「ルーニー・マーラ」タグアーカイブ

『ドント・ウォーリー』ガス・ヴァン・サント監督10年ぶりの来日で初のティーチイン登壇!


映画情報どっとこむ ralph ロビン・ウィリアムズの遺志を継ぎ、風刺漫画家ジョン・キャラハンをホアキン・フェニックス主演で映画化した 『ドント・ウォーリー』の日本公開を前に、ガス・ヴァン・サント監督が本作プロモーションのため来日! 2 月 19 日(火)にヒューマントラストシネマ渋谷にて、日本最速上映後のティーチインイベントに登壇しました! また、あわせて本作の公開初日が 5 月 3 日(金・祝)と発表されました。

日付:2 月 19 日(火)
場所:ヒューマントラストシネマ渋谷
登壇:ガス・ヴァン・サント監督、野村訓市

映画情報どっとこむ ralph ガス・ヴァン・サント監督の来日は、ショーン・ペンにアカデミー賞主演男優賞をもたらした『ミルク』(09 年)以来、実 に約 10 年ぶり!
日本にも多くのファンを持つ監督のティーチインとあって平日にもかかわらず地方からもファンが 駆け付け場内は超満員。

しかもガス監督は、日本での上映ティーチインイベントに参加するのは初めてのこと! 本作最速上映後の熱気冷めやらぬ中、ガス・ヴァン・サント監督と、監督の友人でもあるクリエーターの野村さんが登壇!


野村さん:ガスといえばポートランド、リベラルな街のアンバサダーみたいな感じだったけれど、 (今はL.A.に住んでいて)この間はあっさり捨てたって話してたよね。

というと

ガス監督:そう、ポートランドを捨てました(笑)

とガス監督が答えるなど、友人ならではのユーモアあふれる会話から始まったイベント。

野村さんは 2 年前に L.A.にあるガス監督の自宅を訪れた際に、すでに監督から本作のことを聞いて いたそうで、

野村さん:今回の主人公ジョン・キャラハンは我々日本人には馴染みがないんだけど、ガスがポートランドに住 んで映画を作り始めた頃、ちょうど彼も新聞にマンガを描き始めた頃だったんだよね。彼はポートランドでどんな存在だったの?

と質問すると、

ガス監督:80年代にカートゥーンニスト(漫画家)として活動しはじめたのがジョン・キャラハンで、ちょうど僕がポートランドで映画を撮り始めたころに、彼もローカルな人物として知られるようになった。マンガは毒のあるもので、面白いんだけどいろいろな問題も起こしていて苦情の手紙も届いていたようだ。でも彼は それすら喜んでいたね。

と当時を回想。 さらに
ガス監督:『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』のあとくらいに、ロビン・ウィリアムズが彼(キャラハン)の本の権利を 買ったんだ。ロビンはサンフランシスコに住みながらもキャラハンのファンだったんだよ。それで僕に監督の話がき たんだけど、もともとキャラハンのストーリーは知っていたし、ロビンが演じるならば上手くいくのではと思っていた。 でも1本目は98年、2本目は2001年から2002年だったと思うけど2本脚本を書いて、結局そのときは映画化には至らなかった。

と続け、

ガス監督:その時にキャラハンからは“この映画一体どうなったんだよ?できる頃には俺たち全員 死んじゃうよ”なんて言われて。まずジョンが亡くなって、そのあとロビンが亡くなって、あぁジョンの言うとおりだった なぁって思ったよ。でもロビンが亡くなったあとでも、まだ本の権利は持っていたんだ!

と貴重な思い出話を披露。

映画情報どっとこむ ralph またこの日は観客からの質問にも応じ、主演のホアキン・フェニックスについては

ガス監督:ホアキンには『誘う女』(1995)に 出演してもらったが、彼は自分を徹底的に入れ込んでくれる。(『誘う女』も本作も)どちらの作品も素晴らしい体験でした。

と語り、『エレファント』のような少年にむけての次回作は?という質問には

ガス監督:今書いているもので、パリのファッション・ウィークについて書いている脚本があります。少年とその父親の話です。『パラノイドパーク』がファッショ ン・ウィークにいく、って感じかな(笑)

と返し、会場から歓声が起こる場面も。
この日、登壇前の舞台裏で「日本の方が本作のことを気に入ってくれるかなぁ」と話していたというガス・ヴァン・サント監督。

野村さん:この映画は僕らの世代の『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』。周りにいる最近落ち込んでいる人悩 んでいる人にはぜひ口コミして伝えてください!

と話すと、

ガス監督:今日は来てくれてありがとう。友達にぜひ伝えてね。そうで ないと誰も観に行かないから(笑)

とユーモアたっぷりに観客たちに最後のメッセージを送りました。

映画情報どっとこむ ralph ドント・ウォーリー

5月3日(金・祝)ヒューマントラストシネマ有楽町・ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿武蔵野館他全国順次公開

公式サイト:
www.dontworry-movie.com


【ストーリー】
オレゴン州ポートランド。アルコールに頼りながら日々を過ごしているジョン・キャラハン(ホアキン・フェニックス)は、自動車事故に遭い 一命を取り留めるが、胸から下が麻痺し、車いす生活を余儀なくされる。絶望と苛立ちの中、ますます酒に溺れ、周囲とぶつかる自暴自棄な毎 日。だが幾つかのきっかけから自分を憐れむことを止め、過去から自由になる強さを得ていく彼は、持ち前の皮肉で辛辣なユーモアを発揮して 不自由な手で風刺漫画を描き始める。人生を築き始めた彼のそばにはずっと、彼を好きでい続ける、かけがえのない人たちがいた・・・。2010 年、59 歳で他界した世界で一番皮肉屋な風刺漫画家の奇跡の実話。

***********************************

監督・脚本・編集:ガス・ヴァン・サント
出演:ホアキン・フェニックス、ジョナ・ヒル、ルーニー・マーラ、ジャック・ブラック
音楽:ダニー・エルフマン 原作:ジョン・キャラハン
原題:Don’t Worry, He Won’t Get Far on Foot/2018年/アメリカ/英語/113分/カラー
配給:東京テアトル 提供:東宝東和、東京テアトル
(C)2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC
  


ガス・ヴァン・サント監督3年ぶりの新作『ドント・ウォーリー』日本版予告編が解禁


映画情報どっとこむ ralph ガス・ヴァン・サント監督3年ぶりの新作『ドント・ウォーリー』が今年5月にヒューマントラストシネマ有楽町・ヒューマントラストシネマ渋谷・新宿武蔵野館他 全国順次公開することが決定!

この度、日本版ポスタービジュアルと場面写真、さらに日本版予告編が解禁となりました!

世界で一番皮肉な実在の風刺漫画家ジョン・キャラハンを演じ切る、ホアキン・フェニックスに注目!

2014年他界したロビン・ウィリアムズが製作・主演を熱望した風刺漫画家ジョン・キャラハンの自伝を元にした本作。そんなウィリアムズの心を継いで、主演を演じるホアキン・フェニックスは、キャラハンについて可能な限り研究した。書籍を読み、残されたインタビュー・テープをみて、実際に彼の人生を激変させたリハビリセンターを訪ねた。そして個人的にキャラハンを知るガス・ヴァン・サント監督から話を聞き、ホアキンなりのジョン・キャラハンを創り出した。

今回解禁となる日本版ポスタービジュアルには、シンボリックな赤毛のキャラハン、そして彼のイラストが配された。周りの人を楽しませたキャラハンの人柄をよく表わすイラストで、“世界は意外とやさしさであふれている”というコピーとともに、本作の世界観が伝わるポスタービジュアルが完成した。

映画情報どっとこむ ralph ジョン・レノンが歌う“Isolation”(孤独)が印象的な予告編も解禁!

あわせて解禁となった予告編では、日本ではよく知られていないジョン・キャラハンがどのような人物であったかを紹介しつつ、自動車事故により身体が不自由となった彼の絶望と、事故後の彼をやさしく見守る人々の姿を映し出す。特にキャラハンが生前ポートランドの通りを電気車いすに乗り猛スピードで疾走していた姿そのままに、青い空の下、ホアキン演じるキャラハンとルーニー・マーラ演じる恋人アヌーとの車いすの2人乗りのシーンは、ジョン・レノンの歌声と相まって、観るものに強い印象を残すだろう。
たとえ人生最悪の困難な時にあっても、人は変わることができる力を秘めているーロビン・ウィリアムズが映画化を熱望し、ガス・ヴァン・サントが受け継ぎ描いたひとりの男の心の旅。2018年サンダンス映画祭、第68回ベルリン映画祭に正式出品され、“ホアキン・フェニックスの俳優人生で最高の演技”と称賛された奇跡の実話をお見逃しなく。

公式サイト:
www.dontworry-movie.com

【ストーリー】
オレゴン州ポートランド。アルコールに頼りながら日々を過ごしているジョン・キャラハン(ホアキン・フェニックス)は、自動車事故に遭い一命を取り留めるが、胸から下が麻痺し、車いす生活を余儀なくされる。絶望と苛立ちの中、ますます酒に溺れ、周囲とぶつかる自暴自棄な毎日。だが幾つかのきっかけから自分を憐れむことを止め、過去から自由になる強さを得ていく彼は、持ち前の皮肉で辛辣なユーモアを発揮して不自由な手で風刺漫画を描き始める。人生を築き始めた彼のそばにはずっと、彼を好きでい続ける、かけがえのない人たちがいた・・・。2010年、59歳で他界した世界で一番皮肉屋な風刺漫画家の奇跡の実話。
***********************************

監督・脚本・編集:ガス・ヴァン・サント
出演:ホアキン・フェニックス、ジョナ・ヒル、ルーニー・マーラ、ジャック・ブラック
音楽:ダニー・エルフマン 原作:ジョン・キャラハン
原題:Don’t Worry, He Won’t Get Far on Foot/2018年/アメリカ/英語/113分/カラー
配給:東京テアトル 提供:東宝東和、東京テアトル
© 2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC


今は亡きロビン・ウィリアムズが熱望した実在の男の物語『ドント・ウォーリー』公開決定


映画情報どっとこむ ralph ガス・ヴァン・サント監督3年ぶりの新作、”Don’t Worry, He Won’t Get Far on Foot”(原題)が、邦題を『ドント・ウォーリー』とし、2019年5月にヒューマントラストシネマ有楽町・ヒューマントラストシネマ渋谷・新宿武蔵野館他 全国順次公開決定!


2014年他界したロビン・ウィリアムズが『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』(98)の公開時から映画化を考えていたのが、オレゴン州ポートランド出身の風刺漫画家ジョン・キャラハンの半生だった。当時から監督にと相談を受けていたのはポートランドに縁のある監督ガス・ヴァン・サント。ウィリアムズの死後、映画化を決めたヴァン・サントが自ら脚本を書き、企画から20年たち遂に完成した。当初キャラハンを演じることを熱望していたウィリアムズの遺志を受け継ぎ主人公キャラハンを演じたのはホアキン・フェニックス。彼の仕草、話し方等を研究し見事に演じています。

他にルーニー・マーラ、ジョナ・ヒル、ジャック・ブラックが、キャラハンの人生にやさしく寄り添い、世界に背を向けていた彼を支えていく周りの人々を演じています。

映画情報どっとこむ ralph ガス・ヴァン・サント監督:この映画は、ジョン・キャラハン自身が執筆した彼の自伝”Don’t Worry He Won’t Get Far on Foot:The Autobiography of Dangerous Man”を映画化したものだ。キャラハンは僕の住んでいたポートランドでとても有名で、すごいスピードで街を(車椅子で)走り回っていたからね。また『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』に出演してくれたロビン・ウィリアムズは、彼の漫画がとても好きで、ずっと愛読していたんだ。そして、彼が映画化の権利を持っているということをその時に知った。ロビンが、なぜキャラハンにこれほど興味を持ったのかは、彼の友人である俳優クリストファー・リーヴ(※初代スーパーマン、1970年代ジュリアード音楽院時代にルームメイトとなり、それ以来の友人。リーヴも事故により全身麻痺となる)の影響が大きかったようだ。映画を作っていくのは、まるで難しいジクゾーパズルにチャレンジするようなものだよ。本作も例外なくね。

とその思いを語っている。

映画情報どっとこむ ralph たとえ人生最悪の困難な時にあっても、人は変わることができる力を秘めているーロビン・ウィリアムズが映画化を熱望し、ガス・ヴァン・サントが受け継ぎ描いたひとりの男の心の旅。2018年サンダンス映画祭、第68回ベルリン映画祭に正式出品された話題作がついに日本公開です。

ドント・ウォーリー

公式サイト:
www.dontworry-movie.com

【ストーリー】
オレゴン州ポートランド。アルコールに頼りながら日々を過ごしているジョン・キャラハン(ホアキン・フェニックス)は、自動車事故に遭い一命を取り留めるが、胸から下が麻痺し、車いす生活を余儀なくされる。絶望と苛立ちの中、ますます酒に溺れ、周囲とぶつかる自暴自棄な毎日。だが幾つかのきっかけから自分を憐れむことを止め、過去から自由になる強さを得ていく彼は、持ち前の皮肉で辛辣なユーモアを発揮して不自由な手で風刺漫画を描き始める。人生を築き始めた彼のそばにはずっと、彼を好きでい続ける、かけがえのない人たちがいた・・・。2010年、59歳で他界した世界で一番皮肉屋な風刺漫画家の奇跡の実話。 

***********************************

監督・脚本・編集:ガス・ヴァン・サント
出演:ホアキン・フェニックス、ジョナ・ヒル、ルーニー・マーラ、ジャック・ブラック
音楽:ダニー・エルフマン 原作:ジョン・キャラハン
原題:Don’t Worry, He Won’t Get Far on Foot/2018年/アメリカ/英語/113分/カラー
配給:東京テアトル 提供:東宝東和、東京テアトル  © 2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC


映画コメンテーターLiLiCo×よしひろまさみち登壇『A GHOST STORY』公開記念トークショー


映画情報どっとこむ ralph 斬新ながらもどこか懐かしさを感じさせるシーツ姿のゴーストの物語『A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー』。

自分のいなくなった世界で、残された妻を見守り続ける、ひとりの男の切なくも美しい物語です。


この度、本作の公開初日を記念し、映画コンシェルジュのLiLiCoさんと映画ライターよしひろまさみちさんをゲストに迎えた公開記念トークショーを実施いたしました!ゴーストの時空を超える旅、侘しくも切ない愛情など、ゴースト視点だからこそ楽しめる本作の魅力を映画のプロの視点で映語り尽くしました!

『A GHOST STORY』公開記念トークショー
日時:11月17日(土) 15:20〜の上映終了後
場所:渋谷シネクイント スクリーン1(渋谷区宇田川町20-11 渋谷三葉ビル7階)
登壇:LiLiCo、よしひろまさみち

映画情報どっとこむ ralph 映画を鑑賞したばかりのお客様の前に、公開記念トークショーの案内役としてシーツ姿のゴーストが登場。

映画から飛び出してきたかのようなゴーストからの紹介で、本日のゲストであるLiLiCoさんとよしひろさんが場内に現れると大きな拍手が。


早速、映画の感想を語り始めるお二人。

LiLiCoさん:おばけのビジュアルだけど、これは温かいラブストーリー!生きるということについて、すっごく考えさせられた!

と絶賛。

よしひろさん:肉親や大切な人を亡くしたことのある人は、きっとその人のことを思い出しちゃうと思う。このゴーストみたいに、必ず見守ってくれている人がいるんだと感じられると思う。

とゴーストが主人公である物語に感動した様子。

実際、LiLiCoさんは、視える人からは昔亡くなった祖母がずっとあなたを見守っているわよ、と言われることが多いとか。家から離れられない劇中のゴーストについても触れ

LiLiCoさん:子供のころに住んでいたスウェーデンの家を再訪した時、もう別の人が住んでいたのに、何かの気配を感じたの!やっぱり、あるのよ!守ってくれていたり、誰かに見守られていたりって。

と自身のエピソードを披露。
よしひろさんも、幽体離脱の経験やおばけを見た経験を語るなど、まさのおばけエピソードも飛び出し、ユニークなトークに。

映画情報どっとこむ ralph そんな温かい存在として描かれる本作のゴーストを演じたのはオスカー俳優でもあるケイシー・アフレック。表情も見えず、セリフも発しないシーツ姿の演技について

LiLiCoさん:おばけ役が徐々にうまくなっていってた(笑)

と話し始めると、

よしひろさん:最初はただ存在するだけだったのに、ポルターガイストもできるようになるしね。(笑)

とすかさず反応し場内からは笑いが。


必要最小限にセリフを排除し、1シーンを驚くほどの長回しで撮影されている本作。特に印象深く残るシーンとして、Cを亡くしたMが悲しみを堪え、ひたすらチョコレート・パイを食べ続けるシーンについて触れると

よしひろさん:あのシーン、実はルーニーがビーガンだから、ビーガン用のチョコレート・パイを作ってもらったらしいんだけど、味がひどかったみたい。

と驚きのエピソードが。

LiLiCoさん:あるシーンでは、字幕が乗ってないんだけど、これはゴーストの物語であることがこの映画のテーマだから、あえてなのよ。

と語り、

よしひろさん:監督もそこについては言及していて、ゴーストに焦点をあてたかったから、と明かしているみたい。

とコメント。日頃から映画を数多く鑑賞し、コメンテイターやライターとして第一線で活躍するお二人ならではの撮影秘話が明かされました。

映画情報どっとこむ ralph 最後には・・・、映画の公開前日となる11/16(金)に誕生日を迎え、48歳になったLiLiCoさんにサプライズで花束をプレゼント!思わぬプレゼントに

LiLiCoさん:ありがとうございます!びっくり!

と驚いた様子。優しくも切ない夫婦愛が描かれる本作について

LiLiCoさん:私、最初にこの映画をみた後、すぐにもう一回観直したの!きっとたくさんの事を語り合いたくなる映画だと思う。

と語り

よしひろさん:本当に2回でも3回でも楽しめる映画。何度観ても何か思わせるものがある映画だから、ぜひ、何度も観てほしい。

と続けた。シーツを被ったゴーストも登場し、映画の魅力はもちろん、死後の世界、死生観についてまでをも語り尽くす、濃厚なトークショーとなりました。


A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー
原題:A GHOST STORY

全国公開中
公式サイト:www.ags-movie.jp

物語・・・
田舎町の小さな一軒家に住む若い夫婦のCとMは幸せな日々を送っていたが、ある日夫Cが交通事故で突然の死を迎える。妻Mは病院でCの死体を確認し、遺体にシーツを被せ病院を去るが、死んだはずのCは突如シーツを被った状態で起き上がり、そのまま妻が待つ自宅まで戻ってきた。Mは彼の存在には気が付かないが、それでも幽霊となったCは、悲しみに苦しむ妻を見守り続ける。しかしある日、Mは前に進むためある決断をし、残されたCは妻の残した最後の想いを求め、彷徨い始めるーー。

***********************************

監督:デヴィッド・ロウリー
出演:ケイシー・アフレック、ルーニー・マーラ
2017年/アメリカ/英語・スペイン語/カラー/スタンダード/92分/
メイン館:渋谷・シネクイントほか
配給:パルコ 
©2017 Scared Sheetless, LLC. All Rights Reserved.  


『A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー』ハロウィンナイト試写会が行われました。


映画情報どっとこむ ralph この度、ゴーストが主人公の本作にちなみ、仮装OK!ハロウィンナイト試写会を実施しました!

『A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー』ハロウィンナイト試写会
日程:10月31日(水)
場所:シネクイント


31日のハロウィン当日、渋谷のど真ん中にあるシネクイントで行われた本イベント。

場内は『It /“それ”が見えたら、終わり』のビジュアルに映る、黄色い雨ガッパを着て赤い風船を持った子供の印象的な仮装や『ハリー・ポッター』シリーズのハーマイオニーといった様々な仮装を楽しむ来場者で溢れ、大賑わい!家族連れや、サラリーマン、カップルはもちろん、20代の若い男性二人組なども多く、性別・年齢問わず大盛況となりました!抽選で本試写会に選ばれた来場者たちは、仮装した人々で溢れる渋谷の街にも負けじとこの試写会を楽しんだ様子。

場内には、いつでも仮装を楽しめるようにお着替えスペースも用意されており、パーティーコスチュームやパーティーグッズを手がける株式会社クリアストーンさんからは、先着で仮装グッズがプレゼントされました!

そんな中、場内にはもちろん、劇中に登場するゴーストも登場!
時空を超えてハロウィンナイトに緊急参戦し、各々仮装して楽しむ来場者たちと写真を撮るなどの人気ぶりを披露。お客様の中にも、シーツを被ったゴーストの仮装をしてきた人もいて、揃ってハロウィンナイトをエンジョイしていました。

映画情報どっとこむ ralph また、映画の公開を11月17日(土)に控え、セレクトショップ「SHIPS」有楽町店でのコラボレーションが決定!11月1日(木)~21日(水)の期間、映画『A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー』の世界をイメージしたディスプレイを設置いたします!丸の内のファッションストリートに面したショップから、ゴーストが行き交う皆様を見守ります。お近くにお越しの方は、是非!

セレクトショップ「SHIPS」有楽町店
場所:東京都千代田区有楽町1-12-1 新有楽町ビル 1F
期間:11月1日(木)~21日(水)

映画情報どっとこむ ralph
『A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー』

11月17日(土)全国ロードショー 

『ムーンライト』『レディ・バード』など話題作を続々と配給し続けている北米の映画会社A24。今、世界から最も注目を浴びる同社が選んだ次の題材は、斬新ながらもどこか懐かしさを感じさせるシーツ姿のゴーストが主人公の物語。

これまでありそうでなかった、ゴーストの視点から見た「死後の世界」。死んでしまった者の魂は、その悲しみは、いったいどこへ行き着き、どのように消化されるのか?

自分のいなくなった世界で、残された妻を見守り続ける、ひとりの男の切なくも美しい物語『A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー』が11月17日(土)に全国ロードショーとなります。不慮の事故死を遂げ、シーツ姿のゴーストとなって彷徨い続ける夫を演じるのは、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』でアカデミー賞主演男優賞を受賞したケイシー・アフレック。夫に先立たれ、悲しみに暮れる妻を演じるのは『キャロル』でカンヌ国際映画祭女優賞を受賞したルーニー・マーラ。

本作の監督デヴィット・ロウリーの『セインツ -約束の果て-』でも共演した、ふたりの超実力派俳優が再び集結しました。サンダンス映画祭の観客賞を筆頭に、世界各国の映画祭でノミネート&受賞、米映画批評サイトRotten Tomatoesでは驚異の91%の大絶賛を受けた話題作が、この秋ついに日本公開を迎えます。

物語・・・
田舎町の小さな一軒家に住む若い夫婦のCとMは幸せな日々を送っていたが、ある日夫Cが交通事故で突然の死を迎える。妻Mは病院でCの死体を確認し、遺体にシーツを被せ病院を去るが、死んだはずのCは突如シーツを被った状態で起き上がり、そのまま妻が待つ自宅まで戻ってきた。Mは彼の存在には気が付かないが、それでも幽霊となったCは、悲しみに苦しむ妻を見守り続ける。しかしある日、Mは前に進むためある決断をし、残されたCは妻の残した最後の想いを求め、彷徨い始めるー

***********************************

監督:デヴィッド・ロウリー
出演:ケイシー・アフレック、ルーニー・マーラ
配給:パルコ
©2017 Scared Sheetless, LLC. All Rights Reserved.