「上坂すみれ」タグアーカイブ

『映画スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめて』 新スチールが解禁


映画情報どっとこむ ralph キュアスター&キュアミルキーが地球で“未知との遭遇”!?
2004年2月1日、「ふたりはプリキュア」からテレビ放送を開始して以来、「困難にぶつかっても諦めずにひたむきに頑張る少女たちの物語」を紡いできたプリキュアシリーズ。

毎週日曜朝8:30より絶賛放送中の「スター☆トゥインクルプリキュア」(ABCテレビ・テレビ朝日系列にて)(以下スタプリ)は宇宙を舞台に、プリキュア史上初!「星座」をモチーフに無限に広がるキラキラな世界で活躍する新しいプリキュアの姿を描きます。そしてこの秋、スタプリ初単体映画『映画スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめて』が10月19日(土)より全国公開となります!

本映画で描かれるのは、プリキュアの元に、突然現れた不思議な生き物・ユーマと<うた>を通じて絆を紡いでいく、ちょっぴり切なくも心温まる物語。“宇宙(そら)に描こう! ワタシだけのイマジネーション!”をキャッチコピーに、地球人と宇宙人、見た目や生まれた文化の垣根を越えて活躍するプリキュアが、“新しいお友だち”となるユーマと世界中を旅して、芽生えた絆や友情から成長していく物語となっております。


「スター☆トゥインクルプリキュア」が、日本を飛び出し世界へ!!
キュアスター&キュアミルキーがフワと不思議な生物<ユーマ>と共に、地球の不思議スポットを大冒険しているスチールを大公開

映画情報どっとこむ ralph 今まで地球と宇宙を舞台に活躍をしてきたスタプリですが、本映画では不思議な生物<ユーマ>の力で地球の不思議スポットを巡る旅へ出かけます!なんと、スタプリが世界へ飛び出すのは今回が初めて!!

この度到着した新スチールでは、彼女たちが訪れる地球の不思議スポットの一部が公開となりました。

今にもマグマが飛び出してきそうなバヌアツ・ヤスール火山や、
『映画スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめて』 雄大な大地に描かれたナスカの地上絵、
『映画スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめて』 快晴の空が地面に反射しているウユニ塩湖など、どのスチールも迫力満点!
『映画スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめて』 虹の架かったイグアスの滝を訪れているスチールでは、キュアスターとキュアミルキーが楽しそうな笑顔を浮かべ、初めて見る未知の絶景にドキドキとワクワクが止まらない様子を垣間見ることが出来ます。
『映画スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめて』 劇中では、解禁された不思議スポットの他にもマダガスカルや、イースター島、オーロラが輝く北極の氷河など数々の絶景スポットを訪れ、世界中をまるっと1周大冒険!

「キラやば~っ」と不思議スポットも大好きなひかると、宇宙からやってきて地球で見るもの全てが新しいララ。2人は、言葉の通じない<ユーマ>と一緒に旅をし、たくさんの未知との遭遇を共有していく中で、「ながれぼしのうた」をきっかけに、さらに距離を縮めていきます。地球人のひかる自身も憧れの地に初めて足を踏み入れながら、地球の絶景・不思議スポットを宇宙からきたお友だち、ララ、フワ、ユーマに紹介!壮観な景色の数々は、観ているだけでプリキュアと一緒に世界一周しているような感覚に!
地球の不思議スポットを前にドキドキ・ワクワクが止まらない!!
プリキュア史上最大スケール!未知なる世界に飛び込む大冒険にご期待ください!

映画情報どっとこむ ralph 『映画スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめて』

2019年10月19日(土)ロードショー

公式サイト:
https://precure-movie.com/

スター☆トゥインクルプリキュア ストーリー
宇宙にひびけ♪届け!わたしたちのうた♪♪
~お星さま誕生ものがたり~
絶賛放送中の「スター☆トゥインクルプリキュア」(ABCテレビ・テレビ朝日系列)の劇場版最新作は、お星さま誕生の物語★★!
ある日突然、プリキュアの元にやってきた不思議な生き物ユーマ。言葉が通じないユーマに、ひかるとララは振り回されっぱなし・・・。
ユーマと気持ちを通じ合わせる方法、それは<うた>!?<うた>を通じてユーマとの絆を育んでいくひかるたち。
しかし、突如謎の宇宙人ハンターが現れ、大ピンチ!さらには、ユーマとはいずれ離れ離れになることが告げられてしまう・・・。
ユーマを、そしてみんなの想いを守るため、プリキュアが立ち上がる!!

***********************************


【原作】東堂いづみ 【監督】田中裕太 【脚本】田中仁 
【音楽】林ゆうき 橘麻美 【総作画監督・キャラクターデザイン】小松こずえ 
【作画監督】松浦仁美 中谷友紀子 【美術監督】今井美紀 
【CGディレクター】大曽根悠介 【色彩設計】竹澤聡 【撮影監督】髙橋賢司 
【製作担当】澤守洸 井桁啓介
【声の出演】成瀬瑛美 小原好美 安野希世乃 小松未可子 上坂すみれ 木野日菜 吉野裕行 
【ゲスト声優/映画主題歌】知念里奈
【映画主題歌・挿入歌】「Twinkle Stars」作詞:大森祥子 作曲・編曲:高木洋

©2019 映画スター☆トゥインクルプリキュア製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『映画スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめて』本ポスタービジュアル解禁!


映画情報どっとこむ ralph 2004 年 2 月1日、「ふたりはプリキュア」からテレビ放送を開始して以来、「困難にぶつかっても諦めずにひたむきに 頑張る少女たちの物語」を紡いできたプリキュアシリーズ。毎週日曜朝8:30より絶賛放送中の「スター☆トゥインクル プリキュア」(ABC テレビ・テレビ朝日系列にて)(以下スタプリ)は宇宙を舞台に、プリキュア史上初! 「星座」をモチーフに無限に広がるキラキラな世界で活躍する新しいプリキュアの姿を描いています。

そんなスタプリの 初単体映画 『映画スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめて』が10月19日(土)より全国公開します


◎本ポスタービジュアル&サブタイトルが解禁!
鍵は本編から生まれる ≪うた≫♪ 本作は、スター☆トゥインクルプリキュアと映画オリジナルキャラクターで不思議な生物<ユーマ>との出会いの物語! 今回、解禁となったポスタービジュアルは、幻想的な宇宙と地球の狭間で、本作で中心に描かれるキュアスターと キュアミルキー、2 人の姿が大きく描かれており、中央に優しい眼差しを向け、映画オリジナルキャラクター<ユーマ>を 見つめます。そして後ろには、先日5人目のプリキュアとして発表になり大きな話題となったキュアコスモ、そして、 いつもキュアスターとキュアミルキーを支えるキュアソレイユとキュアセレーネの姿が描かれており、本作で描かれる母性を 感じさせるような温かい空間を演出しています。ポスタービジュアルの中央に描かれている<ユーマ>は、言葉が つうじないキャラクター。“うた”に反応することを知ったキュアスターとキュアミルキーは、“うた”を通じて<ユーマ>との絆 を深め、共に成長していきます。 今回ポスタービジュアルと同解禁となったサブタイトル「星のうたに想いをこめて」は、そんなプリキュアの<ユーマ>へ 向けた温かい想いが込められた優しいタイトルとなりました。

映画情報どっとこむ ralph ◎7月12日(金)より劇場窓口にて、プレゼントつき前売券の発売決定! そしてプレゼント付前売り券も 7 月 12 日(金)より発売されることも決定しました!今回の前売特典は、本作のテーマとして描かれている“うた”にちなん で、「歌って♪想いを伝えよう♪おてがみシール」!表は大切なお友達に“ありがとう”と“おめでとう”の想いを伝えられるメッセージシール! 裏にはプリキュアと<ユーマ>をつなぐ“ながれぼしのうた”の歌詞と、その音楽を聴くことができるQRコードが描かれています。大切な友達に“想い”を伝え て、プリキュアと一緒に“うた”を歌いたくなるような可愛さ溢れるシールになっています!

■前売情報詳細
2019 年7月12日(金)発売決定!
★入場者プレゼント 劇場窓口にて(一部劇場を除く)

★プレゼントつき前売券
A:「ありがとう」
B:「おめでとう」

※全国合計各 4 万枚限定! どちらか 1 つ!もらえるよ! 名称:「歌って♪想いを伝えよう♪おてがみシール」

前売券料金(税込) 親子ぺア 2,200 円/一般 1,400 円/小人(3 歳以上)900 円

※プレゼントは数に限りがあります。
※デザインは実物と異なる場合がございます。
※親子ペアにはプレゼントが 2 つつきます。

映画情報どっとこむ ralph ◎さらに!今年も入場者(※中学生以下の小人に限る)に <ミラクルライト>をプレゼント! ミラクルライトは、2007年以降長年にわたりプリキュアと子どもたちを繋いできた大切な応援アイテム!毎回デザインが変わり、今回で23個目となる ミラクルライトは、本作の中心となるキュアスターとキュアミルキーのイメージを取り入れた【ミラクル♡スターライト】!ライトには星とハートが、持ち手には音符が かたどられた可愛いデザインとなっております!
※中学生以下の小人に限ります。
※デザインは実物と異なる場合がございます。
※劇場により数に限りがございます。


映画情報どっとこむ ralph
『映画スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめて』

2019 年 10 月 19 日(土)ロードショー

公式サイト:
http://precure-movie.com/

***********************************


©2019 映画スター☆トゥインクルプリキュア製作委員会
【原作】東堂いづみ
【監督】田中裕太
【脚本】田中仁
【音楽】林ゆうき 橘麻美
【総作画監督・キャラクターデザイン】小松こずえ
【作画監督】松浦仁美 中谷友紀子
【美術監督】今井美紀
【CGディレクター】大曽根悠介
【色彩設計】竹澤聡
【撮影監督】髙橋賢司
【製作担当】澤守洸 井桁啓介

【声の出演】成瀬瑛美 小原好美 安野希世乃 小松未可子 上坂すみれ 木野日菜 吉野裕行




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

上坂すみれ主演で映画『空母いぶき』がまさかのボイスドラマ化!


映画情報どっとこむ ralph この度、画期的かつ圧倒的な“音声だけの”エンタテインメントが誕生しました。

それは、

ボイスドラマ『第5護衛隊群かく戦えり-女子部-(映画「空母いぶき」より)』。

5月24日(土)より全国330館規模で公開されるクライシス超大作、映画『空母いぶき』からド迫力の激闘シーンを濃縮還元した、かつて類のない“映画発!オーディオ・パニック・エンタテインメント”。
上坂すみれ(空母いぶき 女子部) 映画では西島秀俊が演じる主人公・秋津竜太を上坂すみれ、佐々木蔵之介が演じる新波歳也をM・A・Oが演じるなど、すべての登場人物に一線で活躍する実力派女性声優陣が起用されています。

「総員、衝撃に備え!」「対空戦闘用意!」・・・本家本元の映画『空母いぶき』さながら、一聴たりとも耳が離せない臨場感と迫力。まさに日本国民必聴のエンタテインメントが誕生した。ボイスドラマ『第5護衛隊群かく戦えり-女子部-(映画「空母いぶき」より)』

▼ボイスドラマ『第5護衛隊群かく戦えり-女子部-(映画「空母いぶき」より)』
<配信日時>
第一章:5/12(日)18:00  第二章:5/13(月)18:00  第三章:5/14(火)18:00
※映画『空母いぶき』公式サイト特設ページにて配信

<声の出演>
●秋津竜太 :上坂すみれ
●新波歳也 :M・A・O
●湧井継治 :田村睦心
●中根和久 :三澤紗千香
●葛城政直 :小松未可子
●近藤隆夫 :川上千尋
●山本修造 :木村珠莉
●浦田鉄人 :駒形友梨
●畑中淳  :西薗雪乃

映画情報どっとこむ ralph 秋津竜太役の上坂すみれ、新波歳也役の M・A・Oからコメントも到着し田ています。

コメント

上坂すみれ(秋津竜太役)
全員女性キャストによるボイスドラマ化と聞いて、ちょっとゆるめの「いぶき」を想像していたのですが、原作や映画の雰囲気が忠実に再現された緊迫感あふれるシナリオになっていて驚きました。そして、秋津さんを演じさせていただくことが出来てとても光栄でした!海上自衛隊好きな方は必聴のボイスドラマです。

M・A・O(新波歳也役)
新波歳也役のM・A・Oです。今回この企画に参加させていただけると伺った時は、嬉しさと同時にとても緊張しました。
台詞もほぼ変わらずそのままで難しさも多々ありましたが、キャストが全員女性というところが新鮮で、
映画とはまた違ったテイストを感じていただければと考えながら、精一杯演じさせていただきました。
女性の声で表現される緊張感、意志の強さや葛藤などをこのボイスドラマで楽しんでいただければ幸いです。どうぞよろしくお願い致します!


映画情報どっとこむ ralph そして!

映画『空母いぶき』は5月24日(金)全国ロードショーです。

公式HP:
kuboibuki.jp


20XX年。日本の最南端沖で起こった国籍不明の軍事勢力による突然の発砲。日本の領土の一部が占領され、海保隊員が拘束された。未曾有の緊張が走る中、政府は初の航空機搭載型護衛艦「いぶき」を中心とする護衛隊群を現場に向かわせる。空がうっすらと白み始めた午前6時23分。この後日本は、かつて経験したことのない1日を迎えることになる―。
原作は「沈黙の艦隊」「ジパング」などで知られる巨匠・かわぐちかいじ氏の同名コミック。日々変わりゆく昨今の国際情勢をにらみ、映画ではオリジナルの設定と展開も加え、日本がかつてない危機にさらされた、遠くない未来の一日の物語とした。
空母いぶき 空母いぶき
戦後初の航空機搭載型護衛艦《いぶき》とその乗員たちを中心に、政府やメディア、そして国民たちが、それぞれの立場、それぞれの思いで、この国が保ち続けた平和を守ろうとする熱き闘い。そのとき彼らは何を考え、如何なる選択をするのか。そして手にした力はどのような形で使うべきなのか。この映画で目撃するのは、そんな彼ら一人一人の決断が作る、明日の日本の姿である。

***********************************


【出演】
西島秀俊 佐々木蔵之介
本田翼 小倉久寛 髙嶋政宏 玉木宏 戸次重幸 市原隼人 堂珍嘉邦 片桐仁 和田正人 石田法嗣 平埜生成 土村芳 深川麻衣 山内圭哉
中井貴一 村上淳 吉田栄作 佐々木勝彦 中村育二 益岡徹 斉藤由貴 藤竜也 佐藤浩市

【監督】若松節朗

【原作】
かわぐちかいじ「空母いぶき」(小学館「ビッグコミック」連載中・協力:惠谷治)
【企画】福井晴敏
【脚本】伊藤和典 長谷川康夫
【音楽】岩代太郎

【製作】『空母いぶき』フィルムパートナーズ
【配給】キノフィルムズ  kuboibuki.jp
©かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/『空母いぶき』フィルムパートナーズ




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

大槻ケンヂ、辛酸なめ子、上坂すみれ ら『緊急検証!THE MOVIE 』舞台挨拶付き完成披露上映会


映画情報どっとこむ ralph この度、2012年よりCS放送ファミリー劇場にて不定期で放送されている人気看板オカルト・エンターテインメント番組「緊急検証!」がまさかの映画化。『緊急検証!THE MOVIE ネッシーvsノストラダムスvsユリ・ゲラー』が、2019年1月11日(金)よりユナイテッド・シネマ豊洲ほかにて全国公開となります。

本作の公開を前に、キャストの大槻ケンヂ、辛酸なめ子、吉田悠軌、康芳夫、そして上坂すみれが登壇した舞台挨拶付き完成披露上映会を実施いたしました。

日時:12月6日(木)
場所:ユナイテッド・シネマ豊洲
登壇:大槻ケンヂ、辛酸なめ子、吉田悠軌、康芳夫、上坂すみれ 

映画情報どっとこむ ralph この日のチケットは一瞬で売り切れ。大勢の観客を前にして

大槻さん:『緊急検証!』シリーズはファミリー劇場で数年やっていて。大みそかには『紅白オカルト合戦』というのをやっていたんですが、今回、映画化されるということで驚いております。今日は映画を楽しんでください!

と挨拶。

辛酸さん:人類が滅亡するんじゃないかというノリだったんですが、映画が公開されるということで、地球が平和だということを実感させられます。収録の日は咳ぜんそくになってしまい、苦しくて。映画に咳が入ったらどうしようと心配していましたが、(入っていなくて)良かったです!

と彼女らしいユーモラスなコメントで会場を沸かせる。さらに

吉田さん:今日は携帯が通信障害になったり、都営地下鉄が止まったりして。何者かの巨大な陰謀が上映を阻止しようとしたとしか思えない。でも皆さんのおかげで、上映までこぎつけたという思いです。

と冗談を交えながらも観客に感謝を述べると、

上坂さん:いち視聴者として『オカルト紅白合戦』を楽しみにしているとつぶやいたら、それをスタッフが発見してくれて。オーディオコメンタリーをやらせてくれたり、今回の映画ではナレーションまでやらせていただいた。スタッフの皆さんのフットワークの軽さに驚いております。今回はオカルト三銃士の知られざる姿が見られると思うので、ぜひ大スクリーンで観てもらいたいです!

と付け加えた。

最後に・・・

康さん:50年くらい前に石原元都知事をリーダーに、ネッシー探検隊を結成して。現地(スコットランドのネス湖)に一年くらいいました。だからこの映画の中にわたしが登場すると聞いてビックリしました。2、3日前に完成した映画をDVDで観てみたところ、とてもシリアスな内容に作っていた。ここまでしっかりと作るなら、続編を作ったらいいと思います。

とお墨付きを与えた。

映画情報どっとこむ ralph そして舞台あいさつ終了後は、報道陣に向けた囲み取材を実施。

大槻さん:僕は今日の朝に映画を観たんですけど、朝からクラクラしました!

と語れば、

上坂さん:スタッフさんと一緒に完成した映像を観たんですが、みんなですごく盛り上がったので。応援上映に向いているんじゃないかと思いました。友だちのオカルト仲間と、思い切り声を出して上映会をしたい。映画では、ユリ・ゲラーさんが観客に語りかけるシーンがあって。それはわたしのような平成生まれにはできなかったすごい体験なので、若い方にもぜひ観てもらいたいですね。

と付け加えた。

そして

康さん:いわゆるオカルトとカルト、精神の狂気と正気、カルトと反カルトというように区分けする意味が分からないというのが僕の哲学。僕はネッシーを探検しに行って、オリバー君を招へいしたことがありますが、それはオカルトだとは思っていないです。

と自身のポリシーを語ると、

大槻さん:オリバー君が猿なのか人間なのかという点も、虚と実のボーダーラインがあいまいだというところは共感します。この映画も、そのあたりのグレーゾーンというか、あいまいなところを突いているなと思いますね。この映画なのか何なのか分からないような映画が映画館にかかるということが、ボーダーレスということを、ものの見事に現しているなと思いました!

と感心した様子をみせた。

映画情報どっとこむ ralph 映画『緊急検証!THE MOVIE ネッシーvsノストラダムスvsユリ・ゲラー

は2019年1月11日(金)よりユナイテッド・シネマ豊洲ほかにて全国公開

https://www.fami-geki.com/kinkyu/

***********************************

出演:逸見太郎 大槻ケンヂ 辛酸なめ子 飛鳥昭雄 山口敏太郎 中沢健 吉田悠軌 / ナレーター:奈佐健臣 上坂すみれ
監督:高橋圭
脚本:伊藤のぶゆき
企画プロデュース:服部洋之(ファミリー劇場) プロデューサー:小柳大侍 仲川啓介
2019年/日本/カラー/ステレオ
主題歌:筋肉少女帯「オカルト」(徳間ジャパンコミュニケーションズ)
製作・配給:東北新社
提供:ファミリー劇場
(C)東北新社




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『緊急検証 THE MOVIE』ついに3つのテーマ&特報&公開日解禁


映画情報どっとこむ ralph 2012年よりCS放送ファミリー劇場にて不定期で放送されている人気看板オカルト・エンターテインメント番組「緊急検証!」がまさかの映画化。『緊急検証!THE MOVIE ネッシーvsノストラダムスvsユリ・ゲラー』が2019年1月11日(金)よりユナイテッド・シネマ豊洲、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて公開が発表!

そして、特報も到着!


この度、本作の中で描かれるオカルトのテーマが、ネッシー、ノストラダムス、ユリ・ゲラーという70年代を代表する超有名なオカルトネタの3つであることが分かりました。

そして、人気声優の上坂すみれがナレーターとして本作に参加する。

かつて日本中を熱狂させたオカルトブーム。
しかし、現在では世間からインチキ・オワコン扱いされている。そこで、平成のオカルトシーンを牽引し続けた緊急検証が誇る3人の男たちにオカルトの未来を託し、全人類が見聞きしたことのない最新プレゼンによって“オカルト=オワコン”説を覆すことができるかを劇場版では徹底検証する。

その気になるプレゼンテーマは、70年代を代表するレジェンド・オカルトネタ、未確認生物ネッシー、ノストラダムスの大予言、そしてスプーン曲げで有名なユリ・ゲラーの超能力の3つ。


まさに“オカルト界の未来をかけた聖戦”となる今回のプレゼンテーションを行うのは、雑誌「ムー」などでもおなじみのサイエンス・エンターテイナー飛鳥昭雄、作家でありオカルト研究家の山口敏太郎、そして作家でありUMA研究家の中沢健という通称“オカルト三銃士”の3人。そして世紀の試みに立ち会うのは、タレント・司会者の逸見太郎、ロックミュージシャン・作家の大槻ケンヂ、コラムニスト・漫画家の辛酸なめ子、オカルト研究家の吉田悠軌。そしてナレーションを人気声優の上坂すみれが担当する。


映画情報どっとこむ ralph 全人類が見聞きしたことのない最新プレゼンで、過去を凌駕する衝撃や驚きとともに、日本中をワクワクさせることは出来るのか?公開に先駆け、本作の完成披露上映会が12月6日(木)に行われることも決定した。11月16日(金)24:00よりチケットの発売が開始されます。

詳しくは劇場HPを確認してください!http://www.unitedcinemas.jp/pre_info/?article=62568

映画『緊急検証!THE MOVIE ネッシーvsノストラダムスvsユリ・ゲラー』

は、2019年1月11日(金)より全国ロードショー。

公式HP:
www.fami-geki.com/kinkyu/themovie  
***********************************


出演:逸見太郎 大槻ケンヂ 辛酸なめ子 飛鳥昭雄 山口敏太郎 中沢健 吉田悠軌 / ナレーター:奈佐健臣 上坂すみれ

監督:高橋圭
脚本:伊藤のぶゆき
企画プロデュース:服部洋之(ファミリー劇場)
プロデューサー:小柳大侍 仲川啓介
2019年/日本/カラー/ステレオ/主題歌:筋肉少女帯「オカルト」(徳間ジャパンコミュニケーションズ)
製作・配給:東北新社
提供:ファミリー劇場
(C)東北新社
  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

水木一郎と4DX応援上映だゼーット!『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』 in 豊洲


映画情報どっとこむ ralph 永井豪原作の45年の時を経て復活した『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』。

1月13日に待望の日本公開を迎え、現在大ヒット公開中の本作。
このたび、2月4日(日)に映画上映中に大声を出して叫んだり、ペンライトを振って応援をしたりすることができる、いま話題の応援上映をさらにパワーアップさせた<4DX 大”Z”叫応援上映会 with水木一郎スペシャルイベント>が行われました!

『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』 4DX版 大“Z”叫応援上映会 with水木一郎スペシャルイベント
日時:2月4日(日)
場所:ユナイテッド・シネマ豊洲
登壇:水木一郎、金丸裕(プロデューサー)  

映画情報どっとこむ ralph 上映前に、プロデューサーの金丸裕と一緒に舞台に上がった水木さんは、45年の時を経てスクリーンで”完全復活”を遂げた本作を

水木さん:ほんとに大ヒットでよかったですね!

と、喜びを噛み締める。「応援上映」だけでなく、4D上映の体験もこのイベントが初めてという水木さんは、

ミスきさん:揺れすぎて舌噛んじゃわないかな(笑)

と、会場を沸かせます。

また、「パイルダーオン」や「ロケットパンチ」といった決め台詞や、劇中一緒になって特に盛り上がることができる“Z”叫ポイントについて水木さんは、自身の歌声が流れる「オープニングシーン」を、生歌を披露しながら決め所の「ゼーット!」ポーズをその場で指南。

さらに、マジンガーZが出撃するシーンでは「Zのテーマ」が、劇中では歌声なしのインストゥルメンタル版で流れることから

水木さん:今日の上映ではそこも歌っちゃおうかなあと思ってるんで、一緒に!

と提案すると会場が大いに沸く。

映画情報どっとこむ ralph 本作の「応援上映」では、主人公・兜甲児は赤、ヒロイン・弓さやかはピンクなど、劇中の各キャラクターの服装や特徴を元にそれぞれのキャラクターカラーが決まっており、各登場シーンにあわせて色分けされたカラーの光子力ライト(ペンライト)を振って応援するといった、ならではの楽しみ方が存在。光子力ライトの色替えを実際に行いながら、金丸プロデューサーによるレクチャーを観客と一緒になって受け
水木さん:一番前の席だからおれが色間違えたらバレちゃうね(笑)

とコメント。

金丸Pからは、「応援上映」の楽しみ方だけでなく、「まるでマジンガーZを操縦しているかのような疑似体験や、大迫力のアクションバトルを体全体で体感できる!」といった本作ならではの「4DX」上映の注目ポイントも語られ、「応援上映」に向けたレクチャーもひと通り終わり、上映に向けての気合とボルテージが高まったところで、このイベントのもうひとつの目玉でもある、スペシャルコラボ企画に。今年4月に日本公開を迎える、ハリウッドを代表するロボット映画「パシフィック・リム」の最新作『パシフィック・リム:アップライジング』の特別映像を日本初披露。

日本国内のみならず世界中に多大な影響を与えてきたマジンガーZの影響を色濃く受けている『パシフィック・リム』は、今、最もオスカーに近い男ギレルモ・デル・トロが監督を務めた代表作として知られ、フランスのアヌシーでは、本作の原作者・永井豪先生と念願の対面も果たしています。対談の際にデル・トロは、『パシフィック・リム』の劇中でマジンガーZのロケットパンチをイメージした「エルボーロケット」という技を使っていることを嬉しそうに話していたとのこと。そんな「パシフィック・リム」の新作「パシフィック・リム:アップラインジング」と、その原点とも言える「マジンガーZ」による“日米最強ロボットコラボ”が実現。

映画情報どっとこむ ralph そして!

場内が暗転して、スクリーンに日本初公開の凄まじいロボットアクション、胸高まる新ストーリー、まさにハリウッドスケールのド派手な映像の数々が映し出され、映像が終わると瞬く間に拍手大喝采が飛び交い、場内はさらに熱気を帯びる。

今回が初公開となった特別映像に

金丸P:すごかったですねー。富士山みたいなのもうっすらみえましたね。

と、日本が舞台の最新作と「マジンガーZ」の共通点について述べると、

水木さん:永井先生が生んだマジンガーZが世界中で愛されて、『パシフィック・リム』はじめ、たくさんの話題作に影響を与えていることが、同じ日本人として誇りですし、嬉しいですね。これからも時代を創るクリエイターたちにその世界観が受け継がれていくことでしょう。

とマジンガーZへのリスペクトを感じられる最新映像を前に感慨深げ。

映画情報どっとこむ ralph その後、フォトセッションを終えた水木は、そのまま念願の4DXシートに着席すると

水木さん:これ安全ベルトはないの?(笑)

と、おちゃらけながらお客さんと一緒に初の「応援上映」に参加。
上映がはじまり、冒頭から迫力満載のアクションバトルが繰り広げられると、シートが上下左右に激しく揺れ動きながら、風やライトなどの特殊効果も存分に威力を発揮。4DX初体験の水木はその効果に驚きながらも笑顔を見せ、童心に返った様子でスクリーンに釘付け。まもなくして水木が歌うオープニングテーマ「マジンガーZ INFINITYバージョン」が流れると、客席は一気にMAXボルテージに。そこかしこから「アニキー!」と声援が飛び交い、上映前に水木の要望していた通り赤の光子力ライトが一杯に広がる中で場内大合唱となった。
冒頭からテンション全開で迎えた上映は、金丸のレクチャーの成果もあってか、終始声援が響き渡り、各シーンに合わせた観客のするどいツッコミに笑いが漏れるなど、和やかかつも熱狂的に進んだ。そして待ちに待ったマジンガーZ出撃の時には、水木が先導するように「Zのテーマ」に合わせて合唱が始まり、「パイルダーオン」の掛け声でマジンガーZが起動すると、場内は拍手に包まれた。
並み居る機械獣を相手にマジンガーZが存分に必殺武器を多用し、次々となぎ倒していく終盤のバトルでは、本作ならではのダイナミックバトルを身体で受け止める客席の姿は、まさにマジンガーZに乗り込んで最新のアトラクションを楽しんでいる様子そのもの。水木も「おお!!」「ロケットパンチ!」と“Z”叫しながら大はしゃぎ。

上映を終えて

水木さん:すごいよかった。湧き上がる歓声、誰からともなく飛び交う絶妙な合いの手、シーンにシンクロしたシートの動き、風や振動による臨場感、そして、会場が一体となっての大合唱。こんなにみんなと気持ちをひとつにできるなんて、感動です。あらためて、いい映画だなー…と実感しました。もちろん、映画の核心部ではしっかり感情移入できます。後半では思わず泣いちゃいました。業界の新たな可能性を感じましたね。

と初の4DX、初の応援上映に大満足した様子で劇場を後にしました。

映画情報どっとこむ ralph 劇場版 マジンガーZ / INFINITY
mazinger-z.jp
あれから10年―。新たな運命が人類を待ち受ける。それは神にも悪魔にもなれるー
かつて悪の科学者Dr.ヘル率いる地下帝国によって滅亡の危機に瀕した人類は、兜甲児が操るスーパーロボット・マジンガーZや光子力研究所の仲間の手によって、悪の野望を阻止し、平和を取り戻した。

あれから10年-。パイロットを離れ、祖父や父のように科学者の道を歩み始めた兜甲児は富士山の地中深く埋まった超巨大構造物と謎の生命反応に遭遇する-。そして、時を同じくして現れる機械獣や宿敵Dr.ヘル。新たな出会い、新たな脅威、そして新たな運命が人類を待ち受ける。かつてのヒーロー・兜甲児の下す未来への決断とは。

再び人類の未来を託されたマジンガーZと人々の激闘を描く、壮大なアクション巨編!

***********************************

森久保祥太郎 茅野愛衣
上坂すみれ 関 俊彦 小清水亜美 花江夏樹 高木 渉 山口勝平 菊池正美
森田順平 島田 敏 塩屋浩三 田所あずさ 伊藤美来 朴璐美 藤原啓治 石塚運昇 
石丸博也 松島みのり /おかずクラブ(オカリナ・ゆいP)/ 宮迫博之

原作:永井 豪
監督:志水淳児
脚本:小沢高広(うめ) キャラクターデザイン:飯島弘也 メカニックデザイン:柳瀬敬之 美術監督:氏家 誠(GREEN)
CGディレクター:中沢大樹 井野元英二(オレンジ)  助監督:なかの★陽 川崎弘二 音楽:渡辺俊幸
オープニングテーマ「マジンガーZ」水木一郎
エンディングテーマ「The Last Letter」吉川晃司
アニメーション制作:東映アニメーション
配給:東映
©永井豪/ダイナミック企画・MZ製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

松本勝監督 堺三保、麻宮騎亜がマニアックに語った! 『スターシップ・トゥルーパーズ』ジャパンプレミアム


映画情報どっとこむ ralph 昆虫型生命体“バグ”と人類の戦争をポール・バーホーベン監督が描いた90年代を代表するSF映画傑作『スターシップ・トゥルーパーズ』。今だ根強いファンに支持されているこの作品の公開20周年を記念して製作されたシリーズ第5作目となる劇場版長編フルCGアニメーション映画『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』の日本公開が、いよいよ来週2月10日(土)に迫りました。

この度、2月3日(土)に新宿ピカデリーにてジャパンプレミアムオールナイトを開催。

松本勝監督と本作の世界観監修を務めた堺三保さん、漫画家の麻宮騎亜さん、そしてMCに声優の白石稔さんが登壇し、トークセッションを行いました。

日程:2月3日(土)ジャパンプレミアム オールナイト 上映前トークイベント
場所:新宿ピカデリー
登壇:松本勝監督
スペシャルゲスト:堺三保、麻宮騎亜
MC:白石稔

映画情報どっとこむ ralph MCの白石さんが荒牧監督が急きょ欠席となった理由を
白石さん:1作目からの大ファンなんです。そんな話をしていましたら、いつの間にか司会をすることになってまして嬉しいです。本日お越しの皆様は選び抜かれた愚連隊の皆様でございます!しかし荒牧監督は、インフルという名のバグと戦っている、そしてこちらから援軍を送れないので今日は自宅待機となってます!

と会場を沸かせた。

第1作目の『スターシップ・トゥルーパーズ』が18年ぶりに劇場で上映されることと、第1作目でジョニー・リコを演じたキャスパー・ヴァン・ディーンが声優を務めた字幕版が本日のみの上映という事で、往年のファンや最新作に期待するお客様が深夜開催のオールナイト上映にも拘らず多数来場。

日本公開初日まであと1週間となった本日、本作の松本勝監督、スペシャルゲストとして世界観監修を務めた堺三保さん、漫画家の麻宮騎亜さんが登場すると、会場は大きな拍手に包まれました。
松本監督:本日は寒い中ありがとうございます。共同監督を務めた松本です。僕が業界に入って1、2年目で『スターシップトゥルーパーズ』の1作目が公開されて印象に残っている作品でした。前作含めこの作品に関われてよかったです。よろしくお願いします。

と挨拶。続いて漫画家の麻宮さんは

麻宮さん:なぜここにいるか?というといちSFファンだという事だけです。けして外でやっている宇宙●●では・・・

と言いかけると、司会の白石さんに

白石さん:やめましょう!!それ発進するやつですよね!

と突っ込まれながらも、
麻宮さん:僕らの世代は、原作のハイラインの『宇宙の戦士』が大好きで、スタジオぬえさんが描いたパワードスーツに学生時代興奮を味わった一人ですが、1作目が公開されたときパワードスーツが出てなくってがっくりしました。パワードスーツは残念でしたが、ロジャーヤングという宇宙船に心奪われ、アイコンズの発売にならなかったロジャーヤングのプラモデルを手に入れたんですよ、そうゆう男です。

と自己紹介しつつ『スターシップ・トゥルーパーズ』への熱き思い出を語った。そして『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』の世界観監修を務めた堺さんは開口一番

堺さん:補充兵です!僕一応関係しているんですよ。

と自分自身でフォロー、
堺さん:「『インベイジョン』でもそうだったんですが、いつも荒牧さんがSFをやるときに電話で呼び出されて、アイデア出してといわれるんです。個人的には麻宮さんと同じくスタジオぬえの加藤さん、宮竹さんのパワードスーツ大好きなんですが、荒牧さんならではのパワードスーツになるとどうなるかと思いましたが、すごくいいものになってたのでうれしかったです。

と挨拶した。


映画情報どっとこむ ralph MC白石さんより前作の『インベイジョン』と今作でのパワードスーツの違いはと問われ

松本監督:前作でできなかったことを今作でやっています。荒牧さんが原作『宇宙の戦士』をリスペクトしているの話をする中でわかっていたので、その原作の中に、バックパックがあってブーストで飛び跳ねる、という表現があります。それを入れたいということで、ギミックを今作で入れさせてもらいました。ただ、前作はそこにヘルメットを入れたんですが、今作はジェットパックがあるので、ヘルメットは一体どこに入るんだろうと思っています(笑)。

とパワードスーツの謎を話していると、

堺さん:荒牧メカなので、変形しますよ!

突っ込む場面も。


麻宮さん:1作目はバーホーベン監督という事もあり、パワードスーツに期待して観に行ったら、出てこなくてがっかりだったんですよ。どうも日本のアニメで散々出ているのでもういいやということみたいで。

と当時を振り返ると、

堺さん:ベースそこなの?脚本のニューマイヤーに真意を聞いてみたい!

とマニアならでは興味津々。

麻宮さん:パワードスーツが出てこなくてがっかりだったんですが、ロジャー・ヤングという宇宙船がかっこよくて、しかもシリーズずっとあの形ですよね。

と嬉々として麻宮さんが語ると、

松本監督:『レッドプラネット』を制作するにあたりロサンゼルスでエド・ニューマイヤーと荒牧監督と僕で脚本の打ち合わせの時のニューマイヤーさんの話ですが、あのデザインは僕が描いたんだと言っていました。裏どりしてないので本当かどうかわかりませんが(笑)

披露し会場を沸かせていた。

映画情報どっとこむ ralph 司会の白石さんからシリーズに欠かせない人類の天敵!ウォーリアー・バグ!について

堺さん:外にバグのようなそんな虫いねーよと思うんですけど、シリーズを重ねても毎回どんなバグが出るのか楽しみです。

続いて

麻宮さん:やっぱり甲殻系のエイリアンって嫌じゃない?『ロストインスペース』もうじゃーって出てきてたし、他の作品でも大きいサイズの甲殻系のエイリアン出てきてたし。硬そうだし、アーマーつけても、あの硬さで来られたらひとたまりもなさそう。でも『スターシップ・トゥルーパーズ』のファンの方々は甲殻がぶしゅーっと破れる時に快感を得るんでしょうね。

と語った。

松本監督:前作は部隊が戦艦の中、密閉空間だったので、宇宙船の中を歩けるようにバグを少し小さくしています。今回は、広い空間でのバグを見たいよねという話しだったので、大きさを1作目の映画版ぐらいまで戻して、プロポーションも変わっています。大きいものというだけで、絶望感みたいなものが出せるからです。動きに関しては、人を襲う時にこう行きたい(頭から行く感じの動作)んですけど。立ってる時を襲う時頭からだとそのあとが難しいので、横からになります。少しかわいくなる感じです。1作目もそうなっています。

と語った。


最後に・・・

松本監督:今日は1作目に出ていたキャスパー・ヴァン・ディーンとディナ・メイヤーのオリジナルメンバーが声優を担当した字幕版の上映ですが、2月10日からは吹替え版で上映します。よいものが出来上がったと思うので、吹替え版も是非見てください。

と力強く語った。

映画情報どっとこむ ralph はぐれ小隊VSバグVS連邦軍、火星を制するのは誰だ!

舞台は地球の植民惑星となった火星。戦争とは無縁のこの星で、歴戦の猛者リコは“はぐれ小隊”と呼ばれる落ちこぼれ新兵の訓練に当たっていた。だが、平和であるはずの火星に、突如バグの群れが出現する。背後には、地球の総司令官の陰謀が潜んでいた。戦士の自我を取り戻すため、そして火星を守るため、リコははぐれ小隊を率いて立ち上がる。先に待つのは救済か、地獄か――!?
『スターシップ・トゥルーパーズ』
2.10(sat.) 2週間限定全国ロードショー[吹替版のみ]

公式HP:
http://sst-mars.jp/

公式twitter:
@sst_mars


***********************************

小山力也/上坂すみれ/小野賢章/喜多村英梨/内田彩/寺島惇太/=LOVE

原題:STARSHIP TROOPERS: TRAITOR OF MARS/邦題:スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット/監督:荒牧伸志 松本勝/脚本:エド・ニューマイヤー/プロデュース:ジョセフ・チョウ

エグゼクティブ・プロデューサー:キャスパー・ヴァン・ディーン エド・ニューマイヤー 鎌形英一/プロデューサー:西 雅太郎 橋本トミサブロウ/音楽:高橋哲也/制作:SOLA DIGITAL ARTS

企画・製作:Lucent Pictures Entertainment Sony Pictures Worldwide Acquisitions/配給:KADOKAWA

© 2017 Sony Pictures Worldwide Acquisitions Inc., All Rights Reserved.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

第二弾入場者プレゼントが泣ける!『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』ビジュアル解禁


映画情報どっとこむ ralph 永井豪のスーパープロジェクト。
45年の時を経て復活した『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』。

大ヒット公開中!初日舞台挨拶や絶叫応援上映会など大盛り上がり!

そして!このたび<第二弾入場者プレゼント>の配布決定しました!


それは・・・

マジンガーが!!!!!!!なビジュアル。
気になる第二弾入場者プレゼントは、公開後に多く見受けられた「泣いた」という鑑賞者の声をもとに、戦いで傷つきボロボロになったマジンガーZの姿をエモーショナルに描き出した特製A4クリアファイル。

大ヒットの感謝の気持ちを込めて、本作上映の全国の劇場にて、27日(土)よりプレゼント配布を予定しています。
※数に限りがあるため、なくなり次第配布終了となります。

映画情報どっとこむ ralph ロボットアニメが熱い男たちが主人公だった時代。

超合金が買いたかった世代も!
今のロボ好きも!是非!

『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』

mazinger-z.jp

大ヒット公開中だゼーット!


物語・・・

あれから10年―。新たな運命が人類を待ち受ける。それは神にも悪魔にもなれるー

かつて悪の科学者Dr.ヘル率いる地下帝国によって滅亡の危機に瀕した人類は、兜甲児が操るスーパーロボット・マジンガーZや光子力研究所の仲間の手によって、悪の野望を阻止し、平和を取り戻した。
あれから10年-。パイロットを離れ、祖父や父のように科学者の道を歩み始めた兜甲児は富士山の地中深く埋まった超巨大構造物と謎の生命反応に遭遇する-。そして、時を同じくして現れる機械獣や宿敵Dr.ヘル。新たな出会い、新たな脅威、そして新たな運命が人類を待ち受ける。かつてのヒーロー・兜甲児の下す未来への決断とは。
再び人類の未来を託されたマジンガーZと人々の激闘を描く、壮大なアクション巨編!

***********************************

森久保祥太郎 茅野愛衣
上坂すみれ 関 俊彦 小清水亜美 花江夏樹 高木 渉 山口勝平 菊池正美
森田順平 島田 敏 塩屋浩三 田所あずさ 伊藤美来 朴璐美 藤原啓治 石塚運昇 
石丸博也 松島みのり /おかずクラブ(オカリナ・ゆいP)/ 宮迫博之

原作:永井 豪 監督:志水淳児
脚本:小沢高広(うめ)
キャラクターデザイン:飯島弘也
メカニックデザイン:柳瀬敬之 美術監督:氏家 誠(GREEN)
CGディレクター:中沢大樹 井野元英二(オレンジ)  
助監督:なかの★陽 川崎弘二 
音楽:渡辺俊幸
オープニングテーマ「マジンガーZ」水木一郎
エンディングテーマ「The Last Letter」吉川晃司
アニメーション制作:東映アニメーション
配給:東映
©永井豪/ダイナミック企画・MZ製作委員会

    
 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ