「ロバート秋山竜次」タグアーカイブ

映画『キャッツ』ロバート秋山竜次がグルメな紳士猫に! 陽気に歌う!!本編映像到着!


映画情報どっとこむ ralph 全世界累計観客動員数8100万人、日本公演通算1万回を記録するなど、1981年のロンドン初演以来、今なお世界中で愛され続けるミュージカルの金字塔「キャッツ」。ノーベル文学賞の受賞経験をもつイギリスを代表する詩人、T・S・エリオットの詩集を元に、「オペラ座の怪人」などで知られるアンドリュー・ロイド=ウェバーが作曲を手掛け、「レ・ミゼラブル」などで知られるキャメロン・マッキントッシュがプロデュースを手がけた奇跡の作品が、遂に実写映画化。2020年最大の注目作、映画『キャッツ』が大ヒット公開中!
『キャッツ』
トム・フーパー監督の最終59億円記録した大ヒット映画『レ・ミゼラブル』(12)の初日興収対比111.5%という驚異の数字とともに、公開初週の週末映画ランキングで堂々1位の大ヒットスタートをきった本作。過去のミュージカル作品よりも日本語吹替え版が大好評で、先日の来日イベントでトム・フーパー監督が“力作です!”と日本語でコメントしたほどの完成度を誇る極上の日本語吹替え版が日本の興行成績を大きく牽引し、全国がまさに今がキャッツの世界に魅了されています!

そんな日本含め世界で二カ国のみが許可された日本語吹替え版には、主人公ヴィクトリア役に女優の葵わかなさん、マンカストラップ役に俳優の山崎育三郎さん。グリザベラ役に歌手の高橋あず美さん、バストファージョーンズ役にお笑い芸人のロバート・秋山竜次さん、ミストフェリーズ役に俳優・歌手の森崎ウィンさん、スキンブルシャンクス役に俳優・ダンサーの大貫勇輔さん、ラム・タム・タガー役にOfficial髭男dism・藤原聡さん、そして、オールドデュトロノミー役に女優の大竹しのぶさんと、多彩なキャスト陣が参加。さらに蔦谷好位置さんが日本語吹替え版音楽プロデューサーを担当するなど、日本を代表する最高のキャストとクリエイター陣が参加しています。

映画情報どっとこむ ralph この度、日本語吹替え版でグルメな紳士猫バストファージョーンズ役を演じる秋山竜次(ロバート)さんが歌唱する本編映像と、字幕版で同役を演じたコメディアンのジェームズ・コーデンがバストファージョーンズについて語るキャラクター映像が到着しました!!!

ふとっちょボディに黒いハットとジャケットをまとう姿が印象的なバストファージョーンズは、町一番のお金持ちでグルメな紳士猫。新たな人生が与えられる猫を選ぶ特別な舞踏会へ参加する理由は、”たくさん食べ物を食べて、また一から太り直すため”というだけあり、食べ物に対する執着はピカイチ!劇中では、バストファージョーンズがヴィクトリアと他の猫たちをおいしい食材が沢山ある高級クラブへと案内する場面も。「人を見下したような猫っているよね?バストファージョーンズはそんな奴だ。」とジョークを交えながら説明するのはオリジナル版でバストファージョーンズを演じたアメリカで人気のコメディアンジェームズ・コーデン。「彼の曲は激しい。ずっと動き回っていて決して止まることがない。駆け回ったり、転がされたり…見たら驚くよ」と明かすように、ほかの猫に比べて陽気でコミカルなバストファージョーンズの曲は、ついつい一緒にリズムに乗ってしまうような楽しいシーンに仕上がっています。

映画『キャッツ』ロバート秋山竜次

日本語吹替え版でバストファージョーンズ役を演じたのは、ロバートの秋山竜次さん!本作のプロモーションイベントでは「猫にあわせた生活を2か月くらいしました。ボンネットの上で過ごしたり、空腹時は猫のおやつ食べたり…、とにかく頑張って一生懸命演じました!」と役作りについて熱く語っていた秋山さんですが、解禁された映像では、グルメな紳士猫バストファージョーンズとして、歌と台詞が両方混じった難しい楽曲を見事に歌い上げています!映像には、バストファージョーンズと同様に舞踏会に参加するおばさん猫ジェニエニドッツ(声・浦嶋りんこ)が、神出鬼没のお尋ね者の猫マキャヴィティ(声・山寺宏一)と遭遇してしまい、何やら怪しい雰囲気も…?キャッツたちは無事に舞踏会に参加できるのか!?その物語と行方と、秋山さんをはじめとするキャストのパフォーマンスとはぜひとも大きなスクリーンでお楽しみください!
日本語吹替え版「バストファージョーンズ:ザ・キャット・アバウト・タウン」本編映像
 

▼<バストファージョーンズ>キャラクター映像
 

映画情報どっとこむ ralph 映画『キャッツ』

【ストーリー】
扉の向こうには、 なにが待っているの―?

満月が輝く夜。若く臆病な白猫ヴィクトリアが迷い込んだのはロンドンの片隅のゴミ捨て場。

そこで出会ったのは個性豊かな 〝ジェリクルキャッツ〞 たち。ぐうたらな猫、 ワイルドな猫、お金持ちでグルメな猫、勇敢な兄貴肌の猫、不思議な力を持つ長老猫・・・様々な出会いの中でヴィクトリアも自分らしい生き方を見つけていく。

そして今宵は新しい人生を生きることを許される、たった一匹の猫が選ばれる特別な夜。

一生に一度、 一夜だけの特別な舞踏会の幕が開く。

キャッツ

***********************************

極上の日本語吹替え版

日本語吹替え版音楽プロデューサー…蔦谷好位置

日本語吹き替え版キャスト…葵わかな/山崎育三郎/高橋あず美/秋山竜次(ロバート)/森崎ウィン/大貫勇輔/藤原聡(Official髭男dism)/

山寺宏一/宝田明/浦嶋りんこ/RIRI/宮野真守/沢城みゆき/山路和弘/朴璐美/ and 大竹しのぶ

◆監督:トム・フーパー(『英国王のスピーチ』『レ・ミゼラブル』『リリーのすべて』)

◆脚本:リー・ホール(『戦火の馬』『リトル・ダンサー』)、トム・フーパー

◆製作総指揮:アンドリュー・ロイド=ウェバー、アンジェラ・モリソン、ライザ・チェイシン、ジョー・バーン

◆原作・原案:T・S・エリオット、アンドリュー・ロイド=ウェバー

◆キャスト:ジェームズ・コーデン、ジュディ・デンチ、ジェイソン・デルーロ、イドリス・エルバ、ジェニファー・ハドソン、

イアン・マッケラン、テイラー・スウィフト、レベル・ウィルソン ANDフランチェスカ・ヘイワード

◆コピーライト:© 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

◆全米公開:2019年12月20日 ◆公式HP:https://cats-movie.jp/ ◆公式 Twitter:@catsmovie_jp




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

大泉洋、杏、Perfumeら登壇!日比谷を『グリンチ』カラーの緑に!プレミア点灯式


映画情報どっとこむ ralph 偉大な絵本作家ドクター・スースの名作『グリンチ』!

アメリカではサンタクロースに並ぶ“クリスマスの代名詞”ともなっている国民的キャラクターあのイルミネーション最新作としてこの冬、12月14日(金)日本にやってきます!

日本語吹替えキャストの大泉洋さん、杏さん、ロバート秋山竜次さん、横溝菜帆さん、宮野真守さんの5名、さらになんと、日本版イメージソングを担当するPerfumeの3名がサプライズ登壇!

そうそうたるグリンチ一味によって、日比谷のクリスマスをグリンチカラーにジャックする“プレミア点灯式”を行います!

果たして14日より実施されている東京ミッドタウン日比谷(大階段)のイルミネーションはどうなってしまうのか…!?

映画『グリンチ』ジャパンプレミア実施 
日程:11月26日(月)
場所:東京ミッドタウン日比谷 ステップ広場
登壇:大泉洋(グリンチ役)、杏(ドナ役)、ロバート秋山竜次(ブリクルバウム役)、横溝菜帆(シンディ・ルー役)、宮野真守(ナレーター役)
SPゲスト:Perfume(日本版イメージソング担当)

映画情報どっとこむ ralph 呼び込まれたのは吹替え版キャストの大泉洋(グリンチ役)さん、杏(ドナ役)さん、ロバート秋山竜次(ブリクルバウム役)さん、横溝菜帆(シンディ・ルー役)さん、宮野真守(ナレーター役)さん!

大泉さん:どうも!どうも!どうも!

と登場!

大泉さんと横溝さんは、NYのワールドプレミアレッドカーペットに行ってきたそうで

横溝さん:カーペットがグリンチの緑で染まってて凄かったし、グリンチのオブジェも大きくて!タイムズスクエアが緑に染まったんです!

かなり盛り上がったそうですが、楽しかったか聞かれると

大泉さん:楽しかったんですけど・・・仕切りが・・・・。ガードマンには横に追いやられるし・・・

とボヤキ節開始!

映画情報どっとこむ ralph ここで、日本版イメージソング担当Perfumeが登場!

恒例!

Perfumeさん:かしゆかです!あーちゃんです。のっちです!3人合わせてPerfumeです!

大泉さん:初めて見た!テンション上がりますね!こういう持ちネタあるといいですね!

宮野さん:持ちネタじゃない!

と、カバー!

USJイベント“グリンチマス”・パーティにも大泉さんと横溝さんペアは行っていて

大泉さん:やってやりましたよ!黄色をグリーンに変えてやったよ!子供達泣きわめいてましたよ!

ロバート秋山さん:あんたホント実写版ですよ!

大泉さん:実写は君だよ!その恰好!

等のオモシロ応酬が続いて中々進行しないイベント!

映画情報どっとこむ ralph ここで、割って入ったMCに、東京でも何かするのか問われ。。。

大泉さん:東京でも盗んでやりますよ!(何を?)皆さんの・・・・ハートですよ!(HUUU!)一度言ってみたかった!

宮野さん:段取りわかってます!?

大泉さん:私は今日。この日比谷のイルミネーションを盗みますよ!メリーと言いますから! ジェーンと!

秋山さん:おいおい。

大泉さん:メリーと言いますから、グリンチマスって言ってください!メリー

観客:グリンチマス!

で、大泉さんがスイッチオン!



見事にグリーンのイルミネーションに!大泉さん、宮野さんもグリンチ色!

映画情報どっとこむ ralph ここで、クリスマスの思い出を話すコーナーに

杏さん:キリスト教の学校に通っていたので聖歌隊に入ってクリスマスになるとローソクをもって賛美歌を歌っていました!

と、思い出を語り。

秋山さん:オヤジがイルミネーションするんですよ!うら山全部!近所中からヤバい奴って。今回の役はピッタリです。

横溝さん:お爺ちゃんの誕生日とクリスマスを一緒に家族と祝っています!

と、ほんわかいい話。

宮野さんは・・・

宮野さん:大きな踊るサンタ人形が町にあると、一緒にセッション!踊ってました。

と、踊って見せる宮野さん。

かしゆかさん:3人で広島でイベントガールをやってました!サンタさんのへそ出し水着みたいの着てパラパラを踊ってました。

と、驚きの過去を!すると

宮野さん:セッションしたいな~。

大泉さん:サンタの衣装で思いましたが・・・大学時代に彼女にサンタの衣装を着せようとして怒られました!セッションしてくれなかった!

と自爆!

クリスマスに何を計画しているのか?

大泉さん:今年は、家族でスキーにでも行きたいですね。

杏さん:毎年、七面鳥とケーキも焼いて。三人の子供たちがマネして唄を歌ってくれるんです。

横溝さん:家に大きなクリスマスツリーがあるらしいので、それを飾ってみんなでお祝いします!

と話します。

グリンチの声を吹き込んで

大泉さん:苦労したところもありまして、カンバーバッチさん細かいところまで入れてるので、でも殆どカンバーバッチさんになってます!120点です!

かしゆかさん:そのまま、大泉さんでした!ずーっとぼやいてて、大泉さんなので自然と入ってきました!

と言うPerfumeさんは日本版イメージソング「Tiny Baby」の振付を指南!

のっちさん:愛想ってなーに?というひねくれたところがポイントです!

あーちゃんさん:パーグーパーグーって



と、教えてくれて

最後は皆でフォトセッション!

映画情報どっとこむ ralph 映画『グリンチ』
原題:『The Grinch』
12月14日(金) 全国ロードショー!!

フーの村に住む人々はみんな陽気でクリスマスが大好き。けれど村の北にある洞窟で暮らすグリンチはクリスマスが大嫌い。今年は食料が底につき、村まで調達しに向かったものの、クリスマスを待ち遠しそうに笑いあう村人たちが憎くて憎くて仕方ないグリンチは、「村からクリスマスを盗んでやる!!」と心に決めて、大計画に乗り出すが…。果たして村の人々はグリンチによってクリスマスを盗まれてしまうのか!?

***********************************

日本語吹替え:大泉洋 杏 秋山竜次(ロバート) 横溝菜帆 宮野真守
プロデューサー:クリス・メレダンドリ
監督:ヤーロウ・チェイニー、スコット・モシャー
オリジナル版:声の出演:ベネディクト・カンバーバッチ
全米公開:11月9日(月)
配給:東宝東和 
©2018 UNIVERSAL STUDIOS




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

大泉洋 グリンチ風!?にボヤキまくり!『グリンチ』 吹替え版製作発表会見


映画情報どっとこむ ralph 『ミニオン』『ペット』『SING/シング』のイルミネーション・エンターテインメントが、満を持して贈る最新の長編アニメは、偉大な絵本作家ドクター・スースの名作『グリンチ』!

アメリカではサンタクロースに並ぶ“クリスマスの代名詞”ともなっている国民的キャラクターあのイルミネーション最新作としてこの冬、日本にやってきます!

世界中で愛される超ひねくれもの”グリンチ”の吹替えキャストには、日本が誇るバラエティ豊かなキャストが大集結!

この度、本作の超豪華吹替えキャスト大泉洋さん、杏さん、ロバート秋山竜次さん、横溝菜帆さん、宮野真守さんら登壇の<吹替え版製作発表会見>が登壇しました。

会見に登場したのは、超ひねくれ者の主人公グリンチ役の大泉さん、グリンチの心を変える少女シンディ・ルーのママ、ドナ役の杏さん、クリスマスが大好きでとにかく陽気なグリンチの隣人ブリクルバウム役のロバート秋山さん、グリンチと心を通わせるお母さん想いの優しい少女シンディ・ルー役の横溝菜帆さん、全編を通してグリンチを優しく見守るナレーター役の宮野さんといった豪華面々。

会見ではこの冬一番のひねくれ超大作に挑んだそれぞれのお気持ちをお伺いするほか、全世界で日本だけ特別に解禁が許可された豪華キャストの吹替えありの世界最速本編シーンをみんなで鑑賞!さらには、本作に登場するひねくれる前のつぶらな瞳がキュートで愛らしいグリンチの幼少期“ベイビーグリンチ”にちなみ、ベイビーグリンチのようなピュアさを垣間見せるキャスト陣の幼少期の写真を大公開!さらにさらに、本国で主人公グリンチの声を担当しているハリウッドスター、ベネディクト・カンバーバッチから大泉洋さんへの特別メッセージ映像も到着!!!

劇中で、“とんでもないものを盗み出す”という予想外のいたずらを仕掛けるグリンチのように、予想外の嬉しいサプライズや驚きが満載で大盛り上がりの幕開けイベントとなりました。

映画『グリンチ』吹替え版製作発表会見 
日時:9月13日(木)
場所:ザ・ペニンシュラ東京
登壇:大泉洋(グリンチ役)、杏(ドナ役)、ロバート秋山竜次(ブリクルバウム役)、横溝菜帆(シンディ・ルー役)、宮野真守(ナレーター役)

映画情報どっとこむ ralph クリスマスが大嫌いな超ひねくれ者!!というだけでなく、全身緑色の毛に覆われたおかしな風貌も特徴的なグリンチをイメージして、フサフサの緑の毛がみっちりと装飾された特別仕様のステージと椅子が設置されたイベント会場。

MCの呼び込みによって大泉洋さん、杏さん、ロバート秋山竜次さん、横溝菜帆さん、宮野真守さんが登場!ステージは大きな拍手とフラッシュの嵐に包まれました!

早速、主人公のグリンチの声を務めた大泉さんがその座り心地について問われると、

大泉さん:まあ普通ですかね。そこまで良いっていうわけでもなく…(笑)グリーンバックかと思うくらいにステージが緑で、今日はCGを撮影する日なのかな?背景は透明になるのかな?と思いました!

と、グリンチばりのボヤキを披露し、早速会場は笑いに包まれました。


そして、それぞれキャラクターの服をイメージした衣装で登場!

大泉さん:僕だけ全身グリンチ色の緑で浮かないかなと思いながら、みんなと会ってみたらこんなに寄せている人たちが…

と秋山さんをチラリ。自身が演じるブリクルバウムと全く同じ柄・色のニットという完ぺきなコーディネートで登場して

秋山さん:これもうただの実写化ですよね、同じような色とかではなく、そのまんまブリクルバウムです!

とコメント。杏さんも自身が演じるドナと同様の紫色の衣装で現れ、

杏さん:この服は特別にドナに合わせて作っていただいたんですよ!

と目を輝かせました。

映画情報どっとこむ ralph 改めて、MCに実際にアフレコに挑戦してみての感想について問われ

大泉さん:グリンチは結構なひねくれ者のキャラクターなんですが、周りからピッタリの役だといわれて若干複雑な思いがあります。(笑)アフレコ収録はもう6日ほど行っているのですが、とんでもなく難しいと感じます。本国ですでに吹替えを済ませているカンバーバッチのお芝居に合わせないといけないみたいなのですが、そのこだわりがすごい。グリンチが”シー!シー!”っていいながら、こっそり階段を上っていて、足もとを映しているシーンなんですが…、”シーシーシー!”ってやっていたら“シー!”が一個足りないと言われました!彼は本国の方なので、好き勝手できますけどもね、合わせる僕は必死ですよ!…と、ぼやいちゃいましたけど、それくらいやりがいのある役でした(笑)

とコメント。

グリンチの心を変える少女シンディ・ルーのママ、ドナの声を務めた杏さんは

杏さんは:双子の子供を持つ母親の役が普段の自分にも重なるということでオファーをいただきました。テスト台本でも双子のお母さんあるあるをわたしから提案させていただきました!もともとの台本では双子を呼ぶときに”お兄ちゃん、弟くん”ってなっていて、日本でも双子に対してどっちが上なの?ってよく聞かれるのですが、親としては子供たちに兄と弟ということを意識させたくないんですよね。セリフを変えるというのは簡単なことではなかったようなのですが、本国に相談させていただいて、本編ではそれぞれの名前を呼ぶことにしてもらいました。

と、双子の子を持つ杏さんならではのこだわりエピソードをコメントと明かすと、

大泉さん:そんなに自由効きました?”シー!”を一個減らしたいって言えばよかったな…!

と大泉さん。続けて、クリスマスが大好きでとにかく陽気なグリンチの隣人ブリクルバウムの声を務めた秋山さんは

秋山さん:ブリクルバウムはどの町にもひとりいるギリギリの陽気なおじさんですね。めちゃくちゃ笑うシーンがあるので、大変でした。あらゆる隙間にハハハハッって入れたりとか。僕がこのキャラクターを演じるときも、本国に確認するってスタッフの方が何度も何度も仰っていました。僕も昔から本国が好きで、いつか本国で仕事をしたいと思っていたので嬉しかったです。(笑)

とコメントし、会場に笑いが沸きました。グリンチと心を通わせるお母さん想いの優しい少女シンディ・ルーの声を務めた横溝さんは

横溝さん:わたしが大好きなイルミネーション作品に出られてとっても嬉しいです。

とコメント。またイルミネーション作品常連で、本作では全編を通してグリンチを優しく見守るナレーターを務め、これからアフレコ収録を控え

宮野さん:台本を読ませていただいたときに、グリンチの気持ちに一番寄り添えるのがナレーターだなと感じたので、劇中でグリンチがどんな気持ちでいるののか、表現していきたいなと思います。

と意気込みを語りました。

映画情報どっとこむ ralph 本編が鋭意製作中ということで、予告編以外の映像がまだ一切世に出ていないという本作ですが、今回はこの日本のイベントのためだけに全世界最速で特別に吹替え版の本編映像を解禁することに!上映されたのは、横溝さん演じるシンディー・ルーが浮き輪に乗って、雪の積もった街を勢い良く滑り、大泉さん演じるグリンチと衝突するシーン。笑顔でモニターを見守っていた面々は初めての吹替え版本編映像に大興奮!大泉さんが横溝さんへ

大泉さん:かわいかったね!たくさん滑るところを演じるの大変だったでしょう?本国になにも言われなかったの?」といたずらに尋ねると、横溝さんは「何回も何回も一生懸命やりました。

と笑顔でコメント。会場は和やかな空気に包まれ、

大泉さん:これは本国も何も言わないでしょう!

と大絶賛しました。

イルミネーションの最新作に出演が決まったことについてのお子さん反応についてMCが問うと

秋山さん:うちの子供は”本国に気に入られるといいね!”と言っていましたね。喜んでいますよ。早く見せたいです!

とコメント。

大泉さん:子供たちには“やってやって!”って言われていますね。“いじわるな人だよ”って伝えているけど、“最後はいい人になるんでしょう?”と聞かれていて、“そうなるかはわからんぞ”と仲良く話しています。

杏さん:まだ子供たちは2歳なのですが、台本がグリンチのかわいいイラストになっていて、見つかると遊ばれてしまうので、内緒にして隠していました!

と明かしており、キャスト陣の子供たちからも本作はすでに気に入られている様子!

またクリスマスが大嫌いなグリンチの“クリスマスを盗む”驚きのいたずら計画が描かれる本作にちなみ、登壇者のなかで“この人のココを盗みたい!”と思うものについて問われると、

杏さん:大泉さんのおもしろさをちょっとでも盗みたいと思います。出演されているほかの作品や、お芝居以外のものも拝見しているのですが、どちらもおもしろくて尊敬できるなと思っています。

大泉さん:宮野さんの技ですね。声優の仕事はいくつかやらせていただいているんですけど、やっぱり難しいです。宮野さんはいろんな声を使い分けたりしていてすごいですね…。

と明かすと、

宮野さん:僕も何度も家で練習していますが、時間はかかるものだと思います!グリンチもいろんなバリエーションの声があってすごいなと思いました。声を合わせるときは、一旦新鮮な気持ちで音に合わせるほうに集中してみてもといいと思います!

とアドバイス。

宮野さん:大泉さんとお会いして、初めましてなのに、素敵な空気を作ってくださったので、僕は大泉さんの好感度や空気感を盗みたいです。

と明かし、

横溝さん:杏さんの綺麗で細い脚。

と照れながらでコメントし、その可愛らしさからまたもや会場の全員が笑顔に。

秋山さん:菜帆ちゃんの純粋な可愛らしさですかね。僕は遠近法を使って、6歳として稼働するときがあるのですが、やっぱり40歳の目なので、菜帆ちゃんみたいに6歳の純粋な目を盗みたいなと思います。

とコメントしました。

ここで、いまではすっかり超が付くほどのひねくれ者であるものの、子供のころはとても純粋で可愛らしく、つぶらな瞳がチャーミングだったグリンチにちなみ、キャスト陣の子供時代にも振り返るミニコーナーがスタート!

大泉さんは写真を見ながら自身の幼少期を振り返り、

大泉さん:子供のころは、記憶にある限り、人を笑わせることが好きで、当時はそのことばっかり考えていましたね。

杏さん:キリスト教の幼稚園に通っていたんですが、クリスマスのページェントっていう劇のマリア様役を真似してやっていました。内気な性格だったのですが、クリスマスが大好きで讃美歌もよく歌っていましたね。

秋山さん:秋山3兄弟の写真です。みんな2歳、3歳の写真ですけど、僕だけ小学校高学年の写真を選んでしまいました。この頃の僕はもうすでに出来上がっていて、日焼けすれば梅宮辰夫さんになれると思いますね(笑)

宮野さん:子役の時の宣材写真で、6歳くらいの頃です。前髪が乱れていて恥ずかしいです(笑)

と説明。ベイビーグリンチに負けないピュアな写真の数々にマスコミ一同もうっとりしました。

さらにここで、本国で主人公グリンチの声を担当しているハリウッドスター、ベネディクト・カンバーバッチから大泉洋さんへの特別メッセージ映像が到着していることが明らかに!!!

大泉さん:なになに?本国から何か来てるの?

と驚くなか、公開された映像ではベネディクト・カンバーバッチから

カンバーバッチさん:こんにちは、大泉洋さん!グリンチ役のベネディクトです。大泉洋さんは日本で大人気でグリンチよりひねくれていると聞きました。本当ですか?実際にお会いしたときにお話しましょうね、グリンチ同士で!

というコメントが!大泉さんに向けられたとてもレアなコメントに

大泉さん:おお!かっこいい!!!こういうのあるならいってよ…イベント冒頭からディスちゃったよ。しかもすでにひねくれって伝わっちゃってるよ!これ、あとで僕用にデータをください(笑)

と興奮気味に明かしました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・・

大泉さん:いまイベント前半でこの仕事についてぼやいたことを後悔しています(笑)声を入れてるときに映像を見て思ったのは、本当にすべて細かいんですよね。本当にクオリティが高くて、アニメとは思えないくらい表情が繊細なんです。そうすると、役者として自分のお芝居になかなか納得できないところも出てきて、監督にOKと言われても、”もう一回やらせてくれ”ってこだわりたくなるんです。もちろん、お子さんが見たら面白いですし、大人でも絶対に楽しめるシーンの連続でございます。ここでわざわざ言わなくても馬鹿みたいに当たるんでしょう?って思えます!本国も頑張っていると思いますけど(笑)、ぜひ吹替えでもお楽しみください!

とコメント。

劇中で、“とんでもないものを盗み出す”という予想外のいたずらを仕掛けるグリンチのように、予想外の嬉しいサプライズや驚きが満載で大盛り上がりの幕開けイベントとなりました!

グリンチ
原題:『The Grinch』

フーの村に住む人々はみんな陽気でクリスマスが大好き。けれど村の北にある洞窟で暮らすグリンチはクリスマスが大嫌い。今年は食料が底につき村まで調達しに向かったものの、案の定みんなはニコニコ笑顔で大騒ぎ。クリスマスを待ち遠しそうに笑いあう村人たちが憎くて仕方ないグリンチは「村からクリスマスを盗んでやる!!」と心に決めて、大計画に乗り出すが…。

***********************************



良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

高畑裕太にロバート秋山が突っ込み!『ヘイル、シーザー!』


映画情報どっとこむ ralph 5月13日(金)より公開となります、コーエン兄弟最新作『ヘイル、シーザー!』。

この度映画の公開を記念して、俳優・高畑裕太さん、お笑いトリオ・ロバートの秋山竜次さんが登壇する劇中の抱腹絶倒シーン再現の公開アフレコイベントを実施しました!
ヘイル、シーザー!高畑&秋山
本作で特に観客の笑いを誘うのは、演技がどヘタなアクション俳優ホビー・ドイル(アルデン・エーレンライク)と映画監督ローレンス・ローレンツ(レイフ・ファインズ)との一連の演技指導。
田舎者丸出しで訛りが抜けないホビーに頭を抱えながらも、根気強く正しい発音を叩き込むローレンツ監督のシーンは、微笑ましくも思わず笑ってしまうユーモアたっぷりの名シーンです。
?list=PLqweJEtUzWiIe2crhyLwS5mnOQsbVDYcI

映画『ヘイル、シーザー!』公開記念 公開アフレコイベント
日程:5月12日(木)  
場所:東京テレビセンター
登壇者:高畑裕太 ロバート・秋山竜次

映画情報どっとこむ ralph MCの呼び込みでまず登場したのは秋山さん。監督役という事で、ジャケットに身を包み姿を現した秋山さん!

秋山さん:300人ぐらいお集まりいただいて命を賭けて役作りをしました。新人入って来い!

という呼び込みとともに高畑さんが登場!セリフが上手くいえない新人俳優の役としてビシッとスーツを着込んだ高畑さんですが、最初から役に入りすぎたのか舞台の段差につまずきながら

高畑さん:役者として精一杯頑張ります。

と訛った口調で挨拶。

秋山さん:キャラに入るのはアフレコが始まってからで良いんだよ!

と突っ込み会場が笑いに包まれ、アフレコスタート!

ヘイル、シーザー!高畑&秋山アフレコ
モニターに写される予告映像に合わせ、監督と新人俳優のやりとりを行う二人。

「なぜだかね」と軽やかに言うべきシーンで

高畑さん:なぜだかに。

と訛ってしまう高畑さんに秋山さんがセリフの演技指導します。しかしどうしても訛ってしまう高畑さんにイライラが募る秋山さん。二人の演技はヒートアップし、

秋山さん:からかってんだろ!

というの罵声とともに1回目のアフレコが終了。

そして、二回目。今度は予告映像に上手く合わせてやり取りを行い、会場は大きな笑いが起きました。

映画情報どっとこむ ralph アフレコ収録終了後は、トークセッションを実施。初めての映画のイベントで、初めてのアフレコ挑戦だった本イベントについて
高畑さん:光栄だった。
自身の訛りに自信がなかったとコメントするも

秋山さん:大分オーバーだぞ!!

と突っ込み。このオファーをもらい、訛りかたに悩んでいた高畑さんは、ガッツ石松さんから電話をもらった際、その口調に「これだ!」とヒントを得たというエピソードを明かしました。

対する秋山さんは、今回のアフレコについて

秋山さん:やり取りは100点です。映画は本当にこういう訛りなんですよ。

と高畑さんを褒めると、

高畑さん:秋山さんは優しくて話しやすいんです。

と互いを褒めあいました。

ヘイル、シーザー!高畑&秋山2

映画情報どっとこむ ralph 今回、監督役を務めた秋山さんに「誰を指導してみたいですか?」という質問が飛ぶと熟女好きな

秋山さん:高畑敦子さんを写真を撮ってみたい。

高畑さん:お父さんと呼ばせてください。

と予想外の回答。これに困惑した

秋山さん:否定してくれないと困るよ~

と突っ込みをいれました。

今後の野望をきかれ

高畑さん:一生役者業をやっていき、自分を観ている人の想像を大きくしていきたい。

本作に出演するスカーレット・ヨハンソンが、本作の監督であるコーエン兄弟の作品に時を経て再出演したことを引き合いに出し、そういった監督と出会って仕事をしていきたいと生真面目な部分を見せました。

秋山さんはおなじみの体モノマネに使える新しいTシャツを開発したことを告白。
世界的にヒットさせ、財産を築きたいと野望を明かしました。
ヘイル、シーザー!高畑&秋山3

映画情報どっとこむ ralph 最後に本作の見所を聞かれ

高畑さん:ハリウッド映画の主役級のスターたちが。全部が見所です。

秋山さん:長年コンビを続けているような面白い掛け合いです。

と回答し、豪華スターの共演が実現した本作をしっかりアピールしました。フォトセッション中もマスコミの要望に、コンビのような息の合ったポージングを行った二人。二人の掛け合いに大笑いが起こる、大盛り上がりのイベントとなりました!

ヘイル、シーザー!

原題:Hail,Caesar! 

5月13日(金) TOHOシネマズ シャンテ他 全国ロードショー

公式サイト:
http://hailcaesar.jp/
公式Twitter:
https://twitter.com/HailCaesarJP
公式Facebook:
https://www.facebook.com/HailCaesarJP/

***********************************

監督・脚本・製作:
ジョエル&イーサン・コーエン
『ファーゴ』、『ビッグ・リボウスキ』、『ノーカントリー』、『トゥルー・グリット』

キャスト:
ジョシュ・ブローリン、ジョージ・クルーニー、アルデン・エーレンライク、レイフ・ファインズ、ジョナ・ヒル、スカーレット・ヨハンソン、フランシス・マクドーマンド、ティルダ・スウィントン、 チャニング・テイタムほか
配給:東宝東和 
全米公開:2月5日 
(C) Universal Pictures
  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ