「三浦貴大」タグアーカイブ

三吉彩花 x 矢口史靖監督最新作『ダンスウィズミー』の予告編が解禁


映画情報どっとこむ ralph 数々の大ヒット作品で日本中にハッピーと笑いを贈り届けてきた唯一無二の奇才・矢口史靖監督。

その最高にハッピーな最新作『ダンスウィズミー』の予告編が解禁になり、音楽を聞くと〝歌わずに踊らずにはいられない“ダンスシーンが初解禁されました。

加えて、本作が8月16日(金)に公開することも決定しました。

熱く何かに打ち込み、キラキラと輝く青春を描いた『ウォーターボーイズ』や『スウィングガールズ』、航空会社で働く人々を描いた『ハッピーフライト』。
常にオリジナルの脚本にこだわる矢口監督の最新作は、数々の大ヒット曲と、ヒップホップやジャズ等のオリジナルダンスが満載!

解禁された予告編では、催眠術によって音楽を聞くと“歌わずに踊らずにいられないカラダ”になってしまう主役の鈴木静香(三吉彩花)が、国民的名曲「狙いうち」のリズムに乗って歌い踊り、現実離れしたアクロバティックなダンスをレストランで披露するシーンから幕を開けます。


さらに、豪華キャスト陣のミュージカルシーンも初解禁。
三吉さんと共に楽しく踊るやしろ優さん、ウエディングドレスを着て歌うchayさん。
夜の公園で三吉さんとロマンティックに舞う三浦貴大さん。
そして、今や日本を代表する俳優であるムロツヨシさんは、「マジか」とつぶやき呆然とした表情を見せ、映画では55年ぶりとなるダンスを披露する宝田明さんは「ハイッ!」と決め台詞を披露。
個性が強すぎるキャラクターたちが、様々なシチュエーションで映し出され、劇中での各キャラクターの活躍がますます気になる仕上がりに。
最高に楽しく、最高にハッピーな本作の雰囲気が垣間見える予告編になっています。

映画情報どっとこむ ralph また、合わせて解禁されたポスターは、“カラダが勝手にミュージカル♪?”のキャッチコピーの通り、すらりと長い両手足を広げ、ブルーのスカートをひらりとなびかせながら踊る静香の体に、イヤホンのコードが五線譜のように巻き付き、まるで音楽と一体となっているハッピーなビジュアルとなっています。


今作では、キャスト全員がミュージカルシーンすべての歌とダンスを吹き替えなしで挑戦する見ごたえたっぷりの仕上がりとなっています。2019年夏、日本映画史に新たに残る、最高に楽しいハッピーミュージカルコメディ♪にぜひご期待ください。

『ダンスウィズミー』

公式サイト:
dancewithme.jp 

公式ツイッター:
dancewithmefilm
#ダンスウィズミー


<ストーリー>
OL静香が何よりニガテなのはミュージカル。しかしある日突然、催眠術をかけられ、音楽を聞くと所構わず歌い踊りだしカラダが止まらなくなってしまう。携帯の着信音、駅の発車メロディ、テレビや街中で流れるどんな音楽でも、踊りたくないのに自分の意に反して勝手に歌い踊りだしてしまう・・・!
仕事もお金も失いながら、催眠術を解くために催眠術師を探して日本中を駆け巡るが…。
ひとクセもふたクセもある人々との出会いが巻き起こす予想外の展開に爆笑!果たして静香は無事に元のカラダに戻れるのか?
観れば、あなたの心もカラダも踊りだす♪ 今夏、最高に笑える、ハッピーミュージカルコメディが誕生する。あなたも魔法にかかる!

***********************************


CAST & STAFF

三吉彩花 やしろ優 chay 三浦貴大・ムロツヨシ 宝田明

原作・脚本・監督:矢口史靖(『ウォーターボーイズ』『ハッピーフライト』)
企画・制作プロダクション:アルタミラピクチャーズ
配給:ワーナー・ブラザース映画
(c)2019「ダンスウィズミー」製作委員会


映画『空の瞳とカタツムリ』 鈴掛真、リリーフランキーら多数応援コメントが到着!


映画情報どっとこむ ralph 映画『空の瞳とカタツムリ』が2019年2月23日より池袋シネマ・ロサにて公開する運びとなりました。難しい役どころを縄田かのんと中神円、そしてふたりの友人役の三浦貴大、孤独な青年を演じた藤原隆介、4人の中に渦巻くモラトリアムな時間と儚くも逃げる青春の終わりを繊細なタッチで叙情的に描きだす「新しい愛の物語」が誕生。

そしてこの度、山崎ナオコ―ラのほか今回、タレントのフィフィ、歌人の鈴掛真、リリーフランキーなど!多数応援コメントが到着しました。

映画情報どっとこむ ralph アミール・ナデリ(映画監督)
今年の東京フィルメックスではいくつかの素晴らしい映画に出会えた。中でも、その物語と映像が今でも私の中に鮮明に残っている作品がある。『空の瞳とカタツムリ』だ。演出と照明が素晴らしいのは言うまでもない。特筆すべきは役者同士のケミストリーが神秘的で、とても純粋なことだ。カメラを通して我々は、彼女たちの息遣いを見守る静かな証人となる。

リリー・フランキー
映画というものは、誰かの覚悟を観るものである。それがそこにあれば全てでもある。縄田かのんの、それを見せられた本作を観て、私は己の意気地の無さを痛感した。

橋本マナミ(女優)
危うさや矛盾の中で生きる男女の葛藤を通して、私も青春時代に感じた歯がゆさを思い出しました。 恋したり不安になったり、苦しんだり人間ってそうなんだよなぁって考えさせられる映画でした。

フィフィ(タレント)
自分を愛せないのに、誰かに愛されようとして、誰かと交わる事で心を満たそうとして、そうやって葛藤しながら自分を探し続けて生きる…この映画はそんな2人の女の子の物語‬

山崎ナオコーラ(作家)
体とはなんだろう?
体が大きく画面に映し出されると、自分の体ではないのにゾワゾワっとして、考えさせられた。
性別や肌触りやパートナーシップなんか超えていけ。ただ、体を世界にぶつけるのだ。

Q-TA (コラージュアーティスト)
箱庭の中で足りない自分の欠片を探し求める若者たち。 自分自身を切り刻み、異なる感覚を重ね、そこに生まれる快楽を楽しみ軽蔑する。 コラージュには客観性が必要だ。その客観性が箱庭を作品として昇華し、 その過程こそが、箱庭の外へ出る唯一の方法なのだ。

鈴掛真 (歌人)
長い長い詩の朗読を聞いているような物語に引き込まれました。 切なくて、優しくて、痛いほど愛しい詩。 観終わったとき、きっと誰かの体に触れたくなる。 それは男かもしれないし、女かもしれない、誰かに。

加藤千恵(歌人・小説家)
登場人物たちのいびつさや不完全さが、切なくて痛々しくて胸をしめつける一方、このうえなく輝いて見える瞬間がある。まるで奇跡みたいに、魔法みたいに。

映画情報どっとこむ ralph 映画『空の瞳とカタツムリ』
英題:Love Dart

公式サイト:
www.sorahito.net

・イントロダクション

青春のおわり、人生のはじまり

ふれたい。ふれたくない。雌雄同体のカタツムリは交尾の際に鋭い矢「(Love dart)」を互いに突き刺しあう。この矢は交尾相手の生殖能力を低下させ、寿命すらもすり減らす。本作のタイトル『空の瞳とカタツムリ』は、故・相米慎二監督の遺作『風花』のタイトル変更案として最終候補まで残ったもの。監督は、相米監督の弟子筋であり『サンデイ ドライブ』『フレンチドレッシング』『なにもこわいことはない』など脚本・監督と二足の草鞋で活躍する斎藤久志。脚本を務めたのはテレビドラマ『深夜食堂』シリーズで脚本家デビューを果たし、本作が初のオリジナル映画脚本の荒井美早。

求めあうがゆえに傷つけあうしかなかった男女四人。触ろうとすればするりと逃げる儚い青春の終わりを繊細なタッチで叙情的に描きだす、新しい愛の物語。


ストーリー・・・
誰もが一度は通る痛みを、鮮烈に描いた新しい愛の物語——

祖母の遺した古いアトリエでコラージュ作品を作り続ける岡崎鹿(縄田かのん)は、消えない虚無感を埋めるため、男とならだれとでも寝る生活を送っていた。一方、夢鹿の美大時代からの友人である高野 (中神円)は極度の潔癖症。性を拒絶し、夢鹿にしか触れられない。そして二人の友人、吉田(三浦貴大)は、夢鹿への想いを捨てきれないまま堅実に生きようと努めていた。学生時代、とても仲のよかった三人。しかし月日が経つにつれ、少しずつバランスは崩れていった。そんな中、十百子は夢鹿に紹介されたピンク映画館でアルバイトを始めるが、行動療法のような日々に鬱屈していく。その映画館に出入りする青年、大友(藤原隆介)は、満たされなさを抱える十百子に心惹かれていくが……。

夢鹿と十百子、永すぎたモラトリアムは終わろうとしていた・・・。

***********************************

縄田 かのん 中神 円 三浦 貴大 藤原 隆介 利重 剛 内田 春菊 クノ 真季子 柄本 明

監督:斎藤久志 脚本:荒井美早
企画:荒井晴彦
タイトル:相米慎二

製作:橋本直樹/松枝佳紀
プロデューサー:成田尚哉
製作:ウィルコ/アクターズ・ヴィジョン

制作プロダクション:ウィルコ/アルチンボルド
[2018/日本/カラー/DCP/5.1ch/120分]

配給:太秦

映倫:R15
©そらひとフィルムパートナーズ
   


矢口史靖監督、三吉彩花 主演『ダンスウィズミー』超特報解禁!!


映画情報どっとこむ ralph 数々の大ヒット作品で日本中にハッピーと笑いを贈り届けてきた唯一無二の奇才・矢口史靖監督。
その最高にハッピーな最新作『ダンスウィズミー』が、三吉彩花 主演で2019年夏に全国公開となります。

そんな本作の超特報映像が、この度、解禁に!!

超特報では、「2019年夏、日本中が踊り出す!」という導入から、主人公・鈴木静香を演じる三吉彩花が華やかにダンスを踊る撮影中の様子が登場。PCが並ぶオフィスではデスクもステージに!色とりどりのシュレッダーの紙吹雪が舞う中、他の社員たちを巻き込んだ軽快な歌とダンスを繰り広げます。



さらに、矢口組ならではの明るく和やかな現場の雰囲気が収録されたメイキングシーンも!

数か月に及ぶ本格的なダンスレッスンを積み、本格的なミュージカルに初めて挑む三吉がダンスの振り付けを確認しながら矢口監督とコミュニケーションを取る楽しげな様子が伝わる映像となっています。

映画情報どっとこむ ralph 矢口史靖監督、主演三吉彩花『ダンスウィズミー』
2019年<夏>全国ロードショー

公式サイト:
dancewithme.jp
公式ツイッター:
dancewithmefilm
#ダンスウィズミー


<ストーリー>
自分にちょっと無理をしながら一流企業で働く鈴木静香は、催眠術である日突然、音楽を聞くと、いつでもどこでも歌わずに踊らずにいられないカラダに! 携帯の着信音、駅のホーム音、テレビや街中で流れるどんな音楽でも、自分の意志に反して勝手に歌って踊りだしてしまう・・・。仕事もお金も失った静香は、催眠術師を探して日本中を駆け回るが、果たして静香は元のカラダに戻れるのかー?歌い、踊り続ける中で彼女が最後に見つけた大事なものとは――。

***********************************


出演:三吉彩花 やしろ優 chay 三浦貴大 ムロツヨシ 宝田明

原作・脚本・監督:矢口史靖(『スウィングガールズ』『ハッピーフライト』)

企画・制作プロダクション:アルタミラピクチャーズ
配給:ワーナー・ブラザース映画
©2019映画「ダンスウィズミー」製作委員会



三浦貴大、阿部進之介、白石聖ら登壇! 映画『栞』公開初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 本日10月26日(金)より全国公開された映画『栞』の初日舞台挨拶が、新宿バルト9にて実施されました。
主演の三浦貴大はじめ、阿部進之介、白石聖、といった豪華キャストが舞台挨拶に登壇しました。


公開初日舞台挨拶オフィシャルレポート
日程:10月26日(金)
時間:18:30開演
場所:新宿バルト9
登壇:三浦貴大、阿部進之介、白石聖、池端レイナ、前原滉、池田香織、榊原有佑監督
スペシャルゲスト:西川悟平

映画情報どっとこむ ralph 理学療法士をテーマにした映画『栞』の初日舞台挨拶が26日、東京・新宿バルト9で行われ、主演の三浦貴大、阿部進之介、白石聖、池端レイナ、前原滉、池田香織、榊原有佑監督が出席した。

献身的に患者のサポートに取り組む理学療法士の高野雅哉役の三浦さんは

三浦さん:映画は観てもらって完成とよく言いますが、今日がその日。自分としても凄く思い入れのある作品なので、こうやって皆さんと…なんですかね…感慨深くて言葉にならないです。

と胸いっぱいご様子。すると

阿部さん:“言葉にならない”ということを、言葉にしてしまいましたね。

といじられると、照れた表情で

三浦さん:今日からどういう反応が返ってくるのか楽しみである一方で、怖い部分もあるけれど、感想をTwitterに書いてほしいです。Twitterは僕が一番チェックするもので、検索しやすいので。エゴサーチします!!!

と宣言していた。

映画情報どっとこむ ralph また三浦さんは、阿部さんとの2度目の共演に

三浦さん:デビュー2年くらいの時に共演した際に、阿部さんから教えてもらったことが自分の芝居の基盤になっているので、一番尊敬しています。

とリスペクト。その

阿部さん:その共演から8年くらい会っていなかったけれど、時間を経ても自然にやれたし信頼関係もお互いの中にあった気がする。とてもいいセッションが出来た。

と相思相愛だった。

高野雅哉の妹役の白石さんは

白石さん:重厚な内容で、榊原監督が長年温めてきた作品。丁寧に表さなければいけないと思いながらも、経験の浅い中での撮影だったのでガムシャラでした。父親役の鶴見辰吾さんや三浦さんという家族の中でのやり取りが多かったけれど、嘘なく演じられたと思います。

と手応え十分。池端さんは公開を迎えた気持ちと作品アピールを、北京語で披露し、キャストや観客から拍手喝采を浴びるも、やや長文ゆえに三浦さんと阿部さんからは

三浦さん・阿部さん:なげ~よ!

と一斉にツッコまれていた。

前原さん:三浦さんよりも7つ年下なのに同僚役って…と不安でしたが、三浦さんが気さくに話しかけてくれて、やりやすい場を提供してくれた。阿部さんも熱い方で、真ん中にいる人が熱さとやりやすさを作ってくれたので、皆さんに感謝。

とニッコリ。

池田さん:役の心境を自分の人生に置き換えて、役を体感するように演じました。

と役作りを回想し、息子役の子役との交流を明かすと、

三浦さん:凄くいい子で、僕ともすぐに仲良くなった。撮影中に寝ちゃったりして、その寝顔も可愛かった~。

と親心を芽生えさせていた。

本作の主題曲「Winter」は、18歳で亡くなったLiam Pickerさんが残した譜面を、ピアニストの西川悟平が完成させた曲で、その背景を知った榊原監督が映画主題曲として採用した。スペシャルゲストとして登壇した西川さんは

西川さん:今作を観たLiamのご両親は涙を流しており、キャストの皆さんの演技については国際的だと絶賛されていた。

と報告した。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

理学療法士の経歴を持つ榊原監督は

榊原監督:医療現場の現実を知ってもらいたいと映画監督になり、この作品を完成させました。内容は実際に自分が体験した話を基に描いているので、映画的な脚色は一切排除しました。皆さんにも毎日のように起きている現実の話だと受け止めてほしい。

とアピール。主演の三浦さんは

三浦さん:監督の思いを一つ一つ丁寧に演じようと芝居をしました。映画を観て自由に感じてもらって、その中で自分の近しい人を思い浮かべてもらえれば嬉しい。この映画は人との繋がりの話だと思います。それは人間の生活であり命。それを描いた作品です。

と力を込めた。


映画『栞』

本日10月26日(金)より新宿バルト9ほか全国順次公開

公式サイト:
shiori-movie.com

物語・・・
出来ることには限界があるけど、少しずつ出来ることを増やしていかないとな―
真面目な性格で、献身的に患者のサポートに取り組む理学療法士の高野雅哉。 幼い頃に母親を亡くし、現在は父親の稔、妹の遥と離れて暮らしている。そんなある日、雅哉が働く病院にしばらく会っていなかった父・稔が入院してくる。日に日に弱っていく稔の姿、担当患者の病状が悪化するなど理学療法士として何が出来るのか自問自答の毎日で無力感に苛まれる。しかし、そんな時ラグビーの試合中にケガをした新たな入院患者を担当することになった雅哉。その入院患者の懸命に生きようとする姿に感化され、徐々に仕事への熱意を取り戻していく雅哉だったが……。病院という身近な人の死を経験する場所で理学療法士として、雅哉の選択していく生き方とは…。

***********************************

出演:三浦貴大、阿部進之介、白石聖、池端レイナ、前原滉、池田香織 / 福本清三 / 鶴見辰吾

監督:榊原有佑
脚本:眞武泰徳
共同脚本:岡本丈嗣
音楽:魚返明未
主題歌:「Winter」作曲:Liam Picker/西川悟平
制作プロダクション:and pictures
制作協力:プラスディー 特別協賛:公益社団法人 日本理学療法士協会 
協賛:beachwalkers 
宣伝協力:POST
配給:NexTone
配給協力:ティ・ジョイ
©映画「栞」製作委員会 


矢口史靖監督、主演三吉彩花『ダンスウィズミー』クランクアップコメント到着


映画情報どっとこむ ralph 数々の大ヒット作品で日本中にハッピーと笑いを贈り届けてきた奇才・矢口史靖監督。
その待望の最新作は、10本目にして自身初のミュージカルコメディ『ダンスウィズミー』。

この度、撮影がクランクアップした本作の追加キャストが一斉に解禁に。 
催眠術師のサクラとして舞台上で催眠術に掛かったフリをする斎藤千絵役に、お笑い芸人や女優としてもマルチな活躍を見せるやしろ優、静香と千絵が新潟で偶然出会う謎のストリートミュージシャン・山本洋子役を演じるのは、シンガーソングライターでモデルとしても活躍するchayが、本作で女優デビューです。


また三吉彩花演じる鈴木静香と同じ総合商社で働き、女性の憧れの存在である先輩エリート社員・村上涼介役に、映画・TVドラマと出演作が続く若手実力派の三浦貴大。

マーチン上田の捜索をお願いする興信所の調査員・渡辺義雄役に、個性派俳優にして映画・ドラマ・舞台とジャンルを問わず欠かせない存在となったムロツヨシ。

そしてOLの静香に「音楽を聴くと、歌わずに、踊らずにはいられない」催眠術をかける催眠術師・マーチン上田役を、初代『ゴジラ』に主演、『サウンド・オブ・ミュージック』『風と共に去りぬ』『マイ・フェア・レディ』など数多くの作品の主演を飾り、日本を代表するミュージカル俳優としても活躍する映画界のレジェンド、宝田明が演じる。

映画情報どっとこむ ralph 合わせて、このほどクランクアップとなった本作の現場から、キャストたちのコメントが到着!!


矢口監督からクランクアップ祝いの花束を受け取って

三吉さん:歌とダンスとお芝居の3つをこなす事が大変でしたけど、すごく充実した時間を過ごし、成長させてもらいました。矢口組の現場は誰も怒る人がいなく、楽しい雰囲気で、それは矢口監督の優しい人柄かと思います。携わることが出来て本当によかったです。

と楽しかった撮影を振り返り、

やしろさん:撮影は本当に本当に楽しかったです。今まで気づかなかった自分の力を監督が引き出してくださいました。『ダンスウィズミー』を見てくださった方は、
新しい自分が見つかるかもしれません!ほんとにみーんなに見てほしいです!!

とコメント、

chayさん:監督はしっかり的確に優しく誰も傷つかないような奇跡の一言で演技未経験の私を誘導してくれて、「監督の言うことを参考にして演じればいいんだ!」と楽しく演じることができました。

とそれぞれが監督への敬愛、矢口組ならではの楽しかった撮影の思い出と、映画への熱い思いを語った。

映画情報どっとこむ ralph ダンスウィズミー』は2019年夏公開です。


物語・・・
一流商社の OL・鈴木静香は、催眠術である日突然、音楽を聴くと、いつでもどこでも、歌わずに、踊らず にいられないカラダに! 携帯の着信音、駅のホーム音、テレビや街中で流れるどんな音楽でも、自分の意 志に反して勝手に歌って踊りだしてしまう・・・! 術を解いてもらうため、催眠術師のもとへ向かうが、 そこはもぬけの殻だったーー。仕事もお金も失いながら、催眠術師を探して日本中を駆け巡る。果たして静 香は元の身体に戻れるのかー?歌い、踊り続ける中で彼女が最後に見つけた大事なものとはー。 2019 年、最高にハッピーな日本発のミュージカルコメディが誕生!あなたも魔法にかかる!

***********************************

三吉彩花 やしろ優 chay 三浦貴大 ムロツヨシ 宝田明

原作・監督・脚本:矢口史靖

企画・制作プロダクション:アルタミラピクチャーズ
配給:ワーナー・ブラザース映画