「ワヌリ・カヒウ」タグアーカイブ

ブルボンヌ『手をつなごうよ』って、とてもかっこいい『ラフィキ:ふたりの夢』トークイベント


映画情報どっとこむ ralph 10月30日、南青山のジャスマック本社にて、『ラフィキ:ふたりの夢』(11月9日公開)の一般試写会が行われ、トークイベントに女装パフォーマーでライターのブルボンヌさんが登壇しました。

映画の舞台となるアフリカのLGBTの現状から、映画のエピソードとつながる日常生活の中での気づきなど、映画をより多角的にとらえるトークショーとなりました。

11 月9 日公開の映画『ラフィキ:ふたりの夢』の一般試写会が、10月30日、ジャスマック青山本社にて行われ、トークイベントに女装パフォーマーでライターのブルボンヌさんと本作の買い付けと配給を行ったサンリスの川村真砂美さんが登壇しました。
ブルボンヌ『ラフィキ:ふたりの夢』トークイベント
日付:10月30日
場所:ジャスマック青山本社
登壇:ブルボンヌ、川村真砂美

映画情報どっとこむ ralph 仕事のため2011 年ワールドカップバレーボールの試合会場を訪れたというブルボンヌさんは、
ブルボンヌ『ラフィキ:ふたりの夢』トークイベント ブルボンヌさん:チアフルな恰好で髪も盛って、ドラァグクイーンみたいなファッションで行ったんです。日本の選手のインタビューのために通路で待っていたんですけど、その日、日本はケニアとの対戦してケニアは負けて。わたしもその時は仕事モードだったので、ニコニコしていたのもあるのかもしれないけれど、通りかかったケニアの選手ほぼ全員が極悪人を見るような憎しみと侮蔑が混じったような目で睨んできたの。長くこの仕事をしているので、アフリカが(同性愛、LGBTに)一番厳しいのはわかっているつもりだったんですけど、生まれて初めて人間が人間をあんなふうに憎しみや侮蔑のオーラで圧迫してくるんだという身の危険、本能的な恐怖を感じました。ケニアの人たちにとったらなんでこんな酷い人間がこんなところにいるんだという風に見たのかな。これは8 年前の出来事だけど、いまだにケニアでは同性愛行為は犯罪なんですよね。今年の春くらいに人権活動を頑張っている方が『国際的にみてもおかしい』と裁判所に訴え出ても却下されて。周辺国のスーダンだと死刑なんですよ。南アフリカだけは同性婚ができるくらい進んでるんですけど、LGBT にとってはいまだ暗黒大陸なところがある。

とアフリカのLGBT を取り巻く環境を生々しい実体験を交えて語った。

ブルボンヌさん:そんな国から、こんな画期的な映画が生まれるなんて。

と語る本作は、川村さんがカンヌ国際映画祭のサイトで見つけたポスターがきっかけだったという。

川村さん:最初、会社の買い付け候補リストにも入っていなかったんです。まさしくジャケ買い。インターナショナルのポスターは二人が満面の笑みを浮かべていて、その笑顔にやられました。

と裏話を語った。

ブルボンヌさん:ジキちゃんが登場するときに極彩色でね、そしてローリン・ヒルを思わせる美女。本当に素敵だなと思ったのが、ケナちゃんみたいな女性から男性へのトランスジェンダー意識もちょっとあるようなタイプが、この子のことを好きでもいいんだと強く思わせてくれたのがジキちゃん。あれだけ差別が横行している社会の中で、悪魔祓いの教会の中でこっそり『手をつなごうよ』とか言ってくれるのがとてもかっこいい。でもそんな彼女が後半、社会のひどい暴力の中でまったく真逆の言葉を出すようになってしまう、それがとても切ない。

と物語の見どころを語った。

映画情報どっとこむ ralph 【手をつなぐ】

という劇中のエピソードにかけ、

ブルボンヌさん:今の日本の社会でもレズビアンの方もゲイの方も街中で手をつなぐのができる方って少数派なんですよね。7,8年前に当時お付き合いしていた方が隠したりしてこなかった、ある意味傷つく前のジキちゃんみたいなオープンマインドな人だったんです。ラブラブな時期だったから、当たり前のように手をつないできたんですけど、自分はこういう仕事もしてるし周りの人にみられるのが嫌で手を振りほどいたりしていたんです。なんで手を繋げないの?という相手の顔を見てはたと気づいて。こうして同性愛者として生きてきて、かつお仕事もまでいただいて…なのに好きな人と楽しく手をつなぐことよりも、一生会わないかもしれないすれ違っただけの人に嫌われたり、なにこいつと思われることを恐れて、そっちを大事にしちゃってるんだなとその時に気づいたんですよね。でも人間すぐには変われないので、そういう思いを自分の中で育てながら2 年ぐらいしてようやくちょっと照れながら手をつないだら相手が『もうそういうんじゃないよね』と気持ちが冷めていた…。

とほろ苦いエピソードを披露しつつ、

ブルボンヌさん:教会で『手をつなごう』というシーンでジキちゃんの前向きさが見えて。きっとどんな国にもそういう人はいて、でも圧倒的な暴力や憎しみをうけると心をふさがれてしまう。でもうれしかったのは、ジキちゃんがケナちゃんを目覚めさせてくれたおかげで、逆にジキちゃんが傷ついたときにケナちゃんが彼女を変えようと一生懸命言葉をかけてくれる。あの二人のバランスがとてもよかった。
ブルボンヌ『ラフィキ:ふたりの夢』トークイベント と語ると、

川村さん:ただただ好きな人と一緒にいたくてという初恋のピュアな気持ち。とても切ないですよね。タイトルの【ラフィキ】という意味はスワヒリ語で「友達」という意味ですけど、それ以外にも大事な人、友達以上のグラデーションをもった感情を指しているのかなと思っています。

と語った。

映画情報どっとこむ ralph 『ラフィキ:ふたりの夢』
原題:RAFIKI

URL:
http://senlis.co.jp/rafiki/

Twitter:
@rafiki_movie

11 月9 日よりシアターイメージフォーラムほか全国順次公開

ラフィキ:ふたりの夢 Rafiki_poster <STORY>
看護師になるのが目標のケナは、古いしきたりにとらわれた周囲の人たちに満たされない想いを抱えていた。両親は離婚し、ナイロビで母と暮らしていたが、
国会議員に立候補した父のことは応援している。そんな時、父の対立候補の娘で自由奔放なジキと出会う。互いに強く惹かれたふたりは、「私たちは本物に
なろう」と誓い合う。だが、友情が恋心へと変わり始めた時、ふたりはこの恋は命がけだと知る──。本当の自分か、家族や社会が望む自分か。音楽、ダン
ス、ファッション、アート──ポップでカラフルなアフリカンカルチャーにのせて、人生を豊かにする人と人の絆を描く感動作。


***********************************

監督:ワヌリ・カヒウ
出演:サマンサ・ムガシア / シェイラ・ムニヴァ / ジミ・ガツ / ニニ・ワシェラ ほか

2018 年 / ケニヤ、南アフリカ、フランス、レバノン、ノルウェー、オランダ、ドイツ / 英語、スワヒリ語 / カラー / 82 分 /

日本語字幕:今井祥子 / スワヒリ語監修:チェプクオニ・ジャスタス
配給:サンリス

©Big World Cinema.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

少女たちに芽生えた小さな恋心に立ちはだかるのは法律と国家の壁『ラフィキ:ふたりの夢』初日が11月9日に決定!


映画情報どっとこむ ralph 映画『ラフィキ:ふたりの夢』の公開初日が11 月9 日に決定、予告編もこのたび解禁となります。合わせて、場面写真も一挙公開。

“スパイク・リーの初期作品を連想させる”と海外メディア絶賛!ケニア初のカンヌ出品作品が旋風を巻き起こす!

監督は、アフリカのみならず世界から今最も輝く才能と絶賛されるワヌリ・カヒウ。VJ、モデル、またアフリカのEDM シーンをリードするミュージシャンでこれが女優デビューとなるケナ役のサマンサ・ムガシアや監督業もこなすジキ役のシェイラ・ムニヴァといった才能あふれるキャスト、そしてスタッフにも女性たちがメインスタッフとしてそろい、ケニア映画としては初めてカンヌ映画祭に出品するという快挙を達成した。
『ラフィキ:ふたりの夢』 『ラフィキ:ふたりの夢』 『ラフィキ:ふたりの夢』 『ラフィキ:ふたりの夢』 『ラフィキ:ふたりの夢』 しかし、ケニアでは女性の地位は確立されておらず、同性愛も法律で禁じられている。
上映禁止の措置が取られたが、ワヌリ監督が上映活動に奔走した結果、のちに1 週間だけ限定公開された時は待ちわびた観客が長蛇の列をなした。

映画情報どっとこむ ralph 今回解禁となる予告編でもその片鱗を見ることができる。変わり映えのしない日常をおくるケナの世界を変えたのはレインボーのドレッドヘアと蛍光カラーのメイクがおしゃれな少女ジキとの出会いだった。ダンス、クラブ、お酒…彼女と過ごす時間はケナの価値観を大きく変えた。疾走していくケナとジキの友情は次第に小さな恋心へと変化していく。しかし、そこに立ちはだかるのは、古いしきたりと偏見、同性愛を禁止する法律・・・社会の壁だった。
れ、暴力にさらされる。男性に求められる女であれ、普通であれと周囲から詰め寄られる中、二人はあの日約束した“本当の自分”でいられるのか・・・


予告編前半独特なアフロビートを聞かせるのは、アフリカHIPHOP 界の女帝Muthoni Drummer Queen。MTV Africa MusicAward for Best Breakthrough Act を受賞している重鎮で、イベントオーガナイザーという一面も持つ。

映画情報どっとこむ ralph クリエイティブで世界へ飛び出そうとするケニア女性たちの手によって作り上げられた映画『ラフィキ:ふたりの夢』。変革期を迎えつつあるアフリカンカルチャーを知るうえでも重要な一作だ。

映画『ラフィキ:ふたりの夢』

ラフィキ:ふたりの夢 Rafiki_poster
<STORY>
看護師になるのが目標のケナは、古いしきたりにとらわれた周囲の人たちに満たされない想いを抱えていた。両親は離婚し、
ナイロビで母と暮らしていたが、国会議員に立候補した父のことは応援している。そんな時、父の対立候補の娘で自由奔放な
ジキと出会う。互いに強く惹かれたふたりは、「私たちは本物になろう」と誓い合う。だが、友情が恋心へと変わり始めた時、ふたりはこの恋は命がけだと知る──。本当の自分か、家族や社会が望む自分か。音楽、ダンス、ファッション、アート──ポッ
プでカラフルなアフリカンカルチャーにのせて、人生を豊かにする人と人の絆を描く感動作。

***********************************

監督:ワヌリ・カヒウ
出演:サマンサ・ムガシア / シェイラ・ムニヴァ / ジミ・ガツ / ニニ・ワシェラ ほか
2018 年 / ケニヤ、南アフリカ、フランス、レバノン、ノルウェー、オランダ、ドイツ / 英語、スワヒリ語 / カラー / 82 分 / 日本語字幕:今井祥子 / スワヒリ
語監修:チェプクオニ・ジャスタス / 配給:サンリス / 原題:RAFIKI ©Big World Cinema.
FB:rafiki.movie Twitter:@rafiki_movie Instagram:rafiki.jpn URL:http://senlis.co.jp/rafiki/




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

本国で上映禁止!アフリカ・ケニアから届いた少女たちの初恋物語『ラフィキ:ふたりの夢』公開決定


映画情報どっとこむ ralph ケニア国内では上映禁止 その理由は主人公たちが〈違法な恋〉におちるから──

全世界注目の話題作が、ついに日本にもやってくる!

看護師になるのが目標のケナは、古いしきたりにとらわれた周囲の人たちに満たされない想いを抱えていた。両親は離婚し、ナイロビで母と暮らしていたが、国会議員に立候補した父のことは応援している。そんな時、父の対立候補の娘で自由奔放なジキと出会う。互いに強く惹かれたふたりは、「私たちは本物になろう」と誓い合う。だが、友情が愛情へと変わり始めた時、ふたりはこの恋は命がけだと知る
ラフィキ:ふたりの夢
映画情報どっとこむ ralph カンヌ史上初のケニア映画が世界を席巻!
Rotten tomatoes TM 94%!!(2019.8.21現在)

カンヌをはじめ100以上もの映画祭に出品され、世界から熱く支持されている話題作。だが、いまだ同性愛が違法とされるケニアでは上映禁止となり、のちに1週間だけ限定公開された時は、「長蛇の列」というニュースがSNSを飛び交った。

監督は、デビュー作でアフリカのアカデミー賞を獲得、今最も輝く才能と絶賛されるワヌリ・カヒウ。豊かで柔らかな感性で、少女たちの初恋物語とケニア社会が抱える葛藤を鮮やかに描き出している。

古いしきたりに複雑な気持ちを抱えながら育ち、ジキとの出会いにより新しい世界へ羽ばたこうとするケナを演じたのは、これが女優デビューとなるサマンサ・ムガシア。ミュージシャンとして2014年からナイロビのアンダーグラウンド電子音楽シーンで活動を始め、東アフリカの有名フェスティバルにドラマ―として出演している。ヴィジュアルアーティスト、モデル、DJといった顔も持ち、アフリカンカルチャーシーンにおいて今最も注目を集める人物だ。

虹色の髪にカラフルなファッションとメイクの自由奔放なジキを演じたシェイラ・ムニヴァは監督にも進出しており、まさに多才な女優たちが競演している。

映画情報どっとこむ ralph 本作は2012年に脚本に着手してから6年にわたり製作が行われた。撮影はナイロビの団地や市街地で行われ、外国人の部門チーフ4名を除き、スタッフ全員がナイロビを拠点とするケニア人。監督、脚本家、部門チーフ、スタッフ、インターン、サウンドトラックのアーティストの多くが女性であり、クリエイティブ業界で働く若いケニア人女性たちの才能が集結した作品でもある。

タイトルでもある<ラフィキ>とは、スワヒリ語で友達という意味をあらわす。
ケナとジキの友情は、やがて淡い恋に変わるが、ケニアでは同性愛は違法。社会の偏見やなにより法律という現実が少女たちに厳しい選択を迫る・・・本当の自分か、家族や社会が望む自分か。音楽、ダンス、ファッション、アート──ポップでカラフルなアフリカンカルチャーにのせて、人生を豊かにする人と人の絆を描く感動作だ。

今回解禁となるポスターは、蛍光カラーが印象的な色彩。アフリカのしきたりに抵抗する二人の少女の<今>を象徴するかのようなポップな仕上がりだ。「人を好きになるのに、ボーダーなんてない」のコピーは、国境や性別、世代を超えて、今を生きる人々の胸に迫る。
ラフィキ:ふたりの夢 Rafiki_poster
『ラフィキ:ふたりの夢』
原題:RAFIKI

***********************************

監督:ワヌリ・カヒウ
出演:サマンサ・ムガシア / シェイラ・ムニヴァ / ジミ・ガツ / ニニ・ワシェラ ほか

2018年 / ケニヤ、南アフリカ、フランス、レバノン、ノルウェー、オランダ、ドイツ / 英語、スワヒリ語 / カラー / 82分 / 日本語字幕:今井祥子 / スワヒリ語監修:チェプクオニ・ジャスタス
配給:サンリス
©Big World Cinema.





良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ