「ロンドン」タグアーカイブ

パリ・ロンドンのコミコンに各国のスパイダーマンファン大集結!『スパイダーマン:スパイダーバース』


映画情報どっとこむ ralph 10月27日、28日に開催されたパリおよびロンドンのコミコンにて『スパイダーマン:スパイダーバース』(2019年日本公開予定)のプレゼンテーションが行われ、監督のボブ・ペルシケッティ、ピーター・ラムジー、ロドニー・ロスマンの3名が登壇し、新映像を披露。各国から集まったスパイダーマンファンたちから歓喜で迎えられた。


日付:10月27日、28日
場所:パリ、ロンドン コミコン
登壇:ボブ・ペルシケッティ、ピーター・ラムジー、ロドニー・ロスマン

本作の主人公となるのは、ニューヨーク・ブルックリンに住む少年、マイルス・モラレス。

時空がゆがめられたことにより、様々な次元のスパイダーマンが一同に会する世界で、スパイダーマンシリーズで知られるピーター・パーカーが師となり、マイルスが一人前のヒーロー=スパイダーマンになれるよう導いていく。

監督のボブ・ペルシケッティは主人公の少年マイルス・モラレスについて、

ボブ・ペルシケッティ監督:彼は(ピーター・パーカーとは)全く違った存在で、両親もいるし、叔父もいる。これまでのスパイダーマンとは違い、家族にサポートされているんだ。ヒーローとしては珍しい存在だよね。でも最終的には、ピーター・パーカーが過去にしてきたような経験を、彼も辿っていくことになる。

とマイルスの本作での立場を語る。

また、同じく監督のピーター・ラムジーは

ピーター・ラムジー監督:マイルスはまだ幼く、人と違う個性に悩んでいる普通の少年だよ!蜘蛛に噛まれてスパイダーマンの力を得たことにより、彼はより大きな世界へと連れ出され、たった一人闘うことで一歩前に踏み出していく。そこで世界には自分と同じような能力のある人たちがいることを知り、彼らとの絆を深めていくんだ。

作品の中ではマイルスとピーター・パーカーの関係性が重要なものとして描かれる。

ボブ・ペルシケッティ監督:マイルスの世界にピーターが存在し、“恐れや不安に打ち勝つ”というスパイダーマンのスピリットをピーターから受け継ぐんだ

とボブ・ペルシケッティ監督はファンに本作の見どころを語った。


さらに本作品のコミコンでのプレゼンテーションに加えて、ロンドンではグラフィティ・トンネル・イベントも開催。
実際にロンドンの街中にあるトンネルの壁を使い、グラフィティ・キングスと呼ばれるアーティスト集団によって、映画をテーマにしたグラフィティ・アートを展開。

そこへ3名の監督と、マイルス・モラレスの声優を担当するシャメイク・ムーアも駆け付け、ファンや取材陣たちとの交流を楽しんだ。



『スパイダーマン:スパイダーバース』 
原題:Spider-Man: Into The Spider-Verse 

2019年公開!

公式twitter:
https://twitter.com/SpiderVerseJP/

<STORY>
革新的なヴィジュアルのアニメーションとともに、フレッシュなスパイダーマン・ユニバースが誕生する!
『スパイダーマン:スパイダーバース』の主人公は、ニューヨーク・ブルックリンの少年マイルス・モラレス。
彼が暮らす世界には、スパイダーマンのマスクをかぶることができるのは一人だけではない、無限の可能性が秘められた<スパイダーバース>が存在していた。


***********************************

製作:アヴィ・アラド、フィル・ロード&クリストファー・ミラー(『LEGO(R)ムービー』『くもりときどきミートボール』)
監督:ボブ・ペルシケッティ、ピーター・ラムジー、ロドニー・ロスマン
脚本:フィル・ロード


布袋寅泰、ブライアン・メイ、ロジャー・テイラーが登場!『ボヘミアン・ラプソディ』ロンドン・ワールドプレミア


映画情報どっとこむ ralph 伝説のバンド<クイーン>。常識を打ち破り世界を変えたフレディ・マーキュリーの生き様を、魂に響く28の名曲と共に贈る感動の物語『ボヘミアン・ラプソディ』がついに11月9日(金)に日本公開を迎えます。

『ボヘミアン・ラプソディ』のワールドプレミアが、現地時間10/23(火)<日本時間10/24(水)早朝>にロンドンのウェンブリー・アリーナにて開催されました。

<『ボヘミアン・ラプソディ』ワールドプレミア概要>
日時:現地時間/10/23(火) PM17:30~ 日本時間/10/24(水) AM1:30~

キャスト:ラミ・マレック(フレディ・マーキュリー役)/グウィリム・リー(ブライアン・メイ役)/ベン・ハーディ(ロジャー・テイラー役)ジョー・マッゼロ(ジョン・ディーコン役)/ルーシー・ボイントン(メアリー・オースティン役)/ エイダン・キレン(ジョン・リード役)/アレン・リーチ(ポール・プレンター役)/トム・ホランダー(ジム・ビーチ役)/マイク・マイヤーズ(レイ・フォスター役)/アーロン・マカスカー(ジム・ハットン役)

スタッフ:グラハム・キング(製作)/ジム・ビーチ(製作)/アンソニー・マクカーテン(脚本)
スペシャルゲスト:カシュミラ・バルサラ(フレディの実妹)/ジョン・リード(クイーン70年代マネージャー)
音楽総指揮:ブライアン・メイ(クイーン/ギター)/ロジャー・テイラー(クイーン/ドラム)
日本人ゲスト:布袋寅泰

映画情報どっとこむ ralph 伝説のロックバンド“クイーン”の知られざる物語をドラマチックに描いた本作のワールドプレミアが、現地時間10月23日(水)の夜、20世紀最大の音楽イベント“ライヴ・エイド”が開催された会場 “ウエンブリー・スタジアム”に隣接する“ウェンブリー・アリーナ”にて盛大に行われた。

プレミア会場の広場前に『ボヘミアン・ラプソディ』スペシャル仕様のパープルカーペットがひかれ、クイーンの名曲の数々に彩られた会場には、クイーンメンバーのブライアン・メイ、ロジャー・テイラーやラミ・マレックをはじめとする超豪華なスターたちを一目見ようと、熱狂的なファン500人を超える観客が集まった。

17時30分を回るころ、ヴォーカルのフレディ・マーキュリーを演じたラミ・マレックをはじめ、グウィリム・リー(ブライアン・メイ役)、ベン・ハーディ(ロジャー・テイラー役)、ジョー・マッゼロ(ジョン・ディーコン役)ら “クイーン”を演じた4人、フレディが生涯愛した女性メアリー・オースティン役を演じたルーシー・ボイントン、EMIレコードの社長を演じたマイク・マイヤーズ、そしてスペシャルゲストとして、フレディ・マーキュリーの実妹カシュミラ・バルサラなど豪華キャストが続々とカーペットに登場し始めると一気に華やかな雰囲気に。

さらには、本作の音楽総指揮を務めフレディと共に数々の伝説を作ってきた、“クイーン”のバンドメンバー、ブライアン・メイ(ギター)とロジャー・テイラー(ドラム)が登場すると、彼らの登場を待ちわびた世界中のファンから大歓声が沸き上がり、同時に世界各国から集まった取材陣は、カーペットに登場したスターに一斉にフラッシュを浴びせかけ、一言でもコメントを取ろうと激しい取材合戦を繰り広げヒートアップ。


この熱狂ぶりに主演のラミ・マレックは

マレック:僕らはやることをやってきたと思うし、ブライアン・メイさんとロジャー・テイラーさんが来て下さったことを考えると、悪い予感はしないですね!

と述べ、フレディ・マーキュリーについて

マレック:確かに彼はとてもユニークなしぐさの多く、自由な人でしたが、それも彼なりの演出なんだと思います。ただその自由さを表現するのは実に大変なことでしたけどね。フレディには自由でいられることが大切だったんだと思います。そしてこの映画を観た人たちもフレディと同じように、もっと自由で開放された気持ちで色々なチャンスをつかめる気持ちになると思います。

と作品への自信をのぞかせていた。


ツアーで何度も日本を訪れたことのあるロジャー・テイラーは
ロジャー:日本のファンは素晴らしかったね。僕たちが日本に初めて行った時からずっととても温かく迎えてくれた。日本人はビジュアル面が好きだし、僕たちとはちょっと相思相愛だったんだね。だからこそ日本で何度もツアーをやってきたんだよ(笑)

と笑顔で語り、ブライアン・メイは
ブライアン:コンニチハ!長年ずっとクイーンのことを信じてくれて、ドウモアリガトウ!君たちのことを愛しているよ。またもうすぐ会えることを願っているよ。

と日本語でメッセージをくれた。またクイーンが世界中を魅了する伝説のバンドとなった聖地ウェンブリーでのプレミア開催にロジャー・テイラーは

ロジャー:スタジアムでも何度か演奏したことがあるし、アリーナでも何度も演奏してきたんだ。僕たちにとってここは故郷のようなところだよ、

と当時を懐かしみ、ブライアン・メイは

スピリチュアルな意味での故郷だから、僕はとても嬉しいんだ。ありがとう。

と喜んだ。


映画情報どっとこむ ralph そして、日本からは、ブライアン・メイと面識があり、世界のロックシーンをけん引するミュージシャンの布袋寅泰さんが、日本を代表してワールドプレミアに特別招待された。
布袋さん:プレミアに参加出来て光栄です。14歳くらいに初めてクイーンの曲を聴いてから、あの独特の世界観に打ちのめされた一人で、またギタリストとしても、非常にブライアン・メイから影響を受けています。フレディ・マーキュリーが亡くなってからかなり時間が経ちましたけど、今なおイギリスのみならず世界中の人に愛されているフレディ・マーキュリーの人柄や才能に触れる大きな機会だと思いますから、映画をじっくり楽しみたいと思います。

とコメント。続けて

布袋さん:今日のドレス・コードがRock’n!だったので、ロックな衣装着てきました!!

と笑顔で語り、クイーンの聖地ウェンブリーついては、

布袋さん:ウェンブリー・アリーナはフレディの追悼コンサートに来ました。イギリスに住んでいると、どこにいってもクイーンの曲が流れていて、クイーンがローリング・ストーンズやビートルズと並んで、イギリスが誇るアーティストだと実感するんです。だから彼らの本拠地で、イギリスの人たちが映画にどういう反応をするのか、楽しみです。そして一緒に大いなる拍手を贈りたいと思います。

とこれから始まるプレミア上映に期待感を寄せていた。またカーペット上で、ブライアン・メイとの2年ぶりの再会も果たし、笑顔で挨拶をかわしていた。


主演のラミ・マレックらは、その後もレッドカーペットに駆けつけた、ファンたちと一緒にセルフィ―をしたり、サイン攻めにあったりと大忙しだったが、終始笑顔を絶やさずに、たっぷり1時間近くファンサービスをし、カーペットイベントは終了した。

その後アリーナ内にて、世界で最初のお披露目になるファン待望のプレミア上映が始まり、キャスト&スタッフも同席し、ブライアン・メイが本作のためにギター演奏をした冒頭の20世紀フォックスファンファーレから場内は大盛り上がり!!上映中もファンたちは、スクリーンに映し出されるフレディ・マーキュリーやクイーンの姿に熱狂し、エンドクレジットが流れ始めた時には、1万人がスタンディング・オベーションで拍手喝采だった。

いち早く映画を観て

布袋さん:ミュージシャンの視点だと、下積みから成功、仲間の絆などが描かれていて自分と重なりました。これだけ長い間愛されるのはクイーンの、フレディの音楽に対する情熱、音楽の力だと思います。音楽のパワーは時を超え、影響をもたらした、その当時のオーディエンスのファッション、舞台の小道具、などプロのミュージシャンが観てニンマリするシーンもありました。役者たちの演技は見事でした。

と興奮した様子で大絶賛だった。

終映後には製作ジム・ビーチ、グラハム・キングが登壇して、キャストを紹介。


フレディ・マーキュリーを演じたラミ・マレックが代表して、

ラミ:最高の夜、最高のチーム、最高の作品。そしてバンドメンバーとクイーンに感謝です。

と述べると、マイク・マイヤーズがクイーンの2人を呼び込み、会場はより一層の熱気に包まれた。そして

ブライアン:キャストの演技、この映画を誇りに思う!

の言葉でプレミアの幕を閉じました。

映画情報どっとこむ ralph ボヘミアン・ラプソディ

原題:Bohemian Rhapsody



***********************************

監督:ブライアン・シンガー
製作:グラハム・キング/ジム・ビーチ 
音楽総指揮:ブライアン・メイ(クイーン/ギター)/ロジャー・テイラー(クイーン/ドラム)
出演:ラミ・マレック/ルーシー・ボイントン/グウィリム・リー/ジョー・マッゼロ/ベン・ハーディ/マイク・マイヤーズ/アレン・リーチ
全米公開:11月2日
配給:20世紀フォックス映画
© 2018 Twentieth Century Fox


ヒュー・グラント、ベン・ウィショーらロンドンで『パディントン2』ワールドプレミア


映画情報どっとこむ ralph 全世界328億円越えの大ヒットを記録し、日本でも2016年の1月に公開され、“パディントン”旋風を巻き起こした、ロングセラー児童小説の実写映画『パディントン』が続編『パディントン2』として、帰ってきます!待望の日本公開は来年2018年1月19日(金)!

彼を主人公にした実写映画第二弾『パディントン2』が、来年1月19日(金)の日本公開が待たれる中、原作生誕の地ロンドンのBFIサウスバンクにてワールドプレミアが行われました!
©David M. Benett/WireImage/Getty Images

日付:11月5日
会場:BFIサウスバンク
登壇:ベン・ウィショー、ヒュー・グラント、ヒュー・ボネヴィル他

映画情報どっとこむ ralph 定刻を少し過ぎ、ステージでカリプソバンドが演奏を始めると共にジャグリングパフォーマーも登場!ワールドプレミアがスタート。

続々と到着するスターたちの中でも、ワインレッドのカーペットが黄色い声援で一層華やいだのは、前作に引き続き、主人公パディントンの声を担当したあの『007 スカイフォール』Q役の英国俳優ベン・ウィショー(37歳)。

ベンさん:ベン・ウィショーです。『パディントン2』でパディントンを演じました。とても素晴らしい、気持ちの高まる映画なので、ぜひお楽しみください。

と語りながらも、その穏やかな佇まいはまさに紳士なパディントン!
そして、“ラブコメの帝王”ヒュー・グラント(57歳)、ヘンリーおじさんを演じるヒュー・ボネヴィル(53歳プロデューサー・デヴィット・ハイマン(56歳)、新鋭にして前作『パディントン』を世界的ヒットに導いた若き監督ポール・キングら豪華キャスト&スタッフ陣とともに一堂に集結しました。
attends the ‘Paddington 2’ premiere at BFI Southbank
©Stuart C. Wilson/Getty Images

映画情報どっとこむ ralph 《ワールドプレミア コメント》

◆ヒュー・グラント コメント
今回演じたのは歳を重ねて最盛期を過ぎてしまったけれど、過去の栄光に執着している俳優の役です。彼の家には過去に演じた大きな役の衣装をまとったマネキンがあり、それに話しかけるというめちゃくちゃな男です。

Qあなたにとってパディントンとは?
昨日完成した本編を観たのですが、感動して泣いてしまいました。

Q続編については
間違いなくパディントン3を作るべきだと思います。
◆ベン・ウィショー コメント
Q違う点? ある点では同じと言えますが、今回は新しいキャラクターも数名いて、ヒュー・グラントが演じるのもその一人です。また、よりドラマ性が高く、より大きな危機に直面します。パディントンによくないことが起こってしまいます。

Qイギリス人にとってパディントンとは?(一部省略)
彼は子供の頃を思い出させてくれて、純真、探究心、遊び心のシンボルだと思います。人の良いところに目を向けて、どことなく人の心に寄り添っているんだと思います。

ベン・ウィショーです。パディントン2でパディントンを演じました。とても素晴らしい、気持ちの高まる映画なので、ぜひお楽しみください。

◆デヴィット・ハイマン(プロデューサー)コメント
日本には行けるならいつでも行きます。パディントンでは今年の始めにも行き、去年末にはファンタスティック・ビーストで行きました。またパディントンで行く数か月後の年末にはまたファンタスティック・ビーストで行く予定です。日本は大好きで、お気に入りの場所のひとつです。なので機会があればいつでも行きます。

映画情報どっとこむ ralph そして、ヒュー・グラントらが1月中旬に来日決定!

【来日メンバー】
ブキャナン役:ヒュー・グラント(57歳)/約8年ぶり7度目の来日
ヘンリーおじさん役:ヒュー・ボネヴィル(53歳)/初来日 
プロデューサー:デヴィット・ハイマン(56歳)/約10か月振りの来日
監督:ポール・キング/初来日

また、来日した際のジャパンプレミアでは、日本語吹き替えを担当する超豪華キャストも登場し、パディントンとともにおもてなしをすることも予定している。日英の人気スターとの競演です!

『パディントン2』

日本公開は来年2018年1月19日(金)!

公式サイト:
paddington-movie.jp
***********************************

出演:ベン・ウィショー(声の出演)、ヒュー・グラント、ブレンダン・グリーソン、ヒュー・ボネヴィル、サリー・ホーキンス他
日本語吹替え版キャスト:松坂桃李、古田新太、三戸なつめ

監督:ポール・キング 
製作:デヴィッド・ハイマン『ハリー・ポッター』シリーズ 
原作:マイケル・ボンド 
配給:キノフィルムズ
©2017 STUDIOCANAL S.A.S All Rights Reserved.


三戸なつめロンドンタクシーで到着!パディントンがお出迎え!



映画『パディントン』が、2016年1月15日(金)に待望の日本公開となります!
パディントンx三戸なつめ試写会
今回、原宿かいわいのモデル&ショップ店員さん達100人を迎えての試写会が行われ、本作で娘のジュディ役の日本語吹き替えを担当した三戸なつめさんが青のダッフルコートと赤いハットに身を包み“パディントン・コーデ”で登壇。


映画『パディントン』試写会

日時:12月5日(土)
マスコミ受付時間:18:50
会場:ユーロライブ
登壇者:三戸なつめ(ジュディ役)

現在コラボ中!のロンドンタクシーで三戸なつめさんが登場!
パディントンがお出迎え!
パディントンx三戸なつめ&ロンドンタクシー
紳士なパディントンのエスコートで会場へ!
パディントンx三戸なつめエスコート
場所を会場に移し、舞台挨拶スタート。

三戸なつめ
MC:三戸さんは子供のころからパディントンが好きだっとお聞きしましたが!

三戸さん:そうですね。友達と図書室に行ったりして読んだりしてました。

MC:今回の役はいかがでしたか?

三戸さん:今回、自分の好きな作品なので、滅茶苦茶嬉しかったです。難しかったのは、思った以上に子供っぽい声にしないと駄目で。気を抜くと関西弁になっちゃうし。

と、アフレコ時のエピソードを話した三戸さん。ここで、そのアフレコの様子がスクリーンに。

三戸さん:恥ずかしいなあ~照れる・・。アフレコ初めてで、子供の声を高めの声で頑張って出しました。

MC:スムーズで上手いですよ。

MC:今日のパディントンコーデのポイントは?

三戸さん:パディントンと同じ、青のダッフルと赤のハットですね。それから女の子らしくチェックのチュールスカートを合わせて、ゆるゆるでまとめてみました。

ここで、パディントンが呼び込まれ
パディントンx三戸なつめトーク
三戸さん:ロンドンから来てくれたんですか?

パディントン:コン!(マイクに顔をぶつけて)

三戸さん:ハイって言ってます。

で、写真撮影に!
パディントン試写会
MC:それでは最後にメッセージを!

三戸さん:初めてのアフレコ頑張りました!家族愛があったかい映画です。ほっこり観てください!

パディントンワールドな試写会でした。

パディントン

2016年1月15日(金)全国ロードショー

公式サイト:paddington-movie.jp

********************************************************************

出演:
ヒュー・ボネヴィル、サリー・ホーキンス、
ジュリー・ウォルターズ、ジム・ブロードベント、ニコール・キッドマン、
ベン・ウィショー(声の出演)

監督:ポール・キング
製作:デヴィッド・ハイマン『ハリー・ポッター』シリーズ
原作:マイケル・ボンド
配給:キノフィルムズ
© 2014 STUDIOCANAL S.A. TF1 FILMS PRODUCTION S.A.S Paddington Bear™, Paddington™ AND PB™ are trademarks of Paddington and Company Limited
  


オペラ『愛の妙薬』を全国22劇場でロンドンからディレイ中継にて上映決定!


ロイヤル・オペラ・ハウス LIVE CINEMA SEASON 2014/15
11月27日(木)はオペラ『愛の妙薬』を全国22劇場でロンドンからディレイ中継にて上映!

L'ELISIR_2576ashm_1627_PRODUCTION_IMAGE_(C)_ASHMORE
世界中の映画ファン、そしてバレエ、オペラファンを魅了し続ける英国ロイヤル・オペラ・ハウスLiveCinemaSeason。

英国ロイヤル・オペラ・ハウスの本拠地、コヴェント・ガーデンで上演した作品を日本国内の劇場へディレイ中継で翌日にお届けします!

今シーズンは、2014年10月17日(金)のバレエ『マノン』を皮切りに2015年7月までの10か月間にわたり、珠玉の11作品 (バレエ4作品、オペラ7作品)をお送り致します(すべて1回のみ上映予定)。 世界最高峰とも称される英国ロイヤル・オペラ・ハウスの今シーズンの最新の演目を、映画館の大スクリーンで、最高の映像と 音質でお楽しみいただける絶好の機会となっています。

そして、次回上映作品 オペラ 『愛の妙薬』 11月27日(木) 19時から田園生活で巻き起こるドニゼッティのロマンテック・コメディーをロラン・ぺリーが情趣とドタバ タを絶妙に織り交ぜ、明るく軽妙に仕上げています。

イタリア人指揮者でロイヤル・オペラ・ハ ウス若手育成プログラム出身のダニエル・ルスティオーニがスター・キャストによる舞台を指 揮。

ハンサムで内気な農夫ネモリーノ役をヴィットリオ・グリゴーロ、彼が思いを寄せる村一 番の洗練された女性アディーナ役をルーシー・クロウが見事なソプラノで競演。ネモリーノは 厄介な恋のライバルともなるレヴェンテ・モルナールのほら吹きベルコーレ軍曹に出会う。

ブ リン・ターフェルが歌う派手ないかさま薬売りドゥルカマーラから愛の媚薬を売りつけられ、効 き目を信じ大胆になったネモリーノが巻き起こす可笑しくも感動的な結末です。

映画館の観劇って思うより良いものです。是非1度ご覧ください。

概要
開催期間: ~2015年7月6日(月)
上映劇場:ティ・ジョイ劇場、他全国の劇場
      ※劇場により上映予定がない作品もございます。上映劇場の詳細は公式HPをご確認下さい。
チケット:3,500円(税込)
各公演一般販売:各公演日の一週間前より劇場オンライン及び窓口にて販売

Lawson Ticketで回数券も販売: 3回回数券1種/9,000円(税込)
3,000円(税込)×3枚> Lコード:34188
※『愛の妙薬』のチケットは一般販売は11月20日(木)より販売開始

l'elisir_keyart_big © ROH / Catherine Ashmore

********************************************************************


ロイヤル・オペラ・ハウス
Live Cinema Season 2014/15

全作品 19時から 1回のみ上映予定
2014年
『マノン』(バレエ) 10月17日(金)
『二人のフォスカリ』(オペラ) 10月28日(火)
『愛の妙薬』(オペラ) 11月27日(木)
『不思議の国のアリス』(バレエ) 12月17日(水)
2015年
『アンドレア・シュニエ』(オペラ) 1月30日(金)
『さまよえるオランダ人』(オペラ) 2月25日(水)
『白鳥の湖』(バレエ) 3月18日(水)
『マハゴニー市の興亡』(オペラ) 4月2日(木)
『ラ・フィーユ・マル・ガルデ』(バレエ) 5月6日(水)
『ラ・ボエーム』(オペラ) 6月11日(木)
『ウィリアム・テル』(オペラ) 7月6日(月)