「レッドカーペット」タグアーカイブ

三吉彩花、国際映画祭のレッドカーペットデビュー『ダンスウィズミー』第22回上海国際映画祭


映画情報どっとこむ ralph 現地時間:6/15 18時30分ごろ、中国・上海にて行われている【第22回上海国際映画祭】のレッドカーペットに、『ダンスウィズミー』のヒロイン・静香を演じる三吉彩花と、矢口史靖監督が登場しました。

三吉彩花は国際映画祭のレッドカーペットデビューとなり、圧倒的なスタイルと美貌で魅了しました。

『ダンスウィズミー』上海国際映画祭_レカぺ
『ダンスウィズミー』上海国際映画祭・レッドカーペット
日程:6月15日(土)
場所:グランドシアター
登壇:三吉彩花、矢口史靖監督

映画情報どっとこむ ralph 上海国際映画祭のガラ上映部門(特別招待枠)に選ばれている『ダンスウィズミー』の主演・三吉彩花と矢口史靖監督が現地時間6月15日(土)夜に、上海国際映画祭のレッドカーペット上に登場。映画祭のオープニング作品として上映された本作の人気ぶりはすさまじく、煌びやかな真っ白なドレスに身を包んだ三吉彩花さんと矢口史靖監督が登場しました。
『ダンスウィズミー』上海国際映画祭_レカぺ
三吉さんは、台湾初のラグジュアリーブランドshiatzy chen(シャッツィ・チェン)の白いエアリーなドレスでレッドカーペットに登場。

長い手足が映えるシルエットで、端正な顔立ちにより彩りを与えていた。

さらに白くすらりと伸びた美脚も余すところなく披露し、モデルで鍛えたウォーキングでカーペットを闊歩すると、再び世界各国の報道陣からフラッシュを浴びせられ、注目の的に。
『ダンスウィズミー』上海国際映画祭_レカぺ その様子を見ていたファンからは、あまりの美しさにため息交じりの感嘆の声が聞こえ、眩いほどのアジアンビューティーを見せつけた三吉は、レッドカーペット上の全ての人の注目を集め、熱視線を浴びせられていた。

レッドカーペットデビューについて

三吉さん:世界的な映画祭のレッドカーペットを歩くことができ大変うれしく思うと同時に、キラキラした空気感に負けないようオーラ全開で歩きました。全力で挑んだ『ダンスウィズミー』で矢口監督と一緒に歩けた、ということに感激です。夢のようなひとときでした。

と嬉しさを語りました。
『ダンスウィズミー』上海国際映画祭_レカぺ 『ダンスウィズミー』上海国際映画祭_レカぺ
この日は、世界中のスターを一目でも見ようと現地のファンを埋め尽くし中心が会場に押しかけ、大変な盛り上がりを見せた。

映画情報どっとこむ ralph 『ダンスウィズミー』

8月16日(金) 全国ロードショー

公式サイト:
dancewithme.jp

公式ツイッター:
@dancewithmefilm
#ダンスウィズミー 

ダンスウィズミー ストーリー
静香は子供の頃からミュージカルが大の苦手。しかし、とあるきっかけで音楽が聞こえるとミュージカルスターのように歌い踊り出すカラダになってしまう!スマホの音や日常に溢れる音楽に反応し所かまわず歌い踊りだすせいで、順風満帆な人生がハチャメチャに。恋も仕事も失った静香は、原因を探すため日本中を奔走する!しかしその先には、裏がありそうなクセ者たちとの出会いと、さらなるトラブルが!果たして静香は無事に元のカラダに戻れるのか!?旅の終わりに彼女が見つけた大切なものとは…?

***********************************

原作・脚本・監督:矢口史靖(『ウォーターボーイズ』『スウィングガールズ』『ハッピーフライト』)
出演:三吉彩花 やしろ優 chay 三浦貴大・ムロツヨシ 宝田明
企画・制作プロダクション:アルタミラピクチャーズ
配給:ワーナー・ブラザース映画 
©2019「ダンスウィズミー」製作委員会


岡田准一・木村文乃・山本美月・福士蒼汰ら新宿に集結!『ザ・ファブル』レッドカーペット


映画情報どっとこむ ralph 6月21日に公開となる岡田准一主演映画『ザ・ファブル』の完成披露を記念して、新宿のモア4番街でレッドカーペットセレモニーを行い、岡田准一さん、木村文乃さん、山本美月さん、福士蒼汰さん、柳楽優弥さん 向井理さん、安田顕さん、佐藤浩市さん、木村了さん、江口カン監督が登壇して愛情を沸かせました。

映画『ザ・ファブル』レッドカーペット&完成披露試写会
日付:5月13日(月)
場所:
レッドカーペット:新宿モア4番街
舞台挨拶:新宿ピカデリー
岡田准一 木村文乃 山本美月 福士蒼汰 柳楽優弥 向井理
安田顕 佐藤浩市 木村了
江口カン監督

映画情報どっとこむ ralph 200人を超えるファンととんでもない数のマスコミが待つ会場に、ド派手にストレッチリムジン出れたあらわれた御一行。

ですが、主演の岡田さんがいない・・・すると、ハコスカに乗って登場!

岡田さんな木村さんと山本さんを両手に従えてレッドカーペットを歩きながらステージへ

その後ろを男衆が続き

映画情報どっとこむ ralph 岡田准一さん:今日は来ていただいてありがとうございます。笑いありアクションありの、誰もがスカッとできるエンターテインメントが完成しました!是非劇場で観ていたっ抱けたら嬉しいです。

木村文乃さん:お集まりいただきありがとうございます。緊張していましたが今とっても楽しいです。

山本美月さん:今日は頑張ります!

福士蒼汰さん:ポップで明るいエンタメ作品が出来上がりました!面白いと思うので是非劇場で!

柳楽優弥さん:岡田さんとアクションご一緒できて最高でした!!!

向井理さん:天気も何とか。。。最後まで楽しんでいってください。

安田顕さん:長いリムジンに載せていただきまして。。江口監督の独特の感性が光る素晴らしい痛快アクション映画となっています!

木村了さん:楽しい、素敵な作品が出来上がりました!楽しんで下さい。

佐藤浩市さん:バブル期によく見かけたリムジンに乗ることができて幸せでした(笑)

江口カン監督:最高のエンタメ作品になったと思うので、是非劇場に足をお運び下さい。

と、一言挨拶。

映画情報どっとこむ ralph 本作の魅力について、

岡田さん:誰もが笑えるコメディ要素を強く撮りたいと。そしてアクションと原作が持つシビアな部分がうまくまざりあっている映画になっています。

と江口監督の手腕を絶賛。

また、岡田演じる「伝説の殺し屋・ファブル」vs 福士演じる「渋谷系ゆとり世代の殺し屋・フード」という “殺し 屋対決”が実現した本作について、

岡田さん:福士くんがいつか(岡田と)戦う役をやりたいと言ってくれていたので、二人の夢が叶いました。

と語り、会場からは割れんばかりの拍手が!

木村さん:殺し屋って映像にして、わかりやすく楽しく教えてくれる映画です!皆にもてあそばれる柳楽さんが見どころです!

山本さん:始まった瞬間から、お洒落な作品だなと。女性の方にも楽しんでいただける作品になっています。

江口カン監督:撮影時は気付かなかったですけど、あらためて集結するとすごい人達に囲まれた感じですね!緊張しています。

トークセッションの後には写真撮影が行われ、ステージには新たに、本作で岡田さん演じるファブルがペットとして飼うことになるインコの姿が。
ボスの指令をで初めて生き物を飼い始めるというエピソードで登場し、ファブルが普通の人間としての温かい心を取り戻していくきっかけとなるが、かわいらしいインコの登場に壇上の岡田さんも思わず笑顔に!
岡田の左手にインコを乗せたまま、なごやかにフォトセッションが行われた。

この後、御一行様は完成披露舞台挨拶

映画情報どっとこむ ralph ザ・ファブル

笑いとスタイリッシュなアクションが交錯する『ザ・ファブル』。

日本映画の限界を突破した最強エンターテインメントは、6月21日(金)より全国公開!

公式サイト:
http://the-fable-movie.jp/

<STORY>
どんな相手も6秒以内に殺す――。“ファブル(寓話)”と呼ばれる謎の殺し屋(岡田准一)は、裏社会で誰もが「伝説」と恐れる存在だった。しかし、ちょっと仕事をし過ぎた彼に、ボス(佐藤浩市)はある指令を与える。「一年間、一般人として普通に暮らせ。休業中に誰かを殺したら、俺がお前を殺す」
ファブルは、佐藤アキラという偽名を使い、相棒のヨウコ(木村文乃)と共に生まれて初めて一般人として街に溶け込む生活を始める。インコを飼ったり、バイトしたり…。殺しを封じ、《普通》を満喫し始めた矢先、ファブルの命を狙う裏社会の組織や、ファブルに助けを求める者たちが次々に現れ、事態は思わぬ方向へ急発進する!【絶対に殺してはいけない】指令のもと、絶体絶命のピンチを切り抜け平和に暮らせるのか―?!

***********************************


出演:岡田准一
木村文乃 山本美月
福士蒼汰 柳楽優弥 向井理
木村了 井之脇海 藤森慎吾(オリエンタルラジオ) 宮川大輔
佐藤二朗 光石研 / 安田顕 / 佐藤浩市

原作:南勝久『ザ・ファブル』(講談社「ヤングマガジン」連載)
監督:江口カン
主題歌:レディー・ガガ「ボーン・ディス・ウェイ」
    (ユニバーサル ミュージック)
脚本:渡辺雄介
配給:松竹
公開:6月21日(金)
©2019「ザ・ファブル」製作委員会


広島7000人が役所広司 松坂桃李 江口洋介らを出迎え! レッドカーペット『孤狼の血』初日広島篇


映画情報どっとこむ ralph この映画ぶち面白い映画じゃけぇ、みんなたくさん宣伝してくれりゃあええんじゃ!

役所広司 松坂桃李 がバディの刑事!映画 『孤狼の血』が、5月12日(土)に公開を迎え広島県広島市中区えびす通り商店街にて、映 画『孤狼の血』公開記念広島凱旋レッドカーペットを行いました!

先ず、映画公開初日の5月12日(土)に東京で初日舞台挨拶を終えその足で、役所広司さん、松坂桃李さん、江口洋介さん、音尾琢真さん、阿部純子さん、白石和彌監督が広島へ移動!

さいねい龍二さん、沖原一生さんが合流し、広島の街のど真ん中で8 人のキャストと監督がレッドカーペットに登場するイベントが行われました!


映画『孤狼の血』
「公開初日記念レッドカーペット」
日付:5月12日(土)
場所:えびす通り商店街(広島県広島市中区)
登壇:役所広司 松坂桃李 江口洋介 音尾琢真 阿部純子 さいねい龍二 沖原一生 白石和彌(監督)

映画情報どっとこむ ralph 当日レッドカーペットイベントの優先観覧エリアに招待されたのは、公開初日に早くも『孤狼の血』を鑑賞した、先着560(コロウ)名の広島の地元の方々。

しかし当日レッドカーペットが行われるのは、広島の中心部の活気あるえびす通り商店街!

19時開始にも 関わらず豪華キャストが登場することを聞き駆けつけた一般客の皆様が、約2時間も前からえびす通り商店街に集まり始め、 約7,000人にも膨れ上がりキャストが出てくる前にも関わらず、会場は熱狂の渦に包まれていました。

映画情報どっとこむ ralph そんな中、キャストが満を持して登場。

会場はキャストの声が聞こえないほどの大歓声!その時の歓声の大きさを

阿部さん:広島カープが優勝した時と同じぐらいの歓声の大きさだったと聞き感激しました!

とコメント。
主演の役所さん、松坂さん、江口さんも 「商店街でのレッドカーペットは初めてです。」とコメントし、

役所さん:今フランスではカンヌ映画祭がおこなわれていますが、 そのカンヌのレッドカーペットも、今日のレッドカーペットにはかなわないんじゃないでしょうか1

とコメントすると会場は大興奮!
そして約70メートルものレッドカーペットを歩き切ったキャスト陣を代表し、役所、松坂、江口がこの日集まってくれた約 7,000人もの広島の人々に、それぞれ感謝の気持ちを述べました。

役所さん:この映画は広島の皆様のご協力があって完成しました。撮影のときは大変お世話になりました。どうかこの『孤狼の 血』を応援してください!

と感謝の気持ちを述べ、

松坂さん:撮影から1年経ちました。撮影中も広島のみなさんの愛を感じていましたが、本日のレッドカーペットでも改めてその愛を感じました。やっとこの映画を皆様に届けることができてとてもうれしい です。まさに“広島じゃけぇ、何をしてもええんじゃ”というほどの熱量を感じました。是非この映画を観てくださるとうれしいで す。」とコメント。さらに江口は「撮影中に呉の街に繰り出すと、どれだけ広島の方々にこういった“極道の映画”が根付いて いるかということが実感できました。この土地でなければこの映画はできなかったと思いますし、この映画をやっと広島に 持ってこられたことをうれしく思います。

と語りました。

映画情報どっとこむ ralph そして最後の挨拶を求められた

役所さん:この映画ぶち面白い映画じゃけぇ、みんなたくさん宣伝してくれりゃあええんじゃ!

と広島弁で挨拶!会場は盛大な歓声に包まれました。

映画『孤狼の血

公式HP:www.korou.jp

物語・・・
舞台は、昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾とともに、金融会社社員失 踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化し…。 第69回日本推理作家協会賞受賞、「このミステリーがすごい!2016年版」国内編3位に輝いたベストセラー小説「孤狼の血」が、2018年5月12日、待望の映画化!

***********************************

キャスト:
役所広司 松坂桃李 真木よう子 音尾琢真 駿河太郎 中村倫也 阿部純子 /中村獅童 竹野内豊/滝藤賢一 矢島健一 田口トモロヲ ピエール 瀧 石橋蓮司 ・ 江口洋介 

原作:柚月裕子(「孤狼の血」角川文庫刊)
監督:白石和彌
脚本:池上純哉
音楽:安川午朗
撮影:灰原隆裕
照明:川井稔 録音:浦田和治 美術:今村力
企画協力:株式会社KADOKAWA
製作:「孤狼の血」製作委員会
配給:東映 上映時間:126分
©2018「孤狼の血」製作委員会
    


深川麻衣、山下健二郎が今泉力哉監督『パンとバスと2度目のハツコイ』東京国際映画祭レッドカーペットデビュー!


映画情報どっとこむ ralph 昨年乃木坂46を卒業した深川麻衣が映画初出演にして初主演!
三代目 J Soul Brothersのパフォーマーとして活動する山下健二郎と共演する映画『パンとバスと2度目のハツコイ』が2018年2月17日(土)より全国公開となります。

そしてこの度、本作が第30回東京国際映画祭の特別招待作品に選出され、本日行われたオープニングイベントのレッドカーペットに、主演の深川麻衣と山下健二郎、今泉力哉監督らが登場した。

第30回東京国際映画祭オープニンレッドカーペット
映画『パンとバスと2度目のハツコイ』

日時:10月25日(水)
会場:六本木ヒルズ アリーナ
登壇:深川麻衣、山下健二郎(三代目J Soul Brothers)、今泉力哉監督

映画情報どっとこむ ralph 今泉監督は第26回『サッドティー』、第28回『知らない、ふたり』、そして昨年の第29回東京国際映画祭での『退屈な日々にさようなら』日本映画スプラッシュ部門に出品しており、3年連続4回目の東京国際映画祭常連監督。
そして、今回、今泉作品で映画祭レッドカーペットデビューとなった深川さんは、緑の可憐なドレスに身を包みレッドカーペットを華やかに盛り上げた。さらに、同じく初めてのレッドカーペットとなった山下さんはフォーマルなスーツで参加し、2人が登場すると、ひときわ大きな歓声が上がった。
2人の名前を呼ぶファンの熱気に会場は包まれ、山下がファンの声にこたえターンを決める一幕もあり、会場の盛り上がりは最高潮に。

映画情報どっとこむ ralph
初となるレッドカーペットを終えた感想を

深川さん:この貴重な経験を心に焼き付けようと思って、レッドカーペットを歩きました。すごい盛り上がっていただけたので、これから、『パンとバスと2度目のハツコイ』を多くの方に見ていただきたいと思いました!

と語り、

山下さん:あっという間でした、本当に貴重な経験をさせていただきました!

と、レッドカーペットを終えた喜びを語った。

これから作品をご覧になる方に向けて

深川さん:是非 映画館の大きなスクリーンで、今泉監督のラブストーリーを見て、あったかい世界観に包まれていただけたら嬉しいです。

と話し、

山下さん:見終わった後、それぞれの感想が出て来る作品だと思いますが、恋愛に奥手な男子に特に見てほしい作品になっています!

とコメントした。

映画情報どっとこむ ralph
最後に・・・

監督:ファンの方の声がすごくあったかくて、色んな感想が聞こえてくるのを楽しみにしています。お客様に見ていただいて完成していく作品だと思うので、たくさんの人に届けたいです。

と作品への思いで締めました。

個性的でありながら共感を生むキャラクター描写と独特の空気感を持つ映像で、恋愛映画の旗手として注目を集める今泉力哉が描く完全オリジナルストーリー。切なくも笑える新しい恋愛群像劇

映画『パンとバスと2度目のハツコイ』

2018年2月17日(土)より全国公開です。

公式サイト:
www.pan-bus.com

***********************************

キャスト:深川麻衣、山下健二郎(三代目J Soul Brothers)、伊藤沙莉、志田彩良、安倍萌生、勇翔、音月桂

配給:「パンとバスと2度目のハツコイ」製作委員会
監督・脚本:今泉力哉
主題歌:「Puzzle」Leola(Sony Music Associated Records)

©2017映画「パンとバスと2度目のハツコイ」製作委員会


『蝶の眠り』中山美穂&キム・ジェウク釜山国際映画祭登場に地元メディアも“ベストカップル”と大絶賛!


映画情報どっとこむ ralph フランス現代文学の代表的女流作家マルグリット・デュラスの晩年の恋を描いた『デュラス 愛の最終章』に着想を得て制作された珠玉のラブストーリー『蝶の眠り』が 2018年5月に日韓同時公開となります。

アルツハイマーを患う主人公の女流作家役には、実に5年ぶりの映画主演作となる中山美穂さんを起用。

次第に病に冒されていくも、愛に生きる等身大の女性像を、余すところなく魅力的に演じている。韓国人留学生の恋人役を務めるのは『コーヒープリンス1号店』 のキム・ジェウクさん。幼少期に日本で生活していた経験を持ち、本作でも完璧な日本語での演技を披露しています。

そして・・・

昨日10月12日より開幕となった第22回釜山国際映画祭のオープニングイベントが行われ、Gala Presentation 部門での出品となる『蝶の眠り』から主演の中山美穂とキム・ジェウクが揃って登壇した。
20171012/제22회 부산국제영화제/개막레드카펫/영화의전당/PHOTOLUDENS_jungminsoo

1999年に韓国でも上映された『Love Letter』が観客動員数140 万人の大ヒットとなり、韓国でも人気を博す中山さんと、現在韓国で放送中の TV ドラマ「愛の温度」で不動の人気を誇るキムさんのふたりがリムジンから降りるやいなや、客席からは大歓声!!!

小雨が降りしきる中、珍しいデザインが美しい黒のドレスを纏った中山をキムが 優しくエスコートしながらレッドカーペットを歩きました。

絵になるふたりの姿に、地元韓国メディアからは「女神のような美貌と彫刻のようなイケメンぶりのベストカップル!」「年齢と国籍を超えた夢のようなケミストリー」など、大絶賛の声が多数。

今回が初の映画祭参加となる中山さんは

中山さん:たくさんの歓声に包まれて、とても嬉しかったです。

キムさん:中山さんとレッドカーペットを歩けて光栄でした。大きな声援をいただけて良かったです。

と喜びのコメントをよせています。
PHOTOLUDENS_parkjonghoon


また、残念ながらイベントには登壇できなかった監督は

チョン・ジェウン監督:とても素敵なカップルでした。レッドカーペットでのお二人の姿を見ることができ、 私は満足です!

と中山とキムの姿に改めて魅了された様子。

なお本作の公式上映は明日14日(土)。

蝶の眠り

2018 年 5 月、日韓同時ロードショー

物語・・・
50 代でありながらも美しく、若い読者にも根強いファンを持つ、売れっ子の女流小説家・松村涼子(中山美穂)。作家として成功し、 満ち足りた生活を送る涼子だったが、遺伝性のアルツハイマーに侵されていることを知り、人生の終焉に向き合うことを余儀なくされる。“魂の死”を迎え る前に、小説を書く以外に何かをやり遂げようと、大学で講師を務め始めた涼子。ある日、大学近くの居酒屋で、韓国人の留学生チャネ(キム・ジェ ウク)と出会い、ひょんなことから涼子の執筆活動を手伝うことになる。作業を進めるうち、現実と小説の世界で交差していく二人は、次第に年齢の 差を超えて互いに惹かれていくが、涼子のアルツハイマーは容赦なく進行していくー。

***********************************

出演:中山美穂 キム・ジェウク
監督・脚本・原案:チョン・ジェウン
ストーリー・劇中小説:藤井清美
企画・製作:山上徹二郎 坂本敏明 イ・ウンギョン
プロデューサー:山上徹二郎 イ・ウンギョン 山口幸彦
製作:シグロ、キングレコード、ZOA FILMS
制作プロダクション:シグロ
配給:KADOKAWA
©2017 SIGLO, KING RECORDS, ZOA FILMS