「中尾彬」タグアーカイブ

西島秀俊 x 西田敏行『任俠学園』に、昭和の名優たちが参戦!豪華ベテラン“おっさん達”一挙解禁!


映画情報どっとこむ ralph 『任俠学園』

真面目過ぎるが故、空回りしながらも世の為、人の為に走り回る不器用な彼らが、日本列島を笑顔で満ち溢れさせる!人情コメディが幕を開ける!
このたびは、生瀬勝久、中尾彬、光石研、白竜、高木ブー、佐藤蛾次郎ら、「若いもんには負けられん」と、言わんばかりの、パワー全開な豪華ベテランキャスト勢の出演情報を大解禁!!

まずは、まるで『アウトレイジ』の同窓会を思わせる、ワクワク感たまらない三人。西島演じる日村ら阿岐本組の若い衆に煙たがられている、インチキ感満載の永神組の組長を演じるのが中尾彬(76)。

今回、学園の再建といった厄介事を、兄弟分の阿岐本に押し付けた張本人でもある。そして、阿岐本組が建て直しを図る学園の父母会代表であり、学園で生徒会を務める優等生・美咲(桜井日奈子)の父・小日向役に光石研(57)。いかにも生真面目に見えて実はとんでもない裏の顔を持つ・・・。

巨大ヤクザ組織・隼勇会組長の唐沢役を演じ、泣く子も黙る超強面を披露する白竜(66)。阿岐本組の組長に扮する西田との緊迫感MAXのバトルはまばたき厳禁!

そして、「文武両道」を謳っておきながら、学力低下を恐れ部活動を全面廃止にした、生徒の父母に忖度しまくりな学園の校長・綾小路役に生瀬勝久(58)。新理事に就いた阿岐本組一派とのコミカルなやり取りは爆笑必至!さらに、高木のオジキこと得体の知れない高木組の組長に高木ブー(86)。阿岐本組馴染みのガラス工務店・西潟役に佐藤蛾次郎(74)が出演。

昭和を代表する名優たちが織りなすアンサンブルは、新しい時代・令和の「男はつらいよ」感、昔懐かしさを思わせる。20代の若手実力派から80代の超ベテラン俳優まで、異色過ぎる夢の顔ぶれに目が離せません!

映画情報どっとこむ ralph W主演の西島と西田、日本の映画界をリードする

“夢の西×西コンビ”のもとに、昭和の名優たちも終結!義理と人情を厚く感じさせる、この時代にこそ求められる、世直しエンタテインメントが完成しました!

『任侠学園』

2019年 秋 全国公開

公式HP:
www.ninkyo-gakuen.jp

Twitter&Facebook:
@ninkyogakuen

<ストーリー>
困っている人は見過ごせない、義理と人情に厚すぎるヤクザ”阿岐本組”。組長は社会貢献に目がなく、次から次へと厄介な案件を引き受けてしまう。今度はなんと、経営不振の高校の建て直し。いつも親分に振り回されてばかりの阿岐本組NO.2の日村は、学校には嫌な思い出しかなく気が進まなかったが、“親分の言うことは絶対”!子分たちを連れて、仕方なく学園へ。待ち受けていたのは、無気力・無関心のイマドキ高校生と、事なかれ主義の先生たちだったー。

***********************************

出演: 西島秀俊 西田敏行
伊藤淳史 葵わかな 葉山奨之 池田鉄洋
佐野和真 前田航基 ・ 戸田昌宏 猪野学 加治将樹 川島潤哉 福山翔大 ・ 高木ブー 佐藤蛾次郎 ・ 桜井日奈子 白竜 光石研 中尾彬(特別出演) 生瀬勝久

原作:今野 敏『任俠学園』(中公文庫)
脚本:酒井雅秋
監督:木村ひさし
幹事・配給:エイベックス・ピクチャーズ
企画・制作プロダクション:ROBOT
©今野 敏 / ©2019 映画「任俠学園」製作委員会


GACKT と京本政樹は同じジャンル!?『翔んで埼玉』ジャパンプレミアinTOKYO


映画情報どっとこむ ralph 魔夜峰央原作の「このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉」(宝島社)が実写映画化!W主演に二階堂ふみ・GACKTを迎え、本年2019年2月22日に全国公開となります。

埼玉県人への徹底的なディスリが強烈なインパクトを放つ本作は、東京都知事の息子であり、東京屈指の名門校の生徒会長である壇ノ浦百美(二階堂ふみ)と、アメリカ帰りの帰国子女、麻実麗(GACKT)。見るからに東京都民の麗は、実は通行手形の撤廃を求める埼玉解放戦線のメンバーだった。埼玉県人の自由と誇りを手にするため、関東一帯を巻き込んだ戦いには埼玉に対立する千葉解放戦線リーダー・阿久津翔(伊勢谷友介)や、伝説の埼玉県人・埼玉デューク(京本政樹)も登場し、邦画史上最大の茶番劇がついに今年公開になります。

映画公開に先立ち、1月28日(月)に『翔んで埼玉』ジャパンプレミアinTOKYOが行われ、主演の二階堂ふみ、GACKTをはじめ、伊勢谷友介、ブラザートム、島崎遥香、加藤諒、益若つばさ、中尾彬、京本政樹が登壇しました!

『翔んで埼玉』ジャパンプレミアinTOKYO
日程:1月28日(月)
場所:東京ドームシティホール
登壇:二階堂ふみ、GACKT、伊勢谷友介、ブラザートム、島崎遥香、加藤諒、益若つばさ、中尾彬、京本政樹、武内英樹監督

映画情報どっとこむ ralph 埼玉への愛に溢れた方々のための【特別席】7000名以上の応募から選ばれし30名用が用意され・・・・。しかしその実態は藁の上にパイプ椅子と言う、どこぞのTVプログラムのような席がアリーナ中央に鎮座。

そして、特別映像の上映の後、現れたのは伊勢谷友介、ブラザートム、島崎遥香、加藤諒、益若つばさ、中尾彬、京本政樹、武内英樹監督。

埼玉人に食わせる“そこらへんの草”ならぬ【人工芝のグリーンカーペット】を二階堂ふみ、GACKTが登場!
客席間近を歩きながら“彩の国・埼玉”をなぞらえた“彩玉ボール”をファンサービスとしてお客様にスローしながらステージへ。当然、大熱狂の観客の皆さん!

二階堂さん:皆さんこんにちわ!(男の子役なので)今日は男の子の気分で登壇しました!

そして、隠れ埼玉県人役のGACKTさんは

GACKTさん:こんばんわー!こんばんわー!こんばんわー!楽しんで帰ってください。そして作品を観て面白いと思ったら広めて・・・下さい!面白くなければ結構です!
と、観客の皆さんとコールアンドレスオンスでスタート。

千葉解放戦線のリーダー伊勢谷さん。

伊勢谷さん:最後まで観ていただければ千葉もう少し頑張りたかったので・・・是非次は『泳いで千葉!』お願いします!
伝説の埼玉県人役

京本さん:埼玉デュークは原作に出てこない役。色々なつながりも観ていただければと思います。
と意味深なコメント。

埼玉を愛する役

ブラザートムさん:GACKT見たいのやって良い? こんばんわ!!!(こんばんわ!)うるせー!
とコール&レスポンス。

東京に住むことを夢見る役の島﨑さんは

島﨑さん:埼玉県出身です。やっと今日。初めて自信をもって埼玉県人だと言える日が来たなと思いました!
と埼玉県人をどうどう?発表!

加藤さん:魔夜峰央先生ワールドを今日は感じて帰ってください!

と原作者リスペクトな加藤さんは益若さんに言われて、泥汚しメイクで登場。

益若さん:家政婦役。私も埼玉県民。やっと恥ずかしくなく県民と言えるね!

と島﨑さんに同意を求めると

島﨑さん:声は第二できないですが・・・・。恥ずかしいんですよ!

益若さん:映画を観終えたら埼玉県を大好きになってもらえると思います。
と、埼玉愛を表明するお二人。

都知事役の中尾さんは、大御所のオーラ全開。

中尾さん:東京の知事やってますけど。実は千葉出身です。ヨロシク!
と挨拶。

監督:私も千葉県民なので。この映画で埼玉と千葉、どちらが上か決着を付けたくて映画化しました!しかとその行く末を観て下さい!
と、其々ご挨拶。

映画情報どっとこむ ralph いよいよ完成した本作。どのような経緯で映画化に至ったのか。。。。

監督:本屋で手に取って、メチャメチャ面白くて。千葉県出てこないですが。千葉県人としてはどうにかねじ込みたいと。

初男の子役の二階堂さんは、埼玉県をディスりまくる役。

二階堂さん:でも、だんだん愛に変わるので、ディスリからの愛の変化を楽しんでいただければ。

とし、高校生で帰国子女で隠れ埼玉県人のGACKTさん:

GACKTさん:最初、高校生と聞いて、即答で断ったんですよ。でも特殊な高校生だと説得されて・・・。撮影に入って最初がキスシーンから。なんて工程だと。その日は絢爛豪華なセットから始まったので、良い世界観でスタートを切れましたね。竹内監督の手の中でもてあそばれてた感じです。
監督:贅沢にもてあそびました!なかなかできないですよ。

伊勢谷さんは青い衣装。これは千葉イメージかと聞くと

伊勢谷さん:そうです!千葉推しで。次回作『泳いで千葉』に向けてですね。

と、どうしても千葉中心の映画を撮りたいご様子(笑)。


埼玉県出身のトムさん・島﨑さん・益若さんは

トムさん:埼玉弁を使ったら、わかりにくいと。。。最終的に標準語。でも、今年クイーンに勝てるのはこの映画しかないと思います!(笑)

島﨑さん:ちょっとは誇れるものが出来たかな。今までスーパーアリーナしかなかったので。
益若さん:映画の中でディスる言葉が沢山出てきて、埼玉県民として出てよいのか悩みました!でも力になればと参加しました。でも、愛のあるディスリで。埼玉県民はディスられ慣れているので、誰も怒らないと思います!

印象に残っているのは

二階堂さん:今回ほんとうに個性豊かな方達が宇宙からガアって集まって、ぶあーーってやって、ぶあーって其々星に帰っていった感じでした。現場では一番自分がまともだなと思っていました!

と言うと、

GACKTさん:って、僕もそう思ってました。僕が一番まともだなと。

と言うことで全員に自分が一番まともだとおもう人を聞くとほぼ皆手を上げる始末。

GACKT:京本さんと共演できるの楽しみだったんです。で、お会いした時に京本さんに「やっと会えたね!同じジャンルじゃん!」って言われました。京本ワールドホントヤバいんですよ!

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

二階堂さん:そんな京本さんの勇士が詰まった作品です!埼玉の方も千葉の方も地元愛増やしていただけたらと思います。

GACKTさん:面白い!くだらない!と思った時には声を出してください!真面目に作った今世紀最大の茶番劇。大いに笑いながら見てください!

翔んで埼玉

2019年2月22日(金)ROADSHOW

公式HP:
tondesaitama.com

公式twitter:
@m_tondesaitama

娘の結納のため一路東京へと向う、埼玉在住の菅原家。その道中車内のラジオで、ある伝説の物語が流れ始めた。それは、東京屈指の名門校・白鵬堂学院を舞台に、生徒会長・壇ノ浦百美(二階堂ふみ)と、アメリカ帰りの転校生・麻実麗(GACKT)の出会いから語られる――。見るからに東京都民の麗は、実は手形制度の撤廃を求める“埼玉解放戦線”のメンバーだった。埼玉県人を庇い立てする麗を怪訝に思っていた百美だが、何故か麗に心を惹かれていき、次第に東京と埼玉、そして千葉までも巻き込んだ抗争に巻き込まれていく――。



***********************************


キャスト:
二階堂ふみ GACKT
ブラザートム 麻生久美子 島崎遥香 成田凌(友情出演) / 中尾彬 / 間宮祥太朗 加藤諒 益若つばさ 武田久美子 麿赤兒 竹中直人 伊勢谷友介 京本政樹 他

原作:『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』魔夜峰央(宝島社)

脚本:徳永友一(ドラマ「探偵の探偵」「HOPE~期待ゼロの新入社員~」「僕たちがやりました」「海月姫」「グッド・ドクター」他)
音楽:Face 2 fAKE
主題歌:「埼玉県のうた」 はなわ (ビクターエンタテインメント)
監督:武内英樹(「のだめカンタービレ」シリーズ「テルマエ・ロマエ」シリーズ「今夜、ロマンス劇場で」他)

©2019映画「翔んで埼玉」製作委員会
     


埼玉よ、これが我らの本気だ!二階堂ふみ・GACKT/伊勢谷友介・京本政樹 『翔んで埼玉』


映画情報どっとこむ ralph 2015年、約30年ぶりに単行本として復刊されたことをきっかけに、多数のメディアで取り上げられ、SNSやネット上で大きな話題を呼んでいる、魔夜峰央(まやみねお)原作の「このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉」(宝島社)。瞬く間に、累計発行部数は66万部を突破。そして、二階堂ふみ・GACKTをW主演に迎え、遂に2019年2月22日に実写映画が公開となります!

壇ノ浦百美(だんのうらももみ)を演じた二階堂は初の男性役、麻実麗(あさみれい)を演じたGACKTはまさかの高校生役という“とんでもない”設定に加え、第1弾ポスターでは全貌は明らかにされていなかったが、原作の世界観を完全に再現したビジュアルを発表。更に、先日解禁された追加キャストの情報では、強い個性と演技力を兼ね備えた出演者たちに、「最高!そして濃い!!」と評判は上々。そしてこの度、これまでひた隠しにされてきた、キャラクタービジュアルの全貌が遂に解禁となります!


この度解禁されるのは、二階堂ふみ、GACKT、伊勢谷友介、京本政樹、主要キャスト計4人のビジュアル。二階堂ふみ演じる壇ノ浦百美は、勇ましく凛々しい姿がまるで白馬の王子。そして、GACKT演じる麻実麗は、かつてを彷彿とさせる紫で統一された貴族のような装い。映画オリジナルキャラクターの伊勢谷友介演じる阿久津翔は、どこか謎めいた雰囲気を醸し出した東京都知事に仕えている執事。そして、原作では伝説の埼玉県民として語られつつもその姿は謎に包まれた京本政樹演じる埼玉デュークは、白髪・白塗りメイクの時代劇風と、魔夜峰央ワールド200%超の完全再現ビジュアルとなっております。人物デザイン監修・衣装デザインを担当した柘植伊佐夫の手によって作り上げられたキャラクターは、その完成度の高さに監督・武内英樹も大絶賛。

さらに、ポスターに書かれているコピーには、「埼玉県人にはそこら辺の草でも食わせておけ」「ダさいたま、クさいたま、田舎くさいたま」など、それぞれのキャラクターが発した「ディス」台詞があしらわれており、キャラクターの表情が分かるアップVer.と人物造形が分かる全身Ver.の2種類、計8枚の贅沢なポスターとなっております。折しも世間はハロウィン真っ只中!各地に溢れかえる仮装している面々の群を抜く、正真正銘、本気の“魔夜峰央ワールド”の再現をご高覧ください!


映画情報どっとこむ ralph 『翔んで埼玉』

2019年2月22日(金)

公式HP:
tondesaitama.com

公式twitter:
https://twitter.com/m_tondesaitama


■原作を大胆にアレンジ!映画『翔んで埼玉』は、“伝説パート”と、“現代パート”の2部構成。

 原作の『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』は、東京都民から迫害されていた埼玉県民の自由を求め、百美と麗が旅立つところで突然終了してしまう、未完成の物語。原作の魔夜氏が作品発表当時、埼玉県所沢市に住んでいたことから“埼玉”を題材に作品を執筆していたものの、途中で魔夜氏自身が他県へ引っ越すことになってしまい、それ以上書くと「悪口になってしまう」と判断したことが未完の理由だと魔夜氏は語る。

映画化にあたって、制作陣は最大限のリスペクトをもって、原作の舞台や設定を活かし、百美や麗が活躍する【伝説パート】と、埼玉県在住のある家族を通して、その伝説を振り返り、埼玉への郷土愛を再認識する【現代パート】の2部構成とした。

【伝説パート】では、
埼玉県人が東京へ入るための必須アイテムとして登場する“通行手形”の撤廃と、自由を求めて戦う百美・麗の前に、埼玉同様、自県の通行手形の撤廃をもくろむ対抗勢力として、千葉県が立ちはだかる。一方、東京都と密な関係を築き、埼玉と千葉の東京進出を快く思わない神奈川県という勢力も登場。東京、埼玉、千葉、神奈川をはじめ、群馬、栃木、茨城をも巻き込んだ関東一帯の各勢力が複雑に絡み合う、壮大なスケールで物語は展開する。

【現代パート】では、
埼玉県在住の菅原家を中心に物語が展開される。娘の結納の為一路東京へ向かう道中、車内のラジオから流れてきたのは、百美と麗らが埼玉県人の自由と誇りをかけた戦いの日々を綴った物語。果たしてこの物語は、菅原一家や婚約者たちを、どんな結末に導いてしまうのか・・・。この邦画史上最大の茶番劇の行く末を、是非スクリーンで見届けてください!



***********************************

キャスト:二階堂ふみ GACKT
伊勢谷友介 ブラザートム 麻生久美子 島崎遥香 成田凌(友情出演)
間宮祥太朗 加藤諒 益若つばさ / 中尾彬 / 武田久美子 麿赤兒 竹中直人 京本政樹 他

原作:『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』魔夜峰央(宝島社)
脚本:徳永友一(ドラマ「探偵の探偵」「HOPE~期待ゼロの新入社員~」「僕たちがやりました」「海月姫」「グッド・ドクター」他)
音楽:Face 2 fAKE
監督:武内英樹(「のだめカンタービレ」シリーズ「テルマエ・ロマエ」シリーズ「今夜、ロマンス劇場で」他)

©2019映画「翔んで埼玉」製作委員会
©魔夜峰央『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』/宝島社