「三島有紀子」タグアーカイブ

“悪い男”妻夫木聡に堕ちていく夏帆『Red』体温が2℃上がる・・ラブシーンに挑んだ!


映画情報どっとこむ ralph 体温が2℃上がる――。
夏帆と妻夫木聡、極限の濃密ラブシーンに挑む!

現代女性の恋愛心理描写を巧みに表現し、女性から圧倒的な支持を得る直木賞作家・島本理生が、初めて官能の世界に挑んだ「Red」。刊行当初、あまりにも衝撃的な内容のため賛否両論となった小説が、禁断の映画化、2020年2月新宿バルト9他全国ロードショーが決定しました。

夏帆と妻夫木聡『Red』 平凡な結婚、可愛い娘、“何も問題のない生活”を過ごしていた、はずだった村主塔子。10年ぶりに昔の恋人・鞍田秋彦に再会をする。「君は、変わってないな――」鞍田は、塔子の気づかなかった心の隙間に悪魔のように入り込んでくる。そして運命は予想もしない方向へ走り出す――。

映画情報どっとこむ ralph 主人公の塔子役には、是枝裕和監督、黒沢清監督、瀬々敬久監督といった、そうそうたる映画監督に愛され、数々の作品で幅広い役柄を演じてきた女優・夏帆。本作では、鞍田の危険な求愛に心を激しく揺り動かされる女性を、繊細かつ大胆に演じ、更なる新境地を切り開く。

●夏帆(かほ) 村主塔子役コメント:
「ここまで濃密な恋愛映画は初めてで、三島監督からこの題材を私で撮りたいとお話を頂いた時、監督の覚悟を感じました。妻夫木さんとは初めて共演させて頂きましたが、お芝居している時もそうでない時も、役柄と同じ様に大きな愛でずっと守ってくださっている感覚があり、とても心強かったです。塔子は自分にとって、とても挑戦した役で、観てくださる方がどういう風に捉えるのか、今からドキドキしています。彼女の生き方は賛否が出るかもしれませんが、この2人の恋愛を楽しんでいただけたら嬉しいです。」


また近づいてはいけない危うい魅力をまとう昔の恋人・鞍田役には、今の日本映画界において欠かせない存在の俳優・妻夫木聡。本作では、40歳目前にして、今まで見せたことのない“悪い男”の色気を全身からこれでもかと言う程漂わせ、魅力的に演じる。

●妻夫木聡(つまぶき・さとし) 鞍田秋彦役コメント:
「来年40歳を迎える年で、そろそろ大人の恋愛をお芝居の中で表現できるようになりたいと考えていた時に、いつかお仕事をご一緒したかった三島監督からお話を頂いて、この巡り合わせがとても嬉しかったです。撮影中は、この映画自体に恋愛しているような感覚で、夏帆さんと一緒に作り上げていきました。『Red』は、理屈じゃない、人間の本能的な部分に問いかけてくるようなお話だと思います。
皆さんが、どういう風に感じてくださるのか僕自身も楽しみです。」


監督は2017年『幼な子われらに生まれ』で家族の心の機微と心理を鋭く描き出し、第41回モントリオール世界映画祭コンペティション部門審査員特別大賞など数々の賞を受賞した三島有紀子監督。本作では、“男と女”に焦点を定め、心と体の繋がりを通して、一人の女の生き方を見つめている。

●監督:三島有紀子(みしま・ゆきこ)コメント
「ノックが聞こえる。扉を開ける。その男が立っていた。それだけだ。
でも、その先に見えたのは内側に潜んでいた自分だった。知っているのか?君は君を。知っているのか?君は僕を。人はいつも、自分の内側に潜んでいるものを目覚めさせてくれる誰かを探し求めているのではないか。そんな男と女を描いてみたいと思っていた。ずっと。大好きな、夏帆さんと妻夫木聡さんで。だから、2人をどこまでも知りたくて、自分自身も素直にぶつけて、2人を愛し抜いて作り上げた映画になりました。」


関東近郊と新潟でのロケを行い、すでに撮影を終え、完成は8月末を予定している。

映画情報どっとこむ ralph 夏帆、最低で最愛の“悪い男”妻夫木聡に堕ちていく――

『Red』

2020年2月全国ロードショー!

公式HP:https://redmovie.jp/


原作:島本理生(しまもと・りお)コメント
「社会的にはあっけなく否定されてしまうような男女の関係を、それでも切実な恋愛として表現してほしいと願ったとき、夏帆さんと妻夫木聡さんというキャスティングに大きな期待と喜びを覚えました。
大人の官能がテーマの小説ではありますが、どこか共感してしまいたくなるような物語になるのではないか、と私自身が公開を心待ちにしています。」


***********************************

出演:夏帆、妻夫木聡
監督:三島有紀子 原作:島本理生『Red』(中公文庫) 
脚本:池田千尋 三島有紀子
企画・製作幹事・配給:日活 
制作プロダクション:オフィス・シロウズ 
企画協力:フラミンゴ 
©2020『Red』製作委員会 







映画「ビブリア古書堂の事件手帖」×Zoff Zoffとのコラボ“古書型メガネケース”発売!


映画情報どっとこむ ralph 鎌倉の片隅にあるビブリア古書堂。その店主である篠川栞子(しのかわ しおりこ)が古書にまつわる数々の謎と秘密を解き明かしていく国民的大ベストセラー、三上延・著「ビブリア古書堂の事件手帖」シリーズ。その実写映画化となる『ビブリア古書堂の事件手帖』が11/1(木)に公開となります。

主人公・栞子のトレードマークは、原作でもおなじみのメガネ。

映画では、アイウェアブランド「Zoff」のメガネ “Zoff SMART”が使われています。映画公開を記念してZoffでは、オリジナルの「ビブリア古書堂の事件手帖」×Zoffコラボ 古書型ケースの発売が決定!「ビブリア古書堂」に置いてある古書のようなテイストのカバーを開けると、メガネが2本収納できるアクセサリーケース仕様となっています。さらに、原作本のイラストが入ったメガネ拭きもセット。


さらに、9/22(土)原作シリーズ最新刊「ビブリア古書堂の事件手帖~扉子と不思議な客人たち~」が発売になることから、全国書店にて、栞子着用の眼鏡ほか豪華賞品が当たるプレゼントキャンペーンを実施します。

映画「ビブリア古書堂の事件手帖」×Zoff コラボ 古書型ケースは、本日9/21(金)より、全国のZoff店頭※、「Zoffオンラインストア」、「キャラアニ.com」で先行予約開始。この秋話題のスペシャルコラボアイテムで、“芸術の秋”気分が盛り上がること間違いなしです!

映画情報どっとこむ ralph ❖先行予約開始日:2018年9月21日(金)
ビブリア古書堂に置いてある、クラシカルで重厚な書籍を再現しました。大切なメガネフレームの保管や小物入れとしても。
Zoffオリジナル原作イラストメガネ拭き付き。数量限定、なくなり次第販売終了の映画公開記念モデルです。
◉価格:1,800円(税別)
◉サイズ:縦16cm×横13cm×高さ5cm
◉素材:表面:ポリウレタン 内側:ポリエステル
◉先行予約サイト
・「ビブリア古書堂の事件手帖」×Zoff 
特設サイト:https://www.zoff.co.jp/shop/contents/biblia.aspx
・キャラアニ.com:http://www.chara-ani.com/

❖一般発売日:2018年11月1日(木)
◉「ビブリア古書堂の事件手帖」各上映劇場 
https://eigakan.org/theaterpage/schedule.php?t=ksBBFSXV
※一部劇場では取扱がない場合あり
◉Zoff 下記一部限定店舗(予定)
Zoff MART “ALWAYS IN SEASON”ルミネ池袋店/Zoff 下北沢店/Zoff 東急プラザ店/Zoff コピス吉祥寺Zoff Park キャナルシティ博多店/Zoff なんばCITY店/Zoff 池袋サンシャインシティ・アルパ店/Zoff MART “ALWAYS IN SEASON”ルミネエスト新宿店/Zoff ラゾーナ川崎プラザ店/Zoff 札幌アピア店/Zoff 福岡パルコ店/Zoff MART “ALWAYS IN SEASON”ルミネ有楽町店/Zoff 二子玉川ドッグウッドプラザ店/Zoff タカシマヤ ゲートタワーモール名古屋駅店/Zoff パルコヤ上野店/Zoff Plus 渋谷マークシティ店/Zoff Plus 新宿マルイ本館店/Zoff Plus ルクア店/Zoff Plus 神戸さんちか店/Zoff Latte ルミネ横浜店
◉有隣堂 下記店舗(予定)
有隣堂ヨドバシAKIBA店/有隣堂アトレ目黒店/有隣堂アトレ大井町店/有隣堂グランデュオ蒲田店/有隣堂アトレ恵比寿店/有隣堂アトレ亀戸店/有隣堂町田モディ店/有隣堂セレオ八王子店/有隣堂アトレ新浦安店/有隣堂アトレ川崎店/
有隣堂小田原ラスカ店/有隣堂たまプラーザテラス店/有隣堂ルミネ横浜店/有隣堂伊勢佐木町本店/有隣堂横浜駅西口店/有隣堂厚木店/有隣堂ららぽーと湘南平塚店/有隣堂戸塚モディ店/有隣堂東急プラザ戸塚店/有隣堂藤沢店/有隣堂テラスモール湘南店/有隣堂新百合ヶ丘エルミロード店/有隣堂ららぽーと海老名店/
◉リブロ 下記店舗(予定)
リブロ浅草店/リブロエキュート日暮里店/リブロエミオ富士見台店/リブロ大泉店/リブロ光が丘店/リブロ花小金井店/リブロひばりが丘店/パルコブックセンター調布店/パルコブックセンター新所沢店/リブロ川越店/リブロエキュート大宮店/リブロピオニウォーク東松山店/リブロららぽーと富士見店/リブロララガーデン春日部店/リブロ東戸塚店/リブロ横浜ポルタ店/リブロ横浜ジョイナス店/リブロなんばウォーク店/リブロイオンモール鶴見店/リブロ新大阪店/リブロ江坂店/リブロ西明石店/リブロ福岡天神店/リブロ大分わさだ店
◉オリオン書房 イオンモールむさし村山店(予定)
◉Zoff×「ビブリア古書堂の事件手帖」特設サイト 
https://www.zoff.co.jp/shop/contents/biblia.aspx
※9/21(金)正午より先行予約開始
◉キャラアニ.com:http://www.chara-ani.com/ 
※9/21(金)正午より先行予約開始

11月1日(木)はビブリアの日! 映画『ビブリア古書堂の事件手帖』が11月1日(木)「本の日」に公開されることを記念して、プレゼントキャンペーンを開催します。メディアワークス文庫『ビブリア古書堂の事件手帖』を読んで、クイズに正解した人の中から抽選で映画関連グッズをプレゼントします!
プレゼント
◉栞子賞:劇中の栞子さん着用モデルZoffメガネ&コラボ古書型ケースセット:10名様
※メガネには度なしPCレンズを搭載
◉大輔賞:超豪華! キャストサイン入りプレスシート:3名様
◉Wチャンス:映画特製『ビブリア古書堂の事件手帖』台本ノート:30名様

❖キャンペーン応募サイト:
http://biblia.jp/special/campaign/index.html

映画情報どっとこむ ralph ビブリア古書堂の事件手帖

すべては一冊の本をめぐる祖母の遺言から始まった―。


鎌倉の片隅にひそやかに佇む古書店「ビブリア古書堂」。過去の出来事から本が読めなくなった五浦大輔(野村周平)がその店に現れたのには、理由があった。亡き祖母の遺品の中から出てきた、夏目漱石の「それから」に記された著者のサインの真偽を確かめるためだ。磁器のように滑らかな肌と涼やかな瞳が美しい若き店主の篠川栞子(黒木華)は極度の人見知りだったが、ひとたび本を手にすると、その可憐な唇からとめどなく知識が溢れだす。さらに彼女は、優れた洞察力と驚くべき推理力を秘めていた。栞子はたちどころにサインの謎を解き明かし、この本には祖母が死ぬまで守った秘密が隠されていると指摘する。それが縁となって古書堂で働き始めた大輔に、栞子は太宰治の「晩年」の希少本をめぐって、謎の人物から脅迫されていると打ち明ける。力を合わせてその正体を探り始めた二人は、やがて知るのであった。漱石と太宰の二冊の本に隠された秘密が、大輔の人生を変える一つの真実につながっていることを―。

***********************************


出演:黒木華 野村周平/成田凌/夏帆 東出昌大
原作:三上延『ビブリア古書堂の事件手帖』(メディアワークス文庫/KADOKAWA 刊) 
監督:三島有紀子
脚本:渡部亮平、松井香奈  
主題歌:サザンオールスターズ「北鎌倉の思い出」(タイシタレーベル/ビクターエンタテインメント)
配給:20世紀フォックス映画、KADOKAWA 
©2018「ビブリア古書堂の事件手帖」製作委員会 



映画『ビブリア古書堂の事件手帖』サザンオールスターズが歌う主題歌が入った予告映像解禁!


映画情報どっとこむ ralph 映画『ビブリア古書堂の事件手帖』
サザンオールスターズが歌う主題歌が入った予告映像解禁!
ミステリー映画史上、最も可憐な推理シーンに注目!


この度、本作の予告編映像が完成しました!
過去の出来事から本を読めなくなった大輔は、亡き祖母の遺品・夏目漱石の「それから」に記された著者のサインの真偽を確かめるため、栞子の元を訪れます。
極度の人見知りだが、本に関しては人一倍の情熱と知識を持つ栞子は、ひとたび本を手にすると、その驚くべき推理力によって、その本には祖母が死ぬまで守りたかった“秘密”が隠されていると推理します。

今回解禁された映像では、本を手にした栞子が可憐に謎解きをする姿から、本編で初解禁となる、栞子が何者かに襲われる衝撃的なシーン、そして、大輔が栞子の名を叫びながら自転車で疾走するシーンなど、本をめぐって交差する複数のストーリーに最後まで目が離せない映像に仕上がりました!

さらに、主題歌を担当するのは、今年デビュー40周年を迎えたサザンオールスターズ!
先日解禁となった「北鎌倉の思い出」は、桑田佳祐が作詞・作曲した楽曲を、原由子の歌声が優しく包み、情緒ある世界観を表現します。北鎌倉を舞台に時空を超えて行き来する、愛する人への思いを、豊かな自然の描写とともに情緒的に表現し、映画と絶妙にマッチする美しいナンバーとなっています。

五十年前に隠された夏目漱石のサインの秘密と、現代で狙われる太宰治の希少本。 2冊を結ぶ秘密の先に待ち受けるのは、大輔の人生を変える”ある真実“だった―。


映画情報どっとこむ ralph 本に導かれ、《過去》と《今》が交差する極上の感動ミステリー!

映画『ビブリア古書堂の事件手帖


鎌倉の片隅にあるビブリア古書堂。
その店主である篠川栞子(しのかわ しおりこ)が古書にまつわる数々の謎と秘密を解き明かしていく国民的大ベストセラー、三上延・著「ビブリア古書堂の事件手帖」シリーズ。その実写映画化となる『ビブリア古書堂の事件手帖』が11月1日(木)に公開となります。
シリーズ累計680万部を突破する国民的大ベストセラー小説の完全映画化となる本作。
極度の人見知りだが、驚くべき本の知識と優れた洞察力で古書にまつわる謎を解き明かす、若く美しいビブリア古書堂店主・篠川栞子(しのかわ しおりこ)を黒木華が、彼女に魅せられて店を手伝うことになる五浦大輔(ごうら だいすけ)を野村周平が演じます。
さらに、漫画専門のネット販売を行う同業者で、栞子たちに関わっていくことになる稲垣に成田凌、大輔の祖母・五浦絹子の若き日に夏帆、絹子に惹かれる小説家志望の田中嘉雄に東出昌大と、現在の日本映画界を牽引する豪華実力派キャスト陣が本作で夢の競演を果たしました。
そして本作でメガホンを執るのは、『幼な子われらに生まれ』(17)で第41回モントリオール世界映画祭コンペティション部門審査員特別賞に輝いた三島有紀子監督です。

***********************************

出演:黒木華 野村周平 成田凌 夏帆 東出昌大
監督:三島有紀子
主題歌: サザンオールスターズ「北鎌倉の思い出」(タイシタレーベル/ビクターエンタテインメント)
20世紀フォックス映画×KADOKAWA共同配給作品
Ⓒ2018「ビブリア古書堂の事件手帖」製作委員会


『ビブリア古書堂の事件手帖』最新刊制作中カバーイラスト到着


映画情報どっとこむ ralph 映画『ビブリア古書堂の事件手帖』11月1日(木) 全国ロードショーとなりますが・・・
その原作の三上 延先生の大人気ビブリオミステリ、メディアワークス文庫『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズの最新刊となる『ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~』を、9月22日(土)に全国書店およびインターネット書店にて発売となります。

それに併せて、制作中のカバーイラストが特別公開となりました。

『ビブリア古書堂の事件手帖』は、鎌倉の古書店「ビブリア古書堂」のうら若き美貌の店主・篠川栞子(しのかわ・しおりこ)と、本が読めない無骨な青年・五浦大輔(ごうら・だいすけ)が、奇妙な客が持ち込む古書の謎と秘密を解き明かしていくビブリオミステリーです。

今回『ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~』では、2017年2月発売の第7巻『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』にて完結した本編ストーリーの「その後」が描かれます。

最新刊には、栞子にそっくりな少女・扉子(とびらこ)が登場。ビブリア古書堂に訪れた変化とは、はたして――。

映画情報どっとこむ ralph 映画「ビブリア古書堂の事件手帖」  

11月1日(木)全国ロードショー!

公式サイト: biblia-movie.jp


三島有紀子がメガホンを執り、篠川栞子に黒木華、五浦大輔に野村周平、さらに成田凌、夏帆、東出昌大など現在の日本映画界を牽引する豪華実力派キャストが集結。

ストーリーは栞子と大輔の出会いの物語が描かれているシリーズ第1巻の第1章・夏目漱石「それから」と第4章・太宰治「晩年」にまつわるエピソード、そして、その『晩年』にまつわる謎が回収される第6巻の全章のエピソードを軸に構成され、原作には描かれていない過去のエピソードも盛り込み、実写映画ならではの味わい深い“ビブリア(本を愛する人)”の物語が展開されます。


さらに本日より発売された映画ムビチケカードを購入すると、特典として、シリーズ第7巻のその後であり、本日発表となった最新刊の前日譚にあたる、書き下ろし小冊子「ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~ 特別版」を先着プレゼント。

最新刊を読む前に、是非読んでいただきたい特別版エピソードとなっています。
詳しい情報は、『ビブリア古書堂の事件手帖』公式サイト、映画公式サイトなどで順次お伝えしてまいります。さらに本シリーズは劇場アニメ化も決定しており、今後のメディアミックス展開にもご注目ください。

***********************************

出演:黒木華 野村周平 成田凌 夏帆 東出昌大 
監督:三島有紀子
主題歌: サザンオールスターズ「北鎌倉の思い出」(タイシタレーベル/ビクターエンタテインメント)
20世紀フォックス映画×KADOKAWA共同配給作品
Ⓒ2018「ビブリア古書堂の事件手帖」製作委員会


成田凌 登場解禁!栞子(黒木華)と大輔(野村周平)恋の三角関係!?「ビブリア古書堂の事件手帖」


映画情報どっとこむ ralph 鎌倉の片隅に佇むビブリア古書堂。
その店主・篠川栞子が、古書にまつわる謎を解き明かしていく三上延・著「ビブリア古書堂の事件手帖」シリーズ。

黒木華さんx野村周平さんで実写映画化となる「ビブリア古書堂の事件手帖」が11月1日(木)に全国公開となります。

この度、本作を彩るキャストとして、成田凌さんの出演を新たに発表!
成田さんが演じるのは、栞子の同業者で、漫画専門のネット販売を行う青年・稲垣。栞子と稲垣の出会いは、古書の〝市場“である交換会で、稲垣から栞子に声を掛けたところから始まる。本好き同士、好きな本の話で意気投合し、次第に心通わせるようになる栞子と稲垣。そして嫉妬を覚えるも、それを複雑な想いで見守るしかない大輔は、自分が栞子に想いを寄せていることに気付く…。旬の実力派俳優三人が繰り広げる、恋の三角関係に注目です。

成田さんは自身が演じる稲垣の人物像について、三島監督から1900年代の詩人・中原中也のイメージとともに、実はもう一人、意外な人物の名前を伝えられていた。なんとそれは、イギリスのアシッド・ジャズアーティスト、ジャミロクワイ。どういうことかは劇場で確認ですね。

共演者の黒木さんと野村さんについて

成田さん:黒木さんは、ご本人がお持ちの雰囲気に加えて、男前でかっこよく、力強さを持っている方。(野村)周平は、あんな俳優見たことないですね。彼とは同い年ですが、誰に対してもフラットで、いるだけで現場がすごく明るくなるし、愛おしいやつです。

とコメント。
また今回初タッグとなる三島監督に対しては

成田さん:初めてお会いした時は、キレのある格好いい女性だと思いました。俳優部に寄り添ってくれて、人を動かすという仕事に本当に向いている方だと思うし、優しいからこそ強い方で、もう一回仕事がしたいです。

と日本を代表する女性監督である三島組に参加した喜びを語った。

50年前に隠された夏目漱石「それから」のサイン本と、現代で狙われる太宰治「晩年」の希少本。

この2冊を中心に本作では、栞子(黒木)と大輔(野村)がビブリア古書堂を舞台に謎を解き明かしていく【現代のパート】、そして大輔の祖母・絹子(夏帆)と嘉雄(東出)の“知られてはいけない恋”を描く【過去のパート】が交差し、ある真実が明らかになっていく―。【現代のパート】に登場する成田演じる稲垣は、このミステリーにどのように絡んでいくのか、そして栞子、大輔との恋の三角関係はどうなっていくのか。

映画情報どっとこむ ralph 数々の実在の名作古書と、そこに刻まれた謎と秘密を紐解く極上の感動ミステリーを、この秋是非スクリーンでお楽しみに!

ビブリア古書堂の事件手帖

すべては一冊の本をめぐる祖母の遺言から始まった―。

鎌倉の片隅にひそやかに佇む古書店「ビブリア古書堂」。
過去の出来事から本が読めなくなった五浦大輔(野村周平)がその店に現れたのには、理由があった。亡き祖母の遺品の中から出てきた、夏目漱石の「それから」に記された著者のサインの真偽を確かめるためだ。磁器のように滑らかな肌と涼やかな瞳が美しい若き店主の篠川栞子(黒木華)は極度の人見知りだったが、ひとたび本を手にすると、その可憐な唇からとめどなく知識が溢れだす。さらに彼女は、優れた洞察力と驚くべき推理力を秘めていた。栞子はたちどころにサインの謎を解き明かし、この本には祖母が死ぬまで守った秘密が隠されていると指摘する。それが縁となって古書堂で働き始めた大輔に、栞子は太宰治の「晩年」の希少本をめぐって、謎の人物から脅迫されていると打ち明ける。力を合わせてその正体を探り始めた二人は、やがて知るのであった。

漱石と太宰の二冊の本に隠された秘密が、大輔の人生を変える一つの真実につながっていることを。

***********************************

原作:三上延『ビブリア古書堂の事件手帖』(メディアワークス文庫/KADOKAWA 刊) 

出演:黒木華 野村周平/成田凌/夏帆 東出昌大
監督:三島有紀子
脚本:渡部亮平、松井香奈

配給:20世紀フォックス映画、KADOKAWA
© 2018「ビブリア古書堂の事件手帖」製作委員会