「ロマン・デュリス」タグアーカイブ

いろいろ乗り越え『オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド』英アカデミー 助演男優賞ノミネート!


映画情報どっとこむ ralph アカデミー賞の前哨戦として知られる英国で最も権威のある映画賞である第71回英国アカデミー賞のノミネーションが発表され、『オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド(原題)』にて、大富豪ジャン・ポール・ゲティを演じた名優クリストファー・プラマーが、助演男優賞にノミネートされました。

セクハラ問題により降板したケヴィン・スペイシーのピンチヒッターとして急遽代役で演じたにもかかわらず、見事乗り切り、アカデミー賞有力俳優に上り詰め、まさに映画俳優としての実力を見せつける形となりました。


映画情報どっとこむ ralph “世界中のすべての金を手にした”と言われた大富豪ジャン・ポール・ゲティ(C・プラマー)。

愛する17歳の孫ポールが誘拐され1700万ドル(約47億円※)という破格の身代金を要求されたゲティは、こともあろうかその支払いを拒否。彼は大富豪であると同時に、稀代の守銭奴だったのだ。離婚によりゲティ家から離れ中流家庭の人間となっていたポールの母ゲイル(M・ウィリアムズ)は、息子のために誘拐犯のみならず世界一の大富豪とも戦うことに。一方、一向に身代金が払われる様子がないことに犯人は痺れを切らし、ポールの身に危険が迫る。しかし、事件は思いもよらぬ展開へと発展していく。昨日まで普通の母親だった人間が、世界中の金(All the Money in the World)を手にした男と手段を選ばない犯人グループにどう立ち向かうのか?息子の命を救えるのは母の愛か、金の力か?重厚なドラマと最後まで目が離せないスリリングな展開に期待が高まる(※事件が発生した1973年11月当時の為替レート1ドル=278.263円で算出)。

出演は、実力派のミシェル・ウィリアムズ、マーク・ウォールバーグに加え、アカデミー賞受賞のケビン・スペイシーがゲティ役で出演・・・するはずだった。しかし、ハリウッドの大プロデューサー、ハーベイ・ワインスタインのセクハラ告発に端を発した一連の騒動から派生し、12月の全米公開を目前に、あろうことかケビン・スペイシーの降板劇が発生。お蔵入りすらささやかれた本作だが、急遽、オスカー俳優のクリストファー・プラマーをゲティ役に抜擢。ミシェル、マーク、そしてスタッフが一致団結して短期間での再撮影を敢行、この再撮影には1000万ドルもの費用がかかったが、C・プラマー以外のキャストはなんとギャラなしで臨んだ。

また、ハリウッドでは、ゴールデングローブ賞授賞式にて女優たちが黒いドレスを着用するなど、セクハラ問題に対して抗議したが、こうした動きにも負けない今回のクリストファー・プラマーとリドリー・スコットの再撮影という決断は、今後も注目を集めそうです。

2018年初夏 全国公開です。

***********************************

監督:リドリー・スコット
出演:ミシェル・ウィリアムズ クリストファー・プラマー ロマン・デュリス チャーリー・プラマー and マーク・ウォールバーグ

脚本:デビッド・スカルパ
原作:ジョン・パーソン ”Painfully Rich: The outrageous Fortunes and Misfortunes of the Heirs of J.Paul Getty”

配給:KADOKAWA
©2017 ALL THE MONEY US, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.


GENKINGが登壇『彼は秘密の女ともだち』のトークショー!


人気絶頂のユニセックス系タレント、GENKINGさんをゲストに迎え、現在公開中のフランソワ・オゾン監督最新作『彼は秘密の女ともだち』のトークショーを行いました。

新時代のラブストーリー、映画『彼は秘密の女ともだち』に共感!
「恋人にしたい芸能人は海老蔵さんとLiLiCoさんが好き!」

GENKING_Offcial
日時:2015年8月10日(月)
場所:シネスイッチ銀座
   (東京都中央区銀座4−4−5 旗ビル)
登壇:GENKING

MC:TVでお見かけしない日はないないですね、インスタのフォロアー数が49万人と大人気ですね

GENKINGさん:うれしいです。1日3000人から4000人ぐらいは見てくださってます。ウレピッピ。

MC:女性でも横に立つのが嫌になるぐらい美しいですね。性別を超越したタレントを目指されているとのことですが。

GENKINGさん:平成の美輪明宏さんになりたいです。男とか女とかオカマとか性別を越えて、綺麗なものは綺麗。

MC:美しくなりたいと思ったきっかけはなんですか?

GENKINGさん:小学生の頃から洋服を買いに行ったり、昔からかわいいものとか綺麗なものが大好きでした。物心ついたときからですね。生まれ持ってきたものです。

MC:この映画の中で、ダヴィッドという男性は妻が亡くなってから綺麗になりたいと思い、女装を始めましたよね。

GENKINGさん:ちょっとびっくりしました。きっかけはそれぞれですね。

MC:性別を超越して美輪さんみたいになりたいとのことでしたが、どこに惹かれますか?

GENKINGさん:19歳の時にすごい失恋をして、2年ぐらい引きずってしまって、引きこもりになりました。
その時に初めて美輪さんの本を読んで、すごいなと尊敬するようになって。
美輪さんのことを誰も「オネエタレント」って言わないじゃないですか、僕も「GENKING」って言われたいです。

MC:なんと美輪さんからも本作にコメントが寄せられています。コメントを紹介しますね。
「綾の糸のように複雑難解な人間の愛情心理を見事な包丁さばきで楽しく観せる監督の腕前に乾杯。これぞフランスのエスプリ!!」です。さすがですね。GENKINGさんは、この映画を観ていかがでしたか

GENKINGさん:僕は新時代のラブストーリーだなと思いました。もっとこうゆう映画が日常に溢れたらいいなと。男と女の恋愛は当たりですが、固定観念に縛られるのが小さいころか本当に苦手でした。いろんな方に観てもらいたいですね。

MC:GENKINGさんからも本作へのコメントを書いていただきました。発表お願いいたします。

GENKINGさん:「恋愛や友達に性は関係ない、人としてどうかが大事!」本当にそう思います。

MC:GENKINGUさんは女性で素敵な方がいればお付き合いするし、男性ともお付き合いをされるということで
カテゴライズせずにお付き合いするとのことでしたが、好みの男性芸能人と女性芸能人を教えてください。妄想で構わないので。

GENKINGさん:芸能人では男性は(市川)海老蔵さん!顔が好きです。女だったらLiLiCoさんとか。男っぽくてサバサバしてる感じの女性が好き。タイプの男性はゴリラみたいな人で典型的なイケメンが苦手。とにかくサバサバ。自然と仕事が大好き!みたいな人がいいです。

MC:意外ですね(笑)

GENKINGさん:やーよ!

MC:最後にこれから映画を観る人にメッセージを。

GENKINGさん:共感できることが多い作品でした。女の子はすごく買い物が好きだし、僕自身も大好き。一緒に買い物をするのも楽しいですよね。クラブに行ってかわいい子に「キャーキャー!」言ったりとか、色々と共感できるなと。

この映画を観ることによって、少しでも「ユニセックス」という考え方を理解してほしいし、色々な恋愛のかたちを認めて、フリーな考え方になってほしいな。


物語・・・

“特別な女友だち”と秘密の冒険を楽しむ主婦・クレールが選んだ、自分らしい人生とは―。

『彼は秘密の女ともだち』ポスター親友のローラを亡くし、悲しみに暮れるクレール。残された夫のダヴィッドと生まれて間もない娘を守ると約束したクレールは、二人の様子を見るために家を訪ねる。するとそこには、ローラの服を着て娘をあやすダヴィッドの姿があった。ダヴィッドから「女性の服を着たい」と打ち明けられ、驚き戸惑うクレールだったが、やがて彼を「ヴィルジニア」と名づけ、絆を深めていく。夫に嘘をつきながら、ヴィルジニアとの密会を繰り返すうちに、クレール自身も女性としての美しさが増してゆく。


彼は秘密の女ともだち3
とある事件を境に、ヴィルジニアが男であることに直面せざるを得なくなったクレールが、最後に選んだ新しい人生とは──?

彼は秘密の女ともだち

シネスイッチ銀座・新宿武蔵野館ほか全国順次公開中!

公式WEBサイト:http://girlfriend-cinema.com

********************************************************************

監督・脚本:フランソワ・オゾン 『しあわせの雨傘』『8人の女たち』
出演:ロマン・デュリス 『タイピスト!』
   アナイス・ドゥムースティエ 『間奏曲はパリで』
   ラファエル・ペルソナ 『黒いスーツを着た男』
原案:短編『女ともだち』ルース・レンデル著(小学館文庫)
2014/フランス/フランス語/107分/ビスタ/カラー/5.1ch/日本語字幕/字幕翻訳:松浦美奈/配給:キノフィルムズ 
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
© 2014 MANDARIN CINEMA – MARS FILM – FRANCE 2 CINEMA – FOZ


『彼は秘密の女ともだち』主演アナイス来日トーク@フランス映画祭



フランソワ・オゾン監督ならではの予測不可能な結末をあなたはどう解釈する?!

主演女優の機転の利いた緊急会場アンケートで、満席の会場の意見は真っ二つ!

昨日(6月27日)、8月8日の劇場公開に先立ち、フランソワ・オゾン監督最新作『彼は秘密の女ともだち』が、開催中のフランス映画祭(会期は6月26日(金)~6月29日(月))にて上映され、上映後に来日中の主演女優アナイス・ドゥムースティエによるトークショーが行われました。

アナイス『彼は秘密の女ともだち』
昨年も今年も、年間5本ずつ出演作があるほど、今フランス映画界で売れっ子であるアナイスが登壇すると、その27歳のキュート且つ美しい顔立ちに、報道陣や満席の観客から起きる歓声とシャッター音が鳴り響きました。

アナイスも、あっという間にチケットがソールドアウトとなった満席の会場を見渡し、「こんなにたくさんの人がこの映画を見に来てくれて、本当にありがとうございます。フランソワ・オゾン監督はこんなにも愛されている監督で、その監督の作品を携えて皆さんの前に登壇出来ることを嬉しく思っています」と、彼女もその歓迎振りに感動し切り。また、初来日である日本の印象を「全く違う惑星に来たような感じ」と語りました。

日時: 2015年6月27日(土)14:00(本編開映時刻)
場所: 有楽町朝日ホール
登壇ゲスト: アナイス・ドゥムースティエ(27歳・本作主演女優)

司会: 昨年も今年も、年間5本ずつ出演作があるほど、今フランスで一番の超売れっ子ですが?

アナイス: フランソワ・オゾン監督は、フランスでも最も才能がある監督のうちの一人ですし、その監督のオファーがいただけることは、女優にとってはすごい喜びですし、しかもとても女性を選ぶのが上手な監督ですので、モチベーションがあがりました。

観客: 女装しているロマン・デュリスの髭の濃さに、演技中、吹き出してしまったことはない?

アナイス: ちょっと変わったラブストーリーですし、完璧な女性になり切れていないロマン・デュリスの男っぽいところ(男性性)がオゾン監督の狙いです。だからこそ、より衝撃的に、より感動的になるわけです。オゾン監督はオーディションで多くの俳優に会っていますが、その中にはロマン・デュリスより女性的で、女装すればより繊細で女性的シルエットが活かせるような俳優もいました。でも敢えてロマン・デュリスのような、より男っぽい顔をした俳優を選んだんだと思います。私が演じる主人公のクレールが(ロマン・デュリスが演じる)ダヴィッドになぜあんなに恋をするのかというのは、ダヴィッドのルックスとかフィジカルの部分ではないんですね。ダヴィッドが持っている自由なスピリットに彼女は惹かれていくんだと思います。クレールは最初、内気で自分の居場所を見つけ出せない女性ですが、ダヴィッドに触れることによって少しずつ自分を解放していって、彼女の真実を、彼を通してようやく見つけ出すことができたわけです。

観客: 自分が主人公と同じ立場になったら?

アナイス: ええ、もちろん、私の周りに女装したいという人がいたら喜んで一緒に時を過ごすと思います。私はそのことに対してネガティブな意見を持っていません。この映画が素晴らしいのは、クレールがダヴィッドに対する接し方を観客に理解できるように作られていることです。この映画を観ながら(女装する人を)クスクスと笑ったりすることがあるかもしれませんが、それは彼を馬鹿にしているのではなく、彼に寄り添いながら一緒に楽しむことなのです。オゾン監督が目指したのは、とても遊び心に溢れた、とても軽やかで深刻さのない作品を、このテーマで作ることだったと思います。こういうテーマだと、ちょっと悲壮感があったり、ドラマチックになったりしがちなんですが、オゾン監督は軽やかなトーンで描いたんです。そこが私も気に入りました。

司会: ロマン・デュリスも役作りが大変だったと思いますが?

アナイス: ロマン・デュリスとの共演はとってもとっても素晴らしい体験でした。というのも彼は女装することに凄い快感を感じていて、昔からこういう役を演じたいと思っていたそうです。今回のこの女装の役をまるで子供のように楽しんでいたということが目に見えるんです。カツラを被ったり、高いヒールを履いたりすると、彼の瞳がキラキラと輝き出すんですね。それが私にも伝わってきて、クレールという役柄を演じる上でも凄く助けになりました。エピソードとして愉快だったのは、普通は女優の方が化粧時間が長いものですが、彼は美しくなるために2時間位かけて女装していましたから、私の方がその“女優”を待っているということが度々ありました。(会場、笑)

司会: 彼の素の喜びが伝わってきましたね。(笑)

アナイス: ロマン・デュリスが凄く喜んでいるのが分かったから、オゾン監督も彼を選んだんだと思います。

司会: クレールが、ロマン・デュリスの役と関係を持つ時に、男性としての彼が好きなのか、女性としての彼が好きなのか、あるいは亡くなった親友とのある種レズビアン的な関係を求めているのか、その三つが交差しているように、そしてどれともつかないような描き方になっていたと思うんですね。

アナイス: 不思議な感覚でこの撮影を過ごしました。ロマン・デュリスの瞳を見ていると、確かに他の映画でよく見ているあの男っぽい視線というものを感じながら、片や、(ロマン・デュリスが女装したキャラクターである)ヴィルジニアにも対面しなくてはならない。非常に心が動揺するような撮影でした。


司会: 最近、たくさんの作品に出られて、いろいろな監督と仕事をされているわけですが、オゾン監督の特徴は?

アナイス: 他の監督と全く違います。とてもスピーディに仕事を進める監督です。それは1年に1本、彼が新作を撮っているという事実がありますね。撮影現場でも彼の映画に対するパッションがとても感じられて、子供のように映画を楽しんで作っているし、いつもエキサイティングしていて、まるでアイスクリームを早く食べたいという堰を切った子供のように感じます。(笑) 技術上でもオゾン監督は、他のフランスの監督とは違うところがあります。それは彼自身がカメラを回す、構図を決めているということ。そうすることによって俳優との関係性がとても親密になります。俳優たちは演技をしているときに、カメラを覗いているのがオゾン監督だということを意識できますから、見られているという快感を感じることができるんです。それはとても気持ちの良い関係性です。

アナイス『彼は秘密の女ともだち』2
観客: ラストシーンについて教えてください。

アナイス: 会場のみなさん、●●●●●(←結末部分ですので非公開)だと思う人、手を上げてください。

【会場の半数が挙手】

アナイス: それとも、○○○○○だと思う人、手を上げてください。

【見事に会場の残り半数が挙手。その様子に会場中がどよめく】

アナイス: 不思議で、変わったラストシーンですよね。きちんと説明がされていないから、わざとオゾン監督が疑惑を残したオープンなラストになっていますよね。それはオゾン監督が、観客の皆さんそれぞれに想像してもらえたらいいなと思ったわけです。でも私も、監督も、あれは●●●●●だということで納得しています。(場内大爆笑)


気になる結末は皆さんの目で。

彼は秘密の女ともだち

8月8日(土)より、シネスイッチ銀座・新宿武蔵野館ほか全国順次公開!

公式WEBサイト:http://girlfriend-cinema.com


********************************************************************


~ ストーリー ~

“特別な女友だち”と秘密の冒険を楽しむ主婦・クレールが選んだ、自分らしい人生とは―。

親友のローラを亡くし、悲しみに暮れるクレール。残された夫のダヴィッドと生まれて間もない娘を守ると約束したクレールは、二人の様子を見るために家を訪ねる。

するとそこには、ローラの服を着て娘をあやすダヴィッドの姿があった。ダヴィッドから「女性の服を着たい」と打ち明けられ、驚き戸惑うクレールだったが、やがて彼を「ヴィルジニア」と名づけ、絆を深めていく。夫に嘘をつきながら、ヴィルジニアとの密会を繰り返すうちに、クレール自身も女性としての美しさが増してゆく。

とある事件を境に、ヴィルジニアが男であることに直面せざるを得なくなったクレールが、最後に選んだ新しい人生とは──?

監督・脚本:フランソワ・オゾン 『しあわせの雨傘』『8人の女たち』
出演:ロマン・デュリス 『タイピスト!』
   アナイス・ドゥムースティエ 『間奏曲はパリで』
   ラファエル・ペルソナ 『黒いスーツを着た男』
原案:短編『女ともだち』ルース・レンデル著(小学館文庫)
2014/フランス/フランス語/107分/ビスタ/カラー/5.1ch/
日本語字幕/字幕翻訳:松浦美奈
配給:キノフィルムズ 
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
© 2014 MANDARIN CINEMA – MARS FILM – FRANCE 2 CINEMA – FOZ
  


自分らしく生きる“女たち”『彼は秘密の女ともだち』予告篇完成!


新作が世に出るたびに、映画ファンは勿論、辛口の映画評論家たちまでもが興奮と期待に胸を膨らませるフランソワ・オゾン監督。

最新作は、ありのままの自分を受け入れることの素晴らしさ。新しいかたちの人生讃歌

彼は秘密の女ともだち

8月よりシネスイッチ銀座・新宿武蔵野館ほか全国順次公開となります。

その予告編が到着しました!

彼は秘密の女ともだち
主演は、今フランス映画界で最も脚光を浴びている、新星アナイス・ドゥムースティエ。男性の心を持ちながらも女性の服をまとい、本来の自分の美しさを花開かせていく“女ともだち”役には、大ヒット作『タイピスト!』のロマン・デュリス。

どこにでもいる普通の主婦が、“特別な女ともだち”と出会ったことで、平凡だった毎日が華やぎ、刺激と興奮に満ちた人生へと変わっていき、女性としての輝きを増していく様を描いています。



物語・・・・
彼は秘密の女ともだち3 “特別な女友だち”と秘密の冒険を楽しむ主婦・クレールが選んだ、自分らしい人生とは―。

親友のローラを亡くし、悲しみに暮れるクレール。残された夫のダヴィッドと生まれて間もない娘を守ると約束したクレールは、二人の様子を見るために家を訪ねる。するとそこには、ローラの服を着て娘をあやすダヴィッドの姿があった。

彼は秘密の女ともだち4ダヴィッドから「女性の服を着たい」と打ち明けられ、驚き戸惑うクレールだったが、やがて彼を「ヴィルジニア」と名づけ、絆を深めていく。

夫に嘘をつきながら、ヴィルジニアとの密会を繰り返すうちに、クレール自身も女性としての美しさが増してゆく。

とある事件を境に、ヴィルジニアが男であることに直面せざるを得なくなったクレールが、最後に選んだ新しい人生とは──?

彼は秘密の女ともだち

8月、シネスイッチ銀座・新宿武蔵野館ほか全国順次公開!

公式WEBサイト:http://girlfriend-cinema.com

********************************************************************

『彼は秘密の女ともだち』ポスター 監督・脚本:フランソワ・オゾン
『しあわせの雨傘』『8人の女たち』

出演:
ロマン・デュリス 『タイピスト!』
アナイス・ドゥムースティエ 『間奏曲はパリで』
ラファエル・ペルソナ 『黒いスーツを着た男』
原案:短編『女ともだち』ルース・レンデル著(小学館文庫)

2014/フランス/フランス語/107分/ビスタ/カラー/5.1ch
日本語字幕/字幕翻訳:松浦美奈
配給:キノフィルムズ 
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本

© 2014 MANDARIN CINEMA – MARS FILM – FRANCE 2 CINEMA – FOZ