「三浦春馬」タグアーカイブ

「アイネクライネナハトムジーク」上海国際映画祭コンペ部門に正式出品決定!


映画情報どっとこむ ralph 三浦春馬さん、多部未華子さんで人気作家・伊坂幸太郎先生の同名ベストセラー「アイネクライネナハトムジーク」(幻冬舎文庫)の映画化。
9月20日より全国公開する今泉力哉監督『アイネクライネナハトムジーク』が、このたび、アジア最大級の規模を誇る国際映画祭「第22回上海国際映画祭」のコンペティション部門に正式出品されることが決まりました。

本作は、人気作家・伊坂幸太郎“初”にして“唯一”の恋愛小説集で、すでに51万部を売り上げる同名ベストセラー「アイネクライネナハトムジーク」(幻冬舎文庫)の映画化。

この度正式出品が決まった「上海国際映画祭」は、中国の上海で開催される国際映画製作者連盟公認の映画祭となり、1993年より開催。今年は第22回目を迎え、6月15日(土)~6月24日(月)まで10日間に渡り開催される予定です。

今回、日本映画でコンペティション部門(実写部門)に選出された作品は、本作『アイネクライネナハトムジーク』のみとなります。
これまでコンペティション部門では、第6回(02年)に岩井俊二監督作『リリイ・シュシュのすべて』が、審査員特別賞と最優秀音楽賞を受賞、さらに第8回(05年)には三原光尋監督作『村の写真集』が最優秀作品賞(金爵奨)を受賞、近年では第19回(16年)に阪本順治監督作『団地』で主演の藤山直美が最優秀女優賞を受賞するなど、日本映画への注目度が高いのも伺い知れます。

映画祭の正式上映(上映日未定)に合わせての今泉力哉監督の渡航は決定!出演者の渡航は未定となっています。

映画情報どっとこむ ralph ★正式出品を受けて今泉監督コメント★

今泉力哉監督:
コンペティション部門に選んでいただき、とても光栄です。アジアの映画祭に参加することも私自身、初めての経験でワクワクしています。観客のみなさんが「佐藤」とその周辺の市井の人たちの<出会い>についての物語と、どう<出会う>のか。今から楽しみにしています。やったね。  
今泉力哉監督
映画情報どっとこむ ralph Eine kleine Nachtmusik 【アイネクライネナハトムジーク】
ドイツ語で、【小さな夜の音楽】の意味。

『アイネクライネナハトムジーク』

9月20日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

9月13日(金)宮城県先行ロードショー

公式サイト:
https://gaga.ne.jp/EinekleineNachtmusik/

アイネクライネナハトムジーク
物語・・・
仙台駅前。大型ビジョンには、日本人のボクシング世界王座をかけたタイトルマッチに沸く人々。そんな中、この時代に街頭アンケートに立つ会社員・佐藤(三浦春馬)の耳に、ふとギターの弾き語りが響く。歌に聴き入る紗季(多部未華子)と目が合い思わず声をかけると、快くアンケートに応えてくれた。二人の小さな出会いは、妻と娘に出て行かれ途方にくれる佐藤の上司(原田泰造)や、分不相応な美人妻(森絵梨佳)と可愛い娘を持つ佐藤の親友(矢本悠馬)、その娘の同級生家族、美人妻の友人で声しか知らない男に恋する美容師(貫地谷しほり)らを巻き込み、10年の時をかけて奇跡のような瞬間を呼び起こす。


***********************************

出演:三浦春馬、多部未華子、矢本悠馬、森絵梨佳、恒松祐里、萩原利久、貫地谷しほり、原田泰造

原作:伊坂幸太郎「アイネクライネナハトムジーク」(幻冬舎文庫) 
主題歌:斉藤和義「小さな夜」(スピードスターレコーズ) 
監督:今泉力哉 『愛がなんだ』
脚本:鈴木謙一
配給・宣伝:ギャガ
(c)2019「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会


出会いがないという全ての人に送る『アイネクライネナハトムジーク』予告編とポスタービジュアル解禁


映画情報どっとこむ ralph 人気作家・伊坂幸太郎ベストセラー「アイネクライネナハトムジーク」が、三浦春馬主演、多部未華子や原田泰造など豪華共演で映画化!!
この度、斉藤和義の主題歌『小さな夜』を使用した予告編と、ポスタービジュアルが解禁となります!

予告編は、3度目のカップル共演となる三浦春馬演じる佐藤と多部未華子演じる紗季の雲行き怪しい会話から始まりつつも、二人の出会いの様子が描かれます。佐藤の大学の同級生で矢本悠馬演じる織田一真と、森絵梨佳演じる由美は結婚して子供も2人、幸せそうな家庭を築いています。一方で、由美の友人の貫地谷しほり演じる美容師・美奈子は、電話の相手に「今のままがいいというか・・・」とつぶやき悩んでいる様子も。また、原田泰造演じる佐藤の会社の先輩であり、妻に逃げられた藤間はショックを受けながらも妻との出会いを振り返り「彼女でよかった」と佐藤に伝えます。さらに、注目の若手俳優、恒松祐里と萩原利久演じる高校生たちも登場。爽やかな斉藤和義らしさ溢れる主題歌にのせて“それぞれの10年間”が巧みに絡み合い、佐藤と紗季の恋が何か動き出しそうな予感を感じさせる予告編となっています。


映画情報どっとこむ ralph ポスターは、佐藤と紗季の2人を軸に、豪華かつフレッシュなキャスト陣がそれぞれ魅力的な表情を見せるチャーミングなビジュアルに!昨年4月にクランクインし、オール仙台・宮城ロケで撮影が行われた本作。仙台出身のサンドウィッチマンの登場も見逃せません。
アイネクライネナハトムジーク
多くの才能の〈出会い〉の連携が生んだ、愛と驚きに満ちあふれた〈出会い〉のドラマ。グルーヴィーなサウンドが優しく包む、愛おしいラブストーリーに心震わせ、小さな日常の奇跡に気づく時、あなたの毎日もまた輝き始める—。

アイネクライネナハトムジーク

9月、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー


ストーリー
仙台駅前。大型ビジョンには、日本人のボクシング世界王座をかけたタイトルマッチに沸く人々。そんな中、この時代に街頭アンケートに立つ会社員・佐藤の耳に、ふとギターの弾き語りが響く。歌に聴き入る紗季と目が合い思わず声をかけると、快くアンケートに応えてくれた。二人の小さな出会いは、妻と娘に出て行かれ途方にくれる佐藤の上司や、分不相応な美人妻と可愛い娘を持つ佐藤の親友、その娘の同級生家族、美人妻の友人で声しか知らない男に恋する美容師らを巻き込み、10年の時をかけて奇跡のような瞬間を呼び起こす。

映画情報どっとこむ ralph 原作情報

伊坂幸太郎「アイネクライネナハトムジーク」(幻冬舎文庫)
「アイネクライネ」に始まり「ナハトムジーク」で終わる、六章から成る連作小説集。伊坂には珍しく恋愛がテーマとなっており、すでに51万部を突破するベストセラー。(2019年4月現在/電子書籍を除く)

 
主題歌情報 
斉藤和義「小さな夜」(スピードスターレコーズ)
原作の始まりに関わり、劇中音楽も手がける斉藤が、映画のために新たに書き下ろした主題歌。
劇中に登場するストリートミュージシャンが10年に渡って奏でる、映画の中でもキーとなる楽曲でもあり、映画自体もこの楽曲で締めくくられる。

Eine kleine Nachtmusik
【アイネクライネナハトムジーク】
ドイツ語で、【小さな夜の音楽】の意味。

***********************************

監督:今泉力哉
キャスト:三浦春馬
多部未華子、原田泰造、矢本悠馬、森絵梨佳、恒松祐里、貫地谷しほり、MEGUMI、濱田マリ、八木優希
サンドウィッチマン(伊達みきお、富澤たけし)

配給:ギャガ


主題歌・音楽:斉藤和義に決定 三浦春馬主演『アイネクライネナハトムジーク』


映画情報どっとこむ ralph 人気作家・伊坂幸太郎“初”にして“唯一”の恋愛小説集「アイネクライネナハトムジーク」が、映画やドラマ、舞台と幅広く活躍中の人気実力派俳優・三浦春馬主演で映画化。9月より全国ロードショーとなります。

この度、映画の中でもキーとなる主題歌『小さな夜』、さらに劇中音楽を、シンガーソングライターの斉藤和義が担当することが発表されました。
原作「アイネクライネナハトムジーク」は、「アイネクライネ」に始まり「ナハトムジーク」で終わる6章の短編からなる連作小説集で、2014年に単行本が発売、2017年には文庫化、現在に至るまでに51万部(電子書籍を除く)を売り上げるベストセラー。

実はこの本が生まれるきっかけとなったのは、原作者・伊坂幸太郎とアーティスト・斉藤和義の絆だった。元々、伊坂が会社勤めをしていた頃、斉藤の「幸福な朝食 退屈な夕食」を聞いて退職を決意し、執筆活動に専念することを決めたという逸話がある。2人の交流は、斉藤が伊坂に“恋愛”をテーマに「出会い」にあたる楽曲の作詞を依頼したところから始まる。

この依頼を受け、斉藤の大ファンである伊坂は、苦手な恋愛モノでも「作詞はできませんが、小説を書くことならば」と短編小説を執筆。これが本原作の第1章「アイネクライネ」となる。これを受けて斉藤は、伊坂の「アイネクライネ」の文章から楽曲『ベリー ベリー ストロング 〜アイネクライネ〜』を制作する。さらにこの曲がシングルカットされるにあたり、初回限定盤の特典小説として、再び伊坂が書き下ろしたのが第2章となる「ライトヘビー」 だ。物語の中には、1回100円でその人の心情に合わせた曲の一部をPCで再生してくれる露店商の〈斉藤さん〉が登場する。この2つの短編に、さらに新たな4つ短編が発表され、連作小説集として完成したのが「アイネクライネナハトムジーク」だ。

映画情報どっとこむ ralph そして、この度本作の映画化が決定し、斉藤和義が主題歌と劇中音楽を手がけることに!

主題歌は、斉藤が映画用に書き下ろした『小さな夜』。本編内でも物語の重要なカギとなる楽曲だ。
多くの才能の幸福な〈出会い〉が重なって生まれた本作。グルーヴィーなサウンドが優しく包む、愛にあふれた〈出会い〉と〈絆〉のドラマが完成した。

◆斉藤和義さんコメント
「小さな夜」は、「ベリー ベリー ストロング 〜アイネクライネ〜」から10年後の2人をイメージして書きました。
元々は伊坂さんと僕で小説と音楽のコラボ企画として作ったものが、時を経て、こうして映画にまでなっちゃって…。なんとも不思議な気持ちです。
イェーイ!やったね!伊坂さん!

◆伊坂幸太郎さんコメント
「この小説はもともと、斉藤和義さんからの依頼で書いたものですし、おかげで、憧れだった斉藤和義さんに会うことができました。
その小説が映画になり、さらに音楽を斉藤和義さんが担当してくれるのですから、幸せです。主題歌も可愛らしさと寂しさのまざった、斉藤和義さんしか作れない曲で、これまた幸せです。」

◆三浦春馬さんコメント
なんでもない日常を丁寧に見つめたこの作品にそっと寄り添い、時にはふつふつとこちらを盛り上げてくれる音楽性が心地よかったです。
気がついていないだけで何処かに小さな幸せはあると期待を持たずにいられない楽曲だと思います。この作品にピタっと寄り添ってくれている気がします。

◆今泉力哉監督コメント
斉藤さんと伊坂さんの出会いによって生まれたこの物語にあとから混ぜてもらった私からすると、斉藤さんがこの映画に音楽をつけることはどこかで必然でした。でもそういう当たり前のことが実は一番難しくて、だから本当に本当に嬉しいです。映画に大きな力を色をあたえていただきました。お楽しみに。

映画情報どっとこむ ralph Eine kleine Nachtmusik
【アイネクライネナハトムジーク】

ドイツ語で、【小さな夜の音楽】の意味。

劇場公開は、9月より全国ロードショーを予定。


物語・・・
ギターの弾き語りが心地よく響く仙台駅前。大型ビジョンからは、ボクシング世界戦のタイトルマッチに沸く声。「劇的な出会い」を待つだけの男・佐藤(三浦春馬)は、妻と娘に出て行かれた会社の先輩のことを思いながら、この時代に街頭アンケートを実施している。それに快く応えるリクルートスーツの女。手には「シャンプー」の文字。大学を中退し居酒屋で働く佐藤の親友は、なぜかみんなの憧れの美人妻をゲットしすでに娘をもつ。美人妻の同級生は声しか知らない男に恋をしている。運命って、奇跡って、幸せって?音と音がつながってリズムやメロディが生まれるように、誰かと誰かが出会って絆や物語が生まれる――これは、不器用で愛おしい面々が織りなす、心温まる愛とか恋の物語。

***********************************

監督:今泉力哉
キャスト:三浦春馬
多部未華子、原田泰造、矢本悠馬、森絵梨佳、恒松祐里、貫地谷しほり、MEGUMI、濱田マリ、八木優希
サンドウィッチマン(伊達みきお、富澤たけし)

配給:ギャガ


『コンフィデンスマンJP』VS竹内結子&三浦春馬&江口洋介 最新予告解禁


映画情報どっとこむ ralph 『ミックス。』『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズ、「リーガル・ハイ」など、映画からテレビドラマまで数々のヒット作を手掛けている脚本家・古沢良太さんによるオリジナルのテレビドラマとして人気を博した、2018年4月期の月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』。

総合視聴率の平均が15.1%を記録、2018年6月度ギャラクシー賞月間賞受賞や、2018年4月期コンフィデンスアワード・ドラマ賞の主演女優賞、脚本賞を受賞するなど、各所から評価の高い大人気ドラマが映画化!

常識はずれの天才詐欺師“ダー子”(長澤まさみさん)、お人好しな詐欺師“ボクちゃん”(東出昌大さん)、ベテラン詐欺師“リチャード”(小日向文世さん)ら3人の信用詐欺師たちが、あらゆる業界を舞台に欲望にまみれた人間からお金をだまし取る“痛快エンターテインメントコメディ作品”『コンフィデンスマンJP』が5月17日(金)スクリーンに帰ってきます!

そしてこの度、映画を彩る豪華な3名のゲストキャストと最新の予告映像が解禁!併せて各キャストのコメントも到着しました。

映画情報どっとこむ ralph 香港マフィアの女帝“ラン・リウ”役には、様々なドラマや映画で主演を務め、1月10日よりスタートしたドラマ「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」では主演を務める竹内結子さん。世界最高のダイヤを所有し、冷酷非情な性格から“氷姫”の異名を持つミステリアスな女性を演じます。


◆竹内結子さん【ラン・リウ 役】コメント
香港マフィア「射手座集団」を束ねるボスの女性“ラン・リウ”を演じました。気性が荒かったり穏やかだったり、振れ幅の大きい役で演じがいがありましたし、何より広東語を喋るという意味では、とても手に汗握る役作りでした!作品はドラマ版から観ていたので、この世界に私も参加できる喜びと同時に、オファーして頂いたからには期待に応えないと、という緊張もありました。夢中で演じているうちに撮影が終わってしまったんですけど(笑)。ドラマ版から続いて騙されていくその展開の面白さと、演じている私自身も結末がどうなるか分からないという快感の渦の中に、一緒に飲み込まれていく楽しさが映画『コンフィデンスマンJP』一番の魅力だと思います。ぜひ私と一緒に劇場で騙されてください!


その香港マフィアの女帝が所有するダイヤを狙う天才恋愛詐欺師“ジェシー役”を演じるのは、様々な映画、ドラマに出演し続け、近年では舞台「キンキーブーツ」でドラァグクイーンというインパクトのあるキャラクターを演じ第24回読売演劇大賞優秀男優賞を受賞した三浦春馬さん。

◆三浦春馬さん【ジェシー 役】コメント
今回僕自身初めてとなる、詐欺師役を演じさせていただきました。二面性があるキャラクターだったので、とてもやりがいのある役どころでした。ロマンス編ということで、見え隠れするダー子との恋の展開に僕はグッと持っていかれましたし、それが甘酸っぱいものになるのか、はたまた大人な恋模様が醸し出されるものになるのかとても楽しみです。かなりエッジの効いた規格外の大どんでん返しが最後に待っていますので、是非そのどんでん返しを楽しみに、公開を待っていただければと思います。


本作では“天才恋愛詐欺師”の異名を持ち、持ち前の恋の駆け引きの上手さで、ダー子や香港の女帝に揺さぶりをかけていきます。そしてドラマ第1話にて、ダー子達に20億を騙しとられ復讐に燃える公益財団「あかぼし」の会長“赤星栄介”を演じるのは映画『孤狼の血』など話題作への出演が続く江口洋介さん。

◆江口洋介さん【赤星栄介 役】コメント
ドラマの第一話では騙し合いの末敗北し、映画ではダー子達に復讐しようと手段を選ばない赤星という男を演じました。ドラマでは『ゴッドファーザー』に出てくる男たちを彷彿とさせるような仕草を演技に盛り込みましたが、今回も『アンタッチャブル』を連想させるシーンがあったりして、映画ファンも楽しめる内容になっているのではないかと思います。香港では、汗だくになりながら撮った見応えのあるシーンがたくさんあるので、映像から伝わる熱気と、アジアを股にかけたスケールアップした騙し合いを楽しんで頂きたいですね。
騙すか騙されるか、勝つのは誰か。最後の最後まで引っ張って、「やられた!!」とお客さんが思うようなものになっていますので、ぜひ劇場で観て頂きたいと思います。

伝説のダイヤを巡る心理戦・壮大なスケールの騙し合いに、主役級の豪華ゲストキャスト陣がどのように絡んでくるのか、ご期待ください!

映画情報どっとこむ ralph 映画『コンフィデンスマンJP』の最新予告映像が完成!



舞台は香港。狙うは冷酷非情な香港マフィア“ラン・リウ”(竹内結子)が所有する世界最高のダイヤ!
ドラマに引き続き、「コンフィデンスマンの世界へようこそ」というセリフで幕を開ける予告映像では、主人公の天才詐欺師・ダー子に、同じくそのダイヤを狙うこちらは、天才「恋愛」詐欺師“ジェシー”(三浦春馬)が接近。ダー子と過去に何らかの因縁があるジェシーと、ボクちゃん・リチャードら仲間との狭間で、気持ちが揺れるダー子の姿が描かれています。そしてダー子らにかつて大金を騙し取られ、3人への復讐心に燃える“赤星栄介”(江口洋介)が現れ、登場人物たちが叫び、怒り、涙して思わぬ事態へと発展する様子が垣間見える期待感特盛の予告映像となっています!

本作は毎話「~編」と銘打たれていましたが、映画版ではなんと「ロマンス編」!一体どんなロマンスが本編で展開されていくのか。

そしてダイヤを手にするのは誰なのか。すべてを欺く天才詐欺師も愛には抗えないのか。何が真実で、何が嘘か。この映像を見た瞬間から、貴方はすでに騙されているかも…!?

映画情報どっとこむ ralph “目に見えるものが真実とは限らない。何が本当で、何が嘘か?”

「人に欺かれるのではない。自分が己を欺くのである。」(ゲーテ)騙されるのは敵か味方か? ウソをついているのは誰なのか?
そして最後に笑うのは?

コンフィデンスマンJP

2019年5月17日(金) あなたは絶対ダマされる・・・!?


映画公式サイト:
http://confidenceman-movie.com 

公式Instagram(映画・ドラマ共通):
@confidenceman_jp/

公式Twitter (映画・ドラマ共通) :
@confidencemanJP


***********************************

監督:田中亮
脚本:古沢良太
出演:長澤まさみ 東出昌大 小手伸也 織田梨沙・小日向文世 竹内結子 三浦春馬 江口洋介
制作プロダクション:FILM
配給: 東宝
製作:フジテレビ・東宝・FNS27社 
音楽:fox capture plan
公開: 2019年
©2019「コンフィデンスマンJP the movie」製作委員会



大泉 洋・高畑充希・三浦春馬 登壇!『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』公開前夜祭


映画情報どっとこむ ralph 大泉洋主演『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』が、ついに12月28日(金)より全国公開となります!

本作は、難病の筋ジストロフィーを患いながらも、車いす人生を駆け抜けた鹿野靖明さんと、そんな真っ直ぐな生き方の彼に出会って変わっていく人々の人生を描いた、この冬最高の感動実話。実在した人物・鹿野靖明の力強い人生を、同じく北海道出身の大泉洋が演じ、日本中を<笑いと涙>であたたかく包みます。

その公開前夜となる12月27日(木)に舞台挨拶が行われ、大泉洋さん、高畑充希さん、三浦春馬さん、前田哲監督登壇しました!
そして、トーク後は、フォトセッションのバナナ鏡開き! 「樽の中身までバナナかよ!」ということで、樽の中身のバナナジュースでカンパーイ!最後には、真面目バージョンの大泉さんのメッセージで締めました。


日程:12月27 日(木)
場所:丸の内ピカデリー
登壇者:大泉 洋 高畑充希 三浦春馬 前田哲監督

映画情報どっとこむ ralph 観終えたばかりの観客の温かい拍手に迎えられたキャストと監督。

大泉さん:初日が普通ですが今日は前夜祭。明日から、いよいよ公開。並々ならぬ気合で撮影をしまして、並々ならぬ気合で宣伝活動してまいりました。昨日の夜9時から生放送で11時まで。そして、早朝から生放送。一人で24時間テレビに出ている気分でした!(大爆笑)並々ならぬ気合で舞台挨拶を行いたいと思います!高畑さん!なんかビラビラしてるのね。可愛いですよ!
と、本日の高畑さんの衣装をいじると

高畑さん:(短冊みたいで)チョット願い事書いたら叶いそうでしょ。並々ならぬ気合でこの服にしました。夏前に北海道で撮影をして、楽しい現場でしたし、映画を観て、なんて気持ちがポカポカする映画だろうと。好きだなと。皆さんに早く観ていただきたいです!

三浦さん:映画の出来はどうでしたか!?(サイコー)嬉しいです。現場でも、監督・キャスト心を込めて創った作品が沢山の人に知られて行くんだなと。前向きな気持ちにしてくれるいい作品になったなと思っています。並々ならぬ気持ちで幸せな気持ちでいっぱいです!
と、並々ならぬで締められて満足気な三浦さん。

前田監督:並々ならぬ思いで・・・。3年半前には映画にできるか?というところから始まって。こうして皆さんに届けることが出来て嬉しいです。大泉さんはじめ、キャストのみなさんと過ごした時間は僕の宝物です。勇気と元気を届けたいと思って創った映画です。
と其々ご挨拶。

映画情報どっとこむ ralph 主人公の鹿野靖明さんの誕生日が12月26日。この映画を通じてどのような影響がありましたか?の質問に

三浦さん:人と関わるにあたって、どう自分の殻を破るのか?役を通して、その大切さや難しさ、素晴らしさを感じました。バトンタッチ!

と舞台稽古から直で来て、まだ切り替えが出来ていないのか言葉がまとまらない三浦さんに突っ込みを入れる大泉さん。

高畑さん:良い人でいる事がBESTではないのかな。。良い人でいなくても良いのかなと。ぶつかる勇気をもらえました。
大泉さん:いろんな映画を撮って、役を通して何か変わったところは?って聞かれますが、映画とって変わる?って思ってました。(笑)でも、今回は変わった気がします。今まで娘に「人に迷惑をかけるんじゃないよ」って教えて来ましたが、「出来ないから仕方ないんじゃない。」って、助けてもらって諦めないのも良いのじゃないかなと。そして、助けてあげられる人になってくれたらいいなと。考え変わったかなと。
と、大泉さんを変えた作品になったそう。

続いて「わがまま」でやってみたいことを教えて!の質問に

前田監督:北海道で烏賊が食べられなかったので、烏賊を食べたい!

高畑さん:この映画がいい感じになって、北海道にもう一回行って、羊を食べて、お寿司を食べて、走りたい!

大泉さん:わがままだな。物凄く横っ腹痛くなるよ!
とフォロー?

大泉さん:春馬君とスナックでカラオケして。春馬君の「 走れマキバオー」素晴らしいです。その他の曲も聞きたい。そして充希ちゃんの歌も聞きたい。3人で歌いあげたい!出来れば・・・「グレーティストショーマン」の曲!物凄い落ち込んだところから始めます!

と言うと、日テレアナウンサーのMCはカメラを入れて良いか?と会社思い発言。これはあえなく却下!

映画情報どっとこむ ralph で、フォトセッション!
からのバナナ鏡開き!「樽の中身までバナナかよ!」ということで、中身はバナナジュース!
でカンパーイ!

最後に、
大泉さん:この作品は鹿野さんに導かれた気がします。映画の部屋は鹿野さんが本当に使っていた部屋がたまたま空いて撮影しましたし、宿も鹿野さんが泊まった部屋。そして26日がお誕生日で28日公開。なんか凄いなと。鹿野さん亡くなる日は、ボランティアを帰して、プロの介護士の方に任せて。ありがとうと残して亡くなられた。あれだけ我儘だった方が最後にはボランティアの方々に我儘を言わずに逝かれた。あらためて彼を愛さずにはいられません。本当に演じられてよかったなと思っています!ご存命なら59歳。一度話してみたかったと思いますね。
いよいよ明日初日。彼のわがままは動けない人たちの代弁だと思います。助けてもらえれば色々なことが出来るんです。多くの方が色々考えて下さればいいなと。多くの方に観ていただいて、多くの方に伝わればと思います。

と、目を赤くしながら真面目バージョンの大泉さんのメッセージで締めました。

映画情報どっとこむ ralph 『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』

公式サイト 
bananakayo.jp
公式Twitter 
@bananakayomovie

物語・・・
札幌で暮らす鹿野靖明(大泉洋)は幼少から難病の筋ジストロフィーを患い、車いす生活。体で動かせるのは首と手だけで、介助なしでは生きられないのに病院を飛び出し、ボランティアたちと自立生活を送っていた。夜中に突然「バナナ食べたい」と言い出すワガママな彼に、医大生ボラの田中(三浦春馬)は振り回される日々。
しかも恋人の美咲(高畑充希)に一目ぼれした鹿野から、代わりに愛の告白まで頼まれる始末!最初は面食らう美咲だが、鹿野やボラたちと共に時間を過ごす内に、自分に素直になること、夢を追うことの大切さを知っていく。そんなある日、鹿野が突然倒れ、命の危機を迎えてしまう…。


***********************************

大泉 洋 / 高畑充希 三浦春馬
萩原聖人 渡辺真起子 宇野祥平 韓英恵/竜 雷太 綾戸智恵/佐藤浩市/原田美枝子
監督:前田哲
脚本:橋本裕志
音楽:富貴晴美
原作:渡辺一史「こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち」(文春文庫刊)
主題歌:「フラワー」ポルノグラフィティ(SMEレコーズ)
製作:「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」製作委員会  製作幹事:松竹・日本テレビ
配給:松竹
札幌フィルムコミッション支援作品
©2018「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」製作委員会