「三浦友和」タグアーカイブ

山﨑賢人の真剣でやさしい眼差し「羊と鋼の森」ティザービジュアル到着!


映画情報どっとこむ ralph 2016年「本屋大賞」を受賞した小説「羊と鋼の森」。

本作はピアノの調律に魅せられた一人の青年の成長物語。北海道の高校に通う外村は調律師・板鳥と出会い、感銘を受け、ピアノの調律師として生きていくことを決意。板鳥がいる江藤楽器で働き始め、ピアノと繋がる多くの人と出会い、調律師としての自分を探し求め成長していきます。その小説が山﨑賢人主演で2018年6月8日(金)、実写映画として公開されます!

そしてこの度、今作のティザービジュアルが遂に解禁!

ティザービジュアルでは、真剣にピアノに向き合う山﨑賢人の調律師としての姿が! その瞳にはピアノの鍵盤が写りこんでおり、真摯な眼差しと表情は、職人の姿そのもの。初めて見る山﨑賢人の姿がそこにあります。

さらに、山﨑賢人がピアノを調律している場面写真も公開!
リアリティを追及するため、日本ピアノ調律師協会の会長から直々に指導を受け、ピアノの調律の練習を重ねた上で、撮影に臨みました。場面写真には、複雑であり美しくもあるピアノの部品と、そこに真剣に、丁寧に向き合う主人公・外村の姿があり、調律師という仕事の崇高さが伝わってきます。

映画情報どっとこむ ralph ピアノの調律という美しい世界と、そこから生みだされる物語。

羊と鋼の森

ストーリー

「羊」の毛で作られたハンマーが、「鋼」の弦をたたく。ピアノの音が生まれる。
生み出された音は、「森」の匂いがした――
北海道の田舎で育った主人公・とむら外村なおき直樹は、高校でピアノの調律師・いた板どり鳥そういちろう宗一郎に出会う。
彼の調律したピアノの音に「森の匂い」を感じ、調律師の仕事に魅せられ、その世界で生きていくことを決める。そして専門学校に通ったのち、板鳥のいる楽器店で調律師として働くようになるのだった。
一番年齢が近く兄のような存在である柳につきながら、調律師としての道を歩み始めた外村は、一緒に回るなかで、高校生姉妹、かずね和音とゆに由仁に出会う。同じ柳の調律したピアノながら、明るく弾むような音色のゆに由仁に対し、端正でつややかな音を奏でるかずね和音の音。外村は、そんな和音の音に魅了されていく―。

調律師との出会い。
姉妹ピアニストとの出会い。
初めての調律と、挫折。
そして見えてくる“本当の自分”。

悩み、迷い、挫折を経験しながらも、一歩一歩前へ進んで行こうとする、みずみずしくも逞しい“成長物語”―。

映画情報どっとこむ ralph 原作
「羊と鋼の森」(2015年9月初版発行)
著者:宮下奈都(文藝春秋刊)
累計発行部数:50万部突破!(初版6500部)
        
●2016年「本屋大賞」獲得!!
●キノベス!2016 第1位獲得!
●2015ブランチブックアワード大賞 受賞!

***********************************

キャスト:
山﨑賢人
三浦友和,上白石萌音,上白石萌歌,鈴木亮平,佐野勇斗
監督;橋本光二郎
脚本;金子ありさ
音楽;世武裕子
製作;「羊と鋼の森」製作委員会
撮影時期;2017年2月上旬~3月中旬 6月(夏パート撮影)
撮影場所;北海道旭川を中心に撮影

(C)2018「羊と鋼の森」製作委員会


上白石萌音×上白石萌歌、初共演『羊と鋼の森』!姉妹でピアニスト役で連弾を披露!


映画情報どっとこむ ralph 「2016年 本屋大賞第1位」を受賞した小説「羊と鋼の森」。

その実写映画『羊と鋼の森』が山﨑賢人主演で2018年6月に公開されます。

この度、追加キャストの情報を解禁となり、物語の重要な役どころである姉妹ピアニスト役として、上白石萌音さん・上白石萌歌さんが姉妹初共演していることがわかりました!
本作はピアノの調律に魅せられた一人の青年の成長物語。北海道の高校に通う外村は調律師・板鳥と出会い、感銘を受け、ピアノの調律師として生きていくことを決意。板鳥がいる江藤楽器で働き始め、ピアノと繋がる多くの人と出会い、調律師としての自分を探し求め成長していきます。

ピアノに魅せられる主人公の青年・外村直樹を演じるのは、山﨑賢人さん。そして、外村に感銘を与え、彼の人生を導いていく調律師、板鳥宗一郎役を、日本映画界を支える実力派俳優・三浦友和さんが演じています。

その主人公・外村は調律師として駆出しの時に、あるピアニストの姉妹と出会い、その音色に心を動かされ、調律師として急速に成長を遂げることになります。物語の流れを作る重要な役どころであり、外村の調律師人生を大きく変えることになるピアニスト姉妹。原作ファンからも注目の集まるそのキャスト情報を、遂に解禁です!
映画情報どっとこむ ralph 姉妹だからこその、息の合った演技を魅せるお二人からコメント届いています。

上白石萌音・・・・佐倉和音役
高校生の姉妹の姉。妹・由仁とは違う高校に通うが、2人ともピアノを幼いころから学んでいる。静かで力強い音を奏で、外村は初めて2人の音色を聴いた際、和音の音に魅了される。

≪上白石萌音コメント≫
初めて原作を読み、何度も涙が出そうになりました。匂い、音、温かみ、それらが文字から伝わってくる不思議な原作で、繰り返し読みました。
撮影現場も、そんな原作の世界観を投影したような温かい現場で本当に楽しかったです。
現場に入った時に、家で会っている妹に「おはようございます」と言うのが面白く、新鮮でした。また妹と共演できるからこそ、リラックスして役に入れましたし、芝居の上でも遠慮することもありませんでした。
今作の和音という役、私と似ている部分がたくさんあります。姉として「しっかりしなきゃ」と思う気持ち、由仁に対してジェラシーを感じる姿など、私も妹の心の強さ、ポジティブさを羨ましく思う時があったので、役と繋がりながら演じました。姉妹として、ピアニストとしてお互いを意識して高め合える和音と由仁は、「理想の姉妹だね!」と妹とよく話しています。
映画館から出たくなくなる、ずっとその世界を堪能していたくなる映画になると思います。


上白石萌歌・・・・佐倉由仁役
高校生の姉妹の妹。妹の由仁は明るく弾むような音色で、多くの人は姉・和音よりも由仁のピアノに魅了される。天真爛漫な性格だが、姉のことをいつも想っている。

≪上白石萌歌コメント≫
台本を読んだ時、こんな詩のような台本があるのかと感動しました。また、原作の舞台である北海道で撮影したことで、肌で感じる新しい感覚がたくさんあり、すごく気持ちが入りました。
姉と初めて一緒にお芝居をしましたが、台本の読み合わせを家で一緒にできたのは面白かったですね。お互いに意見を出し合ったり、有意義な読み合わせができました。
ピアノの練習も重ねていきましたが、由仁は和音と違って跳ねるような音色を奏でるので、そのような曲のピアノの音色を聴くことで役作りをしていきました。
役の中で、姉と自分のピアノを比較したり、意識したりする部分があり、そういうところは妹として実際に共感する部分がありました。連弾のシーンで、練習してきたピアノの個性を、姉とぶつけ合うのが楽しかったです。
どんな映画になるのか、すごく楽しみで、私も早く観たいです!

映画情報どっとこむ ralph
2018年6月 全国東宝系にてロードショー!

北海道の田舎で育った主人公・外村直樹は、高校でピアノの調律師・板鳥宗一郎に出会う。
彼の調律したピアノの音に「森の匂い」を感じ、調律師の仕事に魅せられ、その世界で生きていくことを決める。そして専門学校に通ったのち、板鳥のいる楽器店で調律師として働くようになるのだった。
一番年齢が近く兄のような存在である柳につきながら、調律師としての道を歩み始めた外村は、一緒に回るなかで、高校生姉妹、和音と由仁に出会う。同じ柳の調律したピアノながら、明るく弾むような音色の由仁に対し、端正でつややかな音を奏でる和音の音。外村は、そんな和音の音に魅了されていく―。


調律師との出会い。
姉妹ピアニストとの出会い。
初めての調律と、挫折。
そして見えてくる“本当の自分”。
悩み、迷い、挫折を経験しながらも、一歩一歩前へ進んで行こうとする、
みずみずしくも逞しい“成長物語”―。

原作
「羊と鋼の森」(2015年9月初版発行)
著者:宮下奈都(文藝春秋)
累計発行部数:50万部突破!(初版6500部)
        
●2016年本屋大賞 第1位獲得!!
●キノベス!2016 第1位獲得!
●2015ブランチブックアワード大賞 受賞!

***********************************

監督: 橋本光二郎
脚本:金子ありさ
製作:「羊と鋼の森」製作委員会
撮影時期:2017年2月上旬~3月中旬 6月(夏パート撮影)
撮影場所:北海道旭川を中心に撮影

(C)2018 「羊と鋼の森」製作委員会


山﨑賢人×三浦友和で五感と心を震わせる『羊と鋼の森』


映画情報どっとこむ ralph 羊と鋼の森」。 本作はピアノの調律に魅せられた一人の青年の成長物語。北海道の高校に通う外村は調律師・板鳥と出会い、感銘を受け、ピアノの調律師として生きていくことを決意。板鳥がいる江藤楽器で働き始め、ピアノと繋がる多くの人と出会い、調律師としての自分を探し求め成長していきます。

そして、その繊細な世界観を表現するメインキャストをついに発表となりました!
ピアノに魅せられる主人公の青年・外村直樹を演じるのは、NHK連続テレビ小説「まれ」や、『orange-オレンジ-』、『四月は君の噓』、『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』など常に話題作に出演し、絶大な人気を誇る若手俳優・山﨑賢人さん。

そして、外村に感銘を与え、彼の人生を導いていく調律師、板鳥宗一郎役を、『64』『葛城事件』などで多くの賞を受賞し、日本映画界を支える実力派俳優・三浦友和さんが演じます。
 
メガホンをとるのは昨年32.5億円の大ヒットとなった映画『orange』の監督・はしもとこう橋本光じろう二郎。『orange』で「未来の自分から手紙が届くファンタジックな世界観」と「少年少女の繊細な心の動き」を丁寧に作り上げた新進気鋭の橋本監督が、本作の世界観に挑みます。

映画情報どっとこむ ralph 山﨑さんは昨年末よりピアノの調律の練習を重ねています。クランクイン前には他のキャストより先に北海道に入り、合宿で練習を行い、役作りを固めているそうで、今回コメントも到着しています。

山﨑賢人さんからのコメント

山﨑さん:原作を読んで音、景色、匂い、人と人との関係、全てが繊細で丁寧ですごく優しい空気で描かれているなと思いました。
才能が必要なのか、努力が必要なのか、誰の為の仕事なのか、調律師、そして、人として悩み、失敗しながらも一歩一歩成長していく外村にすごく共感しました。
どの職業で生きている方にも共感してもらえるものが必ずあると思います。調律そして、森とピアノの独特の表現をどう映像にしていくのかすごくわくわくしています。
そして外村直樹をとにかく一歩ずつ丁寧に生きたいと思います。『orange』でお世話になった橋本監督、そして大先輩である三浦友和さんと共演させて頂くこともすごく楽しみです。


三浦友和さんからのコメント

三浦さん:一人の高校生が調律師になりたいと思うきっかけになったピアノの一音。
森の匂いのする音、景色の見える音。
どう映像化し、聞かせるのか、橋本監督に一読者として期待しています。
我々俳優陣も原作の音色を壊さないよう、より繊細な心で臨みたいと思います。

映画情報どっとこむ ralph 原作の舞台でもある北海道で2月から本格ロケがスタート。音、景色、森の匂い…
観る人の五感を刺激する美しい映画が、まだ雪が深い冬の旭川で、作られていきます。

『羊と鋼の森』
2018年 全国東宝系にてロードショー!

ストーリー
北海道の田舎で育った主人公・外村直樹は、高校でピアノの調律師・板鳥宗一郎に出会う。
彼の調律したピアノの音に「森の匂い」を感じ、調律師の仕事に魅せられ、その世界で生きていくことを決める。そして専門学校に通ったのち、板鳥のいる楽器店で調律師として働くようになるのだった。

一番年齢が近く兄のような存在である柳につきながら、調律師としての道を歩み始めた外村は、一緒に回るなかで、高校生姉妹、和音と由仁に出会う。同じ柳の調律したピアノながら、明るく弾むような音色の由仁に対し、端正でつややかな音を奏でる和音の音。外村は、そんな和音の音に魅了されていく―。
調律師との出会い。
姉妹ピアニストとの出会い。

初めての調律と、挫折。
そして見えてくる“本当の自分”。

悩み、迷い、挫折を経験しながらも、一歩一歩前へ進んで行こうとする、
みずみずしくも逞しい“成長物語”―。

***********************************

監督:橋本光二郎
脚本:金子ありさ
製作:「羊と鋼の森」製作委員会
撮影時期:2017年2月上旬~3月中旬 6月(夏パート撮影)
撮影場所:北海道旭川を中心に撮影予定
(C)2018 「羊と鋼の森」製作委員会
    


堺雅人× 高畑充希が夫婦役 山崎貴監督『DESTINY 鎌倉ものがたり』


映画情報どっとこむ ralph 『ALWAYS三丁目の夕日』『STAND BY ME ドラえもん』『海賊とよばれた男』の至宝・山崎貴監督の最新作が決定しました!タイトルは『DESTINY 鎌倉ものがたり』。

西岸良平氏のロングセラーコミック「三丁目の夕日」でVFXを駆使、昭和の懐かしい時代を再現し大ヒットに導いた山崎監督が、今回は「三丁目の夕日」と双壁をなす西岸氏の30年読み継がれた、累計発行部数900万部(既刊33巻)のベストセラー「鎌倉ものがたり」を描き、かつてない日本映画最高のファンタジー超大作に挑みます。

今年公開作品の目玉になるのはもちろん、また新たな日本映画の歴史を刻む一本になること必至です!

そして、その注目すべきキャストが合わせて発表されました!


映画情報どっとこむ ralph 主演には、NHK大河ドラマ「真田丸」での熱演も記憶に新しい堺雅人さん。

本作『DESTINY 鎌倉ものがたり』がNHK大河ドラマ後、初の撮影作品となり、山崎組へは初参加となります。戦国武将から一転、本作では、鎌倉に住み普段から和装を好む、鉄道模型やプラモデル、骨董収集など多趣味なミステリー小説作家を演じます。

堺雅人(一色正和 役) さんからのコメント

堺さん:「真田丸」以来、一年半ぶりの撮影初日だったので、今日は新鮮な気持ちで臨みました。いただいた台本を読んだ時、作品世界のあまりの豊かさに、なかなか全貌がつかめませんでした。現場で監督の指示をよく聞いて、完成した映像を楽しみにしたいと思います。今日一日撮影してみて、僕の演じる一色は、佇まい、熱中するところ、物腰の柔らかいところ、でも頑固なところなど、山崎監督によく似ているなと思いました。これからの演技の参考にします。素晴らしいキャスト、スタッフと共に、僕たちなりの「鎌倉」をつくっていければと思っています。どうぞご期待ください。

映画情報どっとこむ ralph ヒロインには、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」主演の高畑充希さんが出演。若手実力派として高い評価を得ている高畑が、堺演じる正和の年離れた妻・亜紀子演じます。

高畑充希(一色亜希子役) さんからのコメント

高畑さん:原作の中で、亜紀子が小学生に間違われるというエピソードがあるのですが、私自身も20歳を越えてから小学生みたいだとからかわれたことがあり、亜紀子さんと通づるものを感じています。そして、そんなチャーミングな役をいただけたことをとても嬉しく思っています。テンポのよい掛け合いが多いので、先輩の役者さんたちとお芝居が出来ることにワクワクし、とても楽しみです。「とと姉ちゃん」以来、1年半ぶりのクランクインだったのですごく緊張しましたが、全力でタックルしても受け止めてくれそうな堺さんの包容力に、いつしかすっかり安心しきってしまいました。

映画情報どっとこむ ralph そして、堺、高畑の他にも堤真一、田中泯、國村隼、薬師丸ひろ子、三浦友和といった実力派、山崎組常連俳優から今回山崎組初出演となる、安藤サクラ、中村玉緒まで超豪華キャストが集結しています。

山崎貴監督からのコメント

山崎監督:西岸先生のもう一つの代表作である「鎌倉ものがたり」を映画化できることをとても喜んでいます。この作品にはたくさんの魔物や幻想的な風景を登場させるつもりです。そんな世界をまるで原作から抜け出して来たような堺さん、高畑さんの二人と一緒に心ゆくまで旅をしてこようと思っています。そしてその中で”本当に大切なもの”についての物語を紡いでいこうと思っています。乞うご期待!!

撮影は、1月23日よりクランクインし、4月中旬にクランクアップ、10月末完成予定。

『DESTINY 鎌倉ものがたり』

2017年12月9日(土)より全国東宝系にて公開となります。

映画情報どっとこむ ralph ストーリー
鎌倉に住むミステリー作家・一色正和(堺雅人)のもとに、年若い亜紀子(高畑充希)が嫁いでくる。
しかし、この鎌倉という土地、何やらおかしい。そこここに人ならざる者がいるようなのだ。道を歩く正和と亜紀子の前を貉(ムジナ)か河童か通り過ぎて心底驚く亜紀子に、正和は、「鎌倉は何千年も昔から妖気が溜りに溜まって、いろいろな怪奇現象が起こるけれどもここでは普通のこと、すぐに慣れる」と言ってのけるのだが・・・。

一色先生は犯罪研究の腕を買われ、迷宮入りしそうな事件の折には鎌倉警察に協力している。何しろ魔物や幽霊も事件に関係するのだから、鎌倉の事件解決は一筋縄ではいかない。心霊捜査にも精通する一色先生は名探偵でもあった。

ある日、大金持ちの殺人事件の捜査を依頼される一色先生。

どうやら人間の仕業ではないようで・・・。

古都鎌倉―
ここは、人間だけでなく幽霊、物の怪、魔物に妖怪、神様、仏様、死神、貧乏神も住んでいる。
魔界や黄泉の国のはざまで、生者と死者の様々な思いが交錯する都。
鎌倉ビギナー・亜紀子の嫁入りで静かだった正和の生活が大きく変わってくのだった。

***********************************

監督・脚本・VFX:山崎貴
原作:西岸良平「鎌倉ものがたり」(双葉社「月刊まんがタウン」連載)
出演:堺雅人 高畑充希 堤真一 安藤サクラ 田中泯 國村隼 薬師丸ひろ子 三浦友和 中村玉緒

©2017「DESTINY 鎌倉ものがたり」製作委員会


佐藤浩市ら豪華キャスト『64-ロクヨン-前編』サブ画像追加到着!


日本映画界最高峰の超豪華オールスターキャストが集結!

究極のミステリーが感動の人間ドラマとして、ついに映画化!!
『半落ち』『クライマーズ・ハイ』など数々の傑作を生み出してきた横山秀夫が7年ぶりに世に放った衝撃作『64(ロクヨン)』が、『64-ロクヨン-前編/後編』として、ついに映画化。
64前編_s01 今回追加のサブ画像が到着しましたので、一部ご紹介。

かつては刑事部の刑事、現在は警務部の広報官として、昭和64年に発生した未解決の少女誘拐殺人事件、通称「ロクヨン」に挑む主人公・三上義信に、日本映画界が誇る名優・佐藤浩市。

三上の部下として奔走する広報室係長・諏訪に綾野剛。

諏訪と共に三上を支える広報室婦警・美雲に榮倉奈々。
64前編_s02
広報室と対立する県警記者クラブを取りまとめる東洋新聞キャップ・秋川に瑛太。
64前編s06
「ロクヨン」事件被害者の父・雨宮芳男を永瀬正敏。三上の刑事時代の上司で、かつて「ロクヨン」追尾班長も務めた捜査一課長・松岡勝俊に三浦友和。
64前編_s07
そのほか、夏川結衣、緒形直人、窪田正孝、坂口健太郎、椎名桔平、滝藤賢一、奥田瑛二、仲村トオル、吉岡秀隆、などベテランから若手まで主演級の俳優陣が、いずれも物語の重要な役柄として出演。

さらに、慟哭のエンディングで流れる主題歌「風は止んだ」を担当したのは小田和正。

そして、『ヘヴンズ ストーリー』(2010年)で「第61回ベルリン国際映画祭」国際批評家連盟賞を受賞するなど世界的にもその実力が評価されている鬼才・瀬々敬久が監督を務めています。

64_B1_1118_ol_1118物語は・・・
昭和最後の年、昭和64年。その年に起きた少女誘拐殺人事件は刑事部で「ロクヨン」と呼ばれ、少女の死亡、未解決のままという県警最大の汚点として14年が過ぎ、時効が近づいていた。
平成14年、主人公の三上義信は「ロクヨン」の捜査にもあたった敏腕刑事だが警務部広報室に広報官として異動する。そして記者クラブとの確執、キャリア上司との闘い、刑事部と警務部の対立のさなか、ロクヨンをなぞるような新たな誘拐事件が発生。刑事部と警務部の軋轢、未解決のロクヨンと新たな誘拐事件の関係、そして三上の一人娘の行方――。怒涛の、そして驚愕の展開が次々と三上を襲う・・・

2016年、映画史に残る前後編2部作の感動巨編が誕生!

『64-ロクヨン-前編』

公開は2016年5月7日全国東宝系にてロードショーです。
後編は2016年6月11日公開です。

公式サイト:http://64-movie.jp/

********************************************************************

キャスト:
佐藤浩市
綾野剛 榮倉奈々 夏川結衣 緒形直人 窪田正孝 坂口健太郎
椎名桔平 滝藤賢一・奥田瑛二 仲村トオル 吉岡秀隆
瑛太 永瀬正敏・三浦友和

監督:瀬々敬久
原作:横山秀夫『64(ロクヨン)』(文春文庫刊) 
主題歌:小田和正「風は止んだ」(アリオラジャパン)
(C)2016映画「64」製作委員会