「ローレンス・フィッシュバーン」タグアーカイブ

「マトリックス4」が製作決定!復習は4DXで!!『マトリックス』4DX 9月6日~2週間限定で上映開始!


映画情報どっとこむ ralph 革新的なVFX映像で映画界に革命を起こした伝説の映画『マトリックス』が、4DXとともに新たな「劇場革命」を巻き起こす!9月6日(金)より、『マトリックス』が製作20周年を記念し、4DXシアターにて2週間限定(9月6日~9月19日)で上映スタート!
マトリックス_matrix_poster 1999年9月11日公開から、全世界の観客を熱狂させた華麗なカンフー・アクションと脅威のVFXで映像革命を起こした『マトリックス』。製作20周年を迎え、公開当時には存在しなかった4DX(体感型映画上映システム)技術との時を超えたコラボレーションで、さらにパワーアップして帰ってくる!21世紀のVR(バーチャル・リアリティ)技術により、仮想現実が身近になった今だからこそ、仮想空間を舞台にした本作を、夢物語ではなく現実に迫る物語として楽しめるはずだ。仮想空間で自由自在に暴れまわるネオ(キアヌ・リーブス)たちと一体化した4DX効果は、かつてない浮遊感と爽快感をもたらし、公開時に劇場に足を運んだ方、今回初めて見る方にも新たな感動を与えること間違いなしだ。さらに、8月20日には、米映画製作会社ワーナー・ブラザースより「マトリックス」シリーズ4作目の製作が発表され、「マトリックス」のファンたちは過去作の復習に入り、2週間限定の『マトリックス』4DXの鑑賞を狙っている⁉20年の時を超え、再び劇場に革命を起こす『マトリックス』4DXを見逃すな!


<水>、<風>、<煙>、<フラッシュ>、<エアショット>など迫力の4DX環境効果は、仮想空間での常識を超えた華麗なアクションシーンと相性抜群!
特に『マトリックス』4DX最大の見所といえば、やはり全世界の誰もが真似していたであろうネオ(キアヌ・リーブス)がダイナミックに体をそらして弾丸を避ける超有名な「マトリックス避け」シーンだ。被写体の動きはスローモーションで見えるが、カメラワークは高速で移動する「バレットタイム」という撮影技術を使ったこのシーンでは、重力と浮遊感が入り混じる超感覚アクションをモーションチェアの繊細な動きが見事に表現する。連射される弾丸が肌をかすめるスリル、重力を無視して繰り広げられるアクションの浮遊感にも期待が膨らむばかりだ。ビジュアルだけでも新鮮で驚きに満ちていたひとつひとつの場面が、バラエティに富んだ4DX効果と相まって、視覚だけでなく全身に迫り、映画の世界と劇場が混然一体となる!

4DXの席に着いたとき、怠惰で甘美な誘惑に満ちた仮想世界との戦いは始まっている!システムの歯車として生きる退廃的な世界を打ち破り、ネオとともに覚醒しよう!


映画情報どっとこむ ralph 【4DX(フォー・ディー・エックス)シアターについて】
4DXとは、いま映画業界で最も注目を集める最新の体感型上映システムです。映画のシーンに完全にマッチした形で、モーションシートが前後・上下・左右に動き、頭上からは雨が降り、水や風が吹きつけ、閃光が瞬く、など全20種類の特殊効果が稼働し、まるで映画の主人公になったかのような感覚で映画を鑑賞できます。さらに、演出を盛り上げる香りや、臨場感を演出する煙など、様々な特殊効果で映画を<観る>から<体感する>へと転換します。
4DX
映画情報どっとこむ ralph 『マトリックス』
9月6日(金)より、全国4DX劇場にて2週間限定上映!
※上映劇場は変更となる場合があります。 
※劇場により、対応している効果が異なります。

ワーナー公式サイト

【STORY】
コンピュータプログラマーとしてニューヨークの企業で働くネオ。凄腕ハッカーという別の顔を持つ彼は、最近“起きてもまだ夢を見ているような感覚”に悩まされていた。そんなある日、自宅のコンピュータ画面に、不思議なメッセージが届く…「起きろ、ネオ」「マトリックスが見ている」「白うさぎの後をついていけ」。正体不明の美女トリニティーに導かれて、ネオはモーフィアスという男と出会う。そこで見せられた世界の真実とは。やがて、人類の命運をかけた壮絶な戦いが始まる。


***********************************

監督:アンディ・ウォシャウスキー、ラリー・ウォシャウスキー
製作:ジョエル・シルバー
キャスト:キアヌ・リーブス、ローレンス・フィッシュバーン、キャリー=アン・モス、ヒューゴ・ウィービング ほか
©1999 Village Roadshow Films (BVI) Limited.
©1999 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

キアヌ『ジョン・ウィック:パラベラム』シリーズ最高の全米No.1大ヒットスタート!


映画情報どっとこむ ralph “殺し屋を始末する殺し屋”“1本の鉛筆で3人を瞬殺”など数々の伝説と共に、暗黒社会を震撼させてきた最強の殺し屋ジョン・ウィック。亡き妻の残した愛犬の命を奪ったロシアンマフィアを崩壊させ、思い出の我が家を爆破したイタリアンマフィアも壊滅。壮絶な復讐劇の中で、スタイリッシュなスーツに身を包んだキアヌ・リーブスがみせる、銃と体術を組み合わせたキレ味鋭い流麗なアクション:ガン・フーと、コミックの世界から飛び出てきた様な独自の世界観が全世界を熱狂させ大ヒットとなった『ジョン・ウィック』シリーズ。

前作から2年、復讐の果てに傷だらけの逃亡者となったジョン・ウィックに最後の時が迫る。冴えわたるノースタントのアクションに情熱を燃やす主演、キアヌ・リーブスと、「マトリックス」シリーズで新時代のアクションを生み出した監督、チャド・スタエルスキのコンビはそのままに、イアン・マクシェーン、ローレンス・フィッシュバーン他おなじみのメンバーも再集結。さらに、新たに、ジョン・ウィックとの過去の因縁を持つ謎の女、ソフィアにハル・ベリーの参加も決定。新次元を切り開いたノンストップ・キリングアクションが究極の進化を遂げて、遂に壮絶なクライマックスへ!
ジョン・ウィック:パラベラム
このたび、5月17日(金)より全米3,850スクリーンで公開され、オープニング3日間(5/17~5/19)でシリーズ最高の全米興行収入57,025,000ドルを記録し、全米初登場No.1の堂々の大ヒットスタートを切った!!(※5/20時点、Box Office Mojo調べ)

パワーアップしたアクションシーンの連続に圧倒される観客が続出!
前作『ジョン・ウィック:チャプター2』のオープニング記録(3043万ドル)を大幅に更新する5702万ドルを記録し、歴史的な大ヒットを続ける『アベンジャーズ/エンドゲーム』の4週連続No.1を阻止!孤高の殺し屋が数十人のヒーロー相手にたった一人で王座を奪取してみせ、キアヌの新たな代表作となったシリーズの国民的人気を見せつけた。

さらに、米・映画評論サイトの大本命Rotten Tomatoesでは88%Freshを獲得(5/20時点)し、「地球上で最も優れたアクション」「世界最高級のスーパー暗殺者」「ジョン・ウィックファン歓喜の傑作!」「アクションは、アートの域に達している!」など、絶賛評が殺到!新たな領域に到達した、新時代アクションの日本到来が今から待ち遠しい!

そして本作の全米大ヒットを記念し、場面写真を一挙解禁!

今回解禁された場面写真では、バイクに追われながら街中を馬に乗って疾走するジョン・ウィックや、
ジョン・ウィック:パラベラム
本作でシリーズ初登場となるハル・ベリー演じる謎の女・ソフィアと彼女の愛犬たちと砂漠に立つ姿も。
ジョン・ウィック:パラベラム
さらに、ジョンと共に銃を吟味するコンチネンタルホテルのコンシェルジュ・シャロン(ランス・レディック)や、ホテルのオーナー・ウィンストン(イアン・マクシェーン)と裏社会の情報屋たちのボス・キング(ローレンス・フィッシュバーン)が貫録たっぷりに並ぶカットなどシリーズお馴染みの面々も顔をそろえている。
ジョン・ウィック:パラベラム ジョン・ウィック:パラベラム ジョン・ウィック:パラベラム 大ヒットアクションシリーズは遂にクライマックスへ!伝説の殺し屋の最後の戦いを見届けるべく、続報に備えよ!

日本での公開は2019年10月全国ロードショー。

***********************************


監督:チャド・スタエルスキ
出演:キアヌ・リーブス/ハル・ベリー/イアン・マクシェーン/ローレンス・フィッシュバーン/アンジェリカ・ヒューストン
配給:ポニーキャニオン
原題:JOHN WICK:CHAPTER3 PARABELLUM(2019/アメリカ)
®, TM & © 2019 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

晴れたらNG!? 監督こだわりの曇天撮影とは?入念なリハーサル「30年後の同窓会」メイキング写真解禁


映画情報どっとこむ ralph 『6才のボクが、大人になるまで。』で世界の賞レースを席巻したリチャード・リンクレイター監督最新作『30年後の同窓会』が、6月8日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ他にて公開となります。

妻と息子を立て続けに亡くした主人公・ドクの心を表すため、通常の撮影とは逆に、「太陽が出たら撮影隊は屋内に引っ込む」という、細部にまで丁寧にこだわった、まさに“名匠”ならではの職人芸が光る映画『30年後の同窓会』。

それぞれがアカデミー賞主演男優賞ノミニーで、キャリアも実力も十分なスティーヴ・カレル、ブライアン・クランストン、ローレンス・フィッシュバーンが、会話劇の名匠、リンクレイター監督の演出方法の特徴である入念なリハーサルを得て、リアルな会話、人物像が生まれた様子を語ったリリースと、メイキング写真3点到着です!

映画情報どっとこむ ralph 会話劇の名匠、リンクレイター監督の演出方法は入念なリハーサル。事前に何度も脚本を読み合わせ、俳優たちの意見を取り入れ、柔軟に台本に反映をさせることで、架空の登場人物が“この世界のどこかに存在している”かのようなリアルを生み出している。それぞれがアカデミー賞主演男優賞にノミネートされ、キャリアも充分なスティーヴ、ブライアン、ローレンスの3人も例外ではなく、スティーヴは「リハーサルなんて長いことやっていなかったが、監督、ブライアン、ローレンス、そしてそのほかのキャストと一緒に机を囲んで本読みをするのはとても楽しかった」と、珍しい体験が充実していたことを語っている。

ブライアンは「監督は本当におおらかで、声を荒げたこともない。彼は、『こう言いたい? それともこっちのほう伝わる?』と俳優たちに尋ねてくれる。監督は、演じる役を自分で作り、現場でベストな形で演じることができる俳優を起用している」と、穏やかながらも俳優として非常にチャレンジングな現場であったとコメント。

その入念なリハーサルについて監督は「ただ一緒に過ごし、互いを知ろうとするだけで素晴らしいこと。リハーサルは、脚本を読み合わせ、質問し、キャラクターの過去を探るといった演技エクササイズだけの場ではありません。彼らは全員、演じるキャラクターのリアリティを追求してくれた。だから俳優たちが出してくるアイデアを基に、何度も脚本を書き直した」と、演技だけではなく作品の基本となる脚本にとってなくてはならない場であったことを明かした。

ドクの息子の友人、ワシントン役で、年齢もキャリアも最年少キャストとして参加したJ・クィントン・ジョンソンは「リハーサル初日、空港からホテルに向かわなくて大正解でした!もう、スティーヴもブライアンもローレンスも来ていて、監督と、シーンの確認をしていたんです。現場では、それぞれの巨匠と言える大先輩たちが一丸となって最高の物語を語るために、新人の僕を安心させようとしてくれました」と、素晴らしい現場だった感動を露わにしている。

また今回、常にわびしさを誘う荒涼とした映像を生み出すため、晴天を避けて撮影を行なっている。「太陽が出たら撮影隊は屋内に引っ込む。雨や曇りで屋内のセットに入るほとんどの映画とは正反対です」と、シンプルながらも意外と手間のかかる撮影方法をとったリンクレイター監督。「この映画には撮影だけでなく、プロダクションデザインを含めたすべてが、寒い季節の雨のようなドクのわびしさを表現しています」と狙いを語っている。

派手なシーンが無い分、細部にまで丁寧にこだわった、まさに“名匠”ならではの職人芸が光る映画「30年後の同窓会」は6月8日(金)より公開となります。


映画情報どっとこむ ralph 30年後の同窓会

物語・・・
男一人、酒浸りになりながらバーを営むサル(ブライアン・クランストン)と、破天荒だった過去を捨て今は牧師となったミューラー
(ローレンス・フィッシュバーン)の元に、30年間音信不通だった旧友のドク(スティーヴ・カレル)が突然現れる。2人にドクは、1年前に妻に先立たれたこと、そして2日前に遠い地で息子が戦死したことを2人に打ち明け、亡くなった息子を故郷に連れ帰る旅への同行を依頼する。バージニア州ノーフォークから出発した彼らの旅は、時にテロリストに間違われ得るなどのトラブルに見舞われながら、故郷のポーツマスへと向かうーー。30年前に起きた“ある事件”をきっかけに、大きく人生が変わってしまった3人の男たち。仲間に起きた悲しい出来事をきっかけに出た再会の旅。語り合い、笑い合って悩みを打ち明ける旅路で、3人の人生が再び輝き出す。

***********************************


監督・脚本:リチャード・リンクレイター 
原作・脚本:ダリル・ポニックサン「LAST FLAG FLYING」
主題歌:ボブ・ディラン「Not Dark Yet」
出演:スティーヴ・カレル、ブライアン・クランストン、ローレンス・フィッシュバーン
配給:ショウゲート (C)2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC  
原題:Last Flag Flying/2017/アメリカ/カラー/ビスタ/125分/5.1chデジタル/字幕翻訳:稲田嵯裕里 主題歌翻訳:多摩ディラン  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

小堺一機、森本毅郎ら共感&絶賛の声 リチャード・リンクレイター監督最新作『30年後の同窓会』に!


映画情報どっとこむ ralph 全員が初共演ながら、本当に30年来の友人のような掛け合いを見せるスティーヴ・カレル、ブライアン・クランストン、ローレンス・フィッシュバーン。回想シーンは一切なし、30年前に体験した戦争と事件、過ごした年月を会話のみで表現するという、名優が揃ったからこそ実現した映画『30年後の同窓会』は、6月8日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ他にて公開となります。

そして、本作に共感&絶賛の声、続々!応援コメントが到着しましたのでご紹介!

映画情報どっとこむ ralph ※50音順、敬称略

■落合有紀(編集者/ライター)
2回泣いちゃいました。ブライアン・クランストンは目尻のシワまでヤンチャで素晴らしい。

■小堺一機
友はそんなに沢山は要らない。お互いの根っ子を知っている奴が本当の友だろう。
こんな友が自分にはいるかな?と一寸ばかり心配になった。そ
んなことを考えさせてくれる、そしてアメリカの光と闇まで感じさせてくれる深くて静かな感動をもらえた。感謝!

■後藤岳史(映画ライター)
渋い役者たちが皆良くて、面白かった。
『さらば冬のかもめ』と原作者が同じというだけでなく、映画として気脈を通じ合っています。
ともに、やるせなさの底流に反骨精神が秘められていて、リンクレイターのオマージュを感じます。

■相馬学(映画ライター)
事実を語り、それを知る。
作り事を語り、それを信じる。かたちは違えど、俗者も聖者も語る愛は同じ。
過去を共有する男たちの関係性に浮かび上がる絆。その深い、深い温かさに心が震える。

■高橋諭治(映画ライター)
ユーモアと苦味が入り混じる、寄り道だらけの人生模様。
親密でありながら決してべたつかない主人公3人の絶妙な距離感、そして旅の終着点の厳かさがじわりと胸に染みる一作だ。

■森本毅郎(キャスター)
ベトナム戦争、湾岸戦争が残した痛みを、三人の主人公の旅を通して時には物悲しく、時にはユーモラスに描いている。
30年後に再会した退役軍人の3人の掛け合いが演技を感じさせずとても自然で見事!

■門間雄介(編集者/ライター)
後戻りできない過去と、行く手の定かでない未来の狭間で、
時の流れに翻弄されるミドルエイジの男たちの姿が、しみじみと胸にせまる。

映画情報どっとこむ ralph 30年後の同窓会

6/8(金)よりTOHOシネマズ シャンテ他、全国ロードショー!



STORY
男一人、酒浸りになりながらバーを営むサル(ブライアン・クランストン)と、破天荒だった過去を捨て今は牧師となったミューラー
(ローレンス・フィッシュバーン)の元に、30年間音信不通だった旧友のドク(スティーヴ・カレル)が突然現れる。2人にドクは、1年前に妻に先立たれたこと、そして2日前に遠い地で息子が戦死したことを2人に打ち明け、亡くなった息子を故郷に連れ帰る旅への同行を依頼する。バージニア州ノーフォークから出発した彼らの旅は、時にテロリストに間違われ得るなどのトラブルに見舞われながら、故郷のポーツマスへと向かうーー。30年前に起きた“ある事件”をきっかけに、大きく人生が変わってしまった3人の男たち。仲間に起きた悲しい出来事をきっかけに出た再会の旅。語り合い、笑い合って悩みを打ち明ける旅路で、3人の人生が再び輝き出す。

***********************************

監督・脚本:リチャード・リンクレイター
原作・脚本:ダリル・ポニックサン「LAST FLAG FLYING」
主題歌:ボブ・ディラン「Not Dark Yet」
出演:スティーヴ・カレル、ブライアン・クランストン、ローレンス・フィッシュバーン
配給:ショウゲート
原題:Last Flag Flying/2017/アメリカ/カラー/ビスタ/125分/5.1chデジタル/字幕翻訳:稲田嵯裕里 
主題歌翻訳:多摩ディラン
(C)2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC
  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

映画「30年後の同窓会」俳優たちが語るリンクレイター監督の魅力とは


映画情報どっとこむ ralph 『6才のボクが、大人になるまで。』で世界の賞レースを席巻したリチャード・リンクレイター監督最新作『30年後の同窓会』が、6月8日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ他にて公開となります(配給:ショウゲート)。

マスコミ試写会でも「さすがはリンクレイター監督!」と絶賛の声が高い本作は、妻に先立たれ、更に戦地で最愛の息子を失い悲しみに暮れるドク(スティーヴ・カレル)。彼は亡くなった息子を故郷に連れて帰る旅に、30年間音信不通だった戦友・サル(ブライアン・クランストン)とミューラー(ローレンス・フィッシュバーン)を誘うところから始まる。

過去の事件でトラウマを抱え、その後の人生が大きく変わってしまった三人の再会がもたらしたものとは…?

なんでもない人々の心の機微を丁寧に描き続ける名匠リンクレイター監督の元に、スティーヴ・カレル、ブライアン・クランストン、ローレンス・フィッシュバーンという、それぞれアカデミー賞主演男優賞ノミネート経験を持つ名優達が集結した本作。
映画情報どっとこむ ralph コメディ俳優としてだけでなく『フォックスキャッチャー』(14)で実際の事件の犯人役を演じアカデミー賞にノミネートされたスティーヴ・カレルは

カレル:リンクレイター監督は素晴らしい監督。それこそが大きな魅力。『30年後の同窓会』のストーリーを聞くと、とても暗い映画に感じるかもしれないが、監督は映画の中で語られる道徳観で観客が疲れないよう多大な努力を払っている。軽いタッチで描き、愉快な瞬間もたくさんある。

と語っている。TVドラマシリーズ『ブレイキング・バッド』で大ブレイクを果たしたブライアン・クランストンは、

クランストン:しばらくは何もしないつもりだったから、ベストなタイミングではなかった。でも、リンクレイター監督は勇気ある、大胆な映画を作る人。僕はいつも物語に惹かれて作品を選んでいますが、『30年後の同窓会』はあらゆる基準を満たしていた。それに僕は原作のダリル・ポニックサンと『さらば冬のかもめ』の大ファンだし、スティーヴ・カレルとローレンス・フィッシュバーンが参加すると聞いて、“素晴らしい。ぜひやりたい!”と出演を決めたよ。

と予定していた長期休暇を返上して本作に参加。『マトリックス』シリーズで日本でも人気のローレンス・フィッシュバーンは、本作が自身が若い頃に感銘を受けたアメリカンニューシネマの名作『さらば冬のかもめ』(73)の続編にあたるということで

フィッシュバーン:この作品に惹きつけられた理由の一つは、僕が成長期に観た風変わりな映画『さらば冬のかもめ』にどうつながっていくのか、そこに興味をそそられたからです。

と出演の経緯を明かしている。

映画情報どっとこむ ralph “戦闘シーン”も“回想シーン”も一切無しに戦争がもたらした悲劇を描くという、ブライアンの言葉通り“大胆な映画”に挑戦したリンクレイター監督最新作

30年後の同窓会
原題:Last Flag Flying

は6月8日(金)より公開となります。

物語・・・
男一人、酒浸りになりながらバーを営むサル(ブライアン・クランストン)と、破天荒だった過去を捨て今は牧師となったミューラー
(ローレンス・フィッシュバーン)の元に、30年間音信不通だった旧友のドク(スティーヴ・カレル)が突然現れる。2人にドクは、1年前に妻に先立たれたこと、そして2日前に遠い地で息子が戦死したことを2人に打ち明け、亡くなった息子を故郷に連れ帰る旅への同行を依頼する。バージニア州ノーフォークから出発した彼らの旅は、時にテロリストに間違われ得るなどのトラブルに見舞われながら、故郷のポーツマスへと向かうーー。30年前に起きた“ある事件”をきっかけに、大きく人生が変わってしまった3人の男たち。仲間に起きた悲しい出来事をきっかけに出た再会の旅。語り合い、笑い合って悩みを打ち明ける旅路で、3人の人生が再び輝き出す。

***********************************

監督・脚本:リチャード・リンクレイター
原作・脚本:ダリル・ポニックサン「LAST FLAG FLYING」 
主題歌:ボブ・ディラン「Not Dark Yet」
出演:スティーヴ・カレル、ブライアン・クランストン、ローレンス・フィッシュバーン
配給:ショウゲート
2017/アメリカ/カラー/ビスタ/125分/5.1chデジタル/字幕翻訳:稲田嵯裕里 主題歌翻訳:多摩ディラン 
(C)2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC  
 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ