「レッドカーペット」タグアーカイブ

広島7000人が役所広司 松坂桃李 江口洋介らを出迎え! レッドカーペット『孤狼の血』初日広島篇


映画情報どっとこむ ralph この映画ぶち面白い映画じゃけぇ、みんなたくさん宣伝してくれりゃあええんじゃ!

役所広司 松坂桃李 がバディの刑事!映画 『孤狼の血』が、5月12日(土)に公開を迎え広島県広島市中区えびす通り商店街にて、映 画『孤狼の血』公開記念広島凱旋レッドカーペットを行いました!

先ず、映画公開初日の5月12日(土)に東京で初日舞台挨拶を終えその足で、役所広司さん、松坂桃李さん、江口洋介さん、音尾琢真さん、阿部純子さん、白石和彌監督が広島へ移動!

さいねい龍二さん、沖原一生さんが合流し、広島の街のど真ん中で8 人のキャストと監督がレッドカーペットに登場するイベントが行われました!


映画『孤狼の血』
「公開初日記念レッドカーペット」
日付:5月12日(土)
場所:えびす通り商店街(広島県広島市中区)
登壇:役所広司 松坂桃李 江口洋介 音尾琢真 阿部純子 さいねい龍二 沖原一生 白石和彌(監督)

映画情報どっとこむ ralph 当日レッドカーペットイベントの優先観覧エリアに招待されたのは、公開初日に早くも『孤狼の血』を鑑賞した、先着560(コロウ)名の広島の地元の方々。

しかし当日レッドカーペットが行われるのは、広島の中心部の活気あるえびす通り商店街!

19時開始にも 関わらず豪華キャストが登場することを聞き駆けつけた一般客の皆様が、約2時間も前からえびす通り商店街に集まり始め、 約7,000人にも膨れ上がりキャストが出てくる前にも関わらず、会場は熱狂の渦に包まれていました。

映画情報どっとこむ ralph そんな中、キャストが満を持して登場。

会場はキャストの声が聞こえないほどの大歓声!その時の歓声の大きさを

阿部さん:広島カープが優勝した時と同じぐらいの歓声の大きさだったと聞き感激しました!

とコメント。
主演の役所さん、松坂さん、江口さんも 「商店街でのレッドカーペットは初めてです。」とコメントし、

役所さん:今フランスではカンヌ映画祭がおこなわれていますが、 そのカンヌのレッドカーペットも、今日のレッドカーペットにはかなわないんじゃないでしょうか1

とコメントすると会場は大興奮!
そして約70メートルものレッドカーペットを歩き切ったキャスト陣を代表し、役所、松坂、江口がこの日集まってくれた約 7,000人もの広島の人々に、それぞれ感謝の気持ちを述べました。

役所さん:この映画は広島の皆様のご協力があって完成しました。撮影のときは大変お世話になりました。どうかこの『孤狼の 血』を応援してください!

と感謝の気持ちを述べ、

松坂さん:撮影から1年経ちました。撮影中も広島のみなさんの愛を感じていましたが、本日のレッドカーペットでも改めてその愛を感じました。やっとこの映画を皆様に届けることができてとてもうれしい です。まさに“広島じゃけぇ、何をしてもええんじゃ”というほどの熱量を感じました。是非この映画を観てくださるとうれしいで す。」とコメント。さらに江口は「撮影中に呉の街に繰り出すと、どれだけ広島の方々にこういった“極道の映画”が根付いて いるかということが実感できました。この土地でなければこの映画はできなかったと思いますし、この映画をやっと広島に 持ってこられたことをうれしく思います。

と語りました。

映画情報どっとこむ ralph そして最後の挨拶を求められた

役所さん:この映画ぶち面白い映画じゃけぇ、みんなたくさん宣伝してくれりゃあええんじゃ!

と広島弁で挨拶!会場は盛大な歓声に包まれました。

映画『孤狼の血

公式HP:www.korou.jp

物語・・・
舞台は、昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾とともに、金融会社社員失 踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化し…。 第69回日本推理作家協会賞受賞、「このミステリーがすごい!2016年版」国内編3位に輝いたベストセラー小説「孤狼の血」が、2018年5月12日、待望の映画化!

***********************************

キャスト:
役所広司 松坂桃李 真木よう子 音尾琢真 駿河太郎 中村倫也 阿部純子 /中村獅童 竹野内豊/滝藤賢一 矢島健一 田口トモロヲ ピエール 瀧 石橋蓮司 ・ 江口洋介 

原作:柚月裕子(「孤狼の血」角川文庫刊)
監督:白石和彌
脚本:池上純哉
音楽:安川午朗
撮影:灰原隆裕
照明:川井稔 録音:浦田和治 美術:今村力
企画協力:株式会社KADOKAWA
製作:「孤狼の血」製作委員会
配給:東映 上映時間:126分
©2018「孤狼の血」製作委員会
    


深川麻衣、山下健二郎が今泉力哉監督『パンとバスと2度目のハツコイ』東京国際映画祭レッドカーペットデビュー!


映画情報どっとこむ ralph 昨年乃木坂46を卒業した深川麻衣が映画初出演にして初主演!
三代目 J Soul Brothersのパフォーマーとして活動する山下健二郎と共演する映画『パンとバスと2度目のハツコイ』が2018年2月17日(土)より全国公開となります。

そしてこの度、本作が第30回東京国際映画祭の特別招待作品に選出され、本日行われたオープニングイベントのレッドカーペットに、主演の深川麻衣と山下健二郎、今泉力哉監督らが登場した。

第30回東京国際映画祭オープニンレッドカーペット
映画『パンとバスと2度目のハツコイ』

日時:10月25日(水)
会場:六本木ヒルズ アリーナ
登壇:深川麻衣、山下健二郎(三代目J Soul Brothers)、今泉力哉監督

映画情報どっとこむ ralph 今泉監督は第26回『サッドティー』、第28回『知らない、ふたり』、そして昨年の第29回東京国際映画祭での『退屈な日々にさようなら』日本映画スプラッシュ部門に出品しており、3年連続4回目の東京国際映画祭常連監督。
そして、今回、今泉作品で映画祭レッドカーペットデビューとなった深川さんは、緑の可憐なドレスに身を包みレッドカーペットを華やかに盛り上げた。さらに、同じく初めてのレッドカーペットとなった山下さんはフォーマルなスーツで参加し、2人が登場すると、ひときわ大きな歓声が上がった。
2人の名前を呼ぶファンの熱気に会場は包まれ、山下がファンの声にこたえターンを決める一幕もあり、会場の盛り上がりは最高潮に。

映画情報どっとこむ ralph
初となるレッドカーペットを終えた感想を

深川さん:この貴重な経験を心に焼き付けようと思って、レッドカーペットを歩きました。すごい盛り上がっていただけたので、これから、『パンとバスと2度目のハツコイ』を多くの方に見ていただきたいと思いました!

と語り、

山下さん:あっという間でした、本当に貴重な経験をさせていただきました!

と、レッドカーペットを終えた喜びを語った。

これから作品をご覧になる方に向けて

深川さん:是非 映画館の大きなスクリーンで、今泉監督のラブストーリーを見て、あったかい世界観に包まれていただけたら嬉しいです。

と話し、

山下さん:見終わった後、それぞれの感想が出て来る作品だと思いますが、恋愛に奥手な男子に特に見てほしい作品になっています!

とコメントした。

映画情報どっとこむ ralph
最後に・・・

監督:ファンの方の声がすごくあったかくて、色んな感想が聞こえてくるのを楽しみにしています。お客様に見ていただいて完成していく作品だと思うので、たくさんの人に届けたいです。

と作品への思いで締めました。

個性的でありながら共感を生むキャラクター描写と独特の空気感を持つ映像で、恋愛映画の旗手として注目を集める今泉力哉が描く完全オリジナルストーリー。切なくも笑える新しい恋愛群像劇

映画『パンとバスと2度目のハツコイ』

2018年2月17日(土)より全国公開です。

公式サイト:
www.pan-bus.com

***********************************

キャスト:深川麻衣、山下健二郎(三代目J Soul Brothers)、伊藤沙莉、志田彩良、安倍萌生、勇翔、音月桂

配給:「パンとバスと2度目のハツコイ」製作委員会
監督・脚本:今泉力哉
主題歌:「Puzzle」Leola(Sony Music Associated Records)

©2017映画「パンとバスと2度目のハツコイ」製作委員会


『蝶の眠り』中山美穂&キム・ジェウク釜山国際映画祭登場に地元メディアも“ベストカップル”と大絶賛!


映画情報どっとこむ ralph フランス現代文学の代表的女流作家マルグリット・デュラスの晩年の恋を描いた『デュラス 愛の最終章』に着想を得て制作された珠玉のラブストーリー『蝶の眠り』が 2018年5月に日韓同時公開となります。

アルツハイマーを患う主人公の女流作家役には、実に5年ぶりの映画主演作となる中山美穂さんを起用。

次第に病に冒されていくも、愛に生きる等身大の女性像を、余すところなく魅力的に演じている。韓国人留学生の恋人役を務めるのは『コーヒープリンス1号店』 のキム・ジェウクさん。幼少期に日本で生活していた経験を持ち、本作でも完璧な日本語での演技を披露しています。

そして・・・

昨日10月12日より開幕となった第22回釜山国際映画祭のオープニングイベントが行われ、Gala Presentation 部門での出品となる『蝶の眠り』から主演の中山美穂とキム・ジェウクが揃って登壇した。
20171012/제22회 부산국제영화제/개막레드카펫/영화의전당/PHOTOLUDENS_jungminsoo

1999年に韓国でも上映された『Love Letter』が観客動員数140 万人の大ヒットとなり、韓国でも人気を博す中山さんと、現在韓国で放送中の TV ドラマ「愛の温度」で不動の人気を誇るキムさんのふたりがリムジンから降りるやいなや、客席からは大歓声!!!

小雨が降りしきる中、珍しいデザインが美しい黒のドレスを纏った中山をキムが 優しくエスコートしながらレッドカーペットを歩きました。

絵になるふたりの姿に、地元韓国メディアからは「女神のような美貌と彫刻のようなイケメンぶりのベストカップル!」「年齢と国籍を超えた夢のようなケミストリー」など、大絶賛の声が多数。

今回が初の映画祭参加となる中山さんは

中山さん:たくさんの歓声に包まれて、とても嬉しかったです。

キムさん:中山さんとレッドカーペットを歩けて光栄でした。大きな声援をいただけて良かったです。

と喜びのコメントをよせています。
PHOTOLUDENS_parkjonghoon


また、残念ながらイベントには登壇できなかった監督は

チョン・ジェウン監督:とても素敵なカップルでした。レッドカーペットでのお二人の姿を見ることができ、 私は満足です!

と中山とキムの姿に改めて魅了された様子。

なお本作の公式上映は明日14日(土)。

蝶の眠り

2018 年 5 月、日韓同時ロードショー

物語・・・
50 代でありながらも美しく、若い読者にも根強いファンを持つ、売れっ子の女流小説家・松村涼子(中山美穂)。作家として成功し、 満ち足りた生活を送る涼子だったが、遺伝性のアルツハイマーに侵されていることを知り、人生の終焉に向き合うことを余儀なくされる。“魂の死”を迎え る前に、小説を書く以外に何かをやり遂げようと、大学で講師を務め始めた涼子。ある日、大学近くの居酒屋で、韓国人の留学生チャネ(キム・ジェ ウク)と出会い、ひょんなことから涼子の執筆活動を手伝うことになる。作業を進めるうち、現実と小説の世界で交差していく二人は、次第に年齢の 差を超えて互いに惹かれていくが、涼子のアルツハイマーは容赦なく進行していくー。

***********************************

出演:中山美穂 キム・ジェウク
監督・脚本・原案:チョン・ジェウン
ストーリー・劇中小説:藤井清美
企画・製作:山上徹二郎 坂本敏明 イ・ウンギョン
プロデューサー:山上徹二郎 イ・ウンギョン 山口幸彦
製作:シグロ、キングレコード、ZOA FILMS
制作プロダクション:シグロ
配給:KADOKAWA
©2017 SIGLO, KING RECORDS, ZOA FILMS


日本人ロックバンド初! THE YELLOW MONKEYが釜山国際映画祭のレッドカーペットに登場!映画『オトトキ』


映画情報どっとこむ ralph この度、15年振りに再集結した日本が誇るロックバンド“THE YELLOW MONKEY”の2016年のツアーに密着した映画『オトトキ』が、第22回釜山国際映画祭ワイド・アングル部門へ正式出品され、開幕式にて日本人ロックバンドとして初めてTHE YELLOW MONKEYが釜山国際映画祭のレッドカーペットに登場しました!


レッドカーペット歩行を終えて、メンバーコメント

吉井和哉さん: 初めてで緊張したんですけど、真面目すぎたかな。もう1回歩きたい。

菊地英昭さん:松永監督が撮るとなれば、何か待ち構えてるんじゃないかって思ってましたが、まさか釜山でこういう体験ができるとは!

廣瀬洋一さん:海を見渡せる感じなど、すごく映画と相性がいい街だなと思いました。いつかライブで来たいです。

菊地英二さん:素晴らしい作品ができて、こういう所までこれちゃうっていうのは、ロックを信じてやってきてよかったな。

映画情報どっとこむ ralph この映画主題歌となる新曲『Horizon』はギターの菊地英昭が作詞・作曲を担当。本作のために書き下ろされた楽曲が映画の世界観と深く共鳴しあい作品を彩ります。
また、今回の釜山国際映画祭ではスペースシャワーTVがオフィシャルカメラとしてザ・イエロ・モンキーに密着、その模様が11月5日(日)20:30〜21:00「THE YELLOW MONKEY ドキュメンタリー映画『オトトキ』公開記念SPECIAL」としてオンエア予定。(リピート放送あり:11月10日、11月18日)番組の詳細や視聴方法はこちらから。


日本が誇るロックバンド“THE YELLOW MONKEY”のドキュメンタリーフィルム!この復活劇の1年間を追いかけたのは、現代アーティスト・ピュ~ぴるのドキュメンタリー作品『ピュ~ぴる』や、2015年公開の自身初の長編劇映画『トイレのピエタ』で数々の映画賞に輝くなど、今注目の新進気鋭の監督、松永大司。

本作品は釜山国際映画祭でのワールドプレミア上映に続き、第30回東京国際映画祭においても特別招待作品としてジャパンプレミア上映が予定されています。


映画 『オトトキ』

【映画公式サイト】theyellowmonkey-movie.jp
【映画公式SNS】Twitter:@OTOTOKI_MOVIE

***********************************

出演:THE YELLOW MONKEY / 吉井和哉 菊地英昭 廣瀬洋一 菊地英二
監督:松永大司
制作プロダクション:ブースタープロジェクト

配給:ティ・ジョイ製作:映画「オトトキ」製作委員会
©2017映画「オトトキ」製作委員会


『火花』京都国際映画祭 桐谷健太、三浦誠己、板尾創路監督 レッドカーペットに参加


映画情報どっとこむ ralph お笑いコンビ・ピースの又吉直樹の初純文学作品にして、<第153回芥川賞>受賞作「火花」を自身もお笑い芸人であり、映画監督でもある板尾創路の手によって映画化された、映画『火花』が11月23日(木・祝)より公開されます。

京都国際映画祭2017オープニングイベント
日付:10月12日
場所:京都・西本願寺
参加者:桐谷健太、三浦誠己、板尾創路監督

そして10月12日に京都・西本願寺にて開幕した京都国際映画祭2017のオープニングイベントに、主演の桐谷健太、相方大林役を演じた三浦誠己、板尾創路監督が登場!

国宝に指定されている唐門の前でフォトセッションとマスコミの取材を受け
神谷役:桐谷健太コメント

「『火花』は僕にとっても大切で素敵な作品になりました。一人でも多くの方に見ていただけたら嬉しいなと思います。大阪出身で京都もよく来ていたので、(京都国際映画祭で)関西の方たちにいち早く映画を観ていただけることになって本当に嬉しいです。京都の人は笑いに厳しいと伺っているので、この映画をみてどう感じていただけたのか感想を聞いてみたいです。」

大林役:三浦誠己コメント

「本当に素晴らしい映画になっています。最高に魅力的な相方(桐谷さん)と“あほんだら”というコンビで漫才をやらせていただきまして、全幅の信頼を寄せている板尾監督に傑作を作っていただきました。いくらハードルを上げても足りないくらいの傑作になっておりますので、みなさん是非劇場でご覧になってください。」

板尾創路監督コメント

「とりあえず雨が降らなくてよかったです(笑)京都国際映画祭でお披露目ということで、皆さんに観ていただける機会をいただいてすごく感動しております。観ていただいた方全員に感動が届くとうれしいです。僕を含め、スタッフ・キャスト全員が自信をもって送り出せる作品に仕上がっておりますのでよろしくお願いいたします。」


その後、行われたレッドカーペットウォーキングでは、京都独特の荘厳な雰囲気が漂う中、西本願寺の境内に敷かれた真っ赤なカーペットを一歩一歩踏みしめるように歩き、チーム『火花』が京都国際映画祭の開幕に花を添えた華々しいイベントとなりました。


映画情報どっとこむ ralph 映画『火花』

11月23日(木・祝)全国東宝系ロードショー

漫才の世界に身を投じるも、結果を出せず底辺でくすぶっている青年【徳永】を若手No.1俳優・菅田将暉が演じ、強い信念を持ち徳永の師匠となる先輩芸人【神谷】を演技派俳優・桐谷健太が演じることでも話題沸騰の本作!ヒロイン【真樹】には話題作への出演が続く女優・木村文乃、さらに「漫才コンビのツッコミ役は、ボケ役よりも高度なお笑いの技術が要求されるため、経験者を入れたい」という板尾監督のこだわりにより、【徳永】と漫才コンビ「スパークス」を組む【山下】役には川谷修士(2丁拳銃)、【神谷】と漫才コンビ「あほんだら」を組む【大林】役には三浦誠己といった二人がキャスティングされ、本格的な漫才シーンにも注目が集まっています。

さらに先日、エンドロールを彩る映画の主題歌に、菅田将暉と桐谷健太の主演二人が歌いあげたビートたけしの名曲「浅草キッド」が使用されることも発表され公開を前に大きな話題となっています。

物語・・・
若手コンビ「スパークス」としてデビューするも、まったく芽が出ないお笑い芸人の徳永(菅田将暉)は、営業先の熱海の花火大会で4歳上の先輩芸人・神谷(桐谷健太)と出会う。神谷は、「あほんだら」というコンビで常識の枠からはみ出た漫才を披露。それに魅了され、徳永は神谷に「弟子にしてください」と申し出る。神谷はそれを了承し、「俺の伝記を書いて欲しい」と頼む。その日から徳永は神谷との日々をノートに書き綴ることに。

その後徳永は、拠点を大阪から東京に移した神谷と再会。毎日のように芸の議論を交わし、神谷の同棲相手である真樹(木村文乃)とも仲良くなり、仕事はほぼないが才能を磨き合う充実した日々を送るように。

しかし、いつしか2人の間にわずかな意識の違いが生まれ始める―。

***********************************


出演:菅田将暉、桐谷健太
木村文乃
川谷修士、三浦誠己、加藤 諒、高橋 努、日野陽仁、山崎樹範

原作:又吉直樹著「火花」(文春文庫 刊)
監督:板尾創路(『板尾創路の脱獄王』、『月光ノ仮面』)
脚本:板尾創路、豊田利晃(『青い春』、『クローズEXPLODE』)