「レイチェル・ワイズ」タグアーカイブ

真実と正義の追求はすべてここからはじまった― 『否定と肯定』本編冒頭特別映像が解禁


映画情報どっとこむ ralph 2016 年トロント国際映画祭正式出品作品、レイチェル・ワイズ、ティモシー・スポール、トム・ウィルキンソンというイギリス を代表する名優たちによる、ホロコーストを巡る法廷劇 『否定と肯定』が12月8日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全 国公開となります。

真実とは何か?
ユダヤ人歴史学者と否定論者。
かつてない対決 の行方は

本作の元となった裁判は、欧米でセンセーショナルに報道され、注目を集め、議論を巻き起こし続けた。歴史とは、そして言論の自由の定義と は何なのか。

本編冒頭特別映像が解禁。


映画情報どっとこむ ralph 映し出されるのは、<ホロコースト否定論者>デイヴィッド・アーヴィング(ティモシー・スポール)の演説。“大量虐殺は趣味以前の問題だ”、”ガス室では誰も死んでない”メディア操作に長けている彼は自らの主張を声高に謳い上げている。その一方で、本作の主人公アメリカで教鞭を執 る歴史学者のデボラ・E・リップシュタット(レイチェル・ワイズ)は、アーヴィングのようなホロコースト否定論者がどのように歴史の事実を捻じ曲 げようとしているのか、学生たちに講義を行う。

正反対のことを語る両者の主張がこの先どう重なりぶつかり合っていくのか、証明すること、真 実の追求とは一体何なのか――これから始まる″ホロコースト“を巡る信念の闘いを予感させる映像となっている。

否定と肯定
原題:DENIAL

公式サイト:
http://hitei-koutei.com/

世論形成において、客観的な事実より、虚偽であっても個人の感情に訴える者が強い影響力を持ち、事実を軽視する社会 的風潮。「ホロコースト」という最大にして最悪の世界史を題材とした本作は、歴史の真実を伝えていかなくてはならないという普遍的なテーマ と現代に生きる我々一人ひとりに対し警鐘を鳴らしている。 ユダヤ人歴史学者・リップシュタットは、『ナイロビの蜂』でアカデミー賞®助演女優賞に輝いたレイチェル・ワイズが熱演。対する歴史学者に は『ターナー、光に愛を求めて』のティモシー・スポール、年長弁護士に『フィクサー』のトム・ウィルキンソンという老練の名優の競演が作品 に重厚さを与えている。さらには大ヒットドラマシリーズ「SHERLOCK(シャーロック)」のモリアーティ役を演じたアンドリュー・スコット、『ダンケルク』のジャック・ロウデンら人気急上昇中の若手俳優らが脇を固める。

***********************************

監督:ミック・ジャクソン『ボディガード』
出演:レイチェル・ワイズ『ナイロビの蜂』『ロブスター』、トム・ウィルキンソン『フル・モンティ』『フィクサー』、ティモシー・スポール『ターナー、光に愛を求めて』
原作:「否定と肯定 ホロコーストの真実をめぐる闘い」デボラ・E・リップシュタット著(ハーパーコリンズ・ジャパン)
2016 年/イギリス・アメリカ/英語/110 分/カラー/シネスコ/5.1ch/日本語字幕:寺尾次郎
配給:ツイン
© DENIAL FILM, LLC AND BRITISH BROADCASTING CORPORATION 2016
       


”真実“とは何か? ユダヤ人歴史学者VS否定論者の法廷劇『否定と肯定』予告到着!


映画情報どっとこむ ralph 2016 年トロント国際映画祭正式出品作品、レイチェル・ワイズ、ティモシー・スポール、トム・ウィルキンソンというイギリス を代表する名優たちによる、ホロコーストを巡る法廷劇『否定と肯定』が12月8日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国 公開となります。

〝真実“とは何か? ユダヤ人歴史学者と否定論者。かつてない対決 の行方は― 本作の元となった裁判は、欧米でセンセーショナルに報道され、注目を集め、議論を巻き起こし続けた。歴史とは、そして言論の自由の定義と は何なのか―。世論形成において、客観的な事実より、虚偽であっても個人の感情に訴える者が強い影響力を持ち、事実を軽視する社会 的風潮。「ホロコースト」という最大にして最悪の世界史を題材とした本作は、歴史の真実を伝えていかなくてはならないという普遍的なテーマ と現代に生きる我々一人ひとりに対し警鐘を鳴らしている。

ユダヤ人歴史学者・リップシュタットは、『ナイロビの蜂』でアカデミー賞®助演女優賞に輝いたレイチェル・ワイズが熱演。対する歴史学者に は『ターナー、光に愛を求めて』のティモシー・スポール、年長弁護士に『フィクサー』のトム・ウィルキンソンという老練の名優の競演が作品 に重厚さを与えている。さらには大ヒットドラマシリーズ「SHERLOCK(シャーロック)」のモリアーティ役を演じたアンドリュー・スコット、『ダンケルク』のジャック・ロウデンら人気急上昇中の若手俳優らが脇を固める。ひとりの女性のもとに 、秀英 弁護団チームが結集!

共に立ち向かう 予告編 が完成 。


揺るがぬはずの歴史上の事実を裁判で争うという衝撃の実話。このたび解禁となった予告編では、この裁判が当時いかにセンセーショナルでイギリスをはじめ世界中で 注目を集めた大きな事件であったかが伺える。

歴史学者としてアメリカの大学で教鞭をとり、決して忘れてはならないホロコーストの 事実を伝えてきたユダヤ人のデボラ・E・リップシュタット。彼女の講演にホロコースト否 定論者のアーヴィングが突如現れ、聴衆の前で奇襲ともとれる口撃を始めた。その後、 標的にされたリップシュタットは、アーヴィングの策略で自著をアメリカではなくシステムの 異なる英国の司法制度のもとで名誉毀損で訴えられてしまう。

映画情報どっとこむ ralph <起訴された側に立 証責任がある>
という不利な立場に置かれる中で、彼女は大きな声で“ホロコーストはなかった”と歪曲されようとする真実、声なき声を 正しく世界に伝えるために、法廷という場で立ち向かうことを決意するが・・・・。メディアを通して差別や偏見がいつの間にか広がり、真っ直ぐ に伝えるだけでは覆せないもどかしさを抱えるリップシュタット演じる、レイチェル・ワイズの真に迫った表情が胸に突き刺さる。彼女と、彼女の信 念を支える弁護団チームの選択とはなんだったのか。歴史を揺るがしかねない大きな事態となった前代未聞の裁判の行方はー。 。

否定と肯定
原題:DENIAL
公式サイト:http://hitei-koutei.com/

***********************************

監督:ミック・ジャクソン『ボディガード』
出演:レイチェル・ワイズ『ナイロビの蜂』『ロブスター』、トム・ウィルキンソン『フル・モンティ』『フィクサー』、ティモシー・スポール『ターナー、光に愛を求めて』
原作:「否定と肯定 ホロコーストの真実をめぐる闘い」デボラ・E・リップシュタット著(ハーパーコリンズ・ジャパン)
2016 年/イギリス・アメリカ/英語/110 分/カラー/シネスコ/5.1ch
日本語字幕:寺尾次郎
配給:ツイン
© DENIAL FILM, LLC AND BRITISH BROADCASTING CORPORATION 2016
    


きっとあなたも涙する『光をくれた人』インタビュー映像解禁


映画情報どっとこむ ralph いよいよ本日、『光をくれた人』が5月26日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ他全国公開となりました!デレク・シアンフランス監督の手腕に脱帽!きっとあなたも涙して・・・劇場を出られるはずの本作。


灯台守の夫婦トムとイザベルには、マイケル・ファスベンダーとアリシア・ヴィキャンデル。
これまでの作品でも“演技”を越えたリアルを求めるシアンフランス監督は、本作でもわずかなキャストとスタッフだけで人里離れたロケ地で共同生活を行い、徹底的にリアリティを追求。この映画の撮影中に恋に落ちたファスベンダーとヴィキャンデルの、まさに演技を越えた演技は必見です。

また、夫婦が育てる子供の実の母親ハナには、レイチェル・ワイズが扮し、主演三人による演技の共鳴が映画をさらに忘れがたいものにしています。

映画情報どっとこむ ralph この度、アリシア・ヴィキャンデルとマイケル・ファスベンダーのインタビュー映像が到着。本作のワールドプレミアとなった2016年ベネチア国際映画祭に、2人で登壇した際に収録した貴重なインタビューです。
 
世界各国のメディアで非常に高い評価を受ける本作。二人がこの作品に惹かれた理由について聞かれると、アリシア・ヴィキャンデルは、

ヴィキャンデル:脚本を読んだ時、ものすごく心を揺さぶられたの。どの登場人物にも共感でき胸が張り裂けそうだった。ある選択をしたトムとイザベルはジレンマに陥ってしまうの。その選択が思わぬ結果を招いて、2人はつらい決断を強いられる。さらに自分たちについても考えさせられたわ。そして同時に(この作品は)赦しや現実的な問題も描いている。たとえ善人でも最善策を講じるとは限らないと、観客は自らの経験と照らし合わせて必ず何かしら共感できるはずよ。

と語っています。続けてマイケル・ファスベンダーは

ファスベンダー:古き良き物語だと感じた。こんな脚本とは滅多に出会えない。まるで違う時代の映画のように感じた。それが新鮮だったし、なにより大切だと思ったんだ。それぞれの登場人物が抱えてる問題はとてもリアルだし 共感できた。2人は流産を経験するが、それは多くの人が知ってる悲しみのはずだ。それについて話すことはタブー視されがちだが、いかに一般的な問題か一度、語り始めると見えてくる。それだけでも十分に魅力的だった。さらに(ハナの夫の)フランツは出身地を理由に迫害され、周囲の無知ゆえに攻撃され結果的に命を失ってしまう。それは今の難民問題にも共通している。彼が海上で死ぬというのも象徴的だ。さらに“赦し”という癒しの力もこの作品のテーマの1つだと思う。脚本を読んでいて強く心打たれた。ハナが夫フランツから学んだこととかね。でもシンプルなヒューマンドラマに何よりも惹かれたんだ。

と二人が本作の出演を決めた、運命的な決断の秘話を語りました。


映画情報どっとこむ ralph トム、イザベル、ハナ、彼らを取り巻く家族たち、それぞれの幸福と痛みが、我がことのように胸を締めつける本作は、2016年ベネチア国際映画祭でプレミア上映され、各国マスコミが「涙なしに見られない」とした本年度最高の愛の物語です。

光をくれた人

公式サイト:
hikariwokuretahito.com
原題:THE LIGHT BETWEEN OCEANS

物語・・・
孤島に暮らす灯台守の夫婦。
深い絆で結ばれた2人は愛する我が子を失い、悲しみに暮れていた。
そこへ流れ着く小さな命。
誰かもわからぬその子を抱きしめたとき、彼らの運命が動き出す。
戦争の傷跡で心を閉ざし孤独だけを求め、オーストラリアの孤島で灯台守となったトム。しかし、美しく快活なイザベルが彼に再び生きる力を与えてくれた。彼らは結ばれ、孤島で幸福に暮らすが、度重なる流産はイザベルの心を傷つける。

ある日、島にボートが流れ着く。乗っていたのは見知らぬ男の死体と泣き叫ぶ女の子の赤ん坊。
赤ん坊を娘として育てたいと願うイザベル。それが過ちと知りつつ願いを受け入れるトム。

4年後、愛らしく育った娘と幸せの絶頂にいた二人は、偶然にも娘の生みの母親ハナと出遭ってしまう。

***********************************

監督:デレク・シアンフランス
(ブルー・バレンタイン、プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命)

原作:『海を照らす光』(M・L・ステッドマン/古屋美登里訳/早川書房)
出演:マイケル・ファスベンダー、アリシア・ヴィキャンデル、レイチェル・ワイズ

配給:ファントム・フィルム 
提供:ファントム・フィルム/KADOKAWA/朝日新聞社
2016/アメリカ・オーストラリア・ニュージーランド/133分/スコープサイズ/5.1ch【G区分】
(C)2016 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC  
   


木村佳乃の大切な映画の1本に!『光をくれた人』


映画情報どっとこむ ralph 『ブルーバレンタイン』のデレク・シアンフランス監督最新作、マイケル・ファスベンダー×アリシア・ヴィキャンデルが贈る、世界中が涙したラブストーリー『光をくれた人』が、5月26日(金)より全国公開されます。

先日ベストマザー賞を授賞し母・妻・女優の3役にとどまらず、最近は身体をはったバラエティ挑戦も話題の木村佳乃さんが応援!ひとつの生命を巡る2人の母親の物語に、ベストマザー木村さんは同じ母として、妻として何を思ったのか?


『光をくれた人』女優 木村佳乃さん登壇トークイベント
日時:5月23日(火)  
場所:アキバシアター 
登壇:木村佳乃

映画情報どっとこむ ralph 試写が終わった直後に登壇した木村さん。今日の衣装のイメージはイザベルをイメージして清楚なイメージで長袖にしてきたそう。

木村さん:久々にすべての人たちに共感して、どうしようと思わせる映画でまだ泣いてる方もいらっしゃるんじゃないかと思います。。ゆっくりした感じえ始まりますが、その静かなところからまさかの展開。イザベルにも、ハナにも共感して。いまま思い出してもジーンときます。

木村さんもMCもまだ小さなお子さんがいるお二人。母目線での気持ちは・・

木村さん:ふたりとも良い母親。娘ルーシーの幸せを願っているのは二人ともなんですよね。でもちょっとした掛け違いでね。愛情の深さ故ですよね。。(流産後)あの状況では神からの授かりものって思ってしまいますよね。灯台だというシチュエーションがほっとかせない。一回は保護しますよね。あの状況では育てたくなりますよね。

とかなりの共感。さらに、ファスベンダーと同じ年の木村さんは

木村さん:同じ年なんです。『それでも夜が明ける』では悪くてね。彼は、その映画毎に表情が変わりますよね。ぜひお会いしたいです。それから監督。変わった撮り方をする方。こういう映画に作られる監督とご一緒したいですね。

と、監督のもと映画出演を熱望する木村さん。

映画情報どっとこむ ralph トムの奥さんへの愛に関しては
木村さん:好きなシーンがあってふたりが新婚の時代に、二人がテラスでひげをそる場面。あの二人からの提案で日常を見せたいからと撮ったそうなんです。素敵だなと。二人の目が本物ですよね。お芝居なのか本気なのか。何しろ素晴らしいです。逆に、ハナは切ないですよね、。。。。自分だったら、どうでしょう。つらいですよね。レイチェルワイズも凄いですよね。すばらしい。

共感したのは、どっち?

木村さん:年齢的にはハナですよ。娘もいるので。でも全登場人物に共感しました。

観てほしい方は?

木村さん:カップルかな。一人で浸るのもよいかな。。どなたにも、絶対観てほしい。絶対おすすめ。兎に角見てすばらしいんです!なかなか出会えない私の大事な映画5本の1本になりました。ぜひ劇場で、無償の愛を確かめてください。


映画情報どっとこむ ralph ものがたり・・・
孤島に暮らす灯台守の夫婦。
深い絆で結ばれた2人は愛する我が子を失い、悲しみに暮れていた。
そこへ流れ着く小さな命。
誰かもわからぬその子を抱きしめたとき、彼らの運命が動き出す。
戦争の傷跡で心を閉ざし孤独だけを求め、オーストラリアの孤島で灯台守となったトム。しかし、美しく快活なイザベルが彼に再び生きる力を与えてくれた。彼らは結ばれ、孤島で幸福に暮らすが、度重なる流産はイザベルの心を傷つける。
ある日、島にボートが流れ着く。乗っていたのは見知らぬ男の死体と泣き叫ぶ女の子の赤ん坊。
赤ん坊を娘として育てたいと願うイザベル。それが過ちと知りつつ願いを受け入れるトム。
4年後、愛らしく育った娘と幸せの絶頂にいた二人は、偶然にも娘の生みの母親ハナと出遭ってしまう。

『光をくれた人』
原題:THE LIGHT BETWEEN OCEANS 

5月26日(金)TOHOシネマズ シャンテ 他全国ロードショー

公式サイト:
hikariwokuretahito.com

***********************************

監督:デレク・シアンフランス
(ブルー・バレンタイン、プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命)
原作:『海を照らす光』(M・L・ステッドマン/古屋美登里訳/早川書房)
出演:マイケル・ファスベンダー、アリシア・ヴィキャンデル、レイチェル・ワイズ
配給:ファントム・フィルム 提供:ファントム・フィルム/KADOKAWA/朝日新聞社
【2016/アメリカ・オーストラリア・ニュージーランド/133分/スコープサイズ/5.1ch】 
(C)2016 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC  
【G区分】
  


『光をくれた人』マイケル・ファスベンダー インタビュー到着!


映画情報どっとこむ ralph 『ブルーバレンタインのデレク・シアンフランスが監督をつとめる『光をくれた人』が、いよいよ5月26日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ他全国公開となります。

灯台守の夫婦トムとイザベルには、マイケル・ファスベンダーとアリシア・ヴィキャンデル。これまでの作品でも“演技”を越えたリアルを求めるシアンフランス監督は、本作でもわずかなキャストとスタッフだけで人里離れたロケ地で共同生活を行い、徹底的にリアリティを追求。この映画の撮影中に恋に落ちたファスベンダーとヴィキャンデルの、まさに演技を越えた演技は必見です。

各国マスコミが「涙なしに見られない」と保証した本年度最高の愛の物語です。

映画情報どっとこむ ralph この度、マイケル・ファスベンダーのインタビュー映像が到着いたしました。プロデューサーと主演をつとめた『アサシン・クリード』来日プロモーション時に、急遽本作のために時間を割いてくれた貴重なインタビュー映像です!!!

劇中では、心閉ざし孤独だけを求めオーストラリアの孤島で灯台守となったトムを演じたファスベンダー。そんな孤独だったトムに再び生きる力を与えてくれたのは、アリシア・ヴィキャンデル演じるイザベルで、二人の深い絆で結ばれた夫婦愛をはじめ、様々な“愛”の形が描かれた本作。

そんな“純粋な愛”を描く本作の脚本を読んで、

ファスベンダー:とにかく感動した。監督とこの脚本で映画を撮るのであれば、それは断る理由はない。

と出演を即決したことを告白。これまでの作品でも“演技”を越えたリアルを求めるシアンフランス監督は、本作でもわずかなキャストとスタッフだけで人里離れたロケ地で共同生活を行い、徹底的にリアリティを追及。

ファスベンダー:(当初)仕事と私生活はある程度距離を置きたいと思っていたので、正直最初は悪夢だと思った。

そう。実際にロケ地で共同生活を送り、

ファスベンダー:監督と自分たちでスクリーンを設置し“映画ナイト”を催したり、バーベキューをしたりした。

と撮影裏話を披露。滞在中、見るのも嫌になるくらいたくさんのザリガニを食べたり、初体験のヤギの乳しぼりに興味深々になったりと、大自然での共同生活を存分に楽しんだ様子。

ファスベンダー:様々な技術とは無関係の生活を送り、大自然に身をさらすことができたのは貴重な体験だった。日の出と日の入りの美しさや、吹き荒れる風の大変さを味わい、結果的に素晴らしい経験になった。

と語っています。

ファスベンダー演じるトムがヴィキャンデル演じるイザベルに心を開いていくシーンが、観ている側まで幸せに感じられるほど印象的である本作。

ファスベンダー:アリシア以外、イザベル役は考えられない。彼女の過去作品は観たことがなかったが、撮影初日から彼女に特別なものを感じた。近々大物になるだろうってね。とても素直な演技が出来るし、何に対しても果敢に攻めることができる女優。

と、ヴィキャンデルの魅力を大いに語りました。

『光をくれた人』という邦題に関して、ファスベンダーにとっての“光をくれた人”について、

ファスベンダー:いろんなものが光をくれる。音楽も刺激を与えてくれるし、家族や親戚、友人も光を与えてくれてきた。

と、最愛のアリシア含め、色々な要素が刺激となり、自身を支え、形成しているのだと語りました。

マイケル・ファスベンダー、アリシア・ヴィキャンデル、レイチェル・ワイズと名優たちが一同に会する本作。アリシア演じるイザベルだけでなく、実力派キャストが演じる登場人物のみな、誰かが誰かの光になっていると感じられる、愛の希望に満ち溢れた本作にぜひご注目ください!

インタビュー+予告編映像


映画情報どっとこむ ralph もし今週観るものを迷った映画好きの方に・・・是非。

光をくれた人

公式サイト:
hikariwokuretahito.com

物語・・・
孤島に暮らす灯台守の夫婦。
深い絆で結ばれた2人は愛する我が子を失い、悲しみに暮れていた。
そこへ流れ着く小さな命。
誰かもわからぬその子を抱きしめたとき、彼らの運命が動き出す。
戦争の傷跡で心を閉ざし孤独だけを求め、オーストラリアの孤島で灯台守となったトム。しかし、美しく快活なイザベルが彼に再び生きる力を与えてくれた。彼らは結ばれ、孤島で幸福に暮らすが、度重なる流産はイザベルの心を傷つける。
ある日、島にボートが流れ着く。乗っていたのは見知らぬ男の死体と泣き叫ぶ女の子の赤ん坊。
赤ん坊を娘として育てたいと願うイザベル。それが過ちと知りつつ願いを受け入れるトム。

4年後、愛らしく育った娘と幸せの絶頂にいた二人は、偶然にも娘の生みの母親ハナと出遭ってしまう。

***********************************

監督:デレク・シアンフランス(ブルー・バレンタイン、プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命)
原作:『海を照らす光』(M・L・ステッドマン/古屋美登里訳/早川書房)
出演:マイケル・ファスベンダー、アリシア・ヴィキャンデル、レイチェル・ワイズ
配給:ファントム・フィルム 
提供:ファントム・フィルム/KADOKAWA/朝日新聞社
原題:THE LIGHT BETWEEN OCEANS 
【2016/アメリカ・オーストラリア・ニュージーランド/133分/スコープサイズ/5.1ch】 
【G区分】
(C)2016 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC