拶に緊張し「怖かった」と本音も。

『嫌われ松子の一生』など中島作品の常連である中谷さんは
「雪原のロケでは手袋もしないまま役所さんと二人で放り出されて…ロケハンの段階でどれだけ寒いかを分かっていらっしゃって、1~2テイクでOKを出してくれました」

と、監督の優しい一面を披露。監督は
「雪の上は一度動くと崩れてリテイクが効かないからね。しぶしぶOKしたんだよ(笑)」

と冗談交じりに照れ隠し。

オダギリさんは
「ピリピリしているようで、皆がきちんと監督を見ている、良い現場だなと思いました」

と語り、『告白』で注目を集めた橋本さんが
「4~5年ぶりの監督の現場でしたが、役者を一番大事にしてくれるところが変わっていなくて。また参加できて嬉しい」

と語ると、中島監督は
「(嬉しくて)泣きそうです」。

『パコ~』の際にオカマの役を演じ、今回は悪徳医師を演じた國村さんは
「キャラクターが皆クレイジーだったり、変態だったり。僕もすごい変態の役だけど、中島監督の作品では初めてやる役柄が多い」

とのこと。中島監督は演出について
「細かく指示するタイプじゃない。役所さん、小松さん、清水くんは物語の中心だから比較的リハを重ねたけれど、他の方に関しては『変ならOK。できるだけやりすぎなくらいで』というかんじで自由にやってもらった。他の作品では見られないような顔が撮れていると思いますよ」

手ごたえを感じている様子。

イベントが行われた6月9日に15歳の誕生日を迎えたボク役の清水さんさんですが、本作は実はR15指定。
「やっとこの作品が見られる年齢になりました。友達には年齢的にも内容的にも薦めにくいのですが、ぜひ見てほしいんです。『覚悟を決めて見て!』と伝えます」とコメント。
 
監督は「役所さん始め、素晴らしい俳優たちが集まってくれて、こんな大きな会場で皆さんに見ていただけることが信じられない。目を伏せたくなるシーンはそうしていただいて、なるべく途中で出ていかないでほしいです(笑)。最後まで観ていただければ人間ドラマとして伝わるものがあるはずです」とコメント。

役所さんは「今の日本映画界ではなかなか企画が通りにくいような内容ですが、だからこそ情熱を注いだ作品です。たくさんの方に広めてほしいと思っています」と語った。

中島哲也監督最新作

『渇き。』

6月27日(金)TOHOシネマズ六本木ヒルズ他から公開です。



********************************************************************

『渇き。』

『渇き。』sub1元刑事のロクデナシ親父・藤島(役所広司)に離婚した元妻から連絡が入った。成績優秀なうえ、容姿端麗、学園のカリスマでもある女子高生の娘・加奈子(小松菜奈)が失踪したという。自分のせいで全てを失った男が、再び“家族”を取り戻すべく、姿を消した娘の行方を追うことに。

『渇き。』sub2娘の交友関係をたどって行く先々で、語られる「知らない加奈子像」に戸惑う藤島。想像を超えて肥大し、踏み入れるほどに見失う娘の正体。やがて藤島の激情は、果てしない暴走をはじめる―。


出演:
役所広司
小松菜奈
妻夫木聡 清水尋也 二階堂ふみ 橋本愛 / 國村隼 / 黒沢あすか 青木崇高 オダギリジョー / 中谷美紀
監督:中島哲也 脚本:中島哲也 門間宣裕 唯野未歩子 
原作:深町秋生 「果てしなき渇き」(宝島社刊)
企画・製作:ギャガ リクリ 
制作プロダクション:リクリ 
配給:ギャガ
日本映画/2014年/118分/シネマスコープ/5.1chサラウンド/R15+     
(c)2014「渇き。」製作委員会                     


『渇き。』愛する娘は、バケモノでした。公開日決定



『渇き。』『告白』中島哲也監督の最新作

『渇き。』

ですが、この度、劇場公開日の変更が決定。

当初予定していた7月4日(金)の公開日を1週間繰り上げ、6月27日(金)全国公開です!

また、本作に圧倒的支持を頂けている学生(高校生・大学生)※1 の御客様におきましては、公開初日からの8日間<6/27(金)~7/4(金)>の早期のみ限定で学生割引を実施し、期間中1000円でご鑑賞いただけるキャンペーンを実施されます。(※1:ギャガモニター調査より)

映画『渇き。』学生割引キャンペーン
物語ですが。。。

元刑事のロクデナシ親父・藤島(役所広司)に離婚した元妻から連絡が入った。
『渇き。』sub1 成績優秀なうえ、容姿端麗、学園のカリスマでもある女子高生の娘・加奈子(小松菜奈)が失踪したという。

自分のせいで全てを失った男が、再び“家族”を取り戻すべく、姿を消した娘の行方を追うことに。

『渇き。』sub2娘の交友関係をたどって行く先々で、語られる「知らない加奈子像」に戸惑う藤島。想像を超えて肥大し、踏み入れるほどに見失う娘の正体。

やがて藤島の激情は、果てしない暴走をはじめる―。

愛する娘は、バケモノでした。

『告白』中島哲也監督の最新作

『渇き。』

6月27日(金)全国公開です。



********************************************************************


出演:役所広司
小松菜奈
妻夫木聡 清水尋也 二階堂ふみ 橋本愛 / 國村隼 / 黒沢あすか 青木崇高 オダギリジョー / 中谷美紀
監督:中島哲也 脚本:中島哲也 門間宣裕 唯野未歩子 原作:深町秋生 「果てしなき渇き」(宝島社刊)
企画・製作:ギャガ リクリ 制作プロダクション:リクリ 配給:ギャガ
日本映画/2014年/118分/シネマスコープ/5.1chサラウンド
(c)2014「渇き。」製作委員会/R15+