「中国」タグアーカイブ

ゆく年くる年に。チベット僧侶とお話ししよう『ラサへの歩き方〜祈りの2400km』イベント開催へ!


映画情報どっとこむ ralph 中国で驚きの動員300万人超え!

中国の《芸術映画》の興収記録をつくったチベット語映画『ラサへの歩き方〜祈りの2400km』が12/23(土)よりアンコール公開!!

実際の“村人”出演の巡礼ロードムービーが、『ラ・ラ・ランド』級の大ヒットになったのはなぜ?チベットの小さな村から、聖地ラサ、そしてカイラス山へ。“五体投地”という両手・両膝・額(五体)を地面に投げ伏して祈る仏教でもっとも丁寧な礼拝を繰り返しながら、はるか2400kmを1年もかけて歩く11人の村人の巡礼旅を描いた映画『ラサへの歩き方〜祈りの2400km』。

映画情報どっとこむ ralph 2016年7月、日本で世界最速となる劇場公開が行われると、「映画を見るだけで心が癒される」という声が高まり、2万人に近い観客を動員し、ミニシアター系映画としてはスマッシュヒットに。そして、この日本公開の約1年後、2017年6月26日に中国で公開されると、なんと空前の大ヒットに! 2017年10月現在で、動員300万人超え、興収1億元(約17億円)超えを記録。これはチベット語映画としてはもちろん、中国における「芸術映画」の最高興収記録(出典:北京周報2017.9.21)となった。この300万人超えという数字は、今年の日本映画市場で比べると、アカデミー賞で大きな話題を呼んだ『ラ・ラ・ランド』級のヒット。

これまで中国映画市場で大ヒットする映画と言えば、スター競演やアクション満載のエンタテイメント巨編が中心だったので、なぜ村人自身が出演し、スターもいなければアクションもない、チベット語の巡礼ロードムービーが大ヒットに?

『胡同のひまわり』などで日本にもファンの多い華人チャン・ヤンが監督した『ラサへの歩き方〜祈りの2400km』、映画完成時には「中国で大規模な公開は無理だと思うが、ひとりでも多くの人が見てくれたら」と謙虚に語っていたが、この大ヒットに一番驚いているのは監督自身かもしれない。

本作の日本語字幕を監修したチベット研究者の星泉教授(東京外国語大学教授)は「チャン・ヤン監督のチベット愛あふれる映画『ラサへの歩き方』が中国で大ヒットしたことは嬉しいニュースでした。チベット文化の核心ともいえる利他の心とともに、ごく普通の人びとの物語を映し出したこの映画は、異文化の壁を越え、人の心の奥まで届く力を持つのでは?」とコメント。同じく字幕監修協力を行った在日チベット人のロディ・ギャツォ氏は「『ラサへの歩き方』の大ヒットはチベット人の社会でも大きな話題でした。政治がない映画だから、誰でも見られることが素晴らしい。たくさんの普通の中国人がチベットの文化を知ってくれたら将来的にもっといい関係になれると思います」と語った。

映画情報どっとこむ ralph そしてこのたび、この記録的な中国大ヒットを受け、12月23日(土)より渋谷のシアター・イメージフォーラムでアンコール公開が決定。初日には、年末にふさわしく、チベットの高僧ニチャン・リンポチェ師を迎えてのイベントも開催する。

※詳細は下記のとおり。

■『ラサへの歩き方 祈りの2400km』アンコール公開
12月23日(土)よりシアター・イメージフォーラムにて連日10:50〜上映


■『ラサへの歩き方 祈りの2400km』アンコール公開記念イベント
【ゆく年くる年に。チベット僧侶とお話ししよう】

開催日時:12月23日(土) 13:30~15:00(イベント終了後、茶話会もあり)
会場:イメージフォーラム3階
料金:無料(『ラサへの歩き方~祈りの2400km』映画チケットおよび半券ご提示に限り)/それ以外の方は入場料1,000円
事前予約:
・電話:03-5366-1545(月~金)
・メール:info@moviola.jp 
件名「12/23チベット仏教予約」としていただき、本文にお名前、お電話番号、人数を明記ください。予約完了メールをもってご予約となります。
*当日は13:15までにお越しください。遅れた際、ご予約でも立見になる場合があるそうです。
イベント詳細はこちら

***********************************

監督・脚本:チャン・ヤン 
撮影:グオ・ダーミン 
出演:チベット巡礼の旅をする11人の村人たち
118分/中国/2015/COLOR/チベット語/DCP/16:9/DOLBY 5.1
配給:ムヴィオラ
www.moviola.jp/lhasa


松坂桃李『不能犯』中国でワールドプレミア白石晃士監督が登場


映画情報どっとこむ ralph 松坂桃李さんがダークヒーローを演じる映画『不能犯』が、2018年2月1日(木)より公開となります。

都会のど真ん中で次々と起きる変死事件。警察は証拠を一切見つけられないでいたが、現場では必ず黒スーツの男が目撃されていた。男はSNSで話題の殺し屋・宇相吹正。電話ボックスに殺人依頼の紙を貼ると、宇相吹がターゲットを必ず死に追いやるという。しかし、その死因は病死や自殺に事故という罪には問われない<不能犯>だった。誰もが持つ妬みや嫉妬、人間の心の闇を暴く、【立証不可能犯罪】スリラー・エンターテインメントが誕生しました。

この度、現地時間の12月1日、日中国交正常化45周年記念日中映画交流事業として上海・深セン・昆明の中国3都市で行われている、国際交流基金、(公財)ユニジャパン等が主催の日本映画の上映会“日本映画新片展”にて映画『不能犯』が世界初上映され、上海でのスペシャルゲストとして白石監督が参加!

熱気溢れる中国の観客のホヤホヤな質問に答えるティーチインが行われました。

映画情報どっとこむ ralph 本上映会で『美しい星』が上映される吉田大八監督、『ユリゴコロ』『心が叫びたがってるんだ。』が上映される熊澤尚人監督らと共に、レッドカーペットに登場した白石監督は、世界中から集まったメディアからフラッシュを浴び、多くのファンサービスを行いました。

その後、オープニングセレモニーに登場し、

白石監督:日本に先駆け上海でのワールドプレミアということで今日はみなさんの反応を楽しみにしています。一緒に映画を観たいと思います。

と挨拶し、監督と一緒に見れると思っていなかった観客は大喜び。

また、『美しい星』のオマージュとし、両手をY字に広げるポーズをみせるなど、白石監督らしくおどけてみせ、会場の笑いを誘う場面もみられた。

映画情報どっとこむ ralph アジア全体で高い人気を誇る松坂桃李主演の映画であり、先日北京で『貞子VS伽椰子』が上映されたばかりの白石監督のトークが聞けるとあって、深夜23時のイベントにも関わらず1365席が即完!!

サインを求めるファンも多く、監督の注目度の高さが伺えた本作ですが、上映後のトークイベントでは、ほとんどのファンが日本語で質問するほどの熱狂的なファンばかりで、異常なほどの盛り上がり。

Q&A内容

Qこの映画で監督が感じ取って欲しいことは?

基本は見た方に考えて欲しい。絶望と希望の判断、正義と悪の判断をどこでするかはとても曖昧なもので、あなただったらどこで引きますか?というのを問いかけている。

Q、映画の中で、いろんな形で殺害シーンがありますが、どの殺し方が一番好きですか?

A,忍成さんが演じる羽根田という男が、灰皿で殺害するシーンがあるんですが、ターゲットだけでなく、周りにいた関係ない女性二人も灰皿で殴打するシーンが、とばっちりを受けて可哀想な死に方をするので、好きです。

Q、希望で殺す、というセリフがありますが、監督が考える希望とはなんですか?

A、おそらく彼女の意図としては、前向きな殺人。もしくは、本当の殺人を意味するものではないかもしれない。希望を突き詰めることによって、彼の行動を止めることがもしかしたら彼女のいう「希望で殺す」ということかもしれない。


映画情報どっとこむ ralph 『ユリゴコロ』で松坂さんを撮っている熊澤監督も観客とともに本作を鑑賞し、「松坂桃李が素晴らしい」と絶賛した。

『不能犯』上映中も松坂さん・沢尻さんだけでなく、新田さん、間宮さんの人気も高く、彼らの出演のシーンでの観客のリアクションが彼らの人気の高さを表していた。

あらすじ・・・
都会のど真ん中で、次々と起きる変死事件。現場では、必ず黒スーツの男が目撃される。男の名は宇相吹正(松坂桃李)。電話ボックスに殺人依頼を残すと、願いを叶えてくれる男だ。ただし、依頼人の殺意が純粋でないと、恐ろしい事態を招くという。さらに、宇相吹は全てのターゲットを、一瞬の迷いもなく確実に殺すのだが、その死因は病死や自殺、事故に見えるため、絶対に捕まることはない。そう、彼は〈不能犯〉なのだ。「必ず宇相吹を止める」と熱い正義に燃える多田友子刑事(沢尻エリカ)と部下の百々瀬(新田真剣佑)。捜査の過程で、多田だけが唯一、宇相吹が支配することが出来ない相手だと判明するー。やがて日本中を震撼させた連続爆破事件と宇相吹の事件が繋がり、壮大な事件へと発展していくー。果たして多田は宇相吹を止められるのか?そして宇相吹の真の目的とはー。


公式サイト:funohan.jp/
公式twitter:@FunohanMovie 
公式facebook:@FunohanMovie 
Instaglam:funohan_movie

***********************************

出演:松坂桃李 沢尻エリカ
新田真剣佑 間宮祥太朗 テット・ワダ 菅谷哲也 岡崎紗絵 真野恵里菜 忍成修吾
水上剣星 水上京香 今野浩喜 堀田茜 芦名星 矢田亜希子 安田顕 小林稔侍
原作:『不能犯』(集英社「グランドジャンプ」連載 
原作:宮月新/画:神崎裕也) 
監督:白石晃士
脚本:山岡潤平、白石晃士
配給:ショウゲート
(C)宮月新・神崎裕也/集英社 2018「不能犯」製作委員会 


中国:新星アニメ田監督×日本語吹替制作監修:宮崎吾朗『西遊記ヒーロー・イズ・バック』


映画情報どっとこむ ralph 2015年に中国で公開されるや、中国国産アニメとして歴代1位の興行収入(約192億円)をたたき出し大ヒットした「西遊記之大聖帰来」(原題)が邦題を『西遊記ヒーロー・イズ・バック』として2018年1月13日(土)より新宿ピカデリー他にて全国公開することが決定しました!


本作は中国で古くから愛され日本人にもなじみの深い「西遊記」を新たなスタイルで描くアニメーション映画。

細部までリアルに描かれた3DCG映像で巻き起こすアクションは圧巻!

舞台は妖怪の存在に脅かされている長安の町。孤児の少年リュウアーと長年の封印が解け自由の身となるも、力を失い自信喪失した孫悟空が、子供を連れ去る妖怪に立ち向かう姿を描くアクションアドベンチャー!

映画情報どっとこむ ralph 中国の新星アニメ監督 田暁鵬×日本語吹替制作監修を宮崎吾朗

本作の監督を務めるのは、本作がなんと初監督となる田暁鵬(ティエン・シャオポン)。23年に及ぶアニメ制作の経験を有するものの長編監督の経験はなく、初長編監督作品が中国全土でまさかの大ヒットを記録!まさに現代のチャイニーズドリームを実現させた人物です。

そしてそんな監督から日本語吹替制作監修を直々に託されたのが、『ゲド戦記』や『コクリコ坂から』などのスタジオジブリ作品を手掛け、『山賊の娘ローニャ』で国際エミー賞のアニメーション部門の最優秀賞を受賞した宮崎吾朗!中国の新星と日本が世界に誇るアニメの才能との夢のタッグが実現しました!

映画情報どっとこむ ralph 日本と中国の才能が夢の競演!両者のコメントも到着!!
田暁鵬(ティエン・シャオポン)さんからのコメント

中国の「西遊記」のファンは、長く赤いマントを首に巻き裾をたなびかせている悟空の姿を愛しています。この紅の布が日中両国の映画ファンの心をつなぐような絆になることを願っています。文化を結び、情感を結び、国境を越えて、アニメを愛する心を結びますように。


宮崎吾朗さんからのコメント

生まれて初めて観た中国の3DCGアニメーション映画、『西遊記之大聖帰来』。それは、驚くほど面白かった。僕は目からウロコが何枚も落ちた。見慣れた日本や米国のCGアニメーションとは一味違うキャラクターのデザインや独特な色彩、カンフーのようなアクション等々。僕は画面からあふれてくる、「アニメーション映画をつくりたい!」という作り手の熱気に圧倒された。この日本語吹替版が、原語版の魅力を損ねず、日本の観客への橋渡しとなりますように。今はそれを願うばかり。この場をお借りして、日本語吹替版に力を貸して下さった皆さんに感謝を。そして、僕に大事な作品の吹替を任せてくれた、無口で熱い男、田監督に感謝です。

映画情報どっとこむ ralph
あらすじ・・・
伝説のヒーロー・孫悟空(そんごくう)が五行山に封じ込められて500年。町には妖怪がたびたび現れ、子供をさらっていた。ある日、お師匠さまのもとで修行中のリュウアーは、妖怪に襲われた女の子を助ける途中、たまたま迷い込んだ五行山で、偶然にも孫悟空を眠りから目覚めさせてしまう!ところが悟空の力は封印されたままで、本来のパワーを発揮できずにいた。やがて悟空、リュウアーそして八戒(はっかい)の3人は長安へ旅に出るのだが…。はたして悟空は、かつてのチカラを取り戻し、真のヒーローになることができるのか!?

西遊記ヒーロー・イズ・バック

2018年1月13月(土) 新宿ピカデリーほか全国ロードショー!!

公式HP:
saiyuki-movie.jp

***********************************

監督:田暁鵬(ティエン・シャオポン)
日本語吹替制作監修:宮崎吾朗
製作:アクセスブライト、VAP 
配給:HIGH BROW CINEMA   
(c)2015 October Animation Studio,HG Entertainment


映画『聲の形』が中国3000館で公開決定!


映画情報どっとこむ ralph 「このマンガがすごい!2015」(宝島社刊)オトコ編第 1 位、第 19 回「手塚治虫文化賞」新生賞受賞!

映画『聲の形』。

昨年9月に公開された本作は、全国120 館規模の公開ながら、興行収入23 億円を記録し、2016 年度邦画興行収入ランキング第 10 位にランクイン。

そして、このたび9月8日より中国にて全国 3000 館規模での公開が決定しました!


因みに日本で現在公開中の超大作「関ヶ原」現在日本での公開館数が338館なので中国の市場規模がわかるかと。

映画情報どっとこむ ralph 中国の配給会社・ビエイジダイの担当者は

「京都アニメーションによる美しい映像と、痛みを伴うことでなお一層の感動を誘う物語に感銘を受けました。中国でも多くの観客に歓迎されると確信し、オファーさせていただきました。」

とコメント。

宣伝活動にも力が入っており、映画『恋する惑星』でも知られる中国のスター歌手、フェイ・ウォンを母親に持ち、若手実力派とし て人気を集めるリア・ドウが国内イメージソングを担当し、話題を集めているそう。

同配給担当者は

「公開後の動向によっては、拡大公開をする用意もできています。このすばらしい作品を少しでも多くの 人に届けられるよう最後まで尽力したい。」

と今後の展望も語っている。

映画情報どっとこむ ralph 是非、ファンタジーものでないアニメで綴るヒューマンドラマを中国の方に楽しんでいただきたいところです。

映画『聲の形

公式サイト:
koenokatachi-movie.com
公式 Twitter:
@koenokatachi_M

物語・・・

ガキ大将だった小学 6 年生の石田将也は、転校生の少女、西宮硝子へ無邪気な好奇心を持つ。

「いい奴ぶってんじゃねーよ。」自分の想いを伝えられないふたりはすれ違い、分かり合えないまま、ある日硝子 は転校してしまう。

やがて五年の時を経て、別々の場所で高校生へと成長したふたり。あの日以来、伝えたい想い を内に抱えていた将也は硝子のもとを訪れる。「俺と西宮、友達になれるかな?」再会したふたりは、今まで距離 を置いていた同級生たちに会いに行く。

止まっていた時間が少しずつ動き出し、ふたりの世界は変わっていったよ うに見えたが。

***********************************

キャスト:
石田将也:入野自由/西宮硝子:早見沙織
西宮結絃:悠木碧/永束友宏:小野賢章/植野直花:金子有希/佐原みよこ:石川由依/川井みき:藩めぐみ/真柴智:豊永 利行 石田将也(小学生):松岡茉優

原作:「聲の形」大今良時(講談社コミックス刊)
監督:山田尚子
脚本:吉田玲子
キャラクターデザイン:西屋太志
音楽:牛尾憲輔
主題歌:aiko「恋をしたのは」 音楽制作:ポニーキャニオン
アニメーション制作:京都アニメーション
製作:映画聲の形製作委員会(京都アニメーション/ポニーキャニオン/ABC アニメーション/クオラス/松竹/講談社)
配給:松竹
(c)大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会
    


『マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白』公開決定!


映画情報どっとこむ ralph カンヌ国際映画祭 ACID部門正式出品モスクワ国際映画祭、チューリッヒ国際映画祭にて 最優秀ドキュメンタリー賞受賞の衝撃作!

2016年カンヌ国際映画祭ACID部門正式出品作の衝撃ドキュメンタリー「マダム・ベー(MRS. B, A NORTH KOREAN WOMAN)」(原題)が、この度、邦題を『マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白』と決定し、初夏シアター・イメージフォーラム他にて全国順次公開する運びとなりました。
さらに、来る3月3日より開催される、第12回大阪アジアン映画祭にて特別招待作品として日本初上映されることも発表されました。

映画情報どっとこむ ralph 中国へ売られた北朝鮮女性Bの数奇な運命家族のための出稼ぎのはずが騙され、中国の貧しい農村に嫁として売り飛ばされた、ある北朝鮮女性B。

最初は憎んでいた中国の夫と義父母との生活を受け入れ、そこで生き抜くために脱北ブローカーとなる。しかし北朝鮮に残してきた息子たちの将来を案じた彼女は、彼らを脱北させ、自らも韓国へと渡る過酷な道を選ぶ。

監督は、フランスと韓国を拠点に映画製作し、カンヌには同作品のほか短編(「ヒッチハイカー」)も出品された注目の新鋭ユン・ジェホ。 

女性Bの中国での生活、そして韓国への脱北の道中にも密着し、彼女の壮絶な生き様を記録した本作は、カンヌ国際映画祭ACID部門に正式出品されたほか、モスクワ国際映画祭とチューリッヒ国際映画祭にて最優秀ドキュメンタリー賞受賞するなど、世界各国の映画祭で絶賛!

映画情報どっとこむ ralph 名もなき中年女性の貪欲で数奇な人生を追った傑作ドキュメンタリーがついに日本公開となる。                        

マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白

ユン・ジェホ(Jero YUN)
韓国・釜山出身。フランス、ナンシーのエコール・デ・ボザール、パリのアール・デコ、ル・フレノワで、美術、写真、映画を学ぶ。中編映画「暗闇の中で」(2009)、短編「赤い道」(2010)を演出したのち、短編「約束」(2011)を演出。アシアナ国際短編映画祭で大賞を受賞する。2012年ドキュメンタリー「北朝鮮人を探して」を演出、メキシコ国債短編環境映画祭にて審査員スペシャルメンション賞を受賞した。2013年台北映像委員会が制作したオムニバス映画に参加し、短編「豚」を台湾の女性監督シンイン・チェンと共同で演出し、カンヌ映画祭監督週間、プサン国際映画祭に招待された。

***********************************

2016年/フランス・韓国/72分/DCP/ドキュメンタリー
監督/ユン・ジェホ(Jero YUN)  
(C)Zorba Production, Su:m