「ローレンス・フィッシュバーン」タグアーカイブ

映画「30年後の同窓会」俳優たちが語るリンクレイター監督の魅力とは


映画情報どっとこむ ralph 『6才のボクが、大人になるまで。』で世界の賞レースを席巻したリチャード・リンクレイター監督最新作『30年後の同窓会』が、6月8日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ他にて公開となります(配給:ショウゲート)。

マスコミ試写会でも「さすがはリンクレイター監督!」と絶賛の声が高い本作は、妻に先立たれ、更に戦地で最愛の息子を失い悲しみに暮れるドク(スティーヴ・カレル)。彼は亡くなった息子を故郷に連れて帰る旅に、30年間音信不通だった戦友・サル(ブライアン・クランストン)とミューラー(ローレンス・フィッシュバーン)を誘うところから始まる。

過去の事件でトラウマを抱え、その後の人生が大きく変わってしまった三人の再会がもたらしたものとは…?

なんでもない人々の心の機微を丁寧に描き続ける名匠リンクレイター監督の元に、スティーヴ・カレル、ブライアン・クランストン、ローレンス・フィッシュバーンという、それぞれアカデミー賞主演男優賞ノミネート経験を持つ名優達が集結した本作。
映画情報どっとこむ ralph コメディ俳優としてだけでなく『フォックスキャッチャー』(14)で実際の事件の犯人役を演じアカデミー賞にノミネートされたスティーヴ・カレルは

カレル:リンクレイター監督は素晴らしい監督。それこそが大きな魅力。『30年後の同窓会』のストーリーを聞くと、とても暗い映画に感じるかもしれないが、監督は映画の中で語られる道徳観で観客が疲れないよう多大な努力を払っている。軽いタッチで描き、愉快な瞬間もたくさんある。

と語っている。TVドラマシリーズ『ブレイキング・バッド』で大ブレイクを果たしたブライアン・クランストンは、

クランストン:しばらくは何もしないつもりだったから、ベストなタイミングではなかった。でも、リンクレイター監督は勇気ある、大胆な映画を作る人。僕はいつも物語に惹かれて作品を選んでいますが、『30年後の同窓会』はあらゆる基準を満たしていた。それに僕は原作のダリル・ポニックサンと『さらば冬のかもめ』の大ファンだし、スティーヴ・カレルとローレンス・フィッシュバーンが参加すると聞いて、“素晴らしい。ぜひやりたい!”と出演を決めたよ。

と予定していた長期休暇を返上して本作に参加。『マトリックス』シリーズで日本でも人気のローレンス・フィッシュバーンは、本作が自身が若い頃に感銘を受けたアメリカンニューシネマの名作『さらば冬のかもめ』(73)の続編にあたるということで

フィッシュバーン:この作品に惹きつけられた理由の一つは、僕が成長期に観た風変わりな映画『さらば冬のかもめ』にどうつながっていくのか、そこに興味をそそられたからです。

と出演の経緯を明かしている。

映画情報どっとこむ ralph “戦闘シーン”も“回想シーン”も一切無しに戦争がもたらした悲劇を描くという、ブライアンの言葉通り“大胆な映画”に挑戦したリンクレイター監督最新作

30年後の同窓会
原題:Last Flag Flying

は6月8日(金)より公開となります。

物語・・・
男一人、酒浸りになりながらバーを営むサル(ブライアン・クランストン)と、破天荒だった過去を捨て今は牧師となったミューラー
(ローレンス・フィッシュバーン)の元に、30年間音信不通だった旧友のドク(スティーヴ・カレル)が突然現れる。2人にドクは、1年前に妻に先立たれたこと、そして2日前に遠い地で息子が戦死したことを2人に打ち明け、亡くなった息子を故郷に連れ帰る旅への同行を依頼する。バージニア州ノーフォークから出発した彼らの旅は、時にテロリストに間違われ得るなどのトラブルに見舞われながら、故郷のポーツマスへと向かうーー。30年前に起きた“ある事件”をきっかけに、大きく人生が変わってしまった3人の男たち。仲間に起きた悲しい出来事をきっかけに出た再会の旅。語り合い、笑い合って悩みを打ち明ける旅路で、3人の人生が再び輝き出す。

***********************************

監督・脚本:リチャード・リンクレイター
原作・脚本:ダリル・ポニックサン「LAST FLAG FLYING」 
主題歌:ボブ・ディラン「Not Dark Yet」
出演:スティーヴ・カレル、ブライアン・クランストン、ローレンス・フィッシュバーン
配給:ショウゲート
2017/アメリカ/カラー/ビスタ/125分/5.1chデジタル/字幕翻訳:稲田嵯裕里 主題歌翻訳:多摩ディラン 
(C)2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC  
 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

リチャード・リンクレイター監督最新作『30年後の同窓会』ポスター画像と予告編映像を解禁


映画情報どっとこむ ralph リチャード・リンクレイター監督最新作『30年後の同窓会』が、6月8日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ他にて公開となります。

そして、この度、本作品のポスター画像と予告編映像を解禁。

ポスターは、3人が演じるキャラクターと関係性を彷彿とさせる楽しげなワンシーンを印象的に使った写真に「涙をみせられる、友はいますか?」というコピーが入り、温かな雰囲気を感じさせつつも感動を期待させる出来映えになっています。

映画情報どっとこむ ralph 予告編は、妻に続いて息子を亡くした傷心のドクが30年ぶりに友人を訪ねるところから物語は始まり、最初は戸惑いながらも徐々に心を通わせ合うかつての友たちとの姿が映し出されます。息子の遺体を運ぶ悲しい旅ではあるものの、強い絆で結ばれた3人が織りなす男たちの他愛の無い掛け合いやユーモアが予告編からも溢れ出し、心温まるシーンが散りばめられています。アムトラックによるアメリカ東海岸の風景が映画にピッタリと馴染み、音楽はMondo Cozmoの「Shine」とニール・ヤングの「Old Man」がしっとりと流れ、田口トモロヲさんによるナレーションが優しさを醸し出します。ぜひ、この珠玉の予告編をご紹介頂けますよう、何卒よろしくお願い致します。



映画情報どっとこむ ralph 30年後の同窓会
原題:Last Flag Flying

物語・・・

男一人、酒浸りになりながらバーを営むサル(ブライアン・クランストン)と、破天荒だった過去を捨て今は牧師となったミューラー。

(ローレンス・フィッシュバーン)の元に、30年間音信不通だった旧友のドク(スティーヴ・カレル)が突然現れる。2人にドクは、1年前に妻に先立たれたこと、そして2日前に遠い地で息子が戦死したことを2人に打ち明け、亡くなった息子を故郷に連れ帰る旅への同行を依頼する。バージニア州ノーフォークから出発した彼らの旅は、時にテロリストに間違われ得るなどのトラブルに見舞われながら、故郷のポーツマスへと向かうーー。30年前に起きた“ある事件”をきっかけに、大きく人生が変わってしまった3人の男たち。仲間に起きた悲しい出来事をきっかけに出た再会の旅。語り合い、笑い合って悩みを打ち明ける旅路で、3人の人生が再び輝き出す。

***********************************

監督・脚本:リチャード・リンクレイター
原作・脚本:ダリル・ポニックサン「LAST FLAG FLYING」
主題歌:ボブ・ディラン「Not Dark Yet」
出演:スティーヴ・カレル、ブライアン・クランストン、ローレンス・フィッシュバーン
配給:ショウゲート

/2017/アメリカ/カラー/ビスタ/125分/5.1chデジタル
字幕翻訳:稲田嵯裕里 
主題歌翻訳:多摩ディラン  
(C)2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

リンクレイター監督 最新作『30年後の同窓会』場面写真到着!


映画情報どっとこむ ralph 「6才のボクが、大人になるまで。」で世界の賞レースを席巻したリチャード・リンクレイター監督最新作『30年後の同窓会』(原題:Last Flag Flying)が、6月8日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ他にて公開となります。

妻に先立たれ、更に戦地で最愛の息子を失い悲しみに暮れるドク(スティーヴ・カレル)。彼は亡くなった息子を故郷に連れて帰る旅に、30年間音信不通だった戦友・サル(ブライアン・クランストン)とミューラー(ローレンス・フィッシュバーン)を誘う。過去の事件でトラウマを抱え、その後の人生が大きく変わってしまった三人の再会がもたらしたものとは…?

スティーヴ・カレル、ブライアン・クランストン、ローレンス・フィッシュバーンという、アカデミー賞主演男優賞ノミネート経験を持つ名優達が集結し、『6歳のボクが、大人になるまで。』で世界中の賞レースを席巻した名匠、リチャード・リンクレイター監督が12年の構想を経て実現した本作。リンクレイター監督は、2005年に刊行された原作小説を読んで以来、この企画を12年間も温め続けていた。原作者のダリル・ポニックサンは、アメリカン・ニューシネマの傑作『さらば冬のかもめ』(73年)の原作小説でも知られるベテラン作家。


今回の脚本はリンクレイターとポニックサンが共同で手掛け、過去と現在の戦争の苦しみに向き合いつつ、ユーモアに満ちた仲間との交流の旅が、空っぽの心を埋めていく温かい友情の物語を作り上げた。キャストには『フォックスキャッチャー』(14)で第87回アカデミー賞主演男優賞にノミネートされたスティーヴ・カレル、『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』(15)で第88回アカデミー賞主演男優賞にノミネートされたブライアン・クランストン。『TINA ティナ』(93)で第66回アカデミー賞主演男優賞にノミネートされたローレンス・フィッシュバーンという名優たちが集まった。エンドロールで流れるボブ・ディランの「Not Dark Yet」が彩りを添える感動のロードムービーが誕生しました。

映画情報どっとこむ ralph 深い悲しみの中にいるドクが、サルとミューラーとの何気ない会話によって笑顔を浮かべる印象的なシーンとなっております。

最新作『30年後の同窓会
原題:Last Flag Flying

6月8日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ他、全国ロードショー!

物語・・・
男一人、酒浸りになりながらバーを営むサル(ブライアン・クランストン)と、破天荒だった過去を捨て今は牧師となったミューラー(ローレンス・フィッシュバーン)の元に、30年間音信不通だった旧友のドク(スティーヴ・カレル)が突然現れる。2人にドクは、1年前に妻に先立たれたこと、そして2日前に遠い地で息子が戦死したことを2人に打ち明け、亡くなった息子を故郷に連れ帰る旅への同行を依頼する。バージニア州ノーフォークから出発した彼らの旅は、時にテロリストに間違われ得るなどのトラブルに見舞われながら、故郷のポーツマスへと向かうーー。30年前に起きた“ある事件”をきっかけに、大きく人生が変わってしまった3人の男たち。仲間に起きた悲しい出来事をきっかけに出た再会の旅。語り合い、笑い合って悩みを打ち明ける旅路で、3人の人生が再び輝き出す。

***********************************

監督・脚本:リチャード・リンクレイター
原作・脚本:ダリル・ポニックサン「LAST FLAG FLYING」
出演:スティーヴ・カレル、ブライアン・クランストン、ローレンス・フィッシュバーン
2017/アメリカ/カラー/ビスタ/125分/5.1chデジタル
字幕翻訳:稲田嵯裕里 主題歌翻訳:多摩ディラン

配給:ショウゲート
(C)2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

本日公開!キアヌ・リーブス『ジョン・ウィック:チャプター2』徹底解剖特別映像


映画情報どっとこむ ralph 2015年に日本公開され、スマッシュヒットを記録したキアヌ・リーブス主演『ジョン・ウィック』の続編となるノンストップ・キリングアクション映画『ジョン・ウィック:チャプター2』がついに日本に上陸!本日七夕に帰ってきます!!
そして!殺しのテクの新提案! 

三種の神技、”カン・フー“、”ナイ・フー“、”カー・フー“を徹底解剖した特別映像が完成!


今回到着した映像は、キアヌ演じる伝説の殺し屋・ジョン・ウィックが体現する“三種の神技”と呼称される必殺技をご紹介!

キアヌは「この映画では、1作目よりも柔道が多い。柔術もかっこいいし、銃のアクションは別次元だし、車のアクションは狂ってるよ! アクションに関してとても進歩しているんだ」と、前作を超えるアクションが展開されていると自信を持ちながら語っており、本映像では目くるめく殺しのテクがふんだんに垣間見る事が出来ます。

映画情報どっとこむ ralph ▼実弾3万発超! 日本の伝統格特術も盛り込んだ殺しの芸術:ガン・フー
前作からも体現されている、ジョン・ウィックの基本アサシンスタイル“ガン・フー”。
カンフーなどの打撃、そして投げに銃撃を組み合わせたスタイルで流れるように相手を抹殺。
近距離で銃弾を撃ち込むのがガン・フーの特徴で、無駄弾が極端に少ないのが特徴。
キアヌは「柔道の投げ技と銃を組み合わせると、それはガン・フーになる。
2つの物を組み合わせているんだ」と解説するように、百発百中の銃撃で敵を倒していきながらも一本背負い、足払い、払い腰、寝技などを駆使しており、日本伝統の“柔”の精神も実戦で披露。
時には弾切れになった銃を敵に投げつけて相手を倒していくなど、確実に仕留めるべく生まれた芸術的殺人術が“ガン・フー”なのです!

▼本作で新たに披露! 暗殺にも用いられる殺しの金字塔:“ナイ・フー”
ナイフとカンフーを合わせた格闘スタイルで、確実に急所を捉え迅速に相手を行動不能にすることが肝要。
暗殺にも用いられることも多いことから、沢山の乗客が乗っている状況下の中、コモン演じるカシアンとの“ナイ・フー”対戦が繰り広げており、スマートな技の応酬に乗客達も静寂の中、結末を静観していきます。
また到着した映像では、体を一回転させながら勢いをつけ、倒れている相手の心臓めがけて一気にナイフぶち刺す接近格闘術の金字塔と言うべき心躍る技が、垣間見る事が出来ます!
なおジョンが使用しているナイフは、ローマのコンチネンタルホテルに常駐するウェポンソムリエが提供した、最高級ナイフで常に在庫切れが続く人気商品とのこと。

▼375馬力が織り成す、重厚な殺しのソリストに衝撃度スーパーMAX! 殺しの暴れ馬:“カー・フー”
車とカンフーを合わせた新格闘術。車戦術をみたキアヌが、“カー・フー”と名付けたと言われています。
カンフーと車の融合点は不明ですが、単に轢き殺すといった単純なものから、車を手足のように操りながら銃撃を行う高度なものまで幅が広く、愛車である「69年式フォード・マスタングマッハ1」を豪快に破壊しながら敵を次々と倒す新感覚アクションに衝撃を受けること必至! 
キアヌは「車でここからあそこに移動するだけではなく、ここからあそこに移動する途中で、人をはね飛ばして壁にぶつけるとカー・フーになる」とその極意を語ります。さらにキアヌ自身がカーアクションを行っており、「車の運転が大好きでね。また車に乗って、あちこち振り回せて良かったよ。180度回転は新しいことだったけどすごく楽しかった。
90度と45度の回転とドリフトは結構簡単に思い出せた」と楽しい思い出を振り返っています。

映画情報どっとこむ ralph あらすじ
伝説の殺し屋ジョン・ウィックが繰り広げた壮絶なる復讐劇から五日後。
彼の元にイタリアン・マフィアのサンティーノが姉殺しの依頼にやってくる。しかし平穏な隠居生活を望むジョンは彼の依頼を一蹴、サンティーノの怒りを買い、想い出の詰まった家をバズーカで破壊されてしまう。愛犬と共に一命をとりとめたジョンはサンティーノへ復讐を開始するが、命の危機を感じたサンティーノに7億円の懸賞金を懸けられ、全世界の殺し屋に命を狙われることになる。

7月7日(金)TOHOシネマズ みゆき座ほか全国公開

公式サイト:
http://johnwick.jp/
公式FB:
@johnwick.jp
公式Twitter:
@johnwickjp

***********************************

監督:チャド・スタエルスキ『ジョン・ウィック』
出演:キアヌ・リーブス、コモン、ローレンス・フィッシュバーン、ルビー・ローズほか
配給:ポニーキャニオン 2017年/アメリカ
原題:John Wick : Chapter 2
(C)2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. (C)Niko Tavernise




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『ジョン・ウィック:チャプター2』愛犬プレミア試写 シューマッハの芸に犬達は?


映画情報どっとこむ ralph 2015年に日本公開され、スマッシュヒットを記録したキアヌ・リーブス主演『ジョン・ウィック』の続編となる『ジョン・ウィック:チャプター2』。

この度、前作で愛犬(ビーグル犬のデイジー)の敵討ちのためにたった一人でロシアン・マフィアへ挑んだ伝説の殺し屋ジョン・ウィックが、二代目愛犬(ピットブル、名前はまだ無い)と共に、さらなるアクションを繰り広げる本作『ジョン・ウィック:チャプター2』。
その公開を記念し、是非ワンちゃんたちに本作を観てもらいたいという熱い想いから、本編を11分に編集した特別版(ワンワンエディション)を上映する、前代未聞の愛犬プレミア試写が開催されました!

映画『ジョン・ウィック:チャプター2』愛犬プレミア試写
日時:6月22日(木)
登壇:シューマッハ(五味侑也、中村竜太郎/芸人)※敬称略
場所:アンディカフェ

※本イベントはワンちゃんのお身体を考慮し、終始フラッシュ撮影NGにて実施させていただきました。
※来場したワンちゃんへの感想ヒアリングは、「バウリンガル for iPhone」を使用いたしました。
「バウリンガル for iphone」 推奨環境/推奨端末:iPhone4/推奨 OS:iOS 4.3
(C)iXIT Corporation. All Rights Reserved. (C)TOMY All Rights Reserved.

映画情報どっとこむ ralph 会場となった人気ドッグカフェ・アンディカフェには、チワワ、パピヨン、豆柴、ヨークシャー・テリア、マルチーズ、トイプードル、ビーグル、サルーキ等といった様々な犬種が大集合!およそ20匹の愛犬たちが集まりました。そして定刻になると、ジョン・ウィックが二代目愛犬と共に新たに歩みだすシーンを中心に、ワンちゃんにも見やすいアクションシーンを集めた特別編集版(11分のワンワンエディション)の上映がスタート!
自宅のベッドで二代目愛犬と共にしばしの休息をとるジョンの姿に、ワンちゃんたちも無言で魅入ります。しかしイタリアンマフィアが自宅に訪れると、何やら揉めた様子となり、遂にはバズーカで吹き飛ばされてしまうジョンの家!

家を失い、橋を歩いていくジョンと二代目愛犬の勇ましい姿に、ワンちゃんたちも思わずご主人と自分たちの姿を重ねている様子でした。

そして本編は家を爆破されたジョンの怒涛の復讐劇へと突入!
ワンちゃんも途中「く~ん」と思わず声を漏らしてしまうなど、大盛り上がりの展開に!
本編の魅力が11分間に濃縮されたワンワンエディションに、愛犬たちも大満足の様子でした!!

映画情報どっとこむ ralph そして上映後は、犬のモノマネ芸でもおなじみのシューマッハが、ワンちゃんたちを目の前に、“シューマッハが選ぶ殺し屋ベスト相棒犬”を自身の犬芸をもって披露!

様々なレパートリーを披露しながら、彼らの思う“ベスト殺し屋相棒犬”を発表いただきました。今回は、シューマッハ五味がジョン・ウィックさながらのスーツスタイル姿で登場!

ジョンがベスト相棒犬を紹介するという設定で、シューマッハ中村が犬の姿になりました!

「実際にワンちゃんたちの前で披露するのは初めてです」と語る五味。先ずはじめに披露されたのは、シェパード!
いきなり目の前に現れたシェパードの姿に、ワンちゃんたちも大興奮!
「ワン!!」「ギャン!!」「ワオン!!」と、会場内に悲鳴にも似た鳴き声が響き渡ります!

最前列に座っていたパピヨンの結ちゃん(2才)は特に大興奮で終始吠えっぱなし。
そして続いて、本作パート1では1代目相棒犬としても有名なビーグル!またまた会場内に鳴き声が響き渡りますが、最後列に座っていた同犬種のビーグルの天くん(10ヶ月)は身体を乗り出すほどの興奮ぶりを見せました!

その後もハスキー、ボルゾイと披露していく中村。

最後は本作にも登場するピットブルの姿に!
最前列にいたパピヨンの結ちゃん(2才)は「ワンワン!!!」と相変わらず大興奮の様子。そして中村はピットブルのポーズのままで、なんと、ピアニカを演奏!腰を高く突き上げたまま名曲「情熱大陸」を演奏する姿に、ワンちゃんたちも無言で聞き入りました。

そして最後はシューマッハのキメ技「犬タワー」を披露!!五味の上にピットブル姿の中村が乗り上げ、積み重なるという圧巻の姿に!
初めてみるであろう衝撃の姿に、ワンちゃんたちも唖然!大興奮でシューマッハのパフォーマンスを受け入れたワンちゃんたちでした。


そして、実際にワンちゃんたちの前でのドキドキの初披露を終えたシューマッハさんは、「バウリンガル for iPhone」でワンちゃんたちに感想を聞いてみることに!
終始大興奮だったパピヨンの結ちゃん(2才)にパフォーマンスの感想を伺ってみると、

「ずーっと一緒にいられたらいいワン!」

と、中村さんをパートナーに認定!

中村さんも「散歩の時は一緒にいきます!」と大変嬉しい様子でした。

続いて後ろの席に座っていたトイプードルのクロエちゃん(1才11ヵ月)に感想を聞いてみたシューマッハさん。

クロエちゃん:つまらなかったワン.

と言わんばかりにノーコメントを貫きます。するとその後ろに座っていたビーグルの天くん(10ヶ月)が「ワン!」とクロエちゃんに助け船を出すように声を上げます!「バウリンガル for iPhone」で確認すると、

天くん:気持ちをわかってほしいワン

と言っており、シューマッハさんを制しました。

映画情報どっとこむ ralph また事前に本作全編を鑑賞して

シューマッハさん:前作は犬好きとしては少し心が痛かったですけど、今回は愛犬家の方も安心して楽しく観られます!アクションシーンがパワーアップしていて、とにかく凄かったです!

と本作を大絶賛!愛犬家の来場者に、安心して観られるとオススメしました。

そして最後は来場したワンちゃんたちと一緒に、キメ技の犬タワーでフォトセッションで終了!終始大盛り上がりの、愛犬プレミア試写となりました!


ジョン・ウィック:チャプター2

7月7日(金)TOHOシネマズ みゆき座ほか全国公開

公式サイト:http://johnwick.jp/
公式FB:@johnwick.jp
公式Twitter:@johnwickjp

あらすじ
伝説の殺し屋ジョン・ウィックが繰り広げた壮絶なる復讐劇から五日後。

彼の元にイタリアン・マフィアのサンティーノが姉殺しの依頼にやってくる。

しかし平穏な隠居生活を望むジョンは彼の依頼を一蹴、サンティーノの怒りを買い、想い出の詰まった家をバズーカで破壊されてしまう。

愛犬と共に一命をとりとめたジョンはサンティーノへ復讐を開始するが、命の危機を感じたサンティーノに7億円の懸賞金を懸けられ、全世界の殺し屋に命を狙われることになる。

***********************************

監督:チャド・スタエルスキ『ジョン・ウィック』
出演:キアヌ・リーブス、コモン、ローレンス・フィッシュバーン、ルビー・ローズほか

配給:ポニーキャニオン 2017年/アメリカ
原題:John Wick : Chapter 2
(C)2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. (C)Niko Tavernise




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ