「三木聡監督」タグアーカイブ

阿部サダヲ、吉岡里帆、三木聡監督 登壇『音量を上げろタコ!』大阪公開記念舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 「時効警察」シリーズの三木聡が監督・脚本を務める映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』が10月12日(金)より全国公開中!!

全国公開を記念して、10月21日(日)、TOHOシネマズなんばにて公開記念舞台挨拶付上映会が行われました。


『音量を上げろタコ!』大阪舞台挨拶概要
日時:10月21日(日)11:30~11:55
場所:TOHOシネマズなんば 
登壇:阿部サダヲ、吉岡里帆、三木聡監督

映画情報どっとこむ ralph 会場から拍手が沸き起こる中、主演の阿部サダヲさん、ヒロインの吉岡里帆さん、三木聡監督が登壇し、まず初めに

阿部さん:阿部サダヲです。よろしくお願い致します。
とご挨拶。MCから「かなりあっさりしていますね!」とつっこまれ、

阿部さん:このあといっぱい話したいので!

とファンへの優しさを見せました。

続けて

吉岡さん:おはようございます。吉岡里帆です。よろしくお願いします。

と役さながらの小声でご挨拶され、会場から笑いが。

三木監督:映画を観ていただいてありがとうございます。よろしくお願い致します。

とご挨拶されました。


映画情報どっとこむ ralph 三木組へ初参加となった阿部さんと吉岡さんへMCから三木組の印象を聞かれると、

阿部さん:稽古やリハーサルを念入りにして作り込まれている。三木監督の世界ってこんな感じでできていくんだなと思いました。

と答えられ、続けて
吉岡さん:今回ギターと歌を撮影前から練習していて、音楽を準備するのは新鮮だったし、楽しかったです。

と準備期間を含め、撮影を振り返りました。

MCより、監督に向けて映画を作るきっかけとなったことを問われると、

監督:昔バンドをしていて、その時にロックバンドを題材とした映画を作りたいと思った。ロックを歌っている人が声が大きいのは、想いの強さだと知り、面白いと思った。

と答えられました。


ここから観客からの質問を受け付けることに。ところが客席から吉岡さんにセリフのリクエストが!サウンドトラックのCDに収録されているセリフを言ってほしいということになり、質問者の名前を叫びながら、

吉岡さん:勘違いは大事よ!大抵の事は勘違いでできている。このまま終わりじゃ、もったいない!!

と全力でファンのリクエストに応えていました。次に

阿部さん:パートを頑張れと罵ってほしい。

とリクエストがあり、戸惑いながらも、こちらも全力で「パート頑張れタコ!」と罵り、会場は笑いに包まれました。その後も観客からのリクエストは続き、質問コーナーのはずがリクエストタイムに。一同もさまざまな要求に対しテンションが上がっていました。

客席のボルテージも上がる中、観客向けのフォトセッションの時間が特別に設けられ、各々ポーズをとりながら、テンション爆上げのフォトセッションとなりました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

吉岡さん:大阪の皆さんのおかげで楽しい時間となりました。また帰ってきたいです!その時は質問してください!

とご挨拶され、続いて

阿部さん:僕もパートとか大変な時期とかありましたけど、今こうやって主演として舞台に立っていて、是非映画をご贔屓にしていただければ。今日いっぱい写真撮ったと思うのでSNSで拡散してください!

とご挨拶され、大盛り上がりの中、舞台挨拶は無事終了しました。

映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』は、TOHOシネマズ梅田他にて絶賛上映中です。つきましては、本イベントをご紹介いただきたく、ご検討の程どうぞよろしくお願い申し上げます。



物語・・・
リミット迫る“声の争奪戦”が今、はじまる!!!爆音!爆上げ!ハイテンション・ロック・コメディ!!
驚異の歌声をもつ世界的ロックスター・シン(阿部サダヲ)と、声が小さすぎるストリートミュージシャン・ふうか(吉岡里帆)。正反対の2人は偶然出会い、ふうかはシンの歌声が“声帯ドーピング”によるものという秘密を知ってしまう! しかもシンの喉は“声帯ドーピング”のやりすぎで崩壊寸前!やがて、シンの最後の歌声をめぐって、2人は謎の組織から追われるはめに。リミット迫る“声の争奪戦”が今、はじまる!!!


過去記事:
阿部サダヲと吉岡里帆が主題歌をデュエットバージョンで熱唱!!『音量を上げろタコ!』
http://eigajoho.com/128666


***********************************

出演:阿部サダヲ、吉岡里帆、千葉雄大、麻生久美子、松尾スズキ ほか
監督・脚本:三木聡(『俺俺』、「時効警察」シリーズ)
製作:映画「音量を上げろタコ!」製作委員会
制作プロダクション:パイプライン
配給:アスミック・エース 
©2018「音量を上げろタコ!」製作委員会


阿部サダヲ、吉岡里帆、千葉雄大ら運命を変えた”言葉”を披露!『音量を上げろタコ!』公開記念!


映画情報どっとこむ ralph アスミック・エース配給・制作にて、「時効警察」シリーズの三木聡が監督・脚本を務める映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』が10月12日(金)より全国公開となりました!

そして!10月13日(土)に本作の公開記念舞台挨拶が行われ、主演の阿部サダヲさん、ヒロインの吉岡里帆さん、そして千葉雄大さん、ふせえりさん、田中哲司さん、三木聡監督と豪華キャスト&監督が登壇しました。


『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』公開記念舞台挨拶
日時:10月13日(土) 12:05~12:45
会場:TOHOシネマズ 新宿 スクリーン9
登壇:阿部サダヲ、吉岡里帆、千葉雄大、ふせえり、田中哲司、三木聡監督

映画情報どっとこむ ralph 本作の見どころを聞かれ

阿部さん:今週公開の映画の期待度2位という好成績で、1位ではないんですけれども、それがこの映画っぽくて素晴らしいと思います!(おそらく めざましどようびの今週公開の作品期待度ランキングだと思われる。因みに1位はルイスと不思議の時計)
と会場の笑いを誘いつつも、

阿部さん:原作ありきの作品が多い中、完全オリジナルの脚本なのでそこに期待して見て欲しいです!

と見どころをアピール。

吉岡さん:本作で初挑戦した歌唱とギター。半年前から準備して、こんなに長く時間をかけて準備した映画はないので思い入れがとても強いです!
とコメントし、

レコード会社でシンの担当である坂口役の千葉さんは、自身も移動中に聴いてるという本作の楽曲のかっこよさをアピールした。

デビルおばさんというインパクトの強い役名のふせさん、

ふせさん:テレビでは見られないような阿部くん、吉岡さん、千葉くんの普段みられない姿に注目してほしい。阿部さんこんなことできるんだ〜とか、千葉くんそれはまずいぞ!というシーンもあります!
と言うと、重ねてシンの所属する事務所の社長役の田中さんは

田中さん:いろんなカツラが出てきます!
と三木監督作品お馴染みの不思議な世界観が展開されていることを披露した。

映画情報どっとこむ ralph 劇中でふうかがシンから「逃げる理由を探すな!」「逃げるな!」と熱いメッセージを受け取り、運命が変わることにちなみ、自分が変わるきっかけになった“言葉”にまつわるエピソードを披露することに

阿部さん:中学生の時に同級生の母親に「阿部くんはさ〜30歳くらいになったら売れるよ!と言われました!

とエピソードを披露。

阿部さん:当時は役者ではなくプロ野球選手を目指していたのに、今こうして役者になり、主役をさせていただいている。

と見事に阿部の未来を言い当てた同級生の母親の先見の明に、一同が驚く場面があった。


吉岡さん:いいのいいの、ブライアン・イーノ!という台詞。大変な時も前向きにまあいっか、明日頑張れたらいいか、と思えるような台詞が三木監督の作品にはたくさん散りばめられているんですけど、それがとても顕著に表れている台詞だなと思います。

と真面目。

千葉さん:ある俳優さんに千葉はさ〜役じゃない時は全然色気がないよね!と言われました。でもそれは逆に役の時は多少なりとも色気が出てるんだ!と勝手に自信を持ったんですけど…今回出てますか?

と登壇者に質問。一同が「出てるよ!」と口を揃えて言うと、

阿部さん:色気が出てなきゃこんな千葉千葉ってたくさん出てこないよ!

と「千葉うちわ」を持った観客を眺めながらツッコミ。

千葉さん:色気のあるシーンというと、田中さんとのシーンを見て欲しいです!

と改めて本作のみどころシーンをおすすめ。


さらに最近ハイテンションになった出来事について聞かれると、

阿部さん:昨日公開されて、観てくれた人が面白かった!と連絡をくれたこと。まあ警官役で映画に出てる人なんだけど!

と言うと、吉岡さんも自身がファンであるお笑い芸人のフルーツポンチ・村上さんがInstagramで音タコ観てきますとアップしてくれていて嬉しかったと喜んでいた。千葉さんはW主題歌のひとつで、阿部さん&吉岡さんの歌う「体の芯からまだ燃えているんだ」を先日カラオケで歌ってハイテンションになったと発表。

千葉さん:キーが高くて、改めてこれを歌っている吉岡さんはすごいなと思いました!

と言うと、

阿部さん:千葉くん、俺のパートは?

と寂しそうに質問。すると

千葉さん:もちろん歌いましたよ〜阿部さん一番だいすき!

と仲のよさを見せつけた。

映画情報どっとこむ ralph そして映画の公開を祝し、本作の公式キャラクターである「音タコくん」があしらわれた”音タコ!特製くす玉”が会場に登場!
登壇者全員でくす玉の紐を引くと「テンションを上げろ!!」の垂れ幕が現れ、全員で公開を祝した。
垂れ幕は阿部さんと吉岡さんの直筆と発表されたが、実は阿部さんは「!!」しか書いていないことが判明、会場が笑いに包まれる場面もあった。


最後に

阿部さん:なかなかロック・コメディという映画はないと思います。ふざけてはいるんですけど、こんなに真面目にやったことはない映画で、心に焼き付けて帰って欲しいです。よろしくお願いします!

三木監督:みなさんが観て、どのように感じてくれるかということがスタッフ、キャストが映画を作った意味のひとつでもあると思うので、自由にいろんなことを感じて観ていただけたら嬉しいです。気に入っていただければ、二度、三度と観ていただければと思います!

と締めくくって舞台挨拶終了!


『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』

物語・・・
リミット迫る“声の争奪戦”が今、はじまる!!!爆音!爆上げ!ハイテンション・ロック・コメディ!!
驚異の歌声をもつ世界的ロックスター・シン(阿部サダヲ)と、声が小さすぎるストリートミュージシャン・ふうか(吉岡里帆)。正反対の2人は偶然出会い、ふうかはシンの歌声が“声帯ドーピング”によるものという秘密を知ってしまう! しかもシンの喉は“声帯ドーピング”のやりすぎで崩壊寸前!やがて、シンの最後の歌声をめぐって、2人は謎の組織から追われるはめに。リミット迫る“声の争奪戦”が今、はじまる!!!

***********************************


出演:阿部サダヲ 吉岡里帆
千葉雄大 麻生久美子 小峠英二(バイきんぐ) 片山友希 中村優子 池津祥子 森下能幸 岩松了
ふせえり 田中哲司 松尾スズキ
監督・脚本:三木聡(『俺俺』、「時効警察」シリーズ)
製作:映画「音量を上げろタコ!」製作委員会
制作プロダクション:パイプライン
配給・制作:アスミック・エース


阿部サダヲ 吉岡里帆 千葉雄大ら応援団風一言挨拶!『音タコ』完成披露試写会


映画情報どっとこむ ralph 「時効警察」シリーズの三木聡が監督・脚本を務める映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』が10月12日(金)より全国公開となります。

その完成披露試写会が行われ、主演の阿部サダヲさん、ヒロインの吉岡里帆さん、そして千葉雄大さん、ふせえりさん、松尾スズキさん、三木聡監督が登壇!明治大学応援団による、猛暑に負けないほどの熱い“音タコ特別応援エール”が行われ、そのまま、キャスト監督が応援団風ひとこと挨拶!

そして、本作が声のドーピングしている設定にちなみ、もしドーピングするならに・・・・・


『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』完成披露試写会
日時:8月22日(水)
会場:よみうりホール
登壇:阿部サダヲ、吉岡里帆、千葉雄大、ふせえり、松尾スズキ、三木聡監督

映画情報どっとこむ ralph 明治大学応援団による、猛暑に負けないほどの熱い“音タコ特別応援エール”が行われると、会場からも拍手が沸き起こり、

そこにキャストが登壇し、応援団風の自己紹介!

阿部サダヲさん:シンを!!演じました!!!阿部サダヲでっす!

吉岡里帆さん:ふうーか~を演じました!吉岡里帆です!!!
サンシャイン池崎さんバリの見事なそりを見せます!

千葉雄大さん:坂口を!演じました!千葉雄大でーーーーーす!

ふせえりさん:デビルおばさんやりました!!!ふせです!

松尾スズキさん:ザッパおじさん演じました!松尾スズキです!

三木聡監督さん:監督やりました!三木聡でございます!

とのハイテンション挨拶からスタートしたイベント!

映画情報どっとこむ ralph 声帯ドーピングをするシン役を演じて

阿部さん:面白かったです!三木監督とは初めてで。最初緊張していたのですが、初日に雨で溺れそうになって。自分の身は自分で守らねばと感じた現場でした(笑)
三木監督:顔が面白かったんで、カットかけなかったんですよね。

と、半笑いの監督。続いて、声が以上に小さいストリートミュージシャン役の吉岡さんは

吉岡さん:(超小声で)意識したことですか・・・意識したことなかった・・・・・。私の場合は棒を持ったおじさん(カメラマン)が走ってきて口にカメラをつっこまれました。特殊な撮影が多くて。強くなりました!
と、吐露する吉岡さん。

千葉さん:撮影が終わってから2日後くらいに、鼻からチーズが出てきました。ずっとピザの匂いがしてたんです。楽しい現場でしたね。
と、千葉さんも大変さを楽しんでいたご様子。ふせさんは吉岡さんの親せきの役

ふせさん:吉岡さんが可愛いんで、つらく当たってやろうと思って。ふうかってむかつくんですよ。
と話します。

松尾さん:吉岡さんが劇団にいた話をされていて。。。小劇場にはこんなかわいい子はいない!
と、懐疑的。大人計画にはいない?

阿部さん:自分で採らないだけでしょ!!
と突っ込み!

映画情報どっとこむ ralph また映画の内容にちなんで「ドーピングしたいこと」が共通質問として出題されると、

阿部さん:役者なので、太ったり痩せたり、歳をとったり若くなったりする必要がある。そんな時にドーピングが出来たら楽。特に松尾さんの舞台では『壁を走って』とか『高くジャンプして』とか言われるので、それができるならばドーピングしたい!
と役者の仕事に絡めコメント。

吉岡さん:何かを聞かれた時に、気のきいた返しができるようになりたい。何を聞かれても真面目に答えてしまうから!
とアドリブ力を上げるドーピングをしたいそう。ふせといいコンビネーションを見せる松尾に対して

吉岡さん:どんなドーピングをしているんですか?
と笑顔で質問すると会場からも笑いが。

千葉さん:『anan』のセックス特集で表紙を飾らせてもらえるならば、筋肉ドーピングをしたい。このあたりまで・・・もっとxxでも!
僕にはご縁がないので!是非とオファーに期待も。

松尾さん:『anan』のセックス特集の表紙になる夢を見たい
とコメントをかぶせて会場はさらに大爆笑!

映画情報どっとこむ ralph 最後に、
三木監督:このメンバーでしかありえないキャスティングです。それは映画を観てもらえれば納得してもらえる。自分でいうのもなんですが、平成の時代にこんなことが出来るんだ!?と僕自身が幸せな気持ちになった。平成最後のロック・コメディです。体験する映画なので、映画館でみんなで観てもらって感じてほしいです

と呼びかけ、大爆笑のイベントは終了した。

『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』
10月12日(金)ロードショー

公式HP: http://onryoagero-tako.com/
公式Twitter: @onryoagero



ストーリー 
リミット迫る“声の争奪戦”が今、はじまる!!!爆音!爆上げ!ハイテンション・ロック・コメディ!!

驚異の歌声をもつ世界的ロックスター・シン(阿部サダヲ)と、声が小さすぎるストリートミュージシャン・ふうか(吉岡里帆)。

正反対の2人は偶然出会い、ふうかはシンの歌声が“声帯ドーピング”によるものという秘密を知ってしまう! しかもシンの喉は“声帯ドーピング”のやりすぎで崩壊寸前!やがて、シンの最後の歌声をめぐって、2人は謎の組織から追われるはめに。リミット迫る“声の争奪戦”が今、はじまる!!!
***********************************

出演:
阿部サダヲ 吉岡里帆
千葉雄大 麻生久美子 小峠英二(バイきんぐ) 片山友希 中村優子 池津祥子 森下能幸 岩松了
ふせえり 田中哲司 松尾スズキ

監督・脚本:三木聡(『俺俺』、「時効警察」シリーズ)

主題歌:
SIN+EX MACHiNA「人類滅亡の歓び」(作詞:いしわたり淳治 作曲:HYDE)(Ki/oon Music)
ふうか「体の芯からまだ燃えているんだ」(作詞・作曲:あいみょん)(Ki/oon Music)

配給・制作:アスミック・エース
ⓒ2018「音量を上げろタコ!」製作委員会



「モラトリアム・カットアップ・ショーケース」上映スケジュールとゲスト発表


映画情報どっとこむ TJ 6月11日(土)〜18日(土)までテアトル新宿にて開催される「モラトリアム・カットアップ・ショーケース」の日ごとの上映スケジュールが発表されました。
 
6/15(水)には、「ロス:タイム:ライフ」や「素敵な選TAXI」の筧昌也監督、6/18(金)には、「亀は意外と速く泳ぐ」や「時効警察」の三木聡監督がそれぞれ登場し、「モラトリアム・カットアップ」の監督・柴野とトークショーを行います。

6/11(土)・6/12日(日)に開催される井上湧・音楽ライブには、ロックバンド「BURGER NUDS」の内田武瑠(Dr.)の参加が決定。6/13(月)・6/14(火)に行われる、演劇公演のあらすじ等の詳細情報も公開されています。

映画情報どっとこむ TJ モラトリアムカットアップティザー
上映スケジュール(6/11-18)

6/11(土) Movie×Music

●東京乗換案内(4分)
●モラトリアム・カットアップ(38分)
●ナンセンスな季節(22分)
●Retro Fiction Landscape (22分)
◎舞台挨拶
○井上湧(Band Set)

6/12(日) Movie×Music
●モラトリアム・カットアップ(38分)
●ひかりタイプ(36分)
○柴野太朗(DJ Set)
○井上湧(Band Set)
6/13(月) Movie×Play
●東京乗換案内(4分)
◎冒頭挨拶
●Retro Fiction Landscape (22分)
○Dr.MaDBOY「メトロな生活」
●モラトリアム・カットアップ(38分)

6/14(火) Movie×Play
●東京乗換案内(4分)
◎冒頭挨拶
●Retro Fiction Landscape (22分)
○劇団晴天「聞こえるように話すなよ」
●モラトリアム・カットアップ(38分)

6/15(水) Service day
●東京乗換案内(4分)
●モラトリアム・カットアップ(38分)
●ナンセンスな季節(22分)
●Retro Fiction Landscape (22分)
◎ゲスト(筧昌也監督)トークショー

6/16(木) Past movie day
●seven segment colors (43分)
●モラトリアム・カットアップ(38分)
●ひかりタイプ(36分)

6/17(金) Movie×Talk
●東京乗換案内(4分)
●モラトリアム・カットアップ(38分)
●ナンセンスな季節(22分)
●Retro Fiction Landscape (22分)
◎ゲスト(三木聡監督)トークショー

6/18(土) Movie×Talk
◎田辺・弁慶オープニング
●東京乗換案内(4分)
●モラトリアム・カットアップ(38分)
●ナンセンスな季節(22分)
●Retro Fiction Landscape (22分)
◎田辺・弁慶映画祭監督大集合トークショー

映画情報どっとこむ TJ また、公式ホームページでは追加コンテンツとして、映画活動家・松崎まこと氏、映画評論家・松崎健夫氏による書き下ろしのライナーノーツ、大林宣彦監督からのコメント、柴野(監督)×井上(音楽担当)×守利(主演・「Dr.MaDBOY」主宰)×大石(出演・「劇団晴天」主宰)の対談記事などが新たに公開されていますのでそちらもどうぞ!
公式サイト:
http://www.moratoriumcutup.com
twitter :
@moratoriumcutup

映画情報どっとこむ TJ このイベント「モラトリアム・カットアップ・ショーケース」にて、同監督の同時に公開されます新作3作品のご紹介を。

新作①「東京乗換案内」(4分)
東京の交通網を駆使して、待ち合わせへと急ぐ男。彼は頭の中で最速のルートを導き出す。鉄道×テクノミュージック×高速編集。監督・柴野の趣味全開のオープニングムービー。
脚本・監督 : 柴野太朗 撮影 : 柴野太朗 / 柴野史朗 / 北川弦己
東京乗換案内
新作②「Retro Fiction Landscape」(22分)
1年振りに再会した同級生の2人は、たわいもない会話をしながら新宿の街を歩く。映像の中で繰り広げられるそれは現実なのか追憶なのか、その境界線すら曖昧なまま、2人は当てもなく歩き続ける。1カット22分の実験的な短編映画。
監督 : 柴野太朗 脚本 : 柴野太朗 / 大石晟雄 / 守利郁弥
撮影 : 北川弦己 録音 : 井上湧 / 柴野太朗 出演 : 守利郁弥 / 大石晟雄
RetroFictionLandscape
新作③「ナンセンスな季節」(22分)
芸能事務所のマネージャー・ナカヤマは、仕事に行かずに逃げ出した所属タレント・なつきを追いかけ、田舎へと向かう。なつきのことを叱りもせず、連れ戻そうともしないナカヤマ。本当の優しさとは一体何なのか。ナンセンスな季節は過ぎてゆく。
脚本・監督 : 柴野太朗 撮影 : 北川弦己 / 柴野太朗 録音・音楽 : 井上湧 
出演:竹林佑介/杉山つかさ/白石花子/守屋慶二/荒木広輔/米田沙織/升水絵里香
ナンセンスな季節
***********************************