「三浦友和」タグアーカイブ

三浦友和が登壇『ライオンは今夜死ぬ』は死を扱う優しい映画と


映画情報どっとこむ ralph ヌーヴェルヴァーグを代表する名優ジャン=ピ エール・レオーを主演に迎え、『M/OTHER』『不完全なふたり』の諏訪敦彦監督 が仏日合作作品『ライオンは今夜死ぬ』が、YEBISU GARDEN CINEMA にて絶賛公開中です!

この度は公開を記念し、 99年に諏訪監督⻑編2作⽬『M/OTHER』で主演を務めた三浦友和さんと諏訪監督のトークイベントを行いました。当時の思い出を振り返り、今だから語れる当時の 撮影秘話や諏訪作品の魅⼒、そしてそれぞれの俳優論、監督論についてたっぷりと 語っていただきました!

『ライオンは今夜死ぬ』トークイベント
日時:1月26日(金)
場所:YEBISU GARDEN CINEMA
登壇:三浦友和、諏訪敦彦監督

映画情報どっとこむ ralph 『M/OTHER』以来、2⼈は本会場で19年ぶ りの再会。

本作の舞台は南仏コート・ダジュール。 南仏好きで3度も訪れているという三浦さんは、本作の感想を聞かれ、
三浦さん:2 度も観てしまいました。ワンカット目から独特の光と⻘い海が映り込んできて、“あ、南仏だ”と引き込まれましたね。『M/OTHER』は暗い照明の演出だったので、諏訪監督らしくない演出だなと思って驚いてしまいましたが(笑)。ジャン=ピエール・レオー演じる老優と子どもたちが対等に見えて、あんなに老いているけど、彼は実は子どもなんだなと思いました。私も今年 66 歳になりますが、実は中学生からずっと変わってない自覚がある(笑)。でも、役職についたり、部下ができたりするとそれらしくしなきゃと、“大人”を演じるようになってしまうんですよね。

と語ると、

諏訪監督:おっしゃる通り、本作を作りながら、子どもに戻っていい。無邪気に作っていいんだ!ということに気づかされましたね。

三浦さん:そして、“死”が描かれているのにまったく説教くさくない。そしてエンドロールで自由に考えさせられる映画。とても“優しい映画”だと感じましたね

と、感想を述べました。

映画情報どっとこむ ralph 話は20年前の『M/OTHER』の話に。全編即興の⻑回しの撮影だったという『M/OTHER』の撮影現場。出演依頼を受けて

三浦さん:“即興でやるってどういうこと?”と、ものすごい興味を持ったんですが、不安でいっぱいでした。脚本がないことに堪りかねて、私が脚本を書いてしまったほど。でも、その脚本を構成に組み込んでもらえるのかと思ったら、無視されてまったく別の内容になってましたね(笑)。

と、当時の撮影秘話を明かした。

対して、

諏訪監督:『ライオンは今夜死ぬ』でも、ジャン=ピエールはもちろん、子どもたちにも即興の演技をしてもらった。子どもたちもジャン=ピエールも予測不可能な演技の連続でしたね。

と諏訪監督。そして、俳優に何を求めているのかという率直な質問に対し、
諏訪監督:やっぱり、この人からいったいどんなものがでてくるんだろう、と自分が予測できない人に魅力を感じます 。『M/OTHER』では、三浦さんの演技が映画全体を変えていってくれたし、共演者の思いがけない新たな演技も引き出してくれたと感じています。

と、監督が三浦さんの魅力について語った。

映画情報どっとこむ ralph 三浦さん:“死をどう演じたらいいのかわからない”という、冒頭シーンでの俳優の主人公の問いに対し、メイク担当の女性が“演じてはだめ”と答える台詞がとても素晴らしかった。この答えは、僕たち俳優にとっての永遠のテーマでもあるので、冒頭から一気に引き込まれました。ものを作るということは作為の塊なのに、私たち俳優は何もしていないように何かをしなければならないんですよね。私たちの仕事は“あの人の演技上手かったね” と言われてはまだまだなのではないかと思っています。個人的には “あの役が憎たらしかった”“素敵な人だった”と感じてもらえることの方がずっと嬉しい。

と言う三浦さんに対して、

諏訪監督:映画の作り手として、私も同じことを感じますね。本作をパリで 200 人の子どもたちに見せたとき、映画の途中で拍手をしたり、最後のエンドロールでは手拍子をしながら観てくれた。そんな風に自由に観てもらえるのはとても嬉しいし、羨ましいなと思います。私の映画をヨーロッパで上映すると、怒っている人もいれば、途中で出て行く人、泣いている人もいる。でもそういう映画があっていいんだと思います。“巧くできている”と評価されるより、観る人によって自由に感じてもらうことが1番嬉しいですね。

と話します。

トークイベントの終了時間が過ぎているにもかかわらず、本作への感動が冷めやらない三浦さんは、観客にも本作を観た感想を問いかけた。感想を述べた観客がアニメーションを手がけている監督だとわかると、

三浦さん:それは、それは!今後も、ぜひよろしくお願いします!

と語りかけて会場の笑いを誘い、大いに盛り上がったトークイベントを締めくくりました。

映画情報どっとこむ ralph で、気になる映画の物語・・・

生きることは素晴らしく、死はふたたび出会う場所。

南仏コート・ダジュール。死を演じられないと悩む、年老いた俳優ジャン。過去に囚われ、かつて愛した女性ジュリエットの住んでいた古い屋敷を訪ねると、幽霊の姿となってジュリエットが彼の前に現れる。さらに、地元の子ど もたちが屋敷に忍び込んできて…

子どもたちからの誘いで突然はじまった映画撮影。撮り進めるうちに過去の記憶と向き合い、残された時間、ジャンの心に生きる歓びの明かりがふたたび灯されていく。

YEBISU GARDEN CINEMAほか絶賛公開中!

***********************************

監督・脚本:諏訪敦彦
出演:ジャン=ピエール・レオー、ポーリーヌ・エチエンヌ、イザベル・ヴェンガルテン

2017 年/フランス=日本/103 分

配給:ビターズ・エンド
© 2017-FILM-IN-EVOLUTION-LES PRODUCTIONS BAL THAZAR-BITTERS END


『ライオンは今夜死ぬ』三浦友和、川上弘美、奈良美智ら各界の著名人が共感!


映画情報どっとこむ ralph ヌーヴェルヴァーグを代表する名優ジャン=ピエール・レオーを主演に迎え、諏訪敦彦監督が『ユキとニナ』から8年ぶりに撮り上げた、仏日合作作品『ライオンは今夜死ぬ』が、2018年1 月20日(土)より、YEBISU GARDEN CINEMA ほか全国順次公開となります。
南仏を舞台に、死を演じられない年老いた俳優ジャンが、訪れた屋敷でかつて愛した女性の幻影と再会し、地元の子どもたちと共に映画制作をすることになる。やがて残された時間、ジャンは「死」と向き合い「生」の歓びを再び知っていく心温まるストーリー。劇中でジャンが語る「死とは出会いである」などの台詞は、脚本に書いてあったものではなく、ジャン=ピエール自身の言葉で語った「死」と「生」に対する考えです。

「死」をテーマのひとつとしながらも瑞々しい「生」のエネルギーに満ち溢れた本作に勇気づけられたという各界著名人からのコメントが続々と到着しました!

映画情報どっとこむ ralph ★70歳から80歳は人生のクライマックス!?「豊かな人生を生きる」ヒントがここにある!

老いた名俳優が問う「難題がある。どうやれば死を演じられる?」さらりと答える女性がいる 「演じてはだめ」だから、この映画は美しい
――三浦 友和さん(俳優)

映画の中に、こんなに「死」という言葉があふれているのに、画面の中にはなんと「生」がうつくしく輝いていることだろう
川上弘美さん(作家)

映画作りをしている子供たちとの出会い。彼らは年老いた主人公の心の旅の先導者。死なんて無縁と思える子供たちの感性は、主人公の心を解き放っていく。死への考察は、受け入れることで新たな世界へと人生を導いてくれる。
奈良美智さん(美術家)

何と可愛い、詩情溢れる映画なんでしょう。「70歳から80歳は人生のクライマックス」と言う老俳優と子供たちの創造の秘密基地!ユーモアと哀愁が美しく戯れる、極上のワインのよう!ずっと酔っていたい。
加藤登紀子さん(歌手)

なんとステキな映画なんだ。
生と死と恋と思い出が溢れ、美しい光の中で子ども達とライオンと観客が一体化する。
すごい!
鎌田實さん(医師・作家)

映画情報どっとこむ ralph ★即興演出がもたらす奇跡の瞬間を切り取った本作に各界から賞賛、そして嫉妬の声!

フランスの美しい景色が全編に溢れている。若い時に映画を撮ってみたいというとても素直な感覚を思い出してしまった。映画って良いなっていう素朴な気持ちです。
高橋幸宏さん(音楽家)

ドキュメンタリーか?フィクションか?という議論は、もうとっくに無効だと思う。でも、ジャン・ピエール・レオーの動き、表情1つ1つは、まさしくドキュメンタリーに他ならない。
ホンマタカシさん(写真家)

映画はフレームの外を存在させることもさせないこともできる。この映画はそれを駆使して軽やかに人間の真実の瞬間をつくり出してる。映画という形式に久しぶりに嫉妬しました。
岡田利規さん(演劇作家、小説家、チェルフィッチュ主宰)

★スクリーンを通して新たなジャン=ピエール・レオーに出会う!

青い森にて、狂おしく取り残されるジャン=ピエール・レオーの瞳に、生の悲しみと死の歓びが、はなれがたく灼きついていました。映画を作り出す時間に生命の満ち欠けが込められていました。映画を作り、そして映画をまなざす私たち自身が、こどものように新しい命を得ては、こどものようなあなたを何度も愛す。
山戸結希さん(映画監督)

偏屈そうなジャン=ピエール・レオーが子供たちに囲まれて、わちゃわちゃとにぎやかに映画を作っている。それだけで胸がいっぱいになり、涙が流れてしまった。
山内マリコさん(作家)

これは、ヌーヴェルヴァーグを「人生」として生きたジャン=ピエール・レオーの映像による「失われた時を求めて」だ!
鹿島茂さん(フランス文学者・明治大学教授)

映画情報どっとこむ ralph 誰にでも訪れる「老い」と「死」を演じた名優が悩み抜いて見つけた答えに、心豊かな人生を生きるためのヒントがあるかもしれません。
ストーリー
南仏コート・ダジュール。死を演じられないと悩む、年老いた俳優ジャン。

過去に囚われ、かつて愛した女性ジュリエットの住んでいた古い屋敷を訪ねると、幽霊の姿となってジュリエットが彼の前に現れる。さらに、地元の子ど もたちが屋敷に忍び込んできて…子どもたちからの誘いで突然はじまった映画撮影。撮り進めるうちに過去の記憶と向き合い、残された時間、ジャンの心に生きる歓びの明かりがふたたび灯されていく。
1月20日(土)より、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開

***********************************

監督・脚本:諏訪敦彦
出演:ジャン=ピエール・レオー、ポーリーヌ・エチエンヌ、イザベル・ヴェンガルテン
2017 年/フランス=日本/103 分
配給:ビターズ・エンド
© 2017-FILM-IN-EVOLUTION-LES PRODUCTIONS BAL THAZAR-BITTERS END


山﨑賢人の真剣でやさしい眼差し「羊と鋼の森」ティザービジュアル到着!


映画情報どっとこむ ralph 2016年「本屋大賞」を受賞した小説「羊と鋼の森」。

本作はピアノの調律に魅せられた一人の青年の成長物語。北海道の高校に通う外村は調律師・板鳥と出会い、感銘を受け、ピアノの調律師として生きていくことを決意。板鳥がいる江藤楽器で働き始め、ピアノと繋がる多くの人と出会い、調律師としての自分を探し求め成長していきます。その小説が山﨑賢人主演で2018年6月8日(金)、実写映画として公開されます!

そしてこの度、今作のティザービジュアルが遂に解禁!

ティザービジュアルでは、真剣にピアノに向き合う山﨑賢人の調律師としての姿が! その瞳にはピアノの鍵盤が写りこんでおり、真摯な眼差しと表情は、職人の姿そのもの。初めて見る山﨑賢人の姿がそこにあります。

さらに、山﨑賢人がピアノを調律している場面写真も公開!
リアリティを追及するため、日本ピアノ調律師協会の会長から直々に指導を受け、ピアノの調律の練習を重ねた上で、撮影に臨みました。場面写真には、複雑であり美しくもあるピアノの部品と、そこに真剣に、丁寧に向き合う主人公・外村の姿があり、調律師という仕事の崇高さが伝わってきます。

映画情報どっとこむ ralph ピアノの調律という美しい世界と、そこから生みだされる物語。

羊と鋼の森

ストーリー

「羊」の毛で作られたハンマーが、「鋼」の弦をたたく。ピアノの音が生まれる。
生み出された音は、「森」の匂いがした――
北海道の田舎で育った主人公・とむら外村なおき直樹は、高校でピアノの調律師・いた板どり鳥そういちろう宗一郎に出会う。
彼の調律したピアノの音に「森の匂い」を感じ、調律師の仕事に魅せられ、その世界で生きていくことを決める。そして専門学校に通ったのち、板鳥のいる楽器店で調律師として働くようになるのだった。
一番年齢が近く兄のような存在である柳につきながら、調律師としての道を歩み始めた外村は、一緒に回るなかで、高校生姉妹、かずね和音とゆに由仁に出会う。同じ柳の調律したピアノながら、明るく弾むような音色のゆに由仁に対し、端正でつややかな音を奏でるかずね和音の音。外村は、そんな和音の音に魅了されていく―。

調律師との出会い。
姉妹ピアニストとの出会い。
初めての調律と、挫折。
そして見えてくる“本当の自分”。

悩み、迷い、挫折を経験しながらも、一歩一歩前へ進んで行こうとする、みずみずしくも逞しい“成長物語”―。

映画情報どっとこむ ralph 原作
「羊と鋼の森」(2015年9月初版発行)
著者:宮下奈都(文藝春秋刊)
累計発行部数:50万部突破!(初版6500部)
        
●2016年「本屋大賞」獲得!!
●キノベス!2016 第1位獲得!
●2015ブランチブックアワード大賞 受賞!

***********************************

キャスト:
山﨑賢人
三浦友和,上白石萌音,上白石萌歌,鈴木亮平,佐野勇斗
監督;橋本光二郎
脚本;金子ありさ
音楽;世武裕子
製作;「羊と鋼の森」製作委員会
撮影時期;2017年2月上旬~3月中旬 6月(夏パート撮影)
撮影場所;北海道旭川を中心に撮影

(C)2018「羊と鋼の森」製作委員会


上白石萌音×上白石萌歌、初共演『羊と鋼の森』!姉妹でピアニスト役で連弾を披露!


映画情報どっとこむ ralph 「2016年 本屋大賞第1位」を受賞した小説「羊と鋼の森」。

その実写映画『羊と鋼の森』が山﨑賢人主演で2018年6月に公開されます。

この度、追加キャストの情報を解禁となり、物語の重要な役どころである姉妹ピアニスト役として、上白石萌音さん・上白石萌歌さんが姉妹初共演していることがわかりました!
本作はピアノの調律に魅せられた一人の青年の成長物語。北海道の高校に通う外村は調律師・板鳥と出会い、感銘を受け、ピアノの調律師として生きていくことを決意。板鳥がいる江藤楽器で働き始め、ピアノと繋がる多くの人と出会い、調律師としての自分を探し求め成長していきます。

ピアノに魅せられる主人公の青年・外村直樹を演じるのは、山﨑賢人さん。そして、外村に感銘を与え、彼の人生を導いていく調律師、板鳥宗一郎役を、日本映画界を支える実力派俳優・三浦友和さんが演じています。

その主人公・外村は調律師として駆出しの時に、あるピアニストの姉妹と出会い、その音色に心を動かされ、調律師として急速に成長を遂げることになります。物語の流れを作る重要な役どころであり、外村の調律師人生を大きく変えることになるピアニスト姉妹。原作ファンからも注目の集まるそのキャスト情報を、遂に解禁です!
映画情報どっとこむ ralph 姉妹だからこその、息の合った演技を魅せるお二人からコメント届いています。

上白石萌音・・・・佐倉和音役
高校生の姉妹の姉。妹・由仁とは違う高校に通うが、2人ともピアノを幼いころから学んでいる。静かで力強い音を奏で、外村は初めて2人の音色を聴いた際、和音の音に魅了される。

≪上白石萌音コメント≫
初めて原作を読み、何度も涙が出そうになりました。匂い、音、温かみ、それらが文字から伝わってくる不思議な原作で、繰り返し読みました。
撮影現場も、そんな原作の世界観を投影したような温かい現場で本当に楽しかったです。
現場に入った時に、家で会っている妹に「おはようございます」と言うのが面白く、新鮮でした。また妹と共演できるからこそ、リラックスして役に入れましたし、芝居の上でも遠慮することもありませんでした。
今作の和音という役、私と似ている部分がたくさんあります。姉として「しっかりしなきゃ」と思う気持ち、由仁に対してジェラシーを感じる姿など、私も妹の心の強さ、ポジティブさを羨ましく思う時があったので、役と繋がりながら演じました。姉妹として、ピアニストとしてお互いを意識して高め合える和音と由仁は、「理想の姉妹だね!」と妹とよく話しています。
映画館から出たくなくなる、ずっとその世界を堪能していたくなる映画になると思います。


上白石萌歌・・・・佐倉由仁役
高校生の姉妹の妹。妹の由仁は明るく弾むような音色で、多くの人は姉・和音よりも由仁のピアノに魅了される。天真爛漫な性格だが、姉のことをいつも想っている。

≪上白石萌歌コメント≫
台本を読んだ時、こんな詩のような台本があるのかと感動しました。また、原作の舞台である北海道で撮影したことで、肌で感じる新しい感覚がたくさんあり、すごく気持ちが入りました。
姉と初めて一緒にお芝居をしましたが、台本の読み合わせを家で一緒にできたのは面白かったですね。お互いに意見を出し合ったり、有意義な読み合わせができました。
ピアノの練習も重ねていきましたが、由仁は和音と違って跳ねるような音色を奏でるので、そのような曲のピアノの音色を聴くことで役作りをしていきました。
役の中で、姉と自分のピアノを比較したり、意識したりする部分があり、そういうところは妹として実際に共感する部分がありました。連弾のシーンで、練習してきたピアノの個性を、姉とぶつけ合うのが楽しかったです。
どんな映画になるのか、すごく楽しみで、私も早く観たいです!

映画情報どっとこむ ralph
2018年6月 全国東宝系にてロードショー!

北海道の田舎で育った主人公・外村直樹は、高校でピアノの調律師・板鳥宗一郎に出会う。
彼の調律したピアノの音に「森の匂い」を感じ、調律師の仕事に魅せられ、その世界で生きていくことを決める。そして専門学校に通ったのち、板鳥のいる楽器店で調律師として働くようになるのだった。
一番年齢が近く兄のような存在である柳につきながら、調律師としての道を歩み始めた外村は、一緒に回るなかで、高校生姉妹、和音と由仁に出会う。同じ柳の調律したピアノながら、明るく弾むような音色の由仁に対し、端正でつややかな音を奏でる和音の音。外村は、そんな和音の音に魅了されていく―。


調律師との出会い。
姉妹ピアニストとの出会い。
初めての調律と、挫折。
そして見えてくる“本当の自分”。
悩み、迷い、挫折を経験しながらも、一歩一歩前へ進んで行こうとする、
みずみずしくも逞しい“成長物語”―。

原作
「羊と鋼の森」(2015年9月初版発行)
著者:宮下奈都(文藝春秋)
累計発行部数:50万部突破!(初版6500部)
        
●2016年本屋大賞 第1位獲得!!
●キノベス!2016 第1位獲得!
●2015ブランチブックアワード大賞 受賞!

***********************************

監督: 橋本光二郎
脚本:金子ありさ
製作:「羊と鋼の森」製作委員会
撮影時期:2017年2月上旬~3月中旬 6月(夏パート撮影)
撮影場所:北海道旭川を中心に撮影

(C)2018 「羊と鋼の森」製作委員会


山﨑賢人×三浦友和で五感と心を震わせる『羊と鋼の森』


映画情報どっとこむ ralph 羊と鋼の森」。 本作はピアノの調律に魅せられた一人の青年の成長物語。北海道の高校に通う外村は調律師・板鳥と出会い、感銘を受け、ピアノの調律師として生きていくことを決意。板鳥がいる江藤楽器で働き始め、ピアノと繋がる多くの人と出会い、調律師としての自分を探し求め成長していきます。

そして、その繊細な世界観を表現するメインキャストをついに発表となりました!
ピアノに魅せられる主人公の青年・外村直樹を演じるのは、NHK連続テレビ小説「まれ」や、『orange-オレンジ-』、『四月は君の噓』、『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』など常に話題作に出演し、絶大な人気を誇る若手俳優・山﨑賢人さん。

そして、外村に感銘を与え、彼の人生を導いていく調律師、板鳥宗一郎役を、『64』『葛城事件』などで多くの賞を受賞し、日本映画界を支える実力派俳優・三浦友和さんが演じます。
 
メガホンをとるのは昨年32.5億円の大ヒットとなった映画『orange』の監督・はしもとこう橋本光じろう二郎。『orange』で「未来の自分から手紙が届くファンタジックな世界観」と「少年少女の繊細な心の動き」を丁寧に作り上げた新進気鋭の橋本監督が、本作の世界観に挑みます。

映画情報どっとこむ ralph 山﨑さんは昨年末よりピアノの調律の練習を重ねています。クランクイン前には他のキャストより先に北海道に入り、合宿で練習を行い、役作りを固めているそうで、今回コメントも到着しています。

山﨑賢人さんからのコメント

山﨑さん:原作を読んで音、景色、匂い、人と人との関係、全てが繊細で丁寧ですごく優しい空気で描かれているなと思いました。
才能が必要なのか、努力が必要なのか、誰の為の仕事なのか、調律師、そして、人として悩み、失敗しながらも一歩一歩成長していく外村にすごく共感しました。
どの職業で生きている方にも共感してもらえるものが必ずあると思います。調律そして、森とピアノの独特の表現をどう映像にしていくのかすごくわくわくしています。
そして外村直樹をとにかく一歩ずつ丁寧に生きたいと思います。『orange』でお世話になった橋本監督、そして大先輩である三浦友和さんと共演させて頂くこともすごく楽しみです。


三浦友和さんからのコメント

三浦さん:一人の高校生が調律師になりたいと思うきっかけになったピアノの一音。
森の匂いのする音、景色の見える音。
どう映像化し、聞かせるのか、橋本監督に一読者として期待しています。
我々俳優陣も原作の音色を壊さないよう、より繊細な心で臨みたいと思います。

映画情報どっとこむ ralph 原作の舞台でもある北海道で2月から本格ロケがスタート。音、景色、森の匂い…
観る人の五感を刺激する美しい映画が、まだ雪が深い冬の旭川で、作られていきます。

『羊と鋼の森』
2018年 全国東宝系にてロードショー!

ストーリー
北海道の田舎で育った主人公・外村直樹は、高校でピアノの調律師・板鳥宗一郎に出会う。
彼の調律したピアノの音に「森の匂い」を感じ、調律師の仕事に魅せられ、その世界で生きていくことを決める。そして専門学校に通ったのち、板鳥のいる楽器店で調律師として働くようになるのだった。

一番年齢が近く兄のような存在である柳につきながら、調律師としての道を歩み始めた外村は、一緒に回るなかで、高校生姉妹、和音と由仁に出会う。同じ柳の調律したピアノながら、明るく弾むような音色の由仁に対し、端正でつややかな音を奏でる和音の音。外村は、そんな和音の音に魅了されていく―。
調律師との出会い。
姉妹ピアニストとの出会い。

初めての調律と、挫折。
そして見えてくる“本当の自分”。

悩み、迷い、挫折を経験しながらも、一歩一歩前へ進んで行こうとする、
みずみずしくも逞しい“成長物語”―。

***********************************

監督:橋本光二郎
脚本:金子ありさ
製作:「羊と鋼の森」製作委員会
撮影時期:2017年2月上旬~3月中旬 6月(夏パート撮影)
撮影場所:北海道旭川を中心に撮影予定
(C)2018 「羊と鋼の森」製作委員会