「上田慎一郎」タグアーカイブ

「カメラを止めるな!」東京コミコン2018参加決定!


映画情報どっとこむ ralph 来たる11月30日~12月2日、千葉・幕張メッセにて開催される、海外コミック、アニメ、ゲーム、映画が集結するポップ・カルチャーとテクノロシーの祭典「東京コミコン2018」。

12月2日(日)、そのメインステージにて「カメラを止めるな!Blu-ray & DVD 発売記念トークイベント」が開催決定!
同日、ムービープラス協賛のスカパー!ブース、TSUTAYAブースでは、上田慎一郎監督との写真撮影会も実施します。昨年は4万人を上回る集客を記録、全世代とわず知的好奇心を刺激する「東京コミコン」でも「カメ止め!」はアツアツです!

流行語大賞に「カメ止め」がノミネートされるなどまだまだ今年の話題をさらい続けている最中、ファン待望のBlu-ray&DVDリリースの12月5日(水)発売を記念したイベントとなります。

映画情報どっとこむ ralph ★東京コミコン2018参加イベント詳細:

① VAP×TSUTAYA×ムービープラス 「カメラを止めるな!」Blu-ray & DVD 発売記念トークイベント

日時: 2018年12月2日(日)10:30~11:15
場所: 東京コミコン2018 メインステージ
登壇者:上田慎一郎(監督)、市橋浩治(プロデューサー)
※本イベントは、東京コミコン2018ご来場のどなたでもご覧いただけますが、メインステージ満席の場合はご入場をお断りする可能性もございます。


② 上田慎一郎監督 写真撮影会 <ムービープラス協賛 スカパー!ブース>

日時: 2018年12月2日(日)11:30~
場所: 東京コミコン2018 <ムービープラス協賛 スカパー!ブース>
対象: 11月30日(金)~12月2日(日)会場限定発売の「カメラを止めるな!Tシャツ(青)」

(税込3,000円)をご購入のお客様がご参加いただけます。

撮影会参加方法はコチラ⇒ ムービープラスFB
http://ow.ly/ZA5o30mA2Lr


③ 上田慎一郎監督 写真撮影会/ステッカー&スリーブプレゼント!<TSUTAYAブース>

日時: 2018年12月2日(日)14:00~
場所: 東京コミコン2018 <TSUTAYAブース>
対象: TSUTAYAプレミアムご利用中の方/当日会場で新規お申込みの方 

詳しい撮影会参加方法はコチラ
http://tsutaya.jp/tcc2018-news/

また、当会場で「カメラを止めるな!Blu-ray & DVD」をご予約頂くと「会場限定オリジナルステッカー」をもれなくプレゼント。

さらに上田監督の初期唯一の長編作品『お米とおっぱい。』を同時予約で『会場限定オリジナル・スリーブケース』をプレゼント。

※トークイベント参加、両ブース写真撮影会への参加には、12月2日(日)の東京コミコン2018の入場券が必要となります。

映画情報どっとこむ ralph 『カメラを止めるな!』大ヒット全国上映中!

12月5日(水)Blu-ray & DVD発売(発売・販売:バップ) 
物語・・・
とある自主映画の撮影隊が山奥の廃墟でゾンビ映画を撮影していた。本物を求める監督は中々OKを出さずテイクは42テイクに達する。そんな中、撮影隊に 本物のゾンビが襲いかかる!大喜びで撮影を続ける監督、次々とゾンビ化していく撮影隊の面々。
”37分ワンシーン・ワンカットで描くノンストップ・ゾンビサバイブムービー!”……を撮ったヤツらの話。


***********************************

監督・脚本・編集 :上田慎一郎
出演:濱津隆之 真魚 しゅはまはるみ 長屋和彰 細井学 市原洋 山﨑俊太郎 大沢真一郎 竹原芳子 浅森咲希奈 吉田美紀 合田純奈 秋山ゆずき

撮影:曽根剛
録音:古茂田耕吉
助監督:中泉裕矢
特殊造形・メイク:下畑和秀
ヘアメイク:平林純子|制作:吉田幸之助
主題歌:「Keep Rolling」歌:謙遜ラヴァーズ feat.山本真由美|音楽:鈴木伸宏&伊藤翔磨 永井カイル|アソシエイトプロデューサー:児玉健太郎 牟田浩二|プロデューサー:市橋浩治 
2017年/日本 
全国劇場公開作品
発売元・販売元:バップ
© ENBU ゼミナール


『カメ止め!』全感染者待望のファンミーティング決定!主題歌もカラオケに!


『カメ止め!』全感染者待望のファンミーティング決定!主題歌もカラオケに!

映画情報どっとこむ ralph この度、『カメ止め!』全感染者待望のファンミーティング実施が決定しました!!

「最高かよ~!『カメ止め!』アツアツ感染者集会~ポンデミック 2018~」と題し、11/22 (木)に東京・お台場の ZeppDiverCity で開催。一夜限りの豪華出演者によるコメンタリー上映& アツアツファンミーティングを予定しており、これまで支えてくれた全ての『カメ止め!』ファンへの感謝を込めた、熱気あふれるフェスティバルになること間違いなしです!

さらに、主題歌「Keep Rolling」(歌手:謙遜ラヴァーズ feat.山本真由美)のカラオケを株式会社 第一興商が展開する LIVE DAM STADIUM シリーズにて 10/30(火)より配信開始することが決定。映画鑑賞後にカラオケで歌えば、盛り上がること間違いなしです。

さらにさらに、11/25(日)には、沖縄県豊見城市で開催の「第9回とみぐすく美ら島ママチャリ5時間 耐久レース」に『カメ止め!』メンバーが参加することも決定しました。

映画情報どっとこむ ralph 【最高かよ~!『カメ止め!』アツアツ感染者集会~ポンデミック 2018~】
◆日時:11 月 22 日(木) 開場 17:00 / 開演 19:00 ※コメンタリー上映開始は 19:30~予定
◆場所:Zepp DiverCity(TOKYO)
◆出演者(予定):上田慎一郎監督、しゅはまはるみ、長屋和彰、細井学、市原洋、大沢真一郎、浅森咲希奈 吉田美紀、山口友和、曽我真臣、佐渡未来、白岡優、ふくだみゆき、秋山ゆずき 他
◆チケット情報:オフィシャル先行(イープラス) 10/27(土)正午よりスタート
http://eplus.jp/kametome/

【主題歌「Keep Rolling」カラオケ配信決定】
◆配信曲:Keep Rolling
◆歌手名:謙遜ラヴァーズ feat.山本真由美
◆配信開始日:10/30(火)
◆配信機種:LIVE DAM STADIUM シリーズ(第一興商)

【第9回とみぐすく美ら島ママチャリ5時間耐久レース】
◆レース日時:11 月 25 日(日)10:00~15:00(予定)
◆場所:沖縄県豊見城市 豊崎美ら sun ビーチ
◆参加メンバー:市原洋、大沢真一郎、浅森咲希奈、山口友和、久場寿幸、市橋浩治
◆レース概要:今年で 9 回目の開催となり、1台のママチャリをチームで乗り継ぎ、5時間で、1 周・約 1,8km の 周回数を競います。「優勝を目指すチーム」「特別賞(ママチャリデザイン賞、ライダーコスプレ賞)を目指すチー ム」「仲間とのバーベキューを楽しみながら、レース参加するチーム」など、様々なチームが参加します。

映画情報どっとこむ ralph 『カメラを止めるな!』

ストーリー
とある自主映画の撮影隊が山奥の廃墟でゾンビ映画を撮影していた。本物を求める監督は中々OK を出さずテイクは 42 テイクに達する。そんな中、撮影隊に 本物のゾンビが襲いかかる!大喜びで撮影を続ける監督、次々とゾンビ化していく撮影隊の面々。”37 分ワンシーン・ワンカットで描くノンストップ・ゾンビサバ イバル!” ……を撮ったヤツらの話。

***********************************


監督・脚本・編集:上田慎一郎
出演:濱津隆之 真魚 しゅはまはるみ 長屋和彰 細井学 市原洋 山﨑俊太郎 大沢真一郎 竹原芳子 浅森咲希奈 吉田美紀 合田純奈 秋山ゆずき
撮影:曽根剛|録音:古茂田耕吉|助監督:中泉裕矢|特殊造形・メイク:下畑和秀|ヘアメイク:平林純子|制作:吉田幸之助| 主題歌・メインテーマ:鈴木伸宏&伊藤翔磨|音楽:永井カイル|アソシエイトプロデューサー:児玉健太郎 牟田浩二
プロデューサー:市橋浩治
製作:ENBU ゼミナール
配給:アスミック・エース=ENBU ゼミナール 96 分/16:9/2017 年
©ENBU ゼミナール


『カメラを止めるな!』続編の可能性も!?上田慎一郎監督が登壇SSFF&ASIAイベントで


映画情報どっとこむ ralph 今年20周年を迎えた米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭ショートショートフィルムフェスティバル&アジアは、第31回東京国際映画祭との提携企画として、「秋の上映会」を開催中。10月8日(月・祝)、東京都写真美術館にて快進撃を続ける映画『カメラを止めるな!』の上田慎一郎監督によるトークイベントを開催。

本イベントでは、上田監督の学生時代の話から『カメラを止めるな!』の大ヒットに至るまでの経緯などをたっぷり語ってくれました。

日付:10月8日(月・祝)
場所:東京都写真美術館
登壇:上田慎一郎

映画情報どっとこむ ralph SSFF & ASIA 2014にノミネートされた短編『彼女の告白ランキング』を上映後、観客からの大きな拍手の中、上田監督が登場。

司会から『彼女の告白ランキング』の製作経緯を尋ねられると


上田監督:久しぶりにスクリーンで見ましたが、好き放題やってますね(笑)

と感想を述べ、ショートフィルムの魅力について聞かれると、

上田監督:ショートフィルムはワンアイデアあれば突破できる。『彼女の告白ランキング』は、自分のやりたいことを惜しみなくつぎ込んだ作品という意味で、『カメラを止めるな!』との共通点があります。

と振り返った。

映画製作を始めたきっかけについて尋ねられると

上田監督:出身が滋賀県の町なんですが、映画館までは車で1時間。町のビデオショップや友人のお父さんの棚からビデオやDVDを借りていました。その後、父に買ってもらったビデオカメラを使って、放課後友人と一緒に映像を撮っていた。本格的に撮影をはじめたのは、高校の文化祭で、ぼくらのクラスは映画をつくろうということになったんですよ。高校のときにつくった作品は、友人のキャラクターを意識しながらあてがきで脚本を書いたので『カメラを止めるな!』に近いかもしれないですね。

と語りました。

また、高校生3年生のときに初めて脚本・監督をした作品で、若者が突然、戦時中にタイムスリップしてしまう戦争映画『タイムトラベル』のメイキング映像と同じく高校時代に作ったショートフィルム『戦争夢』を初上映。当時のキャスト選びについて司会から聞かれると

上田監督:クラスメイトの個性を見てキャスティングしていたのですが・・・現場で次の展開やセリフを考えながら撮っていましたね。高1から高3までヒロインは自分の好きな子にお願いしていましたね。その人を撮りたいと思うかのフィーリングは大切で、観客にも伝わるものだ思います。

と回答。

学生時代から現在までの共通点はありますかという問いに対しては、

上田監督:いい意味で、遊びの延長という点ですね。一度も監督を辞めたいと思ったことはないですし”スタッフみんなでつくる“という意識は高校生の時からかわっていないですね。『タイムトラベル』は僕が主演もしていたので、自分が演技するときはクラスメイトにカメラを回してもらいまわりのアイデアを取り入れていたので。

と、『カメラを止めるな!』にも通ずるエピソードを披露。

映画情報どっとこむ ralph そして、『カメラを止めるな!』の予告編が上映されると



上田監督:はい、カメトメモードになりました!

と会場の笑いを誘った。
今後も、これまでの撮影スタイルを踏襲するのかという問いについては

上田監督:最終決定権は僕が持ちつつも、まわりの意見を取り入れながらやっていきたい。これから商業映画にチャレンジするときにどうなるのかという点は不安でもあり楽しみでもあります。

と今後の抱負を述べ、低予算で製作したことも話題の一つではありますが、逆に莫大な予算があったらこの作品はどう変わっていましたかと聞かれると、

上田監督:予算300万円で無名の俳優だからこそできた映画。衣装は自宅のベランダで血を塗って、、、など、手作りでつくったのですが、みんなで作ったことがひとつに重なっていくところがよかったと思うんです。

と語った。


これからどういう映画作りをしていきたいかと聞かれると、

上田監督:(自分を越えるという意味では」今年の自分はなかなか手強いですね。(今後の製作過程において)興行収入で上回ることはあるかもしれないけど、本当に密度の濃い3ヶ月だったんで、今後の人生でこの3ヶ月に匹敵するときがくるのかなと、ときどき思うけど、これを超える日々を探したいですね。

と今後に対する意気込みをみせた。

また、クリエイターにとって映画祭とはと聞かれると、

上田監督:自主制作作品の映画の出口として、短編映画祭はすごくモチベーションになるし、間のステップとして評価や感想をもらえるのはすごくいいなと思います。映画祭でできた仲間もいる。これまでいただいた賞は準グランプリが多かったんですよ。でも、準グランプリはある意味いいなと。うれしい喜びも悔しさも両方もらえるから。

と上田監督のひととなりを覗かせた。

映画情報どっとこむ ralph 観客からの質疑応答で13歳の少年から「ぼくも脚本を書かずに撮影をしているのですが、どうやったら脚本を完成させられますか?」とアドバイスを求められると、

上田監督:まだ書かなくていいんじゃない?大人になったら、締め切りもあるし、第三者を巻き込んだりオファーする際には脚本が必要になってきます。

と率直に回答。
また、続編について問われ

上田監督:実はシリーズ化できないかという妄想はしています。今度はゾンビの縛りではなくて、主人公が無茶な仕事を振られてカメラを止めずに…水中でワンカット30分とか。

とジョークを交えつつ意欲を見せた。

上田監督:『カメラを止めるな!』は誰に何を言われようが、自分のやりたいことをやろうと思ってつくった作品。「この作品の意義はお客さんを楽しませること、それ以外になかった。次の作品で守りに入って60点、70点のものをつくったら終わりだと思う。0点か200点かを目指したい。今までホームレス経験や借金まみれになったこともあるし、たとえ失敗してもまたそうなるだけ。転ぶ準備はできています。

と断言。

最後は、来場者とともに恒例のゾンビポーズで記念撮影を行いと挨拶をし、来場者からの大きな拍手で会場は包まれた。


SSFF & ASIA 2018秋の上映会は、10月12日(金)まで会場をアンダーズ東京に移し開催中。

ストーリー
とある自主映画の撮影隊が山奥の廃墟でゾンビ映画を撮影していた。本物を求める監督は中々OK を出さずテイクは 42 テイクに達する。そんな中、撮影隊に 本物のゾンビが襲いかかる!大喜びで撮影を続ける監督、次々とゾンビ化していく撮影隊の面々。”37 分ワンシーン・ワンカットで描くノンストップ・ゾンビサバ イバル!” ……を撮ったヤツらの話。


***********************************

監督・脚本・編集:上田慎一郎

出演:濱津隆之 真魚 しゅはまはるみ 長屋和彰 細井学 市原洋 山﨑俊太郎 大沢真一郎 竹原芳子 浅森咲希奈 吉田美紀 合田純奈 秋山ゆずき

撮影:曽根剛
録音:古茂田耕吉
助監督:中泉裕矢|特殊造形・メイク:下畑和秀|ヘアメイク:平林純子|制作:吉田幸之助| 主題歌・メインテーマ:鈴木伸宏&伊藤翔磨|音楽:永井カイル|アソシエイトプロデューサー:児玉健太郎 牟田浩二|プロデューサー:市橋浩治 製作:ENBU ゼミナール

配給:アスミック・エース=ENBU ゼミナール 96 分/16:9/2017 年
©ENBU ゼミナール
     


100万人動員突破!!! 『カメラを止めるな!』アツアツ舞台挨拶 & 生中継 実施決定


映画情報どっとこむ ralph 監督&俳優養成スクール・ENBU ゼミナールの≪シネマプロジェクト≫第 7 弾作品、上田慎一郎監督待望の長編デビュー作『カメラを止めるな!』。

6/23(土)に都内 2 館で公開が始まって以降、多くの観客に愛されてきた本作が、8/31(金)についに動員 数 100 万人を突破いたしました!!

現在の累計上映決定館数は 249 館(9/1 時点で上映中の劇場は 149 館)にのぼり、8/25~26 の週末ランキ ングでは 6 位と自己最高を更新! “カメ止め旋風”はまだまだ止まりません!! また、100 万人以上の感染者の皆さまへの感謝を込めて、9/6(木)夜に“【ポン”デ・ミリオン 100 万人動 員アツアツ舞台挨拶 & 生中継】の実施も決定いたしました!!

TOHO シネマズ 日比谷の登壇者は総勢 20 名 (予定)! 来場者プレゼントもあるそうです!

映画情報どっとこむ ralph 【“ポン”デ・ミリオン 100 万人動員アツアツ舞台挨拶】
日時:9 月 6 日(木)18:30 の回 上映終映後
場所:TOHO シネマズ 日比谷 スクリーン 12(千代田区有楽町 1-1-3 東京宝塚ビル地下)
登壇(予定):上田慎一郎監督 濱津隆之 真魚 しゅはまはるみ 長屋和彰 細井学 市原洋 山﨑俊太郎 大沢真一郎 竹原芳子 浅森咲希奈 吉田美紀 山口友和 藤村拓矢 曽我真臣 佐渡未来 イワゴウサトシ 高橋恭子 生見司織 鈴木伸宏

チケット料金:通常料金(前売券使用可、各種割引適用可、招待券等無料鑑賞不可)
チケット販売:劇場ウェブ販売=9 月 2日(日) 0:00~ 残席ある場合、9月 2日(日) 劇場オープン時から窓口で販売開始

■生中継について:20:10 頃から『カメラを止めるな!』公式 Twitter アカウントにて配信予定 (※開始時間は前後する場合がございます)


物語・・・
とある自主映画の撮影隊が山奥の廃墟でゾンビ映画を撮影していた。本物を求める監督は中々OK を出さずテイクは 42 テイクに達する。そんな中、撮影隊に 本物のゾンビが襲いかかる!大喜びで撮影を続ける監督、次々とゾンビ化していく撮影隊の面々。”37 分ワンシーン・ワンカットで描くノンストップ・ゾンビサバ イバル!” ……を撮ったヤツらの話。

***********************************

監督・脚本・編集:上田慎一郎

出演:濱津隆之 真魚 しゅはまはるみ 長屋和彰 細井学 市原洋 山﨑俊太郎 大沢真一郎 竹原芳子 浅森咲希奈 吉田美紀 合田純奈 秋山ゆずき

撮影:曽根剛
録音:古茂田耕吉
助監督:中泉裕矢
特殊造形・メイク:下畑和秀
ヘアメイク:平林純子
制作:吉田幸之助
主題歌・メインテーマ:鈴木伸宏&伊藤翔磨
音楽:永井カイル
アソシエイトプロデューサー:児玉健太郎 牟田浩二
プロデューサー:市橋浩治
製作:ENBU ゼミナール
配給:アスミック・エース=ENBU ゼミナール 96 分/16:9/2017 年 ©ENBUゼミナール
  


深田晃司 齋藤工 上田慎一郎ら監督90名以上参加 西日本豪雨災害支援金募集『Donation Theater』受付延長


映画情報どっとこむ ralph この度、西日本豪雨災害に対する支援金募集の為のDonation Theater。
商業映画監督から若手監督まで参加監督は92名以上、配信作品も100を超え、絶賛配信中です。

8月31日に締め切り予定でしたが、9月7日(金)迄、寄付の受付を延長させていただくことになりました。
配信期間は、9月15日迄で、変更はございません。


『映画の作り手が何か自分達でできることから始めようということで、今回、このような寄付シアターが立ち上がりました。映画を撮って、被災地の状況を伝えることも大事ですが、「私達も、あなた達のことを思っています」ということを今、被災地の方々に伝えられたらと、願っています。』

との主催者側のクリエーターたちの想いが形となりました。

賛同監督の中には、2年前のカンヌ国際映画祭で審査委員賞を受賞した深田晃司監督を始め、国内外の映画祭で受賞した監督達の旧作など、なかなか、観る機会の少ない貴重な作品も含まれます。

寄付は、1500円からお申込みいただけます。金額の大小に関係なく配信期間中の視聴権を得ることができます。Paypalか銀行振込が選べます。

映画情報どっとこむ ralph 「Donation Theater – 映画で寄付する 映画で寄付するWEBシアター」
平成30年7月西日本における豪雨災害、被災地支援活動に賛同する映画監督とともに、被災地のための支援金の募集を開 始いたします。WEB配信する映画作品の視聴権をご購入頂き、その全額(決済手数料を除く)を被災地域への支援とさせていただきます。

【寄付の概要】
■寄付の受付期間:2018/07/13〜9/7まで
■寄付方法:視聴権の購入がそのまま寄付となります。(クレジットカード決済もしくは銀行振込)
■寄付先:被災都道府県、被災市町村への義援金もしくは被災地支援団体への支援金(ピースウィンズ・ジャパン)
※期間中に集まった金額より、クレジット決済にかかる費用を除いた全額を寄付いたします。
■8月中旬より、参加する映画監督が提供する作品をWEB配信します。寄付いただいた方には金額の大小にかかわらず配 信期間中の視聴権を得ることができます。(配信中。9/15日まで配信。)

平成30年西日本豪雨災害に対する支援金募集
https://donation-theater.eiga-infra.org/
公式Twitter:
http://twitter.com/DonationTheater
公式FB:
http://www.facebook.com/donation.theater/


【インディペンデント映画界を代表する団体が協力として参加。総勢30名を超える映画監督が集結】
第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞を受賞した『淵に立つ』の深田晃司監督をはじめ、国内外の映画祭 で高く評価される監督が集結。長編作品、短編作品、DVD化されていない初期作品や、完成してまもない最新作、ドキュ メンタリーやアニメーションまで、支援活動に賛同する監督たちがチョイスした様々な映画を視聴できます。参加監督、 制作団体や映画祭などの協力団体も引き続き募集します。

映画情報どっとこむ ralph 西尾 孔志
提供作品:
ソウル・フラワー・トレイン (97min)

小山田 モナ
提供作品:
風待ちの島 (95min)

舛本 昌幸
提供作品:
ミツクニ家の一族 (9min)

秦 俊子
提供作品:
映画の妖精 フィルとムー (8min)

うえだしょうた
提供作品:
森の洞窟 (7min)

品田 誠
提供作品:
ノンフィクション (21min)

Frédéric Verhaeghe
提供作品:
Seven Days (6min)
Rupture (7min)
Herida (24min)

矢川 健吾
提供作品:
穴を掘る (16min)

西海 敬介
提供作品:
「感謝 」(22min)

市原 啓
提供作品:スゝメ スゝメ (12min)
ウエポンズ (31min)

諏訪 敦彦
提供作品:
a letter from hiroshima (36min)

深田 晃司
提供作品:
東京人間喜劇 (139min)
8月のアチェでアリさんと話す (8min)

土屋 豊
提供作品:
あなたは天皇の戦争責任についてどう思いますか?<96.8.15 靖国篇> (53min)

齊藤 工
提供作品:
半分ノ世界 (16mi)

舩橋 淳
提供作品:
echoes (72min)
Talkie and Silence (17min)

藤井 道人
提供作品:
光と血 (112min)

我妻 和樹
提供作品:
波伝谷に生きる人びと (135min)

AKIRA
提供作品:
ERASER WARS (11min)

アートエッグユミ
提供作品:
こうたろうインスペースワンダーランド (10min)

市井昌秀
提供作品:
あの女はやめとけ (73min)

市川 拓海
提供作品:
夫婦だし (29min)

市原 啓
提供作品:
スゝメ スゝメ (12min)
ウエポンズ (31min)

稲田 眞幹
提供作品:
トオリ雨 (60min)

井上 博貴
提供作品:
恋する河童 (21min)

祝 大輔
提供作品:
沈黙するポムポムの悪戯 (16min)
やられ屋 (3min)
わたしのセンター (8min)

岩崎 友彦
提供作品:
Ami? Amie?つきあってねーよ!(40min)
大きな春子ちゃん (4min)

うえだしょうた
提供作品:
森の洞窟 (7min)

上田 慎一郎
提供作品:
テイク8 (20min)

上西 雄大
提供作品:
板の上の二人 (21min)

宇賀那 健一
提供作品:
Where do you live? (13min)

海上 ミサコ
提供作品:
ショコラ記憶珠 (22min)

内田 伸輝
提供作品:
その顔 (30min)

遠藤 健一
提供作品:
ぶきっちょ (30min)


大塚 由美
提供作品:
せっちゃんの春休み (10min)

大原 とき緒
提供作品:
ナゴシノハラエ (108min)

大森研一
提供作品:
ジェンガ! (80min)

岡 太地
提供作品:
よろこび (10min)
放流人間 (64min)

岡元 雄作
提供作品:
揺れるスカート (20min)
不旋律のソナタ (18min))

小原 正至
提供作品:
檻の中のギング (10min)

小野 光洋
提供作品:
四重奏/カルテット (22min)

小山田 モナ
提供作品:
風待ちの島 (95min)

片岡 翔
提供作品:
くらげくん (14min)
ぬくぬくの木 (15min)
あの子の席 (17min)

笠井 千晶
提供作品:
Life 生きてゆく (115min)

金井 純一
提供作品:
野ばらに寄す (27min)

上村奈帆
提供作品:
蒼のざらざら (116min)

河島 圭汰
提供作品:
四人の山田 (34min)

川崎 僚
提供作品:
AUTUMN OF WOMAN (13min)

川原杏奈
提供作品:
帰郷 (10min)

河村 永徳
提供作品:
えんむすび (22min)

木下 雄介
提供作品:
水の花 (92min)

北口 ユースケ
提供作品:
ウィッシーウォッシー愛と青春のどん詰まり〜 (48min)

窪田 将治
提供作品:
野良犬はダンスを踊る (100min)

久保 裕章
提供作品:
鳴く音な添へそ (15min)

草苅 勲
提供作品:
I’m your daughter. (16min)

栗山 陽輔
提供作品:
なかよくなれたらいいな (48min)

Kenjo McCurtain
提供作品:
オートメーション (14min)

香西 志帆
提供作品:
しまこと小豆島 (17min)

木場 明義
提供作品:
サイキッカーZ (7min)
つむぎのラジオ (85min)
スリッパと真夏の月 (30min)

小林でび
提供作品:
キリミと魚人間 (75min)

酒井 健宏
提供作品:
CSL/タカボンとミミミ (32min)

阪元 裕吾 / 辻 凪子
提供作品:
ぱん。(15min)

さとう ゆか
提供作品:
夜を飛ぶ (3min)

塩出 太志
提供作品:
ロード・オブ・ツリメラ (72min)
リセット (9min)
日常エンド (29min)

東海林 毅
提供作品:
ぱんどせる (5min)

小路 紘史
提供作品:
ケンとカズ短編版 (24min)
23話目 (9min) / 海の見える場所 (9min)

品田 誠
提供作品:
ノンフィクション (21min)

清水 健斗
提供作品:
瞬間少女(101min)

下向 拓生
提供作品:
N.O.A. (15min)

白澤 康宏
提供作品:
幸せになるために (12min)

末長 敬司
提供作品:
星を継ぐ者/Inherit The Stars (145分)
爛れる/Becomes Sore (17min)

想田 和弘
提供作品:
ニューヨークの夜 (10min)
花と女 (5min)
ザ・フリッカー (17min)

たかせしゅうほう
提供作品:
ワタシ カレシ ツクル (20min)
ファーザー×ファーザー (15min)


高山 直美
提供作品:
ここにいる (16min)

武石 昂大
提供作品:
おるすばんの味。(10min)

竹本 祥乃
提供作品:
野坊の恋 (16min)
雲と空 (51min)

立岡 未来
提供作品:
Different World (22min)

田中 博巳
提供作品:
悪しき客人 (17min)

谷 健二
提供作品:
コンティニュー (11min)

谷口 雄一郎
提供作品:
私以外の人(19min)

Damien Manivel
提供作品:
犬を連れた女 (16min)
日曜日の朝 (18min)

塚田 万理奈
提供作品:
還るばしょ (36min)

佃 尚能
提供作品:
鼻歌 (11min) / 私とわたし (5min)
The Sea (8min)

鶴岡 慧子
提供作品:
ともに担げば (65min)

手塚 悟
提供作品:
Every Day (95min)
つるかめのように (13min)

戸田 彬弘
掲載準備中:
ねこにみかん (105min)
この音が聴こえているか (34min)

永井 和男
提供作品:
くさいけど「愛してる」(24min)

中泉 裕矢
提供作品:
エンドロールを撮りに (19min)

中野 森
提供作品:
カメラ・ガール (19min)
シンデレラのさえずりを聞け (20min)

永山 正史
提供作品:
飛び火 (58min)

西海 敬介
提供作品:
「感謝 」(22min)

西尾 孔志
提供作品:
ソウル・フラワー・トレイン (97min)

生見 司織
提供作品:
だんらん (18min)

根来 ゆう
提供作品:
2018年 真備 (15min)
旅人と被災地 (5min)

秦 俊子
提供作品:
映画の妖精 フィルとムー (8min)

東 義真
提供作品:
バーガス・チャン (18min)

伏見 優作
提供作品:
火曜日のアイ (20min)

Frédéric Verhaeghe
提供作品:
Seven Days (6min)
Rupture (7min)
Herida (24min)

藤村 明世
提供作品:
彼は月へ行った (20min)

本田 孝義
提供作品:
山陽西小学校ロック教室 (42min)

舛本 昌幸
提供作品:
ミツクニ家の一族 (9min)

松永 大司
提供作品:
ピュ〜ぴる (93min)

松原 保
提供作品:
鬼の師匠と最後の弟子 (64min)

まつむらしんご
提供作品:
坂本さんと木下くんとその他の話 (55min)

松本 花奈
提供作品:
真夏の夢 (76min)

松本 優作
提供作品:
明日なき空を背に (30min)
空蝉の森 (24min)

松本 動
提供作品:
公衆電話 (16min)

神酒 大亮
提供作品:
Mine (90min)

道川 昭如
提供作品:
それでも映画は作られる (5min)

三山 優
提供作品:
アシタノユメ、ヒカリノウタ (45min)

村田 唯
提供作品:
密かな吐息 (81min)

八十川 勝
提供作品:
歌声を聴いてほしくて (34min)

山岡 瑞子
提供作品:
The Lost Coin (30min)

山岸 謙太郎
提供作品:
キヲクドロボウ (93min)
サムライゾンビ・フラジャイル (24min)
東京無国籍少女 (20min)

湯浅 典子
提供作品:
あの、ヒマワリを探しに (25min)
空っぽの渦 (20min)

矢川 健吾
提供作品:
穴を掘る (16min)

夜西 敏成
提供作品:
サファイア -SAPPHIRE- (87min)

横山 浩之
提供作品:
おとめ桜 (27min)

横浜 聡子
提供作品:
おばあちゃん女の子 (31min)

吉田 岳男
提供作品:
頭上の色論 (26min)

吉村 元希
提供作品:
Visiting Grave〜お墓参り〜 (25min)

米谷 志緒
提供作品:
コロッケとヘソクリ (17min)

ワタナベカズキ
提供作品:
キメラガールアンセム (30min)
ビリーザキッドの最期の弾丸 (26min)

渡邉 高章
提供作品:
サヨナラ、いっさい (9min)

***********************************