「三浦貴大」タグアーカイブ

神田沙也加が魔法少女に!『3D 彼女 リアルガール』新​キャスト情報が解禁


映画情報どっとこむ ralph 那波マオ先生原作『3D 彼女 リアルガール』(全12巻)がついに主演:中条あやみ × 共演:佐野勇斗​ × 英勉監督で実写映画化!

4月からは、日本テレビ AnichU 枠ほかにてアニメ放送がスタートすることも決定し、ますます注目が高まっています!

主人公の派手でツンツンしていて男グセの悪いリア充完璧超絶美少女・五十嵐色葉を演じるのは中条あやみ。

そして、リア充とは程遠く、アニメやゲームのバーチャルの世界に没頭するオタク高校生“つっつん”こと筒井光を演じるのは佐野勇斗(はやと)。

メガホンをとるのは映画『ヒロイン失格』『未成年だけどコドモじゃない』などで若者の心を掴んで離さない、英勉。映画『ヒロイン失格』のスタッフが再集結し、パワーアッ プしたラブコメがスクリーンに帰ってきます!

そして!​新​キャスト情報が解禁です!


映画情報どっとこむ ralph オタク高校生・筒井(佐野勇斗)が愛してやまない本作オリジナルのアニメキャラクター『魔法少女 えぞみち』の声優に、神田沙也加さんに決定なんです!

えぞみちは、“二次元にしか興味が無い”筒井にとって、心の支えとも言える重要なキャラクター。

「~~べさ」という北海道弁を彷彿とさせる(?)語尾が特徴的な魔法少女で、筒井の部屋にはえぞみちのフィギュアやポスターがずらりと飾られているという設定。色葉と筒井が二人で『魔法少女 えぞみち』を鑑賞する他、本作の重要なシーンで度々登場するという役どころです。


これまで映画『アナと雪の女王』など数々の人気アニメーション作品で声優を務めてきた神田さんですが、今回は実写映画で劇中アニメキャラクターの声を演じるという異色の試み。今回の出演について

神田さん;オファーを頂いて、すごく嬉しかったです。実際に原作も読ませて頂きましたが、『実写にしたらすごく新しい試みなんじゃないかな』と思って、アフレコをすごく楽しみにしています。えぞみちも可愛くて、ファンになりました!まず、ツインテールという時点で、私の中でかなりポイントが高いです!えぞみちとして、二人の恋路をからかいつつ見守れたら良いなと思います。

と期待感高まるコメントを寄せています。なんと今回の声優出演は、英勉監督からの熱烈なラブコールによって実現し、オファーにあたっては神田さんに手紙を送ったそうです。

映画情報どっとこむ ralph また、二次元にしか興味が無い息子の将来を心配し騒々しく見守る筒井の家族に、映画『ヒロイン失格』での味のある演技が記憶に新しい、竹内力さん(父)&濱田マリさん(母)&荒木飛羽さん(弟)が決定。

映画『ヒロイン失格』チームが再び贈るラブコメに、個性的すぎる一家が彩りを添えます!

さらに物語の重要な鍵を握る色葉の主治医・間淵慎吾役に三浦貴大さんの出演が決定しています。


映画『3D彼女 リアルガール

2018年・秋、全国ロードショー

公式 HP:3dkanojomovie.jp
公式 Twitter:3Dkanojomovie

チームが再び贈る 3次元リアル美少女×恋愛経験ゼロの2次元オタク男子による大純愛スペクタクル!

あらすじ・・・
“つっつん”こと筒井光は、リア充とは程遠く、アニメやゲームのバーチャルな世界を愛する高校生。

オタク仲間の伊東と、愛するアニメのヒロイン・魔法少女えぞみちのおかげでこれまで何とか生きてきた。 ある日、プール掃除を一緒にやるハメになった、 派手でツンツンしていて男グセの悪いリア充完璧超絶美少女・五十嵐色葉から突然の告白!

18年間バーチャルの世界に居場所を求め、リアルなコミュニケーションを避けてきたつっつんと、 色葉の恋の行方とその先に待ち受ける衝撃の展開から目が離せない!

3次元リアル美少女×2次元オタク男子による、 笑って泣いてキュンとする「美女とオタク」のラブストーリー誕生!!

キャスト/役名
中条あやみ/五十嵐色葉(いがらし いろは)
佐野勇斗/筒井 光(つつい ひかり)
※佐野勇斗さんのお名前の読みは「はやと」さんです※
神田沙也加/えぞみち
竹内 力/筒井 充(つつい みつる)
濱田マリ/筒井紀江(つつい きえ)
三浦貴大/間淵慎吾(まぶち しんご)
荒木飛羽/筒井 薫(つつい かおる)
※荒木飛羽さんのお名前の読みは「とわ」さんです※

***********************************

中条あやみ 佐野勇斗 清水尋也 恒松祐里 上白石萌歌 ゆうたろう 三浦貴大 / 神田沙也加(声の出演) 濱田マリ 竹内 力

原作:那波マオ 『3D彼女 リアルガール』(講談社「KC デザート」刊) 累計120万部突破!デジタル版が驚異的な売り上げ伸長率で話題沸騰! 映画化を記念して、新装版全12巻 2017 年8月10日より刊行開始!!
監督:英勉
配給:ワーナー・ブラザース
ⓒ2018 映画「3D彼女 リアルガール」製作委員会 ⓒ那波マオ/講談社


朝倉あき主演『四月の永い夢』初日決定!ポスタービジュアルと予告解禁


映画情報どっとこむ ralph 2017年6月に開催されたモスクワ国際映画祭において国際映画批評家連盟賞とロシア映画批評家連盟特別表彰ダブル受賞の快挙を果たし、「詩的な言葉の表現と穏やかな映像を通して人生の大事なエッセンスを伝えているプライスレスな作品」と評価された。そして台北映画祭にも正式出品された映画『四月の永い夢』が、5月12日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開することが決定!

さらにこの度日本公開のための新しいポスタービジュアルと予告編映像があわせて解禁となりました!


主演の初海役を務めるのは『かぐや姫の物語』(声)、最近では大河ドラマ「おんな城主直虎」にも出演している朝倉あき。初海の心の光と影をその透明感あるたたずまいでみずみずしく演じている。


初海に恋する朴訥で誠実な青年・志熊を体現するのは、映画・TVで活躍する三浦貴大。

脇を固める高橋由美子、森次晃嗣、志賀廣太郎、高橋惠子ら実力派俳優陣と演劇団体「マームとジプシー」で活躍する川崎ゆり子。モデルとして活躍する青柳文子のらも新鮮。
平成という時代が過ぎ去ろうとする今、本作は、物質的豊かさをゴールとしない丁寧で誠実な日常が生みだす幸せと希望を、どこか“昭和的”なノスタルジーと共に伝えてくれる。

監督・脚本は平成2年生まれの若き才能・中川龍太郎。
17歳で詩人デビューを果たし、その後独学で映画を学ぶ。

高く評価された前作『走れ、絶望に追いつかれない速さで』に続いて自身の実体験を踏まえながら、前作の鋭い感性とはまた異なる優しいまなざしで、初海の心の旅を描き出す。

映画情報どっとこむ ralph 予告編では主人公の初海の日常がどのように変化していくのかをさらに描き、物語のロケ地となった、『おおかみこどもの雨と雪』の舞台となったともされる国立、立川、富山県朝日町等の日本の美しい風景も紹介されている。



映画『四月の永い夢

5月12日(土) 新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー

公式サイト:
http://tokyonewcinema.com/works/summer-blooms/

亡き恋人から届いた手紙――止まったままの私の「時」が動き出す

3年前に恋人を亡くした27歳の滝本初海。音楽教師を辞めたままの穏やかな日常は、亡くなった彼からの手紙をきっかけに動き出す。元教え子との遭遇、染物工場で働く青年からの思いがけない告白。そして心の奥の小さな秘密。

喪失感から緩やかに解放されていく初海の日々が紡がれる。


***********************************

出演:朝倉あき 三浦貴大
川崎ゆり子 高橋由美子 青柳文子 森次晃嗣 / 志賀廣太郎 高橋惠子
監督・脚本:中川龍太郎『走れ、絶望に追いつかれない速さで』
製作総指揮:石川俊一郎/木ノ内輝 チーフプロデューサー:和田丈嗣 プロデューサー:藤村駿
撮影監督:平野礼 照明:稲葉俊充 編集:丹羽真結子
録音:伊豆田廉明 メイク・衣装:タカダヒカル ラインプロデューサー:佐藤宏 音楽:加藤久貴 挿入歌:赤い靴「書を持ち僕は旅に出る」

2017 / 日本 / カラー / 93分 / HD 16:9 /5.1ch デジタル
製作:WIT STUDIO 制作:Tokyo New Cinema 
配給:ギャガ・プラス
©WIT STUDIO / Tokyo New Cinema


中川龍太郎監督『四月の永い夢』日本凱旋上映プロジェクト クラウドファンディング開始!


映画情報どっとこむ ralph クラウドファンディングプラットフォーム・MotionGalleryにて、『愛の小さな歴史』、『走れ、絶望に追いつかれない速さで』の中川龍太郎監督最新作『四月の永い夢』の劇場公開を応援するクラウドファンディングが開始しました。
《第39回モスクワ国際映画祭 受賞》中川龍太郎監督『四月の永い夢』日本凱 旋上映プロジェクト!!
motion-galleryサイト:サイト
期間:~11月9日(木)23:59まで

本作は、第39回モスクワ国際映画祭にて「国際映画批評家連盟賞」と「ロシア映画批評連盟特別表彰」をダブル受賞し、各国メディアから高い評価を受けたヒューマンドラマです。

朝倉あきさん演じる、恋人を失った女性のひと夏を描いた物語です。

「喪失を単なる哀しみとして描くのではなく、失うことで得られる豊かさを描けないか」

という想いで制作された映画『四月の永い夢』。

三浦貴大さん、川崎ゆり子さん、高橋惠子さんが出演しています。

映画情報どっとこむ ralph 中川龍太郎監督からのメッセージ

今、あらゆるものがより手軽に触れられる時代の中にあって、映画というメディアは、必ずしも「気軽な」娯楽ではなくなりつつあると感じています。
それでも、街の片隅に暗闇と沈黙を共有する場があり、そこで一つの映画という光を大勢で観ることには、こういう時代だからこその意義があると僕は信じています。
これまでの作品もまた、クラウドファンディングでのご支援をもとに、東京以外の場所に暮らす多くの方と分かち合うことができました。
その経験は、若い制作者である自分たちにとって無形の財産になると同時に、今後も決して容易とはいえない作家性のある映画制作を継続する上での、何よりもの励みになっております。
ご支援の輪を、ご友人やご家族の方々にも広げてもらうことができましたら、それは本当に自分たち、若い映画制作者にとって大きな励みになります。
また、自分たちは、映画を撮っていく新しい仲間をいつだって探しています。ご興味を持ってくださる方がおりましたら、いつでもご連絡お待ちしております。映画は多くのセクションによる共同制作によってできあがるものです。あらゆる人に向かって開かれた広場であるべきだと思っております。
『四月の永い夢』上映プロジェクトをよろしくお願い申し上げます!

映画情報どっとこむ ralph クラウドファンディング支援によって実現できること

大手以外の映画は、たとえそれが良い作品であっても観客まで届けられないことも多いかと思います。上映規模が小さかったり、そもそも上映されている事がわからなかったり。このプロジェクトをサポートしていただければ、サポートいただけた金額が全て映画上映の為に使われ、より多くの人にこの作品を届ける事に使われます。

Q:500万円は何に使われるの?
主に広告宣伝に必要な経費に使われます。個人及び会社の利益には一切使用しません。

Q: 宣伝費はどこに掛かるの?
劇場で映画を上映するためには「この映画をこの劇場で上映します」という告知が上映地域で必要不可欠です。大手劇場での上映になりますと1劇場につき100万円の宣伝費用が相場となります。なるべくコストを抑えての上映を目指しますが、本クラウドファンディングとその他からの出資で劇場の規模を広げたいと考えております。

Q: 今後の予定は?
現在、以下のスケジュールで公開できるよう進行しております。:
2018年春からの全国ロードショー上映
2018年夏以降は劇場に限らず、芸術祭や各地での上映会を行いたいと考えております。


サポーターへの特典やプロジェクトの応援支援は
MotionGalleryの特設サイトでご確認のほどを!

映画情報どっとこむ ralph あらすじ:「一枚の手紙をきっかけに、真夏の日常が動き出す」
滝本初海(はつみ)27歳。ある日、3年前の春に亡くなった恋人からの手紙が届く。胸に抱えた「秘密」、青年からの告白、教え子との再会。一枚の手紙をきっかけに真夏の日常が動き出す。

主演:
朝倉あき(初海役)
三浦貴大(志熊役)
川崎ゆり子(楓役)
高橋惠子

監督・中川龍太郎プロフィール
1990年生まれ、慶應義塾大学文学部卒。在学中監督を務めた『Calling』がボストン国際映画祭にて最優秀撮影賞を受賞、『愛の小さな歴史』が第 27回東京国際映画祭スプラッシュ部門にて正式上映、『走れ、絶望に追いつかれない速さで』が第28回東京国際映画祭同部門にて上映され2年連続入選を最年少で果たした。詩人としても活動し、やなせたかし主催「詩とファンタジー」年間優秀賞を最年少で受賞。日本映画の新鋭として世界的に注目されている。

***********************************


文音・草笛光子 W主演映画『ばぁちゃんロード』製作発表!


映画情報どっとこむ ralph 映画『ばぁちゃんロード』の製作を発表となりました!

舞台は海沿いの田舎町。
結婚を間近に控えた根っからのおばあちゃんっ子の孫娘・夏海と、足を怪我して施設で暮らす祖母・キヨが、一緒にバージンロードを歩くという無謀とも言える目標に向けて2人でリハビリを重ね奮闘する物語。

人間関係の希薄化が取りざたされるこの時代に、世代を超えた家族の絆や生きる希望を描いたハートウォーミングな映画が誕生します。

そして、女優・文音(29)と草笛光子(83)が、孫・夏海と祖母・キヨ役でダブル主演を務めることが決定しました。二人はドラマでの共演をきっかけにプライベートでも交流を深め、文音は草笛を実の祖母のように慕い、草笛は孫のように可愛がる相思相愛の仲。

まさに運命のような縁を感じるダブル主演決定に、2人は以下の通り、喜びのコメントを寄せています。

文音さんからのコメント

今回、素晴らしい脚本と素晴らしい監督に出会い、まだ撮影は始まっていませんが今からこの作品がどう出来上がっていくのか楽しみです。プライベートでも交流のある草笛さんがおばあちゃん役と聞いた時は本当に嬉しくて、私達にしか出来ないばぁちゃんロードが必ず出来る!!、と確信しています。精一杯、夏海という役を愛し感じ演じさせて頂きたいと思います。


草笛光子さんからのコメント

2年ぶりの映画の仕事なので、チョットワクワクしております。これは孫娘との愛の物語なので、相手役の文音さんとの心の交流、思いやりが大切な軸になります。ですからその事だけを思って、演じるように見えない演じ方をしたいです。おばあちゃん思いの孫と、孫思いのおばあちゃんの感動のお話です。

映画情報どっとこむ ralph 本作は、日本映画界に多くのクリエイターを輩出してきた教育機関、映画美学校が行った第一回プロットコンペにて最優秀賞を受賞したプロット(ストーリー)を映画化するもの。映画『花戦さ』が絶賛公開中の名匠・篠原哲雄監督(55)がメガホンを取ります。

篠原哲雄 監督からのコメント

ふた世代離れた祖母と孫が共に歩んで行く姿は、親子関係とは違う深さや強固さが表せると思います。若い孫は昭和を生きたばあちゃんから逆境に立ち向かう「たくましさ」を学び、ばあちゃんは孫から幸せに向かう「人の思いの強さ」を見つけだします。二人の結びつきを俳優さんの自然体な芝居から感じられるように撮っていきたいと思います。文音さんにはひたむきに目標に向かう純粋さと健気さを、草笛光子さんには人が持つ芯の強さみたいなものを、僕がどこまで引き出せるかだと思います。富山県・氷見の風情ある町並みを背景に、日本映画の一つの伝統とも言える「泣ける映画」を作ってみせたく思います。

共演陣には、三浦貴大、桜田通、鶴見慎吾など、若手、ベテランの実力派俳優が集結。撮影は、風光明媚な港町として知られる富山県氷見市を中心に行われ、8月下旬にクランクイン。完成は12月を予定しております。

***********************************


出演
文音 草笛光子
三浦貴大 桜田通 辻本晃良 富永沙織 竹内晶子 /鶴見辰吾

監督:篠原哲雄
脚本:上村奈帆
プロデューサー:佐藤現
製作:「ばぁちゃんロード」製作委員会
製作幹事:セントラル・アーツ
    


吉岡里帆、3人にやっと会えた!『STAR SAND ─星砂物語─』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph ちょうど50年前、ベトナム戦争に徴兵される前に、人を殺すことを拒否して、アメリカを去ったパルバース監督が、「”国に戦争に行けと言われても行かない。人を殺せと言われても殺さない”という勇気を知ってもらいたい」と、通常“卑怯者”とみなされる脱走兵をヒーローとして描いた日豪合作映画『STAR SAND ─星砂物語─』の初日舞台挨拶が行われ、織田梨沙、満島真之介、三浦貴大、吉岡里帆若手主要キャストと監督が登壇しました。

8月4日(金)
会場:ユーロライブ 
登壇:織田梨沙 満島真之介 三浦貴大 吉岡里帆 ロジャー・パルバース監督

映画情報どっとこむ ralph 初日を迎えての感想を聞かれ、6月の慰霊の日に合わせて行われた沖縄での先行上映でも舞台挨拶を行った満島さんは、
満島さん:沖縄で、この映画を通して色々な方々とお話ができた。平成に生まれた僕らにとっては、戦争は歴史的な、遠いものになってしているけれど、ロジャー監督は50歳位歳が違うけれど、人種や肌の色や年代を超越した作品に挑戦できたことを光栄に感じていて、本作が毎年8月に全国で上映される映画になればいいなと思っていますので、皆さんぜひ力をお貸しください。

と挨拶。

それを聞き、
三浦さん:さっき真之介が、『平成に生まれた僕たち』と言っていましたが、僕だけ昭和です。

と言うと、

満島さん:監督は昭和?

と聞き、監督はすかさず「明治です。(本当は昭和)」と、アメリカ生まれの白人なのにジョークで答え、会場を笑わせた。

映画情報どっとこむ ralph MCが「パルバース監督は、国内外で、メル・ギブソンさんや柄本明さんなどが出演された舞台を約40本書いたり演出をされてきて、本作で、72歳で映画監督デビューをされた」と紹介すると、上映を見終わったばかりの観客からは大きな拍手が巻き起こり・・・

監督:ちょうど50年前、ベトナム戦争に徴兵される前に、人を殺すことを拒否して、アメリカを去り、「”国に戦争に行けと言われても行かない。人を殺せと言われても殺さない”という勇気を知ってもらいたいと、本作を執筆しました。

吉岡さん:監督がずっと温められていた平和に対する思い。こんな思いがあったんだよというメッセージを届けてくれる作品なので、この夏日本で公開されることに意味を感じます。『忘れちゃいけない』ということですよね。この映画が他の戦争映画と明確に違う点は、残虐なシーンや人が亡くなっていく罪の様を描くことで戦争に対しての怒りを表現するのではなくて、普通の人たちが普通に恋をして、普通に生きて、普通に食べて、普通に幸せになることを願ったところをちゃんと描いているところに面白みを感じました。

と熱い想いを話した。

負けずに
満島さん:沖縄戦の映画のオファーは何度かもらっていたんですが、正直言うと、勇気が出なくて一歩踏み出せなかったんです。僕自身が外国人の孫でクォーターなんですけれど、沖縄戦がなかったら、僕は生まれなかったんですよ。僕らより長く日本と関わっていて、日本でこの映画を撮るというロジャー監督と会い、勇気に乗っかりたい、この人となら、一歩踏み出せるかもしれないと思いました。映画は、戦争はどうだというより、人と人が、人種が違えど、肌の色が違えど、宗教観が違えど、触れ合った瞬間に生まれる奇跡的な愛情が描かれている。僕は、僕らの時代が、電子機器に振り回されている中で、肌質を感じることを体感していくのが大事だと思っていて、だから僕は表現という仕事をしているんですけれど、だからこそ世界に、このメッセージを届けたいです。

と熱い思いを語りました。

三浦さん:この作品の前に、全然関係ないところで、真之介と1回ご飯に行ったことがあって、『兄弟役とかできたらいいね』と話をしていて、この映画の話が来た時に『よし』と思っていたら、次の日に初めて行ったバーでまたばったりと会って。

と、満島との縁を告白。  
織田さん:冒頭の星砂を取るシーンで、海に潜ったんですけれど、ライフセイバーの資格を持っている三浦さんが、出番ではないのに、わざわざ泳ぐシーンの撮影に立ち会ってくださいました。

という撮影時のエピソードを明かしました。

すると

吉岡さん:「私がクランクアップした日、三浦さんが、『お疲れ様でした』と星砂を持ってきてくださったんですけれど、実は織田さんと満島さんも待っていてくださっていたということを先ほど知りました。二人とも待っていてくださったんですけれど、仕事の時間が迫って、帰っちゃったんだそうです。

というエピソードを披露。

監督:三浦さんは日本のロバート・ミッチャムです。何も言わなくても貫禄と存在感がある。真ちゃんは、日本のカーク・ダグラス。本当に似ているし、悲劇も喜劇も何でも出来る。織田さんは日本のエリザベス・テイラー。エリザベス・テイラーは、十代からすごい役をやって、美しくて素敵な女優だった。そして、最後に吉岡さん。英語にこういう諺があるんです。”Good things come in small packages.(小さい小包こそ、中にいいものが入っている)”日本のオードリー・ヘプバーンですよ。頭が良くて、何でも出来る。

と4人を絶賛。

映画情報どっとこむ ralph 実は吉岡さんは、一人現代シーンに出演したため、この4人のキャストが揃ったのは初めてということが判明。

吉岡さんが、1945年の戦時中のシーンに出演した3人に

吉岡さん:会えてすごく嬉しかったです。『やっと会えた〜』って感じで。
と言うと、

満島さん:来てくれなかったら、『ごめん、愛してない』と言うところだった。

と吉岡さんが出演中の連ドラ『ごめん、愛してる』に絡めて笑いをとり、

監督:すごくいいパンフレットを作ったので、ぜひお求めください。今日だけ、800円のところ、800円にしますから!
と親父ジョークで締めた、楽しい舞台挨拶となりました。

映画情報どっとこむ ralph 色々な世代の色々な思いが詰まった映画

STAR SAND ─星砂物語─

東京・ユーロライブにて公開中 ほか順次公開!

あらすじ・・・
1945年の沖縄。戦火から遠く離れた小島に渡り暮らし始めた16歳の少女・洋海(ひろみ)は、洞窟で日本軍とアメリカ軍からの脱走兵、隆康とボブに出会う。隆康とボブ、そして彼らの世話を焼く洋海の間には、不思議な関係が築かれてゆく。

ある日、戦いで脚を負傷し、除隊を余儀なくされた隆康の兄・一(はじめ)が、養生のために洞窟にやって来るが、それは悲劇の幕開けだった

2016年、東京。大学生の志保は、卒業論文のために教授から一冊の日記を手渡される。それは、戦時中に沖縄の小島で暮らしていた少女のものだった。志保は日記を読み、そこに封印されていた過去の出来事にわれ知らず迫ってゆく……。

公式サイト:www.star-sand.com

***********************************

出演:織田梨沙 満島真之介 ブランドン・マクレランド 三浦貴大/ 吉岡里帆
    寺島しのぶ/ 渡辺真起子 石橋蓮司 緑魔子
監督・脚本: ロジャー・パルバース   原作:ロジャー・パルバース『星砂物語』講談社刊
主題曲:坂本龍一