「万引き家族」タグアーカイブ

アジア全域版アカデミー賞「第13回アジア・フィルム・アワード」日本映画勢が多数受賞!!


映画情報どっとこむ ralph アジア全域版アカデミー賞「第13回アジア・フィルム・アワード」日本映画勢が多数受賞!!

『万引き家族』 最優秀作品賞・作曲賞受賞
役所広司さん(『孤狼の血』)最優秀主演男優賞受賞
塚本晋也さん(『斬、』)最優秀編集賞受賞


3月17日(日)夜、香港TVB Cityにて東京国際映画祭が香港国際映画祭、釜山国際映画祭と共に共催するアジア全域版アカデミー賞「第13回アジア・フィルム・アワード(以下AFA)」セレモニーが開催され、『万引き家族』が最優秀作品賞・作曲賞(細野晴臣さん)をW受賞した他、役所広司さんが『孤狼の血』にて最優秀主演男優賞に加え、アジア映画界・アジア文化における業績と貢献を称えるExcellence in Asian Cinema Awardを、塚本晋也さんが『斬、』にて最優秀編集賞を受賞と日本映画勢が主要部門で多数最優秀賞に輝きました。

セレモニーでは、AFA Next Generation Awardを受賞したキム・ジェジュンさんがパフォーマンスを披露。特別審査委員として渡辺謙さんが主演女優賞のプレゼンターを務めるなど、アジア全域よりスターが集まる大変華やかな式典となりました。

映画情報どっとこむ ralph <是枝監督受賞コメント>
「ありがとうございます。AFAの授賞式は賞の結果よりも、尊敬するアジアの映画人たちと再会し、交流を深めることができることを一番の目的だと思って来ていますが、やはり賞を頂けると嬉しいものですね。昨年の9月に亡くなった樹木希林さんと最初に映画祭に参加したのもこの香港の映画祭だったことを先ほど思い出していました。来ることができなかったスタッフ、キャスト、そして樹木希林さんにも、戻ったらお墓参りをして報告をしたいと思います。本当にありがとうございました。」

<役所広司さん受賞コメント>
最優秀主演男優賞受賞時
「この賞を頂けるとは思いもよらなかったことで、なんだかこんなにAFAで幸運を頂いてしまったら、僕の人生の幸運を使い果たしてしまったのではないかと怖くてしょうがありません。でも日本で『孤狼の血』を作った仲間がびっくりするだろうし、喜んでくれると思います。本当に今幸せでいっぱいです。この受賞で『孤狼の血』をアジアの皆さんが見てくれるかもしれないということが、尚更嬉しくて仕方ありません。ありがとうございました。」

Excellence in Asian Cinema Award受賞時(英語にて)
「このような華やかな場に慣れていないので、人混みに隠れてしまいたい気持ちです。しかし、私も年を重ねてきているので、自分に受け入れるよう言いきかせています。私はこのような賞を頂くのに相応しいのでしょうか?逆の受け止め方になってしまうのかもしれませんが、頂いた賞にふさわしい俳優となるためにも、これからもより一層努力していくつもりです。このようなモチベーションを下さったAFAに心より感謝いたします。」

<塚本晋也さん受賞コメント>
「本当にびっくりしています。長いこと編集をしており、(編集は)映画の最後の楽しい作業ではありますが、いつが終わりかわからず、今回もとても難しかったです。実は30年間ずっと一緒に音楽を作って頂いていた石川忠さんが、この作品の編集の前にお亡くなりになってしまいました。石川さんがこれまで作ってくれた曲を全部聞いて、それを編集して、足りない分は石川さんの部屋にあった音楽を使いつくったものです。石川さんはこの作品を見ていないのですが、音楽は石川さんがつくってくれました。長い編集の期間、しみじみ石川さんと静かに対話できたことを思い出しています。ありがとうございます。」

<細野晴臣さん受賞コメント(英語/中国語にて)>
「ありがとうございます。とても驚いているとともに、この場にいられることを嬉しく思います。『万引き家族』の音楽はとても少なく、とてもシンプルなのに、(AFAが)私を見つけてくれて、とても幸運でした。これからもしっかり頑張っていきます。ありがとうございました。」


***********************************

©Asian Film Award


第42回日本アカデミー賞、『万引き家族』が8冠、次いで『孤狼の血』が4冠


映画情報どっとこむ ralph 3月1日、グランドプリンスホテル新高輪で第42回日本アカデミー賞授賞式が行われ、『万引き家族』が最優秀作品賞、最優秀監督賞:是枝裕和監督、最優秀主演女優賞:安藤サクラ、最優秀助演女優賞:樹木希林 他、で8部門で最多受賞。
(C)2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro.

次いで白石和彌監督『孤狼の血』が最優秀主演男優賞:役所広司、最優秀助演男優賞:松坂桃李、最優秀美術賞、最優秀録音賞で4部門。話題の上田慎一郎監督の『カメラを止めるな!』は最優秀編集賞、話題賞を受賞しました。新人俳優賞には、伊藤健太郎、中川大志、成田凌、吉沢亮、上白石萌歌、趣里、平手友梨奈、芳根京子。

映画情報どっとこむ ralph 受賞一覧。

最優秀作品賞
『万引き家族』

最優秀監督賞
是枝裕和『万引き家族』

最優秀脚本賞
是枝裕和『万引き家族』

最優秀主演男優賞
役所広司『孤狼の血』

最優秀主演女優賞
安藤サクラ『万引き家族』

最優秀助演男優賞
松坂桃李『孤狼の血』

最優秀助演女優賞
樹木希林『万引き家族』

最優秀撮影賞
近藤龍人『万引き家族』

最優秀照明賞
藤井勇『万引き家族』

最優秀音楽賞
細野晴臣『万引き家族』

最優秀美術賞
今村力『孤狼の血』

最優秀録音賞
浦田和治『孤狼の血』

最優秀編集賞
上田慎一郎『カメラを止めるな!』

話題賞
俳優部門
伊藤健太郎 『コーヒーが冷めないうちに』
作品部門
『カメラを止めるな!』

新人俳優賞
伊藤健太郎『コーヒーが冷めないうちに』
中川大志『坂道のアポロン』『覚悟はいいかそこの女子。』
成田凌『スマホを落としただけなのに』『ビブリア古書堂の事件手帖』
吉沢亮『リバーズ・エッジ』

上白石萌歌『羊と鋼の森』
趣里『生きてるだけで、愛。』
平手友梨奈『響 -HIBIKI-』
芳根京子『累 -かさね-』『散り椿』

最優秀アニメーション作品賞
『未来のミライ』

最優秀外国作品賞
『ボヘミアン・ラプソディ』
***********************************


第91回アカデミー賞外国語映画賞は「ROMA/ローマ」が受賞!是枝監督「万引き家族」は受賞逃す


映画情報どっとこむ ralph ロサンゼルスのドルビー・シアターで開かれている「第91回アカデミー賞授賞式」が、WOWOWにて生中継中です!

注目の外国語映画賞は、「ROMA/ローマ」が受賞!

「ROMA/ローマ」 の作品紹介でひときわ大きな拍手が起こり、壇上でスピーチを行ったアルフォンソ・キュアロン監督は

「私は、子供の頃から「市民ケーン」や「羅生門」や「勝手にしやがれ」といった外国語映画を観て学んできました。候補作品はどれも同じ海に属していると考えています。」

と語りました。

残念ながら是枝裕和監督「万引き家族」受賞を逃してしまいました。

映画情報どっとこむ ralph 歌曲賞ノミネーション曲 紹介では、ジェニファー・ハドソンが「RBG 最強の85才」“I’ll Fight”を、

ベット・ミドラーが「メリー・ポピンズ リターンズ」“The Place Where Lost Things Go”

を熱唱しました!


生中継!第91回アカデミー賞授賞式 WOWOWプライムにて現在放送中
放送日:本日2019年2月25日(月)夜9:00[字幕版]

番組HP:https://www.wowow.co.jp/academy/

photo:Getty Images


***********************************



アカデミー賞直前、是枝裕和監督が登壇!『万引き家族』ティーチイン


映画情報どっとこむ ralph 既に公開スタートから8ヶ月目を迎え動員数370万人、興行収入45億円突破という、是枝監督作品最大の興行収入を記録し、現在も全国で大ヒット公開中の『万引き家族』。 昨年開催された第71回カンヌ国際映画祭【コンペティション部門】にて最高賞<パルム・ドール>受賞をきっかけに、国内外の映画賞でノミネーション、受賞を果たしている本作。

先日発表された第91回アカデミー賞では、外国語映画賞にて見事ノミネーションを果たし、受賞の行方に期待が高まっています。また、今回のノミネートを祝して、2月8日(金)よりTOHOシネマズ日比谷他、全国100館規模での凱旋上映が決定!

この度、凱旋上映を記念して2月8日(金)に、是枝裕和監督登壇のティーチインイベントを実施いたしました。

この日は、新作映画『La Vérité(仮)』の編集作業をしてから劇場に来たという是枝監督ですが、なんと翌日からは、イギリスのアカデミー賞とされるBAFTAの授賞式に出席の為、ロンドンに発つというハードスケジュールの中行われた本イベント。

公開8カ月目を迎えたにも関わらず、多くの観客が詰めかけ多くの質問が飛び交うなど盛り上がり、アカデミー賞授賞式を前にしての心境なども語られました。

『万引き家族』ティーチインイベント
日時:2月8日(金)
会場:TOHOシネマズ日比谷
登壇:是枝裕和監督

映画情報どっとこむ ralph
Q,松岡茉優さんのファンです。是枝監督からみて、彼女はいかがでしたか?

是枝監督:他作品などでみていて、ずっと注目していました。作品全体の為に自分がどう演じるのかを考えていて、作品世界の住人になることのできる女優さん。相手によって柔軟な演技をすることができる。あの年齢で、樹木さん相手にそんなことができるひとはそうはいないと思う。僕も今回でファンになりました(笑)

Q,印象に残っている海外の方の反応は?

ひけらかすわけではないけど、お陰様で、海外で多くの賞をいただいています。自国と比べてみても、どこにでもある問題だと感じたようで、だからこそ、世界で広がっているのかなと感じています。役者についても良い評価をいただいていて、役者のアンサブル賞というのもいくつかいただいているのですが、それがすごく嬉しいですね。

Q,じゅりが母親に強く当たられるシーンが印象的でした。子役の表情をどう引き出すのですか?

是枝監督:あれは、母親役を演じた片山(萌美)さんが素晴らしいんですけど、朝、リハーサルに入る前から(佐々木)みゆに怒ったんですね。そしたら、「このシーン、撮りたくない…」と怖がってしまい、午前中は撮影ができなくなってしまったんです。ですが、母親と散歩に行って戻ってきたら、多少はリフレッシュできたみたいで、片山さんも「本当は恐くないよ!」となだめて、再び撮影に入ることができました(笑)あの子は、全体の物語の流れを知らないですし、役と自分の感情が混ざるんですね。なので、そういったことを受け止めながら撮影をしていました。

Q,安藤さんの涙の演技が心に残りました。あのシーンは、どのように撮影したのですか?

是枝監督:前半は脚本がありますが、後半は書いておらず、その場でスケッチブックに質問を書き、それを池脇(千鶴)さんに読んでもらいました。本来は、泣き顔を撮りたかったわけではないですが、あのシーンの撮影中、すごいシーンが撮れたぞ、(本作はフィルム撮影の為)どうかこのままフィルムが落ちないで!と祈りながら撮影していましたね。

Q,カンヌ映画祭でケイト・ブランシェットが、映画祭の総括として

是枝監督:「目に見えない人々」がテーマだと語っていましたが、作品をつくる上で意識はされていましたか?撮りながら、目には見えないけど、存在している声はある、というのは作品の中に沢山残そうというのはありました。でもそれは、カメラマンの近藤さんが、フレームの先に“それ”を撮ってくれた、ということが大きかったと思います。

Q,音楽の使い方についてこだわりがありましたら教えてください。

是枝監督:作品毎に試しているけれど、今回は細野(晴臣)さんに基本お任せしました。脚本を読んでいただいて、ピエトロ・ジェルミの「刑事」が浮かんだと言われたのですが、その時代の音楽を意識してつくってくださったようです。一方で僕は、レオ・レオニの「スイミー」をイメージしていたこともあったので、それを(カメラマンの)近藤さんが詩的に表現してくれたお陰で、細野さんと音楽とが合わさって、幻想的なシーンがいくつも生まれた気がします。


Q,登場人物の感情表現がとてもリアルで驚きました。リサーチは綿密にされたのでしょうか?

是枝監督:作品よっては丁寧に行いますが、今回に関しては、していないわけではないけれど、ディティールはほとんど想像です。それでも、児童相談所や養護施設には足を運びました。そこで僕らの前で突然「スイミー」を朗読してくれた女の子がいて。それがとても印象に残って、シーンに取り入れました。そのように受け取ったものを作品の中に返していく、という作業をしています。

Q,観客に投げかけたいテーマなどがある上で、作品つくりをされるのですか?

是枝監督:観客の方に観ていただく以上、そういったことを考えないわけではないけど、ドキュメンタリーを撮り続けていた自分の根底にあるのは、もう少しそのテーマについて掘り下げてみたい、ということです。そのモチーフに対して、切実なものとして向き合えるのか、そういったことで作品に強度が出ると思います。

ティーチインを終えて、最後の挨拶

是枝監督:今回は「凱旋上映」ということですが、「凱旋」とつけるのは早いだろって思うんだけど(笑)だけど、こうやって長く公開をしていただけることはとても有難いです。(アカデミー賞)ノミネートしたことについては、特別な想いはないのですが、これまでヨーロッパとは接点はあったけど、今回はこれまで自分がタッチしてこなかったところなので、ここにいていいのかなという想いはあります。先日、アカデミー賞の昼食会というものがあったのですが、レディ・ガガと写真を撮っているんだから不思議ですよね(笑)でも、英語を話すことができないので、話せたらもっと相手の映画についても語ることができるのにな、なんて残念に思ったりもしました。
ですが、やはり光栄ですし、この経験を踏まえて、今後誰と映画をつくっていくか、役者さんも含め漠然と思っています。
今、カトリーヌ・ドヌーブ、ジュリエット・ビノシュ、イーサン・ホークが主要キャストを務める新作をつくっていて、海外から戻っては編集、という作業を繰り返していますが、倒れないように体調には気を付けます(笑)是非、次は新作でお会い出きればと思います。

映画情報どっとこむ ralph 『万引き家族』

公式HP:
gaga.ne.jp/manbiki-kazoku

公式twitter:
@manbikikazoku

凱旋上映中!


<STORY>
高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。
彼らの目当ては、この家の持ち主である初枝の年金だ。
足りない生活費は、万引きで稼いでいた。
社会という海の底を這うような家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、互いに口は悪いが仲よく暮らしていた。
冬のある日、近隣の団地の廊下で震えていた幼い女の子を、見かねた治が家に連れ帰る。
体中傷だらけの彼女の境遇を思いやり、信代は娘として育てることにする。
だが、ある事件をきっかけに家族はバラバラに引き裂かれ、それぞれが抱える秘密と切なる願いが次々と明らかになっていく──。

***********************************


原案・監督・脚本・編集:是枝裕和
音楽:細野晴臣(ビクターエンタテインメント)

出演:リリー・フランキー 安藤サクラ
松岡茉優 池松壮亮 城桧吏 佐々木みゆ
緒形直人 森口瑤子 山田裕貴 片山萌美 / 柄本明
高良健吾 池脇千鶴 / 樹木希林
配給:ギャガ
(C)2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro.


アカデミー賞ノミニー昼食会に『万引き家族』是枝裕和監督が参加 レディ・ガガから祝福も!


映画情報どっとこむ ralph この度アカデミー賞ノミニーが一堂に会する、毎年恒例の昼食会「オスカー・ノミニーズ・ランチョン」に、『万引き家族』是枝裕和監督が参加しました!

現地2月4日、アカデミー賞ノミニーが一堂に会する毎年恒例の昼食会:「オスカー・ノミニーズ・ランチョン」が、ロサンゼルスのザ・ビバリー・ヒルトンホテルで開催され、セレブリティ総勢150名以上が集合しました! 

『万引き家族』で、見事アカデミー賞外国語映画賞に、ノミネートを果たした是枝監督は、初参加となりました。

イベントには主演男優賞にノミネートされたクリスチャン・ベール(『バイス』)、ヴィゴ・モーテンセン(『グリーンブック』)、主演女優賞ノミネートのグレン・クローズ(『天才作家の妻 40年目の真実』)といったオスカー常連組から、初ノミネートを果たしたラミ・マレック(『ボヘミアン・ラプソディ』)、レディー・ガガ(『アリー/ スター誕生』)、主演男優賞にノミネートされ、監督もつとめたブラッドリー・クーバー『アリー/ スター誕生』といった豪華セレブが大集結! 

日本からは是枝監督のほか、細田守監督(『未来のミライ』)も参加となりました。

是枝監督はと2ショットを撮影。ガガから頬にキスをされる場面も!
また、『万引き家族』と同じく外国語映画賞にノミネートとなったアルフォンソ・キュアロン監督(『ROMA/ローマ』)、パヴェウ・パヴリコフスキ監督(『COLD WAR あの歌、2つの心』)とはハグをかわし、お互いの健闘を讃え合いました。

映画情報どっとこむ ralph また2017年、『ムーンライト』でアカデミー賞作品賞受賞、本年度も『ビール・ストリートの恋人たち』で脚色賞、助演女優賞ほかノミネートを果たしているバリー・ジェンキンス監督は自身のtwitterで「LEGEND(伝説的人物)」と、是枝監督との2ショット写真をアップするなど、是枝監督の世界的な人気がうかがえました。

(該当Tweet:https://twitter.com/BarryJenkins/status/1092562481178804224)

第71回カンヌ国際映画祭最高賞<パルム・ドール>受賞という輝かしい功績の他、現在66の海外映画賞の各部門で、76ノミネート、35の受賞歴を重ねている、世界最高峰の祭典で快挙を成し遂げられるのか期待が高まります。
アカデミー賞授賞式は現地時間2月24日(日) (日本時間2月25日)に、ロサンゼルスのドルビー・シアターで開催される予定です。

all photo:Kevork DjansezianGettyImages

映画情報どっとこむ ralph 万引き家族

2/8(金)より凱旋上映決定!TOHOシネマズ日比谷他、全国100館規模にて拡大公開!

公式HP:
gaga.ne.jp/manbiki-kazoku

公式twitter:
@manbikikazoku


<STORY>
高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。
彼らの目当ては、この家の持ち主である初枝の年金だ。
足りない生活費は、万引きで稼いでいた。
社会という海の底を這うような家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、互いに口は悪いが仲よく暮らしていた。
冬のある日、近隣の団地の廊下で震えていた幼い女の子を、見かねた治が家に連れ帰る。
体中傷だらけの彼女の境遇を思いやり、信代は娘として育てることにする。
だが、ある事件をきっかけに家族はバラバラに引き裂かれ、それぞれが抱える秘密と切なる願いが次々と明らかになっていく──。


***********************************


原案・監督・脚本・編集:是枝裕和

音楽:細野晴臣(ビクターエンタテインメント)

出演:リリー・フランキー 安藤サクラ 
松岡茉優 池松壮亮 城桧吏 佐々木みゆ
緒形直人 森口瑤子 山田裕貴 片山萌美 / 柄本明
高良健吾 池脇千鶴 / 樹木希林
配給:ギャガ
(C)2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro.