「ローガン・ラーマン」タグアーカイブ

今までの戦争映画とは別格!ブラッド・ピット主演『フューリー』試写してきた!


たった5人で300人のドイツ軍に挑んだ男たち。

ブラッド・ピット主演『フューリー』

が11月28日(金) から公開されます!

で、一足先に先日試写会に行ってきました!

FURY
先ずは物語の背景から。

舞台は第二次世界大戦末期のドイツ。
最後の抵抗を繰り広げるドイツ軍に、“フューリーFURY”(=激しい怒り)と命名された戦車で立ち向かった米軍兵士5人の想像を絶するミッションが描かれます。本当に壮絶です!
FURY4
ブラッド・ピットは、この“フューリー”の指揮官ウォーダディー役です。

『元米海軍のデヴィッド・エアー監督が、米軍M4中戦車シャーマンとドイツ軍が誇る最強戦車ティーガー(英語だとタイガーって言ってます)の激突など、圧倒的な臨場感とリアリティ溢れる戦闘シーンを描く!』と紹介されていて確かに戦車好きなら見逃せないこと請け合いです。(プラモデルのジオラマ派は必見!)

こんなに、戦車戦って白兵なんだと。思い知らされました。
FURY4-2 世界で1台。現存する動くティーガI。
世界で1台の動くティーガ戦車
ただ、この映画のリアルと中心は戦場での人間の心。

“フューリー”で戦場を駆け抜けてきた固い絆に結ばれたウォーダディーと部下3人の古参兵。そこに18歳で送り込まれた新兵ノーマン(ローガン・ラーマン)。戦場慣れしていない彼が、その理不尽のなか、次第に“戦争”飲み込まれていく恐ろしさ。

さまざまな戦場での人間模様。そして、絆。

FURY2
理想は平和。でも歴史は残酷さ。
Ideals are peaceful, history is violent
このブラピの言葉に集約されているかもしれません。

FURY6
映画の最後には、否定しているはずの僕まで戦争に飲み込まれ、
窮屈な戦車の中で戦う仲間になった気持ちで観てしまいました。

ドラマティックで、スペクタクル・・・そして戦争の残酷さを。
お奨めの映画です。

フューリー

11月28日(金) TOHOシネマズ日劇他全国ロードショー です。

公式サイト:fury-movie.jp

注意:G指定なのですが、本編は、かなりリアルで残酷な場面がありますので、気をつけてください。



********************************************************************


物語
FURY31945年4月。
戦車“フューリー”を駆るウォーダディー(ブラッド・ピット)のチームに、戦闘経験の一切ない新兵ノーマン(ローガン・ラーマン)が配置された。新人のノーマンは、想像をはるかに超えた戦場の凄惨な現実を目の当たりにしていく。やがて行く先々に隠れ潜むドイツ軍の奇襲を切り抜け進軍する“フューリー”の乗員たちは、世界最強の独・ティーガー戦車との死闘、さらには敵の精鋭部隊300人をたった5人で迎え撃つという、絶望的なミッションに身を投じていくのだった……。

製作総指揮:ブラッド・ピット
脚本・監督:デヴィッド・エアー
出演:ブラッド・ピット、シャイア・ラブーフ、ローガン・ラーマン、マイケル・ペーニャ、ジョン・バーンサル

配給:KADOKAWA
© Norman Licensing, LLC 2014

KADOKAWAだけに読んでから観るか!観てから読むか!そして作るか!
改造・塗装方法はArmour Modelling12月号で!

 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

ブラピ主演の戦車アクション『フューリー』特報解禁


fury戦車と5人の兵士 ブラッド・ピット主演
11月 TOHOシネマズ日劇他全国超拡大ロードショー 

『フューリー』

1945年、第二次世界大戦下。
たった1台の戦車で、ドイツの大軍を相手に戦い抜いた5人の男たちがいた―。臨場感溢れる壮絶な戦車アクションと彼らの絆を描いた感動巨編!

今回解禁となったのは、ティザーポスターと特報。

フューリーポスター日本版ティザーポスターは、部隊のリーダー、ブラッド・ピット演じるウォーダディ―が、“FURY”(読み:フューリー)と書かれた戦車の砲身に寄りかかり深思する、哀愁ある姿を捉えています。“フューリー”とは、 “激しい怒り”を意味し、ウォーダディ―の部隊が自分たちの戦車に名づけた名前。

一瞬一瞬に命を懸けた極限状況の中、彼らは戦車“フューリー”にどのような思いを込めたのか―。無謀ともいえるミッションを与えられたブラッド・ピットが、4人の兵士たちと共に戦いぬく決心をした時、彼らの覚悟の果てに起こる感動のラストとは―。「1945年、世界は傷ついていた。」というコピーが、苦渋の決断をしたブラッド・ピットの表情と共に胸に深く訴え、感動を予感させます。



そして、日本初公開となる63秒の特報映像の中では、リアリティを追及し本物の戦車も使用し撮影された、ブラッド・ピットの部隊が乗る米シャーマン戦車と独ティーガー戦車の壮絶な戦車戦アクションと、過酷なミッションに立ち向かい、みんなで生きて故郷に帰ることを誓う彼らの熱い思いを描いています。

本作でメガホンを取るのは、『エンド・オブ・ウォッチ』など臨場感あるアクション描写に定評のあるデヴィッド・エアー。ブラッド・ピットからの熱い信頼のもと、今回の強力タッグが実現しました。出演は、主演ブラッド・ピットを筆頭に、シャイア・ラブーフ、ローガン・ラーマン、マイケル・ペーニャ、ジョン・バーンサルなど豪華実力派俳優たちが顔を揃えています。

『フューリー』

11月 TOHOシネマズ日劇他全国超拡大ロードショーです。
公式サイト:fury-movie.jp

********************************************************************


監督・脚本:デヴィッド・エアー
出演:ブラッド・ピット、シャイア・ラブーフ、ローガン・ラーマン、マイケル・ペーニャ、ジョン・バーンサル
配給:KADOKAWA
© Norman Licensing, LLC 2014




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

八代亜紀「舟唄」の替え歌「ノア 約束の舟唄」を熱唱!


ノア約束の舟1ラッセル・クロウ主演、『ブラック・スワン』のダーレン・アロノフスキー監督が解き明かす、人類史上最古にして最大の謎「ノアの箱舟」伝説を描く壮大なスペクタクル感動巨編

『ノア 約束の舟』

6月13日(金)全国ロードショー。

いよいよ来週、日本で公開となることを記念して、新宿駅東口の新宿ステーションスクエアに、映画に登場するものを、杉とヒノキの木を使用して再現した箱舟を建造し、本日、舟といえばこの方!歌手の八代亜紀が登壇するイベントを実施されました!
八代さん_メイン
会場には、大勢の取材陣、ファンが殺到。多くの通行人も足をとめ、大きな賑わいとなりました。

『ノア 約束の舟』公開記念「ノアの箱舟」出航式イベント 詳細
日時:6月3日(火) 12時開始
場所:新宿ステーションスクエア(新宿駅東口駅前)
登壇者:八代亜紀(63) MC:山中秀樹

新宿ステーションスクエア。MCをつとめた山中秀樹さんの呼びこみで八代亜紀さんが”ノアの箱舟”の中から登場すると、大きな拍手が。

映画に登場する箱舟を忠実に再現し、新宿に現れた箱舟の感想を聞かれると

八代さん:「凄い!本当の箱舟ですね!映画に出てきたもの、旧約聖書に書いてあるものと同じ!」と感激の様子。

本作を観た感想を聞かれると、

八代さん:「とっても感動しました。この感動は『タイタニック』以来ですよ!」

2時間を超える上映時間の本作ですが、

八代さん:「あっという間に終わってしまいました。時間を忘れて観てしまいました。」

これにはMCの山中さんも「良い映画はあっという間に終わりますよね。」と同意。

好きなシーンは?と聞かれると、

八代さん:「どのシーンも本当に素敵だけれど、とにかく、愛する家族への思いと、神からの使命に挟まれるノアの心境が伝わって、とっても切ない映画ですよね・・・」と、主人公ノアの心境を代弁するかのように語りました。

ノアを演じたラッセル・クロウのほか、妻ナーマを演じたジェニファー・コネリー、そしてアンソニー・ホプキンスと3人のオスカー俳優、そしてエマ・ワトソン、ダグラス・ブースら若手の人気俳優も数多く出演する本作、誰が一番好きかという問いには、

八代さん_サブ2八代さん:「どの役者さんも凄いです。胸をえぐられました。でも、観ているうちに、ラッセル・クロウが自分の父親に見えてきてしまいました。私は、若いころ両親を心配させて、勘当同然に(東京に)出てきたんですよ。父を心配させたこと、つらい思いをさせてしまったことが、何だかノアの姿と重なってしまって・・・観ていて号泣してしまいました。」

フランスで開催される世界最古の美術展”ル・サロン賞”を5年連続で受賞するなど、歌手としてだけではなく、画家としての才能も発揮する八代は、映画の中で絵画にしたいシーンは

八代さん:「箱舟が新天地にたどり着き、大きな虹がかかるところ。ド迫力、壮絶なシーンはこの映画で体験できますから。私は静かになったシーンを書きたいですね・・・。旧約聖書にもある、大きな虹がかかるところ。」

と、世界最古の謎に思いを馳せながら答え、

八代さん:「人間の優しさ、弱さが描かれている、胸をえぐるような映画です。絶対に絶対に観てほしいです!」と。

八代さんノアイベント
そしてイベントの終わりには、八代亜紀のあの名曲「舟唄」の歌詞を、本作のために、本日限定でスペシャルバージョンの替え歌にした「ノア 約束の舟唄」をステージで披露!

「舟唄」スペシャルバージョン「ノア 約束の舟唄」

木材太めの ほうがいい
箱舟三階 建てでいい
動物つがいで 乗せりゃいい
箱舟なんとか 浮けばいい

ざんざん降れば ざんざんと
世界を呑み込む 大洪水
嵐が心を流したら
歌いだすのさ 舟唄を

鳩が空からオリーブくわえてヨ
新たな世界にヨ 虹かかる
ダンチョネ

猛暑となった新宿駅前に、八代の美しい歌声が響き、イベントは感動のうちに終了しました。
ノア_約束の舟ポスター 『ノア 約束の舟』
6月13日(金)全国ロードショー
公式HP:http://www.noah-movie.jp/

監督・製作:ダーレン・アロノフスキー(『ブラック・スワン』『レスラー』)
脚本:ダーレン・アロノフスキー、アリ・ハンデル
出演:ラッセル・クロウ、ジェニファー・コネリー、レイ・ウィンストン、エマ・ワトソン、アンソニー・ホプキンス、ローガン・ラーマン、ダグラス・ブース
(c) 2013 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

********************************************************************




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

ラッセル・クロウ緊急来日舞台挨拶『ノア 約束の舟』



めっちゃにこやかなラッセル・クロウ。
急来日舞台挨拶で予想外のファンサービスにファン熱狂!

5月19日(月)、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて『ノア 約束の舟』の主演ラッセル・クロウの緊急来日舞台挨拶が行われました。

『ノア-約束の舟』の主演ラッセル・クロウ舞台挨拶

ラッセル・クロウ主演、ダーレン・アロノフスキー監督が解き明かす、人類史上最古にして最大の謎「ノアの箱舟」伝説を描く壮大なスペクタクル感動巨編

『ノア 約束の舟』 (6月13日(金)日本公開)

本作に関しては先週、ダーレン・アロノフスキー監督の来日があったばかりですが、
過去記事: 『ノア 約束の舟』アロノフスキー監督記者会見レポ

今回は、主演のラッセル・クロウが、世界で最後の公開地となる日本に5月19日(月)に到着、3年半ぶりの来日となりました。同日夜、東京のTOHOシネマズ 六本木ヒルズにおいて行った『ノア 約束の舟』スペシャル上映会において舞台挨拶を行いました。

会場には、大勢の取材陣と、スペシャル上映会への参加権を得たファンが殺到。

満席となる大盛況の中、劇場のステージにクロウが上がると、彼を歓迎する割れんばかりの拍手、そしてまばゆい記者さんたちのフラッシュが向けられました。

『ノア-約束の舟』の主演ラッセル・クロウラッセル・クロウは、舞台に上がり

「こんにちは、東京!今日はみんな来てくれてありがとう!」

と挨拶。

ラッセル・クロウがオーナーをつとめるシドニーのラグビーチームのキャップを被るなど、熱心なファンと思われる数名の方が客席から熱心に手を振っているのを見つけると、

「そこのみんな、特にありがとう!」
「みんなはうっかりラグビーチームとか買わないようにね!」

と優しい一言。

司会者がまず、先日ダーレン・アロノフスキー監督が来日した際

「ノアを演じることができる俳優はラッセル・クロウだけだ」

と言っていたことを紹介しつつ、主人公ノアの役作りについて尋ねると、

「今までで一番困難な役。ノアの役は、考え過ぎると複雑になってしまうと思った。とにかくシンプルに、神に与えられた使命を達成しようとするキャラクターを作り、それをベースにしていった」

と役作りに関するエピソードを語り、

「ダーレンに”ノアを演じれるのは君しかいない”と言われたのは本当に光栄だったけれど、撮影が始まった途端、あまりに大変な撮影だったからオファーを受けた自分を呪ったね(笑)。観てくれたら、何がそんなに大変だったかわかってくれると思うよ。」

と、本作の撮影を振り返りました。

ノア約束の舟1続いて、”ノアの箱舟”を大量の木材で実際に建造したり、映画史上最大量の水を使用して洪水のシーンを撮影するなど、度肝を抜くスケールの撮影が行われた本作の撮影の中で、何が一番大変だったかと尋ねると、

「水さ・・・(苦笑)。冬のロングアイランド(箱舟はアメリカ・ニューヨーク州のロングアイランドに建造され、洪水シーンなどのロケ撮影を行った)の水は凍るように冷たかった。一日12時間、そこで撮影だからね。」

と、過酷すぎる洪水シーンの撮影を思い出し少しブルーになった様子。

ノア約束の舟「ニューヨークでジャーナリストの取材を受けたら、その記者が先にダーレン監督のインタビューをしていてさ。監督は「洪水シーンで使った水は、温めて使ったのさ」とか言っていたらしいんだけど、それ嘘だから(笑)!。彼は、低予算のインディペンデント映画の俊英として脚光を浴びた人なんだよ。水を温めるなんてことに、1セントだって使おうとする訳がないよね(笑)!」

と、鬼才ダーレン・アロノフスキー監督の予算配分について軽くチクリ。


主人公ノアとともに物語のキーを握る養女イラを演じたエマ・ワトソンとの共演については、

「素晴らしい女優になったと思うよ。彼女にとって、イラの役は大きなチャレンジだったと思うけれどやり遂げた。彼女とは親子のような関係だった。撮影はとてもつらいものだったけれど、毎週日曜、エマと一緒にワルツのレッスンに通ったんだ。あれが唯一の楽しみだったね。」 と語りました。


日本のファンに向けてのメッセージとして、

「この映画は、ダーレン・アロノフスキーの最高傑作になった。撮影はかなり大変だったけれど、観る方も結構大変だと思うよ(笑)。楽しんで観れるけれど、明日の朝起きても、映画の中のメッセージについて色々考えさせられたりもする映画なんだ。この中で『レ・ミゼラブル』を観た人はいるかな?あの映画とはちょっと違うよ(笑)、ぜひ最後まで楽しんでほしい!」

と、これから映画を観る観客に向けて語りかけました。

「日本が大好きで、いろんな文化を吸収させてもらっている。今度は子供と一緒に訪れてみたいよ」

と満面の笑みで日本への思いを語ると、客席にいたクロウのファンの方々の客席まで歩き、握手、ハグをするなどサプライズなファンサービスを実施、その後も客席をぐるりと一周し、観客の皆様と握手を続け、つかの間のファンとの交流を行い、終始ご機嫌で大満足のラッセル・クロウ緊急来日でした。

『約束の舟』 6月13日(金)日本公開全国ロードショーです!

公式HP:http://www.noah-movie.jp/


ノア 約束の舟
********************************************************************


『ノア 約束の舟』 全米公開:2014年3月28日 原題:NOAH

【STORY】
世界を呑みこむ大洪水を前に、重大な使命を負ったノア
<世界のはじまり>を背負った男が箱舟に乗せたのは希望か、絶望か──
ノア_約束の舟ポスターある夜、ノア(ラッセル・クロウ)は眠りの中で恐るべき光景を見る。それは、堕落した人間を滅ぼすために、すべてを地上から消し去り、新たな世界を創るという神のお告げだった。大洪水が来ると知ったノアは家族と共に、罪のない動物たちを守る巨大な箱舟を作り始める。やがてノアの父を殺した宿敵がノアの計画を知り、舟を奪おうとする。壮絶な戦いのなか、遂に大洪水が始まり、ノアの家族と動物たちを乗せた箱舟だけが流されていく。閉ざされた箱舟の中で、ノアは神に託された驚くべき使命を打ち明ける。箱舟に乗ったノアの家族の未来とは?人類が犯した罪とは?そして世界を新たに創造するという途方もない約束の結末とは──?

監督・製作:ダーレン・アロノフスキー(『ブラック・スワン』『レスラー』)
脚本:ダーレン・アロノフスキー、アリ・ハンデル
出演:ラッセル・クロウ、ジェニファー・コネリー、レイ・ウィンストン、エマ・ワトソン、アンソニー・ホプキンス、ローガン・ラーマン、ダグラス・ブース

(c) 2013 Paramount Pictures. All Rights Reserved.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

ダーレン・アロノフスキー監督 来日決定!『ノア 約束の舟』



ラッセル・クロウ主演、『ブラック・スワン』のダーレン・アロノフスキー監督が解き明かす、人類史上最古にして最大の謎「ノアの箱舟」伝説を描く壮大なスペクタクル感動巨編
ノア_約束の舟ポスター
『ノア 約束の舟』

6月13日(金)TOHOシネマズ日劇1ほか全国ロードショー

全世界で今年3月に公開され大ヒット中の本作。

全米では早くも来年度のアカデミー賞の呼び声が高まり、批評家の反応も良くも、来年のオスカーレースへ早くも名乗りを上げているそうです。

そして、このたび、ダーレン・アロノフスキー監督の緊急来日が決定!

5月13日(火)&5月14日(水)に来日し、13日(火)は『ノア 約束の舟』の完成披露試写会に登壇、14日(水)は記者会見を行う予定となっています。7年半ぶりだそうです。

監督自ら『ノア 約束の舟』を

「観る者の期待を超える作品になっている」

と断言しています。

さらに来日を前にして監督は、日本へ向けてこのようなメッセージを贈ってくれています。

「日本の皆さん、こんにちは。『ノア 約束の舟』を日本の皆さんに観ていただけることに、僕自身も興奮しています。早く皆さんに観せたくてウズウズしています!」と。


それもそのはず、『ノア 約束の舟』は、アロノフスキー監督が長年の構想の末に完成させた渾身の作品。まだ13歳の少年だった監督が、平和についての詩を書く授業で書いたのが「ノアの箱舟」の詩。時を経て、映画監督として長編デビューした『π』を撮り終え、次の題材を考え始めた時に頭に浮かんだのが「ノアの箱舟」の物語。

それから完成までに約15年の歳月を費やした、アロノフスキー監督が全身全霊をかけて挑んだ超大作が本作です。

人類史上最古にして最大の謎「ノアの箱舟」伝説が、いま解き明かされるラッセル・クロウと『ブラック・スワン』のダーレン・アロノフスキー監督が贈る壮大なスペクタクル感動巨編!

『ノア 約束の舟』 原題:NOAH

6月13日(金)TOHOシネマズ日劇1ほか全国ロードショーです!!

公式HP: http://www.noah-movie.jp/

********************************************************************


『ノア 約束の舟』

世界を呑みこむ大洪水を前に、重大な使命を負ったノア
なぜノアが選ばれ、彼は神と何を約束したのか? そして世界の始まりの真実とは──?

ノア約束の舟ある夜、ノアは眠りの中で恐るべき光景を見る。それは、堕落した人間を滅ぼすために、すべてを地上から消し去り、新たな世界を創るという神のお告げだった。

大洪水が来ると知ったノアは家族と共に、罪のない動物たちを守る巨大な箱舟を作り始める。


ノア約束の舟1やがてノアの父を殺した宿敵がノアの計画を知り、舟を奪おうとする。壮絶な戦いのなか、遂に大洪水が始まり、ノアの家族と動物たちを乗せた箱舟だけが流されていく。

閉ざされた箱舟の中で、ノアは神に託された驚くべき使命を打ち明ける。箱舟に乗ったノアの家族の未来とは?

人類が犯した罪とは?

そして世界を新たに創造するという途方もない約束の結末とは──?

ノア 約束の舟
監督・製作:ダーレン・アロノフスキー(『ブラック・スワン』『レスラー』)
脚本:ダーレン・アロノフスキー、アリ・ハンデル
出演:ラッセル・クロウ、ジェニファー・コネリー、レイ・ウィンストン、エマ・ワトソン、アンソニー・ホプキンス、ローガン・ラーマン、ダグラス・ブース
公式HP:http://www.noah-movie.jp/
(c) 2013 Paramount Pictures. All Rights Reserved.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ