「ロマン・デュリス」タグアーカイブ

「普通じゃないんだ ゲティ家の人間は」日本版 名言キャラクター『ゲティ家の身代金』ポスター4種解禁!!


映画情報どっとこむ ralph フォーチュン誌によって、世界で初めての億万長者に認定された石油王ジャン・ポール・ゲティ。
1973年ローマで彼の孫が誘拐され、当時史上最高額とも祝える身代金を要求されたものの、なんと!

その支払いを拒否!!!

世界一有名な誘拐事件が、巨匠リドリー・スコットの手によりついに映画化。
『ゲティ家の身代金』が5月25日(金)に日本公開となります。


この度、主人公のアビゲイル・ハリスを始め、映画の中心となる4人のキャラクターポスターが解禁。それぞれの印象的なビジュアルと共に、キャラクターを象徴する台詞が記載されている。

ゲイルの上に掲げられた台詞は

「巨大な帝国と戦っているの」

息子を誘拐された苦悩や誘拐犯への怒りに加え、本来ならば協力し合えるはずの身内であるゲティとも戦わなければならない彼女の憔悴しきった姿から、誘拐犯と世界一の大富豪を同時に戦わなければならない過酷さが見て取れる。

映画情報どっとこむ ralph さらに彼女の息子であり、誘拐される張本人、ジョン・ポール・ゲティ三世の上に掲げられた台詞は

「普通じゃないんだ ゲティ家の人間は」

大富豪の孫のため、身代金の支払いも問題ないと高を括る犯人に対して、絶望とも諦めともつかない表情の彼の姿から、ゲティに対する思いが伺える。


また、彼らを救うべく交渉人として犯人と向き合うフレッチャー・チェイスが

「“犯人とは交渉しない”と思わせるのも交渉術だ」

という台詞から、彼の交渉人として腕前と自信を感じ取ることができる。


そして、本作最大の敵と言っても過言ではないジャン・ポール・ゲティ

「“提示された額から値引く”これが鉄則だ」

という、孫の身代金に対しての言葉とは思えない、常人には理解し難い狂人めいた台詞に恐怖を覚える。


そんな”世界一の大富豪”に”普通の母”は、どのようにして立ち向かっていくのか。

映画情報どっとこむ ralph ゲティ家の身代金

“世界中のすべての金を手にした”といわれる大富豪ゲティ。17歳の孫ポールが誘拐され1700万ドルという破格の身代金を要求されたゲティは、こともあろうことかその支払いを拒否。彼は大富豪であると同時に稀代の守銭奴だったのだ。離婚によりゲティ家を離れ一般家庭の人間となっていたポールの母ゲイルは、息子のために誘拐犯のみならず【世界一の大富豪】とも戦うことに。警察に狂言誘拐を疑われ、マスコミに追い回され、疲弊していくゲイル。一方、一向に身代金が払われる様子がないことに犯人は痺れを切らし、ポールの身に危険が迫っていた。それでもゲティは頑なに支払いを拒む。愛する息子を助け出すため、母は一か八かの賭けに出るのだった…。

***********************************

監督:リドリー・スコット 
出演:ミシェル・ウィリアムズ/クリストファー・プラマー/ティモシー・ハットン/ロマン・デュリス/チャーリー・プラマー/マーク・ウォールバーグ
脚本:デビッド・スカルパ
原作:『ゲティ家の身代金』ジョン・ピアーソン(ハーパーコリンズ・ジャパン刊)
配給:KADOKAWA
©2017 ALL THE MONEY US, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.


セクハラ問題で撮り直しに10億円!等々『ゲティ家の身代金』を町山智浩大いに語った!公開記念トーク


映画情報どっとこむ ralph フォーチュン誌によって、世界で初めての億万長者に認定された石油王ジャン・ポール・ゲティ。

1973年ローマで彼の孫が誘拐され、当時史上最高額ともいえる身代金を要求されたものの、その支払いを拒否した世界一有名な誘拐事件が、巨匠リドリー・スコットの手によりついに映画化。

『ゲティ家の身代金』が5月25日(金)に日本公開となります。この公開に先駆け、本日5月7日、映画評論家・町山智浩を招き公開記念トークイベントを行いました。

映画『ゲティ家の身代金』公開記念トーク
日時:5月7日(月)
場所:神楽座
登壇:町山智浩(映画評論家)

映画情報どっとこむ ralph 足元の悪い中、本イベントを楽しみにしていた多くのファンが会場へ詰めかけた本イベント。
登壇も早々、劇中に使用されているZOMBIESの「Time of the Season」について、

町山さん:この歌は歌詞の中で“who’s your daddy”という部分があるのですが、”お金持ちのお父さんがいるよ“という意味で、歌詞が内容とリンクしているんですよ。リドリー・スコット監督が使う劇中に使用している楽曲は必ず意味があるので、そこにも注目して見てください。

と見どころを説明。

さらに、完成のかなり前からリドリー・スコット監督にインタビューができる予定だったという

町山さん:12月のクリスマス公開予定だったが、ケビン・スペイシーのセクハラ問題で、10月くらいに、公開できないかもという話があって、映画が公開できないかもしれないとなりました。普通であれば、このまま中止か、長い時間をかけて取り直すところですが、彼は一ヶ月前から、急遽撮り直し、そのままの日程で公開したので、すごいです。しかも、取り直しのシーンは、10億円かかっていると言っていましたね。

と映画内容同様、日本だと考えられない金額も飛び出しました。


また、リドリー・スコットに、ケビン・スペイシーのことをどう思うかを聞いたという町山さんは

町山さん:“行方不明で見つからず、弁護士としか連絡がとれないから、ぶっ殺したいよ!”と言っていましたよ!彼は、巨匠という感じではなく、メイキングでは、Fワードをやたら言うおじいちゃんなんですよ。

と話すと、会場は大きな笑いに包まれた。 さらにキャスティングについて

町山さん:監督はゲティ役を元々クリストファー・プラマーで予定していましたが、映画会社から人気のあるケビン・スペイシーでと言われ、キャスティングされたので、結果として変更になり良かったので喜んでいました。ただ、全て同じ構図で取り直したにも関わらず、違う映画になってしまったと言っており、ケビン・スペイシー版は、冷酷非情の金持ちに見えるが、 クリストファー・プラマー版は、人情を感じる人柄となっています。そんなクリストファー・プラマーはまったく本人について調査せず、ケビン・スペイシー版のフィルムも見ず、台本だけ読み、自分の解釈で演じたと語っていますが。それでアカデミー賞にノミネートされ、ゴールデングローブ賞のノミネートでもオファーから一ヶ月ないというスピードというのだから、本当にすごいです。

彼の演技力を裏付ける話も語った。

映画情報どっとこむ ralph 続いてMCから、「今から45年前に実際に起きた事件ということですが、アメリカでは相当有名な事件なんでしょうか」とふられ

町山さん:犯人から、誘拐された息子の耳が送られてきた段階で、日本でも大きく報道されていました。アメリカでも、『クリスマスキャロル』のスクルージのような“とんでもないケチ親父”ということで、有名で、クリスマスに公開する意味は、スクルージなんだという意味もあるんです。リドリー・スコット監督が本作を撮ろうと思った理由も、“母が頑張った”というところに惹かれたからで、監督の頭の中には、シェイクスピアの『リア王』があり、末娘のコーデリアを裏に見たとも言っていました。

と本作のモデルとなった作品についても触れた。

さらに、

町山さん:この作品は、見終わった後、登場人物がその後どうなったかを調べると、さらに面白いですよ。ゲティは孫が14人、奥さんが5人いますが、どの奥さんとも一緒に暮らしておらず、子供ができると捨てていくような人物で、お金を持っているが寂しい男を表す象徴的なセリフもあるので、注目していただきたいです。

と注目ポイントについても話し、さらにリドリー・スコット自身に実在する当時の誘拐犯のグループ(イタリアのカラブリア州を仕切っている”ンドランゲタ“)から、脅迫状が届いたという衝撃のエピソードも飛び出し、

町山さん:彼らの組織は、世襲制になっており、レストラン等も含め経営し、街の経済を仕切っている上に、イタリアのGDPの3%は彼らの組織で、国家権力も刃向かえないんです。それを踏まえて見てみるとさらに楽しめます。また、本作の原題である『All the Money in the World』は、「世界中のお金があっても、◯◯は買えない」などに使うイディオムでもあり、まさにゲティを象徴しているんです。

と原題の意味について説明すると会場から、感嘆の声が。

そして、ミシェル・ウィリアムズのゲティから信じられないことを言われ、酷すぎて逆に笑ってしまうような演技が素晴らしいという町山は、彼女とマーク・ウォルバーグとの賃金格差の問題についても、

町山さん:ハリウッドの通例通り、男のほうが高い金額をもらったことを後で知った監督も怒ったこの騒動ですが、その後マーク・ウォルバーグは、セクハラ被害者のための基金「Time’s Up」寄付したりなど、#MeTooムーブメントに一番影響を受けた映画なんですよ。

と今の時代を象徴する作品であるということについても言及した。

映画情報どっとこむ ralph
続き、戦う女性を描き続けている監督についても

町山さん:リドリー・スコット監督は、フェミニスト映画のパイオニアでもあって、『テルマ&ルイーズ』や『G.I.ジェーン』など、一貫して、強い女性を描いています。何故、そういった作品を撮り続けるのか聞いたら、彼のお母さんがそういう人で、自分たち兄弟をあまり家にいなかった父の代わりに一生懸命育ててくれたので、女性といえばお母さんのイメージになっていると語っていて、それはまさに、本作にも反映されています。

と語り、

最後に・・・

町山さん:この映画は強烈ですよ!!目ん玉開いてガッツリ見てください。タランティーノですら、カメラをよけたシーンが、“俺はそんなぬるいことはやらねえ!”と言って撮ったやんちゃ親父の強烈な作品です。

とこれから作品を鑑賞する観客を煽り、イベントは幕を閉じた。

ゲティ家の身代金
原題:『All the Money in the World』


***********************************

監督:リドリー・スコット
脚本:デビッド・スカルパ
上映時間:133分 2017年アメリカ
全米公開:2017年12月25日

出演:ミシェル・ウィリアムズ、クリストファー・プラマー、ティモシー・ハットン、ロマン・デュリス、チャーリー・プラマー、マーク・ウォールバーグ
原作:ジョン・ピアースン著『ゲティ家の身代金』(ハーパーコリンズ・ジャパン刊)
配給:KADOKAWA
©2017 ALL THE MONEY US, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
   


オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールドの邦題『ゲティ家の身代金』に決定!日本版ポスター公開


映画情報どっとこむ ralph “世界中のすべての金を手にした”と言われた【世界一の大富豪】石油王ジャン・ポール・ゲティ。
1973年に発生し、1700万ドル(当時のレートで約50億円)の身代金を要求された彼の孫の誘拐事件を巨匠リドリー・スコットが映画化した『オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド(原題)』の邦題が、『ゲティ家の身代金』に決定し、公開日が5月25日(金)と発表されました。

それに併せて日本版ポスターが初公開!

1700万ドルという破格の身代金を要求されるも、50億ドル(当時のレートで約1.4兆円)の資産を持つゲティがその支払いを拒否したことが有名で、日本の新聞、週刊誌でも大きく報道された。しかしこの事件の裏側で、誘拐犯と身代金を拒むゲティの間で戦い続けた人質の母親がいたことはあまり知られていない。離婚で一族を離れていた”一般家庭の母”は、いかに2つの強敵に立ち向かったのか。実話に基づく、華麗で異常な傑作サスペンスが誕生した。

誘拐されたポールの母親アビゲイル・ハリス(以下ゲイル)を演じるのは、『ブルーバレンタイン』『マリリン 7日間の恋』でアカデミー賞(主演女優賞)にノミネートされた実力派ミシェル・ウィリアムズ。誘拐犯とゲティという2つの敵と闘う勇敢な“普通の母”を演じている。また、ゲティに誘拐犯との交渉のために雇われ、次第にゲイルを助ける存在となっていく元CIAのフレッチャー・チェイスを演じるのは、『ディパーテッド』『テッド』と、コミカルからシリアスな役までその幅広い演技力に定評のあるマーク・ウォールバーグ。さらに、その圧倒的な存在感で世界一の大富豪・ジャン・ポール・ゲティを演じたのは、『人生はビギナーズ』でアカデミー賞助演男優賞を受賞した名優クリストファー・プラマー。

映画情報どっとこむ ralph 当初、ゲティの役はケヴィン・スペイシーが演じるはずだったが、セクハラ疑惑の発覚により、2017年11月に降板。映画は既に完成、全米公開は1ヶ月後に控えていたが再撮影を決行し、急遽クリストファー・プラマーがキャスティングされ1週間後には撮影を開始。その2週間後には映画を完成させ、アカデミー賞(助演男優賞)、ゴールデングローブ賞(監督賞、主演女優賞、助演男優賞)、英国アカデミー賞(助演男優賞)にノミネートされるという史上空前の快挙を果たすこととなる。クリストファー・プラマーは本作で自らが持つアカデミー賞演技部門ノミネートの歴代最高齢記録を更新した。そして、この豪華役者陣を束ねるのは、『エイリアン』『ブレードランナー』『オデッセイ』『グラディエーター』などハリウッドで数々の金字塔を打ち立ててきた巨匠リドリー・スコット監督。再撮影を即座に決断し、お蔵入りも危惧された本作を救った手腕はリドリー・スコットにしか出来ない離れ業であり、役者陣の協力があってこその大逆転劇となった。



ゲティ家の身代金
原題:オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド

リドリー・スコットが再撮影をしてまで描きたかった本作。

5月25日(金) 全国公開

物語・・・
“世界中のすべての金を手にした”といわれる大富豪ゲティ。17歳の孫ポールが誘拐され1700万ドルという破格の身代金を要求されたゲティは、こともあろうことかその支払いを拒否。彼は大富豪であると同時に稀代の守銭奴だったのだ。離婚によりゲティ家を離れ一般家庭の人間となっていたポールの母ゲイルは、息子のために誘拐犯のみならず【世界一の大富豪】とも戦うことに。警察に狂言誘拐を疑われ、マスコミに追い回され、疲弊していくゲイル。一方、一向に身代金が払われる様子がないことに犯人は痺れを切らし、ポールの身に危険が迫っていた。それでもゲティは頑なに支払いを拒む。愛する息子を助け出すため、母は一か八かの賭けに出るのだった…。

***********************************

監督:リドリー・スコット
出演:ミシェル・ウィリアムズ/クリストファー・プラマー/ティモシー・ハットン/ロマン・デュリス/チャーリー・プラマー/マーク・ウォールバーグ

脚本:デビッド・スカルパ
原作:『ゲティ家の身代金』ジョン・ピアースン著(ハーパーコリンズ・ジャパン刊)

配給:KADOKAWA
©2017 ALL THE MONEY US, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.


いろいろ乗り越え『オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド』英アカデミー 助演男優賞ノミネート!


映画情報どっとこむ ralph アカデミー賞の前哨戦として知られる英国で最も権威のある映画賞である第71回英国アカデミー賞のノミネーションが発表され、『オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド(原題)』にて、大富豪ジャン・ポール・ゲティを演じた名優クリストファー・プラマーが、助演男優賞にノミネートされました。

セクハラ問題により降板したケヴィン・スペイシーのピンチヒッターとして急遽代役で演じたにもかかわらず、見事乗り切り、アカデミー賞有力俳優に上り詰め、まさに映画俳優としての実力を見せつける形となりました。


映画情報どっとこむ ralph “世界中のすべての金を手にした”と言われた大富豪ジャン・ポール・ゲティ(C・プラマー)。

愛する17歳の孫ポールが誘拐され1700万ドル(約47億円※)という破格の身代金を要求されたゲティは、こともあろうかその支払いを拒否。彼は大富豪であると同時に、稀代の守銭奴だったのだ。離婚によりゲティ家から離れ中流家庭の人間となっていたポールの母ゲイル(M・ウィリアムズ)は、息子のために誘拐犯のみならず世界一の大富豪とも戦うことに。一方、一向に身代金が払われる様子がないことに犯人は痺れを切らし、ポールの身に危険が迫る。しかし、事件は思いもよらぬ展開へと発展していく。昨日まで普通の母親だった人間が、世界中の金(All the Money in the World)を手にした男と手段を選ばない犯人グループにどう立ち向かうのか?息子の命を救えるのは母の愛か、金の力か?重厚なドラマと最後まで目が離せないスリリングな展開に期待が高まる(※事件が発生した1973年11月当時の為替レート1ドル=278.263円で算出)。

出演は、実力派のミシェル・ウィリアムズ、マーク・ウォールバーグに加え、アカデミー賞受賞のケビン・スペイシーがゲティ役で出演・・・するはずだった。しかし、ハリウッドの大プロデューサー、ハーベイ・ワインスタインのセクハラ告発に端を発した一連の騒動から派生し、12月の全米公開を目前に、あろうことかケビン・スペイシーの降板劇が発生。お蔵入りすらささやかれた本作だが、急遽、オスカー俳優のクリストファー・プラマーをゲティ役に抜擢。ミシェル、マーク、そしてスタッフが一致団結して短期間での再撮影を敢行、この再撮影には1000万ドルもの費用がかかったが、C・プラマー以外のキャストはなんとギャラなしで臨んだ。

また、ハリウッドでは、ゴールデングローブ賞授賞式にて女優たちが黒いドレスを着用するなど、セクハラ問題に対して抗議したが、こうした動きにも負けない今回のクリストファー・プラマーとリドリー・スコットの再撮影という決断は、今後も注目を集めそうです。

2018年初夏 全国公開です。

***********************************

監督:リドリー・スコット
出演:ミシェル・ウィリアムズ クリストファー・プラマー ロマン・デュリス チャーリー・プラマー and マーク・ウォールバーグ

脚本:デビッド・スカルパ
原作:ジョン・パーソン ”Painfully Rich: The outrageous Fortunes and Misfortunes of the Heirs of J.Paul Getty”

配給:KADOKAWA
©2017 ALL THE MONEY US, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.


GENKINGが登壇『彼は秘密の女ともだち』のトークショー!


人気絶頂のユニセックス系タレント、GENKINGさんをゲストに迎え、現在公開中のフランソワ・オゾン監督最新作『彼は秘密の女ともだち』のトークショーを行いました。

新時代のラブストーリー、映画『彼は秘密の女ともだち』に共感!
「恋人にしたい芸能人は海老蔵さんとLiLiCoさんが好き!」

GENKING_Offcial
日時:2015年8月10日(月)
場所:シネスイッチ銀座
   (東京都中央区銀座4−4−5 旗ビル)
登壇:GENKING

MC:TVでお見かけしない日はないないですね、インスタのフォロアー数が49万人と大人気ですね

GENKINGさん:うれしいです。1日3000人から4000人ぐらいは見てくださってます。ウレピッピ。

MC:女性でも横に立つのが嫌になるぐらい美しいですね。性別を超越したタレントを目指されているとのことですが。

GENKINGさん:平成の美輪明宏さんになりたいです。男とか女とかオカマとか性別を越えて、綺麗なものは綺麗。

MC:美しくなりたいと思ったきっかけはなんですか?

GENKINGさん:小学生の頃から洋服を買いに行ったり、昔からかわいいものとか綺麗なものが大好きでした。物心ついたときからですね。生まれ持ってきたものです。

MC:この映画の中で、ダヴィッドという男性は妻が亡くなってから綺麗になりたいと思い、女装を始めましたよね。

GENKINGさん:ちょっとびっくりしました。きっかけはそれぞれですね。

MC:性別を超越して美輪さんみたいになりたいとのことでしたが、どこに惹かれますか?

GENKINGさん:19歳の時にすごい失恋をして、2年ぐらい引きずってしまって、引きこもりになりました。
その時に初めて美輪さんの本を読んで、すごいなと尊敬するようになって。
美輪さんのことを誰も「オネエタレント」って言わないじゃないですか、僕も「GENKING」って言われたいです。

MC:なんと美輪さんからも本作にコメントが寄せられています。コメントを紹介しますね。
「綾の糸のように複雑難解な人間の愛情心理を見事な包丁さばきで楽しく観せる監督の腕前に乾杯。これぞフランスのエスプリ!!」です。さすがですね。GENKINGさんは、この映画を観ていかがでしたか

GENKINGさん:僕は新時代のラブストーリーだなと思いました。もっとこうゆう映画が日常に溢れたらいいなと。男と女の恋愛は当たりですが、固定観念に縛られるのが小さいころか本当に苦手でした。いろんな方に観てもらいたいですね。

MC:GENKINGさんからも本作へのコメントを書いていただきました。発表お願いいたします。

GENKINGさん:「恋愛や友達に性は関係ない、人としてどうかが大事!」本当にそう思います。

MC:GENKINGUさんは女性で素敵な方がいればお付き合いするし、男性ともお付き合いをされるということで
カテゴライズせずにお付き合いするとのことでしたが、好みの男性芸能人と女性芸能人を教えてください。妄想で構わないので。

GENKINGさん:芸能人では男性は(市川)海老蔵さん!顔が好きです。女だったらLiLiCoさんとか。男っぽくてサバサバしてる感じの女性が好き。タイプの男性はゴリラみたいな人で典型的なイケメンが苦手。とにかくサバサバ。自然と仕事が大好き!みたいな人がいいです。

MC:意外ですね(笑)

GENKINGさん:やーよ!

MC:最後にこれから映画を観る人にメッセージを。

GENKINGさん:共感できることが多い作品でした。女の子はすごく買い物が好きだし、僕自身も大好き。一緒に買い物をするのも楽しいですよね。クラブに行ってかわいい子に「キャーキャー!」言ったりとか、色々と共感できるなと。

この映画を観ることによって、少しでも「ユニセックス」という考え方を理解してほしいし、色々な恋愛のかたちを認めて、フリーな考え方になってほしいな。


物語・・・

“特別な女友だち”と秘密の冒険を楽しむ主婦・クレールが選んだ、自分らしい人生とは―。

『彼は秘密の女ともだち』ポスター親友のローラを亡くし、悲しみに暮れるクレール。残された夫のダヴィッドと生まれて間もない娘を守ると約束したクレールは、二人の様子を見るために家を訪ねる。するとそこには、ローラの服を着て娘をあやすダヴィッドの姿があった。ダヴィッドから「女性の服を着たい」と打ち明けられ、驚き戸惑うクレールだったが、やがて彼を「ヴィルジニア」と名づけ、絆を深めていく。夫に嘘をつきながら、ヴィルジニアとの密会を繰り返すうちに、クレール自身も女性としての美しさが増してゆく。


彼は秘密の女ともだち3
とある事件を境に、ヴィルジニアが男であることに直面せざるを得なくなったクレールが、最後に選んだ新しい人生とは──?

彼は秘密の女ともだち

シネスイッチ銀座・新宿武蔵野館ほか全国順次公開中!

公式WEBサイト:http://girlfriend-cinema.com

********************************************************************

監督・脚本:フランソワ・オゾン 『しあわせの雨傘』『8人の女たち』
出演:ロマン・デュリス 『タイピスト!』
   アナイス・ドゥムースティエ 『間奏曲はパリで』
   ラファエル・ペルソナ 『黒いスーツを着た男』
原案:短編『女ともだち』ルース・レンデル著(小学館文庫)
2014/フランス/フランス語/107分/ビスタ/カラー/5.1ch/日本語字幕/字幕翻訳:松浦美奈/配給:キノフィルムズ 
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
© 2014 MANDARIN CINEMA – MARS FILM – FRANCE 2 CINEMA – FOZ