「ルーベン・フライシャー監督」タグアーカイブ

ウディ・ハレルソン,ジェシー・アイゼンバーグ,アビゲイル・ブレスリン,エマ・ストーン『ゾンビランド:ダブルタップ』LAワールドプレミア


映画情報どっとこむ ralph ウディ・ハレルソン、ジェシー・アイゼンバーグ、アビゲイル・ブレスリン、エマ・ストーン・・・
アカデミー賞俳優たち、『ヴェノム』監督、『デッドプール』脚本家の“超一流”が送る!
ゾンビを明るく生き抜く大切なルール!

 ウディ・ハレルソン,ジェシー・アイゼンバーグ,アビゲイル・ブレスリン,エマ・ストーン,ルーベン・フライシャー監督 この度、全米公開を目前に控えた現地時間10月10日(木)<日本時間10月11日(金)>に、ワールドプレミアがLAで開催されました。本プレミアには、ウディ・ハレルソン、ジェシー・アイゼンバーグ、アビゲイル・ブレスリン、エマ・ストーンといったアカデミー賞俳優たちに加え、『ヴェノム』でヒットメーカーとなったルーベン・フライシャー監督も参加。普段UCLAの学生たちで賑わうウエストウッドヴィレッジに白くそびえたつ、リージェンシー・ヴィレッジ・シアターが、“ゾンビランド”と化しました!
Los Angeles, CA – October 10, 2019: Tony Vinciquerra, Chairman and CEO of Sony Pictures Entertainment, Thomas Middleditch, Avan Jogia, Rosario Dawson, Ruben Fleischer, Director/Executive Producer, Woody Harrelson, Emma Stone, Abigail Breslin, Paul Wernick, Writer/Executive Producer, Zoey Deutch, Rhett Reese, Writer/Executive Producer, and Jesse Eisenberg during the Red Carpet at the World Premiere of Columbia Pictures’ ZOMBIELAND: DOUBLE TAP at the Regency Village Theatre in Westwood.

映画情報どっとこむ ralph 待望の続編がいよいよ全米公開が10月18日(金)と、目前に控える本作『ゾンビランド:ダブルタップ』。

ウディは「こんなに楽しい仕事は他にないよ。わかるだろ?一日中笑いっぱなしさ。この作品に参加できて、本当に光栄だよ」と感慨深い様子。
『ゾンビランド:ダブルタップ』ワールドプレミアウディ・ハレルソン
アビゲイルも「ここまでくるのに長い道のりだった気がする。10年だもんね。(またみんなと仕事できるのは)素晴らしかったわ!再会すると同時に、ずっと一緒にいたかのような感じで打ち解けられたの。そして新しいキャストメンバーも加わって、さらにクレイジーなファミリーになったわね!」
アビゲイル・ブレスリン『ゾンビランド:ダブルタップ』ワールドプレミア
と笑顔を見せた。前作『ゾンビランド』はゾンビ映画ファンだけではなく、多くのファンに親しまれているが、ウディは監督を務めたルーベン・フライシャーについて、

ウディ「ルーベン・フライシャー監督はマジシャンだね。コメディでありつつ、感動もできる。素晴らしい作品だと思うよ」

と語り、その手腕を高く評価。また

ジェシーは、「10年待って、様々な脚本家のドラフトを経由し、最終的に前作の『ゾンビランド』や『デッドプール』も手掛けたポール&レットが素晴らしいものを書き上げたんだ。とても興奮したよ」
ジェシー・アイゼンバーグ『ゾンビランド:ダブルタップ』ワールドプレミア  と、すっかり一流となったレット・リース&ポール・ワーニックの脚本を絶賛した。

映画情報どっとこむ ralph 前作『ゾンビランド』の公開から10年の月日が経ち、それぞれアカデミー賞(※ノミネート含む)俳優となって再集結したことについて

ウディは、「全員が揃うことがとても大事だった。みんなファミリーなんだ。素晴らしきファミリーさ。一緒にいるととても楽しい。この作品がヒットして、3作目が作られることを願っているよ」

と再会を喜び、早くもさらなる続編への意欲を見せると、

エマも「またみんなで集まってこの作品をやりたいと思ったのは、この作品の持つスピリットがユニークだからだわ。ゾンビ退治のアクションが満載でありつつ、作品の核として、ハートがしっかり詰まっている。世界の状況がどうであれ、愛する人や、大事な人を見つけたいというね。本作は前作の精神をしっかりと引き継いでいるし、私たち全員にとってとても大切な作品だわ」
エマ・ストーン『ゾンビランド:ダブルタップ』ワールドプレミア と、この作品が自身にとって重要な作品であることを強調した。

本作ではお馴染みのキャストが登場するのはもちろん、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』で知られるリー・トンプソンを母に持つゾーイ・ドゥイッチをはじめとする新キャストも登場。

ジェシーは、「ゾーイは、信じられないくらい面白いんだ。そして僕のそっくりさんを演じるトーマスも素晴らしいコメディアンであり俳優である。こうやって前作からのダイナミクスが変わることは大歓迎だね」

と、新キャストの参加を歓迎。

エマも「みんな素晴らしいわ!ゾーイもとても素敵だし、映画の中でとっても面白い存在なの。ロザリオ・ドーソンやトーマス・ミドルディッチ、ルーク・ウィルソン・・皆最高よ」

と称賛した。


映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

ジェシーは、「観客が僕たちと同じくらい笑ってくれることを願っているよ。僕にとって、前作と同じくらい面白くて、素晴らしくて、スイートな存在なんだ。撮影中僕らはずっと“これは面白いよね”と思いながらやってきたし、観客にもそう思ってほしい」

とコメント。

エマが「みんな楽しんで、そして笑ってくれるといいな。そして今いるこのクレイジーな世界からの逃避を楽しんでほしい。その逃避する世界もまた大惨事なんだけどね!」

とファンに向けて本作の魅力をアピールし、プレミアは大盛況のうちに幕を閉じた。
Los Angeles, CA – October 10, 2019: Woody Harrelson, Emma Stone, Abigail Breslin and Jesse Eisenberg during the Red Carpet at the World Premiere of Columbia Pictures’ ZOMBIELAND: DOUBLE TAP at the Regency Village Theatre in Westwood.

映画情報どっとこむ ralph ゾンビランド:ダブルタップ
全米公開:10月18日 

公式サイト:
http://www.zombie-land.jp/

公式Twitter:
@SPEeiga

#ゾンビランド

『ゾンビランド:ダブルタップ』メインカット 2009年、爆発的なウィルス感染により地球上の人類がゾンビと化す中、4人の生存者であるコロンバス(ジェシー・アイゼンバーグ)、タラハシー(ウディ・ハレルソン)、ウィチタ(エマ・ストーン)、リトルロック(アビゲイル・ブレスリン)は仲間と共に、明るく楽しく、支え合ったり裏切ったりしながら、かれこれ10年もゾンビ社会を生き抜いていた。そう、生き残るための秘訣は――コロンバスが作り上げた「生き残るための32のルール」。
そして2019年、地球はさらに激しくゾンビ化し、ヤツらはパワーもスピードもレベルアップした“新種”として進化を遂げていた!どうやら同じく生き残ってきたギャル(ゾーイ・ドゥイッチ)も参戦し、“ルールさえ守れば何でもアリ!”な人たちが、武器を片手に激しく楽しくゾンビをなぎ倒していく!

***********************************


監督:ルーベン・フライシャー(『ヴェノム』『ゾンビランド』) 
脚本:レット・リース&ポール・ワーニック(『デッドプール』)、デイヴ・カラハム
出演:ウディ・ハレルソン(『スリー・ビルボード』)、ジェシー・アイゼンバーグ(『ソーシャル・ネットワーク』)、
エマ・ストーン(『ラ・ラ・ランド』)、アビゲイル・ブレスリン(『リトル・ミス・サンシャイン』)








良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

映画『ヴェノム』主演トム・ハーディ 米コミコンに登場!&敵キャラ発表!!


映画情報どっとこむ ralph アメリカ・サンディエゴで開催中のイベント“コミコン・インターナショナル・サンディエゴ”にて『ヴェノム』(11月2日(金)日本公開)のプレゼンテーションが行われ、主演のトム・ハーディ、共演のリズ・アーメッド、そしてルーベン・フライシャー監督が登壇し、まだまだ謎の多い作品の内容について、貴重な情報をファンに明かしました!!!
Columbia Pictures’ VEMON


場所:米サンディエゴ、サンディエゴコンベンションセンター ホールH
登壇:トム・ハーディ、リズ・アーメッド、ルーベン・フライシャー監督

映画情報どっとこむ ralph “We are Venom!(俺たちはヴェノムだ!)”の熱いファン・コールに迎えられたゲスト陣。
トム・ハーディは初のパネル登壇であることがわかると、ファンたちはさらに大きな声援で彼を迎えました。最初に

フライシャー監督:この映画は、情熱を共有する皆さんのために作りました。ヴェノムは他のマーベル作品とは違い、とてもダークで複雑なキャラクターなんです」と語り、主演のトム・ハーディについて「彼以外に、だれが(主人公の)エディ・ブロック役をやることが考えられる?夢がかなったよ!」と興奮のコメント。そしてエディの役柄について、「エディはヴェノムとの相対関係がある複雑なキャラクター。その演技を見事にこなすのを見るのは素晴らしい喜びです」と感激を語りました。

次にトム・ハーディが今回ヴェノムを演じることについて聞かれると、「僕にとって、ヴェノムはマーベルの中で最もかっこいいヒーローなんだ。

とコメントし、会場は大盛り上がりに。

出演理由について、

トム・ハーディ:ヴェノムのルックスが好きだし、息子がヴェノムの大ファンなんだ!!ヴェノムはほぼ二役だ。以前『レジェンド 狂気の美学』で双子の役を一人で演じ、その経験を生かそうと思ったけど、今回はVFXを駆使した巨大なモンスターだからね!

とコメント。

監督はそれを受け、

フライシャー監督:エディは常に頭の中にヴェノムの声が聞こえていて、自分ではない何かが彼を占領している。同時に、エディは他者との会話もしなければならない。トム・ハーディのその演技や、世界観を作り上げていく様子をモニターで見ているのはとても楽しかったよ!

とコメントしました。

映画情報どっとこむ ralph またエディ・ブロックと対峙する、<ライフ財団>の社長、カールトン・ドレイクを演じるリズ・アーメッドは自身の役柄を

リズ・アーメッド:天才の億万長者で、ライフ財団を創設した人物。世界は崩壊の危機を迎えており、人間の未来はどうなるのかを案じている。そんな中で、“シンビオート”を発見するんだ。彼自身の観点では、人類にとって正しいことをしようとしている。ただ、何かを成し遂げるには、何かを犠牲にしなければならないんだ。

とキャラクターについて語りました。


さらにプレゼンテーションでは、新映像も披露。そこに新たに登場するキャラクターが敵役で“ライオット”であることも明かされました。

そして監督は、

フライシャー監督:みんなきっとスパイダーマンとヴェノムの対決を心待ちにしていることでしょう。もし実現したら素晴らしい、いつか二人の道が交差する時が来るかもしれない。

と今後の可能性を示唆しました。『スパイダーマン:ホームカミング』でスパイダーマンを演じたトム・ホランドが、

「一番対決したい相手はヴェノムだ。」

と公言していることについてトム・ハーディが質問されると、

トム・ハーディ:トム・ホランドと対決したいかって?もちろん彼はいい役者だし、スパイダーマンも大好きだ。もちろん受けて立つよ!

と自信たっぷりにコメントしました。

映画情報どっとこむ ralph ヴェノム
原題:VENOM

全米公開:10月5日

公式twitter:
@VenomMovieJP/
公式サイト:
http://www.venom-movie.jp/


物語・・・
《誰もが望む、歴史的偉業》を発見した<ライフ財団>。それは、世界を変えるはずだった――。正義感溢れるジャーナリスト、エディ・ブロック(トム・ハーディ)は、そのライフ財団が人体実験で死者を出しているという噂を突き止めるために取材を試みるも、人体実験の被験者との接触により、“シンビオート”(地球外生命体)に寄生されてしまう。この意思を持った生命体が語りかける声が聞こえ始めたエディの体には、とてつもない変化が起きていた。彼の中で解き放たれた<悪>が、体を蝕み、増殖していく。エディと一体となったヴェノムは、「俺たちは――ヴェノム」と名乗りをあげ、ヴェノム誕生の時がついに訪れた!


***********************************

監督:ルーベン・フライシャー (『L.A. ギャング ストーリー』『ゾンビランド』)
脚本:スコット・ローゼンバーグ&ジェフ・ピンクナー(『アメイジング・スパイダーマン2』)、ケリー・マーセル(『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』)、ウィル・ビール(『L.A. ギャング ストーリー』)

キャスト:トム・ハーディ(『マッドマックス 怒りのデス・ロード』)、ミシェル・ウィリアムズ(『グレイテスト・ショーマン』)、リズ・アーメッド(『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』)、スコット・ヘイズ、リード・スコット
©&TM 2018 MARVEL
   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

トム・ハーディ主演!舌が長~い最も残虐な新しいヒーロー、ヴェノム誕生!予告編到着!


映画情報どっとこむ ralph 最も残虐なヒーロー、“ヴェノム”。
破壊的で唯一無二のヒーローを演じるのは『マッドマックス 怒りのデス・ロード 』『ダークナイト ライジング』、そしてアカデミー賞®助演男優賞にノミネートされた『レヴェナント:蘇えりし者』等の作品で知られ、ダークな一面を持ち合わせながら圧倒的な演技力を誇る、トム・ハーディ。


この度解禁された最新予告編では、ついにそのニュー・ヒーローの姿が明らかに!

“声”が聞こえる――。“お前”は何だ?

予告編は、<ライフ財団>が世界を揺るがす“何か”を発見したことを称える場面からスタートする。正義感溢れるジャーナリスト、エディ・ブロック(トム・ハーディ)は、そのライフ財団が人体実験で死者を出しているという噂を突き止めるために取材を試みるも、人体実験の被験者との接触により、“シンビオート”(地球外生命体)に寄生されてしまう。この意思を持った生命体が語りかける声が聞こえ始めたエディの体には、とてつもない変化が起きていた。彼の中で解き放たれた<悪>が、体を蝕み、増殖していく――。

強烈なインパクトを持つヴェノムのビジュアルがついに明らかとなり、エディと一体となったヴェノムは、「俺たちは――ヴェノム」と名乗りをあげ、ヴェノム誕生の時がついに訪れた!

『ヴェノム』
原題:VENOM 全米公開:10月5日

12月 全国ロードショー

公式サイト:
http://www.venom-movie.jp/

公式twitter:
@VenomMovieJP/


***********************************


監督:ルーベン・フライシャー (『L.A. ギャング ストーリー』『ゾンビランド』)

脚本:スコット・ローゼンバーグ&ジェフ・ピンクナー(『アメイジング・スパイダーマン2』)、ケリー・マーセル(『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』)、ウィル・ビール(『L.A. ギャング ストーリー』)

キャスト:トム・ハーディ(『マッドマックス 怒りのデス・ロード』)、ミシェル・ウィリアムズ(『グレイテスト・ショーマン』)、リズ・アーメッド(『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』)、スコット・ヘイズ、リード・スコット

©&TM 2018 MARVEL






良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ