「レア・セドゥ」タグアーカイブ

ダニエル・クレイグ 007遂に始動『BOND 25(仮題)』 ローンチイベントでラミ・マレックが参戦発表


映画情報どっとこむ ralph Are you ready to back the worK?

007:With pleasure.

2020年に、「007」シリーズ待望の最新作『BOND 25(仮題)』が全国公開となります。
この度、謎に包まれた最新作の新情報が明らかとなるローンチイベントが「007」シリーズのゆかりの地のひとつであり、記念すべきシリーズ第一作目の『007/ドクター・ノオ』(63)のロケ地、ジャマイカの海辺のビラで行われ、4月25日(木)21時10分頃(日本時間)から全世界同時にライブストリーミングされました。
本国公式YOUTUBE:
HTTPS://WWW.YOUTUBE.COM/USER/JAMESBOND007
本国公式TWITTER:
HTTPS://TWITTER.COM/007

映画情報どっとこむ ralph まずイベントには、「007」シリーズを牽引してきた製作のバーバラ・ブロッコリ、マイケル・G・ウィルソン、本作の監督に抜擢された日系アメリカ人のキャリー・フクナガ監督が登壇。

ジャマイカで実施されたイベントについて、

バーバラ:ジャマイカは、原作者であるイアン・フレミングが物語の執筆の拠点とし、 “ジェームズ・ボンド”を生み出した場でもあるので、007にとっては聖地と言えます。記念すべき25作品目で、ここへ戻ってくることができて私たちは特別な想いです。

とコメントし、

バーバラ:前作で英国諜報員を卒業したボンドは、最新作ではここジャマイカの豪華なおうちでリラックスしているの。そこから物語がスタートしていくのよ。

と、ジャマイカから最新作の物語がスタートしていくことを明かした。また、タイトルは現時点では未発表となった。

その後、最新作に登場するキャスト陣が続々と発表。続投キャストとして、レイフ・ファインズ、ナオミ・ハリス、ロリー・キニア、レア・セドゥ、ベン・ウィショー、ジェフリー・ライト。さらに新キャストとしてアナ・デ・アルマス、ダリ・ベンサーラ、デヴィッド・デンシック、ラッシャーナ・リンチ、ビリー・マグヌッセン、ラミ・マレックが出演することが明かされた。

今回のイベントに惜しくも参加が叶わなかったラミ・マレックからは特別にメッセージ映像も到着!

ラミ:こんにちは、ラミ・マレックだよ。みんなは素敵なジャマイカにいるんだってね。ちっとも嫉妬なんてしていないよ…僕は別の仕事でニューヨークだけどね…。最新作のキャストとクルーたちに会えることをすごく楽しみにしているよ!そして…Mr.ボンド君。25作品目のミッションは決して簡単に乗り越えることはできないだろう…。

と、「007」シリーズに出演することに喜びを露わにするとともに、意味深なメッセージを寄せている。

映画情報どっとこむ ralph 続けて、前作から引き続きジェームズ・ボンド役の主演ダニエル・クレイグ、ナオミ・ハリス、レア・セドゥ、アナ・デ・アルマス、ラッシャーナ・リンチがQ&Aトークセッションに登壇。
ダニエルは、”25作品も続く「007」シリーズが何故これほどまでにも愛されているのか?”との質問に、

ダニエル:「007」シリーズは、僕自身子供のころから家族と一緒に観ていた大好きな作品だ。原作者のフレミングによって作りこまれたキャラクターや設定、舞台背景が、映画でもしっかりと踏襲されていることで、ボンドというキャラクターは違った役者が演じても、一貫性が保たれている。それが、ファンが長年経ってもついてきてくれる理由なんだろうね。

と分析。

続けて、本作で記念すべき25作品目を手掛けることになって

キャリー監督:僕にとって、ダニエルが一番お気に入りのボンドなんだ。だから、今作はこれまでの作品のなかで“最高の007だ”といわれるもの仕上げ、ダニエルに有終の美を飾らせてから、次にバトンタッチしたい。僕はこの映画でベストを尽くしているから、きっと次の監督にはハードルが高くなってしまうと思うよ(笑)

と自信をのぞかせた。

最後に、ダニエルは“お気に入りのボンドカーは?”と問われ、

ダニエル:アストンマーティン・db5だよ。

と笑顔で答え、和やかなムードのなか会見は幕を閉じた。
映画情報どっとこむ ralph レア・セドゥやベン・ウィショーといった続投キャストに加え、ラミ・マレックをはじめとする豪華新キャスト陣の参戦も発表され、ますます期待が高まる『BOND 25(仮題)』は2020年に日本全国で公開です!

あらすじ
ボンドは現役を退き、ジャマイカで穏やかな日々を過ごしていた。
しかし、それは長くは続かない。ある日、旧友でもあり、CIAエージェントのフェリックス・ライターは、誘拐された科学者を救い出してほしいとボンドのもとを訪ねる。その想像を超える過酷なミッションよって、ボンドは危険な最新技術を操る正体不明の敵へと導かれていくのであった…。

ダニエル・クレイグ
レイフ・ファインズ
ナオミ・ハリス
ロリー・キニア
レア・セドゥ
ベン・ウィショー
ジェフリー・ライト

ここから新キャスト

アナ・デ・アルマス
ダリ・ベンサーラ
デヴィッド・デンシック
ラッシャーナ・リンチ
ビリー・マグヌッセン
ラミ・マレック
***********************************

出演:ダニエル・クレイグ、レイフ・ファインズ、ナオミ・ハリス、ロリー・キニア、レア・セドゥ、ベン・ウィショー、ジェフリー・ライト、アナ・デ・アルマス、ダリ・ベンサーラ、デヴィッド・デンシック、ラッシャーナ・リンチ、ビリー・マグヌッセン、ラミ・マレック
監督:キャリー・フクナガ
脚本:ニール・パーヴィス&ロバート・ウェイド、スコット・バーンズ、
キャリー・フクナガ、フィービー・ウォーラー=ブリッジ
製作:バーバラ・ブロッコリ、マイケル・g・ウィルソン
配給:東宝東和 2020年全国公開




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『SAINT LAURENT/サンローラン』DVD&BD 4月28日発売決定


現在、高い人気を誇る“サンローラン”!
“モードの帝王”としてファッション界に君臨した天才の激動の10年と“衝撃の秘密”を覗き見る!

映画『SAINT LAURENT/サンローラン』

DVD 2016年4月28日(木)発売決定!!

2016年5月3日(火)DVDレンタルスタートです!

サンローランDVD発売
1970年代半ば、世界で最も有名なデザイナーであり、“モードの帝王”としてファッション界に君臨したイヴ・サンローランの死亡説が流れた。まだ若く絶頂期だったはずの彼に何があったのか?そこには、華麗な成功の裏に隠された、命を削るほどの創造の苦しみとスランプ、心を打ち砕くほどの激しい愛の葛藤、コレクションで大ブレイクした後の激動の10年間に迫る!<知られざるサンローラン>その衝撃の秘密とはー?

60~70年代当時のサンローランを全てオーダーメイドで完全再現した、
豪華絢爛な衣装の数々!

衣装は徹底したリサーチの上、すべてオーダーメイドで1960~70年代のモードに革命が起きた時代を完全に再現。サンローランの精神に背くことのないよう、素材をごまかさないコレクションが制作され、サンローラン財団の協力が得られなかったにもかかわらず、見事セザール賞最優秀衣装デザイン賞を獲得しています!

全編35mmで撮影された、完璧なまでにこだわり抜いた驚愕と陶酔の映像美!

サンローランに扮するのは、『ハンニバル・ライジング』でハリウッド進出を果たしたギャスパー・ウリエル。ルル役には『007 スペクター』でボンドガールに大抜擢されたレア・セドゥ。監督は『メゾン ある娼館の記憶』のベルトラン・ボネロ。クリアだが艶と奥行きもある独特の色合いを再現すべく全編を35mmで撮影するなど、今輝きを放つ豪華俳優陣達とともに、光やカット割にもこだわり抜いたアートとして楽しめる映像を創り上げた。

■DVD:3,800円(税抜)

<映像特典>
監督インタビュー/キャストインタビュー/オリジナル予告編/
キャスト&スタッフ プロフィール(静止画)/プロダクションノート(静止画)

物語・・・・

「僕たちは20世紀後半の2大アーティストだ」とアンディ・ウォーホルに称えられたイヴ・サンローランだが、新しいデザインを生み出すプレッシャーに苦しんでいた。ブランドのミューズ・ルルやお気に入りのモデル・ベティ、危険な愛人ジャックと刹那的な快楽を追い求めているうちに、遂にイヴは1枚のデザイン画も描けなくなってしまう――。

********************************************************************

キャスト:ギャスパー・ウリエル/レア・セドゥ/ジェレミー・レニエ/ルイ・ガレル/ヘルムート・バーガー

監督・脚本・音楽:ベルトラン・ボネロ
脚本:トマ・ビデガン
美術:カーチャ・ヴィシュコフ/
衣装:アナイス・ロマン
撮影:ジョゼ・デエー

©2014 MANDARIN CINEMA – EUROPACORP – ORANGE STUDIO – ARTE FRANCE CINEMA – SCOPE PICTURES/CAROLE BETHUEL

発売・販売元:ギャガ
  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『SAINT LAURENT サンローラン』邦題・公開日決定!


女性の生き方まで変えたモードの帝王、イヴ・サンローラン。彼の人生で最も輝き、最も堕落した10年間、そして衝撃の秘密。

「SAINT LAURENT(原題)」の邦題を、その名も「SAINT LAURENT/サンローラン」とし、12月4日(金)TOHOシネマズシャンテ他全国順次公開することが決定しました。

サンローラン
20世紀のファッション界を席巻し、「モードの帝王」と呼ばれたサンローラン。

1970年代半ば、絶頂期だったはずの彼に何があったのか──そこには、華麗な成功の裏に隠された、命を削るほどの創造の苦しみとスランプがあった。公には一切語られなかった〈真実〉に迫るため、“モンドリアン・ルック” “スモーキング”で世界的大ブレイク直後の1967年から激動の10年間を描く衝撃作。徹底的に美を追求する一方で彼の心が満たされる事はなかった。

やがて全てを見失い始め…。

2014年のカンヌ国際映画祭のコンペ部門出品をはじめ、セザール賞では最多10部門ノミネート。

同年のアカデミー賞にも仏代表として選出されるなど各所で絶賛。

勿論、本国フランスでは大ヒットを記録しています。

天才デザイナーの喝采と孤独を人気実力派俳優ギャスパー・ウリエルがフェロモンたっぷりに熱演。その他、『アデル、ブルーは熱い色』のレア・セドゥ、名匠ヴィスコンティに愛されたヘルムート・バーガーが出演と、その出演者だけでもフランスでは「近年最高のキャスティング」と話題に。退廃的で甘美。

めくるめく絢爛豪華な映像美で描く成功者の傲慢と孤独。知られざるサンローランの衝撃の姿がここに。

ついに日本上陸!

SAINT LAURENT サンローラン

12月4日(金)TOHOシネマズ シャンテ他全国順次公開

公式HP:http://saintlaurent.gaga.ne.jp/

********************************************************************

監督:ベルトラン・ボネロ『メゾン ある娼館の記憶』
出演:ギャスパー・ウリエル『ハンニバル・ライジング』、
ジェレミー・レニエ『ある子供』、
ルイ・ガレル『ドリーマーズ』、 レア・セドゥ『アデル、ブルーは熱い色』、
ヘルムート・バーガー『ルートヴィヒ/神々の黄昏』
字幕翻訳:松浦美奈
後援:在日フランス大使館/アンスティチュフランセ日本
2014年/フランス/151分/カラー/ビスタ/5.1ch デジタル/R15+
(C)2014 MANDARIN CINEMA – EUROPACORP – ORANGE STUDIO – ARTE FRANCE CINEMA – SCOPE PICTURES / CAROLE BETHUEL




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『美女と野獣』実写版 野獣になってしまったわけ知りたくありませんか?


待望の実写化で話題の映画『美女と野獣』が、11月1日(土)より全国公開されました!

今まで余り描かれていない、野獣になってしまったわけと後日談が美しい映像で描かれています。

最後、ホカホカした気分で劇場を出られること請け合いなので、カップルで観に行くのも良いかもな作品!

美女と野獣
美女と野獣_ポスターで、どんな方が見られているかと言うと・・

客層は男女比3対7と女性が強めとなりました。

女性は、10代~シニア層まで幅広い層を集客しており、特に女子中学生や女子高校生らのペアやグループ、中高生カップル、20代~30代のカップルや女性グループと、若い人たちの鑑賞が目立ちました。

他にも母娘の親子連れに、40代以上の夫婦や主婦層も多くみられたスタートです。

物語は・・・

バラを盗み、命を差し出せと言われた父の身代わりに、野獣の城に囚われた美しい娘ベル。

死を覚悟するも、野獣はディナーを共にすること以外、何も強要しない。

やがてベルは、野獣の恐ろしい姿の下にある、もう一つの姿に気付き始める。かつてその城で何があったのか、野獣が犯した罪とは?いま、真実の愛が、隠された秘密を解き明かしていく―。

因みに!
11月1日(土)・2日(日)の週末9大都市興行収入ランキング(興行通信社調べ)では、見事、第1位となってます。

映画『美女と野獣』

絶賛上映中です!

http://beauty-beast.gaga.ne.jp/



********************************************************************


監督:クリストフ・ガンズ
主演:レア・セドゥ、ヴァンサン・カッセル、アンドレ・デュソリエ
配給:ギャガ 提供:アミューズソフトエンタテインメント、ギャガ
原題:La Belle et La Beta/2014年/仏独合作/113分/カラー/5.1chデジタル/シネスコ
字幕翻訳:丸山垂穂
(C)2014 ESKWAD – PATHE PRODUCTION – TF1 FILMS PRODUCTION ACHTE / NEUNTE / ZWOLFTE / ACHTZEHNTE BABELSBERG FILM GMBH – 120 FILMS
 
 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『美女と野獣』レア・セドゥと監督 くまモンも登場記者会見


くまモン乱入!ガンズ監督「美女と野獣」の次は松本零士のあの作品!?


世界中の人々に愛されてきた、醜い野獣と美しき娘・ベルの永遠のラブストーリーを実写映画化した

『美女と野獣』。11月1日の公開です。

この度、主演のベルを演じた、カンヌ国際映画祭史上初の主演女優へのパルム・ドールに輝いたレア・セドゥクリストフ・ガンズ監督来日し、9月4日(木)に都内某所にて記者会見を実施致しました。

また、日本の“野獣”代表として熊本県のPRキャラクター 「くまモン」 も登場!レアとくまモンがまさに“美女と野獣”としてダンスを披露しました。 ベル役のレア・セドゥはプラダのドレスを着て登場!

美女と野獣記者会見
本作への出演については、ジャン・コクトーの手による映画『美女と野獣』(1946年)を

レアさん:こどもの頃から見ていて大好きでした。

と明かし、ベル役のオファーに

レアさん:夢がかなったと思った。もちろん、非現実の世界を生きなくてはならない難しい役であり、またジャン・コクトー版が好きだからこそ、これまでにない他のビジョンを取り入れたいとも思いました。また、小さな少女たちが自分を投影できるようなヒロインのベルになればと思って演じました。

と、ベル役に込めた思いを口にしました。
レアは2012年の主演映画『マリー・アントワネットに別れをつげて』以来の来日となったのですが

レアさん:日本に来ると、いつも驚かされることばかりです。これまでの来日ではなかなか時間を取れなかったのですが、今回は(芸術の島で知られる瀬戸内海に浮かぶ香川県の)直島に行けたらと思っています。

と希望を語りました。

また、大の親日家で知られ、これまでプライベートを含め20回以上来日しているというクリストフ・ガンズ監督は今回の来日中の予定について問われ

監督:一番楽しみにしているのは、巨匠の松本零士さん(漫画家)とお会いする機会を設けていただいていることです。

「銀河鉄道999」「宇宙海賊キャプテンハーロック」など好きな松本作品を挙げ

監督:実は彼の作品を映画化したいと思っています。彼の作品はロマンティックで人間の命よといったものを描いており、フランスにも通じるテーマがあると思います。

と明かし、集まった報道陣を驚かせた。 監督の作品では、随所に日本文化の影響が見られるが、本作に関しては、

監督:ナポレオン一世の第一帝政時代の絵画の世界観をイメージした。

と語る一方で、日本文化から受けたインスピレーションに関しても言及。

監督:テーマとしてはスタジオジブリのアニメ作品で宮崎駿監督が描く人と自然の関わり、自然の神聖さといったものが反映されていると思います。

と熱く語りました。

会見の最後にはゲストとしてくまモンが来場し、レアに映画の中でも印象的に登場する赤いバラの花束を、ガンズ監督には熊本名産の果物をプレゼント。レアは身振り手振りで会話するくまモンを見て

監督:おしゃべりではないんですね(笑)。とってもかわいいです!

と印象を語っていました。また、くまモンが監督に

くまもん:劇中の野獣のようにカッコよくなるには?

と尋ねると

監督:悪くないよ(笑)。もう少しだけ体重を落としたらいいかな?

とアドバイスを送るシーンも。

くまモンがレアに「美女と野獣」の象徴的なシーンのようなダンスをリクエストするとレアは快諾。ヒールを履いたままくまモンとのダンスに興じ、さらにプレゼントのお返しとしてレアがくまもんの頬にキスをプレゼントし、会場は笑いに包まれましたとさ。

********************************************************************

『美女と野獣』
美女と野獣_ポスターバラを盗み、命を差し出せと言われた父の身代わりに、野獣の城に囚われた美しい娘ベル。死を覚悟するも、野獣はディナーを共にすること以外、何も強要しない。やがてベルは、野獣の恐ろしい姿の下にある、もう一つの姿に気付き始める。かつてその城で何があったのか、野獣が犯した罪とは?いま、真実の愛が、隠された秘密を解き明かしていく―。
監督:クリストフ・ガンズ
主演:レア・セドゥ、ヴァンサン・カッセル、アンドレ・デュソリエ
配給:ギャガ 提供:アミューズソフトエンタテインメント、ギャガ
原題:La Belle et La Beta/2014年/仏独合作/113分/カラー/5.1chデジタル/シネスコ/字幕翻訳:丸山垂穂
(C)2014 ESKWAD – PATHE PRODUCTION – TF1 FILMS PRODUCTION ACHTE / NEUNTE / ZWOLFTE / ACHTZEHNTE BABELSBERG
FILM GMBH-120 FILMS
 
 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ