「中山麻聖」タグアーカイブ

中山麻聖・朴璐美・田中敦子・東啓介ら登壇!劇場アニメ「薄墨桜―GARO―」初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 哀しくも美しい復讐劇「薄墨桜 -GARO-」。

公開初日10月6日(土)に新宿バルト9にて、中山麻聖(雷吼役)さん、朴路美(星明役)さん、田中敦子(明羅役)さん、東啓介(時丸役)さん、西村聡(監督)登壇による初日舞台挨拶が行われました。



劇場アニメ「薄墨桜―GARO―」初日舞台挨拶

日付:10月6日(土)
場所:新宿バルト9
登壇:中山麻聖(雷吼役)、朴璐美(星明役)、田中敦子(明羅役)、東啓介(時丸役)、西村聡監督

映画情報どっとこむ ralph 上映後の挨拶に現れたキャストの皆さんと監督に大興奮の観客

西村監督:いかがだったでしょうか?
と問いかけると、観客は大きな拍手で応えていた。

本作は、15年に放送されたテレビアニメ「牙狼 -紅蓮ノ月-」に続き、平安時代を舞台した作品。
そのテレビシリーズ時からの付き合いとなる中山さんと朴さんが息の合ったやり取りで、会場を盛り上げていく。この作品で声優に初めて挑戦したという新キャラクター時丸を演じた東さん。アフレコのエピソードとして、

東さん:一人での収録だったのに大半が叫んでいました!
という話をすると、それを聞き逃さず

朴さん:今、ちょっとやってみない?

と、自然に無茶振り!!!それに応えての東さんの叫びも、ものすごい迫力でした。

西村監督:東くんは4~5秒叫び続けられる、ものすごい肺活量の持ち主です!

と絶賛。それを聞いて、今度は朴さんが中山さんに叫ばせるという、さらなる無茶振りに発展。それに中山さんがしっかりと応えるなど、この作品のチームの雰囲気の良さが伝わる転回。


また、本作でもかなり重要な人物である、新キャラクターの明羅を演じた田中さんは、アフレコするにあたり、自身の中で明羅像を準備して臨んだが、現場で堀内賢雄が演じる藤原道長の声を聞いて、明羅としての感情が引き出されたとのことで

田中さん:賢雄さんに感謝しています。

と語っていた。
 
2人でアフレコ収録をしたという中山さんと朴さんは、お互いが自身のキャラクターに似ているという話になり、
朴さん:天然なところが雷吼に似ている。

と言えば、
中山さん:ドSなところが星明にそっくり。

と反撃、まるでキャラクターそのままのようなやり取りが展開されていた。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・。

東さん:この作品を見て、人の念、兄弟愛、あらためて考えることが多かったです。こんなにいい作品に出会えて感謝だと思います。牙狼-GARO-シリーズであったり、何かの作品でまたチャレンジしたいです。今後も牙狼-GARO-を愛していただければと思います。

田中さん:私自身、参加させていただいたことが光栄ですし幸せです。何度も劇場に足を運んでいただいて、違った視点で何度も鑑賞していただけると嬉しいです。

朴さん:人の業というのは恐ろしい、火羅(ホラー)に堕ちてはいけないというのは常日頃感じております。『紅蓮ノ月』から来た『薄墨桜』は平安を舞台にしていて、『牙狼-GARO-』と日本の和がこんなにマッチするんだなと感じました。皆さんも来年の春、桜が咲く頃にこの作品のDVDを見ていただけたらと思います(笑)

中山さん:僕の大好きな『牙狼-GARO-』が劇場になったのは、こうやって皆さんが応援してくれているからこそです。本来なら皆さんに感想を聞いて回りたいくらいですが、その時間もないので、SNSやお手紙などに感想をいただければ目を通させていただきます! 毎週ドラマCDも配布されますので、その都度、足を運んでいただければと思います。

西村監督:映像そのものはかなり前に完成していて、やっとこの日が来たということで感無量です。みなさんからも拍手もいただきましたが、まだたくさんの方に見てもらいたいと思います。ぜひSNSとかでツィートなどをしていただけると助かります。今日は皆さん来ていただきありがとうございました!


薄墨桜 -GARO-

桂正和×小林靖子実力派クリエイター陣が放つ、哀しくも美しい復讐劇が花開くー。

キャラクターデザインには『TIGER&BUNNY』『電影少女』など幅広い世代に圧倒的人気を誇る漫画家・桂正和。
脚本には「進撃の巨人」「ジョジョの奇妙な冒険」をはじめジャンルを問わず緻密なストーリーを作り上げる小林靖子。
そして、監督には「うしおととら」「はじめの一歩」などを力強く、躍動感溢れる世界観で描く西村聡。
アニメーション制作は「うしおととら」のスタジオVOLN、「鬼平犯科帳」などのスタジオM2が担当する。


物語・・・

貴方に出逢わなければー

平安の世、栄華を誇る美しき都「京」。
守りし者たち、雷吼、星明、金時は人知れず火羅と呼ばれる異形の者から
人々を守る使命を遂行していた。
或る日、彼らの前に現れる美しい女・明羅。そして闇の中で暗躍する時丸。

美しい桜が1000年の時を経て咲き乱れる時、哀しくも儚い復讐劇が幕を開けるー。

***********************************

キャスト
雷吼:中山麻聖
星明:朴璐美
金時:矢島晶子
明羅:田中敦子
時丸:東啓介
藤原道長:堀内賢雄
藤原保輔:浪川大輔
源頼信:野村勝人
稲荷:鵜殿麻由
天狐:中田譲治
梟師(たける):関智一

スタッフ
原作:雨宮慶太
監督:西村聡
脚本:小林靖子
メインキャラクターデザイン:桂正和
アニメーションキャラクターデザイン:横山愛/海老原雅夫
美術監督:橋本和幸
撮影監督:魚山真志
色彩設計:堀川佳典 
CG監督:高橋将人
編集:神宮司由美
音楽:高田龍一・MONACA
音響監督:久保宗一郎
制作:スタジオM2/スタジオVOLN
製作:東北新社
エンディング主題歌:「ヒトヒラ」JAM Project


中山麻聖x朴璐美x浪川大輔 登壇!復讐劇「薄墨桜 -GARO-」完成披露上映会イベント


映画情報どっとこむ ralph 桂正和×小林靖子 実力派クリエイター陣が放つ、哀しくも美しい復讐劇「薄墨桜 -GARO-」。
監督には「うしおととら」「はじめの一歩」などを力強く、躍動感溢れる世界観で描く西村聡。
アニメーション制作は「うしおととら」のスタジオVOLN、「鬼平犯科帳」などのスタジオM2が担当する本作が、10月6日(土)より公開となります。
 
この度公開に先駆けて9月27日(木)に新宿バルト9にて、中山麻聖(雷吼役)、朴路美(星明役)、浪川大輔(藤原保輔役)、桂正和(メインキャラクターデザイン)、西村聡(監督)登壇による完成披露上映会が行われました。


劇場アニメ「薄墨桜―GARO―」完成披露上映会イベント
日付:10月6日(土)
場所:新宿バルト9
登壇:中山麻聖(雷吼役)、朴璐美(星明役)、浪川大輔(藤原保輔) キャラクターデザイン:桂正和、西村聡監督

映画情報どっとこむ ralph 最初の挨拶から、朴璐美さんと浪川大輔さんがお家芸ともいえる軽妙なトークで笑いを誘い、中山麻聖さんがそれに巻き込まれていくという展開。

場が一気に和んだところで作品の話に移っていく。
アフレコをするときには画がほぼ完成された状態で、中山はコマ送りで映像を見ながらアフレコの予習をしていたそう。また、桂正和によるキャラクターのデザインについての解説もファンを喜ばせていた。

「雷吼の顔は友達の家でパッと浮かんで描いたもので、少年誌に登場してもおかしくないようなイケメン好青年。これはデザインしたキャラクター全員に言えることだけど“和顔”を意識しました。星明も凹凸がない顔にしているし、藤原保輔はワイルドな雰囲気のデザインが楽しくて。彼はファッショナブルなんでしょうね、布を巻いてオシャレをしてるみたいな感じで描きました。」

と語ったところで、すかさず「どうですか?」と朴が浪川に話を振ると「そのへんは意識してお芝居させていただきました」とすかさず返答。

これに対して「本当に!?」とツッコむ桂に、会場から笑いが起こる。スタッフとキャストの垣根のなさを感じるシーンだった。

映画情報どっとこむ ralph さらにこのシリーズは平安時代が舞台ということで、時代背景も意識をしてデザインがされている。

「平安時代はパーツが細かくて描くのが面倒なところもあるんです。刀も紐で垂らさないといけなかったりする。線がとにかく多くなるので、画を動かさなくてはいけないアニメには向いてないと思いながらデザインしました」と言う桂に、監督も「本当にその通りでした」とうなずく。だが、桂さんが描くのが大変だからとあえてカットした新キャラクター明羅(あきら)の髪飾りを、監督が「シルエットですぐにその人とわかることが重要だから」という判断で復活させたというエピソードも興味深かった。

お気に入りのシーンついては、中山さんと朴さんが桜の美しさを、浪川さんがバトルシーンを挙げると、

桂さんは「竹林のシーンや道長が舟遊びをしているところなどは、京の日常が感じられるのですごく好き」と言うと、最後に監督が、全部が見どころと前置きをしつつ、「道長を演じた堀内賢雄さんが、僕の想定を超えて芝居をつけてくださったところがあって、アフレコ現場で飛んで喜びました」と語っていた。

最後は・・・
主人公雷吼役の中山麻聖さんが「雷吼のシリーズは、数ある牙狼シリーズの中で唯一と言っていいほど、和と融合した作品になっています。最後まで楽しんでいただければと思いますし、(週替わり入場者特典の)ドラマCDの内容は各週で変わっていますので、そちらも楽しみにしていただければと思っております」と締めくくって、完成披露上映会は終了した。

映画情報どっとこむ ralph 10月6(土)『薄墨桜-GARO-』初日舞台挨拶付きチケット好評販売中!
日程:10月6日(土)
時間: 12:40の回上映後
場所:新宿バルト9
内容:本編上映+上映後トークショー
登壇:中山麻聖、朴璐美、田中敦子、東啓介、西村監督
チケット:2.000円均一

【チケット販売方法】 「チケットぴあ」にて販売いたします。
<先行抽選販売「プレリザーブ」>
受付期間 9月27日(木)11:00~10月1日(月)11:00
結果発表開始日時 10月1日(月)18:00より順次

<一般販売>
販売期間: 10月2日(火)10:00~10月4日(木)18:00
 
チケットぴあ作品ページ:
http://w.pia.jp/t/garo-usuzumizakura/

「薄墨桜 -GARO-」作品概要

・イントロダクション
桂正和×小林靖子
実力派クリエイター陣が放つ、哀しくも美しい復讐劇が花開くー。

キャラクターデザインには『TIGER&BUNNY』『電影少女』など幅広い世代に圧倒的人気を誇る漫画家・桂正和。
脚本には「進撃の巨人」「ジョジョの奇妙な冒険」をはじめジャンルを問わず緻密なストーリーを作り上げる小林靖子。
そして、監督には「うしおととら」「はじめの一歩」などを力強く、躍動感溢れる世界観で描く西村聡。アニメーション制作は「うしおととら」のスタジオVOLN、「鬼平犯科帳」などのスタジオM2が担当する。

・ストーリー
貴方に出逢わなければー

平安の世、栄華を誇る美しき都「京」。
守りし者たち、雷吼、星明、金時は人知れず火羅と呼ばれる異形の者から人々を守る使命を遂行していた。
或る日、彼らの前に現れる美しい女・明羅。そして闇の中で暗躍する時丸。美しい桜が1000年の時を経て咲き乱れる時、哀しくも儚い復讐劇が幕を開けるー。

***********************************

・キャスト
雷吼     :中山麻聖
星明      :朴璐美
金時     :矢島晶子
明羅     :田中敦子
時丸     :東啓介
藤原道長  :堀内賢雄
藤原保輔  :浪川大輔
源頼信   :野村勝人
稲荷  :鵜殿麻由
天狐     :中田譲治
梟師(たける):関智一

・スタッフ
原作 :雨宮慶太
監督:西村聡
脚本 :小林靖子
メインキャラクターデザイン :桂正和
アニメーションキャラクターデザイン:横山愛/海老原雅夫
美術監督 :橋本和幸
撮影監督 :魚山真志
色彩設計:堀川佳典 
CG監督 :高橋将人
編集 :神宮司由美
音楽:高田龍一・MONACA
音響監督 :久保宗一郎
制作 :スタジオM2/スタジオVOLN
製作 :東北新社
エンディング主題歌:「ヒトヒラ」JAM Project


中山麻聖、朴璐美、田中敦子、東啓介ら登壇の『薄墨桜-GARO-』初日舞台挨拶決定!


映画情報どっとこむ ralph 桂正和×小林靖子 実力派クリエイター陣が放つ、哀しくも美しい復讐劇「薄墨桜 -GARO-」。
キャラクターデザインには『TIGER&BUNNY』『電影少女』など幅広い世代に圧倒的人気を誇る漫画家・桂正和。
脚本には「進撃の巨人」「ジョジョの奇妙な冒険」をはじめジャンルを問わず緻密なストーリーを作り上げる小林靖子。
そして、監督には「うしおととら」「はじめの一歩」などを力強く、躍動感溢れる世界観で描く西村聡。アニメーション制作は「うしおととら」のスタジオVOLN、「鬼平犯科帳」などのスタジオM2が担当する本作が、10月6日(土)より公開となります。

この度、10月6日(土)新宿バルト9にて、中山麻聖、朴璐美、田中敦子、東啓介、西村監督登壇の初日舞台挨拶の開催が決定いたしました!

『薄墨桜-GARO-』初日舞台挨拶
日程:10月6日(土)
時間: 12:40の回上映後
場所:新宿バルト9
内容:本編上映+上映後トークショー
登壇:中山麻聖、朴璐美、田中敦子、東啓介、西村聡監督
チケット:2.000円均一

【チケット販売方法】 「チケットぴあ」にて販売いたします。
<先行抽選販売「プレリザーブ」>
受付期間 9月27日(木)11:00~10月1日(月)11:00
結果発表開始日時 10月1日(月)18:00より順次

<一般販売>
販売期間: 10月2日(火)10:00~10月4日(木)18:00
 
チケットぴあ作品ページ:
http://w.pia.jp/t/garo-usuzumizakura/


映画情報どっとこむ ralph 薄墨桜 -GARO-

イントロダクション

桂正和×小林靖子
実力派クリエイター陣が放つ、哀しくも美しい復讐劇が花開くー。

キャラクターデザインには『TIGER&BUNNY』『電影少女』など幅広い世代に圧倒的人気を誇る漫画家・桂正和。
脚本には「進撃の巨人」「ジョジョの奇妙な冒険」をはじめジャンルを問わず緻密なストーリーを作り上げる小林靖子。
そして、監督には「うしおととら」「はじめの一歩」などを力強く、躍動感溢れる世界観で描く西村聡。
アニメーション制作は「うしおととら」のスタジオVOLN、「鬼平犯科帳」などのスタジオM2が担当する。

公式HP:garo-usuzumizakura.com

貴方に出逢わなければー

平安の世、栄華を誇る美しき都「京」。
守りし者たち、雷吼、星明、金時は人知れず火羅と呼ばれる異形の者から
人々を守る使命を遂行していた。
或る日、彼らの前に現れる美しい女・明羅。そして闇の中で暗躍する時丸。

美しい桜が1000年の時を経て咲き乱れる時、哀しくも儚い復讐劇が幕を開けるー。

***********************************


・キャスト
雷吼     :中山麻聖
星明      :朴璐美
金時     :矢島晶子
明羅     :田中敦子
時丸     :東啓介
藤原道長  :堀内賢雄
藤原保輔  :浪川大輔
源頼信   :野村勝人
稲荷  :鵜殿麻由
天狐     :中田譲治
梟師(たける):関智一

・スタッフ
原作   :雨宮慶太
監督   :西村聡
脚本            :小林靖子
メインキャラクターデザイン   :桂正和
アニメーションキャラクターデザイン:横山愛/海老原雅夫
美術監督 :橋本和幸
撮影監督 :魚山真志
色彩設計 :堀川佳典 
CG監督 :高橋将人
編集 :神宮司由美
音楽 :高田龍一・MONACA
音響監督 :久保宗一郎
制作 :スタジオM2/スタジオVOLN
製作 :東北新社
エンディング主題歌:「ヒトヒラ」JAM Project


©2018「薄墨桜」雨宮慶太/東北新社


劇場アニメ『薄墨桜 -GARO-』公開決定PV到着!


劇場アニメ『薄墨桜 -GARO-』が今秋新宿バルト9ほか全国ロードショーとなることが決定しました。

豪華クリエイター陣にはメインキャラクターデザインには「TIGER&BUNNY」や「電影少女」など数々の名作を生みだし続ける人気漫画家・桂正和が、脚本には「進撃の巨人」「ジョジョの奇妙な冒険」で綿密なストーリーを作り上げる小林靖子が、監督には「うしおととら」「はじめの一歩」などで臨場感あふれる作品を作り上げる西村聡が、そして「牙狼 -紅蓮の月‐」などで実写・アニメ声優をこなす実力派俳優・中山麻聖が主演を務めます。

更には哀しくも儚い桜が咲き乱れるティザーPV&ティザービジュアルが解禁!


哀しくも儚い美しい桜が咲き乱れ、佇む一人の美しい女―。
彼女はどこから来たのか・・・そして「貴方に出逢わなければー」という
意味深なコピーとともに美麗なビジュアルが解禁となりました。

薄墨桜 -GARO-
今秋 新宿バルト9ほか全国ロードショー
公式HP:garo-usuzumizakura.com

平安の世、栄華を誇る美しき都「京」。
見目麗しき二人の陰陽師が出会う時、
哀しくも儚い美しい桜が
1000年の時を経て咲き乱れるー。

【スタッフ】
原作:雨宮慶太
監督:西村聡
脚本:小林靖子
メインキャラクターデザイン:桂正和
主演:中山麻聖
©2018「薄墨桜」雨宮慶太/東北新社


牙狼<GARO>金狼感謝祭 2016レポ 来年劇場版牙狼は2作!!


映画情報どっとこむ mari 今年で放送開始から12年目を迎え、新たなステージを迎えた「牙狼〈GARO〉」シリーズ。ファンへの感謝の思いを込めた「金狼感謝祭 2016」が、今年も11月23日(水・祝)「勤労感謝の日」に盛大に執り行われました。

kinrokansha2016-2
雨宮慶太総監督をはじめ、シリーズを担うキャスト、スタッフ陣が一同に会して開催!

この模様がファミリー劇場で生中継され、今年もニコニコ生放送でも生配信を実施しました。

今回は「絶狼〈ZERO〉 -DRAGON BLOOD-」から藤田玲さん、青島心さん、松山メアリさん、芳賀優里亜さん、ユニット「魔戒歌劇団」(松山メアリさん、桑江咲菜さん、黒木桃子さん、大関英里さん)、「GOLD STORM-翔」から南里美希さん、アニメ「-紅蓮ノ月-」から中山麻聖さんらが参加しました。

映画情報どっとこむ mari 2017年放送予定の「絶狼<ZERO>」シリーズ最新作「-DRAGON BLOOD-」からは藤田玲さん、青島心さん、松山メアリさん、芳賀優里亜さんが来場。主人公・涼邑零が通うBar・ルーポに集まって、終わったばかりの撮影を振り返りました。

今回の見どころは、古代より蘇りし竜騎士エデル。

zeroこの日はエデルのビジュアルが解禁となったほか、エデルを演じる弓削智久さんも来場! 弓削さんは「『牙狼〈GARO』の大ファンだったので、参加できてうれしかったんですけど、実は高いところが苦手で。高い所のアクションは大変でしたね」と大変だった部分を振り返りました。

さらに「-DRAGON BLOOD-」のエンディング曲「Zoë〜Beautiful World〜」を、藤田さんのバンドDUSTZが手がけることも発表され、感謝の気持ちを込めて、スタジオに集まったファンの前で曲を初披露しました。

さらにこの日は、普段なかなか見ることが出来ないガロスタの内部も披露。美術置き場やグリーンバック、大型セットの断片を披露していると、そこにはアニメ「-紅蓮ノ月-」のメインキャラクターデザインを担当したマンガ家の桂正和先生もサプライズで来場。声優を務めた中山麻聖さんとともに同作を振り返りました。この日はキャラを作った時のデザインノートや、最終的にデザインを決定するまでの資料などを持参した桂先生。アニメを振り返り、「中山さんの声がカッコいいから良かったですよ」と桂先生が語ると、中山さんも「桂先生のキャラには目力があるから気合が入りましたね」と語るなど、トークも大盛り上がりとなりました。

映画情報どっとこむ mari そして今年放送された「魔戒烈伝」からは、エンディングテーマを担当したユニット「魔戒歌劇団」が来場。同シリーズでは、松山さん演じる烈花と、南里さん演じる道外流牙シリーズの莉杏が巡り会うというシーンが話題を集めました。この夢の共演を振り返り、「わたしもビックリしました」と語った松山さん。南里さんも「ありえない設定が雨宮さんにかかればありえるんだなと思いましたね」と語りました。そんな二人ですが、ステージ裏では、お互いの衣装を交換した写真を撮影したこともあったそうで、その写真を披露。その理由を松山さんは「南里さんがクランクアップした時に烈花の衣装を着てみたいですと言ったら、わたしも終わったんで着てみてくださいということになり、衣装を交換することになりました」と説明しました。

また、放送中には松山さんから「魔戒歌劇団」プロジェクトの一時休止も発表されました。雨宮総監督からは「もともと10周年企画で発足したものだったので、一度区切りをつけようと思った。ただしプロジェクト自体を終了させるわけではないので、いつか活動再開もあるかもしれない」と説明がありました。その言葉を受けた4人は、感謝の気持ちを込めて、「PRAYERS」「篝火ノ夢」の2曲を披露しました。

映画情報どっとこむ mari また恒例となっている今後のラインナップ紹介のコーナーでは、「テレビアニメ新シリーズ」、道外流牙シリーズ劇場版『牙狼<GARO>神の牙-KAMINOKIBA-』の製作が、そして冴島雷牙シリーズ劇場版『牙狼<GARO>-月虹ノ旅人-』が製作中であることなどが発表。そしていよいよイベントも終盤。

雨宮総監督は「『絶狼<ZERO>』はこれから仕上げをする話数もありますけど、1月6日からのオンエアが決まって。『絶狼<ZERO>』を毎週観られるという楽しみが待っています。ですから年明けは『絶狼<ZERO>』をよろしくお願いします。それから『牙狼<GARO>』の映画ですが、邦画のアクションとしてはすごいことになると思います。これまで培ってきたものをはき出して頑張ろうと思います」とファンの期待をあおりました。

この日、発表されたサプライズがどのように形となっていくのか?

ファンの期待がますます高まります。

「金狼感謝祭 2016」公式HP
「金狼感謝祭 2016」公式HP



2017年以降の『牙狼〈GARO〉』のコンテンツラインナップが合わせて発表されました。《発表内容》
■テレビシリーズ「絶狼<ZERO>-DRAGON BLOOD-」:1月6日(金)より放送開始、ポスター、竜騎士、エンディング曲、特別映像解禁

■テレビアニメ新シリーズ:製作決定

■冴島雷牙シリーズ 劇場版『牙狼<GARO>-月虹ノ旅人-』:製作進行中

■道外流牙シリーズ 劇場版『牙狼<GARO>神ノ牙-KAMINOKIBA-』:製作決定
 

***********************************