「三津谷亮」タグアーカイブ

10人のハイスペックなオトコ第三弾は岩永徹也・三津谷亮・水石亜飛夢 映画『ダウト-嘘つきオトコは誰?-』


映画情報どっとこむ ralph 堀田 茜 初主演 映画『ダウト-嘘つきオトコは誰?-』

ハイスペックな10名のオトコたちをご紹介していく第一弾は稲葉友さん
第二弾は西銘 駿さん・藤田富さん・牧田哲也さんでした!


そして!3日目。
第3弾として、発表となったのは・・・

紳士的なIT社長:間宮春一(まみや・はるいち)役に、「仮面ライダー エグゼイド」に檀 黎斗/仮面ライダーゲンムとして出演 俳優活動とともに、「JAPAN MENSA」の会員でクイズバラエティでも活躍する岩永徹也さん。

人気イケメンパティシエ:樫 冬也(かし・とうや)役には舞台を中心に活躍する傍ら、映画やテレビドラマにも多数出演する三津谷亮さん。

さらに知的なオーラを放つ外科医:志賀颯太郎役(しが・そうたろう)に映画「鋼の錬金術師」にてアルフォンス・エルリックの声を演じ、「牙狼〈GARO〉 -魔戒ノ花」では、主人公と共闘する魔戒騎士・クロウ役を演じ注目された水石亜飛夢さん。

映画情報どっとこむ ralph 3名の出演決定へのコメントと登場シーン写真が解禁になりました!

<間宮春一>
香菜の勤務先の取引先のIT企業社長。31歳の長身でスーツが似合う眼鏡イケメン。普段は紳士的で優しく言葉遣いも丁寧だが、二人きりになる…?
岩永徹也(いわなが・てつや)さんコメント
もともと心理戦が大好きなのでとても楽しく撮影にむかうことができました。撮影期間は年末の寒い時期でしたがとても温かい現場で、たくさんのことにチャレンジさせてもらえました。人生初の◯◯もいい経験です。この映画を見てどうやったら人を騙せるかを研究しようと思います。


<樫 冬也>
白金でパティスリー樫を経営する人気パティシエ。甘いルックスだが仕事に関しては厳しく、スイーツのように甘いだけの男という訳ではなさそう。

三津谷 亮(みつや・りょう)さんコメント
今回出演が決まった時は、今まで生きたことのないような樫との出会いにワクワク!アプリゲームをして世界観を勉強したり、役の雰囲気を掴んだり、役の本質や性質を出来る限り感じて撮影に挑みました。現場は結婚式場だったので沢山のエキストラさんも参加してくださって、本物の婚活パーティーみたい(笑)監督さん、スタッフさんも素敵な方々で終始現場が暖かく挑戦できる素敵な環境だなと感じました☆今から自分自身も上映が楽しみです!是非映画館でお会いしましょう!


<志賀颯太郎>
知的なオーラを放つ26歳のイケメン外科医。パーティーでヒロインに出会った瞬間“理想の女性”と期待を持たせる言葉を放つ。ハイスペックな彼が理想とする女性とは一体…??

水石亜飛夢(みずいし・あとむ)さんコメント
根強く人気のあるコンテンツだというのは知っていて。まさか実写化され、そして、自分が関われることになるとは考えもしませんでした。短い時間ではありましたが、理想を注ぐ気持ちで志賀先生を演じさせていただきました。頭脳戦が数多く繰り広げられる今作は、今まで観た恋愛映画とは一味違うものになっていると思います。もはやサバイバルと言っても過言じゃない!自分の理想を探しつつ、”人を好きになるのに必要なことって?” そんなことも考えながら観ていただきたい作品です。

明日もストーリーのカギを握るヒロインが婚活パーティーで出会うハイスペックな10名のオトコたちを発表予定!キュン系でもキラキラ系でもない新感覚“恋愛ミステリー”である映画『ダウト-嘘つきオトコは誰?-』

「ダウト~嘘つきオトコは誰?~」

2019年秋以降 劇場公開予定
公式プレサイト:doubt-movie.com

映画情報どっとこむ ralph <原 作 紹 介>
新感覚謎解きアプリ「ダウト~嘘つきオトコは誰?~」

累計350万ダウンロードを突破した「ダウト~嘘つきオトコは誰?~」は、ボルテージが得意とするドラマチックな恋愛ストーリーをベースに、証拠を集めながら嘘つき男を見抜いてダウトするという、新感覚の謎解き×恋愛ストーリーが楽しめるアプリです。
2018年10月には、本編シリーズ4作目となる「ダウト~貴女はダークな嘘が好き?~」の配信を開始いたしました。アナタはどのダウトからはじめる?嘘つきオトコ編 / オフィス男女編 / セレブ学生編 / 裏社会編

アプリ名:「ダウト~嘘つきオトコは誰?~」

公式サイト:
https://products.voltage.co.jp/doubt/


公式Twitter:
@official_doubt


料金体系:基本プレイ無料(アイテム課金制)
対応機種:iOS 8.0以上/Android OS 4.1以上 ※機種によりご利用いただけない場合がございます。

***********************************

Voltage ©2019 映画「ダウト-嘘つきオトコは誰?-」製作委員会


細田善彦 x 松本若菜 映画『ピア~まちをつなぐもの~』公開日決定&場面写真解禁!


映画情報どっとこむ ralph 『ケアニン~あなたでよかった~』の製作スタッフが再び集まり製作した 在宅医療と介護をテーマにした映画『ピア~まちをつなぐもの~』が2019年4月26日(金) よりヒューマントラストシネマ有楽町にて公開されることが決定し場面写真が公開されました。

主役の医師・雅人役に【細田善彦】、ケアマネジャーの夏海役に【松本若菜】、患者役に【水野真紀】その他キャストに【川床明日香】、【戸塚純貴】、【尾美としのり】、【升毅】など注目の若手俳優・ベテラン俳優の出演しています。

そして!今回御紹介の場面写真では、高橋雅人医師がケアマネジャーの佐藤夏海と患者の家に訪問診療に来ている様子、多職種チームのやり方に馴染めず医師として苦悩する雅人の姿が切り取られています。

本作は、在宅医療に関わる医師を中心とした多職種や現場への取材・情報収集を重ねて書き下ろしたオリジナルストーリー。

若手医師とケアマネジャーの二人の成長物語を中心に、介護福祉士、訪問看護師、薬剤師、歯科医師、歯科衛生士、管理栄養士、リハビリ専門職などの多職種がチームとして連携しながら、在宅医療と介護、看取りに懸命に取り組む姿を描きます。人や地域との繋がりの尊さを描く、笑って泣けて、人生に前向きになれる心温まる感動作がここに誕生しました。

映画情報どっとこむ ralph 尚、本作は日本医師会など多くの医療団体が協力として参加しています!

また、本作は、今回3月8日(金) から開催される第14回大阪アジアン映画祭(OAFF2019)特別招待作品に選出されました。

映画『ピア~まちをつなぐもの~』

は4月26日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町にて公開です。

【公式HP】
http://www.peer-movie.com/

【公式Twitter】
@peer_movie


STORY
病気で倒れた父親の医院を継ぐために、大学病院を辞めざるを得なくなった若手医師の高橋雅人(細田善彦)は、父・圭蔵(升毅)の要望で渋々訪問診療も始めることになる。しかし大学で先端医療の研究を志していた雅人にとって、地域の患者やその家族たちの医療には、なかなか関心を持てないでいた。それに加えて医師としてのプライドもあり、ケアマネジャーの佐藤夏海(松本若菜)や介護福祉士など他の職種との連携も積極的にとらず、やがて地域医療の中で孤立していくようになる。そんな中、訪問診療に行ったある患者家族との出会いによって、雅人の医師としての考え方が大きく変わっていくことになるのだった…。

***********************************


【キャスト】
細田善彦 松本若菜 川床明日香 竹井亮介 三津谷亮 金子なな子 戸塚純貴 尾美としのり 水野真紀 升毅 

監督:綾部真弥
企画・原作・プロデュース:山国秀幸
脚本:藤村磨実也・山国秀幸
制作プロデューサー:長田安正
主題歌:橘和徳「この街で」(ユニバーサル ミュージック)
製作:2019「ピア」製作委員会 (ワンダーラボラトリー/アイ・ピー・アイ/
ユナイテッドエンタテインメント/JR西日本コミュニケーショズ/エイチエムプラス)

【推薦】厚生労働省
【特別協力】日本医師会/日本歯科医師会/日本薬剤師会/日本看護協会/日本在宅ケアアライアンス/全国在宅医療医歯薬連合会/日本介護支援専門員協会
【特別協賛】医療法人社団清風会 平野医院/日本介護クラフトユニオン/グッドライフケア/在宅支援総合ケアーサービス/ソラスト/カナミックネットワ
ーク/介護のツクイ/学校法人兵庫医科大学/ミアヘルサ/レバレジーズメディカルケア/メディカル・コンシェルジュ
【協賛:フレンド】アピス40周年プロジェクト/アルフレッサ/あいセーフティネット/大阪保健医療大学/大阪リハビリテーション専門学校
【特別監修】辻哲夫/新田國夫/太田秀樹/清水惠一郎 企画協力:佐々木 淳/森田 洋之/小澤 竹俊
【後援】日本介護福祉士会/日本理学療法士協会/日本作業療法士協会/全国福祉用具専門相談員協会/日本栄養士会/薬学教育協議会


多和田秀弥 小野寺晃良 三津谷亮「ひだまりが聴こえる」Wプレミアに登壇!


映画情報どっとこむ ralph 心温まるBLコミックを多和田秀弥さんが難聴の大学生・ 航平を、明るい性格で距離を縮めていく太一を小野寺晃良さんで映画化した「ひだまりが聴こえる」は6月24日より池袋HUMAXシネマズにて公開となります。

そのワールドプレミア上映が行われ、多和田秀弥、小野寺晃良、三津谷亮、上條大輔監督が登壇して、仲良しぶりを披露しました。

『ひだまりが聴こえる』ワールドプレミア上映&舞台挨拶
日付:6月4日(日)
場所:池袋HUMAXシネマズ
登壇:多和田秀弥、小野寺晃良、三津谷亮、上條大輔監督

映画情報どっとこむ ralph ワールドプレミアのチケットは即時完売!
劇場を埋め尽くした多くの女性たちの拍手に迎えられて登壇する皆さん!
舞台慣れしているはずの3人ですが、妙に緊張しているご様子の挨拶から始まり、撮影時からかなり背が伸びた小野寺さんは
小野寺さん:今173cm位です。(MC:成長期ですね!お年は?)17歳です。

と、答えると動揺を隠せない三津谷さん。実は一回り違い。
さらに、MCのお姉さんは、皆さん大学生役でと更に打ち込みます。

映画情報どっとこむ ralph 今回のワールドプレミアを迎えての感想を
多和田さん:去年お9月の撮影で、ようやく皆さんに観ていただけるのが嬉しいのと、チケットがすぐ完売になったことが嬉しかったですね。そして、時間を共有できるのはめちゃめちゃ嬉しいです。

と、ファンの心を鷲づかみ。
小野寺さん:手間をかけて、こうやって来ていただいて、席が全部埋まっているのを見ると嬉しいですし、遠方から来られている方もいると聞いています。

遠方から来ている方は、大阪、沖縄からのお客さんもいるとのこと。
三津谷さん:今日まで実感なかったですけど。今日は感謝でいっぱいです。

BLの物語の撮影は初めての監督ですが
上條監督:ジャンルと言うより、原作の心温かい原作を、映像化していくかを考えて撮影に臨みました。3人が仲良かったので・・・そのままでいいじゃん!と、あまりBLを意識はしませんでした。

映画情報どっとこむ ralph 多和田さんは突発性難聴の役

多和田さん:想像している以上に大変で、撮影までの間、耳栓をして役作りをしましたが、当たり前に聞こえる音がぼんやりとしか聞こえない状態にして、より冷静にいることが必要なことの感覚をつかめた気がしました。そして、普段聞こえることに感謝も感じました。

と、役作りを披露。
劇中でも聞こえにくい演出がされていることに、

上條監督:編集時に聴こえない感じをどう出していくかスタッフと話し合って、どう映像化するかの結果です。

と、映画としても感情移入しやすいように効果を入れたそう。小野寺さんは、元気でまっすぐで声が大きい明るい大学生の役でしたがといわれ、大きな声で

小野寺さん:僕自身と共通していて、等身大の自分を出せました。自分を素直に出すように心がけました!

と、さわやかな回答!でも、実は撮影時に多和田さんと三津谷さんの方が声が大きいため小さめにしていたそう。

三津谷さんは、太一に叩かれたりしてましたが、もっと!!とか思っていましたか?との質問に

三津谷さん:一応同じ年の役なので(会場ざわざわ)干支は一周してますが、友達として素敵だなと。個人的には一回り下に怒られることないので新鮮でした。

と、笑いを誘います。楽屋では三津谷さんのことをミチュかミチュミチュ。多和田さんはタワちゃん。そして小野寺さんをアキラと呼んで、生産性はないけれど、今を楽しんでワイワイしているそう。

映画情報どっとこむ ralph 監督から見た3人は

上條監督:僕の中では、航平はいろんなことをあきらめてる。太一は単に明るい無神経ではなくて、痛みを実はわかってる感じに。そしてヨコは一派の人に視点。でも、3人があまりに仲が良いので崩しにかかりました。大変な撮影でも、笑い声が聞こえて安心したこともありました。

撮影はお天気が悪くて、

多和田さん:現場では「ひだまりが聴こえない!」

と皮肉ってい他と発言。たった1日の晴れ日には雨男の三津谷さんがいなかったそうで、本当に雨男(メイキングを確認のこと!)だと実証した形に。

上條監督:でも出来上がりはいい感じになったよね。

三津谷さん:だから感謝して欲しい!(拍手)


お勧めシーンは?

多和田さん:回想シーン。中学生。高校生とやってるんですね。僕の努力を観て下さい。

小野寺さん:最後のシーン!(これは映画を観て下さい。)

三津谷さん:ハンバーグを作っているシーン。胸キュン。

上條監督:会っていない時間はどうしているのか。を観て下さい。

映画情報どっとこむ ralph
最後に

多和田さん:愛することに性別とかハンデとか関係ないんだと思っていただければ。そして、劇場を出たところで皆さんのプラスになればと。

小野寺さん:BLは普段触れてはいませんでしたが、原作とか台本を読んで心温まりました。いろんな人に観て欲しいばかりです。

三津谷さん:観ていただくために、SNSで拡散していただけると嬉しいです。

監督:この3人の続きが見てみたいと思いますので、是非宜しくお願いします。

ストーリー
友達以上、恋人未満。太一との出会いが人との距離を置く航平を変えていく 。
中学生の時に難聴を患ったため教室でも何かと誤解を受けて周囲とうまくなじめないまま大学生になった杉原航平は、い つしか人と距離を置くようになっていた。

大学の裏庭で出会った佐川太一は、バカみたいに明るい性格で思ったことを何でも口にする同級生だった。いつしか太一との距離が近づくようになるが、それでも学校での陰口や嫌がらせで卑屈になる航平に対し太一から

聴こえないのはお前のせいじゃないだろ!

と言われ、航平はその言葉に心の底から救われるのだった。太一との出会いが航平を変えていくのだが、近づけば近づくほど二人の距離に期待と不安が募る航平がいるようになって・・・



***********************************


多和田秀弥 小野寺晃良 三津谷 亮/山崎あみ 大坂美優 井桁弘恵 松田リマ 福本有希 島田 翼 荒木秀行 木島杏奈 野村涼乃/平沼紀久 中丸新将 高島礼子

原作:文乃ゆき(プランタン出版)
監督:上條大輔
製作:安井邦好 菊池貞和
プロデューサー:片山武志 山下いづみ 中林千賀子
アソシエイトプロデューサー:中村美香
脚本:高橋ナ ツコ
音楽:森野宣彦 撮影:長野泰隆 照明:児玉 淳 録音:原川慎平
編集:渡辺直樹
企画協力:プランタン出版 制作:ブースタ ープロジェクト
配給:日本出版販売
製作:ひだまりが聴こえる製作委員会(日本出版販売 ポニーキャニオン ブースタープロジェク ト)
©文乃ゆき/プランタン出版
©2017「ひだまりが聴こえる」製作委員会