「上海国際映画祭」タグアーカイブ

上海国際映画祭で『わたしたちの家』清原惟監督が最優秀アジア新人監督賞受賞!


映画情報どっとこむ ralph 本日閉幕する中国最大の映画祭「第21 回上海国際映画祭」。

コンペティションのひとつ、アジアの新人監督・俳優を対象とした「Asian New Talent Award」部門で、『わたしたちの家』の清原 惟監督が最優秀監督賞を獲得しました。


「Asian New Talent Award」5名の審査員からは

独自の映画話法を用い、緻密かつシンプルな映画表現で、人と人との関係、そして「家」というものを捉えなおす、独創的な作品

と評されました。

審査員長:施南生(映画プロデューサー・香港)
審査員:Rayan Martin(映画監督・フィリピン)、宋佳(女優・中国)、Midi Z(映画監督・ミャンマー)、曾剑(撮影監督・中国)


清原監督からの喜びの声もお届いています!
清原監督:このような賞をいただけて本当にに光栄です。この映画を一緒に作ってくれたスタッフ、キャストの皆さん、観客の皆さん、関わってくださった全ての方に感謝いたします。大学院の修了制作として作った小さな映画が、たくさんの方に観ていただける機会をくださった上海国際映画祭に感謝いたします。新しい映画の形を探求したいという気持ちを持って作り始めた映画ですが、撮影の時は困難なことがたくさんありました。新しいことに挑戦するということは常に困難がつきまといます。どこに向かっていくのかわからなく不安な時があっても、最後まで作り続けることができたのは、スタッフ・キャストの皆さんがこの映画を信じてくれていたからだと思います。そして、たくさんの観客の皆さんが観てくださるという機会を経て、この映画はさらに豊かに成長したと思います。素晴らしい機会を与えてくださり本当にありがとうございます

映画情報どっとこむ ralph わたしたちの家

監督:清原 惟

公式サイト:
http://www.faderbyheadz.com/ourhouse.html

昨年の第39回ぴあフィルムフェスティバルにて「PFFアワード2017」グランプリに輝き、その後、PFFが海外窓口となりベルリン国際映画祭、香港国際映画祭、ニューヨーク・New Directors/New Filmsなど世界への紹介を続けている『わたしたちの家』。

先日はブラジルのクリチバ国際映画祭でもグランプリを受賞し、今後も台北映画祭、プチョン国際ファンタスティック映画祭、メルボルン国際映画祭など続々と上映が決定する人気作となりました。

©東京藝術大学大学院映像研究科

映画情報どっとこむ ralph ★【第40回PFF/ぴあフィルムフェスティバル】

2018年9月8日(土)~22日(土)、国立映画アーカイブにて開催!

http://pff.jp
***********************************


沢尻エリカ 中国映画にも出たい!第21回上海国際映画祭『猫は抱くもの』舞台挨拶で!


映画情報どっとこむ ralph 『猫は抱くもの』が、いよいよ6月23日(土)に新宿ピカデリー、角川シネマ有楽町他にて全国公開となります。

この度、本作が、第21回上海国際映画祭のコンペティション部門に選出され、上映日である本日(6月21日)、主演の沢尻エリカと、犬童監督が、急遽上海に飛び、満席の観客(1200人)の前での舞台挨拶と、メディアの数が50を越える報道陣が詰めかけた記者会見に臨みました。

日時: 6月21日(木)
<本編上映後 舞台挨拶>17:35 〜 17:55 
<記者会見>18:05 〜 19:00
場所:
<本編上映・舞台挨拶>
Shanghai Film Art Center HALL 1 
<記者会見>
Crowne Plaza Hotel
登壇: 沢尻エリカ、犬童一心監督

映画情報どっとこむ ralph 【Shanghai Film Art Center HALL 1内のレッドカーペット及び映画祭パネル前】

舞台挨拶を前に、レッドカーペットを歩いた沢尻エリカさんと犬童一心監督。
登場するやファンクラブのメンバーや現地のファンも大勢詰めかけ200名を越す人だかりができ熱烈な歓声の中、沢尻と監督が登場した。中には5時間かけてきたファンも。
『猫は抱くもの』が上映される「Shanghai Film Art Center HALL 1」の中に敷かれたレッドカーペットの先にある上海国際映画祭のパネルの前に立ち、二人はサイン。
そのあと花束をもらい

沢尻さん:シェイシェイ、ありがとう

と終始笑顔でコメントしていました。

映画情報どっとこむ ralph 【本編上映後 舞台挨拶 @ Shanghai Film Art Center HALL 1】

1200人もの観客でソールドアウトとなった本編上映後に、上海国際映画祭にふさわしい、華やかなGUCCIのドレスをまとった沢尻が登場すると、会場からは、割れんばかりの拍手と歓声が鳴り響いた。というのも、中国国内でもテレビドラマ『1リットルの涙』がテレビ放映されており、それを機に沢尻は、高い知名度と人気を得ている。会場にも沢尻の中国でのファンクラブ“沢尻会”(現在約9000名ほど。2008年発足)の多くのファンたちが詰めかけていた。沢尻と犬童監督が登場すると大歓迎を受けた!

犬童監督:素晴らしい大きな劇場で自分の作品が上映されることがすごく嬉しいです。一緒に見たかったです。こんな大きなスクリーンで見ることはもうないと思うので。


Q.監督は以前猫の映画を撮られていますが、監督自身猫がお好きなのですか

犬童監督:そうです。僕は家に2匹猫を飼っていて、この映画で吉沢亮さんが演じているロシアンブルーの良男の演技に対して、
家で飼っている猫の動きや性格を伝えました。

Q.ロシアンブルーの猫を主役にしたのは何故ですか

犬童監督:原作の小説でもロシアンブルーが主役で、それでロシアンブルーで演技のできる猫を探しました。

Q.この作品は沢尻さん6年ぶりの主演作ですが、上海国際映画祭で上映された感想を聞かせて頂けますか。

沢尻さん:6年ぶりの主演映画で、すごく自分の気に入った作品になりました。
その映画が海外で上映されることになって嬉しいです。

Q. 猫に対する自分の想いや感想をお聞かせ下さい

沢尻さん:この映画がきっかけでこの良男を家で引き取って、家では「グリグリ」と呼んでいるんですけど、
凄く素敵な子で、家族の一員になって、もともと家は犬を二匹飼っていてこれで猫が一匹来て、
本当に賑やかな家になっておかげで楽しく過ごしてます。

Q. 作品の中ではすごい吉沢さんと触れ合うシーンが多いんですけど、そのときは恥ずかしいとか思いました?

沢尻さん:ちょっと恥ずかしかったです(笑)あまりにも近いので、最初はすごい照れ臭かったんですけど(吉沢さんが)
人間だってことを忘れて、吉沢さんが本当に猫っぽく演じてくれたので、猫だと思って可愛がりました。
「1リットルの涙」のときからのファンです。シェイシェイ。嬉しい、ありがとう。

Q. 中国の観客の情熱をさっき感じられたと思いますが、これから中国進出とか、そういう考えはありますか

沢尻さん:正直(進出)したいです! 中国映画はスケールも大きいし、見ていて本当に凄いなあと思うことがたくさんありますので。
そういう作品に関わることができたら、私も嬉しいなあと思いますし、(出るときは)中国語を勉強したいと思います。


映画情報どっとこむ ralph 実は、沢尻は新作の撮影の真っ只中でスケジュールはビッシリ。
当初は映画祭の参加は全く予定されていなかった。しかし、沢尻の強い希望もあり、至難のスケジュール調整を経ての渡航となったため、今回は日帰り、わずか9時間の中国滞在!

帰国の便の時刻が迫り、記者会見も泣く泣くの中座となった。

沢尻さん:ファンの皆様との距離がすごく近くて、とてもうれしい気持ちになりました。また上海に来られるように頑張りたいと思います」という言葉を残して再び機上の人に。日帰りという弾丸トラベルとなった今回の映画祭参加だったが、沢尻も犬童監督も大満足の時間となった。

そして、日本映画として最高賞の「金爵賞」を受賞すれば、2005年『村の写真集』(監督:三原光尋)以来の快挙となる。注目の金爵賞は6月24日(日)の夜に開催される閉幕式で発表される。


『猫は抱くもの』

nekodaku.jp

こじらせた1人と1匹の妄想が、自分らしい幸せに気付かせてくれる―

思った通りの自分になれなくて、いつしか投げやりな生き方に慣れてしまった沙織(沢尻エリカ)。元アイドルのアラサーで、今はスーパーで働く彼女が心を開くのは、こっそり飼っている、ロシアンブルーの猫・良男(吉沢亮)だけ。今日いちにちの出来事を、妄想を交えつつ良男に話して聞かせる沙織。沙織の心に寄り添ううち、良男は自分が沙織の人間の恋人で、彼女を守れるのは自分だけだと思い込んでしまう。そんなある日、沙織の前に“ゴッホ”と呼ばれる売れない画家・後藤保(峯田和伸)が現れ、良男は沙織の変化を目の当たりにする。ある晩、良男は月に誘われるように外の世界に飛び出し、迷子になってしまい…。ゴッホや、ゴッホを慕う猫・キイロ(コムアイ)、個性豊かな猫たちとの出逢いを通じて、1人と1匹は、自分らしく生きるすべを見つけていく。
うまくいかないことの輝き。置いてけぼりをくらっている時間の豊かさ・・・。灰色の日常がカラフルに輝きはじめる、心温まる物語。

***********************************

監督:犬童一心
原作:大山淳子『猫は抱くもの』(キノブックス刊)
脚本:高田亮
音楽:水曜日のカンパネラ

沢尻エリカ / 吉沢亮 峯田和伸 コムアイ(水曜日のカンパネラ) / 岩松了

藤村忠寿 内田健司 久場雄太 今井久美子 小林涼子 林田岬優 木下愛華 蒔田彩珠 / 伊藤ゆみ 佐藤乃莉 末永百合恵 / 柿澤勇人

企画製作・配給:キノフィルムズ
制作プロダクション:ADKアーツ
2018年/日本/カラー/ビスタ/DCP5.1ch/109分
©2018「猫は抱くもの」製作委員会 


鳴り止まない拍手!『友罪』 第21回上海国際映画祭上映とQ&A


映画情報どっとこむ ralph 5月25日(金)より全国の劇場で公開し、“衝撃の問題作”として賛否を呼びながらも、各地で満席が出るなど大ヒットロングラン中の生田斗真&瑛太主演最新作『友罪』(英語タイトル:My Friend “A”)が、昨日6/20(水)夕方に「第21回上海国際映画祭」に正式出品され、大盛況の内に上映と監督のQ&Aを行いました。

当日は、千人という上海国際映画祭で最大級のキャパシティを誇るメインスクリーンの「上海大劇院」が若い男女を中心に満席となる賑わいを見せ、上映中はのめり込んで鑑賞していたお客さんが声をあげて反応する場面なども見られ、エンドロールに入ると会場は大きな拍手に包まれました。

その後、瀬々敬久監督が登壇し、観客とのQ&Aが行われました。

第21回上海国際映画祭 NEW FROM AUTHOR
(作家性の高い監督の新作を上映/非コンペ)部門出品
日時(現地時間):6月20日(水)
場所:上海大劇院
登壇:瀬々敬久監督

映画情報どっとこむ ralph 監督:今日この日、日本と上海の両国でこの『友罪』という映画が上映されていることがとても嬉しいです。有難うございます!


観客:地方から『友罪』を観るために映画祭に来ました。とても素晴らしかったです!(場内拍手)監督の最も好きなシーンは?

監督:益田が「外でお酒でも飲もうか」と鈴木を誘い、「コンビニでつまみでも買って」と応える鈴木のシーンです。さりげないシーンですが、普通の人にもあるようなかけがえのない時間がそこには流れている気がしました。こういう素敵な時間が、犯罪者や色々つらい思いをした人たちを救ってくれるのではないか、その一方で罪を犯した人がこういったかけがいのない素敵な時間を自分は被害者から奪ったのだと反省をする機会にもなると思いました。素敵な時間を大切にしてください!

観客:日本国内での評判も良いようですが、監督ご自身はマスコミなどの評価についてどう思われますか?

監督:すごく難しい質問です(苦笑)マスコミの方の評価も大切ですが、僕含めスタッフは沢山のお客さんに観て欲しくて作っていますし、沢山のお客さんに感動してもらえたらという気持ちで作っています。だから今日もここにいる上海のお客さんと出会えてすごくうれしいです。(場内席を立って拍手を送る人も)

映画情報どっとこむ ralph 観客:この映画のキャラクターは皆罪を背負っていますが、監督は罪を負った人々も幸せを得るべきだと思いますか?

監督:罪を背負った人たちもふとした時に笑ったり出会いがあったり、悲しんだり喜んだりするのが人生だと思います。でも罪は背負い続けながら生き続けなくてはいけない。矛盾しているようですが、そうして生きていくことが大切だと思います。

と、語りました。

映画情報どっとこむ ralph
友罪

は、2013年に薬丸岳が発表したベストセラー小説「友罪」の映画化作品です。隣りで静かに微笑む友が、かつて日本中を震撼させた“あの事件”の犯人だったらー。元ジャーナリストの益田役を生田斗真、少年Aだった過去を持つ鈴木役を瑛太が演じ、答えのない極限の友情が描かれています。主演2人が覚悟を持って撮影に挑んだ想いを語ったことでも話題を呼び、公開後もSNS等で「心揺さぶられた!」「ヒリヒリして焼けるようだった。力作」「生と命にスポットを当てた最高の映画」「映画が社会にできることってこういうことでは。必見」「生田斗真さんと瑛太さんの凄まじい感情の振り幅に圧倒された」「匠の1本。巧い。ゼゼ監督流石」など感想が上がっています。

絶賛公開中!

***********************************


監督・脚本:瀬々敬久(『64-ロクヨンー前編/後編』)
原作:「友罪」薬丸岳(集英社文庫刊)
出演:生田斗真 瑛 太 夏 帆 山本美月 富田靖子 佐藤浩市  
 
配給・宣伝:ギャガ
(c)薬丸 岳/集英社 (c)2018映画「友罪」製作委員会
     


金井浩人、池脇千鶴、安藤政信、犬童一利監督 登壇!『きらきら眼鏡』上海国際映画祭


映画情報どっとこむ ralph 犬童一利監督がメガホンをとった『きらきら眼鏡』が9月7日(金)より舞台となった千葉県船橋市のTOHOシネマズ ららぽーと船橋にて先行公開、9月15日(土)より有楽町スバル座ほか全国順次ロードショーとなります。

新人の金井浩人さんと池脇千鶴さんがダブル主演で演じた本作は、恋人の死を乗り越えられず苦しむ主人公、余命死生観と恋愛観を織り込みながら主人公の成長を描く人間ドラマです。

6月16日(土)より開催中の第21回上海国際映画祭のパノラマ部門に出品され、オープニングのレッドカーペットイベントではW主演の金井浩人さん、池脇千鶴さんと共演の安藤政信さん、犬童一利監督が登場しました。

そしてこの度、6月17日(日)に舞台挨拶イベント付きの本作のワールドプレミア上映が開催されました!

会場で他の観客と共に作品を鑑賞していた金井さん、池脇さん、安藤さんと犬童監督は、上映が終了すると同時に800席にものぼる観客席からは大きな拍手が!拍手はしばらくの間鳴り止むこともなく、キャストや監督が舞台上に上がっても惜しみない拍手が送り続けられました。

『きらきら眼鏡』第21回上海国際映画祭パノラマ部門
舞台挨拶付きワールドプレミア上映


日 程:6月17日(日)
場 所:天山电影院剧院厅
登壇者:金井浩人、池脇千鶴、安藤政信、犬童一利監督

映画情報どっとこむ ralph
舞台挨拶が始まり、犬童監督が中国語で挨拶をすると、会場内からは暖かい拍手が!

犬童監督二年前『つむぐもの』で出品した時の映画館よりも、大きなところでたくさんの方に観て頂けて嬉しいです。

と喜びをあらわにしました。

また、本作で新人ながらも主演に抜擢された

金井さん:全部のシーンが印象に残っていて、全部の時間を立花明海という人間として生きていました。自分自身と役柄との間に境はなくなったように演じていたので、忘れられないかけがえのない時間になりました。

と初主演の喜びを噛みしめました。

お気に入りのシーンについて聞かれ

池脇さん:裕二さん(安藤政信)との最後のシーンで、柔らかく見送ってあげたい気持ちと、でも本当は揺さぶって抱きしめて生き返らせたい気持ちがぶつかりました。

と声を詰まらせると、池脇の溢れる涙と役柄への想いに、中国の観客たちに感動が広がり会場は静まり返りました。

映画情報どっとこむ ralph また安藤政信が流暢な中国語で挨拶をすると、会場内からは一際大きな歓声が上がりました!
上海での安藤さんの人気は非常に高く、多くのファンが会場に駆けつけており、特別にファンから安藤さんへの質問コーナーが設けられることに!

今まで演じた役柄は死ぬことが多かったですが、今回はどのように演じましたか?

という質問に対して

安藤さん:自分が演じる役の、死亡率の高さに驚いていますが、自分が出演するときはまたいつ自分が死ぬかと思いながら演じたりしています(笑)でも今回は頑張って生きる役なので、今まで演じてきたキャラクターとは違うので(笑)

と回答。

安藤さんが言葉を発するたびに、若い女性を中心とするファン達から黄色い声援が送られました。


きらきら眼鏡

一冊の古本がきっかけで出会った、それぞれの恋人の死に向き合う男女。
「最後の1ページまで切ない・・」と絶賛された恋愛小説、待望の映画化!
「時間って命と同じだから、もたもたしてたら時間切れになっちゃうよ」。
恋人の死を乗り越えられずにいた明海は、一冊の古本がきっかけで出会ったあかねから、そう教えられる。
いつも前向きで笑顔のあかねは、見たものぜんぶを輝かせる“きらきら眼鏡”をかけているという。
だが、彼女もまた余命宣告された恋人の裕二と向き合うつらい現実を抱えていた。
過去から立ち直れず、もがきながら生きてきた明海にとって、毎日を輝かせようとするあかねに、次第に惹かれていく―。
「最後の1ページまで切ない・・・」と絶賛された森沢明夫原作の恋愛小説「きらきら眼鏡」を『つむぐもの』で高い評価を得た犬童一利監督が映画化。期待の大型新人金井浩人と、多数の名作に名を刻んできた池脇千鶴がW主演を務める。

さらに、安藤政信、古畑星夏、杉野遥亮、片山萌美ら旬な共演陣が脇を固めている。


***********************************


金井浩人 池脇千鶴/古畑星夏 杉野遥亮 片山萌美 志田彩良/安藤政信
鈴木卓爾 大津尋葵 成嶋瞳子 菅野莉央 大西礼芳 長内映里香 山本浩司 モロ師岡

原作:森沢明夫「きらきら眼鏡」(双葉文庫) 
エンディング曲:「Reminiscence〜回想〜」柏木広樹feat.葉加瀬太郎&西村由紀江 

監督:犬童一利 脚本:守口 悠介  
プロデューサー:相羽浩行
アシスタントプロデューサー:杉浦美奈子 キャスティング:前信介 
撮影:根岸憲一 照明:左納康弘
録音:根本飛鳥 美術:吉川都和 助監督:加藤毅
制作担当:尾形龍一 スタイリスト:阪上秀平
ヘアメイク:徳田芳昌 スチール:北島元朗
編集:佐々木弥生 音楽:神村 紗希 音響効果:勝亦さくら
協力:船橋市/船橋ロケーションガイド「ふなばし撮ぉりゃんせ」/勝浦市/勝浦ロケーションサービス/
千葉県/千葉県フィルムコミッション
制作:Chaos Entertainment/「きらきら眼鏡」制作実行委員会
配給:S・D・P
宣伝:アゲハテイル/エレクトロ89
製作: 「きらきら眼鏡」製作委員会/NPO法人船橋宿場町再生協議会
©森沢明夫/双葉社 ©2018「きらきら眼鏡」製作委員会 


塚田僚一(A.B.C-Z)× Snow Man(ジャニーズJr.)『ラスト・ホールド!』上海国際映画祭正式出品決定!


映画情報どっとこむ ralph 塚田僚一(A.B.C-Z)映画初主演、ジャニーズJr.の人気グループSnow Man(岩本照、深澤辰哉、 渡辺翔太、宮舘涼太、佐久間大介、阿部亮平)全員が共演した映画『ラスト・ホールド!』。

この度、第21回上海国際映画祭(21th Shanghai International Film Festival/6 月16 日~6 月25 日)パノラマ部門(受賞対象外で話題作品を上映)にて正式招待作品として上映されることが決定しました!!

この映画祭は1993年より開催されている国際映画製作者連盟(FIAPF)公認のアジア最大級規模の長編映画祭です。

映画情報どっとこむ ralph 主演・塚田僚一さんと真壁幸紀監督からの喜びのコメントが届いています!

主演・塚田僚一さん
完成された作品を見て、たくさんの方にご覧頂きたいなっと思っていたので本当に嬉しいです。
東京オリンピックに向けてこれから盛り上がるボルダリング、まだ馴染みのない方もいる中で「わかりやすい」とか
「面白い」という感想を頂き、この作品が届いた事を実感しました。
日本での壁を登りきり、次は上海国際映画祭の壁!海外の人たちの壁も登りきれる事を信じています。 「ガンバ!」

真壁幸紀監督
とても光栄です。
上海国際映画祭での上映は、これから国内外で、より多くの人に観てもらえるキッカケになると思います。
以前、中国の映画祭に参加した時は、観客の皆さんが自由に喜怒哀楽を声に出しながら鑑賞されていたので、 自然と”応援上映”のようになるかもしれません。 反応が楽しみです。

映画情報どっとこむ ralph 出演者が吹替えなしで挑んだボルダリングシーンも大きな話題となった胸アツな青春群像劇、いよいよ海外初披露となります!

塚田僚一(A.B.C-Z)映画初主演、ジャニーズJr.の人気グループSnow Man(岩本照、深澤辰哉、 渡辺翔太、宮舘涼太、佐久間大介、阿部亮平)

映画『ラスト・ホールド!

オフィシャルサイト:
http://lasthold-movie.jp


物語・・・
ボルダリングは人生と同じ。壁と向き合い登っていくと、また新たな壁が現れる━
廃部寸前のボルダリング部の主将・岡島(塚田)は大学卒業を控え、今や自分一人となった部を存続させるべく6人の新入部員を勧誘しなければならなかった。
必死の勧誘で入部した6人は、1人の経験者とクセのつよい初心者5人。
総じて体力もなくボルダリングをなめてかかっているものだから試合でも負け続けである。
しかし、みんなでトレーニングを重ね、競技を向き合う内に、次第に壁に挑む楽しさを知り、固い友情で結ばれていくメンバー。
そんな時、大事な団体戦の前にある事件が起こってしまう…。

***********************************

監督:真壁幸紀
脚本:川浪ナミヲ、高見健次 音楽:眞鍋昭大
主題歌:A.B.C-Z「Future Light」(ポニーキャニオン)
出演:塚田僚一(A.B.C-Z)/ 岩本照 深澤辰哉 渡辺翔太 宮舘涼太 佐久間大介 阿部亮平(Snow Man/ジャニーズJr.)
永野宗典 駒木根隆介 / 勝村政信
配給:松竹 ©松竹