「上白石萌歌」タグアーカイブ

山﨑賢人の真剣でやさしい眼差し「羊と鋼の森」ティザービジュアル到着!


映画情報どっとこむ ralph 2016年「本屋大賞」を受賞した小説「羊と鋼の森」。

本作はピアノの調律に魅せられた一人の青年の成長物語。北海道の高校に通う外村は調律師・板鳥と出会い、感銘を受け、ピアノの調律師として生きていくことを決意。板鳥がいる江藤楽器で働き始め、ピアノと繋がる多くの人と出会い、調律師としての自分を探し求め成長していきます。その小説が山﨑賢人主演で2018年6月8日(金)、実写映画として公開されます!

そしてこの度、今作のティザービジュアルが遂に解禁!

ティザービジュアルでは、真剣にピアノに向き合う山﨑賢人の調律師としての姿が! その瞳にはピアノの鍵盤が写りこんでおり、真摯な眼差しと表情は、職人の姿そのもの。初めて見る山﨑賢人の姿がそこにあります。

さらに、山﨑賢人がピアノを調律している場面写真も公開!
リアリティを追及するため、日本ピアノ調律師協会の会長から直々に指導を受け、ピアノの調律の練習を重ねた上で、撮影に臨みました。場面写真には、複雑であり美しくもあるピアノの部品と、そこに真剣に、丁寧に向き合う主人公・外村の姿があり、調律師という仕事の崇高さが伝わってきます。

映画情報どっとこむ ralph ピアノの調律という美しい世界と、そこから生みだされる物語。

羊と鋼の森

ストーリー

「羊」の毛で作られたハンマーが、「鋼」の弦をたたく。ピアノの音が生まれる。
生み出された音は、「森」の匂いがした――
北海道の田舎で育った主人公・とむら外村なおき直樹は、高校でピアノの調律師・いた板どり鳥そういちろう宗一郎に出会う。
彼の調律したピアノの音に「森の匂い」を感じ、調律師の仕事に魅せられ、その世界で生きていくことを決める。そして専門学校に通ったのち、板鳥のいる楽器店で調律師として働くようになるのだった。
一番年齢が近く兄のような存在である柳につきながら、調律師としての道を歩み始めた外村は、一緒に回るなかで、高校生姉妹、かずね和音とゆに由仁に出会う。同じ柳の調律したピアノながら、明るく弾むような音色のゆに由仁に対し、端正でつややかな音を奏でるかずね和音の音。外村は、そんな和音の音に魅了されていく―。

調律師との出会い。
姉妹ピアニストとの出会い。
初めての調律と、挫折。
そして見えてくる“本当の自分”。

悩み、迷い、挫折を経験しながらも、一歩一歩前へ進んで行こうとする、みずみずしくも逞しい“成長物語”―。

映画情報どっとこむ ralph 原作
「羊と鋼の森」(2015年9月初版発行)
著者:宮下奈都(文藝春秋刊)
累計発行部数:50万部突破!(初版6500部)
        
●2016年「本屋大賞」獲得!!
●キノベス!2016 第1位獲得!
●2015ブランチブックアワード大賞 受賞!

***********************************

キャスト:
山﨑賢人
三浦友和,上白石萌音,上白石萌歌,鈴木亮平,佐野勇斗
監督;橋本光二郎
脚本;金子ありさ
音楽;世武裕子
製作;「羊と鋼の森」製作委員会
撮影時期;2017年2月上旬~3月中旬 6月(夏パート撮影)
撮影場所;北海道旭川を中心に撮影

(C)2018「羊と鋼の森」製作委員会


鈴木亮平ら実力派俳優陣が集結!『羊と鋼の森』追加キャスト8名発表! 


映画情報どっとこむ ralph 「火花」「君の膵臓をたべたい」などの話題作を抑え、2016年「本屋大賞」を受賞した小説「羊と鋼の森」。

ピアノに魅せられる主人公の青年・外村直樹を演じるのは山﨑賢人。外村に感銘を与え、彼の人生を導いていく調律師、板鳥宗一郎役を、三浦友和が演じ、
さらに外村の調律師人生を大きく変えることになるピアニスト姉妹を注目の女優・上白石萌音、上白石萌歌姉妹が演じることが先日発表され、この姉妹共演も大きな話題となりました。

そして!この度、山﨑賢人らと共に、物語を作り上げていくキャスト8名が一挙発表!

主人公・外村の勤める江藤楽器のピアノ調律師で、外村にとって一番年齢の近い先輩であり、成長のきっかけとなるアドバイスをしていく兄貴分・柳 伸二役には、『海賊と呼ばれた男』『忍びの国』など数々の映画に出演し、来年の大河ドラマ「西郷どん」でも主演、来年の顔となる俳優・鈴木亮平。現場では、撮影をしていない時でも仲の良い先輩後輩のような関係だった山﨑賢人と鈴木亮平。鈴木亮平も撮影前からピアノ調律の練習を重ねていき、今作の役に挑みました。
また、江藤楽器に勤める事務であり、ムードメーカー的存在の女性・北川みずき役に堀内敬子。同じく江藤楽器に勤め、口は悪いが調律師としての腕は優秀な男・秋野匡史役に光石 研。柳の恋人役であり、外村に柳の過去を伝える女性・濱野絵里役に仲里依紗。柳の顧客であり、ジャズバーで演奏するプロピアニスト・上条真人役に城田優。外村の顧客であり、悲しい過去によってピアノを引けなくなってしまった青年・南 隆志役に森永悠希。厳しく接しつつも、外村を見守り続ける祖母・外村キヨ役に吉行和子。そして、外村の弟であり、外村にコンプレックスを頂かせる優秀な弟・外村雅樹役に、来年1月から放送するドラマ「トドメの接吻」でも山﨑賢人と共演する大注目の若手俳優・佐野勇斗。

注目の若手からベテランまで、原作のイメージに合う、実力派俳優陣が集結しました。

映画情報どっとこむ ralph 「羊と鋼の森」

「羊」の毛で作られたハンマーが、「鋼」の弦をたたく。ピアノの音が生まれる。
生み出された音は、「森」の匂いがした――

北海道の田舎で育った主人公・とむら外村なおき直樹は、高校でピアノの調律師・いた板どり鳥そういちろう宗一郎に出会う。
彼の調律したピアノの音に「森の匂い」を感じ、調律師の仕事に魅せられ、その世界で生きていくことを決める。そして専門学校に通ったのち、板鳥のいる楽器店で調律師として働くようになるのだった。
一番年齢が近く兄のような存在である柳につきながら、調律師としての道を歩み始めた外村は、一緒に回るなかで、高校生姉妹、かずね和音とゆに由仁に出会う。同じ柳の調律したピアノながら、明るく弾むような音色のゆに由仁に対し、端正でつややかな音を奏でるかずね和音の音。外村は、そんな和音の音に魅了されていく―。

調律師との出会い。
姉妹ピアニストとの出会い。
初めての調律と、挫折。
そして見えてくる“本当の自分”。
悩み、迷い、挫折を経験しながらも、一歩一歩前へ進んで行こうとする、
みずみずしくも逞しい“成長物語”―。

***********************************

監督:橋本光二郎
脚本:金子ありさ
音楽:世武裕子
製作:「羊と鋼の森」製作委員会
撮影時期:2017年2月上旬~3月中旬 6月(夏パート撮影)
撮影場所:北海道旭川を中心に撮影
(C)2018「羊と鋼の森」製作委員会


上白石萌音×上白石萌歌、初共演『羊と鋼の森』!姉妹でピアニスト役で連弾を披露!


映画情報どっとこむ ralph 「2016年 本屋大賞第1位」を受賞した小説「羊と鋼の森」。

その実写映画『羊と鋼の森』が山﨑賢人主演で2018年6月に公開されます。

この度、追加キャストの情報を解禁となり、物語の重要な役どころである姉妹ピアニスト役として、上白石萌音さん・上白石萌歌さんが姉妹初共演していることがわかりました!
本作はピアノの調律に魅せられた一人の青年の成長物語。北海道の高校に通う外村は調律師・板鳥と出会い、感銘を受け、ピアノの調律師として生きていくことを決意。板鳥がいる江藤楽器で働き始め、ピアノと繋がる多くの人と出会い、調律師としての自分を探し求め成長していきます。

ピアノに魅せられる主人公の青年・外村直樹を演じるのは、山﨑賢人さん。そして、外村に感銘を与え、彼の人生を導いていく調律師、板鳥宗一郎役を、日本映画界を支える実力派俳優・三浦友和さんが演じています。

その主人公・外村は調律師として駆出しの時に、あるピアニストの姉妹と出会い、その音色に心を動かされ、調律師として急速に成長を遂げることになります。物語の流れを作る重要な役どころであり、外村の調律師人生を大きく変えることになるピアニスト姉妹。原作ファンからも注目の集まるそのキャスト情報を、遂に解禁です!
映画情報どっとこむ ralph 姉妹だからこその、息の合った演技を魅せるお二人からコメント届いています。

上白石萌音・・・・佐倉和音役
高校生の姉妹の姉。妹・由仁とは違う高校に通うが、2人ともピアノを幼いころから学んでいる。静かで力強い音を奏で、外村は初めて2人の音色を聴いた際、和音の音に魅了される。

≪上白石萌音コメント≫
初めて原作を読み、何度も涙が出そうになりました。匂い、音、温かみ、それらが文字から伝わってくる不思議な原作で、繰り返し読みました。
撮影現場も、そんな原作の世界観を投影したような温かい現場で本当に楽しかったです。
現場に入った時に、家で会っている妹に「おはようございます」と言うのが面白く、新鮮でした。また妹と共演できるからこそ、リラックスして役に入れましたし、芝居の上でも遠慮することもありませんでした。
今作の和音という役、私と似ている部分がたくさんあります。姉として「しっかりしなきゃ」と思う気持ち、由仁に対してジェラシーを感じる姿など、私も妹の心の強さ、ポジティブさを羨ましく思う時があったので、役と繋がりながら演じました。姉妹として、ピアニストとしてお互いを意識して高め合える和音と由仁は、「理想の姉妹だね!」と妹とよく話しています。
映画館から出たくなくなる、ずっとその世界を堪能していたくなる映画になると思います。


上白石萌歌・・・・佐倉由仁役
高校生の姉妹の妹。妹の由仁は明るく弾むような音色で、多くの人は姉・和音よりも由仁のピアノに魅了される。天真爛漫な性格だが、姉のことをいつも想っている。

≪上白石萌歌コメント≫
台本を読んだ時、こんな詩のような台本があるのかと感動しました。また、原作の舞台である北海道で撮影したことで、肌で感じる新しい感覚がたくさんあり、すごく気持ちが入りました。
姉と初めて一緒にお芝居をしましたが、台本の読み合わせを家で一緒にできたのは面白かったですね。お互いに意見を出し合ったり、有意義な読み合わせができました。
ピアノの練習も重ねていきましたが、由仁は和音と違って跳ねるような音色を奏でるので、そのような曲のピアノの音色を聴くことで役作りをしていきました。
役の中で、姉と自分のピアノを比較したり、意識したりする部分があり、そういうところは妹として実際に共感する部分がありました。連弾のシーンで、練習してきたピアノの個性を、姉とぶつけ合うのが楽しかったです。
どんな映画になるのか、すごく楽しみで、私も早く観たいです!

映画情報どっとこむ ralph
2018年6月 全国東宝系にてロードショー!

北海道の田舎で育った主人公・外村直樹は、高校でピアノの調律師・板鳥宗一郎に出会う。
彼の調律したピアノの音に「森の匂い」を感じ、調律師の仕事に魅せられ、その世界で生きていくことを決める。そして専門学校に通ったのち、板鳥のいる楽器店で調律師として働くようになるのだった。
一番年齢が近く兄のような存在である柳につきながら、調律師としての道を歩み始めた外村は、一緒に回るなかで、高校生姉妹、和音と由仁に出会う。同じ柳の調律したピアノながら、明るく弾むような音色の由仁に対し、端正でつややかな音を奏でる和音の音。外村は、そんな和音の音に魅了されていく―。


調律師との出会い。
姉妹ピアニストとの出会い。
初めての調律と、挫折。
そして見えてくる“本当の自分”。
悩み、迷い、挫折を経験しながらも、一歩一歩前へ進んで行こうとする、
みずみずしくも逞しい“成長物語”―。

原作
「羊と鋼の森」(2015年9月初版発行)
著者:宮下奈都(文藝春秋)
累計発行部数:50万部突破!(初版6500部)
        
●2016年本屋大賞 第1位獲得!!
●キノベス!2016 第1位獲得!
●2015ブランチブックアワード大賞 受賞!

***********************************

監督: 橋本光二郎
脚本:金子ありさ
製作:「羊と鋼の森」製作委員会
撮影時期:2017年2月上旬~3月中旬 6月(夏パート撮影)
撮影場所:北海道旭川を中心に撮影

(C)2018 「羊と鋼の森」製作委員会