「三浦貴大」タグアーカイブ

三吉彩花、ムロツヨシ、三浦貴大らが歌い踊る!『ダンスウィズミー』 予告編初解禁!


映画情報どっとこむ ralph 『ウォーターボーイズ』『スウィングガールズ』『ハッピーフライト』の矢口史靖監督最新作『ダンスウィズミー』(8月16日(金)全国公開)は、構想16年、「突然歌って踊り出しておかしくない?」をテーマにしたこれまでにないコメディ! 

この度、予告編が初解禁。

予告編では三吉彩花演じる、子供の頃からミュージカルが大の苦手な主人公・鈴木静香が「ミュージカルっておかしくない!?さっきまで普通にしゃべっていた人が急に歌い出したりして!」と語るシーンから幕を開ける。しかしその直後、そんな静香自身が突然、音楽が聞こえるとミュージカルスターのように歌い踊り出すカラダになってしまう!職場の気になる先輩とのデート中でも音楽が鳴ると急にレストランで歌い出すだけでなく身体が踊り出してしまい、高級シャンデリアにぶら下がったりバク転したりの大騒ぎに!さらに自分の意思に反し、出勤中や、スマホの着信音といった街中に溢れる音楽にカラダが反応してしまうせいで、順風満帆な人生がハチャメチャに!日常生活に支障をきたすその状況に途方にくれ「なんでこんなカラダに!」と頭を抱える静香。恋も仕事も失った静香は、原因を探すため日本中を奔走する! 



そんな静香の“ヒミツ”の鍵を握るのは、個性が強すぎるクセモノたち。やしろ優演じる“イケメンに弱いフリーター”、ムロツヨシ演じる“こズルい調査員”、chay 演じる“ワケありミュージシャン”、三浦貴大演じる“嘘くさいエリート社員”、宝田明演じる“インチキ催眠術師”。そんなひとクセもふたクセもありそうな面々との出会いが予測不能な展開を巻き起こす予感!?豪華キャストたちが歌い踊るミュージカルシーンも、ヒップホップ、アクロバティック、バレエ系、ジャズ系など多岐にわたり、最後には、ムロツヨシ演じる渡辺の歌声にカラダが反応し思わず熱唱してしまう。

映画情報どっとこむ ralph 主人公は音楽を聞くと勝手にカラダがミュージカルしてしまう状況に陥り、踊れば踊るほど先が読めない展開に!妻夫木聡、上野樹里、綾瀬はるか等をスターダムに押し上げてきた矢口監督が日本中のオーディションからヒロイン・静香に選んだのは、今最も輝く若手女優でモデルの三吉彩花。ミュージカル苦手女子・静香が出会うのはワケありのクセ者たち。こズルい調査員の渡辺(ムロツヨシ)、お金とイケメンに弱いフリーターの千絵(やしろ優)、ワケありストリートミュージシャンの洋子(chay)、嘘くさい先輩エリート社員の村上(三浦貴大)、インチキ催眠術師のマーチン上田(宝田明)らが物語の“重要なカギ”を握る!?本格トレーニングを重ねてキャスト自らが演じるミュージカルシーンと予測不能なストーリー。


ダンスウィズミー

公式サイト:
dancewithme.jp

公式ツイッター:
dancewithmefilm


<ストーリー>
静香が何よりニガテなのはミュージカル。しかしある日突然、催眠術をかけられ、音楽を聞くと所かまわず歌い踊り出すカラダになってしまう!
仕事もお金も恋も 二の次にして、催眠術を解くために日本中を駆けめぐるが…。インチキ催眠術師のマーチン上田、ダンス好きで夢見がちなフリーターの千絵、
こズルい興信所の調査員の渡辺、ワケありストリートミュージシャンの洋子、女子憧れのエリート会社員の村上ら、ひとクセもふたクセもある人々との出会いが巻き起こす、
予想もしない展開が待っていた!

***********************************


原作・脚本・監督:矢口史靖(『ウォーターボーイズ』『スウィングガールズ』『ハッピーフライト』)
出演:三吉彩花 やしろ優 chay 三浦貴大・ムロツヨシ 宝田明
企画・制作プロダクション:アルタミラピクチャーズ
配給:ワーナー・ブラザース映画 

©2019「ダンスウィズミー」製作委員会



佐々部清監督映画「大綱引の恋」の主演に三浦貴大。ヒロインに知英で決定!


映画情報どっとこむ ralph 鹿児島県薩摩川内市に420年続く勇壮な“川内大綱引”(せんだいおおづなひき)に青春をかける鳶の跡取りと、甑島の診療所に勤務する韓国人女性研修医との切ない恋と、その二人を取り巻く家族模様を描く映画「大綱引の恋」の主演とヒロインが決定しました。

鳶の三代目の有馬武志役を、映画やテレビドラマで活躍中の三浦貴大さん。

【三浦貴大さんのコメント】
佐々部監督の作品の中で生きられることが、今から楽しみでなりません。家族、そして国を超えた文化、愛情を、今持てる力で丁寧に演じていければと思っています。

映画情報どっとこむ ralph そして武志が思いを寄せる下甑島の瀬々野浦診療所に勤務する研修医のヨ・ジヒョン役を、映画、テレビドラマ、舞台で幅広い役柄を果敢にこなす 知英(ジヨン)さんが演じることになりました。

【知英さんのコメント】
佐々部監督の「チルソクの夏」という作品がすごく好きです。 日韓交流の淡い恋模様など、繊細にノスタルジックに描かれていたのが忘れられません。本作品は、いわば、現代版「チルソクの夏」に思えました。綱引きという行事が韓国と日本の間で古くから伝えられていた文化で交流が行われたことも嬉しく思います。佐々部監督の世界観の中で、思いっきり演じてみたいとワクワクドキドキしています。共演の三浦貴大さんとは初めてご一緒させていただきますが、海を越えた二人の恋を精一杯演じます!

映画情報どっとこむ ralph また、ショートムービー「星に願いを」の第1話「1人じゃなくなる1日」では、岩井俊二監督の指導を受け、自らが短編映画監督としてメガホンを取りました。

【佐々部清監督コメント】
お二人それぞれにお逢いしました。
三浦クンは朴訥な印象、知英さんは逆に煌びやかな印象。
対照的な二人に共通していたのは、真っ直ぐに映画に向き合う強い意志。
そんな二人がどう化学反応するか、そこが観たくなりました。

映画情報どっとこむ ralph 劇場映画 『大綱引の恋』 (おおづなひきのこい)

公開 :2020年11月鹿児島先行公開 (予定)
2021年5月全国公開 (予定)


ものがたり
有馬武志は鳶職・有馬組の三代目だが、35歳にしてまだ独身。鳶の親方でもあり、“大綱引”の師匠でもある父親寛志(60)から常々「早う嫁を貰うて、しっかりとした跡継ぎになれ。」と、うるさく言われている。仕事柄女性とめぐり合う機会が少ない上に奥手の武志には、交際している女性がいない。
とある日、消防団員でもある武志が、川内駅のコンコースですれ違いざまに倒れた老人の救命措置をしているところに、甑島の診療所に勤務する韓国人女性研修医のヨ・ジヒョン(28)が通りかかり、連携プレーにより老人の命は救われる。お互いに名前を名乗ることもなく別れた二人だが、後日韓国からの訪問団の通訳のボランティアで、偶然にも再び出会う。大学で学んだ韓国語を得意とする武志は、ほどなくジヒョンと心を通わせるようになる。年に一度、秋分の日の前夜に催される“大綱引”が近づくにつれ、さらに父親から、国が違うことを理由に反対されればされるほど、二人の恋心のボルテージは上がっていき、結婚を意識するようになる。
しかし“大綱引”開催日直前に、武志はジヒョンから「あと2週間で研修期間が終わり、帰国して韓国の病院で勤務することになっているの…」と告げられる。果たして海を越えて日本と韓国とで離ればなれになる二人の恋のゆくえは?
家族愛をテーマにした作品を世に送り出し続けている佐々部清監督により、二人の恋愛を通して「結婚とは?」、「家族とは?」に迫る感動作。
***********************************

出演者:三浦貴大 知英
他のメインキャストは6月21日に発表予定

企画 :西田聖志郎 『富豪と、嘘と、のぞみ』『六月燈の三姉妹』『霧島の花嫁』
脚本 :篠原髙志 『旅の贈りもの 0:00発』『ふみこの海』 『旅の贈りもの 明日へ』
『うさぎ追いし 山極勝三郎物語』
監督 : 佐々部清
『陽はまた昇る』(日刊スポーツ映画大賞 石原裕次郎賞受賞、日本アカデミー賞 優秀
作品賞受賞)
『チルソクの夏』(日本映画監督協会 新人賞受賞、新藤兼人賞受賞)
『半落ち』(日本アカデミー賞 最優秀作品賞受賞、日刊スポーツ映画大賞 石原裕次郎
賞受賞)
『カーテンコール』(日本映画評論家大賞 作品賞受賞)
『ツレがうつになりまして。』『東京難民』『六月燈の三姉』
『種まく人 夢のつぎ木』『八重子のハミング』『この道』

製作 : パディハウス
制作協力 : シネムーブ

形式 : 劇場用映画
撮影時期 : 2019年9月~10月(実景ロケは2018年9月)
撮影地域 : 鹿児島県薩摩川内市および鹿児島市
配給会社 : 選定中
後援 : 薩摩川内市 川内商工会議所 川内大綱引を継承する会
川内大綱引保存会 他


三浦貴大・阿部進之介 映画「Winny 」制作決定!大規模オーディショ ンも予定


映画情報どっとこむ ralph この度、堀江貴文氏・家入一真氏・山田孝之氏らが審査員を務めた、2018 年のホリエモン万博にて開催された CAMPFIRE 映画祭のグランプリ獲得企画『Winny』が、⻑編実写映画として製作されることが決定しました。

主演を務めるのは、大河ドラマ『いだてん』第二部に出演予定の三浦貴大。
三浦貴大 また、映画『キングダム』、映画『デイアンドナイト』に出演した阿部進之介の出演が決定しております。
阿部進之介 監督は「イイネ!イイネ!イイネ!」(主演:クレイジーケンバンド)、「サブイボマスク」(主演:ファンキー加藤)、 「逃亡料理人ワタナベ」(主演:池内博之)の門馬直人が務め、今後、上記2名以外のキャストは、大規模オーディショ ンにて決定予定です。

映画情報どっとこむ ralph 『Winny』

撮影は2019年11月、公開は2020年春を予定。

【Winnyについて】
天才エンジニアだった金子勇氏が開発した、P2Pファイル共有ソフトのこと。Winnyは「P2P技術」や「リーンス タートアップ」という点で優れていたが、違法ファイルの温床化によって開発者の金子氏は逮捕。7年という⻑い裁 判の末無罪となった。 しかし、同じように音楽ファイル共有ソフト「Napster」を開発したショーン・パーカーは逮捕されることはなく、 その後、Facebook初代CEOとなりSpotifyへの投資もしたのだ。 現在世界中の起業家がYouTubeやNetflixなどの動画配信サービスを展開しているがそこに日本発のものはない。も し金子氏が逮捕されていなかったら、今以上に革的なサービスが日本から生まれていたかもしれない。 先月28日に放送された「NHKスペシャル 平成史スクープドキュメント第8回 情報革命 ふたりの軌跡 〜インタ ーネットはなにを変えたか〜」でも、金子氏とWinny、および今作が特集され、今改めてその存在と技術の価値が注 目を集めている。

【映画「Winny」ストーリー】
映画監督アキラは、刑事だった父を亡くし、久々に実家に帰る。実家で父・隼人の部屋の片付けをしていると、古い 捜査資料を見つけ、父がP2Pファイル共有ソフト「Winny」の開発者東京大学の教授「金子」を逮捕していた事を知る。アキラは、日本で初めてソフト開発者が逮捕されたWinny事件に興味を持ち、事件について調べ始める。金子について取材を進めるうちに、次第に事件に対しての印象が変わってくる。金子に悪意はなかったのか…刑事としての父の行動は本当に正しかったのか…。 Winny事件の真相、金子を取り巻く環境、そこに対立する隼人たち警察。違った立場から見た一つの事件を映画を通して表現しようと決意したアキラは、親友の渡辺、協力者の野口と共にWinny事件の全貌に迫る映画「Winny」を作り上げる事が出来るのか―


***********************************

【キャスト】

三浦貴大 Miura Takahiro (アキラ) 【近年の出演作】 「ダンスウィズミー」(2019)、「空の瞳とカタツムリ」(2019)、「3D彼女 リア ルガール」(2018)、「栞」(2018)

阿部進之介 Abe Shinnosuke (渡辺) 【近年の出演作】 「キングダム」(2019)、「デイアンドナイト」(2019)、「アウト&アウト」(2018)、「栞」(2018)

監督 門馬直人 Monma Naoto 株式会社リクルートの広告ディレクターを経て、映画製作会社ドッグシュガーを設立し、映画・T V ドラマのプロデ ューサー・キャスティングプロデューサーとして活動。「ハヌル-SKY-」(2013) がShort Short Film Festival&Asiaの ミュージックshort部門グランプリを受賞。同年、初の⻑編映画作品「ホテルコパン」(主演: 市原隼人)を 監督。他 にも「イイネ!イイネ!イイネ!」(主演:クレイジーケンバンド)、「サブイボマスク」(主演:ファンキー加藤)など の監督を務め、最作はひかりTVで先行配信がされている配信ドラマ「逃亡料理人ワタナベ」である。

監督:門馬直人
企画:サトシ・フルハシ
脚本:眞武泰徳
プロデューサー:伊藤主税
製作・配給:andpictures|
©映画「Winny」製作委員会


三浦貴大、成海璃子W主演 ヤング ポール監督作品『ゴーストマスター』コメント到着


映画情報どっとこむ ralph 第2回TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM準グランプリ受賞、ヤング ポール監督作品『ゴーストマスター』が今冬、新宿シネマカリテ他にて公開となります。

そのW主演、三浦貴大、成海璃子の出演情報が解禁となり、コメントも到着しました。

流行っているから低予算で作れば儲かる、という安易な発想と低い志で製作されることになった、とある “壁ドン”映画の撮影現場。ところが主演俳優が“壁ドン”について悩みはじめ、撮影がストップしてしまう。殴る蹴るのパワハラも日常茶飯事、24時間稼働当たり前の過酷な現場で、事態の収拾を押しつけられたのは、こき使われるペーペーの助監督・黒沢明。

名前だけは“巨匠”で“一流”だが、断れない性格が災いして要領の悪い、B級ホラーを愛するただの気弱な映画オタクだ。唯一の心の支えとしていた、いつか監督になる夢も無残に打ち砕かれ、黒沢のうっ積した不満は、遂には悪霊を呼び寄せ、監督デビューのために書き温めていた渾身の脚本「ゴーストマスター」に憑依してしまう。撮影現場を阿鼻叫喚の地獄へと変えていく「ゴーストマスター」を、黒沢と撮影隊は止めることができるのか!?

映画情報どっとこむ ralph 主人公、黒沢明を演じるのは、実力派俳優・三浦貴大。監督やプロデューサー、スタッフから怒号や罵声を浴びせられながらも懸命に撮影現場を右往左往する助監督役を、数多くの現場を知る三浦自身の経験値も含めて見事に体現。

三浦貴大さんコメント
もともとホラー映画をあまり見てきていないので、脚本を読んだ時には、どのような映像になるのか全く想像がつきませんでした。撮影を進めていくにつれて、様々な仕掛けを目の当たりにして徐々に図が見えてきた部分もあれば、監督の試みに、未だ全く完成が想像できない部分もあり自分でも楽しみにしております。黒沢というキャラクターは、熱い想いと才能・技量のなさのギャップに苦しんでいます。そこが自分の10代から20代前半の頃となにかリンクする部分もあり、感情移入しやすかった気がします。ゴーストマスターはホラー映画なのか、はたまた青春映画なのか。スタッフキャスト全員で作り上げた、熱い苦しいストーリーです。是非とも劇場で皆様の目でご覧いただきたいと思います。

映画情報どっとこむ ralph そして黒沢が憧れる女優・渡良瀬真奈には、子役時代から抜きんでた存在感を発揮してきた成海璃子が扮し、凛とした美しさや鬼気迫る表情で本作のドラマ要素をしっかりと支えてみせる。

成海璃子さんコメント
猛暑の中、山奥にある廃校での撮影はとにかく過酷でした。
現場は特殊メイク祭り、個性的なキャラクターばかりで、笑いの絶えない現場でした。
なにがなんだか分からないけど、映画愛に溢れた熱い作品です!

映画情報どっとこむ ralph ジャンルを超越したオリジナリティ。究極の映画愛が凝縮した感動作。

ブリュッセル・ファンタスティック国際映画祭にてワールドプレミア!!

『ゴーストマスター』

2019年 冬 新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー

ヤング ポール監督コメント
映画は人間の生き血を吸う。これは本当の事だ。
この映画『ゴーストマスター』も例に漏れず、なんとか作品を完成させ世に送り出そうと集ったスタッフ・キャストの血を容赦なく吸い上げ続け、文字通り私は現場でぶっ倒れながらもなんとか撮影を終えた。が、その後の仕上げでも映画『ゴーストマスター』は尚も血を求め、激しい戦いは続いた。そして、漸く一本の映画は完成した。この映画は、沈下し続ける日本映画界の片隅で実際に我々スタッフ・キャストが映画『ゴーストマスター』と戦った血の記録であり、同じく熾烈な環境に身を置く主人公・黒沢明の青春の光と陰、そして映画への愛と憎しみの物語である。愛するということは、血が流れるという事だ。充分に生き血を吸った映画『ゴーストマスター』は、今まさに世に放たれようとしている。是非目撃して欲しい。

***********************************


監督:ヤング ポール
脚本:楠野一郎(『東京喰種 トーキョーグール』『天空の蜂』) ヤング ポール
撮影:戸田義久(『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』『キャタピラー』)
特殊スタイリスト:百武朋(『ミュージアム』『東京喰種 トーキョーグール』)
出演:三浦貴大 成海璃子
製作 『ゴーストマスター』製作委員会
配給 S・D・P
ⓒ2019『ゴーストマスター』製作委員会
  


TAMA映画フォーラム 映画『四月の永い夢』特別上映会中川龍太郎監督トークショーも!


映画情報どっとこむ ralph TAMA 映画フォーラム実行委員会は、毎年 11 月に開催する映画祭 TAMA CINEMA FORUMとともに、年数回の特別上映会をベルブホール(多摩市立永山公民館)で実施しており、4月27日(土)に映画『四月の永い夢』 を監督トーク付で上映することが決定しました。

『四月の永い夢』は、丁寧で誠実な日常が生みだす幸せと希望をどこか昭和的なノスタルジーと共に伝えてくれる透明感のある作品で、第39回モスクワ国際映画祭 国際映画批評家連盟賞、ロシア映画批評家連盟特別表彰を邦画史上初めてダブル受賞する快挙をなし遂げています。また、多摩市に近い国立市で多くのロケが敢行されており、多摩地域の方には身近に感じられる風景が映し出されています。

当日は、1回目の上映後に中川龍太郎監督によるトークショーを行ないます。
また今回は当日入場者に『四月の永い夢』のロケ地MAP

①東京都国立市ロケーションマップ
②富山県朝日町ロケーションマップ
も進呈!だそう。 

両方が一度に手に入る貴重なチャンスです!

映画情報どっとこむ ralph 詳細

◆開催日:2019年4月27日(土)
◆上映スケジュール:
①10:30~12:03 トーク(中川龍太郎監督)12:03 ~12:30
②13:30~15:03 ③16:30~18:03
※1回目上映中とトークの時間保育サービス実施
◆会場: ベルブホール(多摩市立永山公民館/ベルブ永山5F)
◆料金:
前売・インターネット予約:1,000円(中学生以上)
当日:大人(中学生以上)1,200円、子ども(4歳~小学生)600円
※TAMA映画フォーラム支援会員、障がい者とその付添い者1名は当日600円
※インターネット予約は、上映当日に前売価格にて精算・チケット受渡。受付は4月26日(金)まで
◆発売日: 3月23日(土)より販売開始

(C)2017 Tokyo New Cinema/WIT STUDIO

四月の永い夢

公式サイト:
http://tokyonewcinema. com/works/summer-blooms/

主演の初海役を務めるのは『かぐや姫の物語』(かぐや姫:声)や最近では大河ドラマ「おんな城主直虎」にも出演している朝倉あき。

初海に恋する朴訥で誠実な青年・志熊に、映画TVと大活躍で本作の舞台である「国立」出身でもある 三浦貴大。

3年前に恋人を亡くした27歳の滝本初海。

音楽教師を辞めたままの穏やかな日常は、亡くなった彼からの手紙をきっかけに動き出す。
元教え子との遭遇、染物工場で働く青年からの思いがけない告白。
そして心の奥の小さな秘密。

喪失感から緩やかに解放されていく初海の日々が紡がれる。

***********************************

出演:朝倉あき 三浦貴大
川崎ゆり子 高橋由美子 青柳文子 森次晃嗣
志賀廣太郎 高橋惠子

監督・脚本:中川龍太郎『走れ、絶望に追いつかれない速さで』
配給:ギャガ・プラス
(c)WIT STUDIO / Tokyo New Cinema