「三浦貴大」タグアーカイブ

朝倉あき にメロメロ 三浦貴大・中川龍太郎監督 『四月の永い夢』舞台挨拶!


映画情報どっとこむ ralph 昨年のモスクワ国際映画祭において国際映画批評家連盟賞とロシア映画批評家連盟特別表彰のダブル受賞を果たし、台北映画祭にも正式出品されるなど各国の映画祭で話題となった映画『四月の永い夢』が、いよいよ5月12日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開となりました!

そしてこの度、公開初日に、キャストの朝倉あきさん、三浦貴大さん、そして中川龍太郎監督登壇による舞台挨拶が行われました。


日時:5月12日(土)
会場:新宿 武蔵野館
登壇:朝倉あき、三浦貴大、中川龍太郎監督

映画情報どっとこむ ralph 中川監督:ようやく、皆さんに観ていただけることとなりまして感慨深いです!ネパールを旅していて、ライ麦畑に夕日が沈むのがきれいで、これを手紙に書きたくて、届かない手紙を書くことについての映画を創りたいなと。かぐや姫の物語の朝倉さんを見て素晴らしいと感じていたので、当て書きしました。

との挨拶からイベントはスタート。

朝倉さん:そういう風に脚本を作っていただいた経験が初めてで。中川監督は丁寧で優しいんです。言葉以外のもので優しいものが現れる脚本で。この世界の中で生きてみたいなと。

とオファーを受けた時の想いを語り、三さんの起用については・・・

中川監督:三浦さんは最高の人なんです。佐倉さんの声に共鳴する声の良い男らしい人にと。出てもらえるとは思っていなかったのですが意外とすんなり出てもらえました。

三浦さん:本自体も素敵でしたし、オリジナルと言うのが大きかったですね。年下の監督も楽しみな要素でした。
映画情報どっとこむ ralph 共演して
朝倉さん:二回目なので、楽しみでした。とても自然体な方なので、へまをしても受け止めてもらえるなと安心感があったんです。ナチュラルな方でやり易かったです。この撮影中は、口数が少なりまして、演技以外は隅っこで静かに背景に溶け込みたくてボーっとしてたのですが。三浦さんが話かけてくださったり

三浦さま:じゃま?
朝倉さん:本当に良い距離感で、見守ってくださって。監督とのやり取りを観ていて羨ましかったです。

三浦さん:共演して・・・。朝倉あきを褒める会は5時間できます。今回撮影では静かにしてらっしゃたので・・朝倉あき近くにいたら話しかけたいですよね。嫌われたんじゃないかと心配してたんですけど。

と、安心したご様子。


今回場所に意味がある、ロケーションだそう。

中川監督:国立は。このこの映画のコンセプトとして昭和の面影。国立は美意識高い町で内向的に見える。朝倉さんの精神性を箱庭みたいな国立の雰囲気で選びました。

とします。実は国立は三浦さんが育った場所。

三浦さん:地方のでロケしていると、地元の方たちがが喜んでくれるんですけど。今回それがわかりました。国立が絵になるなと。監督の撮り方ですかね。
実は、送迎なしで歩いてきて歩いて帰ったそう。


話題は、朝倉さんの銭湯シーンへ。
朝倉さん:大変でしたね。女性であることが・・・
監督:スタッフも、ソワソワ。大変でした。

と、気を使う方も使われる方も大変だったご様子。

オープニングが素敵。
中川監督:あの撮影は菜の花と桜が一緒の場所で撮りたくて、あれは埼玉でした。

朝倉さん:夢のように美しい場所でした。あのシーンが初日だったので、監督がどう描きたいのか一瞬でわかって。そこから役作りしました。

監督: なるべくたたずまいで、撮りたいので、自分ではうまくいったと嬉しく思いました。
三浦さん:一ル一つの画。立ち方。ふるまい。・・・言葉で語らない部分を丁寧に作品に乗せていくところが、昔の日本映画を観てる気持ちにさせてくれる監督です。現場の作り方は、映画のなかに、居させていくれる感じで、作り方は好きでしたね。

と、監督を絶賛の三浦さん。この後、フォトセッションがあり、

イベントは終了。上映となりました!

映画情報どっとこむ ralph 若き俊英監督の作品を是非。

『四月の永い夢』

5月12日(土) 新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー

公式サイト:
http://tokyonewcinema. com/works/summer-blooms/

主演の初海役を務めるのは『かぐや姫の物語』(かぐや姫:声)や最近では大河ドラマ「おんな城主直虎」にも出演している朝倉あき。

初海に恋する朴訥で誠実な青年・志熊に、映画TVと大活躍で本作の舞台である「国立」出身でもある 三浦貴大。

3年前に恋人を亡くした27歳の滝本初海。

音楽教師を辞めたままの穏やかな日常は、亡くなった彼からの手紙をきっかけに動き出す。
元教え子との遭遇、染物工場で働く青年からの思いがけない告白。
そして心の奥の小さな秘密。

喪失感から緩やかに解放されていく初海の日々が紡がれる。

***********************************

出演:朝倉あき 三浦貴大
川崎ゆり子 高橋由美子 青柳文子 森次晃嗣
志賀廣太郎 高橋惠子

監督・脚本:中川龍太郎『走れ、絶望に追いつかれない速さで』
配給:ギャガ・プラス
(c)WIT STUDIO / Tokyo New Cinema


文音、草笛光子、三浦貴大、桜田通、鶴見辰吾登壇!『ばぁちゃんロード』初日舞台挨拶!


映画情報どっとこむ ralph この度、文音×草笛光子W主演で贈る篠原哲雄監督最新映画『ばぁちゃんロード』が4月14日(土)に初日を迎え、豪華キャスト大集結による、舞台挨拶を実施いたします。

初日を鮮やかに彩るのは、本作W主演となる、文音さん、草笛光子さん。

そして三浦貴大さん、桜田通さん、鶴見辰吾さんといった重要な役どころを演じたキャストと篠原哲雄監督が登壇しました。

映画『ばぁちゃんロード』初日舞台挨拶
日程:4月14日(土)
場所:有楽町スバル座
登壇者:文音、草笛光子、三浦貴大、桜田通、鶴見辰吾、篠原哲雄監督

映画情報どっとこむ ralph 会場は多くのお客様が入り立ち見も出るほどの大盛況。
文音さんが草笛さんの手を引きながら登場!

文音さん:昨日からドキドキで。ちゃんと公開を迎えたことにホッとしています。
と語り、最後のシーンでは

文音さん:草笛さんのお力でできたことが沢山あって、最後のシーンは心に来ました

と振り返ります。

矍鑠とした草笛さんは苦労があったそうで
草笛さん:ばーちゃんロードに出演するっていったらバイクで走るのって友達から言われました(笑)今回、おばあさん役で動かない役は大変でした。1cmしか足を上げないのは大変!動く方がいいですね。文音のために一生懸命頑張りました。
と語ります。

映画情報どっとこむ ralph 三浦さんは監督の演出法が大変だったようで
三浦さん:台詞が終わってもカットかけてくれないんです。文音さんと打ち合わせしないでアドリブでしたがうまくいったと思います。

とすると、お相手の文音さんは

文音さん:初めての結婚式だったので新鮮でした!
三浦さん;初めて?ラッキー!綺麗でしたね。一緒に写真を撮ってしまいました!

文音さん:三浦君はいて欲しいところにいてくれる俳優さん。精神的にも側にいてくれる素敵です。
と、意気投合しているのをみてMCがお二人がもし結婚したら豪華なファミリーですよね!と振ると

文音さん:顔合わせの席はめっちゃ豪華!

と言うと

三浦さん:それは大騒ぎですよ。顔合わせの場には行きたくない。欠席するわ!

文音さんの両親は長渕剛さん・志穂美悦子さん。三浦さんの両親は三浦友和さんと山口百恵さん。
凄い芸能な血筋。ホントだったらマスコミ大騒ぎです!

映画情報どっとこむ ralph 鶴見さんは、
鶴見さん:(金八先生で)14歳で父になってから、ずいぶん経ちました。(笑)

と笑いを取り、役作りは

鶴見さん:私の奥さんの父。義理のお父さんからヒントを得ています。最後のシーンは最後に撮ったのでチームワークが凝縮しているシーンになっています。

と見どころも明らかに。桜田さんはリハビリ介護士役。草笛さんが体が柔らかいことに驚いたそうで
桜田さん:草笛さんの足をストレッチするシーンのリハで草笛さんの足がどこまでも行くので、びっくりして。でも、本番では、良いところで痛そうな顔をしていただいて、安心して演じることが出来ました。
と、ベテラン女優の凄さを実感しているご様子。

そして、劇中で草笛さんは歌を口ずさんでいますが、実はアドリブ。
監督:長回ししていたら、草笛さんが「この道」(作詞 北原白秋)を 口ずさんでいて。これを主題歌にしようと決めました。

と、エピソードを明かしてくれました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・
文音さん:愛には様々な形があります。愛とは形もなく、言葉でも伝わらないもの。感じることが全てです。そんな愛が溢れてる作品になりました。観ていただいた皆さんが、自分の大切な人のことを考えるきっかけになれば嬉しいです。

草笛さん:私はお祖母ちゃん子でした。ことわざや知識は今でも宝です。有り難い存在でした。今回は芝居はせずに素で演じています。心配ではありますが、よろしくお願いいたします。

とし、イベントを締めました。

降壇時に、鶴見さんが草笛さんを階段でエスコート。紳士です。

ばぁちゃんロード

4月14日(土)有楽町スバル座他ロードショー

http://baachan-road.com 

物語・・・
ガソリンスタンドで働く夏海(文音)は、父の跡を継ぎ一人前の漁師を目指す高校時代からの友達・大和(三浦貴大)にプロポーズされる。結婚を決めたことを報告するため、2人はまず、夏海の両親のもとへ、そして施設で暮らす夏海のばぁちゃん・キヨ(草笛光子)のもとへ出向く。
夏海は、両親が共働きだったことで、幼い頃からキヨに育てられたばぁちゃんっ子だった。自宅の庭で足を骨折してしまったことで歩けなくなってしまい、車椅子の生活をしているキヨ。久々に施設で再会した夏海は、なんとかキヨを励まし、元気を取り戻してほしいと悩む。そんな彼女が思いついたこと、それは「結婚式のバージンロードをばぁちゃんと歩く」ということ。ひたむきな夏海の想いが、キヨに“歩く”という目標を与え、次第にその目標がキヨの希望へと変化していくのだった・・・。

***********************************

出演:文音 草笛光子
三浦貴大 桜田通 鶴見辰吾 他

監督:篠原哲雄
脚本:上村奈帆 音楽 かみむら周平
主題歌「この道」(作詞 北原白秋 作曲 山田耕筰) 歌 大貫妙子
(アルバム「にほんのうた 第一集」(commmons)より)
製作幹事:セントラル・アーツ
製作プロダクション:スタジオブルー
製作:「ばぁちゃんロード」製作委員会(オフィスレン/セントラル・アーツ/東北新社)
配給:アークエンタテインメント
©2018「ばぁちゃんロード」製作委員会 2018年/日本/カラー/ビスタ/5.1ch/89分


文音、草笛光子、三浦貴大 家族感漂う 映画『ばぁちゃんロード』東京プレミア舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 4月14日(土)に公開される文音×草笛光子W主演で贈る篠原哲雄監督最新映画『ばぁちゃんロード』の東京プレミアを、3月26日(月)に開催しました。

結婚を間近に控えた根っからのばぁちゃんっ子の孫娘・夏海役の文音、足をケガして施設で暮らす祖母・キヨ役の草笛光子、夏海の婚約者役の三浦貴大、そして名匠・篠原哲雄監督(『花戦さ』)が登壇し、本格的な高齢化社会を迎える日本に必要な希望、また核家族で生活する方々が多い今の世に、家族の絆を感じるあたたかな想いの東京プレミア試写会となりました。

東京プレミア試写会 スケジュール
日程:3月26日(月)
場所:スペースFS汐留
登壇:文音、草笛光子、三浦貴大、篠原哲雄監督

映画情報どっとこむ ralph 結婚を控える根っからのばぁちゃん子・夏海役の文音さんは

文音さん:草笛光子さんとは以前ドラマで共演してから凄く面倒を見てくれている。一緒に横浜に行ってゴハンを食べたり、日本にブロードウェイミュージカルを持ってきた第一人者なので色々な話をしてくれます。だからこそプライベートと役柄が重なってスクリーンの中でいい意味で表すことができた。おばあちゃん役が草笛さんじゃなかったらできなかったものがたくさんあります。

と感謝した。

女優・草笛光子の魅力については

文音さん:セリフの言葉の重みが違う。それを見るだけでも涙が出てくる。セリフがあったりすると役者は形にハマりがちだけれど、草笛さんはセリフがあっても自由。それは素敵なこと。そういった姿を見て勉強させてもらいました。

と振り返った。

施設で暮らす夏海のばぁちゃん・キヨ役の草笛さんは

草笛さん:いえ、いえ、もう文音が可愛いの。それが第一。だから“芝居”はやめようと思った。文音と私の関係が大事だからどんなシーンにあっても、この子を愛して愛し抜いて、温めているような気持ちはずっと続けようと思いました。

と本物の家族のような面持ち。またリアルさを重視した長回し撮影については

草笛さん:カットがかからなくても喋っていたのは全部アドリブです。篠原監督は役者の“瞬”を逃さない監督。“瞬”を切り取ってくれたと思います。

と篠原監督の手腕を評価した。

映画情報どっとこむ ralph 夏海の幼馴染の婚約者・大和役の三浦は、母・山口百恵と共演経験のある草笛さんから

草笛さん:この方のお母さんが私の子供だったんです。だから本当におばあちゃん。まだあなたは影も形もなかった頃ね。だから会った時は胸がいっぱいになった。

と言われると

三浦さん:母が結婚する前ですね。お世話になっています。こんなに大きくなりました。

と照れ笑い。草笛との共演には

三浦さん:僕は母の現役時代すら知らないけれど、母も草笛光子さんと一緒に映画をやると言ったら喜んでいた。撮影中も本当のおばあちゃんみたいな感じで見ていました。

と報告すると、すかさず

文音さん:カメラに映っていないときも泣いていたよね」と暴露され、「2人の芝居を見ていると泣いちゃう。本編を観たときも一人で号泣していました。

と頭をかいていた。

篠原監督:おばあちゃんが主役という映画は実はなくて、これがおじいちゃんだったら成立しなかった映画。脚本は凄くいいホンだと思ったので、演出する際はその場で起きることを自然に、ある意味2人の歩みをドキュメンタリーのように撮ろうとしました。

と演出の狙いを明かし

篠原さん:普通の自然な人間の営みを描くことができた。それをそのまま撮りました。

と自信を見せた。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

文音さん:芝居せず、役を作らない自分はまるで裸のような状態。篠原監督はそれをむき出しに追求するような監督だったので、必死にしがみついていました。映画を観た後は、大切な人に改めて思いを馳せるような気持ちになるはず。そんな大切な人にメールをしたり、電話をしたり、優しさであふれてくれれば嬉しい。

とアピール。

草笛さん:色の濃い油絵のような映画が多い中で、この作品は墨絵のように柔らかい作品。役者として一番難しい普通をやらせてもらえた。それをどう受け取ってもらえるのか楽しみであり、心配である。もちろん劇中での泣くシーンは、目薬は使いませんでした。そのままでやりました。皆さんにも涙がちょっと出るくらい感動してもらえたら嬉しいです。

とイベントを締めました。

映画『ばぁちゃんロード

公式サイト:baachan-road.com
@baachan.road

物語・・・
ガソリンスタンドで働く夏海(文音)は、父の跡を継ぎ一人前の漁師を目指す高校時代からの友達・大和(三浦貴大)にプロポーズされる。結婚を決めたことを報告するため、2人はまず、夏海の両親のもとへ、そして施設で暮らす夏海のばぁちゃん・キヨ(草笛光子)のもとへ出向く。夏海は、両親が共働きだったことで、幼い頃からキヨに育てられたばぁちゃんっ子だった。

自宅の庭で足を骨折してしまったことで歩けなくなってしまい、車椅子の生活をしているキヨ。久々に施設で再会した夏海は、なんとかキヨを励まし、元気を取り戻してほしいと悩む。そんな彼女が思いついたこと、それは「結婚式のバージンロードをばぁちゃんと歩く」ということ。ひたむきな夏海の想いが、キヨに“歩く”という目標を与え、次第にその目標がキヨの希望へと変化していくのだった・・・。

***********************************

出演:文音 草笛光子 / 三浦貴大 桜田通 鶴見辰吾 他

監督:篠原哲雄
脚本:上村奈帆
音楽:かみむら周平

主題歌「この道」(作詞 北原白秋 作曲 山田耕筰)
歌 大貫妙子(アルバム「にほんのうた 第一集」(commmons)より)

製作幹事:セントラル・アーツ 製作プロダクション:スタジオブルー

製作:「ばぁちゃんロード」製作委員会(オフィスレン/セントラル・アーツ/東北新社)
配給:アークエンタテインメント

Ⓒ2018「ばぁちゃんロード」製作委員会 2018年/日本/カラー/ビスタ/5.1ch/89分


文音 草笛光子W主演 篠原哲雄監督 映画『ばぁちゃんロード』本ビジュアル完成!


映画情報どっとこむ ralph 4月14日(土)より有楽町スバル座ほか全国順次ロードショーとなります映画『ばぁちゃんロード』の本ビジュアルが完成しました。

本作の主人公は、結婚を間近に控えた根っからのばぁちゃんっ子の孫娘と、足をケガして施設で暮らす祖母。
両親が共働きだった孫娘にとって、子供の頃からずっと側で見守ってくれた祖母は何よりも大切な存在。祖母を元気づけるために思いついた「一緒にバージンロードを歩きたい」という孫娘の願いは、施設に引きこもったまま心を閉じかけていた祖母を動かし、希望へ向かって一緒に奮闘する。

今回、解禁となった本作のビジュアルは、絆と愛がテーマ。
まぶしいくらいの純白のウエディングドレスに身を包み、優しくばぁちゃんに微笑む孫娘と礼服姿で少し緊張ぎみのばぁちゃんが、何とも微笑ましい。


出演は、女優・文音(『八重子のハミング』『おみおくり』)と日本を代表する名女優・草笛光子がW主演。

文音が、いつも明るく、真っ直ぐに目標へ向かう純粋な孫娘・夏海を表情豊かに活き活きと演じ、また草笛が、孫娘の願いに応えようと頑張る、芯の強い祖母・キヨを演じています。文音は、デビュー作『三本木農業高校、馬術部』(08)以来の主演映画であり、また草笛はスクリーンデビューを飾った『純潔革命』(53)以来、数々の作品へ出演するなかで、新たな主演映画が加わりました。


ほか共演陣には、夏海の婚約者に三浦貴大、キヨが暮らす施設でリハビリ治療を行う理学療法士に桜田通、また夏海の優しい父に鶴見辰吾など、若手、ベテランの実力派俳優が集結しました。

映画情報どっとこむ ralph そして、日本映画界に多くのクリエイターを輩出してきた教育機関、映画美学校が行った「映画美学校プロットコンペティション2016」にて最優秀賞を受賞した上村奈帆のプロット(ストーリー)から生まれた脚本を名匠・篠原哲雄監督(『月とキャベツ』『花戦さ』)がメガホンを取って映画化。撮影は、風光明媚な港町として知られる富山県氷見市を中心に2017年夏に行われました。さらに、大貫妙子が歌う「この道」(作詞:北原白秋/作曲:山田耕筰)が主題歌に起用されました。世代を越えて歌い継がれているこの童謡が、孫娘とばぁちゃんの絆を優しく包み込んでいます。

『ばぁちゃんロード』
4月14日(土)より有楽町スバル座ほか全国順次ロードショー
http://baachan-road.com

***********************************

出演

文音 草笛光子
三浦貴大 桜田通 鶴見辰吾 他

監督:篠原哲雄 脚本:上村奈帆

配給:アークエンタテインメント
(c)2018「ばぁちゃんロード」製作委員会
   


あたたかく愛おしい想いは届くのか。映画『ばぁちゃんロード』予告編完成


映画情報どっとこむ ralph 4月14日(土)より有楽町スバル座ほか全国順次ロードショーとなります映画『ばぁちゃんロード』の予告編がこのたび完成しました。

結婚を間近に控えた根っからのばぁちゃんっ子の孫娘と、足を怪我して施設で暮らす祖母。子どもの頃から両親が共働きで不在だったために、子供の頃からずっと隣りで見守ってくれていたばぁちゃんを励ますために、孫娘は宣言する。

「ばぁちゃんと一緒にバージンロードを歩きたい!」

その願いは施設に引きこもったまま心を閉じかけていた祖母を動かし、いつしか祖母の生きがいとなる。はたして、孫娘の想いは届くのか…。
この予告編を観て、公開前の春いちばん、ほっこりはいかが。



物語・・
ガソリンスタンドで働く夏海(文音)は、父の跡を継ぎ一人前の漁師を目指す高校時代からの友達・大和(三浦貴大)にプロポーズされる。結婚を決めたことを報告するため、2人はまず、夏海の両親のもとへ、そして施設で暮らす夏海のばぁちゃん・キヨ(草笛光子)のもとへ出向く。夏海は、両親が共働きだったことで、幼い頃からキヨに育てられたばぁちゃんっ子だった。
自宅の庭で足を骨折してしまったことで歩けなくなってしまい、車椅子の生活をしているキヨ。久々に施設で再会した夏海は、なんとかキヨを励まし、元気を取り戻してほしいと悩む。そんな彼女が思いついたこと、それは「結婚式のバージンロードをばぁちゃんと歩く」ということ。ひたむきな夏海の想いが、キヨに“歩く”という目標を与え、次第にその目標がキヨの希望へと変化していくのだった・・・。

***********************************

出演:
文音 草笛光子
三浦貴大 桜田通 鶴見辰吾 他

監督:篠原哲雄
脚本:上村奈帆
配給:アークエンタテインメント
(c)2018「ばぁちゃんロード」製作委員会