「レディ・バード」タグアーカイブ

『レディ・バード』ポスタービジュアルが完成


映画情報どっとこむ ralph 『ブルックリン』のシアーシャ・ローナンが主演を務め、『20センチュリー・ウーマン』のグレタ・ガーウィグが単独監督デビューを飾り、自伝的要素を織り込んだオリジナル脚本も手掛けた『レディ・バード』が6月全国公開となります。 本年度アカデミー賞®最有力の本命に躍り出た本作が遂に日本公開!

青春の輝きと痛みを知る全ての人に贈る、誰もが共感して心震わせる新たな傑作の誕生!

この度、本作のポスタービジュアルが完成!
規律の厳しいカトリック系高校の十字架をバックに、クリスティンがまっすぐに前を見つめる姿が印象的。彼女の視線の先にはどんな未来が待ち受けているのかということを想像 させるようなビジュアル。

また、公開前から既に話題となっている個性的な “レディ・バード”スタイルにも注目。美しいブロンド・ヘアがトレードマークのシアーシャだが、見た目はパンクな女子高生の役作りの為、派手なピンク色に髪を染めている。さらに、 乙女心をくすぐる彼女のファッションも魅力的なものが多く、見所の一つとなってます。

映画情報どっとこむ ralph レディ・バード
HP:http://ladybird-movie.jp
TW:@ladybirdmoviejp

2002 年、カリフォルニア州サクラメント。
閉塞感溢れる片田舎のカトリック系高校から、 大都会ニューヨークへの大学進学を夢見るクリスティン(自称“レディ・バード”)。
高校 生活最後の 1 年、友達や彼氏や家族について、そして自分の将来について、悩める 17 歳の少女の揺れ動く心情を瑞々しくユーモアたっぷりに描いた超話題作! 全米 4 館で限定公開され、1 館当たり約 9 万ドルを超えるスマッシュ・ヒット!また、口 コミで徐々に話題を呼び、全米 1,557館で拡大公開され、累計約4,300 万ドルを超 えて 5 週連続トップ 10 入り!そして、米映画レビューサイト“ロッテン・トマト”で映画批 評家 164 人から 100%大絶賛され、『トイ・ストーリー2』を抜いて 18 年ぶりに新記録 更新!さらに、ゴールデン・グローブ賞で作品賞&主演女優賞2部門受賞し、各映画 賞席巻の累計82部門受賞&177部門ノミネート!日に日に注目度を増し、青春の輝きと痛みを 知る全ての人に贈る、誰もが共感して心震わせる新たな傑作がここに誕生しました!

***********************************

監督・脚本:グレタ・ガーウィグ
出演:シアーシャ・ローナン、ローリー・メトカーフ、トレイシー・レッツ、ルーカス・ヘッジズ、ティモシー・シャラメ、 ビーニー・フェルドスタイン、スティーヴン・マッキンリー・ヘンダーソン、ロイス・スミス
配給:東宝東和
作品&映像
© 2017 InterActiveCorp Films, LLC.
画像:Merie Wallace, courtesy of A24


『レディ・バード』第 90 回アカデミー賞作品賞®主要 5 部門ノミネート


映画情報どっとこむ ralph 1月23日(火)に、第90回アカデミー賞®のノミネーションが発表され、下記の通り 『レディ・バード』が作品賞を含む主要 5 部門にてノミネートを果たしました!

作品賞
主演女優賞(シアーシャ・ローナン)
助演女優賞(ローリー・メトカーフ)
監督賞(グレタ・ガーウィグ)
脚本賞(グレタ・ガーウィグ)


映画情報どっとこむ ralph 作品賞に関しては、本年度ゴールデン・グローブ賞作品賞に輝いた勢いそのままに、堂々ノミネート!

主演女優賞に関しては、若干 23 歳にも関わらず、演技派女優として活躍し、本作で主人公クリスティン(レディ・バード)役を務め、 本年度ゴールデン・グローブ賞主演女優賞を獲得したシアーシャ・ローナンが、『つぐない』(第 80 回アカデミー賞®助演女優賞ノミネ ート)&『ブルックリン』(第 88 回アカデミー賞®主演女優賞ノミネート)に続き、2 回目の主演女優賞ノミネート&3 回目のアカデミ ー賞®ノミネートを果たしました!

助演女優賞に関しては、映画&テレビ&舞台などで、実力派女優として認められ、本作で母親マリオ ン役を演じ、本年度ゴールデン・グローブ助演女優賞にもノミネートされたローリー・メトカーフが、初ノミネートを達成しました!

監督賞&脚本賞に関しては、個性派女優として注目され、次世代クリエイターとしても多彩な才能を発揮し、本作で単独監督デビュ ー&オリジナル脚本執筆も手掛け、本年度ゴールデン・グローブ賞脚本賞にもノミネートされたグレタ・ガーウィグが、初のダブル・ノミネー ト入りの快挙!

授賞式は 3月4日(日)(日本時間 3 月 5 日(月))!
ご注目下さい!


レディ・バード
公式HP:
http://ladybird-movie.jp
公式TW:
@ladybirdmoviejp

物語・・・
2002 年、カリフォルニア州サクラメント。閉塞感溢れる片田舎に暮らすカトリック系高校から、大都会ニューヨークへの 大学進学を夢見るクリスティン(自称“レディ・バード”)。高校生活最後の1 年、友達や彼氏や家族について、そして自分の将来につ いて、悩める17 歳の少女の揺れ動く心情を瑞々しくユーモアたっぷりに描いた超話題作!


全米 4 館で限定公開され、1 館当たり約 9 万ドルを超えるスマッシュ・ヒット!また、口コミで徐々に話題を呼び、全米 1,557 館で拡 大公開され、累計約 3,900 万ドルを超えて 5 週連続トップ 10 入り!そして、米映画レビューサイト“ロッテン・トマト”で映画批評家 196 人から 100%大絶賛され、『トイ・ストーリー2』を抜いて 18 年ぶりに新記録更新!さらに、ゴールデン・グローブ賞で作品賞&主演女優賞 2 部門受賞し、各映画賞席巻の累計 90 部門受賞!日に日に注目度を増し、本年度アカデミー賞®最有力の本命に躍 り出た本作が遂に日本公開決定!青春の輝きと痛みを知る全ての人に贈る、誰もが共感して心震わせる新たな傑作がここに誕生し た!

***********************************


監督・脚本:グレタ・ガーウィグ 出演:シアーシャ・ローナン、ローリー・メトカーフ、トレイシー・レッツ、ルーカス・ヘッジズ、ティモシー・シャラメ、 ビーニー・フェルドスタイン、スティーヴン・マッキンリー・ヘンダーソン、ロイス・スミス 配給:東宝東和
作品&映像クレジット:© 2017 InterActiveCorp Films, LLC.
画像クレジット:Merie Wallace, courtesy of A24


口コミ系ヒットの『レディ・バード』が第75回ゴールデン・グローブ賞 作品賞&主演女優賞<シアーシャ・ローナン>2部門受賞


映画情報どっとこむ ralph ロサンゼルスのビバリー・ヒルトン・ホテルにて第75 回ゴールデン・グローブ賞授賞式が行われ、 6 月に日本で公開の『レディ・バード』が、作品賞(ミュージカル/コメディ部門)、主演 女優賞<シアーシャ・ローナン>(ミュージカル/コメディ部門)の2部門にて受賞しました!

本作で主人公クリスティン(レディ・バード)役を演じ、主演女優賞(ミュージカル/コメディ部門)を獲得したシアーシャ・ローナンは『つ ぐない』(第75回助演女優賞ノミネート)、『ブルックリン』(第73回主演女優賞(ドラマ部門)ノミネート)では惜しくも受賞を逃したものの、今回は3度目の正直で初受賞を果たした。
また、本作で単独監督デビュー&オリジナル脚本を手掛けたグレタ・ガーウィグは『フラン シス・ハ』(第 71 回主演女優賞(ミュージカル/コメディ部門)ノミネート)以来で今回は脚本賞に初ノミネートされ、残念ながら受賞は出来なかったものの、見事に作品賞(ミュージカル/コメディ部門)で初受賞を飾った。

そして、受賞には至りませんでしたが、主人公の母親マリオン役を演じたローリー・メトカーフは「Roseanne(原題)」(第 50 回・第 52 回助演女優賞(シリーズ/ミニシリーズ/テレビ映画部 門)ノミネート)以来で今回は映画部門の助演女優賞に初ノミネート、主人公の彼氏カイル役を演じたティモテ・シャラメは『君の名前で 僕を呼んで』で主演男優賞(ドラマ部門)に初ノミネートされるなど、『レディ・バード』チームがゴールデン・グローブ賞授賞式を大いに賑わすことになりました。


レディ・バード
Lady Bird(原題)

カリフォルニア州サクラメント。閉塞感溢れる片田舎に暮らすカトリック系女子高生のクリスティン(自称“レディ・バード”)。
高校生活最 後の年、友人やボーイフレンドについて、家族について、そして自分の将来について、悩める 17 歳の少女の揺れ動く心を瑞々しくユーモ アたっぷりに描いた話題作。

ladybird-movie.jp

***********************************


監督・脚本:グレタ・ガーウィグ
出演:シアーシャ・ローナン、ローリー・メトカーフ、トレイシー・レッツ、ルーカス・ヘッジズ、ティモテ・シャラメ、 ビーニー・フェルドスタイン、スティーヴン・マッキンリー・ヘンダーソン、ロイス・スミス

配給:東宝東和
© Universal Pictures
   


原題Lady Birdが邦題『レディ・バード』として 2018 年6月に日本公開決定!


映画情報どっとこむ ralph 『ブルックリン』のシアーシャ・ローナンが主演を務め、『20 センチュリー・ウーマン』のグレタ・ガーウィグが 単独監督デビュー&オリジナル脚本も手掛けた、『Lady Bird(原題)』が『レディ・バード(邦題)』として 2018 年 6 月に日本公開が決定しました!

2017年11月、全米4館での限定公開にも関わらず1館当たり約9万ドルを超えるスマッシュ・ヒットで年間記録更新!

また、口コミ で徐々に話題を呼び、全米 1,557 館で拡大公開され、2017 年 12 月下旬時点で累計約 2,800 万ドルを超えて 5 週連続トップ 10入り!そして、2017年11月下旬時点で米映画レビューサイト“ロッテン・トマト”にて映画批評家164人から100%大絶賛され、 『トイ・ストーリー2』を抜いて 18 年ぶりの新記録更新!さらに、各映画賞で多数受賞し、ゴールデン・グローブ賞作品賞(ミュージカル /コメディ部門)・主演女優賞(ミュージカル/コメディ部門)・助演女優賞・脚本賞 4 部門にノミネートされるなど、日に日に注目度 を増し、本年度アカデミー賞®最有力の呼び声も高い本作が遂に日本に上陸です!

映画情報どっとこむ ralph カリフォルニア州サクラメント。閉塞感溢れる片田舎に暮らすカトリック系女子高生のクリスティン(自称“レディ・バード”)。

高校生活最 後の年、友人やボーイフレンドについて、家族について、そして自分の将来について、悩める 17 歳の少女の揺れ動く心を瑞々しくユーモ アたっぷりに描いた話題作。
『つぐない』でアカデミー賞®助演女優賞にノミネート、『ブルックリン』でもアカデミー賞®主演女優賞にノミネートされるなど、若干23歳に も関わらず演技派女優として活躍するシアーシャ・ローナンが、本作の主人公クリスティン(レディ・バード)役を演じている。また、 『トイ・ストーリー』シリーズのローリー・メトカーフが母親マリオン役、『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』のトレイシー・レッ ツが父親ラリー役、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』のルーカス・ヘッジズが彼氏ダニー役、『君の名前で僕を呼んで』のティモテ・シャ ラメが彼氏カイル役を演じるなど、新旧実力派俳優が勢揃い!そして、『フランシス・ハ』(共同脚本・主演)でゴールデン・グローブ賞 主演女優賞(ミュージカル/コメディ部門)にノミネート、『20 センチュリー・ウーマン』(出演)でも各映画賞で助演女優賞に多数ノミ ネートされるなど、次世代クリエイター/個性派女優として多彩な才能を発揮するグレタ・ガーウィグが、本作で念願の単独監督デ ビューを果たし、自伝的要素を織り込みながらオリジナル脚本も手掛けている。青春の輝きと痛みを知る全ての人に贈る、誰もが共感し て心震わせる新たな傑作がここに誕生致しました!

映画情報どっとこむ ralph 主演:シアーシャ・ローナン×監督・脚本:グレタ・ガーウィグ レディ・バード Lady Bird(原題)

ladybird-movie.jp

アカデミー賞®前哨戦を席巻中!

ゴッサム・インディペンデント映画賞 女優賞受賞/ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞 監督賞・助演女優賞受賞 ニューヨーク映画批評家協会賞 作品賞・主演女優賞受賞/ロサンゼルス映画批評家協会賞 助演女優賞・新人賞受賞 ワシントン D.C.映画批評家協会賞 助演女優賞受賞/ボストン・オンライン映画批評家協会賞 助演女優賞受賞 サンフランシスコ映画批評家協会賞 助演女優賞受賞/ボストン映画評論家協会賞 助演女優賞・脚本賞受賞 トロント映画批評家協会賞 監督賞・助演女優賞受賞/フィラデルフィア映画批評家協会賞 エレイン・メイ賞受賞 アトランタ映画批評家協会賞 助演女優賞受賞/サンディエゴ映画批評家協会賞 監督賞・助演女優賞受賞 ニューメキシコ映画批評家協会賞 監督賞受賞/シカゴ映画批評家協会賞 作品賞・主演女優賞・助演女優賞・有望監督賞受賞 ダラス・フォートワース映画批評家協会賞 脚本賞受賞/フェニックス批評家サークル賞 助演女優賞・脚本賞受賞 カンザスシティ映画批評家協会賞 助演女優賞受賞/セントルイス映画批評家協会賞 助演女優賞受賞 ノーステキサス映画批評家協会賞 助演女優賞受賞/シアトル映画批評家協会賞 主演女優賞・助演女優賞・脚本賞受賞 バンクーバー映画批評家協会賞 作品賞・主演女優賞・助演女優賞受賞 インディアナ映画ジャーナリスト協会賞 作品賞・脚本賞・監督賞・主演女優賞・助演女優賞・ブレイクアウト賞受賞 サウスイースタン映画批評家協会賞 助演女優賞受賞/ラスベガス映画批評家協会賞 助演女優賞受賞 ロサンゼルス・オンライン映画批評家協会賞 女性監督賞・若手俳優賞・インディペンデント映画賞受賞 女性映画批評家協会賞 女性映画賞・女性監督賞・女性脚本賞受賞 (※2017 年 12 月 24 日(日)時点)
是非とも本ニュースをお取り上げ頂けますよう、ご検討の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

***********************************


監督・脚本:グレタ・ガーウィグ
出演:シアーシャ・ローナン、ローリー・メトカーフ、トレイシー・レッツ、ルーカス・ヘッジズ、ティモテ・シャラメ、 ビーニー・フェルドスタイン、スティーヴン・マッキンリー・ヘンダーソン、ロイス・スミス

配給:東宝東和
© Universal Pictures