「下條アトム」タグアーカイブ

鉄砲玉?なにそれ、ウケるね『純平、考え直せ』出演者情報一挙解禁!


映画情報どっとこむ ralph 9月22日(土)より全国公開される主演・野村周平、ヒロイン・柳ゆり菜映画『純平、考え直せ』の出演者情報が解禁となり場面写真6点を新たに解禁に。


主人公・坂本純平と師弟関係になる兄貴分には、毎熊克哉。
加奈の職場の上司には、岡山天音。

歌舞伎町のコインランドリーで知り合うゲイに、佐野岳。
純平と同じ組の仲間には、戸塚純貴。
更に、佐藤祐基、藤原季節、日向寺雅人、森田涼花、木下愛華といった個性溢れる俳優陣が脇を固め、下條アトム、二階堂智、片岡礼子といったベテラン俳優陣が物語への重厚感を押し出すように華を添えている。

そして、お笑い芸人のやしろ優が、本作でスクリーンデビューを果たしました。
金髪で華やかな衣装で登場するやしろ優の役どころは?! 
映画情報どっとこむ ralph 古めかしい任侠の世界と、現代の闇を映し出すSNS、そしていつの時代も変わらない若者たちの葛藤が、ひとつの作品としてまとめ上げられ、本作に映像ならではの化学反応を引き起こしている本作。現代を生きる若者たちを激しくも瑞々しく描き、限られた3日間を刹那に疾走する2人の青春物語に是非ともご注目ください。

物語・・・

「鉄砲玉?なにそれ、ウケるね」
ふたりの青春、あと3日!?-未来なんて、クソくらえ!

新宿・歌舞伎町のチンピラ、坂本純平(野村周平)21歳。いつか?一人前の男?
になることを夢見ながら、組の雑用に追われる日々だ。そんな純平、ある日、対立する組の幹部の命を獲ってこいと命じられる。「これで一人前の男になれる」と気負い立つ純平は、偶然出会ったOLの加奈(柳ゆり菜)と一夜を共にし、つい?鉄砲玉?になることを洩らしてしまう。手元には拳銃一丁と数十万円の支度金。退屈を持て余していた加奈は、時代錯誤な純平の情熱に呆れながらも不思議な胸の高鳴りを覚え、決行までの三日間、純平と行動を共にすることに。新宿を見降ろすホテルに泊まり、大好物の焼肉をたらふく食べ、思い切り笑い、そして孤独と不安を慰め合ううちに、ふたりは惹かれ合っていく…。
「鉄砲玉なんかやめて、一緒に逃げようか」と言う加奈に、「男が一度決めたことだから」と純平は聞く耳を持たない。そこで加奈はSNSに相談。すると、忠告や冷やかし、無責任な声援がネット上に飛び交い出した! 加奈の想いと、ネット住人たちとの交流が、純平の決意を揺るがし始めるが、決行の日は迫り――さぁ、どうする、純平!

***********************************

出演:野村周平、柳ゆり菜/毎熊克哉、岡山天音、佐野 岳/戸塚純貴、佐藤祐基、藤原季節、日向寺雅人/森田涼花、木下愛華、やしろ優/下條アトム、二階堂智、片岡礼子

原作:奥田英朗『純平、考え直せ』(光文社文庫刊)
監督:森岡利行
脚本:角田ルミ、木村暉、吉川菜美 
プロデューサー:梅川治男
製作:キングレコード アークエンタテインメント
製作プロダクション:ステューディオスリー
配給 アークエンタテインメント
(c)2018「純平、考え直せ」フィルムパートナーズ


芳根京子『わさび』吉行和子『春なれや』映画公開記念写真パネル展示


映画情報どっとこむ ralph 『心が叫びたがってるんだ。』が大ヒット中の芳根京子さんが主演を務めた短編映画『わさび』、日本映画界が誇る女優・吉行和子さんが短編映画に初主演し、共演に村上虹郎さんを迎えた『春なれや』を含む「映画監督外山文治短編作品集」の公開が2週間後にせまる中、この度、「映画公開記念写真パネル展示@SHIBUYA TSUTAYA」の開催が決定しました。
映画スチールからオフショットまで出演者の貴重な写真の数々を展示し、開催期間中は出演者のサイン入り写真が当たるキャンペーンも実施いたします。

映画情報どっとこむ ralph ★パネル展概要★
開催場所:SHIBUYA TSUTAYA 6F
住所:〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町21-6
MAP:http://store-tsutaya.tsite.jp/storelocator/detail/2312.html
開催期間 2017年8月22日(火)~2017年9月4日(月)
開催時間 朝 10:00~深夜26:00


出演者サイン入り写真プレゼントキャンペーン概要
詳しくは店頭またはSHIBUYA TSUTAYA のアメブロにて後日発表いたします。
公式ブログページ:
entrylist.html

「映画監督外山文治短編作品集」公開情報
8月26日(土)〜連日21:00よりユーロスペースにて2週間限定上映
公式サイト:
http://haru-wasabi.com/

外山 文治(そとやま ぶんじ)
製作・監督・脚本

1980年生まれ。福岡県出身。日本映画学校(現・日本映画大学)演出ゼミ卒。
脚本『星屑夜曲』が「伊参スタジオ映画祭シナリオ大賞2005」で大賞。老老介護の厳しい現実を見つめた短編映画『此の岸のこと』が海外の映画祭で多数上映され、「モナコ国際映画祭 2011」で短編部門にて「最優秀作品賞」をはじめ5冠を達成。
シルバー世代の恋愛を明るく描いた『燦燦ーさんさんー』のプロットがユナイテッド・シネマ主催「第六回シネマプロットコンペティション」でグランプリを獲得し、自身の脚本・監督による映像化が決定。長編映画監督デビューを飾った映画『燦燦ーさんさんー』は全国36館にて上映され、「モントリオール世界映画祭2014」より正式招待を受ける。2014年からはCM演出他、PV、コンサート演出等、活動の幅を広げている。

映画情報どっとこむ ralph 『わさび』
私の人生、甘くないっス。

物語・・・
心の病を抱えた父を守るため実家の寿司屋「やま乃」を継ごうと決めた女子高生・山野葵と、その決断に戸惑い反対しながらも、彼女の人生を本気で背負おうとしない離婚した母・房子や周囲の大人達。そんな葵の前に現れた、彼女がかつて所属していた少年野球チーム「高山メッツ」の監督・梅田庄吉。

粉雪が舞う静かな夜、葵は庄吉に野球の勝負を求める。ある事情で小指のない庄吉の投げるボールの軌道を、葵は子供の頃から「魔法」だと信じていた。この逆境の日々の中で、せめて魔法のような力を信じたい・・・老いた庄吉との真剣勝負は、葵に人生の苦みと哀しみ、そして新しい希望を与えるのであった。

[CAST]
芳根京子 杉本凌士/下條アトム/富田靖子


『春なれや』
来年も咲くと決めた。

物語・・・
櫻の花が咲く季節、ひとりの老いた女性が警察に保護された。身元不明のその女性には、どうしても行きたい場所があるという。「ソメイヨシノは60年咲くことができない——?」
そんな噂の真偽を確かめるべく、老人ホームを抜け出してきた女性と、彼女を案内することになってしまった青年。
これは春の日に永遠とは何かを問う、ささやかなお話。

[CAST]
吉行和子/村上虹郎/篠原篤/石崎なつみ/辻井彰太

***********************************



芳根京子 主演短編 外山文治監督映画『わさび』予告到着!


映画情報どっとこむ ralph 映画『心が叫びたがってるんだ。』が大ヒット中の女優・芳根京子が主演する短編映画『わさび』の公開日が近づくなか、本日、その予告編が解禁されました。



本作は「心の病を抱えた父を守るため、実家の寿司屋を継ごうと決めた女子高生」を描いた骨太な人間ドラマ。

厳しい現実に立ち尽くしながらも必死に生きる17歳の心の葛藤と決断が、見る者に深い感動を与える感動作です。富田靖子や下條アトムほか実力派俳優達の中で、みずみずしくも研ぎ澄まされた演技力を発揮する芳根京子の姿は圧巻のひと言。ぜひ御期待ください。
ニューヨーク、ベルギーでも多くの観客から好評を博し、5月には「ロサンゼルス日本映画祭」で最優秀短編作品賞を受賞した『わさび』。

昨年大ヒットした映画『君の名は。』 の聖地・岐阜県の飛騨高山で撮影されており、8月13日には東京公開に先駆けて現地先行上映会も実施されます。

映画情報どっとこむ ralph なお本作は、「映画監督外山文治短編作品集」と題し、吉行和子主演、共演に村上虹郎を迎えた話題の短編映画『春なれや』(外山文治監督作品)他と同時上映で8月26日よりユーロスペース(渋谷)にて2週間限定レイトショー公開されます。

物語・・・

心の病を抱えた父を守るため実家の寿司屋「やま乃」を継ごうと決めた女子高生・山野葵(芳根京子)。今は離れて暮らす母・房子(富田靖子)や周囲の大人達は、その決断に戸惑い反対しながらも、彼女の人生を本気で背負おうとはしない。
そんな葵の前にかつて所属していた少年野球チーム「高山メッツ」の監督・梅田庄吉(下條アトム)が現れた。粉雪が舞う静かな夜、葵は庄吉に野球の勝負を求める。葵は子供の頃から、庄吉が投げるボールの軌道を「魔法」だと信じていた。せめて今は魔法のような力を信じたい……。

葵が噛みしめるのは、人生の苦みと哀しみ、そして新しい希望。

公式HP: http://haru-wasabi.com
公式Twitter:@wasabi_film
***********************************

製作・監督・脚本:外山文治(映画『燦燦–さんさん–』『春なれや』ほか)
出演:芳根京子、杉本凌士、下條アトム、富田靖子 

2016年/日本/日本語/カラー/ビスタ/ステレオ/ 30分
公開日:2017年8月26日(土)劇場:ユーロスペース 渋谷 
© 外山文治2016


芳根京子『わさび』吉行和子・村上虹郎『春なれや』特報映像解禁


映画情報どっとこむ ralph 芳根京子が主演し、先月開催された「ロサンゼルス日本映画祭」で最優秀短編映画賞を受賞した短編映画『わさび』、吉行和子が短編映画に初出演し、村上虹郎、篠原篤らと共演した『春なれや』、そしてかつて世界各地で上映され絶賛された『此の岸のこと』の三作品を収めた「映画監督外山文治短編作品集」が8月26日から劇場公開となります。

その長尺の2分22秒に各作品がダイジェストで流れていく特報映像が解禁されました。


映画情報どっとこむ ralph また、新鋭監督外山文治が描く映像世界に対し、蜷川幸雄、岩松了、八嶋智人、篠原哲雄等、小椋久美子、足立紳からも賞賛の声が続々と届けられています。

家)
外山監督は道に立ちすくむ人を見つめる。そこに流れている慈悲のような静寂の調べ  
                                                      
八嶋智人(俳優)
人への寄り添い方が優しく、強い。
現代という閉塞感を受け止め、他人事にせず、でも希望を捨てない物語。               
                                                      

蜷川幸雄(演出家)※『此の岸のこと』への寄稿
まるで韓国の大監督キム・ギドクの初期の作品のように、深い悲しみをこめた画面は限りなく美しい。
                                                     
                             
篠原哲雄(映画監督)
くそったれな流行には目もくれず、着実に人間の奥底に潜む、理不尽な運命に逆らう想いを、映画ならではの美しさで描いている。         
                                                     

足立紳(映画監督 脚本家)
すべての登場人物たちにありったけの愛情が注がれていて、どの人物たちももっともっと観ていたいと思わせる。                      
                                                 
小椋久美子(元バドミントン日本代表)
絆を守りぬく人間の強さ。切なく優しい愛に涙が止まりませんでした。大切な人に会いたくなりました。

映画情報どっとこむ ralph 「映画監督外山文治短編作品集」

『わさび』
出演:芳根京子、杉本凌士、富田靖子、下條アトムほか

『春なれや』
出演:吉行和子、村上虹郎、篠原篤
主題歌:Cocco

2017年8月26日(土)ユーロスペース(渋谷)公開。

公式HP:
haru-wasabi.com  
公式Twitter:
@wasabi_film
   
***********************************

    


芳根京子主演 『わさび』JFF Los Angeles 2017で最優秀短編映画賞


映画情報どっとこむ ralph 今もっとも注目を集める女優・芳根京子が主演を務める短編映画『わさび』が、ロサンゼルスで開催されていた「Japan Film Festival Los Angeles 2017」にて「Best Short Film Award」(最優秀短編映画賞)を受賞したことがわかりました。
12回目の記念開催となったロサンゼルス日本映画祭は、厳選した日本映画を通じて日本とロサンゼルスの文化交流を目的とした映画祭で、両国の関係を深めるべく今年も日本から多くのゲストが参加。
『わさび』は芳根京子が心の病を抱えた父を守るために実家の寿司屋を継ぐことを決めた女子高生・山野葵を瑞々しくも力強く演じ、共演に富田靖子、下條アトム等ベテラン俳優陣を迎えた短編映画の枠を超える重厚な感動作品です。

受賞の報告を受けた外山文治監督がコメントを発表。

外山文治監督:日本での公開の前に、素敵な報告を頂きましたこと嬉しく思います。日常から溢れ落ちてしまうようなテーマを扱った本作を、しっかりと掬ってくださった方々に心より感謝します。

『わさび』は、8月26日より「映画監督外山文治短編作品集」と題し、女優・吉行和子短編映画初出演となる『春なれや』(同監督)他と同時上映という形で、渋谷のユーロスベースにて2週間限定レイトショー公開されます。

また、6月から始まる「New York Japan Cine Fest 2017」での上映が決まっています。

映画情報どっとこむ ralph 芳根京子主演短編映画 『わさび』

物語・・・
心の病を抱えた父を守るため実家の寿司屋「やま乃」を継ごうと決めた女子高生・山野葵(芳根京子)。今は離れて暮らす母・房子(富田靖子)や周囲の大人達は、その決断に戸惑い反対しながらも、彼女の人生を本気で背負おうとはしない。

そんな葵の前にかつて所属していた少年野球チーム「高山メッツ」の監督・梅田庄吉(下條アトム)が現れた。

粉雪が舞う静かな夜、葵は庄吉に野球の勝負を求める。葵は子供の頃から、庄吉が投げるボールの軌道を「魔法」だと信じていた。せめて今は魔法のような力を信じたい。

葵が噛みしめるのは、人生の苦みと哀しみ、そして新しい希望。


2017年8月26日(土)渋谷 ユーロスペースにて公開。

公式HP:
haru-wasabi.com

公式Twitter:
@wasabi_film

***********************************

製作・監督・脚本:外山文治(映画『燦燦–さんさん–』『わさび』ほか)
出演:芳根京子、富田靖子、下條アトムほか
2016年/日本/日本語/カラー/シネマスコ―プ/ステレオ/ 30分
© 外山文治