「上海国際映画祭」タグアーカイブ

金井浩人、池脇千鶴、安藤政信、犬童一利監督 登壇!『きらきら眼鏡』上海国際映画祭


映画情報どっとこむ ralph 犬童一利監督がメガホンをとった『きらきら眼鏡』が9月7日(金)より舞台となった千葉県船橋市のTOHOシネマズ ららぽーと船橋にて先行公開、9月15日(土)より有楽町スバル座ほか全国順次ロードショーとなります。

新人の金井浩人さんと池脇千鶴さんがダブル主演で演じた本作は、恋人の死を乗り越えられず苦しむ主人公、余命死生観と恋愛観を織り込みながら主人公の成長を描く人間ドラマです。

6月16日(土)より開催中の第21回上海国際映画祭のパノラマ部門に出品され、オープニングのレッドカーペットイベントではW主演の金井浩人さん、池脇千鶴さんと共演の安藤政信さん、犬童一利監督が登場しました。

そしてこの度、6月17日(日)に舞台挨拶イベント付きの本作のワールドプレミア上映が開催されました!

会場で他の観客と共に作品を鑑賞していた金井さん、池脇さん、安藤さんと犬童監督は、上映が終了すると同時に800席にものぼる観客席からは大きな拍手が!拍手はしばらくの間鳴り止むこともなく、キャストや監督が舞台上に上がっても惜しみない拍手が送り続けられました。

『きらきら眼鏡』第21回上海国際映画祭パノラマ部門
舞台挨拶付きワールドプレミア上映


日 程:6月17日(日)
場 所:天山电影院剧院厅
登壇者:金井浩人、池脇千鶴、安藤政信、犬童一利監督

映画情報どっとこむ ralph
舞台挨拶が始まり、犬童監督が中国語で挨拶をすると、会場内からは暖かい拍手が!

犬童監督二年前『つむぐもの』で出品した時の映画館よりも、大きなところでたくさんの方に観て頂けて嬉しいです。

と喜びをあらわにしました。

また、本作で新人ながらも主演に抜擢された

金井さん:全部のシーンが印象に残っていて、全部の時間を立花明海という人間として生きていました。自分自身と役柄との間に境はなくなったように演じていたので、忘れられないかけがえのない時間になりました。

と初主演の喜びを噛みしめました。

お気に入りのシーンについて聞かれ

池脇さん:裕二さん(安藤政信)との最後のシーンで、柔らかく見送ってあげたい気持ちと、でも本当は揺さぶって抱きしめて生き返らせたい気持ちがぶつかりました。

と声を詰まらせると、池脇の溢れる涙と役柄への想いに、中国の観客たちに感動が広がり会場は静まり返りました。

映画情報どっとこむ ralph また安藤政信が流暢な中国語で挨拶をすると、会場内からは一際大きな歓声が上がりました!
上海での安藤さんの人気は非常に高く、多くのファンが会場に駆けつけており、特別にファンから安藤さんへの質問コーナーが設けられることに!

今まで演じた役柄は死ぬことが多かったですが、今回はどのように演じましたか?

という質問に対して

安藤さん:自分が演じる役の、死亡率の高さに驚いていますが、自分が出演するときはまたいつ自分が死ぬかと思いながら演じたりしています(笑)でも今回は頑張って生きる役なので、今まで演じてきたキャラクターとは違うので(笑)

と回答。

安藤さんが言葉を発するたびに、若い女性を中心とするファン達から黄色い声援が送られました。


きらきら眼鏡

一冊の古本がきっかけで出会った、それぞれの恋人の死に向き合う男女。
「最後の1ページまで切ない・・」と絶賛された恋愛小説、待望の映画化!
「時間って命と同じだから、もたもたしてたら時間切れになっちゃうよ」。
恋人の死を乗り越えられずにいた明海は、一冊の古本がきっかけで出会ったあかねから、そう教えられる。
いつも前向きで笑顔のあかねは、見たものぜんぶを輝かせる“きらきら眼鏡”をかけているという。
だが、彼女もまた余命宣告された恋人の裕二と向き合うつらい現実を抱えていた。
過去から立ち直れず、もがきながら生きてきた明海にとって、毎日を輝かせようとするあかねに、次第に惹かれていく―。
「最後の1ページまで切ない・・・」と絶賛された森沢明夫原作の恋愛小説「きらきら眼鏡」を『つむぐもの』で高い評価を得た犬童一利監督が映画化。期待の大型新人金井浩人と、多数の名作に名を刻んできた池脇千鶴がW主演を務める。

さらに、安藤政信、古畑星夏、杉野遥亮、片山萌美ら旬な共演陣が脇を固めている。


***********************************


金井浩人 池脇千鶴/古畑星夏 杉野遥亮 片山萌美 志田彩良/安藤政信
鈴木卓爾 大津尋葵 成嶋瞳子 菅野莉央 大西礼芳 長内映里香 山本浩司 モロ師岡

原作:森沢明夫「きらきら眼鏡」(双葉文庫) 
エンディング曲:「Reminiscence〜回想〜」柏木広樹feat.葉加瀬太郎&西村由紀江 

監督:犬童一利 脚本:守口 悠介  
プロデューサー:相羽浩行
アシスタントプロデューサー:杉浦美奈子 キャスティング:前信介 
撮影:根岸憲一 照明:左納康弘
録音:根本飛鳥 美術:吉川都和 助監督:加藤毅
制作担当:尾形龍一 スタイリスト:阪上秀平
ヘアメイク:徳田芳昌 スチール:北島元朗
編集:佐々木弥生 音楽:神村 紗希 音響効果:勝亦さくら
協力:船橋市/船橋ロケーションガイド「ふなばし撮ぉりゃんせ」/勝浦市/勝浦ロケーションサービス/
千葉県/千葉県フィルムコミッション
制作:Chaos Entertainment/「きらきら眼鏡」制作実行委員会
配給:S・D・P
宣伝:アゲハテイル/エレクトロ89
製作: 「きらきら眼鏡」製作委員会/NPO法人船橋宿場町再生協議会
©森沢明夫/双葉社 ©2018「きらきら眼鏡」製作委員会 


塚田僚一(A.B.C-Z)× Snow Man(ジャニーズJr.)『ラスト・ホールド!』上海国際映画祭正式出品決定!


映画情報どっとこむ ralph 塚田僚一(A.B.C-Z)映画初主演、ジャニーズJr.の人気グループSnow Man(岩本照、深澤辰哉、 渡辺翔太、宮舘涼太、佐久間大介、阿部亮平)全員が共演した映画『ラスト・ホールド!』。

この度、第21回上海国際映画祭(21th Shanghai International Film Festival/6 月16 日~6 月25 日)パノラマ部門(受賞対象外で話題作品を上映)にて正式招待作品として上映されることが決定しました!!

この映画祭は1993年より開催されている国際映画製作者連盟(FIAPF)公認のアジア最大級規模の長編映画祭です。

映画情報どっとこむ ralph 主演・塚田僚一さんと真壁幸紀監督からの喜びのコメントが届いています!

主演・塚田僚一さん
完成された作品を見て、たくさんの方にご覧頂きたいなっと思っていたので本当に嬉しいです。
東京オリンピックに向けてこれから盛り上がるボルダリング、まだ馴染みのない方もいる中で「わかりやすい」とか
「面白い」という感想を頂き、この作品が届いた事を実感しました。
日本での壁を登りきり、次は上海国際映画祭の壁!海外の人たちの壁も登りきれる事を信じています。 「ガンバ!」

真壁幸紀監督
とても光栄です。
上海国際映画祭での上映は、これから国内外で、より多くの人に観てもらえるキッカケになると思います。
以前、中国の映画祭に参加した時は、観客の皆さんが自由に喜怒哀楽を声に出しながら鑑賞されていたので、 自然と”応援上映”のようになるかもしれません。 反応が楽しみです。

映画情報どっとこむ ralph 出演者が吹替えなしで挑んだボルダリングシーンも大きな話題となった胸アツな青春群像劇、いよいよ海外初披露となります!

塚田僚一(A.B.C-Z)映画初主演、ジャニーズJr.の人気グループSnow Man(岩本照、深澤辰哉、 渡辺翔太、宮舘涼太、佐久間大介、阿部亮平)

映画『ラスト・ホールド!

オフィシャルサイト:
http://lasthold-movie.jp


物語・・・
ボルダリングは人生と同じ。壁と向き合い登っていくと、また新たな壁が現れる━
廃部寸前のボルダリング部の主将・岡島(塚田)は大学卒業を控え、今や自分一人となった部を存続させるべく6人の新入部員を勧誘しなければならなかった。
必死の勧誘で入部した6人は、1人の経験者とクセのつよい初心者5人。
総じて体力もなくボルダリングをなめてかかっているものだから試合でも負け続けである。
しかし、みんなでトレーニングを重ね、競技を向き合う内に、次第に壁に挑む楽しさを知り、固い友情で結ばれていくメンバー。
そんな時、大事な団体戦の前にある事件が起こってしまう…。

***********************************

監督:真壁幸紀
脚本:川浪ナミヲ、高見健次 音楽:眞鍋昭大
主題歌:A.B.C-Z「Future Light」(ポニーキャニオン)
出演:塚田僚一(A.B.C-Z)/ 岩本照 深澤辰哉 渡辺翔太 宮舘涼太 佐久間大介 阿部亮平(Snow Man/ジャニーズJr.)
永野宗典 駒木根隆介 / 勝村政信
配給:松竹 ©松竹


第21回上海国際映画祭「2018 上海・日本映画週間」にて 久本雅美&板野友美 登壇・ワールドプレミア決定!


映画情報どっとこむ ralph 7月28日(土)より、シネ・リーブル池袋他にて公開される映画『イマジネーションゲーム』。

この度、今年で13年目を迎える「2018 上海・日本映画週間」にて、『イマジネーションゲーム』が正式出品、W主演を務める久本雅美さん、板野友美さん、畑泰介監督を招いて、6月16日(土)に、ワールド プレミア上映されることが正式決定しました。


この映画祭に向けて、久本雅美さん、板野友美さんから、映画祭での和ワールドプレミアに向けたコメントが到着いたしました!

久本雅美からのコメント
私にとって初めての国際映画祭への参加となります。 還暦をむかえる年に、レッドカーペットを歩けるなんて本当に夢のようです。 公式上映が決定となり改めて、監督、スタッフ、共演者の方々に 支えられたことを心より感謝致します。 日中平和友好条約40周年の節目にこのような機会を頂いたこと光栄に思い、 映画という芸術文化の交流が更にたくさん増えることを願っております。

板野友美からのコメント
この映画のテーマは『女性の幸せとは』だと考えており、 これは日本だけではなく、全世界の女性へ向けられるものだと思います。 そのような映画だからこそ、海外映画祭に出品が決まってとても嬉しいですし、 たくさんの方々にこの作品を観ていただきたいです。 そして、この作品に関わる全ての方の想いを胸に代表する形で参加できたらと 思っています。

映画情報どっとこむ ralph 7月28日(土)より、シネ・リーブル池袋他にて公開される映画

イマジネーションゲーム』。

HP:
http://imaginationgame.jp/

***********************************

久本雅美 板野友美 田中幸太朗 仙石みなみ 鷲尾修斗 長州小力 ヨッピー カリスマブラザーズ 水橋研二 東ちづる 小沢仁志 寺島進

企画・プロデュース
音楽:菅野祐悟
製作:岡本東郎 高橋是彦
主題歌:板野友美「イマジネーションゲーム」(キングレコード)
監督・脚本・編集:畑泰介
配給:プレシディオ
©「イマジネーションゲーム」製作委員会


池田エライザ『ルームロンダリング』第21回上海国際映画祭のパノラマ部門への出品が正式決定


映画情報どっとこむ ralph この度、池田エライザ主演『ルームロンダリング』が7月7日(土)より新宿武蔵野館、渋谷HUMAXシネマ、シネ・リーブル池袋ほか全国ロードショーとなります。

人付き合いが苦手、彼氏なし、こじらせ真っ只中の八雲御子(池田エライザ)。
彼女の仕事は、事故物件に住んでその履歴を帳消しにするという、“ルームロンダリング”。そんな御子の悩みは、仕事先の部屋で元住人たちがユーレイとなって出没すること。この世に未練たらたらなユーレイたちに振り回される日々を送るうち、周囲の人々も巻き込んで、御子に人生初の恋とトラブルが訪れる!?

こじらせてきた分だけ幸せになれる、ハートウォーミング・コメディが誕生しました。

映画情報どっとこむ ralph 本作が中国・上海にて6月16日(土)から25日(月)まで開催される第21回上海国際映画祭(中国・上海で1993年より開催されているアジア最大級の規模を誇る映画祭。)のパノラマ部門への出品が正式決定。

現地へは片桐健滋監督が渡航し、6月24日(日)の公式上映時の舞台挨拶・Q&Aに登壇する予定となっています。

今回の出品を受け、友達ゼロ・彼氏なし、話相手はユーレイだけ!?‟人生こじらせ真っ最中”の主人公・御子を演じた池田エライザから喜びのコメントも到着しました!

池田エライザさんコメント
池田さん:日本の片隅で起きたささやかな物語が、きっと国境なるものを超えて愛されることを祈っています。幸せです。上海の皆様からの声を楽しみにしています。

映画情報どっとこむ ralph 池田エライザ主演『ルームロンダリング

7月7日(土)より新宿武蔵野感、渋谷HUMAXシネマ、シネ・リーブル池袋ほか全国ロードショー

roomlaundering.com

新たなクリエイターの発掘を目指して映画企画を募集するコンテスト、「TSUTAYA CREATOR’S PROGRAM FILM2015」で、全474企画の中から準グランプリFilmarks賞を受賞した企画の映画化である本作。
主役の御子役に抜擢されたのは、近年女優業での活躍が目まぐるしい池田エライザ。胡散臭い不動産屋を営む御子の叔父役には、オダギリジョー。御子の隣に住む青年・亜樹人役には、若手注目俳優・健太郎。個性豊かな幽霊たちを渋川清彦、光宗薫が演じる他、奥野瑛太、つみきみほ、田口トモロヲ、渡辺えりなどの名バイプレイヤーたちが脇を固めます。

物語・・・
5歳で父親と死別し、その翌年には母親が失踪してしまった八雲御子(池田エライザ)。その後は祖母に引き取られたが、18歳になると祖母も亡くなり天涯孤独に。度重なる不幸で自分の殻に閉じこもってしまった御子のところへ、母親の弟である雷土悟郎(オダギリジョー)が現れ、住む場所とアルバイトを用意してくれることに。しかし、そのアルバイトとは、ワケあり物件に自分が住むことによって“物件を浄化する”というルームロンダリングだった。ルームロンダリングを始めて以来、幽霊が見えるようになった御子。幽霊と奇妙な共同生活を送る中、御子は彼らのお悩み解決に奔走させられ・・・!?

***********************************

出演:池田エライザ、渋川清彦、健太郎、光宗薫/オダギリジョー

監督:片桐健滋 脚本:片桐健滋・梅本竜矢
2018年/109分/日本/カラー/DCP/シネマスコープサイズ/5.1ch
製作幹事:カルチュア・エンタテイメント
配給:ファントム・フィルム 
©2018「ルームロンダリング」製作委員会
   


沢尻エリカ・吉沢亮『猫は抱くもの』第21回上海国際映画祭正式出品決定


映画情報どっとこむ ralph 『ヘルタースケルター』(2012)以来6年ぶりとなる沢尻エリカの主演、若手演技派俳優の吉沢亮出演、犬童一心監督がメガホンをとる『猫は抱くもの』が、6月23日(土)に新宿ピカデリー、角川シネマ有楽町他にて全国公開となります。
本作は、主人公と猫の「内面」と「現実」が入り混じる演出が見どころで、映画好きやクリエイターの感性を刺激する、斬新な演出が随所に盛り込まれていて、主人公の「内面」や「猫の視点」を観客に楽しんでもらうために、リアルな景色での撮影に加え、舞台装置を活用した「CGの対局」とも言える演出やアニメーションなど、いわば「映画の遊び」がコラージュのように盛り込まれているのです。
そういった視覚的な斬新さはありつつも、誰しも抱えたことのある「人生のくすぶっている時間とどう向き合うべきか」という普遍的なメッセージが込められ、観る側に温かな余韻を残してくれます。

そんな取り組みが評価され、第21回上海国際映画祭のコンペティション部門への正式出品が決定!長編劇映画部門で邦画として唯一の出品となりました!

映画情報どっとこむ ralph 今回の出品決定に関して

犬童監督:沢尻エリカの野蛮なパワーと吉沢亮のア然とするエレガントが中国の皆さんにどう刺さるか?楽しみです。

とのコメントが届いています。

沢尻さん:『猫は抱くもの』が、コンぺティション部門に選ばれ光栄に思います。海外でどのように評価して頂けるか、楽しみにしています。

とコメント。

日本映画として最優秀作品賞受賞作品(金爵奨)を受賞すれば2005年『村の写真集』(監督:三原光尋)以来の快挙となる。注目の授賞式は6月25日(月)に現地にて行われます。

映画情報どっとこむ ralph 上海国際映画祭は6月16日~25日まで開催され、世界15大映画祭のひとつで、FIAPF(国際映画製作者連盟)が認定する国際映画祭。21回目を迎える今年は、世界108カ国から、3400本以上のエントリー(内日本映画約200本)があり、アジア最大級の映画祭として注目を集めている。

また本作が出品されるコンペティション部門は、第10回(2007年)に山田洋次監督『武士の一分』が最優秀音楽賞(冨田勲)を受賞、第19回(2016年) に阪本順治監督『団地』が最優秀女優賞(藤山直美)を受賞するなどしている。

映画情報どっとこむ ralph 『猫は抱くもの』の上海映画祭での上映日は6月21日(木)。

それにあわせて急きょ、犬童監督ほか渡航し舞台挨拶を行う予定。

猫は抱くもの

6月23日(土)新宿ピカデリー他、全国ロードショー!

公式HP: nekodaku.jp
物語・・・
こじらせた1人と1匹の妄想が、自分らしい幸せに気付かせてくれる。
思った通りの自分になれなくて、いつしか投げやりな生き方に慣れてしまった沙織(沢尻エリカ)。元アイドルのアラサーで、今はスーパーで働く彼女が心を開くのは、こっそり飼っている、ロシアンブルーの猫・良男(吉沢亮)だけ。今日いちにちの出来事を、妄想を交えつつ良男に話して聞かせる沙織。沙織の心に寄り添ううち、良男は自分が沙織の人間の恋人で、彼女を守れるのは自分だけだと思い込んでしまう。そんなある日、沙織の前に“ゴッホ”と呼ばれる売れない画家・後藤保(峯田和伸)が現れ、良男は沙織の変化を目の当たりにする。ある晩、良男は月に誘われるように外の世界に飛び出し、迷子になってしまい…。

ゴッホや、ゴッホを慕う猫・キイロ(コムアイ)、個性豊かな猫たちとの出逢いを通じて、1人と1匹は、自分らしく生きるすべを見つけていく。うまくいかないことの輝き。置いてけぼりをくらっている時間の豊かさ・・・。灰色の日常がカラフルに輝きはじめる、心温まる物語。

***********************************

監督:犬童一心
原作:大山淳子『猫は抱くもの』(キノブックス刊)
脚本:高田亮 音楽:水曜日のカンパネラ
沢尻エリカ / 吉沢亮 峯田和伸 コムアイ(水曜日のカンパネラ) / 岩松了
藤村忠寿 内田健司 久場雄太 今井久美子 小林涼子 林田岬優 木下愛華 蒔田彩珠 / 伊藤ゆみ 佐藤乃莉 末永百合恵 / 柿澤勇人

企画製作・配給:キノフィルムズ
制作プロダクション:ADKアーツ
2018年/日本/カラー/ビスタ/DCP5.1ch/109分
©2018「猫は抱くもの」製作委員会