「上海国際映画祭」タグアーカイブ

上海・深セン・昆明で熱烈歓迎「2017 中国・日本新作映画上映」上映会開催


映画情報どっとこむ ralph 国際交流基金、ユニジャパン(東京国際映画祭)、上海国際影視節有限公司(上海国際映画祭)が共同で、12月1 日(金)~3日(日)の3日間 中国の上海・深セン・昆明で開催した「2017 中国・日本新作映画上映」(中国語:2017 中国・日本新片展)が、中国の映画ファンを連日魅了し、大反響の中で閉幕しました。日本から駆け付けたゲストの現地映画ファンとの交流が行われました。


オープニングセレモニー
2017年12月1日18:00~/上海/上海大光明電影院
写真左より(敬称略)片山ゆかり(在上海日本国総領事夫人)柄博子(国際交流基金 理事)金輝(上海電影発行放映行業協会 秘書長)于志慶(上海市広播電影節目制作行業協会 秘書長)片山和之(在上海日本国総領事)呉孝明(上海市文化広播影視管理局 芸術総監)熊澤尚人(監督)白石晃士(監督)吉田大八(監督)傅文霞(上海国際影視節中心 総経理)王曄(上海国際影視節中心 副総経理)都島信成(ユニジャパン 事務局長)

映画情報どっとこむ ralph オープニング作品『美しい星』
ゲスト:吉田大八監督、橋本愛
【2017年12月1日/上海/上海大光明電影院】
今回の上映会でオープニングを飾ったのは吉田大八監督の『美しい星』。12月1日上海でのオープニング上映は、「東洋一豪華な劇場」と称され由緒ある大劇場「上海大光明電影院」で行われ、吉田大八監督と女優の橋本愛さんが歓声の中1300人の観客の前に登場しました。熱心な映画ファンとのQ&Aでは作品に深く切り込む質問も起こり、『美しい星』に対するゲストとファンの熱い想いが会場を一層盛り上げました。

【吉田大八監督コメント】
上映後に登壇した際、劇場を埋めた1300人のお客さんの熱気を肌で感じることができました。質問のテンションも高く、みんな両手で挙手するからまさに主人公・大杉重一郎の執念そのものが海を越えたような気がして感無量でした(火星人のポーズ、本編参照)。この勢いとノリに応えられるような映画をもっともっと作っていきたいです。ありがとうございました!

【橋本愛さんコメント】
1300人もの観客の方々が、心から映画と自分たちを歓迎してくれていて感動しました。ただただ高揚したり、この作品の芯を捉え深く考察したりと、きっとそれぞれの味わい方でこの映画を楽しんでいただけたのではないかと思います。中国の皆さんの熱気に包まれ、大変なパワーを貰いました。感謝です。


クロージング作品『海辺のリア』
ゲスト:小林政広監督、宮川朋之プロデューサー
【2017年12月3日/深セン/深センブロードウェイ電影センター】
小林政広監督『海辺のリア』クロージング上映は最終日である12月3日(日)深センで行われました。会場には小林政広監督、宮川朋之プロデューサーが深センに駆け付け、クロージングセレモニーと作品上映後のQ&Aに出席しました。会場である「深センブロードウェイ電影センター」は今年11月にオープンした最新設備を備え、世界の優秀な作品を上映する映画ファンのためのシネコンで、熱心な日本映画ファンが会場に集合し、小林監督に質問を投げかけました。

【小林政広監督コメント】
深センは初めてでした。想像していた町とは全く違っていて、高層ビルが林立する都市でした。たった一泊の滞在でしたので、上映会場のシネコンとホテルの往復のみの移動でした。しかし上映はとても素晴らしいものでした。巨大スクリーンに圧倒されました。上映後のQA にもお客さんが熱心に参加してくれて、様々な質問が飛び交いました。『海辺のリア』の中国での上映は初めてでしたので、お客さんの反応の良さには驚きました。ありがとうございました!

映画情報どっとこむ ralph ワールドプレミア『不能犯』
ゲスト:白石晃士監督
【2017年12月3日/昆明/昆明ブロードウェイ影城】
今回の上映会で上映される作品は全てチャイナ・プレミアですが、中でもこの『不能犯』は、全世界初のお披露目となるワールドプレミアとなりました。上海でのワールドプレミアを迎えた白石晃士監督は、さらに上映会最終日に雲南省・昆明の劇場で舞台挨拶とQ&Aに登壇しました。

【白石晃士監督コメント】
『不能犯』が中国でワールドプレミアになるとはまったく予想していなかったので非常に嬉しかったです。同じ中国でも、都市やお客さんの年齢でリアクションが違うのが面白かったです。びっくりするほどリアクションが大きく心から作品を楽しんでくれているのを感じました。Q&Aでは作品について核心をついた質問をしてくれる人もいて、映画を見る目が養われているのを感じました。今回の訪中を通して、中国でも自分の映画が通じるんだなという感触が得られたのが一番の収穫でした。今後話があればぜひ中国で映画を製作してみたいと思います。


『心が叫びたがってるんだ。』『ユリゴコロ』
ゲスト:熊澤尚人監督
【『ユリゴコロ』2017年12月2日/上海/上海大光明電影院】
【『心が叫びたがってるんだ。』2017年12月3日/深セン/深センブロードウェイ電影センター】
今回2本の作品が上映された熊澤尚人監督は北京・福州での上映を終えた足で上海に駆けつけ、上海では『ユリゴコロ』、深センでは『心が叫びたがってるんだ。』のQ&Aに登壇しました。

【熊澤尚人監督のコメント】
青春映画とミステリー愛憎劇、真逆の2つの私の作品が上映されました。両作とも、上海でも深センでも観客が大変な熱意を持って集まり、驚きました。また日本で観客の反応が薄いシーンでも、泣いたり笑ったりと、その反応の違いにも驚かされました。上映後のQ&Aでは質問が止まらず、列を作ってサインや記念撮影を求められ、私の以前の監督作品も既に見ているという、その日本映画への熱量の強さを体感し、日中合作映画への意欲がますます増しました。

映画情報どっとこむ ralph 「2017 中国・日本新片展」

(日本語:「2017 中国・日本新作上映会」)
会期:2017年12月1日(金)~3日(日)
会場:(上海)上海大光明電影院、新天地UME国際影城 /(昆明)昆明百老滙影城(深セン)深圳百老滙電影中心、深圳百老滙影城cocopark店

作品:『美しい星』(吉田大八監督 ※オープニング作品)『海辺のリア』(小林政広監督 ※クロージング作品)『南瓜とマヨネーズ』(冨永昌敬監督)『心が叫びたがってるんだ。』『ユリゴコロ』(熊澤尚人監督)『光』(河瀨直美監督)、『覆面系ノイズ』(三木康一郎監督)『不能犯』(白石晃士監督)『武曲』(熊切和嘉監督)『彼らが本気で編むときは、』(萩上直子監督)
合計10作品、1都市での上映作品は各9作品

主催:上海国際影視節中心、独立行政法人国際交流基金、公益財団法人

ユニジャパン動員数:(上海/2会場)13,816名(深セン/2会場)2,612名(昆明/1会場) 758名 総合計:17,186名
左より、白石監督、熊澤監督、吉田監督 監督の雰囲気がグラデーション!が面白い写真

***********************************



史上初『3月のライオン』前後編・2夜連続プレミア 大友啓史監督に沸く!


映画情報どっとこむ ralph 国際映画製作者連盟公認の“国際映画祭”として世界12大映画祭の一つに数えられる上海国際映画祭。その第20回目となる記念イヤー(6/17開幕)に、映画『3月のライオン』前編・後編の2部作が堂々出品、6/17-18に史上初となる前後編2夜連続のプレミア上映が行われた。

過去に出品された2部作の映画は一日にまとめての上映だったが、『3月のライオン』を高く評価した映画祭の意向により、史上初の2部作2夜連続プレミア上映が実現。

出品されたパノラマ部門の他作品とは一線を画し、プレミア・ガラ上映として上海最大の客席数を誇るメイン会場「SFC Shanghai Cinema Hall1」で開催。日本映画の上映本数が限られる中国では日本映画への注目が高く、キャパ1,000人の同会場のチケットは前後編ともに即完売となった。
本映画祭での全500本の出品作のうち、プレミア・ガラ上映作品はたったの4枠(3作品)、そのうち2枠を『3月のライオン』前編・後編の2夜連続で、トップバッターを飾り、初の上海国際映画祭への参加となった大友啓史監督が、映画祭のオープニングセレモニーレッドカーペットおよび、前後編それぞれの上映とQ&Aへ参加した。

映画情報どっとこむ ralph 17日夜に行われた前編上映では、主人公の17歳のプロ棋士・桐山零と川本家や将棋界の個性豊かな面々との少しユーモラスな日常のやりとりに観客は大ウケ。神木隆之介に加え、有村架純、伊藤英明、染谷将太、高橋一生ら中国でも人気の俳優が沢山出ていることもあり、それぞれの劇中の初登場シーンでは、歓声があがるほど。

特に染谷将太が特殊メイクで普段とまったく違う姿で挑んだ二海堂晴信は、スクリーンに登場するたびに会場を賑わせた。

映画情報どっとこむ ralph 18日夜の後編上映では、高校生の桐山がプロ棋士としての年収を告げると驚嘆の声があがり、川本家での突然のプロポーズには、一斉に手をたたいて笑いながら温かい声援を送るなど、会場一体となっての盛り上がりをみせた。

また、ラストの白熱した対局や登場人物それぞれの想いが交錯するクライマックスでは、すすり泣く声も響き、笑いと涙の熱気につつまれた二夜となった。

上映後に行なわれた大友監督とのQ&Aでは、深夜にもかかわらず次々と質問が。神木演じる桐山零の血の繋がってない姉を演じた有村架純など、これまでのイメージと違う新しい魅力を引き出した監督の演出手腕などを熱心に聞き、終電終わっても多くのお客さんが会場に残って監督との交流を楽しんだ。

映画『3月のライオン』

***********************************

監督:大友啓史
出演:神木隆之介 有村架純 倉科カナ 染谷将太 清原果耶/佐々木蔵之介 加瀬亮 伊勢谷友介/伊藤英明/豊川悦司
原作:羽海野チカ「3月のライオン」(白泉社刊・ヤングアニマル連載)   
脚本:岩下悠子 渡部亮平 大友啓史
前編主題歌:ぼくのりりっくのぼうよみ「Be Noble」(コネクトーン)  
後編主題歌:藤原さくら「春の歌」(スピードスターレコーズ)
配給:東宝=アスミック・エース  
(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会


田中麗奈、流暢な中国語で舞台挨拶!『幼な子われらに生まれ』上海国際映画祭


映画情報どっとこむ ralph 8月26日(土)より公開となる『幼な子われらに生まれ』が、この度6月17日~26日で開催されている、上海国際映画祭・日本映画週間に出品され、女優の田中麗奈さん、三島有紀子監督がゲストで招かれました。
6月17日(土)に実施された開幕式のレッドカーペットを経て、上海映画祭・日本映画週間が6月18日(日)に幕を開けた。会場である上海新衡山映画館ではオープニング・セレモニーが盛大に催され、場内が満席で埋め尽くされた上海のみならず中国全土から集まった多くの映画ファンに熱いメッセージを届けた。

映画情報どっとこむ ralph 三島監督舞台挨拶コメント

私は2年前に『繕い裁つ人』でこの上海国際映画祭に呼んで頂きました。
そして今日またこうしてオープニングセレモニーという非常に華やかな場所に呼んで頂けて大変光栄です!
本日これから観て頂く映画『幼な子われらに生まれ』は5年前に脚本家の荒井晴彦さんと一緒に考えて大切に大切につくった作品です。
今日これから日本でもまだ公開していない作品を映画を愛する上海の皆さんに観てもらえる事をホントにドキドキしながら嬉しく思っています!
謝謝!!

とりわけ壇上の田中麗奈のスピーチでは全編大変流暢な中国語を披露し、満席の上海の観客から大きな賞賛の拍手喝采を受けました。

田中麗奈さん舞台挨拶コメント
※すべて中国語でスピーチしましたが、以下は訳文です。

本作『幼な子~』の脚本を最初に読んだ時、私はなんてリアリティのある現実を描いているのだろうと思いました。離婚した者同士のふたりがひとつ屋根の下で一緒に生活を営むうちに様々な困難に直面していきます。離婚後の子供連れの日常のドラマをすごく繊細に描いています。私はこの作品に出演して、いろんな感情と経験を体感する事が出来ました。皆さんにも是非スクリーンで感じ取ってもらえたら嬉しいです!謝謝!!

映画情報どっとこむ ralph 『幼な子われらに生まれ』

8月26日(土)テアトル新宿・シネスイッチ銀座ほか全国ロードショー

Osanago-movie.com



「やっぱりこのウチ、嫌だ。本当のパパに会わせてよ」―娘に言われた時、妻には新しい命が宿っていた。

バツイチ、再婚。一見良きパパを装いながらも、実際は妻の連れ子とうまくいかず、悶々とした日々を過ごすサラリーマン。田中信(浅野忠信)。妻・奈苗(田中麗奈)は、男性に寄り添いながら生きる専業主婦。キャリアウーマンの元妻・友佳(寺島しのぶ)との間にもうけた実の娘と3カ月に1度会うことを楽しみにしているとは言えない。

実は、信と奈苗の間には、新しい生命が生まれようとしていた。血のつながらない長女はそのことでより辛辣になり、放った一言、「やっぱりこのウチ、嫌だ。本当のパパに会わせてよ」。今の家族に息苦しさを覚え始める信は、怒りと哀しみを抱えたまま半ば自暴自棄で長女を奈苗の元夫・沢田(宮藤官九郎)と会う決心をするが…。

***********************************

出演:浅野忠信 田中麗奈/南沙良 鎌田らい樹 新井美羽 水澤紳吾 池田成志/宮藤官九郎 寺島しのぶ

原作:重松清「幼な子われらに生まれ」(幻冬舎文庫)

監督:三島有紀子(「幸せのパン」「繕い裁つ人」)
脚本:荒井晴彦
配給:ファントム・フィルム(2016年/日本/ビスタサイズ/5.1ch)
ⓒ2016「幼な子われらに生まれ」製作委員会


「昼顔」上戸彩,斎藤工の訪中に上海ファン大熱狂!上海国際映画祭


映画情報どっとこむ ralph 『昼顔』 第20回上海国際映画祭 日本映画週間公式上映

この度、映画『昼顔』(6月10日(土)公開)が中国の一大都市・上海で開催となる第20回上海国際映画祭の「2017上海・日本映画週間」に招待され、6月17日(土)上映されました。


第20回上海国際映画祭『昼顔』舞台挨拶概要
日時:2017年6月17日(土)
場所:上海オペラハウス/美琪大戯院(マジェスティックシアター)
登壇者:上戸彩、斎藤工、西谷弘監督 

映画情報どっとこむ ralph 4月にはイタリア・ウディネ・ファー・イースト映画祭にて上映。そして今回は再び国境を越えて中国・上海に進出!

6月17日(土)に行われる日本映画週間での公式上映にあわせ、主人公・紗和を演じる上戸彩さん、紗和と愛し合う北野を演じる斎藤工さん、そして本作のメガホンをとった西谷弘監督が満を持して現地入り。
浦東(プードン)空港に二人が到着するやいなや、待ち受けていた現地ファン500人以上が到着出口に殺到。本作のポスタービジュアルを用いた手作りうちわや横断幕でキャストたちを大歓迎!現地の熱狂ぶりに、上戸&斎藤は驚きながらもサインや写真撮影に応じ、まるで映画祭のレッドカーペットが始まったかのようなお出迎えでした。
映画情報どっとこむ ralph その後二人が向かったのは上海オペラハウス。
毎年ここでは上海国際映画祭のオープニングを飾るレッドカーペットアライバルが行われています。全世界から集まったメディア延べ300人が待ちわびている深紅のカーペットをキャストらは歩き、途中、斎藤の持ったハンディカムビデオで撮影するなど、現地の盛り上がりを大いに楽しんでいました。
終了後、すぐに上映会場である美琪大戯院(マジェスティックシアター)に移動。舞台挨拶前には海外メディアに向けて、キャストたちへの囲み取材が行われ、現地メディアだけでなく、国内外から数多くの媒体が詰めかけ、本作に対する想いや、役の心情など、様々な質問が投げかけられました。

映画情報どっとこむ ralph そしてメインイベント、舞台挨拶に登壇。上海でも2人の人気ぶりは凄まじい勢いで、本作の上映チケットは発売した瞬間即完売。現地のSNS上ではチケットの譲渡希望で投稿が溢れました。その熱狂は当日も伺え、開場するやいなや1200席の劇場は満席となりました。
司会者の呼び込みにより劇場内に登場したキャストらをここでも熱烈な大歓迎ムード。割れんばかりの拍手と歓声の中、それぞれが中国語を披露すると、更なる歓声と拍手に包まれました。
公式上映前、檀上でのあいさつ
【上戸さん】
你好 我是 上户彩。
(こんにちは、私は上戸彩です。)
今天 很⾼兴 到 这⾥。
(今⽇はここに来れて嬉しいです。)
希望 这部 电影
(この映画が)
留给 ⼤家 好 纪念。
(みなさまの良い思い出となりますよう願っています)
谢谢シェシェ!
(ありがとうございます!)

(以下日本語)上海へは10年前のドラマ「李香蘭」の撮影で1か月半滞在していました。あの頃は周りが工事ばかりだったのですが、高い建物が増えて、街が綺麗になっていることに新鮮さを感じました。
先ほどレッドカーペットを歩かせていただきましたが、今まで映画祭に参加する機会に恵まれることがあまりなかったため、この作品でイタリアだけじゃなく、そして今回の上海に来れたことが本当に嬉しいです。
「昼顔」が映画になることは奇跡で、日本だけでなく更にイタリアや中国にも届けることが出来るなんて、本当に奇跡だと思います。許されざる恋が、中国の皆さんの心に残ると嬉しいです。

【斎藤さん】
大家好,我是斋藤工。
(みなさんこんにちは、斎藤工と申します)
今 天 来上海,非 常兴奋。
(今日上海に来ることができて、心から興奮しています)
通过电 影,希望中日文化更多 交 流。
(映画を通じ、日本と中国がもっと文化交流出来る事を願っています)
谢谢(シェシェ)!
(本日は本当にありがとうございます!)

(以下日本語)中国は何度か来訪しているのですが、実は上海は初めてです。とにかく映画に対するエネルギーと熱量がすごいですね。レッドカーペットの時は、日本のクリエイターたちと“日本代表”のように歩けたのがとても誇らしかったです。またこの上海のカーペットを踏めるように頑張りたいと思いました。
上戸さんも仰ったことですが、このテーマの本作が日の目を浴びること自体が奇跡です。でも映画は国境を超える手段です。この作品に込めた想いを、内側から感じてもらえることを祈っています。

【西谷監督】
2010年にドラマの撮影でお世話になって以来の上海です。街も近代的で賑やかだし、ご飯も美味しいし、以前来たときは一人で満喫しすぎて飛行機に乗り遅れそうになった思い出があります(笑)
この作品は、上戸さん演じる紗和と、斎藤さん演じる北野の内面を大事にして撮影しました。最早2人のドキュメントのような作品です。なので、イタリア・日本・中国とたくさんに方に迎えて頂けて本当に感激しましたし、胸がいっぱいです。僕が伝えたいメッセージは作品に込めました。是非感じてください。

映画情報どっとこむ ralph その後、質疑応答が繰り広げられ、現地のファンは2人の仲の良さに終始歓喜の声を上げていました。

最後に上海ファン代表から花束を受け取った上戸と斎藤は、一番の笑顔で集まったファンたちに感謝を述べました。終始「昼顔」チームへの熱烈な歓迎のなか、舞台挨拶は進み、大盛況のうちに終了しました。


上海国際映画祭舞台挨拶を終えたコメント
【上戸さん】
上海の方々はパワフルで、明るくて、温かくて。テーマがテーマなので、舞台挨拶はしんみりしちゃうかも、
と思いましたがまったくそんなことはなく、日本から届けたこの作品を「ウェルカム!」な感じがとても嬉しかったです。空港のお出迎えもすごくて…なぜか斎藤さんが警備の人に怒られていました(笑)
今日、朝空港で監督や斎藤さんにお会いしたとき、嬉しいような、寂しいような、不思議な気持ちでした。決して明るいストーリーではないからこそ、お二人とは深い部分で繋がれていた気がしていたからです。
ここで「昼顔」はひと段落ですが、また紗和たちに会いたいです。

【斎藤さん】
上海の皆さんは神妙でないというか、本当に明るく歓迎してくれるのでとても嬉しいです。
でも空港で警備の方に「お前がここにいるから人が集まる!」と怒られてしまいました(笑)熱狂的な歓迎、本当にありがとうございます。日本とは違った予測できない皆さんの反応がとても新鮮だなと思いました。
現場が終わっても尚、“終わらない”と思える「昼顔」という作品に出会えて良かったです。
この作品に携わってきた期間は、本当に楽しかったし、幸せでした。

公式上映後、2人は上海の観光名所にも訪れ、写真撮影を行いました。
まだまだ勢いが収まらない映画「昼顔」、引き続きご注目ください!

「昼顔」 

全国東宝系にて大ヒット上映中!


***********************************

監督:西谷弘  
脚本:井上由美子  
音楽:菅野祐悟
出演:上戸彩 斎藤工 伊藤歩 平山浩行
企画・製作:フジテレビ 配給:東宝 制作プロダクション:角川大映スタジオ
コピーライト表記:©2017フジテレビジョン 東宝 FNS27社
公式サイト:http://hirugao.jp/


小栗旬 vs 妻夫木聡『ミュージアム』上海国際映画祭Spectrum部門に正式出品決定!


映画情報どっとこむ ralph ワーナー・ブラザース テレビジョン & ホームエンターテイメントより好評リリース中の『ミュージアム』が この度、2017年6月17日~6月26日に、中国・上海で開催される「第20回 上海国際映画祭(SIFF)」のSpectrum部門に正式出品することが決定しました。
同映画祭は、中国で唯一、国際映画製作者連盟公認の映画祭として、今回で20周年を迎え、映画祭に併せてマーケットやフォーラム、展示会などが行われています。『ミュージアム』は6月17日にPremiere Cinema(Kerry Centre)、18 日に SFC Shang Ying Cinema (BaiLian YouYiCheng)で上映されます。

『ミュージアム』は日本を代表する俳優 小栗旬、妻夫木聡と「るろうに剣心」シリーズの 大友啓史監督が贈る衝撃のノンストップ・スリラーエンターテイメントです。 ブルーレイ商品には、特典映像としてキャスト・監督・制作スタッフたちの熱い仕事ぶりが収 められた本作のメイキング映像”メイキング・オブ・ミュージアム“のほか、“キャストインタビュー 集“イベント映像集”、さらに本作が初タッグとなった小栗旬と大友啓史監督がブルーレイ& DVDのために撮り下ろした”シーンセレクション・インタビュー”などが収録されています。

映画情報どっとこむ ralph
ミュージアム
ブルーレイ&DVD発売&レンタル中/デジタルセル・レンタル配信中

■【初回仕様】ブルーレイ&DVDセット プレミアム・エディション(3枚組)¥6,990+税

<豪華映像特典DVD(約228分)>
メイキング・オブ・ミュージアム
キャストインタビュー集:小栗 旬、尾野真千子、野村周平、妻夫木 聡、大友啓史監督
イベント映像集:
ジャパンプレミア舞台挨拶&初日舞台挨拶&大ヒット御礼舞台挨拶
小栗 旬×大友啓史監督 シーンセレクション・インタビュー

<初回仕様>
3面デジパック仕様/アウターケース

<封入特典>
フォトブック(64ページ)

■ブルーレイ(本編1枚)¥4,990+税
■DVD(本編1枚)¥3,990+税

発売・販売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
©巴亮介/講談社
©2016 映画「ミュージアム」製作委員会

***********************************