「三浦大輔」タグアーカイブ

おかわり娼年リピーター続出中!真飛聖、冨手麻妙、猪塚健太「Le Club Passion」メンバー登壇!舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 作家・石田衣良のベストセラー恋愛小説を映画化した『娼年』。その大ヒットを記念し、5月2日、渋谷シネパレスにて三浦大輔監督、真飛聖さん、冨手麻妙さん、猪塚健太さんが舞台挨拶に登壇した。

公開4週目を迎えてもなお、その勢いは落ちることなく幅広い世代の女性を中心に大ヒット、ネットでも多くの口コミが上がっている本作。

今回の舞台挨拶は、三浦大輔監督をはじめ、松坂桃李さん演じる主人公・リョウが所属するボーイズクラブ、「Le Club Passion」のメンバーを演じた3人真飛聖さん、冨手麻妙さん、猪塚健太さんが集結。
日付:5月2日(水)
会場:渋谷シネパレス
登壇:真飛聖、冨手麻妙、猪塚健太、三浦大輔監督

映画情報どっとこむ ralph 主演の松坂桃李さんの印象について話が及ぶと、舞台「娼年」から共演している猪塚さんは

猪塚さん:皆さんが抱いているパブリックイメージと、僕らも変わらない。可愛いところもあります。(笑)

と言い、

真飛さん:“まっすぐな瞳”。寡黙なイメージでしたけど、すごくざっくばらんで気さくな方。

と語り

三浦監督:男も好きになっちゃう男。松坂くんに勝てる気がしない。

と言うと、

真飛さん:どこに勝とうとしてるんですか!(笑)

と真飛さんが鋭くツッコミを入れ、会場は大爆笑!!

映画情報どっとこむ ralph 話題はそれぞれのキャラクターを作り上げるまでの過程へ。
それぞれ細かい拘りがあったことが明かされ、特に真飛さん演じるオーナーの御堂静香に関して、

三浦監督:メイクが濃すぎると魔女っぽくなるし、カリスマ性も出さないといけない。そのバランスは考えました。

と振り返ると、衣装合わせ当時にセミロングだった真飛さんは、監督の指示でエクステンションを付け、ロングヘアを作って撮影に挑んだことを明かしました。


劇中で母子を演じた真飛さんと冨手さん。
冨手さんは咲良を演じる上で、

冨手さん:静香という母親の存在が一番大事だったんです。撮影中に三浦監督から「本当に似てきたね。と言われて、嬉しかったし、目標としていたところに行けたのかなって思いました。

と語った。

映画情報どっとこむ ralph 中には、18歳になったばかりという女子高生や、何度も鑑賞しているリピーターも多く来場。
R-18指定作品にも関わらず、幅広い世代からの支持を獲得している本作について

冨手さん:公開から約一ヶ月弱経っても満席が続いていて、本当にありがたいです。1回目は衝撃で、2回目3回目は新しい発見もあると思うので、是非“おかわり娼年”でよろしくお願いします!

猪塚さん:“おかわり”の先には、“わんこ娼年”。何回も是非観ていただきたいです。

とアピール。

三浦監督:これからも娼年を宜しくお願いします。

と締め、舞台挨拶は終了した。

映画情報どっとこむ ralph GW真っ只中、満席となった会場。

娼年

全国大ヒット公開中!

公式HP:
http://shonen-movie.com/

公式twitter:
https://twitter.com/shonen_movie

物語・・・
主人公の森中領(もりなかりょう)は東京の名門大学生。日々の生活や女性との関係に退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。ある日、領の中学校の同級生で、ホストクラブに勤める田嶋進也(たじましんや)が、美しい女性をバーに連れてきた。女性の名前は御堂静香(みどうしずか)。「女なんてつまんないよ」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。それは、静香が手がけるボーイズクラブ、「Le Club Passion」に入るための試験であった。 入店を決意した領は、その翌日に静香の元を訪れ、娼夫「リョウ」として仕事を始める。最初こそ戸惑ったが、娼夫として仕事をしていくなかで、女性ひとりひとりの中に隠されている欲望の不思議さや奥深さに気づき、心惹かれ、やりがいを見つけていく。
    
***********************************

キャスト:
松坂桃李  真飛聖  冨手麻妙 猪塚健太 桜井ユキ 小柳友 馬渕英里何 荻野友里 佐々木心音 大谷麻衣 階戸瑠李 西岡德馬/江波杏子

脚本・監督:三浦大輔
原作:石田衣良「娼年」(集英社文庫刊) 
製作幹事:ファントム・フィルム ハピネット
制作プロダクション:ホリプロ
企画製作・配給:ファントム・フィルム  映画の区分: R18+
(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会


女性限定『娼年』上映回に松坂桃李舞台挨拶!複数回観たという⼥性も多数に・・・


映画情報どっとこむ ralph 2001年の直木賞候補になり、性の極限を描いたセンセーショナルな内容が話題を呼んだ石田衣良の恋愛小説「娼年」が、2016年の舞台と同じ松坂桃李x三浦大輔のコンビで映画化、 4/6(金)より全国公開となりました。

R18+指定ではあるものの、口コミ大ヒット中!

これを記念して本日4月15日(日)東京・日比谷のTOHOシネマズ日比谷にて女性限定上映会が開催され主演の松坂桃李が舞台挨拶に登壇してトークイベントが行われました。

開催概要
日付:4月15日(日)
会場:TOHOシネマズ 日比谷
登壇:松坂桃李

映画情報どっとこむ ralph 大歓声に迎えられた松坂さん。

どこもかしこも⼥性で、しかも彼⼥たちがつい先ほどまで、松坂の濡れ場を大スクリーンで鑑賞していたと いう状況に

松坂さん:これはハードプレイですね(笑)。たまげます。

と困惑気味で、主演であるにもかかわらず

松坂さん:アウェー感が…

と苦笑い。

春ということで邦画、アニメ大作が興⾏ランキングの上位を占める中、4月6日(⾦)の公開以降、連日のように都内各所で本作が満席になっているとの情報に

『コナン』でも『リメンバー・ミー』でもなく︖ すごいですねぇ…。

と感嘆。

決して公開規模が大きいとは言えず、R18+指定ということもあり、公開前のTVでのプロモーション活も限られた作品

松坂さん:鶴瓶さんとちょっと話して(『AStudio』、『巷(チマタ)の噺』)、徹⼦さんの部屋にお邪魔した(『徹⼦の部屋』)くらいだったんですけど…。この作品は、⾒てくだ さったみなさんの支えでいろんな人に広まっているんだということを強く感じています。

と観客の口コミレベルでの広まりに感謝。
A-studioでのプロモーション

「徹子の部屋」でのプロモーション

映画情報どっとこむ ralph 松坂さん:今回はセリフよりも体のコミュニケーションや表情で成⻑を⾒せられたらと思い、そこは大事にした。

と語る松坂さん。

物語が進むにつれて、 体もシャープになっていると指摘されると

松坂さん:それは撮影のつらさでそうなりました(苦笑)。

と告白。朝から深夜まで、濡れ場を撮りっぱなし過酷な撮影を振り返り

松坂さん:そんなに⻑時間、やるもんじゃないですよ(笑)。ずっと裸で、 風邪ひくかと…。『服、着させてくれ︕』って感じになってました。だんだん、慣れてきて抵抗がなくなるんですね。(現場でス タッフや監督が発する)『ここ』とか、細かいワードが卑猥な部分だったりするんですけど、だんだん恥ずかしげなく発言するようになって、 現場は卑猥な言葉ばかりでした。(卑猥な言葉ばかりが飛び交うので)メイキングが撮れない…(笑)。

と現場のエピソードを語りました。

映画情報どっとこむ ralph 劇場には、既に複数回観たという⼥性も多数。

松坂さん:さすがに笑えますよね?その見方がある種、正解です。

とセックスを通して描き出される人間の滑稽さを大いに笑ってほしいとアピール。

特に温泉宿で、西岡徳馬さん演じる泉川の目の前で、佐々木心音演じるその若い妻と行為に及ぶシーンについて

絶対に笑ってください!緊張の糸が張り詰めているので、そこで緊張をほぐして、 我慢せずに大いに笑ってほしいです。

と呼びかけていた。

映画情報どっとこむ ralph 改めて本作の内容について

松坂さん:賛否は絶対にあると思うし、それは僕と三浦さんがすべて受け止めますので、感想をお待ちしています!

と力強く語る松坂さん。

さらに、スタッフから仕入れた情報として

松坂さん:『娼年』と『コナン』を2本⽴てで⾒る人が多いそうです。なぜだろう…︖ 映画館にはいろんな癒しがあるんだなと思います。ジャンルに関係なく、いろんな層の方が観てくれるのは嬉しいです。

とニッコリ。さらにコナンくんをライバル視しつつ

松坂さん:こちらは頭脳も体も大人の男がいろんな事件に巻き込まれます(笑)。R 指定もついて、あまり多く番宣はできませんでしたが、たくさんの人が⾒てくださっていると知って、みなさまのおかげと感謝しております。 本当にありがとうございます。

と深々と頭を下げ、イベントを締めました。


娼年

TOHOシネマズ 新宿他全国公開中!

公式HP:
http://shonen-movie.com/
公式twitter:
@shonen_movie

STORY
主人公の森中領(もりなかりょう)は東京の名門大学生。

日々の生活や女性との関係に退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。ある日、領の中学校の同級生で、ホストクラブに勤める田嶋進也(たじましんや)が、美しい女性をバーに連れてきた。女性の名前は御堂静香(みどうしずか)。

「女なんてつまんないよ」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。それは、静香が手がけるボーイズクラブ、「Le Club Passion」に入るための試験であった。 入店を決意した領は、その翌日に静香の元を訪れ、娼夫「リョウ」として仕事を始める。最初こそ戸惑ったが、娼夫として仕事をしていくなかで、女性ひとりひとりの中に隠されている欲望の不思議さや奥深さに気づき、心惹かれ、やりがいを見つけていく。
    

***********************************


松坂桃李  真飛聖  冨手麻妙 猪塚健太 桜井ユキ 小柳友 馬渕英里何 荻野友里 佐々木心音 大谷麻衣 階戸瑠李 西岡德馬/江波杏子

脚本・監督:三浦大輔  
原作:石田衣良「娼年」(集英社文庫刊) 
製作幹事:ファントム・フィルム ハピネット
制作プロダクション:ホリプロ
企画製作・配給:ファントム・フィルム
映画の区分: R18+
(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会
   


三浦大輔 x 石田衣良 映画 『娼年』公開直前トークイベント 


映画情報どっとこむ ralph 石田衣良の恋愛小説「娼年」が、2016年の舞台と同じ松坂桃李x三浦大輔のコンビで映画化、4月6日(金)より全国公開となります。

この度、本作の監督をつとめた三浦大輔、「娼年」原作者である直木賞作家・石田衣良に加えて、本作を一足先に鑑賞し絶賛した著述家・湯山玲子をMCに招き、映画『娼年』について語りつくすトークイベントを実施いたしました。

映画 『娼年』公開直前トークイベント
日程: 4月2日(月) 
場所:ブロードメディアスタジオ試写室
登壇:三浦大輔(脚本・監督)、石田衣良(原作)  
MC:湯山玲子 (著述家)

映画情報どっとこむ ralph 退屈な日常を送る20歳の大学生・森中領は、会員制ボーイズクラブのオーナー・御堂静香に誘われ“娼夫”となる。リョウはさまざまな女性たちと身体を重ねながら、彼女たちの心の奥に隠された欲望や心の傷を優しく愛し、自らも少しずつ成長していく。原作の魅力をそのままに、美しくも鮮烈な愛のドラマが完成いたしました。

トークイベントは、MCの湯山玲子の映画『娼年』への感想から始まった。

湯山さん:女性のパンドラの箱を開けてしまったエンターテインメント。松坂桃李演じるリョウがいれば、ほかの男性はいなくても良いという、男性にとって不都合な真実が隠されているのでは?今は女性が性の欲望を認めはじめ、謳歌するまでの端境期です。映画は時代を変えていきます。この映画『娼年』が存在した以降、10年後はどうなるんでしょうか?ワクワクしました。

という称賛のコメントで会場を盛り上げ、脚本・監督の三浦大輔と原作の石田衣良を迎えた。

石田先生:大人向けの恋愛映画がやっとできたと思えました。こんな映画をずっと待っていました。

と映画を大絶賛。原作については

石田先生:子どものころから妄想していたことが初めて役に立った小説。(原作を)書いているときは楽しかったなあ。

と振り返る先生の子供の頃が気にかかる発言も。一方、先生の作品を舞台化・映画化した三浦監督は

三浦監督:撮影は本当に大変でした。舞台も映画もやりきらないといけないという義務感はありました。撮っているときは、役者も口を揃えて辛かったと言っていますが、楽しくはなかったです(笑)。でも、良い作品ができるとは思っていました。

と語った。

映画情報どっとこむ ralph セックスシーンについて

湯山さん:(他の映画は)そんな表情をしないよとか、嘘がばれることがよくあります。でも、この作品には嘘が無かった。

と話を振ると、

石田さん:普通、セリフで心境の変化や成長を描くじゃないですか。それをセックスシーンだけで描くのは大変だったと思います。三浦監督がボリショイ・バレエのような細かい演出をしているんです。

と解説した。

湯山さん:この映画は、女性の欲望を喚起するシーンはあるのに、男性が好むチラリズム的な描写が全くない。

とが指摘すると、

石田先生:三浦さんは女性に対してファンタジーを持っていないんです。本当にリアルに描く方で、それがこの作品に合っていたんだと思います。

三浦監督:女性への優しい目線は、石田さんの原作を受け継ごうと思いました。

と説明した。

映画情報どっとこむ ralph 話は、主演の松坂桃李起用へと移る。

三浦監督:舞台の時から、小説を読み込み、役作りも相当していたし、覚悟が決まっていました。松坂くん以外は考えられません。

と力説。

石田先生:この役は散々セックスをするので、透明感がある俳優じゃないとどんどん汚れていってしまう。松坂くんの透明感はぴったりだと思いますよね。

と称賛。熱演した女優たちについても、

三浦監督:現場で松坂くんについていけば自然に感情が湧くようになっていました。

との松坂への賛辞がつづくのを聞いた石田先生は

石田先生:30代の松坂くんがやるようないい話を考えてみようかな・・・

と会場から嬉しい悲鳴が上がるコメントも。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

三浦監督:R18+作品ですが、いろんな人に観てもらわないと意味がないと思っています。普段映画館へ行かない人まで広まったら、面白いことになるんじゃないか、映画界が賑やかになるんじゃないかと思っています。ぜひ周りの人に勧めて欲しいです。

石田先生:女性同士で観るのも良いし、あとはカップルで観てほしいです。帰りに一杯飲みながら、本当はこんなことしたかったんだけど・・・と『娼年』をネタに盛り上がりラブホテルへ行ってください。

湯山さん:女性同士で行って、観た後は飲みに行くと盛り上がると思う。

と三人三様の楽しみ方を提案。大盛況のうちにトークイベントは終了した。


映画 『娼年

物語・・・
主人公の森中領(もりなかりょう)は東京の名門大学生。日々の生活や女性との関係に退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。ある日、領の中学校の同級生で、ホストクラブに勤める田嶋進也(たじましんや)が、美しい女性をバーに連れてきた。女性の名前は御堂静香(みどうしずか)。「女なんてつまんないよ」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。それは、静香が手がけるボーイズクラブ、「Le Club Passion」に入るための試験であった。 入店を決意した領は、その翌日に静香の元を訪れ、娼夫「リョウ」として仕事を始める。最初こそ戸惑ったが、娼夫として仕事をしていくなかで、女性ひとりひとりの中に隠されている欲望の不思議さや奥深さに気づき、心惹かれ、やりがいを見つけていく。

***********************************

松坂桃李  真飛聖  冨手麻妙 猪塚健太 桜井ユキ 小柳友 馬渕英里何 荻野友里 佐々木心音 大谷麻衣 階戸瑠李 西岡德馬/江波杏子

脚本・監督:三浦大輔
原作:石田衣良「娼年」(集英社文庫刊)
製作幹事:ファントム・フィルム ハピネット
制作プロダクション:ホリプロ
企画製作・配給:ファントム・フィルム
レイティング: R18+
(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会
  


映倫も驚く、R18+映画での松坂桃李主演映画『娼年』 プロデューサーが裏話


映画情報どっとこむ ralph 石田衣良の恋愛小説「娼年」が、2016年の舞台と同じ松坂桃李x三浦大輔 のコンビで映画化、4月6日(金)より全国公開となります。 この度、困難と言われていた『娼年』映画化を実現したプロデューサーが裏話を明かしました。

原作は2001年の直木賞候補にもなった石田衣良の同名小説。

2008年発表の「逝年」、小説すばる誌で現在連載中の「爽年」と続く人気 シリーズの原点で、女性の欲望をありのままに描いた刺激的な内容と、女性たちに向き合うことで変化を遂げていく主人公・リョウの姿を繊細な表現で描き、多くの女性から共感を集めた。そんな人気恋愛小説「娼年」の映画化は、実は過去にも何度か企画されたのだが、実現しなかったそう。

映画情報どっとこむ ralph 今回、映画化実現について、

小西プロデューサー:撮影前、念の為、レイティングを確認しようと、映画倫理機構(映倫、以下、映倫)に台本を持ち込みました。意外にも映倫のご当者はすでに原作小説も読まれていました。なぜなら、過去に何度か映像化が企画され、性描写などについて相談を受けたりしたことがあったそうで、気になったので原作を読んだんです。というお話をされていました。結局、どれも実現に至らなかったようですが、質問や相談の多くはR18+指定にならないような描写にするにはどうし たらよいか?というものだったそうです。また、主人公リョウを含め演じる俳優さんがなかなか見つからないみたいですよ。 というお話もされていました。そもそもあの原作を映像化するにはR18+でないと無理なんだと再認識しましたし、松坂 さんや出演者の方々の役者魂を改めて物語っているエピソードだと思います。

そういう背景があったため、 台本を読んだ映倫当者は、

「本当にこのままやるんですか︖」
「主人公を松坂桃李さんがやるんですか︖」

と目を丸くし驚きを隠さなかったという。その台本は、“R18+指定にならないような描写”ではなく、 「“性描写”に関しては一切妥協しない」と 脚本・監督三浦大輔が語る通り、半分以上をセックスシーンが占め、事細かに⾏為の描写が書き込まれていた。

映画情報どっとこむ ralph
実は、原作者・石田衣良も、「娼年」執筆にあたり、編集者に、大学生の娼夫がたくさんの女性と性の仕事をしていくなかで、ひとりの人間として 成長していくストーリーであることと、「セックス表現からは絶対に逃げないで書きたい」と説明しています。

そんな監督、原作者がこだわった、「性描写 に関しては妥協しない」「セックス表現からは絶対に逃げない」という、他の企画とは真逆の“R18+も厭わない”アプローチが映画化実現への大き なポイントとなったことは間違いない。

結果、映倫の当者からは、

「R18+なら何の問題もありません。」

と太鼓判を押される。さらに帰り際に、「この小説を描写も含め中途半端に映画化するならやる意味がないと思う。応援していますから是非実現してください。」とエールを送られたそう。

これは、映画史における「事件」になる。困難と言われた映画化に、「“性描写”に関しては一切妥協しない」と言う三浦大輔監督とともに臨んだ松坂さんが、「ここまで精神的に追い込まれた現場は初めてかもしれません」と語るように、監督、スタッフ、俳優陣が全身全霊を込めて作った渾身の作品。

映画情報どっとこむ ralph 「娼夫」になる領を通して描かれる性、その性を通してひとりひとりの奥深くに潜む人間ドラマ。

松坂桃李が静かに凄い。

映画『娼年

4月6日(金)、TOHOシネマズ 新宿 他 全国ロードショー
公式HP︓
http://shonen-movie.com/
Twitter:
@shonen_movie


ストーリー
主人公の森中領(もりなかりょう)は東京の名門大学生。日々の生活や女性との関係に退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気⼒な生活を送っている。ある日、リョウの中学校の同級生で、ホストクラブに勤める田嶋進也(たじましんや)が、 美しい女性をバーに連れてきた。女性の名前は御堂静香(みどうしずか)。「女なんてつまんないよ」というリョウに静香は“情 熱の試験“を受けさせる。それは、静香が手がける会員制ボーイズクラブ、「Le Club Passion」に入るための試験であった。 入店を決意した領は、その翌日に静香の元を訪れ、娼夫「リョウ」として仕事を始める。最初こそ戸惑ったが、娼夫として仕事 をしていくなかで、女性ひとりひとりの中に隠されている欲望の不思議さや奥深さに気づき、心惹かれ、やりがいを見つけていく。
***********************************

キャスト:
松坂桃李 真飛聖 冨手麻妙 猪塚健太 桜井ユキ 小柳友 馬渕英里何 荻野友里 佐々木心音 大谷麻衣 階戸瑠李 西岡德馬/江波杏子

脚本・監督︓三浦大輔
原作︓石田衣良「娼年」(集英社⽂庫刊)
製作幹事︓ファントム・フィルム ハピネット
制作プロダクション︓ホリプロ
企画製作・配給︓ファントム・フィルム
レイティング︓ R18+
(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会


『娼年』松坂桃李が4月4日の『徹子の部屋』に出演!黒柳さんの反応が気になる・・・


映画情報どっとこむ ralph 2001年の直木賞候補になり、性の極限を描いたセンセーショナルな内容が話題を呼んだ石田衣良の恋愛小説「娼年」が、2016年の舞台と同じ松坂桃李x三浦大輔のコンビで映画化、4月6日(⾦)より全国公開となります。

この度、松坂桃李が、4月4日(水)の「徹⼦の部屋」(テレビ朝日・ABC系)へ初出演。
テレビや映画で大活躍中の俳優・松坂桃李さんが登場。 デビュー秘話から現在の意外な悩み?まで、黒柳さんに語り尽くします。 姉と妹に囲まれて育ち、⼦ども時代は一人で遊ぶことが多かったという松坂さん。いまでも焼や鍋料理、カラ オケにも⼀⼈で⾏くというエピソードに、⿊柳もびっくり。また、両親が共働きだったため、幼い頃から掃除に洗 濯、料理までこなしていたそう。 また、戦隊モノでデビューした当時の、撮影での苦労話も披露。秘蔵映像には思わず赤面する場面も! そして、人気俳優なのに“オーラがない”と⾔われる、という告白に、黒柳の反応は…。

徹⼦の部屋 テレビ朝日・ABC系
2018年4月4日(水)12:00〜12:30
<出演者>
司会:⿊柳徹⼦
ゲスト:松坂桃李

映画情報どっとこむ ralph 映画『娼年

4月6日TOHOシネマズ 新宿 他 全国ロードショーです。

映画はR18+ なので大人だけ要チェック!

公式HP:
http://shonen-movie.com/
Twitter:
@shonen_movie

物語・・・
主人公の森中領(もりなかりょう)は東京の名門大学生。日々の生活や女性との関係に退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を 送っている。

ある日、領の中学校の同級生で、ホストクラブに勤める田嶋進也(たじましんや)が、美しい女性をバーに連れてきた。女性の名前は 御堂静香(みどうしずか)。「女なんてつまんないよ」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。それは、静香が手がける女性専用コールクラブ、 「Le Club Passion」に入るための試験であった。 入店を決意した領は、その翌日に静香の元を訪れ、娼夫「リョウ」として仕事を始める。

最初こそ戸惑ったが、娼夫として仕事をしていくなかで、女性 ひとりひとりの中に隠されている欲望の不思議さや奥深さに気づき、心惹かれ、やりがいを見つけていく。

***********************************

松坂桃李
真飛聖 冨手麻妙 猪塚健太
桜井ユキ ⼩柳友 馬渕英里何 荻野友里 佐々木心音 大谷麻衣 階戸瑠李 西岡德馬/江波杏子

脚本・監督:三浦大輔

原作:石田衣良「娼年」(集英社文庫刊)
製作幹事:ファントム・フィルム ハピネット
制作プロダクション:ホリプロ
企画製作・配給:ファントム・フィルム
レイティング: R18+
(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会