「三浦雄一郎」タグアーカイブ

三浦雄一郎 x 大場美和 登壇 『クレイジー・フォー・マウンテン』トークショー付き特別試写会


映画情報どっとこむ ralph 世界の名峰に挑む登山家・アスリート達を迫った壮大なドキュメンタリー『クレイジー・フォー・マウンテン』が7/21(土)より新宿武蔵野館・シネクイントほか全国順次公開。

その公開を記念して・・・・

世界最年長エベレスト登頂記録を持つ冒険家でプロスキーヤーの三浦雄一郎さん(85歳)と世界で活躍するプロクライマーの大場美和さん(20歳)をゲストトークイベント付き特別試写会が行われました!


映画『クレイジー・フォー・マウンテン』イベント試写会
日時:7月10日
場所:神楽座
登壇:三浦雄一郎(プロスキーヤー/冒険家)、大場美和(プロクライマー)

映画情報どっとこむ ralph 大きな拍手で迎えられる中、現在85歳で世界最年長エベレスト登頂記録を持つ三浦さんと美しすぎるプロクライマーとしてテレビやCMを含め、世界で活躍する大場さんが挨拶し、イベントはスタート。

5大陸の難関峰への登頂をはじめ、山を舞台とした様々なエクストリーム・スポーツに挑む登山家・アスリート達を映し出している本作。長年スキーや登山の世界で活躍する三浦さんは、とくに印象に残ったシーンを聞かれ

三浦さん:やっぱりエベレスト!エベレストは歩いて宇宙に近づいている感覚が味わえます。

と自身にとっても特別な場所であることを明かした。

一方、9歳からスポーツクライミングを始め、現在は自然の岩を登っている大場さんは

大場さん:アスリートたちによる命がけでしか得られない体験がスクリーンを通して観客も味わえる贅沢な映画ですね。

と本作を絶賛!!それを受け

三浦さん:小さな画面で観るのはもったいない映画。大きなスクリーンと素晴らしいサウンドを味わうために公開したら真っ先に劇場へ行こうと思いました。

と付け加えた。

映画情報どっとこむ ralph 本作が投げかける「人は何故山に登るのか」という問いについて、

三浦さん:自分に対する好奇心ですね。

大場さん:限界に挑戦することが面白いから。死と隣り合わせなこともあるが嫌ならやらなきゃいい!

と笑顔。

本作を手がけたジェニファー・ピードン監督は登山家であり、山岳ドキュメンタリー監督としてはとてもめずらしい女性監督。

音楽の使い方や映像にも女性ならではの目線が映し出されているのも印象的な作品になっていることに、大場さんもプロクライマーとして

大場さん:実際に登る時は、指の場所が数ミリ違ったり足の向きを間違うだけで登れるところが登れなかったりするんです。

と実は繊細に考えながらクライミングしているそうで

大場さん:気持ちを落ち着けるのに音楽を聴いたりもします。

と話した。
映画情報どっとこむ ralph 本日7月10日は実は“富士山の山開き”。一般の方に向けて

大場さん:自然を絶対に傷つけないで!

三浦さん:想定外のこともあるのが山。ことわざの“年寄り半日仕事”をモットーにしたことでエベレストにも登れた。余裕を持ちゆっくり挑みましょう。

とメッセージ送り、イベントを締めくくりました。


映画『クレイジー・フォー・マウンテン

は7月21日(土)より新宿武蔵野館・シネクイント他全国順次公開です。

公式サイト:
http://crazy4mountain.com



***********************************

製作・監督:ジェニファー・ピードン
音楽:リチャード・トネッティ
撮影:レナン・オズターク ナレーション:ウィレム・デフォー
後援:オーストラリア大使館 
協力:The North Face
配給:アンプラグド 
2017年/オーストラリア/英語/74分/カラー/5.1ch/シネスコ    
©2017 Stranger Than Fiction Films Pty Ltd and Australian Chamber Orchestra Pty Ltd
      


三浦雄一郎と豪太が『ヒマラヤ~地上8,000メートルの絆~』を語った!


映画情報どっとこむ TJ 山岳史上最も壮絶な挑戦を行った伝説の登山家オム・ホンギルと仲間たちの軌跡を描いた映画『ヒマラヤ~地上8,000メートルの絆~』が7月30日(土)より全国順次ロードショーとなります。

公開に先駆け、特別先行上映が実施され、冒険家の三浦雄一郎氏と三浦豪太氏を迎えたトークイベントが行われました。

さらに今年から8月11日に制定された「山の日」を応援するキャラクター“ヤーマン”も登場しました。
ヒマラヤイベント
映画『ヒマラヤ』三浦雄一郎・豪太親子トークイベント
日時:7月4日(月)
場所:シネマート新宿
登壇:三浦雄一郎(83)、三浦豪太(46)、ヤーマン

映画情報どっとこむ TJ いち早く本作を観賞した雄一郎氏は最近立て続けに公開されたエベレスト映画の素晴らしさにも触れつつ、本作については

雄一郎さん:別次元の素晴らしいヒューマンドラマ。普通、山映画はストイックで厳しい、辛い、命懸けだけど、映画前半はユーモアがあって青春ドラマから始まる。さらにドラマでなければ表現できない滑落シーンや雪崩のシーンも、ドラマのおかげでなおさら臨場感があった。

と絶賛。

豪太さん:最初はヒマラヤ映画が続くな~と思って観ていた。だんだんと映画に引きこまれました。実際に呼吸の仕方やトランシーバーでそのまましゃべれない感じが本当に登って撮ってるのではと錯覚させるくらい、リアリティに溢れていた。オム・ホンギルさんと山で実際によく会いますが、劇中で一生懸命スポンサー集めをしている姿を見て、どこの遠征隊も同じ苦労をしながら山に登るんだなと思いました。

さらに雄一郎さん同様に、映画のドラマ部分に感動したそうで

豪太さん:山を通じての仲間の絆が深まって、山の良さと人の好さが良く出ている映画でした。

と語りました。

映画情報どっとこむ TJ 映画はアジア初ヒマラヤ8,000メートル級高峰14座の登頂に成功した、実在の登山家オム・ホンギル率いる“ヒューマン遠征隊”がエベレストで死んだ仲間の亡骸を探すために行った過酷な遠征を映画化した実話。映画のテーマについて

豪太さん:登るだけでも大変ですが、そこから遺体を回収するのは、とてつもないこと。絆が強いというのは苦しいことでもあります。

ヒマラヤ~地上8,000メートルの絆~と力説。最後に

豪太さん:山に登りたい気持ちにさせてくれる映画です。怖がらずに観てください。

雄一郎さん:単なる山の映画を超えた、素晴らしいヒューマンドキュメンタリーです。最上級の映画館で2度3度、僕も見たいと思います。

と本作の良さをアピールしトークイベントは終了したのでした。

映画『ヒマラヤ~地上8,000メートルの絆~』

は、7月30日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、シネマート新宿ほか全国順次ロードショーです。

公式HP:himalayas-movie.jp

***********************************

監督:イ・ソクフン『パイレーツ』
出演:ファン・ジョンミン『国際市場で逢いましょう』、チョンウ「応答せよ1994」

2015年/韓国映画/124分/配給:CJ Entertainment Japan
(c)2015 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved.


実話ならではの感動『ヒマラヤ~地上8,000メートルの絆~』著名人コメント!


映画情報どっとこむ TJ 山岳史上最も壮絶な挑戦を行った伝説の登山家オム・ホンギルと仲間たちの軌跡を描いた『ヒマラヤ~地上8,000メートルの絆~』がいよいよ7月30日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、シネマート新宿ほか全国にて公開されます。
『ヒマラヤ』ポスター
アジア初ヒマラヤ8,000メートル級高峰14座の登頂に成功した、実在の登山家オム・ホンギル率いる“ヒューマン遠征隊”はエベレストで死んだ仲間の亡骸を探すため、記録には残らない過酷な遠征を行った。それは、誰一人として試みなかった、名誉も栄光もない挑戦。山の上では一つになり、山の下では家族であった仲間たちが命をかけたのは、繋ぎ続けたかった友との“絆”だった。彼らの死線を越えた友情が与えてくれる本物の感動。命を賭した熱き77日間の真実がいま語られる・・

実話だからこそ描けた感動。
この無謀な挑戦の裏にある仲間との絆、友情に多くの著名人が絶賛コメントが続々と到着です!

映画情報どっとこむ TJ 〇人間味溢れた素晴らしい山岳映画。
人としての温かみとユーモアが山へ挑む男たちの本当の強さと優しさを知らしめてくれる。
命懸けの絆が描かれた素晴らしい山岳映画だ。感動した。
【三浦雄一郎 プロスキーヤー・冒険家】

〇登山家がなぜ命を賭してまで山に登るのか。ヒマラヤ最高峰という極限の領域へ、前代未聞の戦いを挑む主人公たちの姿に、その真の答えを垣間見た気がする。現代社会が失いかけた大切な何かがそこにあったのだ。
【蓮池 薫 新潟産業大学経済学部 准教授】

〇この険しい旅路を支えたのは強い思いであり、その思いに山が応えてくれたと思えてならない。そこにこそ、登山家たちが織りなす命の絆の物語が紡ぎ出され、心を揺さぶられた。
【田部井淳子 登山家】

〇「オムさん、最高の山岳映画だね!」彼の,不撓不屈の心意気を是非感じてください。
【小西浩文 無酸素登山家】

〇寒さや息苦しさまでが伝わってくるような臨場感でした!
極限の環境を共に闘ったからこそ生まれた絆に、とても感動しました!
【中山エミリ 「登る女」2代目ナビゲーター・タレント】

〇迫りくる雪崩、凍てつく吹雪。常に死と隣り合わせという圧倒的な臨場感に何度も息を飲み、手に汗握りました。自分の名誉の為ではなく、仲間の為にここまでできる彼らにひたすら感嘆し、胸が熱くなります…!
【村井美樹 女優・タレント】

〇ただ仲間のために。その友情と狂気、そして美しい映像に圧倒されました。
【鈴木ともこ 漫画家・エッセイスト】

〇仲間の亡骸を山に放置できない。
その気持ちにも共感するが、同時に他の隊員を危険に晒すことが正しいことなのかも考えさせられるリアルな心理描写。山仲間の絆の重さを痛感!登ったら下りる。心に残るセリフです。
【角谷道弘 UIAGM国際山岳ガイド】

〇何人もの登山家が山に命を捧げ、亡き今も登り続けている。しかし、山は登ったら下りるまでが登山。死して登り続ける仲間を迎えに行く捜索隊の絆に胸打たれました。
【田中陽希 アドベンチャーレーサー 】

〇韓国山岳界を象徴する山仲間の「絆」を伝える感動の映画。私も多くの山仲間を登山事故で失いましたが、命をかけて登山をする意味を考えさせられます。この映画の主人公も過酷な経験を経て、本当に大切なことは何かにたどり着いたのでしょう。
【辰野勇 冒険家・モンベル創業者】

(順不同・敬称略)

映画情報どっとこむ TJ 7月4日(月)三浦雄一郎氏と三浦豪太氏トークショー付き特別先行上映会の実施決定!!
今年から8月11日は山と自然を愛するすべての人のための祝日「山の日」と制定された記念すべき年です。『ヒマラヤ~地上8,000メートルの絆~』も「山の日」を盛り上げるため7月30日の公開に先立ち特別上映行うことが決定!ゲストに日本が誇るプロスキーヤーであり冒険家の三浦雄一郎氏と、オリンピックにも出場し雄一郎氏と共にエベレストに登頂、日本人初の親子同時登頂記録を達成した三浦豪太氏を迎えエベレストや、親子の絆、友情などお話しいただきます。「山の日」を応援するキャラクター“ヤーマン”も登場しトークショーを盛り上げます。

詳しくは公式HP:
http://himalayas-movie.jp /まで

映画情報どっとこむ TJ 命懸けで”家族の元へ返す”という約束を果たそうとする仲間の物語・・・
ヒマラヤ~地上8,000メートルの絆~
登山家オム・ホンギル(ファン・ジョンミン)は引退後、ヒマラヤ4座を共に登頂した最愛の後輩ムテク(チョンウ)が悪天候のため、下山中に遭難死したことを知る。

そこは人間が存在できない“デスゾーン”エベレスト地上8,750メートルの地。誰もが遺体回収を諦める中、ホンギルは数々の偉業を成し遂げたかつての仲間たちを集め“ヒューマン遠征隊”を結成。

エベレスト山頂付近の氷壁に眠る仲間のため、山岳史上最も危険で困難な登攀に挑む。“必ず迎えに行く”友との最後の約束を果たすために-

ヒマラヤ~地上8,000メートルの絆~

原題:히말라야

先日行われた本作の主人公で登山家 オム・ホンギルさんと野口健さんの対談イベントの模様はこちら 
ヒマラヤ オム・ホンギルx野口健 対談

***********************************

監督:イ・ソクフン『パイレーツ』
出演:ファン・ジョンミン『国際市場で逢いましょう』、チョンウ「応答せよ1994」、チョ・ソンハ『サスペクト 哀しき容疑者』、キム・イングォン『王になった男』、チョン・ユミ『トガニ 幼き瞳の告発』

2015年/韓国映画/124分/シネスコ/カラー/5.1chデジタル
日本語字幕:小寺由香

配給:CJ Entertainment Japan
宣伝協力:木村和也
協力:大韓航空/後援:全国山の日協議会
(c)2015 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved.