「三宅健太」タグアーカイブ

『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE~2人の英雄~』本人役で千鳥出演


映画情報どっとこむ ralph 8月3日(金)に初の完全オリジナル劇場版長編アニメーション作品『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE~2人の英雄~』として全国ロードショー!

物語の舞台は総人口の約8割が何らかの超常能力「個性」を持って生まれる世界。事故や災害、そして「個性」を悪用する犯罪者・敵(ヴィラン)から人々と社会を守る職業・ヒーローになることを多くの若者が夢見る中で“無個性”で生まれてしまった主人公・緑谷出久(みどりやいずく/通称:デク)が、ヒーロー輩出の名門校である雄英高校に入学し、一人前のヒーローを目指して成長していきます。


そしてこの度、“個性応援ヒーロー”というかたちで『ヒロアカ』を盛り上げてくれている千鳥が、本人役として劇場版に声の出演をすることが決定しました!

アフレコ当日、3分で終わった収録に対して

ノブさん:少ねえ!もっとセリフくれえ!

と漏らすと、

大悟さん:ヒットするでしょうから、第二弾、第三弾とかそうなってきたら(セリフを)増やしていただいて。

と早くも続編への期待を口にしました。また、映画にちなんでどのような個性が欲しいかという問いに対して、

ノブさん:アフレコという仕事をいただいたのに、喉がめちゃくちゃ弱いので、“強い喉・鋼の声帯”が欲しい。

と回答。

大悟さん:すべった瞬間に“ポンっ”と顔がサツマイモとかになれば。

と斬新な個性を提案。

そんな千鳥の二人はなんと劇中で、原作者・堀越耕平があの日本が世界に誇る怪獣王“ゴジラ”をモチーフに描きおろした怪獣ヒーロー『ゴジロ』と共演します!


なんとその鳴き声は『平成ゴジラシリーズ』のものが使われているなど、本家ゴジラとの本格的なコラボが実現しています!公開まで1ヶ月を切り、ますます盛り上がりをみせる『ヒロアカ』から目が離せません!

▼インタビュー

千鳥のアフレコ&インタビュー映像およびコメンタリー特報も2タイプ解禁されます。
▼コメンタリー(ヒーロー編)

▼コメンタリー(個性編)

映画情報どっとこむ ralph 僕のヒーローアカデミア THE MOVIE~2人の英雄~

8月3日(金) 全国東宝系にてロードショー!

映画公式サイト:
http://heroaca-movie.com/

<あらすじ>

白熱の期末試験が終わり、夏休みの林間合宿を控えた雄英高校メンバー。デクとオールマイトは、ある人物からの招待を受け、海外に浮かぶ巨大人工移動都市<I・アイランド>を訪れていた。世界中の科学研究者たちの英知が集まったまさにサイエンスハリウッドのような島で

個性やヒーローアイテムの研究成果を展示した<I・エキスポ>が開催される中デクは“無個性”の少女・メリッサと出会う。

メリッサに、かつて同じ“無個性”だった自分を重ね合わせるデク。
その時、突如鉄壁のセキュリティを誇るアイランドの警備システムが敵(ヴィラン)にハッキングされ島内全ての人間が人質に獲られてしまう!いま、ヒーロー社会の構造を揺るがしかねない【ある計画】が発動する-!

その鍵を握るのは、平和(ナンバー)の(ワン)象徴(ヒーロー)・オールマイト。

映画情報どっとこむ ralph ≪TVアニメ≫

『僕のヒーローアカデミア』新シリーズ第3期絶賛放送中!

毎週土曜夕方5:30(※一部地域を除く)
読売テレビ・日本テレビ系全国29局ネット

【1期】 放送時期:2016年4月~6月
放送局:MBS・TBS系 毎週日曜 17:00~

【2期】 放送時期:2017年4月~9月
放送局:読売テレビ・日本テレビ系 毎週土曜17:30~

●世界148ヵ国にて配信

●FUNimationによる北米での配信:2017年4月期、7月期で再生数No.1を獲得

***********************************

声の出演:山下大輝 三宅健太 / 志田未来 生瀬勝久

岡本信彦 佐倉綾音 石川界人 梶裕貴

原作・総監修・キャラクター原案:堀越耕平(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)

監督:長崎健司
脚本:黒田洋介
キャラクターデザイン:馬越嘉彦
音楽:林ゆうき

アニメーション制作:ボンズ
公開日/2018年8月3日(金)

©2018「僕のヒーローアカデミアTHE MOVIE」製作委員会 ©堀越耕平/集英社




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

菅田将暉が初アニメ映画主題歌!『僕のヒーローアカデミア』 喜びコメントも到着!


映画情報どっとこむ ralph 今年8月3日(金)に初の完全オリジナル劇場版『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄(ヒーロー)~』長編アニメーション作品が全国ロードショー!

そしてこの度、待望の予告編が解禁となりました!

原作者・堀越耕平が総監修し、デク、オールマイト、1-A組のメンバーが初の海外となる舞台<”I”アイランド>に襲来した謎のヴィラン敵・ウォルフラムと大バトル!そして、かつてのデクと同じ“無個性”の少女・メリッサと、彼女の父でオールマイトの旧友・デヴィットというストーリーの鍵を握る親子との出逢い、さらにオールマイトの過去など、原作では描かれなかったエピソードが次々と明かされます。親友・デヴィットのピンチにオールマイトは、そしてデクはどう立ち向かうのか!空白の「夏」の一部が、遂に解禁!

この予告編は順次全国の映画館でも公開される予定です。そして、6月18日(月)25時~ニッポン放送「菅田将暉のオールナイトニッポン」で「ロングホープ・フィリア」のフルサイズが初オンエアされる予定です。

そして、主題歌には菅田将暉の新曲「ロングホープ・フィリア」が決定!こちらは本映画のために制作した楽曲で、昨年放送の“ヒロアカ”TVアニメ第2期のオープニングテーマを担当したロックバンド・amazarashiの秋田ひろむが作詞・作曲を手掛けました。

菅田将暉の楽曲がアニメーション映画の主題歌になるのは本作が初めてとなります。2018年8月1日(水)にニューシングルとしてリリース、7月14日(土)から先行配信されます。

【菅田将暉リリース情報】
ニューシングル 「ロングホープ・フィリア」
(アニメ映画『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄(ヒーロー)』~主題歌)
作詞・作曲:秋田ひろむ(amazarashi)

8月1日(水)CDシングルリリース
7月14日(土) 先行配信リリース 

映画情報どっとこむ ralph ■菅田将暉コメント

Q:8/1リリースのニューシングル「ロングホープ・フィリア」について

菅田さん:今回は最初からヒロアカ初の劇場版主題歌を作るという目的がはっきりとしていました。
ヒーローというのは子供にはもちろん、大人にも誰にだってそれぞれのヒーローが存在するものだと思うんですけど、正義だったり愛情を感じる象徴がヒーローだと思います。
そんなヒーローというものを性別も年代も超えて多くの人に歌で投げかけようと思った時に、今年の3月に自分のアルバム「PLAY」でもご一緒させてもらった、amazarashi秋田ひろむさんに、楽曲の書き下ろしをお願いさせてもらいました。「フィリア」はギリシャ語で親愛なる人への愛情 や友愛という意味です。
「大切な友に末長い希望を」という想いが込められたこの曲は、僕も歌いながら自分自身も励まされるような思いを起こさせられたり、年代関係なく、大切な仲間と一緒に頑張っていこうという強さと希望をもった曲ができたと思っています。
 

Q:「僕のヒーローアカデミア」について

菅田さん:ジャンプは小さいころから毎週読んでいて、ヒロアカも連載開始から読んでいたのでジャンプファン、ヒロアカファンとして今回の初の劇場版主題歌を担当することは、非常に光栄ですし嬉しく思っています。
僕はアクションだったり主人公が頑張って成長していく少年漫画が好きで、そういう漫画に共通しているのは、みんな憧れのヒーローとはいえ完璧でなかったりするけど、愛情や努力など情の部分が人の胸を打つものがあると思います。ヒロアカでも主人公のデクは最初、まわりから期待をされていないただの男の子だったけど、デク自身の中にある正義や憧れがあり、そんな部分をオールマイトにかわれ個性を譲られるという物語のスタートです。人間、最初から何でもできる人はいないから、諦めず頑張り続けることで誰でもヒーローになれるというストーリーが僕は昔から好きだったので、劇場版での更なるデクの成長が楽しみです。

Q:ニューシングルが『僕のヒーローアカデミアTHE MOVIE~2人の英雄~』の主題歌ということについて

菅田さん:劇場版ヒロアカでは、”圧倒的ヒーロー”オールマイトの過去が明かされるということもあり、amazarashiの秋田さんから、主人公デクの視点というよりは、オールマイトの視点に近い歌詞で書いたと聞いています。
歌えば歌うほどこの二人のヒーローやストーリーが、歌っている僕自身ともリンクしていって、温かくて強さを持つこの歌に本当に希望があるなと感じています。
この映画と寄り添うように歌った「ロングホープ・フィリア」が沢山の人に届けばいいなと思っていますし、映画と曲を通して、“自分が背中を押してもらった”、“誰かの背中を押してあげたい” みたいに感じてもらえるとすごく嬉しいです。

映画情報どっとこむ ralph 楽曲提供:秋田ひろむ(amazarashi) コメント

Q:楽曲制作の際に考えたこと

秋田さん:今作は完全に『僕のヒーローアカデミア』の為だけに作ろうと最初から意識していました。菅田君への楽曲提供ということもあり、僕個人のエゴやamazarashiのエゴを排除して、一人の作家として、ヒロアカと菅田君に音楽を捧げようという気持ちで作りました。

Q:楽曲への想い

A:今作を作るにあたって僕が設定したテーマは“ヒーロー”と“友達”です。
主人公デクの視点というよりは、オールマイトの視点に近い歌詞なのかなと思います。「友よ、末永い希望を」というフレーズを先に思いついて、それをCDの帯のキャッチフレーズみたいに想像しながら作りました。僕個人の想いはもちろん込められていますが、より多くの人へ届くように言葉の表現には気を使いました。

Q:「ロングホープ・フィリア」を菅田将暉が歌うことについて感じること

秋田さん:この歌は菅田君が歌うヒロアカのテーマ、ということがなければ生まれなかった歌です。
僕もあまり経験のない制作だったので迷いながら作った歌だったんですが、菅田君が歌った音源を聴いて間違ってなかったなと思えました。若きヒーローという意味では菅田君とデクは、僕には重なって見えます。

映画情報どっとこむ ralph 僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄(ヒーロー)~

映画公式サイト:
http://heroaca-movie.com/


あらすじ
白熱の期末試験が終わり、夏休みの林間合宿を控えた雄英高校メンバー。
デクとオールマイトは、ある人物からの招待を受け、海外に浮かぶ巨大人口移動都市<I・アイランド>を訪れていた。

世界中の科学研究者たちの英知が集まったまさにサイエンスハリウッドのような島で個性やヒーローアイテムの研究成果を展示した<I・エキスポ>が開催される中デクは“無個性”の少女・メリッサと出会う。


メリッサに、かつて同じ“無個性”だった自分を重ね合わせるデク。
その時、突如
鉄壁のセキュリティを誇るアイランドの警備システムがヴィラン敵にハッキングされ島内全ての人間が人質に獲られてします!
いま、ヒーロー社会の構造を揺るがしかねない【ある計画】が発動する-!
その鍵を握るのは、ナンバー平和ワンのヒーロー象徴・オールマイト。      

夏に向けてより一層盛り上がりをみせる『ヒロアカ』に今後もご期待ください!


≪TVアニメ≫
『僕のヒーローアカデミア』新シリーズ第3期絶賛放送中!
毎週土曜夕方5:30(※一部地域を除く)/読売テレビ・日本テレビ系全国29局ネット
【1期】 放送時期:2016年4月~6月 / 放送局:MBS・TBS系 毎週日曜 17:00~
【2期】 放送時期:2017年4月~9月 / 放送局:読売テレビ・日本テレビ系 毎週土曜17:30~
●世界148ヵ国にて配信
●FUNimationによる北米での配信:2017年4月期、7月期で再生数No.1を獲得

***********************************

声の出演:山下大輝、三宅健太、岡本信彦、佐倉綾音、石川界人、梶裕貴
原作・総監修・キャラクター原案:堀越耕平(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
監督:長崎健司
脚本:黒田洋介
キャラクターデザイン:馬越嘉彦
音楽:林ゆうき
アニメーション制作:ボンズ

©2018「僕のヒーローアカデミアTHE MOVIE」製作委員会 ©堀越耕平/集英社




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人のヒーロー英雄~』の特報が遂に解禁


映画情報どっとこむ ralph 来たる2018年4月7日(土)から日本テレビ系全国ネットでTVアニメ第3期の放送も決定している「ヒロアカ」が、ついに2018年8月3日(金)、初の完全オリジナル劇場版長編アニメーション作品として誕生します!

物語の舞台は総人口の約8割が何らかの超常能力「個性」を持って生まれる世界。事故や災害、そして「個性」を悪用する犯罪者・ヴィラン敵から人々と社会を守る職業・ヒーローになることを多くの若者が夢見る中で“無個性”で生まれてしまった主人公・緑谷出久(みどりや いずく/通称:デク)が、ヒーロー輩出の名門校である雄英高校に入学し、一人前のヒーローを目指して成長していく物語。

そしてこの度、『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人のヒーロー英雄~』の特報が遂に解禁!

解禁された30秒の特報の前半は、原作の数々の名シーンで彩られており、堀越耕平先生が描いてきた「ヒロアカ」の歴史を感じることができる映像に。後半では、本作の舞台である海外に浮かぶ人工島<I・アイランド>を目指すデクとオールマイトの姿が登場!

そして先日公開された第2弾ビジュアルにて最も話題を呼んだ、これまで原作でもTVアニメシリーズでも描かれることのなかった若き日のオールマイトの姿が、ついに映像となって初解禁!最後に1シーンだけ登場し「行こう!」と呼びかけるオールマイトが存在しているのは、果たしてどのようなシチュエーションなのか―。

映画情報どっとこむ ralph 原作者・堀越耕平総監修の“空白の夏”が今後少しずつ、明らかになっていきます!

劇場版発表、そして、映画プロモーションに参戦するメンバーを一般公募する「雄英高校プロモーション科」臨時開校、TVアニメ連動企画「You are MY HERO」キャンペーンなど、話題が盛りだくさんの『ヒロアカ』に今後もご期待ください!

僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄~

2018年8月3日(金) 全国東宝系にてロードショー!

映画公式サイト:
http://heroaca-movie.com/

物語・・・
白熱の期末試験が終わり、夏休みの林間合宿を控えた雄英高校メンバー。デクとオールマイトは、ある人物からの招待を受け、海外に浮かぶ巨大人口移動都市<I・アイランド>を訪れていた。世界中の科学研究者たちの英知が集まったまさにサイエンスハリウッドのような島で個性やヒーローアイテムの研究成果を展示した<I・エキスポ>が開催される中、デクは“無個性”の少女・メリッサと出会う。メリッサに、かつて同じ“無個性”だった自分を重ね合わせるデク。その時、突如、鉄壁のセキュリティを誇るアイランドの警備システムが敵(ヴィラン)にハッキングされ島内全ての人間が人質に獲られてしまう!いま、ヒーロー社会の構造を揺るがしかねない【ある計画】が発動する!その鍵を握るのは、平和の象徴(ナンバーワンヒーロー)・オールマイト。

***********************************

声の出演:山下大輝、三宅健太、岡本信彦、佐倉綾音、石川界人、梶裕貴

原作・総監修・キャラクター原案:堀越耕平(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
監督:長崎健司
脚本:黒田洋介
キャラクターデザイン:馬越嘉彦
音楽:林ゆうき
アニメーション制作:ボンズ
公開日/2018年8月3日(金)
©2018「僕のヒーローアカデミアTHE MOVIE」製作委員会 ©堀越耕平/集英社




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

ヒロアカ劇場版タイトル決定!『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人のヒーロー英雄~』


映画情報どっとこむ ralph 2014年7月より週刊少年ジャンプ(集英社)にて連載され、2016年4月よりTVアニメ放送がスタートとなった大人気作品「僕のヒーローアカデミア」(原作:堀越耕平)。既刊17巻のコミックスのシリーズ累計発行部数は1300万部を突破し、来たる2018年4月7日(土)から日本テレビ系全国ネットでTVアニメ第3期の放送も決定している「」が、ついに2018年夏、初の完全オリジナル劇場版長編アニメーション作品として誕生!

そしてこの度、第2弾ビジュアル、タイトル、公開日が解禁となりました!

タイトルは『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人のヒーロー英雄~』

公開日は2018年8月3日(金)そして、第2弾ビジュアルも初解禁!

「WHO IS YOUR HERO」というキャッチコピーの中に描かれるのは、これまで原作でもTVアニメシリーズでも描かれることのなかった、若き日のオールマイトの姿!総監修・キャラクター原案を原作者の堀越耕平先生が務める本作ならではの、ファン垂涎のビジュアルになっています。

そしてデク、爆豪、お茶子、飯田、轟というお馴染みのA組メンバーが歩くのは、「ヒロアカ」の世界で初となる舞台である、海外に浮かぶ人工島<I・アイランド>。“海外”という初めての舞台を背景に、物語の始まりを感じます。

映画情報どっとこむ ralph 更に、この劇場版では、TVアニメ第2期の最後に描かれた「期末試験編」の後、そして第3期で描かれる「林間合宿編」の間に起こった出来事=「空白の夏」が描かれる事も判明!

初の劇場版にして明かされる、原作者総監修のオリジナルストーリーがここに。

<あらすじ>
白熱の期末試験が終わり、夏休みの林間合宿を控えた雄英高校メンバー。
デクとオールマイトは、ある人物からの招待を受け、海外に浮かぶ巨大人口移動都市<I・アイランド>を訪れていた。
世界中の科学研究者たちの英知が集まったまさにサイエンスハリウッドのような島で個性やヒーローアイテムの研究成果を展示した<I・エキスポ>が開催される中デクは“無個性”の少女・メリッサと出会う。
メリッサに、かつて同じ“無個性”だった自分を重ね合わせるデク。
その時、突如
鉄壁のセキュリティを誇るアイランドの警備システムがヴィラン敵にハッキングされ島内全ての人間が人質に獲られてします!
いま、ヒーロー社会の構造を揺るがしかねない【ある計画】が発動する!
その鍵を握るのは、ナンバー平和ワンのヒーロー象徴・オールマイト。      

僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄~
※「英雄」に「ヒーロー」とルビが入ります

映画公式サイト:http://heroaca-movie.com/

2018年8月3日(金) 全国東宝系にてロードショー!

映画情報どっとこむ ralph 更にはTVアニメ連動企画「You are MY HERO」キャンペーンが映画公式サイトでスタート!
自分にとってヒーローだと思う存在を、オリジナル画像ジェネレーターを使って撮影し、Twitter・Instagramに投稿。選ばれた投稿はTVアニメ「僕のヒーローアカデミア」放送内にて紹介される
ファン参加型キャンペーンです!

夏に向けてより一層盛り上がりをみせる『ヒロアカ』に今後もご期待ください!

≪TVアニメ≫
『僕のヒーローアカデミア』新シリーズ第3期、4月7日(土)放送スタート!
毎週土曜夕方5:30(※一部地域を除く)/読売テレビ・日本テレビ系全国29局ネット
【1期】 放送時期:2016年4月~6月 / 放送局:MBS・TBS系 毎週日曜 17:00~
【2期】 放送時期:2017年4月~9月 / 放送局:読売テレビ・日本テレビ系 毎週土曜17:30~
●世界148ヵ国にて配信
●FUNimationによる北米での配信:2017年4月期、7月期で再生数No.1を獲得

***********************************

声の出演:山下大輝、三宅健太、岡本信彦、佐倉綾音、石川界人、梶裕貴

原作・総監修・キャラクター原案:堀越耕平(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
監督:長崎健司
脚本:黒田洋介
キャラクターデザイン:馬越嘉彦
音楽:林ゆうき
アニメーション制作:ボンズ
公開日/2018年8月3日(金)
©2018「僕のヒーローアカデミアTHE MOVIE」製作委員会 ©堀越耕平/集英社




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『ニンジャバットマン』追加キャスト発表!!予告編とポスターも解禁


映画情報どっとこむ ralph とある出来事により現代から過去にタイムスリップし“歴史改変を狙う最狂の悪党たち”と、それを阻止すべく現代からやってきた”ハイテク装備も富も失ったヒーロー”。世界から熱望されている日本のトップクリエイターたちが、世界中で愛される米国のキャラクターたちをベースに “悪vs正義”の時空を超えた壮大なバトルを 描く、話題の戦国タイムスリップ・アクション・エンターテイメント『ニンジャバットマン』の公開日が、6月15日(土)に決定しました。

さらに、現代のハイテクから切り離されたヒーローの声優を山寺宏一、歴史改変を目論む最狂の愉快犯の声優を高木渉が演じることも注目の本作。未発表だった豪華声優陣と日本のトップクリエイター達も追加発表!

日本が世界に放つ迫力の映像を制作しているのが、『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズのオープニング映像で世界の度肝を抜き、アニメ「ポプテピピック」で一躍注目を浴びている、水崎淳平監督率いる神風動画。本作は「ポプテピピック」以前に制作されており、世界から注目される神風動画 初の長編映画となる。
キャラクターデザインは和のテイストと力強さで世界中に多くのファンを持つ『アフロサムライ』の岡崎能士。脚本は『天元突破グレンラガン』をはじめアニメ・実写・演劇とマルチに活躍する劇団☆新感線の中島かずき。音楽は『PSYCHO-PASS サイコパス』の菅野祐悟。世界から熱望される日本のトップクリエイターによる奇蹟のコラボが実現した。

目を見張る映像に声という形で命を吹き込む声優陣にも、人気・実力ともにトップクラスのメンバーが集結。最狂の愉快犯ジョーカーと共に戦うキュートな悪役ハーレイ・クインを釘宮理恵、現代テクノロジーから切り離されたヒーロー バットマンに協力しながらも真意の見えない謎の美女・キャットウーマンを加隈亜衣、そのほか戦国大名となって日本の歴史を改変しようと企む悪党たちには、ゴリラグロッド役に子安武人、トゥーフェイス役に森川智之、デスストローク役に諏訪部順一、さらに歴史改変を阻止すべく戦うヒーローたちには、レッドフード役に石田彰、ロビン役に梶裕貴、ナイトウィング役に小野大輔、執事アルフレッド役に大塚芳忠といった、数々の有名キャラクターを演じてきた実力派声優陣が競演する。

映画情報どっとこむ ralph さらに、3月21日(水・祝)より上映劇場にて順次掲出・上映開始される新たな予告編とポスターも解禁に。

新たな予告編は、タイムスリップしてしまった日本の戦国時代を舞台に大胆なアクションや迫力あるバトルシーンも満載の、疾走感あふれる映像となっている。

映画情報どっとこむ ralph 世界のエンタメを圧倒する本作。世界のどこより早く映画館の大スクリーンで楽しめる日本公開をぜひお見逃しなく。

ニンジャバットマン

6月15日(金)新宿ピカデリー他 ロードショー

公式HP:
http://wwws.warnerbros.co.jp/batman-ninja/

公式Twitter:
@batmanninja2018

物語・・・
現代の犯罪都市ゴッサムシティの悪党たちがタイムスリップし、群雄割拠する戦国時代の日本。戦国大名となった悪党たちがこのまま自由に暴れ続ければ、日本だけでなく世界の歴史すらも変わってしまう! 絶望的な乱世で、現代テクノロジーからも切り離されてしまったヒーローは、世紀の歴史改変を阻止することができるのか? 日本と世界の未来をかけた、時空を超えた壮大なバトルの行方は!? 日本が世界に放つ、戦国タイムスリップ・アクションエンターテイメントがついに開幕!

***********************************

キャスト:
バットマン 山寺宏一、ジョーカー 高木渉、キャットウーマン 加隈亜衣、ハーレイ・クイン 釘宮理恵、ゴリラグロッド 子安武人、ポイズン・アイビー 田中敦子、デスストローク 諏訪部順一、ペンギン チョー、トゥーフェイス 森川智之、ベイン 三宅健太、ロビン 梶裕貴、レッドロビン 河西健吾、ナイトウィング 小野大輔、レッドフード 石田彰、アルフレッド 大塚芳忠

監督:水﨑淳平(「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズOP)
脚本:中島かずき(「天元突破グレンラガン」、「キルラキル」、「仮面ライダーフォーゼ」)
キャラクターデザイン:岡崎能士(「アフロサムライ」、「サマーウォーズ」アバターデザイン)
音楽:菅野祐悟(「PSYCHO
-PASS サイコパス」、「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」)
アニメーション制作:神風動画(「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズOP 、「ドラゴンクエスト」シリーズOP)
パート監督:高木 真司/山元 隼一/森田 修平
絵コンテ:ロマのフ比嘉/山元 隼一/森田 修平
メカデザイン:曽野 由大/桟敷 大祐/岡崎 能士/権瓶 彰/荒牧 伸志
コンセプトアート:鈴木 理
イメージボード:木﨑 文智/JOOYO Chang
CGI監督:澤田 覚史/水野 貴信
チーフモデラー:石川 優希、チーフロボモデラー:権瓶 彰、アニメーションチーフ:坂本 隆輔/吉野 功一
テクスチャチーフ:齋藤 弘光、色彩設計:木村 聡子、美術監督:野村 正信、編集:廣瀬 清志(eDiTz)
コンポジットディレクター:先名 美帆、音響監督:岩浪 美和、音響効果:小山 恭正
設定考証:堺 三保、アニメーションプロデューサー:里見哲朗
制作プロデューサー:清水 一達、制作協力:LAPIZ, Inc. スタジオカラー
アニメーション制作:神風動画/YAMATOWORKS

BATMAN and all related characters and elements © & ™ DC Comics.
© 2018 Warner Bros. Entertainment All rights reserved.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

デクたちがまさかの銀幕デビュー『僕のヒーローアカデミア』初の劇場版決定!CVコメント!


映画情報どっとこむ ralph 2014年7月より週刊少年ジャンプ(集英社)にて連載され、2016年4月よりTVアニメ放送がスタートとなった大人気作品「僕のヒーローアカデミア」(原作:堀越耕平)。既刊16巻のコミックスのシリーズ累計発行部数は1200万部を突破し、2018年4月からTVアニメ第3期の放送も決定している「ヒロアカ」がついに2018年夏、初の完全オリジナル劇場版長編アニメーション作品『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE』として誕生!

物語の舞台は総人口の約8割が何らかの超常能力「個性」を持って生まれる世界。事故や災害、そして「個性」を悪用する犯罪者・敵<ヴィラン>から人々と社会を守る職業・ヒーローになることを多くの若者が夢見る中で“無個性”で生まれてしまった主人公・緑谷出久(みどりやいずく/通称:デク)が、ヒーロー輩出の名門校である雄英高校に入学し、一人前のヒーローを目指して成長していく。

その物語はまさに「ドラゴンボール」「ONE PIECEワンピース」「NARUTO-ナルト-」が紡いできた「友情・努力・勝利」の系譜を継ぐ、ジャンプ新世代王道作品です。

今回初となる劇場版に向けて、原作者であり、劇場版でも総監修・キャラクター原案を担当する堀越耕平先生

原作者・堀越耕平先生からのコメント
デクたちがまさかの銀幕デビューです!映画やるかもと伺った時は正直全く信じてなかったのですが、本当にやるとわかってからは嬉しくて堪らないです!A組の活躍はもちろん、漫画でまだ描かれてないあのキャラの過去や、映画ならではの派手なアクション等盛りだくさんな内容になると思いますので、どうぞお楽しみに!

初の劇場版への喜びを爆発させるかのように限定イラストを描き上げました。

映画情報どっとこむ ralph さらに、キャスト陣からも感動のコメントが続々到着!

山下 大輝/緑谷 出久(みどりや いずく)役さんからのコメント
一期、二期と、皆さんと一緒に熱くなった『僕のヒーローアカデミア』、ついに劇場版が公開される事が決定しました!!本当に嬉しくて、とてもびっくりで、聞いたときは今日はエイプリルフールかと疑うくらい信じられませんでした。いや、でも疑うのは失礼ですね!こんなにも沢山の人が愛してくれてるんだって証ですもん!本当にありがとうございます!劇場版がどんな内容になるのか、まだ分かりませんが絶対に熱く、皆さんの心にスマッシュ!するくらいのパワーがあるものになると思います!これまで積み重ねてきた想いを、力を合わせて、全力で頑張ります!よろしくお願いします!劇場版でも、さらに向こうへ!プルスウルトラァァァァァ!!

三宅 健太/オールマイト役さんからのコメント
私がぁぁっ!劇場版ヒロアカに出るぅ!!…てなわけで、三宅です(笑)。もはや、テレビ画面だけでは暴れ足りない!みんなの個性をフルカウルで爆発させるためには、劇場版しかない!正に、合理的判断!どんな作品に仕上がるのか、とても楽しみです。有精卵ども!待っててくれよな!


岡本 信彦/爆豪 勝己役さんからのコメント

セリフがほしいです!どんな話かわかりませんが出してほしいです!劇場版化はとても嬉しいです!

佐倉 綾音/麗日 お茶子役さんからのコメント
個性豊かで暴れ盛りなヒーローたちに、きっと大きなスクリーンは似合うはずです。いったいどんなストーリーが展開するのか、どんな大きな壁が立ちはだかるのか、今からアフレコをとても楽しみにしています。スクリーンを飛び回るヒーローたちを、是非劇場でお楽しみください!プルスウルトラ!

石川 界人/飯田 天哉役さんからのコメント
飯田天哉役の石川界人です。今回の劇場版製作決定を聞いて飛び上がるほど喜びました。テレビシリーズで追加で描かれているオリジナルシーンを見たときに、オリジナルシナリオの書きやすい作品なのかもしれないと思っていましたが、まさか劇場版でオリジナルシナリオを見られることになろうとは思いもしませんでした。ヒーローとヴィラン、そして個性。これらがオリジナルで描かれたときにどれだけのドラマが生まれるのか本当に楽しみです。演者としても、視聴者としてもワクワクしながら夏を待っています。絶対に熱い作品になると思いますので期待してお待ちください!

梶 裕貴/轟 焦凍役さんからのコメント
皆様の応援のおかげで…ついに劇場版です!しかも、オリジナルストーリー!本当にありがとうございます!僕自身も大好きなヒロアカを、大きな画面と迫力ある音響設備で楽しめる機会をとても嬉しく思います!真夏のヒロアカで、心と体が熱くなってもご安心ください!フリージングディザスター!

映画情報どっとこむ ralph 今後次々と発表されていく、物語の舞台やストーリー、そして新ビジュアルにも、引き続きご注目下さい!2018年、「ヒロアカ」のアツい夏がやってくる!

僕のヒーローアカデミア THE MOVIE

2018年夏 全国東宝系にてロードショー!

原作:「僕のヒーローアカデミア」
著者:堀越耕平(集英社「週刊少年ジャンプ」連載) 累計発行部数:1200万部突破!
●Japan Expo Award MANGA部門第1位!
●アメリカにて2017年コミック売上総合トップ4位にランクイン!

***********************************

僕のヒーローアカデミア THE MOVIE
声の出演:山下大輝、三宅健太、岡本信彦、佐倉綾音、石川界人、梶裕貴
原作・総監修・キャラクター原案:堀越耕平(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
監督:長崎健司
脚本:黒田洋介
キャラクターデザイン:馬越嘉彦
音楽:林ゆうき
アニメーション制作/ボンズ
公開日/2018年夏
©堀越耕平/©集英社・僕のヒーローアカデミアTHE MOVIE製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

シャア出撃! VR体験してきた!『機動戦士ガンダム THE ORIGIN -シャア出撃-』


映画情報どっとこむ ralph 『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』のアニメシリーズ。

ジオン公国が地球連邦に対し宣戦布告した独立戦争に、ついに突入します。「ルウム戦役」を全2話で描いていく『ルウム編』。その人類史上初となる宇宙での人型兵器を投入した未曾有の戦争を描いていきます。

「激突 ルウム会戦」を2017年9月2日に上映スタート!
「誕生 赤い彗星」が2018年5月5日(土)に劇場上映されます!

そして! 9月19日(火)より新宿ピカデリー1F 特設ブースにて開始されるVR体験を、一般公国民への公開に先駆け、体験してきました!
*なお体験写真はスタッフのお嬢さんにモデルになってもらいました!

日時:9月14日(木)
場所:新宿ピカデリー
搭乗:記者TJ

映画情報どっとこむ ralph VRのタイトルは『機動戦士ガンダム THE ORIGIN -シャア出撃-』

ルウム戦に向けて、出撃準備中のMS-06S 専用ザクⅡに搭乗し、シャア中尉になりきりパプアから出撃! 地球連邦軍の主力艦隊に立ち向かいに行く! ジオン軍のエースパイロットとして活躍する様を体感せよ! というもの。

モビルスーツが横になって格納されているジオンスタイルの艦内。自機となる赤いザクを見下ろすところからVRは始まります。

コックピットに乗り込むと自分の足が赤い制服になってます!

それでは、見せてもらおうかVRの性能とやらを!

出撃!!!

映画情報どっとこむ ralph この体験ができるのは9月19日から新宿ピカデリー1階ロビー特設ブースにて!

特設ブースの壁面には第5話「激突 ルウム会戦」の名シーンの原画展示もありますので、こちらも楽しんで!

映画情報どっとこむ ralph 【参加方法】
体験を希望される当日の日付が入った「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 激突 ルウム会戦」の新宿ピカデリー劇場入場券を会場へお持ちください。

予約優先となりますので、専用サイトでの事前予約をおすすめします。

※視聴予約受付:9/2(土)12:00より
※前売券は対象外となります。体験を希望される当日の劇場入場券をお持ち下さい。
※劇場入場券の再発行は応じることができません。


VR映像演出:京極尚彦(「ラブライブ!」監督)
制作:サンライズD.I.D.スタジオ
企画・製作:サンライズ
©創通・サンライズ

映画情報どっとこむ ralph そして、

現在、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦』は全国 35 館にて劇場上映中!(4週間限定)

物語・・・
宇宙世紀0079年、人類は宇宙ですら戦場に変えてしまった。世界の人口の半数を死に至らしめたブリティッシュ作戦(コロニー落とし)を実行し、突き進む ジオン公国軍。

それに対し、劣勢を挽回すべく圧倒的な戦力で挑む地球連邦軍。

交錯するザビ家の陰謀、変えがたい運命に翻弄されるセイラ・マス、ジオン軍のパイロットとなってしまったランバ・ラルやハモン、サイド7で平穏に暮らすアムロやフラウの日常生活にも暗い影が訪れようとしていた。

そして、復讐に駆られたジオン軍のエース、シャア・アズナブルが参加する「ルウム会戦」がついに始まる。

***********************************

CAST
シャア・アズナブル:池田秀一/セイラ・マス:潘めぐみ/デギン・ソド・ザビ:浦山 迅/ギレン・ザビ:銀河万丈/ドズル・ザビ:三宅健太/ガルマ・ザビ:柿原徹也 ランバ・ラル:喜山茂雄/クラウレ・ハモン:沢城みゆき/タチ・オハラ:北沢 力/ガイア:一条和矢/オルテガ:松田健一郎/マッシュ:土屋トシヒデ ヨハン・I・レビル:中 博史/ アムロ・レイ:古谷 徹/カイ・シデン:古川登志夫/ハヤト・コバヤシ:中西英樹/ユウキ:小野賢章/ファン・リー:瀬戸麻沙美 ナレーション:大塚明夫

STAFF
原作:矢立 肇・富野由悠季(「機動戦士ガンダム」より)
漫画原作:安彦良和(KADOKAWA「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」より)
キャラクターデザイン:安彦良和、ことぶきつかさ
オリジナルメカニカルデザイン:大河原邦男
メカニカルデザイン:カトキハジメ、山根公利、明貴美加、アストレイズ
脚本:隅沢克之
演出:江上 潔、カトキハジメ
総作画監督:西村博之
メカニカル総作画監督:鈴木卓也/美術監督:東 潤一/美術設定:兒玉陽平/軍装装備デザイン:草彅琢仁/ディスプレイデザイン:佐山善則/SF考証:鹿野 司/色彩設計:安部なぎさ
撮影監督:葛山剛士
CGディレクター:井上喜一郎 編集:吉武将人
音響監督:藤野貞義/音響効果:西村睦弘/音楽:服部隆之
総監督:安彦良和
企画・製作:サンライズ
©創通・サンライズ




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

潘めぐみ、喜山茂雄、三宅健太、茅野愛衣 登壇!『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦』


映画情報どっとこむ ralph 日本ロボットアニメの金字塔『機動戦士ガンダム』。

そのキャラクターデザイン・アニメーションディレクター の安彦良和が手掛けた、累計発行部数 1,000 万部を誇る大ヒットコミックス『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』のアニメシリーズ。

いよいよ一年戦争へ 「激突 ルウム会戦」は 2017 年 9 月 2 日(土)から大ヒット公開中!
「誕生 赤い彗星」を 2018 年5月5日(土)よりイベント上映いたします。

そして!『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦』の2週目舞台挨拶が行われました。

初日舞台挨拶では銀河万丈さんのジークジオン!で会場が盛り上がったイベントに引き続き、 2 週目舞台挨拶ではセイラ・マス役:潘めぐみさん、ランバ・ラル役:喜山茂雄さん、ドズル・ザビ役:三宅健太さん、ドズルの妻ゼナ・ザビ役:茅野 愛衣さんの豪華声優陣とサンライズ谷口理プロデューサーが集結しました!

日付: 9月9日(土)
場所:川崎チネチッタ
登壇:潘めぐみ、喜山茂雄、三宅健太、茅野愛衣、サンライズ谷口理プロデューサー

映画情報どっとこむ ralph 演じるにあたり意識したことは?


潘さん:今までは守ってもらってばっかりだったんですが、今回は戦場から始まるというところで誰も私をアルテイシアと呼んでくれる人はいなくなったので、“セイラ・マス”として一心にやることを意識していました。


喜山さん:今回こそは、上には逆らうまい、と心に決めていたんですけど…またやっちゃった(笑)最初のあのシーンから酒場に行くシーンは全然違
ったのでお芝居していても面白かったんです。…けどまた戦場にもどりたいな(笑)


三宅さん:今回は特にドズルはいろんな面が出ていたと思います。あるときは部下と言い合いをし機材を壊し、あるときは意気揚々と帰宅してわが子を泣かし、それでも最後はちゃんと指揮をするという…ある種、この先々のドズルの片鱗が見え始めたのかなと思ったので、そこを大事に演じました。

茅野さん:今回は妻という役柄だったんですが、今までドズルさんに銃を突き付けてみたり、ダイナミックな告白もあったりしましたけど、今回は無事にこどもが生まれまして…私は産んだことはないんですけど(笑)寝かしつけるのは本当に大変だと思うんです…

三宅さん:すみませんでした(笑)そう思いながらも、ドズルが膝の上で弱音をはいたりするシーンではちょっとキュンとしたり。戦いに参加しているわ
けではないんですが、なにかしら支えになっていて、作品にも寄り添えているような気がして嬉しかったです。

コロニー落としのシーンは

三宅さん:お互いの考え方がぶつかり合う大事なシーンでは、何度もテイクを重ねました。

喜山さん:僕らもですけど、スタッフもものすごくこだわりをもっていたので5、6 回はやりましたね。丁寧に作っていきました。

三宅さん:我々、力強いというか、どうしても勢いとテンションでぶつかっていってしまう部分もあったんですが、その勢いの中にもお互いのジレンマや信念をこめてほしい、ということで、絶対にこどもの喧嘩にはしたくないという想いもあったので、そこまで持って行くのにすごく苦労しました。

喜山さん:終わったあと、黒い三連星にニヤッとされました。ジェット・ストリーム・ニヤリです(笑)何度もテイク重ねてすみませんでしたと謝りました。

映画情報どっとこむ ralph 村で襲撃されるシーンでは

潘さん:タチ中尉ただ一人がわたしのことをアルテイシアさまと呼んでくれることで揺らいでしまう部分もあったんですが、やはりあの襲撃は一年戦争の“セイラ・マス”が誕生した瞬間かなと私自身も思っていたので、私がやらねば!という想いがすごく強かったです。「なぜ人は戦うのか」という大塚明夫さんのセリフに対する、セイラの想いが見えた瞬間でもあるのかと思います。

夫婦役でしたが、演じる上で話し合いなどはありましたか?

茅野さん:特になかったですが、収録の前に別の現場でお会いして少し照れました。(笑)

三宅さん:前回のオリジンでドズルがプロポーズするシーンの話をしていて、茅野さんはわりといいと、おっしゃってましたね。

茅野さん:私はアリだと思います!三宅さんは背も高くて、ドズルとすごくリンクしているなと思いました。お芝居をしていて、ドズルが葛藤する部分は切なくなりましたね。

第 5 話の制作上、苦労した点は?

谷口 P:今回、前作に比べると、見ごたえのある映像にしたいと思い、安彦監督に「尺のばしていいですよ~」といったら大変なことになりました(笑)
コロニー落としのシーンは、納品する1週間前まで作っていました。あのシーンが今回は重要で一番見ごたえのある部分だと思うんですが、実はプ
ロダクション I.G さんに手伝っていただいています。戦艦のシーンも多かったので、宮本さんというメカデザインの方に手伝っていただき、こだわって
隅々までメカニックの要素を入れた部分は、前作とは違うこだわりになったとおもいます。

映画情報どっとこむ ralph 来年の上映に向けての意気込み

潘さん:とうとう赤い彗星が誕生ということで…また戦場ですね。もうアルテイシアと呼ばれなくなるんですね。“セイラ・マス”として生きていくんだな、
という緊張感がありますね。

三宅さん:こないだ収録の際に安彦総監督「ドズルはこれからどんどんかっこよくなるから、かわいいドズルは一回終わりになります。」と言われ、こ
れは気合いを入れてもう一度ドズルを極めなくては、と。なので今から緊張しています。

最後にひとことメッセージを

茅野さん:ひとりの女性の人生をこうして演じることができることが嬉しくもありつつ、かなしい場面も多いので、作品の中でしっかり、母として、これか
らも頑張っていきたいとおもいます。

三宅さん:『激突 ルウム会戦』ではガンダムの世界の苛烈さが増していて、これからどんどん戦いが多くなっていくとおもいます。かわいいドズルは
今日で見納めかもしれませんが(笑)スタッフ一同、これからも頑張って戦っていくので応援よろしくお願いします。
喜山さん:ランバ・ラルはこの先どうなっていくのか(笑)せっかく携わっているのでこの先も作品を一緒に見守っていきたいですし、ここにいらっしゃ
るみなさんはジオン軍らしいので、この先のジオン軍は皆さまにお任せします!

潘さん:次回から本格的に“セイラ・マス”として生きていくのかと思うと、緊張していますが、ガンダムの世界は作品の中だけの話ではなく、近い将
来私たちも宇宙に行くのかな…なんて考えたら、よりたくさんの方たちにこのメッセージが伝わればいいなと思うので、そんなこれからの未来に期
待しています。引き続きよろしくお願いします。

9月2日(土)より全国 35 館にてイベント上映中!(4週間限定)

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
宇宙世紀0079年、人類は宇宙ですら戦場に変えてしまった。世界の人口の半数を死に至らしめたブリティッシュ作戦(コロニー落とし)を実行し、突き進む ジオン公国軍。

それに対し、劣勢を挽回すべく圧倒的な戦力で挑む地球連邦軍。

交錯するザビ家の陰謀、変えがたい運命に翻弄されるセイラ・マス、 ジオン軍のパイロットとなってしまったランバ・ラルやハモン、サイド7で平穏に暮らすアムロやフラウの日常生活にも暗い影が訪れようとしていた。

そして、復讐に駆られたジオン軍のエース、シャア・アズナブルが参加する「ルウム会戦」がついに始まる。

***********************************

CAST
シャア・アズナブル:池田秀一/セイラ・マス:潘めぐみ/デギン・ソド・ザビ:浦山 迅/ギレン・ザビ:銀河万丈/ドズル・ザビ:三宅健太/ガルマ・ザビ:柿原徹也 ランバ・ラル:喜山茂雄/クラウレ・ハモン:沢城みゆき/タチ・オハラ:北沢 力/ガイア:一条和矢/オルテガ:松田健一郎/マッシュ:土屋トシヒデ ヨハン・I・レビル:中 博史/ アムロ・レイ:古谷 徹/カイ・シデン:古川登志夫/ハヤト・コバヤシ:中西英樹/ユウキ:小野賢章/ファン・リー:瀬戸麻沙美 ナレーション:大塚明夫

STAFF
原作:矢立 肇・富野由悠季(「機動戦士ガンダム」より)/漫画原作:安彦 良和(KADOKAWA「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN」より) キャラクターデザイン:安彦良和、ことぶきつかさ/オリジナルメカニカルデザイン:大河原邦男/メカニカルデザイン:カトキハジメ、山根公利、明貴美加、 アストレイズ/脚本:隅沢克之/演出:江上 潔、カトキハジメ/総作画監督:西村博之/メカニカル総作画監督:鈴木卓也/美術監督:東 潤一/美術設定:兒玉陽平 軍装装備デザイン:草彅琢仁/ディスプレイデザイン:佐山善則/SF考証:鹿野 司/色彩設計:安部なぎさ/撮影監督:葛山剛士/CGディレクター:井上喜一郎 編集:吉武将人/音響監督:藤野貞義/音響効果:西村睦弘/音楽:服部隆之/総監督:安彦良和/企画・製作:サンライズ




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ