「三吉彩花」タグアーカイブ

『ダンスウィズミー』三吉彩花が髪を振り乱して大暴れ!? ソロダンスシーン解禁


映画情報どっとこむ ralph モップを片手に三吉彩花がエアギター!?マンションのエントランスで大暴れ!「ACT-SHOW」ソロダンスシーン解禁!!

三吉彩花演じる、“ミュージカルニガテ女子”ヒロイン・静香。突然、音楽が聞こえると歌い踊り出すカラダになってしまった!まだカラダの異変に気付いていない静香は、出勤の準備を整え“イヤフォンで音楽を聞きながら”お出かけしてしまう!選んだ曲はノリの良いリズムと勢いあるハイトーンなコーラスが繰り返される「ACT-SHOW」。ばっちりメイクをし、赤いヒールとブルーのひらひら舞うスカートが素敵なオフィスカジュアルに身をつつみエレベーターを勢いよく飛び出すと、ミュージカルスターのごとく曲にあわせ人目も気にせず気持ちよさそうにステップを踏み始める静香!
廊下も指を鳴らしつつリズミカルに突き進み、ガラス張りの開放的なエントランススペースに足を踏み入れると、静香の動きはさらに加速!長い手足を大きく振り回しながら激しい振りやターンを見せると、肩にかけていたカバンをテーブルへ放り出す。迷わずソファーへ飛び乗ると腕を伸ばしてポーズを決めつつ、背もたれに体重をかける静香。徐々に倒れこむソファーから降りようとしない静香、あわや転倒か!?と思いきや、綺麗な受け身をとりそのままダイナミックな前転を披露。
ノリノリの静香はとどまることを知らず、清掃用具が詰まったカートに足をかけると、勢いをつけて前進!満足気な表情でくるりと一周するとカートに入っていたモップを引き抜き、モップ片手にそのままエアギター!かき鳴らされるギターサウンドにあわせ、一心不乱に髪を振り乱し、自分の世界に深く没頭していく静香。そんな大暴れを見せる静香の後ろを通りかかった清掃員だったが、こちらもヘッドフォンをしていて暴れ続ける静香には気づかない!そのため静香はさらにヒートアップし、モップを投げ捨て、テンションMAXで踊り続け・・・。ハチャメチャな状況に陥ってしまった静香がたどる運命はいかに!?


ソファーを使ったアクションや、エアギターをかきならす動きが見られ、本作の中でも激しいこちらのシーンは三吉にとって最初に撮影したダンスシーンとなった。500人のオーディションを勝ち抜き、クランクインの2ヶ月前から始まった過酷なダンスレッスンを乗り越え、撮影に備えたが、撮影現場でも振付がどんどん変わっていき大苦戦。それでも三吉は懸命に振付を覚え、制作陣をあっと言わせた。矢口監督は「振付が変わっても三吉さんはその場で対応してくれて、身体能力が高いと思った」と三吉の抜群の運動神経を絶賛。三吉が努力した成果と高い身体能力がまざまざまじまじと感じられるとともに、物語のはじまりを予感させるワクワク感が満載で明るく心が躍るようなシーンとなっている。

映画情報どっとこむ ralph 『ダンスウィズミー』 

8月16日(金) 全国ロードショー

公式サイト:
dancewithme.jp

公式ツイッター:
dancewithmefilm

#ダンスウィズミー

ダンスウィズミー <ストーリー> 
子どもの頃から何よりミュージカルが嫌いな静香。催眠術のせいで、突然、音楽が聞こえるたびに歌い踊り出すカラダになってしまった!所かまわず歌い踊るせいで日常がメチャメチャに!術を解くため日本中を奔走するが、裏がありそうな5人のクセ者たちと、さらなるトラブルが!恋も仕事も失った静香を待つ、ハチャメチャな運命とは?果たして静香は無事に元のカラダに戻れるのか!? 旅の終わりに彼女が見つけた大切なものとは?

***********************************

原作・脚本・監督:矢口史靖(『ウォーターボーイズ』『スウィングガールズ』『ハッピーフライト』)
出演:三吉彩花 やしろ優 chay 三浦貴大・ムロツヨシ 宝田明
企画・制作プロダクション:アルタミラピクチャーズ
配給:ワーナー・ブラザース映画 
©2019「ダンスウィズミー」製作委員会



三吉彩花、やしろ優 亀有に登場!『ダンスウィズミー』全国一斉試写会イベント


映画情報どっとこむ ralph 『ウォーターボーイズ』『スウィングガールズ』『ハッピーフライト』の矢口史靖監督最新作『ダンスウィズミー』8月16 日(金)全国公開は、構想16年、「突然歌って踊り出しておかしくない?」をテーマにしたこれまでにない全く新しいミュージカル!

今回全国一斉試写イベントに、MOVIX亀有で行われた『ダンスウィズミー』の主人公・静香を演じる三吉彩花と、静香の旅のパートナーで、お金とイケメンに弱い、フリーター千絵役のやしろ優が登場しました。撮影中のエピソードや仲良しトークを披露し、劇場に詰めかけた観客を湧かせました。
『ダンスウィズミー』 三吉彩花・やしろ優
『ダンスウィズミー』
場所:MOVIX亀有、シアター4
登壇:三吉彩花、やしろ優

映画情報どっとこむ ralph この日映画『ダンスウィズミー』の全国一斉試写会に登場したのは、主演のミュージカル苦手女子・静香役の三吉彩花と、静香の旅のパートナーで、お金とイケメンに弱い、フリーター千絵役のやしろ優。

三吉は「鈴木静香役の三吉彩花です。全国一斉試写会イベントにお越しいただいて、ありがとうございます。楽しんでください」と挨拶。やしろも続けて「静香の相棒・千絵役のやしろ優です。矢口監督からは、R2D2とC3POを選ぼうと思って、選ばれたらしいです。一体監督は私のこと、どっちだと思っているんでしょうね?」と会場を笑わせた。
『ダンスウィズミー』 三吉彩花・やしろ優 また本作がトロント日本映画祭で観客賞を受賞したことに話しが及び、三吉は「観客賞に選んでいただけたことはすごく光栄ですし、現地の方に受け入れてもらえたんだなと嬉しい気持ちです。また上海国際映画祭、トロント日本映画祭での反応をみて、海外の多くの方に認めて頂けたのかなと思います。特にトロントでは、観客の方たちがだんだん静香のキャラクターがわかってきたのか、静香の行動に一喜一憂してくださって。楽しい時、悲しい時な関係なく全部リアクションしてくださって、嬉しかったです」と海外映画祭時の様子を振り返った。

トロント日本映画祭の観客賞受賞について、矢口監督からも「トロント映画祭観客賞、やったー!! 皆さんありがとうございます。カナダからの手紙には、嬉しいニュースが書いてありました。トロント日本映画祭で観客賞!トロントのお客さんと一緒に映画を観た夜、劇場が揺れるほどの笑いと大騒ぎ。あの反応は本物だったんですね。とにかく嬉しいです。早く日本のお客さんに観せたい!」と大興奮なコメントが寄せられた。

さらに撮影中、すごく仲が良かったという話になり、「本当に仲が良くて、ご飯に行ったり、いろんなところに遊びに行ったりしています。(chayも含めた)グループLINEがあって、そこで次いつ来ますか?そろそろ会いません?って誘ったり。三吉さんは、うちにも来てますよね?」と振ると、三吉は「そうなんですよ、やしろさんの旦那さんとワンちゃんにも会いました」といまも関係が続いていることを明かした。

『ダンスウィズミー』 三吉彩花・やしろ優 それから、大変だったシーンについての話になり、やしろは「ダンスバトルシーンが大変でした。夜から撮影始まって、朝までぶっ通しで撮影して、すごい膝にきましたね。床が堅かったので余計に」というと、三吉が「アイシングは欠かせなかったですね」と相槌、続けて「私は歌とダンスはクランクインする2か月前から練習をスタートさせて、振り付けを覚えたり、色々なダンスを覚えたりしたんですけど、やしろさんは割と自由にって言われてましたよね?」と三吉から言われたやしろは「そうなんですよ。ダンスの練習で一生懸命振付を覚えて、撮影に挑んだのですが、監督から突然、やしろさんは自由にしてくださいと言われて…逆に練習通りにいかない大変さを味わいましたね」と笑顔で語った。

続けて三吉は苦戦したダンスについて「ポールダンスですね。初めてのポールダンスではあったのですが、単純に勢いよくポールを掴んで回れば、クルクルと回転していくのかなと思ったのですが、そんなことは全くなくて、大変でしたね」と意外な苦労も明かした。


映画情報どっとこむ ralph そして、普段からも仲良しで、劇中でもパートナーとして旅をする2人に、コンビ愛を確かめる企画のコーナーに突入。

まずお題は「印象に残っている人」。パネルを渡された三吉とやしろは、その場でパネルに記入し、一斉に回答をオープンすると、2人とも「chay」と同じ回答が!
『ダンスウィズミー』 三吉彩花・やしろ優 やしろは「chayちゃんとは、すぐに打ち解けて、本当にいろんなところに行ったので」、三吉は「色んな意味でchayちゃんなんですよ。これは上映前だから、あんまり言えないんですけど、本当に印象に残っている」と会場を盛り上げた。
『ダンスウィズミー』 三吉彩花・やしろ優 そして次の質問「劇中でお気に入りの曲は?」と聞かれた2人は、三吉「Tonight」、やしろ「夢の中へ」と一致せず。ただ三吉は「夢の中へとすごく迷ったんですよ。でもこの曲は撮影の最後のクランクアップしたシーンで。やしろさんが感極まって、撮影前から舞台袖で泣き出しちゃって」というと、やしろは「監督が、やしろさん、これが最後の撮影ですよ、泣いていいんですよって何度も言ってきて…それで催眠術にかけられたみたいに本当にバーッと泣いちゃったんですけど、結局泣きすぎです、と止められて」とクランクアップのエピソードを笑いを交えて紹介した。

最後に・・・

観客が2人を撮影できるフォトセッションタイムがあり、三吉は「映画是非楽しんでください!どうせ写真撮っていただくなら、加工アプリで美白効果などしていい写真にしてください」と笑わせ、やしろも「私も、ウエスト細くしてほしい」とお願いし、和気あいあいする中イベントは終了しました。

映画情報どっとこむ ralph 『ダンスウィズミー』

8月16日(金) 全国ロードショー

公式サイト:
dancewithme.jp 
公式ツイッター:
dancewithmefilm

#ダンスウィズミー 

ダンスウィズミー
<ストーリー>
静香は子供の頃からミュージカルが大の苦手。しかし、とあるきっかけで音楽が聞こえるとミュージカルスターのように歌い踊り出すカラダになってしまう!スマホの音や日常に溢れる音楽に反応し所かまわず歌い踊りだすせいで、順風満帆な人生がハチャメチャに。恋も仕事も失った静香は、原因を探すため日本中を奔走する!しかしその先には、裏がありそうなクセ者たちとの出会いと、さらなるトラブルが!果たして静香は無事に元のカラダに戻れるのか!?旅の終わりに彼女が見つけた大切なものとは…?

***********************************

原作・脚本・監督:矢口史靖(『ウォーターボーイズ』『スウィングガールズ』『ハッピーフライト』)
出演:三吉彩花 やしろ優 chay 三浦貴大・ムロツヨシ 宝田明
企画・制作プロダクション:アルタミラピクチャーズ
配給:ワーナー・ブラザース映画
©2019「ダンスウィズミー」製作委員会


三吉彩花 x 矢口史靖監督『ダンスウィズミー』メイキング映像到着!


映画情報どっとこむ ralph 矢口史靖監督最新作『ダンスウィズミー』8月16日(金)全国公開。

日本中から歌って踊れる女優を探し、日本中のオーディションで、ミュージカルが苦手なヒロイン・静香の役を射止めたのは、三吉彩花さん。


三吉さんにとっては、オーディションの合格が幸せの頂点で、そこから地獄のようなトレーニングの日々が続くことに。クランクインの2カ月前にも関わらず、彼女のスケジュールは、本作のために割かれ、歌やダンスの練習はもちろん、振り付けのみを教わる日やポールダンス、テーブルクロス引きなどの特訓が次々と入り、休みがない状態に。クランクイン後もその状態は続き、気が付けば、歌とダンスのトレーニングに、なんと250時間も費やしていた。そんな状態に、笑顔のダンスシーンの裏には・・・・な!メイキング映像、初解禁!!

三吉さん:ミュージカルの主演でプレッシャーもあり、こんなに極限状態になった作品は初めてでした。

と語っている。
ダンスウィズミー またメイキング映像内では、矢口監督の本作に対するこだわりによって、さらに過酷さを極めていく現場の様子が垣間見え、「もう1回、もう1回」と予測不能すぎる取り直しの数に、三吉の顔からはだんだんと笑顔が消え…辛そうな表情に。それもそのはず、オフィスの中で色とりどりのシュレッダークズの紙吹雪が舞う中、デスクの上をまるでランウェイのように軽やかにステップを踏み、笑顔でフィニッシュを決める「Happy Valley」のシーンでは、最後の笑顔が決まらないために、何度もテイクを重ねており、そのたびに三吉も含めた全員でシュレッダークズを拾い、撮影、またシュレッダークズを拾い、撮影を繰り返した。これにはさすがの三吉も「やばいです、もう」と音を上げる寸前に。激しいダンスを踊り続けて、疲労の溜まった足をアイシングしてもらう姿や、監督のOKの声に笑顔でやしろ優とハイタッチする姿など、素の三吉彩花も観られる貴重な映像となっている。



ダンスウィズミー

8月16日(金) 全国ロードショー

公式サイト:
dancewithme.jp

公式ツイッター:
@dancewithmefilm
#ダンスウィズミー 

ダンスウィズミー
<ストーリー>
静香は子供の頃からミュージカルが大の苦手。しかし、とあるきっかけで音楽が聞こえるとミュージカルスターのように歌い踊り出すカラダになってしまう!スマホの音や日常に溢れる音楽に反応し所かまわず歌い踊りだすせいで、順風満帆な人生がハチャメチャに。恋も仕事も失った静香は、原因を探すため日本中を奔走する!しかしその先には、裏がありそうなクセ者たちとの出会いと、さらなるトラブルが!果たして静香は無事に元のカラダに戻れるのか!?旅の終わりに彼女が見つけた大切なものとは…?

***********************************


原作・脚本・監督:矢口史靖(『ウォーターボーイズ』『スウィングガールズ』『ハッピーフライト』)

出演:三吉彩花 やしろ優 chay 三浦貴大・ムロツヨシ 宝田明

企画・制作プロダクション:アルタミラピクチャーズ
配給:ワーナー・ブラザース映画 
©2019「ダンスウィズミー」製作委員会


三吉彩花 第二の故郷・沖縄で舞台挨拶『ダンスウィズミー』プレミア上映


映画情報どっとこむ ralph 『ウォーターボーイズ』『スウィングガールズ』『ハッピーフライト』の矢口史靖監督最新作『ダンスウィズミー』(8 月 16 日(金)全国公開となります。

今回、6月25日 沖縄最大級のシネコンとなるユナイテッド・シネマ PARCO CITY 浦添(本日6月27日オープン)のオープニングセレモニーに『ダンスウィズミー』の主人公・静香を演じる三吉彩花が登場し、オープニング記念のテープカットを行いました。また一足先に行われたプレミア上映会には、三吉彩花と共に矢口史靖監督が登壇。撮影中のエピソードや沖縄に関するトークを和気あいあいと披露し、劇場に押し寄せた200名の観客を湧かせました。

『ダンスウィズミー』ユナイテッド・シネマ PARCO CITY 浦添
オープニングセレモニー&プレミア上映会 概要

日程:
オープニングセレモニー:6月25日(水) PM3:00~3:40
舞台挨拶付きプレミア上映会:6月25日(水) PM7:00~9:10
場所:ユナイテッド・シネマ PARCO CITY 浦添
登壇:
オープニングセレモニー:三吉彩花
舞台挨拶付きプレミア上映会:三吉彩花、矢口史靖監督

映画情報どっとこむ ralph 海外映画祭での上映を大成功で終え、世界から絶賛されている映画『ダンスウィズミー』。 

このたび、主演・三吉彩花さんが沖縄最大級のシネコン「ユナイテッド・シネマ PARCO CITY 浦添」のオープニングイベントに登場

映画情報どっとこむ ralph 『ダンスウィズミー』プレミア上映会には、三吉彩花と矢口監督が登壇!
歓迎ムードの中、

三吉さん:また沖縄に来れて本当にうれしいです。初主演作品『旅立ちの島唄~十五の春~』が沖縄が舞台の映画でしたので、勝手にご縁があると思っています。こうしてみなさんにまた会えてうれしいです。本日は楽しんでいってください!

と笑顔であいさつすると、MCから「勝手どころかおかえりなさいです。沖縄の人はあの子がこんなに大きくなったんだと感激していますよ」と言われ、温かい拍手で迎え入れられ、続けてご当地トークになり、

三吉さん;お昼はてびちとラフテーと三枚肉全部乗ったソーキそばをいただきました。国際通りは行きたいです。日本各地のダンサーさんたちと『ダンスウィズミー』のオリジナルダンスを踊る企画を撮っているんですけど、明日も沖縄のエイサーさんと踊ります!

と宣言し、会場を沸かせた。

矢口監督:僕は時間を見つけて首里城行ってきました。建造物として非常に興味深いです。あんなに広いなんて知らなかったんですよ。城内をぐるぐるまわっているうちにバイオハザードみたいに迷ってしまいまして。ここ(劇場)まではモノレールに乗ってきました。ずっと乗りたかったので、夢が叶いました。

と明かした。

矢口監督:三吉さんはオーディションに来たときは、すごくふてくされて見えて、ぜんぜん目が合わなかったんです!

と会場の笑いを誘うと、

三吉さん:緊張していたんです!

と、映画さながらのコミカルな掛け合いを披露。和気あいあいとトークを繰り広げていく2人に対し、応募者多数のなか幸運にもチケットを手にした約200名の観客は大いに盛り上がった。

映画情報どっとこむ ralph
最後に、

矢口監督:三吉さんは普段は怒ってるのかな、と思うくらい仏頂面なんですが、歌って踊るとまるで大輪の華が咲いたように表情がパッと変わる。この表情の変化はこの映画に一番必要なものだったので三吉さんにしかこの役は演じられないと思いました。

と信頼を寄せると、

三吉さん:歌やダンスの猛特訓もでしたが、矢口史靖監督の最新監督作というプレッシャーもあり今まで演じた中で一番大変でした。それでも一からみんなで意見を交換しながら模索しながら作っていきました。だからこそ終わった時には頑張ってよかったなと心から思いました。

と本作にかける思いを語った。過酷な撮影を乗り越えて、築き上げた和やかなムードが充満した幸せな舞台挨拶は拍手喝さいの中、幕を閉じた。


また、沖縄キャンペーンの合間には沖縄の魅力がつまった「おきなワールド」を訪れ琉装を纏ったエイサー隊と共に、記念撮影。海外映画祭でレッドカーペットを歩くなど世界を魅了した。
ダンスウィズミー 映画『ダンスウィズミー』は8月16日(金) 全国ロードショー

公式サイト:
dancewithme.jp 

公式ツイッター:
@dancewithmefilm #ダンスウィズミー

<ストーリー> 
静香は子供の頃からミュージカルが大の苦手。しかし、とあるきっかけで音楽が聞こえるとミュージカルスターのように歌い踊り出すカラダになってしまう!スマホの音や日常に溢れる音楽に反応し所かまわず歌い踊りだすせいで、順風満帆な人生がハチャメチャに。恋も仕事も失った静香は、原因を探すため日本中を奔走する!しかしその先には、裏がありそうなクセ者たちとの出会いと、さらなるトラブルが!果たして静香は無事に元のカラダに戻れるのか!?旅の終わりに彼女が見つけた大切なものとは…?


***********************************

原作・脚本・監督:矢口史靖(『ウォーターボーイズ』『スウィングガールズ』『ハッピーフライト』)
出演:三吉彩花 やしろ優 chay 三浦貴大・ムロツヨシ 宝田明
企画・制作プロダクション:アルタミラピクチャーズ
配給:ワーナー・ブラザース映画 
©2019「ダンスウィズミー」製作委員会
   


三吉彩花『ダンスウィズミー』踊り狂う本編クリップ「狙いうち」長尺解禁


映画情報どっとこむ ralph 『ウォーターボーイズ』『スウィングガールズ』『ハッピーフライト』の矢口史靖監督最新作『ダンスウィズミー』(8 月 16 日(金)全国公開)は、構想16年、「突然歌って踊り出しておかしくない?」というタモリさん的な考えの映画! 
ダンスウィズミー
まさに「この世は私のためにある…!!」三吉彩花が、美貌を振りかざしウララ~ウララ~踊り狂う「狙いうち」が解禁!!



三吉彩花演じる、“ミュージカルニガテ女子”のヒロイン・静香。そんな静香は、突然、音楽が聞こえると歌い踊り出すカラダになってしまった!
三浦貴大演じる憧れのイケメンエリートな先輩・村上にディナーデートに誘われ、静香が心躍らせながら行った先は、素敵な生演奏が聞けるオシャレなレストランだった。

踊りたくない思いとは裏腹に、ドラムの軽快なビートに足が、カラダが、リズムを刻まずにはいられない!
そして気がつくと「ウララ~ウララ~」とテーブルとテーブルの間をノリノリで歌い踊り抜け、「この世は私のためにある!」の歌詞と共にジャケットを脱ぎ捨てキメポーズ!

レストランスタッフまで巻き込み、テンポアップし加速度を増すダンス。
長くキレイな手が顔の周りで滑らかに動く振り付けは、三吉の美しさをより一層引き立て、「狙いうち」がまるで三吉のための曲であるかのように錯覚させるほどだ。

矢口監督が「狙いうちのシーンが一番大変だった」と語るほど、このミュージカルシーンには様々な仕掛けが満載だ。
この1曲のシーンを撮影するのに費やした時間は、なんと4日間で、三吉に至っては、撮影前までに、ポールダンス、テーブルクロス引き、アクロバットなど様々な動きのレッスンを受け、

相当な時間、練習を重ねていた。ワイヤーアクションが必要となったシャンデリアにぶら下がるシーンも全て本人が演じているというのだから、三吉の本作にかける熱量は凄まじい。

その甲斐あってか、矢口監督から「抜群のセンス、特技と言える」と大絶賛されたのは、まさかのテーブルクロス引き。
撮影の日、三吉は誰もが驚くほどの集中力を見せ、3回連続のテーブルクロス引きを1発で成功させたのだ。
まさに「この世は私のためにある!!」と確信せざるを得ないくらいの三吉の美貌と、身体能力の高さが存分にわかるシーンとなっている。


映画情報どっとこむ ralph 三吉彩花『ダンスウィズミー』

8月16日(金)全国ロードショー

公式サイト:
dancewithme.jp 

公式ツイッター:
dancewithmefilm
#ダンスウィズミー 

ダンスウィズミー
<ストーリー>
静香が何よりニガテなのはミュージカル。しかしある日突然、催眠術をかけられ、音楽を聞くと所かまわず歌い踊り出すカラダになってしまう!
仕事もお金も恋も 二の次にして、催眠術を解くために日本中を駆けめぐるが…。インチキ催眠術師のマーチン上田、ダンス好きで夢見がちなフリーターの千絵、こズルい興信所の調査員の渡辺、ワケありストリートミュージシャンの洋子、女子憧れのエリート会社員の村上ら、ひとクセもふたクセもある人々との出会いが巻き起こす、予想もしない展開が待っていた!


***********************************

原作・脚本・監督:矢口史靖(『ウォーターボーイズ』『スウィングガールズ』『ハッピーフライト』)
出演:三吉彩花 やしろ優 chay 三浦貴大・ムロツヨシ 宝田明
企画・制作プロダクション:アルタミラピクチャーズ
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2019「ダンスウィズミー」製作委員会